Hatena::ブログ(Diary)

::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie: このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


↑私の本家サイトです↑
ブラックムービーが満載...な筈

観た映画全てではありませんが、ブラックムービーを中心に、なるべく最新作品、
そしてどうしても書きたい作品を中心に書いております。
99%自腹でお金払って観ておりますので、とても自由に書いております。
映画の邦題は私が観た・書いた当時のものです。
その後に日本公開となったりDVDが発売されて邦題がついている作品もあります。
「こちら」でリンクしてある私のサイトで最新情報を確かめてください。

最近はニュースや予告編等はツイッターが早めかも?訳す時と訳さないでRTだけの時もありますが...
なので若干古めの記事もあったりかもですが、ご了承くださいませ。

*別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな!にて『バース・オブ・ネイション』、『コンカッション』、『マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦』について寄稿させて頂きました。(11/21/16)
*サイゾー12月号の映画特集にて黒人映画最前線について寄稿させて頂きました。(11/18/16)
*映画秘宝11月号にて黒人ヒーロー5選と『ブラック・パンサー』とTVアニメ版『ブラック・ダイナマイト』について寄稿させて頂きました。(9/21/16)
*映画秘宝10月号に『ゴーストバスターズ』のレスリー・ジョーンズについてと、したコメで公開予定『ネイバーズ2』について寄稿させて頂きました。(8/20/16)
*映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦にてミステリ映画ベスト10を寄稿させて頂きました。(8/3/16)
*映画秘宝8月号にジェームス・ブラウンとエイミー・ワインハウスのドキュメンタリーについて寄稿させて頂きました。(6/21/16)
*映画秘宝EX涙の千本ノック! スポーツ映画大全集にアメフト&バスケ映画10選や二グロリーグ映画など計26本の映画について寄稿させて頂きました。(6/3/16)
過去記事

直接質問のある方はこちらこちらへ!分かる範囲で答えますので、お気軽に!

Dec 31, 16 ばーい2016年

ジョヴァン・アデポ

ばーい2016年

2016年。色々ありましたねー。まあ年末ありがちではありますが、今年のまとめを。映画ブログなら普通映画トップ10とかですけど、それは今年も幸運な事に映画秘宝さんでやらせて頂いたので、1月に発売される3月号で!それ以外をこちらで。今日写真デンゼル・ワシントン様『Fences / 日本未公開 (2016)』に出演したジョヴァン・アデポ。デンゼル様は自分監督作で、デレク・ルークにネイト・パーカーと、自分後継者になるような若い良い役者を見つけるのが上手い!ジョヴァン・アデポ君も彼らのような今後の活躍を望んで、今日写真に選びました。

今年の漢字は「金」ではなく絶対に「」。この年ほど嫌いな・憎んだ年はなかった。2016年は色々なものを失わせた。プリンスモハメド・アリファイフ、KD(わがチームからという意)、SMAP、やる気、情熱希望向上心時間お金日本人モラルアメリカ良心大統領...などなど。いい事もそれなりにあったけれど、それよりも嫌な事の方が上回った年。まあそんな年は人をこじらせる。悩む年でもありました。私も色々と悩んでいる。結論は出せないので、暫くこのまま悩みます

今年はO.J.シンプソンとオバマ大統領!題材として素晴らしかった。アシストという意味では、俳優のマイケルティウィリアムソン!!!『Fences』と『Underground / アンダーグラウンド (2016-Present)』の助演が最高だった!どちらも泣かされたし、心に刻まれた演技。

引き続き日本のドラマ玉木宏を頂点に35歳以上の俳優にすぐハマる。玉木宏がせっかく開いてくれた扉なので、どんどん開いていこうと思う。でも去年の『デート 恋とはどんなものかしら』みたいな殿堂入りさせたくなるドラマは残念ながらなかった。ヒット作もそこそこあったけれど、心に残る&何度も観たくなるドラマではなかったかなー。みんな平均以上だけど、その粋を超えていなかった。でも単発で面白いのはありましたね!多部未華子ちゃんには月9やって欲しいなー。高橋一生ほどの実力と大人の魅力のある役者相手役に!また高橋一生でも全然いいけど!!!いや、その方が嬉しいけれど!!

デイブ・シャペルの『サタデー・ナイト・ライブ』!!!


そして毎年恒例の1年遅い「The Best of Soul 2015」を!

今年もツイッターフェイスブックなどでありがとうございました。2017年は皆さまにとって良い年となりますように!2017年も沢山良い映画が作られますよーに!早くかもーーーん、2017年

Dec 28, 16 The Crooked Man / 日本未公開 (2016) (TV)

The Crooked Man / 日本未公開 (2016)

The Crooked Man / 日本未公開 (2016) (TV) おまけ

マイケル・ジェイ・ホワイト先生案件Syfyチャンネルのオリジナル映画ハロウィン前に放送されたホラー映画。だけど、全然期待出来なかったので、2か月寝かせた。元々、怖い物にとてもとても弱くてホラーが怖いのも理由の一つ。そんな私でも飽きる事なく最後まで楽しんで見てしまいました。良い映画って訳じゃないのであしからず。

なんていうか、あの『Candyman / キャンディマン (1992)』やコックリさん的な、決まった言葉を唱えると出て来ちゃうタイプ(唱えるというか、有名な子守歌です)。『ハロウィン』のブギーマンじゃなくて、所謂英語本来意味でのブギーマンタイプの亡霊。タイトルの「Crooked(クルックド)」は曲がったという意味。手とか足が曲がった男が出て来ちゃう

まだ12歳の女の子たちが数人でお泊り会。その時にオリヴィアが伝わるクルックド・マンの歌を歌ってしまう。そうすると怪奇現象が起きて、クルックド・マンが登場。クルックド・マン包丁で刺したつもりのオリヴィアだったが、刺されたのは友人の1人だった。それから精神病院隔離されるオリヴィア。6年後、家に戻ってくるが、オリヴィアは友人殺し少女として、街の人々から嫌がらせを受ける日々。そしてオリヴィアが戻ってきたと同時にまた街には怪奇現象が起きていく...

よくあるタイプではあるのです。でもそれ故に観れちゃいました。全然残酷でもなんでもないし、「ひょえー!」「きょぇえええ!」という瞬間もない。多分、濃厚なホラー映画ファンには、「なんだよ、これ!こんなの薦めるな!」的。でもちょっとしたラブストーリーもありで、ノミ心臓の私にはこれくらいで丁度いい。

で、今回のマイケル・ジェイ・ホワイト先生は... ネタバレになるかもなので、詳しくは書かない。けど、今回は先生筋肉は全く使われない。残念な事に。っていうか、クルックド・マンなんて、先生回し蹴りで一発じゃね?とは思いました... つーか、何で出てたんだろ?

(3点/5点満点中)
The Crooked Man (TV Movie 2016) - IMDb

Dec 27, 16 Barry / バリー (2016) (VOD)

Barry / バリー (2016) (VOD)

Barry / バリー (2016) (VOD) 1516本目

バラク・オバマ大統領が「バリー」と呼ばれていた頃を描いたNetflix制作ドラマ作品。なんていうか、この前の『Southside With You / 日本未公開 (2016)』もそうでしたが、オバマ大統領を描く映画作品は一風変わっているなーと。普通は大体大統領時代が描かれる。大統領の功績を描くのが常。まあそういう偉大な功績を描く映画作品は、オバマ大統領任務が終わった後に描かれるべきであって、今はまだその時期じゃないっていうのもある。今の所、オバマ大統領映画の2作品は、大学生の頃(1981年)と、全ての勉学を終えたばかりの頃(1989年)が描かれている。この作品は、オバマ大統領LAオクシデンタル大学からNYのコロンビア大学に編入する所から始まる。

飛行機の中、タバコを吸いながら(昔は禁煙じゃなかったからね)父から手紙を読んでいるバリーデヴォン・テレル)。知り合いのアパートに向かい、ドアをノックするが反応がない。途方に暮れたバリーは、これから母校となるコロンビア大学キャンパス内をうろつく。もう日が暮れて暗くなったキャンパス警備員がやってきて、「こんな所で何やっているんだ。学生証を見せろ」と言われる。まだ学生証を持っていなかったバリーは追い出される。仕方なく路地裏で1夜を過ごす羽目に。また知り合いのアパートに出向く。今度は居た。パキスタン人の友人サラーム。酔っているかハイになっているかというサラーム。別のルームメイトであるウィルに誘われて、学生パーティに出かける。そこで出会ったのがシャーロット。惹かれあいデートを重ねていくが...

オバマソウル・サーチング。って言葉がぴったりの映画ケニア出身の父とカンザス州出身の母の元に生まれ、主にハワイで育ち、そして継父はインドネシア人インドネシア生活した事もある。という人は、巨大なアメリカでも中々居ない。見た目は黒人だけど、黒人の間でも浮く。ラルフエリスンの「見えない人間」(『イコライザー』でデンゼル様も読んでいた)を読んでいたのもあって黒人からは「見えない人間」の愛称で呼ばれる。母方の家庭で育ったので白人と一緒でも落ち着くが、だけど周りから白人とは思われていないので壁がある。俺は一体なんなんだ?と。大学時代にはケルアックや詩にハマり傾倒していくので、余計に自分アイデンティティ確立にもがく。そしてあまり会った事のない父の存在。出来た恋人は頭が良いが、どうも黒人文化に詳しすぎる(ソウルフードのNYの名店シルヴィアズに連れていかれる)。「愛している」と言われても、俺とは黒人から付き合っているのか?と半信半疑になり出た言葉が... 面白いが言われた方も言う方も切ない言葉

と、物凄く面白かった。『Southside With You』の監督自身映画を90%実際にあった事と話していたけれど、この作品はそうでもない。友人の名前などが代えられている。恋人シャーロットは、特に誰という事ではなく、オバマがその頃に交際した女性をまとめてシャーロットという女性を作ったという。なので劇中に、実在した政治活動家ジェームスボッグスグレースリーボッグス夫妻が出てくるけれど、そこも多分盛られていると思う。けど彼らがマルコムX上院議員にしようとしていたのは本当。

劇中の流れる80代のラップがとても渋すぎる。Netflix80年代ラップと言えば『ゲット・ダウン』なので、同じ関係者制作なのかな?と思ったら、全然関係ないらしい。しかファブ・ファイヴ・フレディがバリー黒人文学を紹介していく露店古本屋のおっちゃんとして登場!NYの80年代雰囲気凄く出る。やっぱりNetflixはその辺が絶妙に上手い。

今回、オバマ大統領を演じた俳優はほぼ新人オーストラリア出身。とても良かった。『Southside With You』のオバマ役とは違い、ちょっと甘いルックス。『Southside With You』のオバマが、月9少女漫画主人公玉木宏とか小栗旬完璧実写化されたようなオバマなら、この作品オバマちょっと屈折してもがき苦しむ山田孝之とか藤原竜也みたいなオバマ

嗚呼オバマ大統領政権も終わっちゃうなんだなー、なんてしみじみと思ったりします。その前のブッシュw政権ガソリン代が急騰で物価の上昇が半端なく、なのに給料全然上がらないし、希望も夢もない、戦争だらけのク×みたいな政権普段ここまで口悪くないけど、この言葉以上にぴったりな言葉がおもいつかない)だっただけに余計に。今じゃ、ガソリンも2ドル以下で安定しているし、物価もあれ以上には上がっていない。8年間、色々あったけれど平和だったなーと。安心してアメリカ生活出来た8年間でした。嗚呼、本当に嫌!これからオバマ大統領じゃないアメリカ生活する事が。

(3.75点/5点満点中)
Barry / バリー (2016) (VOD)

Dec 23, 16 I Am Bolt / アイ・アム・ボルト (2016)

I Am Bolt / アイ・アム・ボルト (2016

I Am Bolt / アイ・アム・ボルト (2016) 1515本目

世界一の俊足ウサイン・ボルトドキュメンタリーオリンピック3種目3大会連続金メダルという快挙を成し遂げた男。しかも一番それを達成するのが難しいであろう100m走と200m走と4x100mリレーという3種目。私の世代ですと、オリンピックカール・ルイスな訳ですが、あのカール・ルイスだって100mで3大会連続金メダルは達成できなかった。短距離走としては、背が高過ぎて身体に恵まれていないと言われているけれど、ウサイン・ボルトはそれを跳ね除けた凄い男。だけど、普段の派手な言動や行動の方がクローズアップされてしまっている感が凄くある。このドキュメンタリー2015年8月から、今年2016年オリンピック大会までという短いスパンで主に追っている。

ボルトは良く遊ぶ。しかも派手に遊ぶ。今回のオリンピック後の派手な遊びもタブロイド誌を賑わせていた。遊び方が派手過ぎで、正直こちらも笑ってしまう程。しかし、ああいう記録を出してしまう。もちろん、ああいう記録を出せる程の練習もしている。優れたアスリートに多い、遊びと練習試合キッチリメリハリつけて...というタイプでも全然ない!遊びで怪我してしまう事すらある。プロとして失格と言いたい所だけど、本番では凄いので、やっぱり凄い選手。天性なのか、何なのか?とても掴みどころのない選手なのは確か。天才なのか分からないけれど、とにかく型にハマっていない選手というのは確か。この映画でも、Rケリーの曲を歌ったり(ハッキリ書くと下手)、彼女や友人とリラックスしている風景があったりと、掴みどころが全くない。ライバル視されているジャスティン・ガトリンとの口争も面白いボルトはハッキリ言ってガトリンの事は「別に」と位しか思っていなさそうなのが面白かった。

でも、最初試合の前はド緊張したり、あのマイケル・ジョンソンボルトの前の200m世界記録保持者)に相談していた事も明らかになったりと、割りと普通な人間的な所が見られる。そしてコーチのグレン・ミルズの大らかな人柄も、確実にボルトの記録更新へ一役買った事が分かった。このコーチ、見た目も中身も仏さまだよ。単なる鬼コーチだったら、ボルトは続かなかったかも。ボルト性格を把握していて、結構良い所を突いてくる。

裏切らないボルトぷりが分かるドキュメンタリーです。

(3.5点/5点満点中)
I Am Bolt / アイ・アム・ボルト (2016)