ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Anno Job Log

2018-08-01

[]全文読んでみた。

今更だが読んでみた。

「生産性」に問題有りは言わずもがなだが、ほかにもおかしな事書いてあるかな、と。

http://blog.livedoor.jp/skeltia_vergber/archives/51543955.html

まあ、案の定、つっこみどころ満載で、はらふくるるわざになりそうなので、ちょっとだけ書くが。


>T(トランスジェンダー)は「性同一性障害」という障害なので、これは分けて考えるべきです。自分の脳が認識している性と、自分の体が一致しないというのは、つらいでしょう。性転換手術にも保険が利くようにしたり、いかに医療行為として充実させて行くのか、それは政治家としても考えていいことなのかもしれません。


保険適用、すでにされていること知らない?


>最近はLGBTに加えて、Qとか、I(インターセクシャル=性の未分化の人や両性具有の人)とか、P(パンセクシャル=全性愛者、性別の認識なしに人を愛する人)とか、もうわけが分かりません。


性分化疾患に関しては、人類の有史以来認識されている医学的現象。

「もうわけが分かりません」とは、政治家に必要な最低限の理解力すら欠如しているのか。


> 多様性を受けいれて、様々な性的指向も認めよということになると、同性婚の容認だけにとどまらず、例えば兄弟婚を認めろ、親子婚を認めろ、それどころか、ペット婚、機械と結婚させろという声が出てくるかもしれません。現実に海外では、そういう人たちが出てきています。どんどん例外を認めてあげようとなると、歯止めが効かなくなります。


小学生並みの稚拙なロジック。



正直な感想として、きわめて稚拙な文章。

伝統的家族制度を保持したく、同性婚は日本の伝統に反すると考える保守派政治家であるならば、堂々と論点を整理して主張すればいいのに。

日本の保守派知識人もこういう文章をもてはやすとしたら、あまりにレベルが低い。

新潮社も、こういう稚拙な文章を載せて恥ずかしくないのだろうか。


保守なら保守なりに、知性と学識のある人に、読み応えのある論陣を張ってほしいものだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20180801

2018-07-23

[]うらやすだより

第134回浦安ジェンダークリニック委員会(7/23)報告

  個別症例検討:7例

   ホルモン療法開始:     5名 承認

   ホルモン療法継続:     2名 承認

   ホルモン療法再開:     0名 承認

   乳房切除術   :     2名 承認

   性別適合手術  :     2名 承認

     ( FTM 5名、 MTF 2名 )

   

   以上、7名が承認されました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20180723

2018-07-18

[][]10代の妊娠中絶減少は、性教育の成果ではなく、携帯電話の普及が要因では。

あさイチをチラ見したら、性教育がテーマだった。

https://togetter.com/li/1247961

朝食時に「恥垢」とか言っていて、朝から飛ばしてるな、と思った。

うえむら先生が出ていてさすがの人選だな、と思った。

http://www.wck-ok.jp/doctor/doctor.htm


ただ、秋田県が性教育に力を入れて、10代の妊娠中絶が減った、というのをしていたが、疑問を持った。

https://twitter.com/taketan915/status/1019365217006903296/photo/1

https://children.publishers.fm/article/7321/

性教育の取り組みは素晴らしいが、性教育だけで、そんなに性行動パターンが変わるか?

それに、秋田だけでなく2002年をピークに全国的にも妊娠中絶は減少。

また、JASEの調査でも若者の性交経験率は2005年をピークに減少。(6年おきの調査)。

http://dandoweb.com/backno/20120805.htm

この10数年間で、日本の性教育に質的量的な劇的な変化はないだろう。


だとしたらなんだろう。携帯電話ではないか。

携帯は普及し始めるのは2000年ころ。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jasi/26/0/26_0_161/_pdf

https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20170821-00074762/

その影響では。

すなわち携帯以前の若者は、1人でいるとやることないし、寂しいので、集まって暴走族したり、コンビニの前にうんこすわりしたり、ファミレスでオールしたり、セックスしたりしていた。

しかし携帯普及後は暇はつぶせるし、友達ともやり取りできるので、リアルに深夜に会う機会は激減した。

暴走族はいなくなり、ファミレスは深夜営業をやめたように、セックスもしなくなった。

そういうことでは。

誰かきちんと研究しているかな。


追記:

福島でも同様のグラフ。

https://ohtama.fcs.ed.jp/blogs/blog_entries/view/164/dd5b15e945a541532aa468ec60083bfe?frame_id=138

「取り組みの成果」という解釈。

全国それぞれ、「性教育の成果」と思ってモチベが上がってるなら、良いことではあるが・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20180718

2018-07-07

[]experienced genderは「実感した性別」と訳すべきだった。

原点に立ち返り、「experience」の意味を調べなおした。

基本単語なので、条件反射的に「経験する」「体験する」と訳してきたが。


あらためて、英英や英和を見ると、feel、感じる、という意味もあることに気が付いた。

つまり、

出来事を「experience」すれば、それは「経験する」「体験する」ことだし、

感情・感覚を「experience」すれば、それは「感じる」という日本語訳になる。

experience pain 痛みを感じる

experience delight 喜びを感じる。


さらにprogressive英和によれば、that節が続く場合、

「身にしみてわかる」という意味もあるようだ。


つまり、experienced genderを、「体験されたジェンダー」と日本語訳したから意味が分からないものとなったのであり、「感じたジェンダー」であれば、理解しやすい。

「身にしみてわかる」という意味もとりいれ、「実感したジェンダー」とすれば、意味も明瞭ではなかろうか。


DSM-5は、時すでに遅しだが、ICD-11の日本語訳は、こちらの訳語でなんとか手を回したい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20180707

2018-07-06

[]「experienced or expressed gender」と「experienced gender」

言葉が気になりだすと止まらないたちなので・・


「experienced or expressed gender」と「experienced gender」は、ともにgender identityの近似概念であることがわかった。

しかし、どうして、「experienced or expressed gender」と「experienced gender」と2種類あるのか?

gender identityの代替語として、APAは「experienced or expressed gender」、

オランダ一派は「experienced gender」

を使っている。


両方ほぼ同じ意味だが、gender identity概念に、APAは、gender expression(expressed gender)が含まれ、オランダ一派は含まれないということか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20180706

2018-07-05

[]experienced genderとgender identityは同じ意味?

同じ意味での使い方。

https://academic.oup.com/jcem/article/102/11/3869/4157558

>Table 1.


Definitions of Terms Used in This Guideline

Gender identity/experienced gender: This refers to one’s internal, deeply held sense of gender. For transgender people, their gender identity does not match their sex designated at birth. Most people have a gender identity of man or woman (or boy or girl). For some people, their gender identity does not fit neatly into one of those two choices. Unlike gender expression (see below), gender identity is not visible to others.

「Gender identity/experienced gender」という並列での意味説明。


https://www.vumc.com/branch/gender-dysphoria/gender-dysphoria/

>Increasingly it is understood that there is no dichotomous definition of a man or woman, but a number of variations that result from the incongruence between one's experienced gender (gender identity) and assigned gender.

ここでも、「experienced gender (gender identity)」と同じ意味に使っている。


二つとも、天下のアムステルダム自由大学のcohenkettenisグループが書いたので、元は一緒だろうが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20180705

2018-07-04

[]experienced or expressed genderとは何か。2

文献的根拠はなく、推測だが。

gender identityがexperienced or expressed genderに代わった理由として。


1.クイア理論等により、人のセクシュアリティの流動性が強調されるようになった。gender identityは、その伝統的定義として、時間的同一性、すなわち流動性とは逆の硬直性の意味を含有するので、批判対象となった。


2.gender iedentity disorderという病名が批判される中、gender identityも巻き添えを食らった。


3.experienced or expressed genderに「express」という用語があるのは、transgender概念の議論の中で,gender expressionも含めろという主張があったので、その影響を受けた。


あたりだと思う。

ただあくまで個人的推測で文献的根拠は乏しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20180704

2018-07-03

[]experienced or expressed genderとは何か。

自称専門家としてはカミングアウトするのには勇気がいるが、DSM-5のexperienced or expressed gender(体験し、または表出するジェンダー)の意味がよくわからない。

DSM-IVのgender identityに置き換わる用語で、性別違和の概念定義の中核的要素なのだが。

DSM-5では、いろんな言葉の定義が述べられているが、experienced or expressed genderは完全スルーで意味不明。

gender identityとどう違うのかがわからない。

ちょっと調べても、論じた文献なども見つからず。


やっとアメリカ精神医学会のサイトで以下の記載発見。

https://www.psychiatry.org/patients-families/gender-dysphoria/what-is-gender-dysphoria

>People with gender dysphoria may often experience significant distress and/or problems functioning associated with this conflict between the way they feel and think of themselves (referred to as experienced or expressed gender) and their physical or assigned gender.

すなわち、 the way they feel and think of themselvesの意味であることが分かる。「自分自身の感じ方、とらえ方」という意味である。


ただ、その前のところではこんな記載もある。

Gender dysphoria involves a conflict between a person's physical or assigned gender and the gender with which he/she/they identify.

ここでの性別違和の定義は、身体・指定性別と「the gender with which he/she/they identify」の葛藤。

すなわち、experienced or expressed genderは「the gender with which he/she/they identify」と同じ意味だと分かる。

しかし、そうであるなら、identifyを使っているので、gender identityとほぼ同義。

でもgender identityは使いたくなかったのだろう。


ただ、 the way they feel and think of themselvesにせよ、the gender with which he/she/they identifyにせよ、「express」は関係ないと思うのだが。



謎。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20180703