Hatena::ブログ(Diary)

::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie: このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


↑私の本家サイトです↑
ブラックムービーが満載...な筈

観た映画全てではありませんが、ブラックムービーを中心に、なるべく最新作品、
そしてどうしても書きたい作品を中心に書いております。
99%自腹でお金払って観ておりますので、とても自由に書いております。
映画の邦題は私が観た・書いた当時のものです。
その後に日本公開となったりDVDが発売されて邦題がついている作品もあります。
「こちら」でリンクしてある私のサイトで最新情報を確かめてください。

最近はニュースや予告編等はツイッターが早めかも?訳す時と訳さないでRTだけの時もありますが...
なので若干古めの記事もあったりかもですが、ご了承くださいませ。

*映画秘宝3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2016に参加させて頂きました。(1/21/17)
*別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな!にて『バース・オブ・ネイション』、『コンカッション』、『マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦』について寄稿させて頂きました。(11/21/16)
*サイゾー12月号の映画特集にて黒人映画最前線について寄稿させて頂きました。(11/18/16)
*映画秘宝11月号にて黒人ヒーロー5選と『ブラック・パンサー』とTVアニメ版『ブラック・ダイナマイト』について寄稿させて頂きました。(9/21/16)
*映画秘宝10月号に『ゴーストバスターズ』のレスリー・ジョーンズについてと、したコメで公開予定『ネイバーズ2』について寄稿させて頂きました。(8/20/16)
*映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦にてミステリ映画ベスト10を寄稿させて頂きました。(8/3/16)
*映画秘宝8月号にジェームス・ブラウンとエイミー・ワインハウスのドキュメンタリーについて寄稿させて頂きました。(6/21/16)
*映画秘宝EX涙の千本ノック! スポーツ映画大全集にアメフト&バスケ映画10選や二グロリーグ映画など計26本の映画について寄稿させて頂きました。(6/3/16)
過去記事

直接質問のある方はこちらこちらへ!分かる範囲で答えますので、お気軽に!

Feb 21, 17 The New Edition Story / 日本未公開 (2017) (TV)

The New Edition Story / 日本未公開 (

『The New Edition Story』音楽映画はこう作れ!

私が10代の頃から憧れのニュー・エディション。友人たちがスマップで騒いでいた頃、「いやいや、ニュー・エディションこそナンバーワンボーイズバンドでしょ!」とは友達が減るので言えず、心の中で叫び続けた学生時代(ちなみにそんな私も今じゃスマップ草なぎ君とゴローちゃんファン)。「If It Isn't Love」のミュージックビデオのカッコ良さったら!揃った踊り、ラルフの甘い声、ジョニー大人美声、俺たち頑張ってます感、色々あるけどずっ友だよ感!!!兄弟ジャクソンファイブには勝てないけれど、でも同世代他人が集まっても、ここまで出来るぞ!というのを示してくれたのがニュー・エディション。私の青春時代アイドル。そんなニュー・エディション自伝映画が、黒人国営テレビと言っても過言じゃないBETにて放映。テレビの前で私の青春時代フラッシュバック

でも正直、なんでテレビ映画なの?とは思った。失礼ながら、やはり私の中では劇場映画>>>>(越えられない壁)>>>>テレビ映画しかも有料チャンネルHBOなら良い、だって箔がつくから。割りと面白い音楽自伝映画を作っていたVH1でも許す。でもなんでBETなの?とは思った。ま、ライフタイムチャンネルよりはマシかと、落ち着かせる。しかも3夜連続で2時間。計6時間もある(BETCM多いので正味5時間ちょっと位だろうけど)。O・J・シンプソンじゃないんだから、6時間も間を持たせるなんて無理でしょー!とは思った。更にキャスティングが発表になって、益々不安になる。一番目立つ筈であるラルフ・トレスヴァント役が、一番無名。恐らく一番知名度があるであろうBryshere Y. Gray (ブリシェア・グレイ)が、ニュー・エディションの中ではそんなに目立たない方のマイケル・ビヴィンス役って!となった。第一報となるファーストルック写真も、物まね大会。と、正直不安要素しかなかった。唯一期待できるのが、『ATL / 日本未公開 (2006)』のクリスロビンソン監督だという事。この監督がやりよったー!

割とオーソドックスな作りの音楽映画。彼らがどのように集まり、そしてグループとなったのか、人気が出始め、そして問題勃発、色々あったけど俺たちずっ友だよな!という想像通りで、恐らく実際にあった事をほぼ忠実に描いていると思われる。しかし6時間も使って丁寧に描いた分、メンバーそれぞれの良さや個性がより浮き彫りにされたし、物まね大会かもしれないけれど忠実に似せようと努力したお陰で、ニュー・エディションスター性がよみがえっていた。

今回、クリスロビンソンの才気煥発した所が、ニュー・エディションの個々の魅力を引き出した部分。ラルフ・トレスヴァントバンドリーダーに相応しい最高にいい男だし、ボビー・ブラウンはああ見えて熱い人情味のある男だし、ジョニー・ギルは途中からなのにNEに見事に染まってあの美声が加わった事でNE大人へと成長を遂げる事が出来たし、マイク・ビヴィンスは才能ある商売人で勉強家な男だし、ロニー・デヴォーはメンバー思い故に熱い男、リッキー・ベルNEの円滑油でこの人無しにはNE誕生絶対になかった。そして面白いエピソードを語る部分を主役にした部分と、歌そのものを主役にした部分、そしてそれをミックスさせた部分がある所。ニュー・エディション時代によっての曲が、なぜかニュー・エディション歴史そのものと直結にリンクさせたような演出が実に上手かった。私が痺れたシーンが大好きな曲「Can You Stand The Rain」の所。ラルフジョニーが最高過ぎます。これは思わず涙が出ました。Whodiniの「Freaks Come Out at Night」とかランDMCとか時代にあった曲も使われているのですが、やっぱりニュー・エディション映画なのだからニュー・エディションの曲が最高のサウンドトラックになる!って所ですよ。

またニュー・エディションアルバムを聞きまくっている。もうニュー・エディション大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大好きーーーー!!!#NE4Lifersにさせてくれる映画でした。今後、音楽自伝映画は、このように作ってください。

The New Edition Story / 日本未公開 (2017)(1522本目:4.75点)

Feb 15, 17 Life, Animated / 日本未公開 (2016)

Life, Animated / 日本未公開 (2016)

『Life, Animated』とドキュメンタリーに拘る監督たち

今回の第89回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネートされた『Life, Animated / 日本未公開 (2016)』。自閉症青年は、家族支援を受けながら、大好きなディズニー映画と共に自立を目指す事を追っているドキュメンタリー映画だ。自閉症青年父親がロン・サスカインドというアメリカ経済新聞ウォール・ストリート・ジャーナルのジャーナリストであのピューリッツア賞にも輝いた優秀なジャーナリストという事もあり、その息子の戦いを本にし、自閉症という病気への理解を広める事にも成功した人である自閉症とその環境ありのままの姿をカメラは抑えていて、青年の明るさとひたむきさ、一方で苦悩とコントロール出来ない感情、そして兄のジレンマがむき出しになっている。そんなサスカインド一家カメラで追ったのが、ロジャー・ロス・ウィリアムス。『Music by Prudence / 日本未公開 (2010)』で黒人監督として初めてアカデミー賞短編ドキュメンタリー部門で受賞に輝いた人物。授賞式で、プロデューサー女性マイクを奪われてしまったので、記憶に残っている方もいるかもしれない。

ロジャー・ロス・ウィリアムスは、NY大学を卒業後にテレビ業界で働くようになり、ショートドキュメンタリープロデュースなどをしていた。その1つがマイケル・ムーアの『TV Nationマイケル・ムーア 元祖 ! アホでマヌケなアメリカ白人BOX)』というシリーズマイケル・ムーアが毎回突撃取材するドキュメントシリーズ俳優Yaphet Kotto (ヤフェット・コットー)白人犯罪者のどちらがNY街でタクシーを捕まえやすか?などのレポートなども行われていた、実にマイケル・ムーアらしいTVシリーズだった。その中のいくつかのセグメントをウィリアムスプロデュース1997年24歳の頃だった。その後もテレビをフィールドにドキュメンタリー番組プロデュース、そして2003年の30歳の頃に『New York Underground』という作品監督デビューを果たす。初めてテレビを離れた『Music By Prudence』でオスカーに輝いたのだ。

と、ロジャー・ロス・ウィリアムスのようにドキュメンタリー映画に拘り、カメラを回し続ける監督が何人かいる。

元祖はやはり『Symbiopsychotaxiplasm: Take One / 日本未公開 (1968)』のウィリアムグリーブスだろう。元々は俳優として映画デビュー。その時に監督師事して映画作りを学ぶ。しかし、当時は黒人映画監督になるのも映画監督で食べていくのも難しかった為、カナダに渡って映画制作。その数は300以上。そしてアメリカに戻ってきて、60年代後半に実に実験的なドキュメンタリー『Symbiopsychotaxiplasm: Take One』を撮り完成させた。モハメド・アリを刻々と追った『The Fighters / 日本未公開 (1971)』もドキュメンタリーの名作だ。『Symbiopsychotaxiplasm: Take One』の続編『Symbiopsychotaxiplasm: Take 2 1/2 / 日本未公開 (2005)』が遺作。2015年に惜しくも他界作品数こそ少ないが、後に影響を与える素晴らしい作品を撮り続けてくれた。いずれ彼の半生がドキュメンタリー映画になる事を願っている。

そしてロジャー・ロス・ウィリアムスの先輩的な人物がスタンリーネルソンだろう。『The Black Panthers: Vanguard of the Revolution / 日本未公開 (2015)』や『Freedom Riders / 日本未公開 (2010)』という黒人歴史を追い続けるドキュメンタリー監督。彼の作品は、アワードで上映された後にアメリカ公共放送サービスPBS放送される事が多い。『Freedom Riders』はエミー賞を受賞、そして『Black Panthers:Vangard...』の放送時はSNSでも話題になった。ネルソンオーソドックスながら、非常に重厚感ある上品作品が多い。そんなネルソンは、ウィリアムグリーブスに師事し学んでいた。そして天才と認められた人に与えられるマッカーサーフェロープログラムの受賞者でもある。

監督というか、どちらかというとドキュメンタリー映画プロデューサーとして有名で、元々は映画エディターだったサム・ポラードもその1人。ドキュメンタリー監督としては『Slavery by Another Name / 日本未公開 (2012)』という上質な作品がある。今年のアカデミー賞にもノミネートされているエヴァ・デュヴァネイ監督の『13th / 13th −憲法修正第13条− (2016) (VOD)』のチェイン・ギャングの部分をもっと詳しく描いたドキュメンタリー。描きたかった事は『13th』と同じ。スパイク・リーと組む事が多いスパイク軍のドキュメンタリー担当

ロジャー・ロス・ウィリアムスに続く人となりそうなのがエズラ・エデルマン。『O.J.: Made in America / 日本未公開 (2016)』にてウィリアムスと共に長編ドキュメンタリー部門ノミネートされている監督だ。母は公民権運動家マリアンライトエデルマン。彼はESPNHBOなどでスポーツ関係ドキュメンタリーを撮り続け、今回7時間半越えでO・J・シンプソンを追う超大作『O.J.: Made in America』の監督に抜擢されている。しかし、これまでの彼の作品はスポーツ・ドキュメントだったが、次回作ニュースではジョナ・ヒルと共に実在する人物を描くドラマ作品になりそうなので、ドキュメンタリーを撮り続けるという事も無いのかもしれない。

ロジャー・ロス・ウィリアムスやエズラ・エデルマンエヴァ・デュヴァネイがノミネートされている第89回アカデミー賞長編ドキュメンタリー作品5作のうち、4作は黒人監督によるものという快挙を成し遂げている。今回書いていないが、ハイチ出身ラウル・ペック監督による『I Am Not Your Negro / 日本未公開 (2016)』もノミネートされている。オスカーは誰の手に渡るのだろうか?楽しみで仕方がない。

Life, Animated / 日本未公開 (2016)(1521本目:4.75点)

Feb 10, 17 Hidden Figures / 日本未公開 (2016)

Hidden Figures / 日本未公開 (2016)

教科書には載っていない偉大な功績を残した黒人たちと『Hidden Figures』

公民権運動の波が押し寄せていた1961年に、数学者キャサリンジョンソンエンジニアメアリージャクソンと2人を支えたドロシー・ヴォーンの3人の女性NASAで働いていた。そんな3人の活躍を『The Help / ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (2011)』調に誰にでも分かりやすく描いたのが、SAG賞(スクリーンアクターズ協会賞)の大賞に輝いた『Hidden Figures / 日本未公開 (2016)』。映画で描かれように、公民権運動の波は押し寄せていたが、3人はまだ隔離された場所で働いており、トイレに行くのも大変だった程。しかし3人の才能と活躍は徐々に信頼を得て、NASAの中にもあった偏見の壁を少しずつ壊していく。ノーベル平和賞を受賞したキング牧師教科書に載るが、この3人のような女性たちは教科書には載らない。でも沢山の映画には残っているので、そんな教科書には載らない偉人達が描かれたドキュメンタリーではなくドラマ化されたあまり有名でないが佳作である作品を中心に紹介していきたい。

この『Hidden Figures』の主演タラジ・P・ヘンソンの曾祖伯?叔?父(タラジのひいひいおじいちゃんの兄弟であるマシュー・ヘンソン。北極点に一番最初に到達したと言われているロバート・ピアリー助手ナビゲーターだった探検家だ。ロバート・ピアリー物語教科書で読んだ記憶はあるが、ヘンソンの事は読んだ記憶はない。そんなマシュー・ヘンソンの半生は『Glory & Honor / 栄光への道/北極を目指した男たち (1998) (TV)』というテレビ映画になっている。主演は『クルックリン』のデルロイ・リンドー監督子役活躍し、その後映画監督になったケビン・フックス。リンドーはこの映画ゴールデンサテライト賞を受賞。北極点まで誰が先にたどり着くかで過激レースとなり、如何に過酷な道のりだったかを伝える作品だ。

ヘンソンと同じく偉大な功績を残した白人の手助けをしたのが、ヴィヴィアン・トーマス医師青色症候群という病気治療法を見出しアルフレッド・バラロック助手がトーマス。しかし彼もまた1930年代という時代故に、黒人医師ではどうにもならずもがき苦しんだ人物。そんなトーマスとバラロック関係と功績を描いたのが『Something the Lord Made / 奇蹟の手/ボルチモアの友情 (2004) (TV)』。こちらもテレビ映画で、トーマス役にモス・デフ(ヤシン・ベイ)、バラロック役に故・アラン・リックマンモス・デフエミー賞ゴールデン・グローブ賞の両方でノミネート

同じく医学の道を描いた作品で、『Miss Evers’ Boys / ミス・エバーズ・ボーイズ〜黒人看護婦の苦悩 (1997) (TV)』が非常に興味深い作品だ。「タスキーギ実験」と呼ばれる実際にあった話とその問題に立ち向かった1人の看護婦が描かれている。タスキーギ実験とは、アメリカ政府梅毒にはペニシリンが効くと知りながら、アラバマ州タスキーギに住む黒人たちの治療を行わず、そのまま観察として人体実験されていた事である。こちらの作品テレビ映画で、主演のアルフレ・ウッダードゴールデン・グローブ賞エミー賞の両方で受賞、共演のローレンス・フィッシュバーン&オッバ・ババトゥンデ&オシー・デイビスエミー賞ノミネートしている。

そして教科書に載っていない偉人と言えば、ナットターナーであろう。奴隷解放宣言前に奴隷反乱を起こした人物。ネイト・パーカーが渾身の『The Birth of a Nation / バース・オブ・ネイション (2016)』を作り上げ、サンダンス映画祭では大賞と観客賞の両方をW受賞したが、大学時代スキャンダルが発覚し、オスカーも日本公開の道も閉ざされてしまった作品だ。素晴らしい作品なので、その器の小ささが残念で仕方ない。またナットターナー勇気ある歴史封印されてしまった。

偉大なブルースミュージシャンであるレッドリーを描いた『Leadbelly / 日本未公開 (1976)』。『黒いジャガー』などで知られるゴードン・パークス監督作品。彼が遺した素晴らしい楽曲が、ドラマチックな物語と共に楽しめる音楽自伝醍醐味たっぷりと味わえる作品

キング牧師モントゴメリーバスボイコットの時に牧師としていたのがアラバマ州デクスターアベニュー教会。そのキング牧師の前にデクスターアベニュー教会牧師をしていたのがヴァーノン・ジョンズ。そのジョンズもキング牧師のように教科書には載らないが、差別と闘っていた。そんな彼の闘いを描いたのが『The Vernon Johns Story / 怒りを我らに (1994) (TV)』。日本では確かNHK放送したと思う。何て面白い映画なのだ!と見た時の事を今でも覚えている。

と、ここまでが、公民権運動以前を描いた作品。これ以降は公民権運動中か公民権運動以降を描いた作品

事実ちょっと脚色が加えられているが、60年代公民権運動時にKKKリンチなどに自衛する為の武装集団「Deacons for Defence」を組んだ事が描かれている作品が『Deacons for Defense / 日本未公開 (2003)』。南部の人々の「もう十分だ!」という怒りを感じる作品テレビ映画で、監督俳優もするビル・デューク。主演のフォレスト・ウィッテカーがSAG賞にノミネートされた。オシー・デイビスやポール・ベンジャミンなど、ベテランの名優たちの演技が泣ける作品でもある。

キング牧師献身的活動したシカゴで、黒人の子供たちがまともな教育を受けていない事に憤りを感じ、ならば理想学校を自らの手で!と、自分学校を作り上げてしまった肝っ玉先生マーヴァ・コリンズを描いた『The Marva Collins Story / マーヴァ・コリンズ ストーリー (1981) (TV)』。コリンズの何事にも屈しない態度には勇気が貰える。主演のシシリータイソンエミー賞ノミネート献身的夫役にはモーガン・フリーマン

今でも差別的だと度々批判されるのが、NASCAR。そんなNASCAR60年代から車を走らせ、優勝までしたのがウェンデル・スコット。その半生が描かれたのが『Greased Lightning / 日本未公開 (1977)』。なんとコメディ巨人リチャード・プライヤーがスコットを演じ、妻役にはパム・グリア。2人はこの映画の共演がきっかけで交際にまで発展している(ま、そのトリビアは省略でもいいっすかね?)。プライヤーらしい軽快さが、暗くなりがちな自伝映画らしくなくて、スピード感もあって見やすい、そして楽しい自伝映画になっているのが特徴的。

以上、私が選んだ「教科書には載っていないが映画にはなっているけど映画もあまり有名じゃない有名人偉人シリーズ」でした。まだまだ埋もれている作品は沢山あります。って、肝心の『Hidden Figures』の感想は?とお思いになる方もいるでしょう... 肝心な事を触れていないという事は、まあお察しくださ... いやせっかくだから正直書くと、ここに挙げた作品の方が優れているかなーと思う作品もある。でもテレビ映画だったり、時期が早かっただけの作品もある。『Hidden Figures』はずっとハリウッドで続く白人監督による黒人映画であって、80年代作られたり、90年代テレビ映画として作られたら、もしかしたらここまで評価されたのかな?とは思ってしまう。だからこそこの題材で書こうと思った。そして、別に白人監督が悪いと書いている訳でもないのであしからず。上で挙げた作品でも『ミス・エバーズボーイズ』や『奇蹟の手/ボルチモア友情』は両方ともにジョセフ・サージェントという白人監督。『Hidden Figures』は、黒人女性活躍が期待され、そしてそれらを見せるのに丁度良い俳優達がいる、実に良いタイミングで作られた作品なのだ学校教室で流すのに丁度いい作品女性たちが勇気を貰うのに丁度いい作品。全てにおいて、丁度いいのだ!

Hidden Figures / 日本未公開 (2016)(1520本目:4.25点)

Feb 09, 17 Collateral Beauty / 素晴らしきかな、人生 (2016)

Collateral Beauty / 素晴らしきかな、

『素晴らしきかな、人生』ウィル・スミスは何にもがき苦しんでいるのか?

今回の『Collateral Beauty / 素晴らしきかな、人生 (2016)』も興行成績で失敗したそうである。「も」。ウィル・スミスは大(x1億回)好きなのでこんな事は書きたくないのだが、2012年の『Men in Black 3 / メン・イン・ブラック3 (2012)』を最後にどうも滑っている印象だ。今回はケイト・ウィンスレットキーラ・ナイトレイヘレン・ミレンという豪華過ぎる3人の有能女優共演者にして「も」興行成績で失敗。私的にはあのマイケル・ペーニャが出ているのだから絶対に泣ける映画なのだと思っていた。

ウィル・スミスは今回、ニューヨーク広告代理店成功したが、色々あって、今は鬱...という男を演じている。で、共演者たちがウィルの為会社の為に手助けするのだ。まあよくあるハリウッド系「イキロ!」という道徳自己啓発映画である

分かる。ウィル・スミスは才能のある俳優だと認められたいという事を。ウィル・スミスと言えば、軽快な語り口でしなやかな走りが特徴的。彼の唯一無二とも言える、生まれながらの明るいキラキラスター性は、逆に「演技派」という部分を曇らせてしまう。だからこそ、最近こういう系の作品選びをしてしまう。違う!『After Earth / アフター・アース (2013)』でも書いたけれど、また書くよ。私たちが見たいウィル・スミスはそうじゃないんだ!というか、ウィル・スミスに演技の才能がある事は百も承知なのだ!このような映画に出て証明する必要なんてもうないんだ。肩の力を抜いて、いつもの誰にも持ってないあのキラキラスター光線をスクリーンで輝かして、私たちにこれでもかと浴びせて欲しいのだ。

ウィル・スミス次回作になるであろう『Bright』という作品は未だベールに包まれているが、ウィル・スミス身体を動かす事にはなっているらしい。タイトルBrightキラキラ)』もウィル・スミスのそのもので最高じゃないか!そして何よりあの『Bad Boys / バッド・ボーイズ (1995)』の続編3&4の制作が控えている。良いんだよ、それで良いんだ!

Collateral Beauty / 素晴らしきかな、人生 (2016)(1519本目:3.25点)