amari3のはてなダイアリー このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-02-06

[][]Debian GNU/Linux 6.0 インスコした

待ちに待った、Debian Squeeze がついに正式リリースとなったので、早速インスコしてみた。使用した iso イメージは、http://www.debian.org/distrib/netinst の、小さな CD の powerpc

Debian Etch を入れたままにしてあった mac mini(powerpc)に、CD からクリーンインストールした。特に詰まることも無かったんで、正直あんまり書くこともなかったりする。

パーティションとか

とりあえずディスク関連は以下の様に切ってみた。

  • パーティションは root パーティション only*1
  • swap はメモリの3倍となる1.5GB*2

とりあえず導入したパッケージ

  • ssh
  • sudo
  • resolvconf
  • zsh
  • screen

sudo設定

root で直接作業をしたくないので、sudo で作業が出来るように設定する。Debian Squeeze では、sudo グループがデフォルトで登録されている。

%sudo ALL=(ALL) ALL

ユーザを sudo グループに所属させることで、root 相当の作業が出来るようになる。

# gpasswd -a amari3 sudo

ちなみに最近知ったんですが、Lenny からは、apt-get と aptitude が混在しても大丈夫らしいです。とりあえず色々触ってみよう。

*1:homeくらいは分けてもいいかもしれない

*2:swapの切り方は色んな考え方があると思う

2011-01-07

[][]Debian GNU/Linux 5.0 に Firefox を入れた

自宅で使ってる Debian GNU/Linux 5.0(ちょっと古いね) の Iceweasel のバージョンが低いのに飽き飽きして、Firefox を入れたので、インストール手順を覚書としてメモしとく。

ソースコンパイルは必要なかった

実は恥ずかしながら、Linux 向けのバイナリが提供されていることを知らずに、ソースコンパイル面倒だなぁと思ってて、重い腰を上げてインスコしようと思ったら、実はバイナリがあってちょっぴり嬉しい気分になった。

インストール手順

Mozilla のダウンロードサイト The new, fast browser for Mac, PC and Linux | Firefox から最新の Firefox のバイナリをダウンロードしてくる。

root 権限で tarball を解凍する。(/usr/local/firefox に入れる)*1

% sudo tar xpvf firefox-3.6.13.tar.bz2 -C /usr/local

ライブラリのパスを通す。 /etc/ld.so.conf.d 以下に firefox.conf を作成し以下の様に記述。

% sudo vim firefox.conf
/usr/local/firefox
% sudo /sbin/ldconfig

.zshenv や .bashrc で firefox へのパスを通す。

export PATH=/usr/local/firefox:$PATH

以上でインストールは完了。ソースコンパイルを覚悟していたので意外とあっさりできた。

起動方法は以下の様に非常に簡単です。

% firefox

今までバージョンが低くて、使いたいアドオンが使えなかったり、色々悶々していたけどこれですべて解決。快適にネットが出来るもんです。

*1rootで解凍する必要はないが、所有者rootが良いと判断したため

2010-03-22

[][][]CPAN::Packager 試してみた

CPAN モジュールを Deb/RPM 形式のパッケージ化が簡単にできる、CPAN::Packager を試してみたのでメモ。ちなみに今回は、Debian GNU/Linux 5.0 でやってるので、Deb 形式のみとなります。たぶん、RPM 形式もそんなに大差ないはずです。

CPAN::Packager のインストール

CPAN::Packager モジュール単体では動作しないので、以下のパッケージを入れます。

% sudo aptitude install dh-make-perl

CPAN::Packager モジュールを入れます。依存するモジュールがかなりバージョンが高いものを要求してくるのもあるので、全部 CPAN から入れる方がいいと思います。

% sudo cpan -i CPAN::Packager

コンフィグファイルの取得

github で管理されているので、そこから取ってきます。

% git clone git://github.com/dann/p5-cpan-packager.git

CPAN::Packager の使い方

一般ユーザ権限では、失敗することがあるっぽいので、sudo or root で実行した方がよいと思います。

# cpan-packager --module Readonly --builder Deb --conf p5-cpan-packager/conf/config-deb.yaml

これを実行すると、~/.cpanpackger に Deb パッケージが出来上がっています。aptitude 等でインストールすれば OK です。


依存関係が複雑なモジュールはまだ試してないので、また色々触ってみようと思います。

2009-10-27

[][]CPANモジュールをdebパッケージ化する仕事

以前、一度同じようなエントリCPAN モジュールを deb パッケージ化 - amari3のはてなダイアリーを書いたが、今日あらためて、dh-make-perl を使って deb パッケージ化する際に面倒くさいと思ったこと。

  • 自分で依存関係を解決する必要がある
  • 依存関係が多いモジュールはその時点でやる気が失せる
  • META.yml 等の書き方がちょっと違ったりするだけで失敗する

ということもあり、CPAN::Packager の導入を検討しようと思う。

そういえば、github のアカウント持ってないし、ついでに登録しとこ。

2009-01-16

[][]セキュリティパッチとかあててるんやろうか

最近サーバ管理をしてて思うことがあるのが、セキュリティパッチとかってちゃんとあてた方がいいんやろうかということ。

僕の勤めてる会社では、パッチをあてたりとか中々しないことが多いんですが、セキュリティパッチをあてるくらいはした方がいいんじゃないかと個人的には考えてます。

もちろん、パッチ適用をすることでアプリケーションの動作が変わったり、何か問題が発生する可能性が無いとは言い切れませんが、それもサービスに使ってないサーバで実験すれば済むことやと思う。(実験用のサーバがほとんど無いのが問題だったりしますが)

僕の管理してるサーバのOSはDebianが多いので、パッチをあてる手間はほとんどかからないのですが、今動いてる環境に余計な事はしないほうがいいんだろうか。

この件は、しばらく悩みそうな気がする。