Hatena::ブログ(Diary)

::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie: このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


↑私の本家サイトです↑
ブラックムービーが満載...な筈

観た映画全てではありませんが、ブラックムービーを中心に、なるべく最新作品、
そしてどうしても書きたい作品を中心に書いております。
99%自腹でお金払って観ておりますので、とても自由に書いております。
映画の邦題は私が観た・書いた当時のものです。
その後に日本公開となったりDVDが発売されて邦題がついている作品もあります。
「こちら」でリンクしてある私のサイトで最新情報を確かめてください。

最近はニュースや予告編等はツイッターが早めかも?訳す時と訳さないでRTだけの時もありますが...
なので若干古めの記事もあったりかもですが、ご了承くださいませ。

*映画秘宝3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2016に参加させて頂きました。(1/21/17)
*別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな!にて『バース・オブ・ネイション』、『コンカッション』、『マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦』について寄稿させて頂きました。(11/21/16)
*サイゾー12月号の映画特集にて黒人映画最前線について寄稿させて頂きました。(11/18/16)
*映画秘宝11月号にて黒人ヒーロー5選と『ブラック・パンサー』とTVアニメ版『ブラック・ダイナマイト』について寄稿させて頂きました。(9/21/16)
*映画秘宝10月号に『ゴーストバスターズ』のレスリー・ジョーンズについてと、したコメで公開予定『ネイバーズ2』について寄稿させて頂きました。(8/20/16)
*映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦にてミステリ映画ベスト10を寄稿させて頂きました。(8/3/16)
*映画秘宝8月号にジェームス・ブラウンとエイミー・ワインハウスのドキュメンタリーについて寄稿させて頂きました。(6/21/16)
*映画秘宝EX涙の千本ノック! スポーツ映画大全集にアメフト&バスケ映画10選や二グロリーグ映画など計26本の映画について寄稿させて頂きました。(6/3/16)
過去記事

直接質問のある方はこちらこちらへ!分かる範囲で答えますので、お気軽に!

Mar 28, 17 One in a Billion / 日本未公開 (2016)

One in a Billion / 日本未公開 (2016)

インド人初のNBA選手サットナム・シンの挑戦『One in a Billion』

NBA選手になれるのは10億分の1。インド人で初の挑戦をしたのが、サットナム・シン。その彼がNBAドラフトエントリーするまでを追うドキュメンタリー映画

中国人ヤオ・ミンの人気により、物凄い規模の人口数を誇る中国というマーケットを手にしたNBA。そこで学んだ訳ですね。マーケットが大きい国のスター選手を生み出せば、もっと儲かるぅうううう!と。さすがデビットスターンNBAラスボス2014年引退しているが、インドに広げた頃はまだ一番偉い)。お金にはめざとい。って事をこのドキュメンタリーではやんわりとふんわりと描いているが、そういう事だ!インドなら人口多いし、最近コンピューター事業とかで勢いあるしーと、デビットスターンに目を付けられたインドしかNBA側は、インドは元々映画音楽など非常にエンターテイメント性に優れているので、NBAみたいなエンターテイメントはすぐに受け入れてくれる筈!と、非常になぜか前向きで前のめりなNBA陣営バスケットボール下地はそんなになく、スポーツならばクリケットが盛ん!何とかなるっしょ。という事で、NBAインド進出した頃、まだ14歳だったのがサットナム・シン。14歳だけど6フィート6っていうから、198cmもあった。靴のサイズも18インチとおよそ48cm!これは、まだまだ伸びる可能性があると、速攻で目を付けられる。しかし、サットナム君、実家はど田舎でずっと農業をやっている家庭の子バスケットは目立つ身長なので10からやっていたけれど、アメリカ10歳で始めたレベルとは雲泥の差。そこで、NBA側は男女4名ずつ、フロリダにあるスポーツ専門の学校IMGアカデミー留学させる事にした。このIMGアカデミーは、NBA選手だけでなくテニスなどでも有名で、有名選手を生み出す最強マシーンのような学校テニスならセレーナ・ウィリアムスや姉のヴィーナスウィリアムス錦織圭バスケットならマイケル・ビーズリーエルトン・ブランドなどなど。このドキュメンタリーでも学校内が明らかになっているけれど、トレーニングジムは恐らくゴールドジム以上の施設プロになる前からそういう所で鍛えるって、やっぱりアメリカって本気度が違う。そんな中で、サットナム・シンは着々と能力を付けていく。

しかし、NBA側も予測していなかった事が起きる。サットナムの英語力がイマイチ伸びなかった。NBA側としては、その一流学校能力学力をつけ、1年位大学に行って、NBAドラフトで華々しくデビュー!と思っていたのだろう。サットナムの英語力では、大学に入るまでの成績が得られる事が出来なかった。現在NBAでは、高校のみでもドラフト入り出来るので、2015年ドラフト宣言。2巡目で何とか指名を貰えて、インド初のNBA選手となった!が、未だNBAでの出場はなく、その下のDリーグ所属しかスターター出場はなく、最高得点未だ5点と勿体ない事になっている。

バスケットボールドキュメンタリー映画の名作『Hoop Dreams / フープ・ドリームス (1994)』でも同様に思ったように、未だにNBAは人の人生を弄ぶなーと思ってしまった。Dリーグでもバスケで生活出来ているから良いという人もいるかもしれない。まあ、私は元々デビットスターンNBA拝金主義が大嫌いなので、インドでの市場開拓中途半端なのが許せない。まあ、NBAも少し頭悪いよね。インドって人口は多いけれど、なぜかオリンピックとか興味ないのか、成績毎回そんなに良くないもん。こうなるのは分かっていた気がするんだよねー。NBAってばかよねーとはだいぶ思いました。好きだからこそ、憎い部分もある。愛情ゆえ。

どうでもいい事なんですが、キャメロンペインがこのサットナムと同じエージェントキャメロンを見にIMGに来たエージェントがサットナムを見つけて契約。という事で、途中からキャメロン結構出てくる。キャメロンはこれ観た直前に我がOKCサンダーからトレードされてしまったので、私の気持ちは複雑でしたよ(´・ω・`)

ちなみにこれ、アメリカではNetflixで観れるのですが、調べたんだけど日本のネトフリにはないぽい。なんで?あるの?

One in a Billion (2016) - IMDb(3.25点:おまけ)

Mar 23, 17 Get Out / 日本未公開 (2017)

Get Out / 日本未公開 (2017)

ブラックホラー映画の名作が誕生した背景『Get Out』

黒人が主役のホラー映画は生まれにくい背景がある。なぜなら黒人自身黒人は賢いと思っているからだ。まず、怪しい人里離れた小屋とか行かない。普段から危機管理能力が優れていて、怪しいと思ったら、速攻逃げる...と彼ら自身ホラーを見ながら口にしているからだ。というのは半分冗談で、まず黒人が主役の映画自体が少ないのがその理由の一つであるしかし、それでも『Candyman / キャンディマン (1992)』や『Tales from the Hood / 日本未公開 (1995)』など、黒人なら誰でも知っているであろうカルト人気になっている作品は少なからずある。その中でも、今回の『Get Out / 日本未公開 (2017)』は、確実に名作としてトップに名乗りでた作品なのだ!何せ、監督ジョーダンピールはコメディ畑の人ながら、このホラー映画監督初挑戦。しか黒人で初監督作品としては、初となる興行成績$100ミリオンドルを僅か公開3週目で突破!という快挙を成し遂げたのだ。

カメラマンをしているクリスダニエルカルーヤ)は、白人彼女ローズアリソンウィリアムス)の実家がある郊外へ週末に出かける事に。親友ロッド(リルレル・ハウリー)にも、止めとけと反対され、嫌々ながらもローズに絆されて、2人は出かける。ローズ運転中に突然鹿が車に突っ込んできて、危うく大事故に。2人は無事だったが、鹿はうめき声をあげていた。やってきた警察官には、なぜかクリス免許書を見せろと言われる。運転していたのはローズなのに。そこでローズ激怒し、クリスを守った。2人は何とかローズ実家に着いた。そこには両親だけでなく、黒人の家政婦と庭師が居て...

冒頭からかなりの勢いで伏線を張っていく。しかも相当数のネタを投入。でもそんな事は観客は気づかない。後になって、あれも伏線だったのか!!となるのだ。しかも見事にたった1時間40分程で全て回収してしまう。この映画について絶対に人と語り合いたくなるし、観た人は絶対饒舌になる。私みたいに感想を書きたい人は永遠に褒め言葉を書いていたし、絵が描ける人はこの映画の絵を絶対に描きたくなるように、人々の想像力創作意欲を刺激させる。そして絶対に何度もこの映画を観たくなるし、また何度観ても絶対面白い。それだけテンポが良いという証明でもあり、そしてそれらのネタ絶対に人々を惹きつける。黒人白人日本人関係なく惹きつける。だけど、この映画黒人でなければ、絶対にこの作品は生まれなかった。という、ユニークさも売りだ。なぜならこれは黒人ならば、絶対に一生に一度は想像してしまう、とてもホラー出来事が描かれているのだ。所謂スプラッター系のホラーじゃないけれど、確実に精神的ダメージを食らうタイプのホラーだ。ベン・カーソンスティーブ・ハーヴィとドナルトトランプ、カーダシアン家族の台頭とKanye West...等々、彼らのような存在が実際にあるかもしれないという怖さと面白さを掻き立てる。まさに時代マッチした作品なのだ

The Spook Who Sat by the Door / ブラック・ミッション/反逆のエージェント (1973)』的硬派なメッセージを、『Poor Pretty Eddie / 日本未公開 (1975)』的に奇妙で薄気味悪く描き、『Candyman / キャンディマン (1992)』的に思わず真似したくなる仕草台詞に、『Tales from the Hood / 日本未公開 (1995)』的にブラックムービーでなければならなかったという存在価値のある。史上最強最高傑作Get Out』が誕生し、史上最大の成功を成し遂げた。

Get Out / 日本未公開 (2017)(5点満点:1532本目)

Mar 20, 17 Fist Fight / 日本未公開 (2017)

Fist Fight / 日本未公開 (2017)

アイス・キューブが居る教室『Fist Fight』

人をただただ威圧する1010分眉で中肉中背アイス・キューブ学生時代は確実にイジメっ子だった男だ。でも意味もなく己のストレス発散の為のイジメとか、そんなちゃっちい事はしないタイプで、自分よりも強そうな相手に勝つ事を楽しむ昔ながらの番長タイプ。オラオラ人生。と勝手に我々は見た目だけで推測してしまうが、本人は『Straight Outta Compton / ストレイト・アウタ・コンプトン (2015)』でも描かれていたように、ラップリリック一生懸命ノートに認めていたタイプ。大学まで入学しているので、結構出来る男。そんなアイス・キューブイメージ現実をごっちゃにしたようなコメディで、夏休みに入る終業式の日に気の弱い国語教師キャンベルチャーリー・デイ)のせいで、生徒から先生からも恐れられている歴史教師ストリックランドアイス・キューブ)がクビになってしまい、放課後決闘Fist Fight)を申し込み、学校中で「キャンベル完全にオワッタ」となってしまコメディが『Fist Fight / 日本未公開 (2017)』。

この高校の生徒たちが、まああーーーーあああーーー悪い。アメリカのこの手の学校コメディにはありがちなんですが、実際には見た事ないわー。生徒たちのイタズラが結構面白い。凝っている。そこに頭使えるなら...って思ってしまう。アメリカバカ学園コメディのイタズラが好きな人系には、たまらない映画。あと小ネタがたまらない。国連になっている教室でのイランvsイスラエルとか、歴史教師キューブ)のケンバーンズネタとか。そしてアイス・キューブネタも多い!この映画が中々面白いのは、やっぱりアイス・キューブいじめっ子キャラチャーリー・デイいじめられっ子キャラが際立っているからポスターだけでキャラがすぐに分かるもん。アイス・キューブが斧とかバット持っているだけでゾクゾクして面白いもん。You better check yo self before you wreck yo self...

それにしても、アイス・キューブ歴史教師だったのが最高だった。思えば、アイス・キューブパブリック・エナミーラップは私にとっての教科書代わりで、教科書とにらめっこして暗記するのは超苦手だったけれど、アイス・キューブチャックDの言う事はすぐに頭に入ったもんです。辞書英単語を調べ、そして彼らが言っている事の内容を勉強する。楽しい高校生時代でしたよ。こんな大人になりましたけど。今でもアイス・キューブチャックDは私の先生社会勉強キューブ裏社会勉強も出来る。ここでも書いたけど。

アイス・キューブが居る教室、それは確実に楽しくて思い出になる授業。

Fist Fight / 日本未公開 (2017)(3.75点:1531本目)

Mar 16, 17 Maya Angelou and Still I Rise / 日本未公開 (2016)

Maya Angelou and Still I Rise / 日本

女の生き様『Maya Angelou and Still I Rise』

映画監督女優歌手舞台女優ダンサー・公民権運動家・料理人娼婦詩人作家...とてつもない位の肩書を持つマヤ・アンジェロウ2014年86歳で惜しくも他界。やはり一番有名なのは彼女回想録「歌え、翔べない鳥たちよ」と、1993年ビル・クリントン大統領就任式で詠んだ詩だろうか。そんなマヤ・アンジェロウの生涯を追うドキュメンタリー映画Maya Angelou and Still I Rise / 日本未公開 (2016)』。映画祭で上映され評価を受け、そして黒人歴史間中PBSにてテレビ放送された。

マヤ・アンジェロウ生き方女性ならやっぱり憧れてしまう。何でも出来て、しかも全てが第一線で評価されている。しか彼女が一緒に人生を共にした友人たちも歴史名前を残す人ばかりである作家ジェームスボールドウィンとか、女優シシリータイソン男優ルー・ゴセット・ジュニア死ぬほど羨ましい。アンジェロウは国外にも目を向けアフリカとの連携も強化し、一時期はアフリカ活動家と付き合い、ガーナに住んでいた程だ。そのガーナ時代には、マルコムXとも出会い友情を深めている。そしてもちろんキング牧師とも知り合い。とにかく凄い人達マヤ・アンジェロウインナーサークルに居た。
そしてビルヒラリー・クリントン夫妻が出会った時の最初の会話が、アンジェロウの「歌え、翔べない鳥たちよ」についてだったという。アンジェロウはビル・クリントン故郷アーカンソー州で幼少時に暮らした事もあり、そこでの経験がその本にも書かれているので、ビルヒラリーがこの本を知っている事に感銘を受けた。

しかし、小さい時に受けた性的暴行や、初めての経験妊娠、そして息子を置いて出てしまうとか、そういう部分もある。けれど彼女はそれらを全て後悔と共にさらけ出す。自分の進む道を自分で選び歩んでいく。小さい時に受けた性的暴行以外は、全て彼女が選んだ道だ。色々と失敗も繰り返しながら、自ら選んだ道で成功を収めていく。並大抵の事ではない。

このドキュメンタリーでは、彼女が遺したインタビュー映像や実の息子や友人たちが語る言葉で、マヤ・アンジェロウ生き様が明らかになっている。彼女自身が書いた「歌え、翔べない鳥たちよ」同様に率直で力強い言葉で語られていて、なぜ人々が彼女言葉に惹きつけられるのかが分かるのだ。アンジェロウの言葉は、名言としてツイッターやインスタなどのSNSで、今でも人々を元気づけ勇気を与えている。

Maya Angelou and Still I Rise / 日本未公開 (2016)(4.75点/1530本目)