ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Anno Job Log

2016-09-26

[]鹿児島県志布志市 ふるさと納税PR動画

「鹿児島県志布志市 ふるさと納税PR動画」。

議論をよんでいるが確かにスクール水着ロリータ飼育エロビデオであろう。

特に1分1秒ごろの。手でペットボトルと持とうするシーンは、ペニスを手でしごいているとしか思えない。

税金でチャイルドポルノを作るのはさすがに問題だと思うが。

D


追記:どうやらオリジナルは削除された模様。

コピーされたものはネット上にあるようなので、あとは各自で。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20160926

2016-09-18

[]第36回日本性科学会学術集会

http://www14.plala.or.jp/jsss/seminartop.html

泌尿器科医、産婦人科医の先生の御講演の中でも、「LGBT」という言葉が結構出た。

恐るべき浸透率。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20160918

2016-09-17

[]第17回JFS性科学セミナー「性科学、メディアに流れる“噂の真相”に迫る」

http://www.jfs1996.jp/

質問多数。

LGBTへの関心高し。


座長:早乙女 智子(京都大学大学院医学研究科客員研究員)

1.「若者の目にふれる性情報のうそ、ほんと」

岩崎 和代(東都医療大学ヒューマンケア学部)JFSHM

2.「情報過多の中でひとり悩む男子の性;男子思春期外来と性教育の経験から」

石川 英二(石川クリニック)JSA

3.「「草食化」「絶食化」の再検討−分極化する青少年の性行動」

林 雄亮(武蔵大学社会学部)JASE

座長:高波 真佐治(東邦大学医療センター佐倉病院泌尿器科)

4.「増加する梅毒−忘れてはならない病気−」

大西 真(国立感染症研究所)JSSTI

5.「包茎手術の過剰な広告と手術トラブル」

永尾 光一(東邦大学医学部泌尿器科学講座)JSSM

6.「LGBTは人口の7.6%は本当か」

針間 克己(はりまメンタルクリニック)JSSS

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20160917

2016-09-05

[]うらやすだより

第112回浦安ジェンダークリニック委員会(9/5)報告

  個別症例検討

   ホルモン療法開始:     2名 承認

   ホルモン療法継続:     2名 承認

   ホルモン療法再開:     0名 承認

   乳房切除術   :     2名 承認

   性別適合手術  :     0名 承認  

     ( FTM 3名、 MTF 1名 )

   

   以上、4名が承認されました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20160905

2016-09-01

[]Twitterでついアレをいれちゃう…オナベ芸人が語る「オネエとは違うオナベの世界」

http://spotlight-media.jp/article/314981127772027190

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20160901

2016-08-31

[]紅音(あかね)ほたるさん死去

紅音ほたるさんが亡くなったとのこと。

http://news.livedoor.com/article/detail/11954544/

紅音さんとは、ニコ生の番組でご一緒させていただいたことがある。

http://d.hatena.ne.jp/annojo/20120907#p1

http://live.nicovideo.jp/watch/lv105848550

https://www.youtube.com/watch?v=cefeRAQSesw


美しいお姿はもちろん、コンドーム使用の啓発活動に熱心に取り組む姿が印象的だった。

この番組では、桜塚やっくんも事故死している。

神様はいったい何を考えているのだろうかと思う。

残念である。


ご冥福をお祈りします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20160831

2016-08-30

[]LGBT調査まとめ

電通 2015:

L:0.5

G:0.9

B:1.7

T:0.7

その他:3.8

合計:7.6%


博報堂2016

l:1.70%、

g:1.94%、

b:1.74%、

T::0.47%)、

Aセクシャル: 0.73、

その他1.43

合計:8.0


連合2016

「LGB」:3.1%、

T:1.8%、

アセクシュアル:2.6%、

その他:0.5%

合計:8.0


LGBTにその他、Aセクシュアルも含めた表現

電通: LGBTを含む性的少数者=セクシュアル・マイノリティ(以下、LGBT層)

博報堂:LGBTをはじめとするセクシャルマイノリティ

連合:LGBT当事者等(性的マイノリティ)


こうしてよく読むと、どの調査も合計は「LGBT」とは言ってないが、マスコミ報道では、合計がLGBTの数として報道されている。

{サイト][文献]博報堂LGBT調査 2016

>全国の20〜59歳の個人100,000名(有効回答者数89,366名)を対象に実施したスクリーニング調査の結果、LGBTに該当する人は約5.9%(レズビアン:1.70%、ゲイ:1.94%、バイセクシャル:1.74%、トランスジェンダー:0.47%)、またLGBTにあてはまらないAセクシャル(※1)など、その他のセクシャルマイノリティに該当する人は約2.1%となりました。

Aセクシャル 0.73、その他1.43


http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/27983

http://www.hakuhodo.co.jp/uploads/2016/05/HDYnews0601.pdf

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20160830

2016-08-29

[]三誌そろい踏み

というわけで、雑誌「精神科」も、「性別違和/性同一性障害」の特集。

LGBTの二誌に比べれば、「性別違和/性同一性障害」であり、流行を追わず、星一徹的頑固さが、ある種すがすがしいが。

でも、売れゆき的には、LGBT特集二誌の勝利だろうな。


いずれにせよ、私が精神科医になった20数年前は、精神医学系雑誌がセクシュアリティ系の特集を組むことは10年に1度あるかないかだった。

今頃は、古書店街の片隅で、昼寝でもしながらゆっくり余生を送るはずだったのに。

それがなぜか原稿締め切りに追われまくる毎日。

・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20160829