ほぼ読書日記

2017-05-19

NPO法制定の意義に学び、NPOの今日的社会価値を創造するセミナー開催にあたって

| 16:55

自分は間違っていたのではないかとここ数年考えることが多くなりました。若い頃は、NPOも企業や行政のようにならなければいけないと考えていました。どこか未成熟な存在としてNPOを捉えていたのだと思います。

しかし、本当にそうなのか、NPOにしか作ることができない価値、NPO固有の社会の中での存在意義があるのではないか。自分自身が、政治、行政、さまざまな領域で経験を重ねる中でそう思うようになりました。

例えば、先日、NPO関係の方たちと会議をしていた時にこんなことがありました。私から見るとその方たちは、古くから活動をされてきた業界の大先輩にあたるので、分を弁えた発言をすべきと考えていました。

正確な表現は忘れてしまったのですが、そのように考えていますという事を私が言ったところ、それは青木さん違うんじゃないかな、NPOってそういうものじゃないでしょうと返されました。

個人が、あらゆる社会的属性から離れて、社会課題に対する問題意識を持って集まりネットワークを組んで活動する。だから、自分たちの世代は、例えば、その人が普段、権威のある学者であってもNPOの活動の場では先生と呼んだりはしなかった。皆、○○さんと呼びあうし、遠慮なく意見も言い合う、役職を作ることで上下関係を作ることにも慎重だったよと。

お話を聞いて、そういえば、私がNPOに関わり始めた頃は、失礼ながら、こういうことに拘る人たちがいたということを思い出しました。その頃は、めんどくさい人たちだなとしか思わなかったのですが、あらためて考えてみると、意味のあるこだわりだったのかもしれないと考えるようになりました。

あるいは、さまざまな失敗を重ねて自分の人生を諦めていた人が、NPOに関わることでワンス・アゲインの機会を得て、生きる意味を持つことで人生を再生する。そうやって活躍している同年代の仲間を多く見てきました。

また、場を得た人が、その場で積み重ねた経験を活かして、新たに場をつくり、過去の自分と同じような立場にある人たちをサポートしていく。そんな循環が生まれるいくつかの瞬間に立ち会ってきました。そういう時を共有できることは、NPOに関わっていて本当によかったと思うことです。

ひょっとしたら、今、私が書いたことは、NPOでなくても実現できることなのかもしれません。しかし、NPOはこういった価値に拘って活動できる場であることは、確かだと思っています。

今年度、私が代表を務める東大手の会では、NPOが体現する社会的価値を皆さんと一緒に考える機会として「NPO法制定の意義に学び、NPOの今日的社会価値を創造するセミナー」を開催します。

その第1回目として、関西大学法学部教授の坂本治也さんを講師にお迎えして、7/6(木)に「NPOの社会的価値を考える〜市民社会論の視点から〜」を催します。ぜひ、お集まりいただき意見交換できればと思います。よろしくお願いいたします。

f:id:aoki0104:20170519165504j:image:left

2017-05-12

『あそびの生まれる場所』著者と一緒に考える〜公共の場をみんなの居場所にするには〜開催にあたって

| 16:55

コミュニティワーカー、特定非営利活動法人ハンズオン埼玉理事の西川正さんを講師としてお招きし『あそびの生まれる場所』著者と一緒に考える〜公共の場をみんなの居場所にするには〜を開催します。

私は、西川さんとは3度しか直接お会いしたことはないのですが、お話するたびに強い影響を受けてきました。私が、言い訳を重ねながら捨ててきたものを西川さんは大切にされてきたと思っています。

例えば、『埼玉NPOつながリスト』では、NPOの活動を一般の人に伝わるようにするにはどうしたらよいか、突き詰めて考え、表現することの重要性を学びました。

『私のだいじな場所 公共施設の市民運営を考える』では、公共施設は、単なるサービス提供の場ではなく、市民自らが参加し作っていく場だということを教えていただきました。

こうした学びを自分が活かして来れたかというと、正直なところそうではなく、とても恥ずかしい気持ちがあります。今回、西川さんがはじめて単著を出版されるということを知り、どうしてもお招きしたくなり、恥を忍んでお声がけし、講師としてご登壇いただくことになりました。

ありとあらゆる社会の領域でサービス化が進み、個人が見えなくなる中で、人と人とが傷つけあう状況が生まれてきていると考えています。そうした社会を変えていくために何が必要なのか、皆さんと一緒に考える機会としたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

f:id:aoki0104:20170519173219j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aoki0104/20170512

2017-01-11

インターネットラジオ配信

| 09:40

いつもお世話になっているシーズ・市民活動を支える制度をつくる会さんが、活動報告のインターネットラジオ配信を開始されました。

活動報告を文字にするのは、やらないといけないなと思いつつもできていないという団体さんは多いのではないかと思います。かくいう私はまったくできていません。シーズさんのような多忙を極める団体であれば、そのハードルはさらに高いのではないかと考えます。

そうか、ラジオで喋るという手があったかと、昨夜、拝聴しながら膝を叩いて一人で興奮していました。

こんな感じで簡単なリード文と内容をつければ、立派な報告になりますから筆不精の人にはいいなと思いました

それはともかく、池本さんの安定感のある進行に萌えます。関口代表やスタッフの皆さんへのツッコミが素晴らしいです。芝公園のジョサンの下りでは思わず笑ってしまいました。アニメプロレスについての配信、楽しみです。

いつか、この放送に出演したいと分不相応な思いを抱きながら聴きました。定期的な配信は大変だと思いますが、頑張ってほしいです。僭越ですが応援しています。

まずは、ハガキコーナーにハガキを送るところから始めようかな。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aoki0104/20170111

2016-12-31

2016年のふりかえり

| 14:10

2016年が終わろうとしています。やり残した宿題がいくつかある中で、落ち着いて今年のふりかえりをすることがなかなかできませんでしたが、ひとつの区切りとして思いつくままに記します。

NPOについて。活動が大きく発展した一年であったと考えています。具体的には、代表を務める東大手の会の活動が中心となりました。大きく分けて、NPOスタッフのキャリア形成、交流・ネットワークづくり、事務局人材支援、政策提言(アドボカシー)の4つの分野の活動に取り組みました。

事務局人材支援、政策提言(アドボカシー)に関する企画の運営にあたっては、他団体と協働して実行することができました。ご協力いただきありがとうございました。

また、全体として数十の企画を実施する中で、多くの皆さんにお力添えいただきました。心より感謝申し上げます。

新年も引き続きこれまでの取り組みの成果を活かしながら、NPOの事務局運営に携わる人の支えとなる活動を微力ですが進めていきたいと思います。

政治について。力を蓄える一年であったと感じています。今年もご縁があったいくつかの陣営選挙戦に関わることができ、経験を深めることができました。活動を通じて政治を志す若者たちとの新たな出会いもあり、今後のお付き合いが楽しみです。また、僭越ですが、彼らの志を応援できるよう努力します。

新年は、こうした経験を集約し、現場での活動に活かしていきます。また、市民の政治参加を促す取り組みを少しづつでも始めていけたらと考えています。

最後に勝手放題の私をいつも変わらず支えてくれているつれあいに心から感謝したいと思います。本当にありがとう。

皆様には、本年も大変お世話になりました。来年も変わらぬご指導をくださいますようお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aoki0104/20161231

2016-12-26

本を読まなくなったこと

| 07:56

 スマホが使えないので、書棚から文庫本を引っ張り出してきて読んでいます。さまざまな料理、特に肉の描写が食欲を掻き立てる、そんなエッセイです。

 幼い頃は、本ばかり読んでいたのですが、インターネットができてから、だんだんと読書量が減りました。だからといって文字を読まなくなったというわけではなく、SNSスマホ経由で気軽にいろんな文章が読めるようになったことが影響していると思います。

 そういえば、本を買うことが少なくなりました。こちらは、インターネットの影響というよりは、積読がたくさんあるからなのですが。

ステーキを下町で (文春文庫)

ステーキを下町で (文春文庫)

本が好き!運営担当本が好き!運営担当 2017/11/15 22:02 突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aoki0104/20161226

2016-12-08

あいちNPO交流プラザNEWS Vol41を読んで

| 19:38

 昔からお世話になっていて尊敬している人ばかりが取り上げられています。ぜひ、ご紹介したいと思いシェアします。

 インターネットを通じて誰もが情報を発信することができるようになり、随分と時が経ちました。自己の情報は開示することに抵抗がなく、セルブランディングに熱心な人々の情報はインターネット上に溢れています。

 それは、一概に悪いことではありませんが、一方でそのような発信をしない方、好まない方の情報は目立たなくなってしまうことがあると感じています。

 そうした人たちの声を取り上げていく活動をやっていきたいとの思いをニューズレターを読みながら深くしました。ご本人たちには嫌がられるかもしれませんが。

あいちNPO交流プラザNEWS Vol41

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aoki0104/20161208

2016-11-30

さかのぼる限界

| 19:38

 Facebookの投稿をさかのぼるのは至難の業だということがやってみてわかった。一年分ほどまではいけたが、それ以上は、厳しい。読みこまなくなってきた。せめて年代で検索できると楽なんだが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aoki0104/20161130