Hatena::ブログ(Diary)

::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie: このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


↑私の本家サイトです↑
ブラックムービーが満載...な筈

観た映画全てではありませんが、ブラックムービーを中心に、なるべく最新作品、
そしてどうしても書きたい作品を中心に書いております。
99%自腹でお金払って観ておりますので、とても自由に書いております。
映画の邦題は私が観た・書いた当時のものです。
その後に日本公開となったりDVDが発売されて邦題がついている作品もあります。
「こちら」でリンクしてある私のサイトで最新情報を確かめてください。

最近はニュースや予告編等はツイッターが早めかも?訳す時と訳さないでRTだけの時もありますが...
なので若干古めの記事もあったりかもですが、ご了承くださいませ。

*映画秘宝10月号に『ゴーストバスターズ』のレスリー・ジョーンズについてと、したコメで公開予定『ネイバーズ2』について寄稿させて頂きました。(8/20/16)
*映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦にてミステリ映画ベスト10を寄稿させて頂きました。(8/3/16)
*映画秘宝8月号にジェームス・ブラウンとエイミー・ワインハウスのドキュメンタリーについて寄稿させて頂きました。(6/21/16)
*映画秘宝EX涙の千本ノック! スポーツ映画大全集にアメフト&バスケ映画10選や二グロリーグ映画など計26本の映画について寄稿させて頂きました。(6/3/16)
過去記事

直接質問のある方はこちらこちらへ!分かる範囲で答えますので、お気軽に!

Aug 26, 16 The Perfect Match / 日本未公開 (2016)

The Perfect Match / 日本未公開 (2016

The Perfect Match / 日本未公開 (2016) 1491本目

まあ感想に書いた通りなんですが、テレンスJがモテモテ役って!!という映画なんですよね。日本では「っていうかテレンスJって誰?」という感じで馴染みが全くない人ですよね。テレンスJは、本名テレンス・ジェンキンスで、黒人専門TVチャンネルBETの人気音楽番組『106 & Park』の3代目司会者。その番組は終了してしまったので、大手TV局のエンタメ情報番組の司会や、オスカーレッドカーペットもやっていたかな?、あと最近ではこのように映画にも出ている。『Baggage Claim / 30日の婚活トラベル (2013)』とかにも出てましたね。まあそんな感じの人です。まあね、司会者にしてはカッコいい。でもさ、この映画で描かれたような誰もが振り返ってしまうようなカッコ良さではないよねー。やっぱりこの位の役はマイケル・イーリーとかボリス・コドジョーヘンリーシモンズというレベルじゃないと許されないでしょう!!!テレンスJは、どちらかと言うとニック・キャノン系。可愛い顔と愛嬌で2枚目半で、ヒロインゲットに四苦八苦するタイプの方が絶対にハマる。で、相手役は歌手キャシー音楽の方ではさっぱりダメでしたという印象。でもモデルやらせると可愛いよね。脱ぎっぷりもよろしくて、やっぱりモデルの方が合っていたんだと思う。でもこれ観た次の日に、恋人でシュガダディであるPディディと揉めて別れて警察沙汰になっていて笑った。笑えるといえば、ジェニファー・ロペス彼氏も出ていた。どこかで見た顔だけど、誰だか分からない...で調べたら、JLO彼氏だった。下手過ぎ。下手過ぎと言えば、ラッパーフレンチモンタナ台詞が全部籠っていて何言っているかさっぱり分からなかった。今のこの手のブラックムービー系のラブコメの悪い所を全て凝縮したような作品クイーン・ラティファ制作会社が作ったラブコメ、私はいつもハマらないんだよねー。あ、でもブランディのディーバ役は最高だった!あれもうちょっと観たかったわ。全然物語には関係ないけれど...(2.75点)
The Perfect Match / 日本未公開 (2016)

Sing Street / シング・ストリート 未来へのうた (2016) おまけ

Race / 栄光のランナー/1936ベルリン (2016)』を見に行った時にこの映画予告編が流れて、何かピーンと感じた作品。やっとDVD化されて観た。

私があの時何かピーンと感じた予感は的中で、最高に好きなタイプの青春映画でした。こういう風に主人公めっちゃ頑張るタイプの青春映画大好き。始まりは女の子をゲットしたいという下心から始めた音楽が、自分表現方法となった事を理解していき、強くなる主人公。最高に魅力的だったよ!お兄ちゃんも素敵。私自身も洋楽好きな兄の影響で小さい頃から洋楽に目覚めたタイプなので、自分を重ねちゃう。2人でイギリスミュージックビデオ番組楽しみにしているシーンとか分かるわー。うちは神奈川テレビファンキートマトでしたけど。友達キャラとかも良かった。ダレン役の子は、訛りが凄くて何言っているかさっぱり分からなかった!けど、あの子、良いキャラだよね。イーモン役の子は、映画では滅茶苦茶ダサいけど、実際に演じた子はメッチャカッコいいという凄いギャップを特典映像で知れた。相手役の女の子もメークや髪型でだいぶイメージが様々に変わるのも良かったし、何しろ可愛い!やっぱり黒人も入れないと!と入るのも面白いイジメっ子が...あれは大人で最高でした。そして私の青春時代である80年代音楽たち... これはもう!というか、私的には青春時代の『小さな恋のメロディ』を思い出しちゃうな。ラストといい... でも『僕らのミライへ逆回転』的でもある。作る方の楽しさをも描いていて、何か嫉妬ちゃう。っていうか、私が彼らの頃にU2にハマっていてファンクラブに入った程だったんですが、意外とU2が出てこない...特典映像監督が「俺はU2にはなれなかった」と言っていた位。そのU2のボノがこの映画主人公バンドを「あの頃の俺たちよりも上手い」とコメントしていたけれど、「リドル・オブ・ア・モデル」の曲好き。(4.75点/5点満点中)
映画『シング・ストリート 未来へのうた』公式サイト

Aug 23, 16 Miles Ahead / MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間 (20

Miles Ahead / MILES AHEAD/マイルス

Miles Ahead / MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間 (2015) 1490本目

やっと観れた!インディゴーゴーで献金を集めて制作されたこの作品。私も少しばかり献金(多分、ドンユアンコーヒー代くらい)。献金者には先行でネット配信で観れるタイプを選んだ。ので、先行で観られる筈だったが、どうやら映画会社との契約上の関係だったが、法律だったか...で、先行配信ダメになった。ので、各地での劇場公開時に招待に切り替わった。が、うちには来る事がなく...(´・ω・`) 来ない人にはドンサイン入りDVDを!という事だったのに、それも来る事もなく(´・ω・`)。で、やっとDVDが発売!された!!と思ったら、私が色々な事情で忙しくて見れず...(´・ω・`) んもう(ノД`)・゜・。しかも、ドン・チードル10年掛けて作った事を知っている(これが一番最初の記事)。ドンマイルス映画を作らせてあげたかった。だからこそ、いち早く観たかった...

という事で、ドン・チードルが主演・監督の渾身のマイルス・デイビス映画マイルス・デイビス自伝映画ではないが、れっきとしたマイルス・デイビス映画なのですよ、これは!!半分が本当にあった事で、半分がフィクション登場人物も半分が実在の人で半分が作られたキャラクターという中で、マイルス・デイビスという人が描かれていく訳です。という訳で、オーソドックスではない変わり種の作品なので、ウルサ型の人々には嫌煙されている。「これは自伝映画じゃない!」とか「なぜわざわざこの時代仕事していない)のマイルス・デイビスを描くのだ!」等々。まあそういう人たちの意見が分からないでもない。それでもこれはやはり「マイルス・デイビス映画なのだ。実際にはこのような事はなかったかもしれないが、マイルス音楽に対する姿勢愛情たっぷりと伝わってくる。そしてマイルスはどのように感じて復活するまでに至ったのか?この映画はその過程ではなく、マイルスの心情をより重く深く描いているのだ。この部分は本当に上手い!マイルスファンならアノ人の名前がアレで涙出ちゃうかも。

マイルス・デイビスという偉大なジャズミュージシャンは様々なアート形式で語られるべき人物。というのも、様々なアートに影響を及ぼした人物なのだから映画マイルスというと、一般では『死刑台のエレベーター』や『ジャック・ジョンソン』ですが、私は『Symbiopsychotaxiplasm: Take One / 日本未公開 (1968)』を思い出す。この一風変わった実験的なドキュメンタリーは、マイリスデイビスの「イン・ア・サイレント・ウェイ」なしには実現などしなかった。この映画でのドン・チードルマイルスフィクションも付け加えた事でエンタテイメント性に優れていて、本当にアッという間に時間が過ぎてしまう。ここで描かれた事は、マイルスならやりそうだと正直思った。だからやっぱりマイルスの全てが観たかったとも正直思ってしまう。もう『ルーツ』とか『ロード・オブ・ザ・リング』並の大作でドン・チードルによる完全版マイルス・デイビス物語が観たくてたまらなくなるのだ。

そういえば、ドン・チードルがこんな事を2012年に語っていた。「マイルスが出たくなるような作品にしたい」。なるほど、そういう作品だったのだ!(4.5点/5点満点中)
Miles Ahead / MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間 (2015)

Aug 22, 16 映画秘宝10月号

ハンニバル・バレスとジェロッド・カー

映画秘宝10月号

映画秘宝10月号にて、『ゴーストバスターズ』で活躍するレスリー・ジョーンズと『ネイバーズ2』のレビュー寄稿させて頂きました!

映画秘宝 2016年 10 月号 [雑誌]

映画秘宝 2016年 10 月号 [雑誌]



レスリー・ジョーンズについては、とうとうこの日が来たか...と目頭が熱くなりながら書きました。というのも、あれは忘れもしない2006年初秋、黒人コメディアン好きには避けては通れないあの『デフコメディジャム』が再出発すると聞いて、毎週楽しみにTVの前で正座して待っていた。新しい黒人コメディアンスター誕生にワクワクしていたのです。そこに物凄いデカい女が登場してきた。なんだ!この迫力のある女性は!と思っていたら、弱い奴らをこバカにするこれまた迫力あるネタを繰り広げていて私は大笑いしていた。その女性レスリー・ジョーンズだった。その時の私の楽しみは、当時誰もがやっていたマイスペース(もう知らない人までいるかもしれない化石SNSだ)で、『デフコメディジャム』で面白かった人に「面白かったでーす!」とメッセージツイッターDMみたいな機能)する事。TVに出演したばかりだと、凄いメッセージの量なので返事などくれる人は少なかったですが、良い人だと一言でも「ありがとう!」とかメッセージをくれる人もいた(のがジャスパーレッドとかディオンコールとかアリエススピアーズとか...)。そんな迫力あるステージだったので、恐る恐るレスリーにもメッセージを送ってみたら、レスリーも「ありがとう!」と返事してくれた1人だった。「よし、この人を応援していこう」と決めた夜でもあった。ちなみにこの年の『デフコメディジャム』には今やドル箱スターとなったあの人も出ている(これは映画秘宝さんで確認してね!)!!そして『デフジャムコメディ』の再始動で興奮して作ったホームページ「Comedian History」というページだ。そこの17.おススメ!で私がおススメしているのがレスリー・ジョーンズなのだ。私もレスリー10年掛かった!けれど、このように彼女を紹介する日が来るなんて...という訳で、目頭を熱くせながら書いた訳です。レスリーを悪く言う人は私が許さん!#LoveForLeslieですよ。という訳で、レスリー性格も分かるように書きました。ちゃんと人の話を聞く人なのです。だからこそ好かれた訳ですね。

という訳で10年も掛からず、2年で戻ってきたのが『ネイバーズ2』!という訳で、バカvsバカ対決が再び!第9回したまちコメディ映画祭in台東にて公開予定です!!YOUの真似で「ほんと、バッカよね...」と言いたくなるような戦いが再び繰り広げられております。でも今回はクロエ・グレース・モレッツという最強女子相手!さあバカップル運命は?そしてあの大学生バカたちもバカっぷりをこじらせて戻ってくる!バカ度だけでなく、エロ度もマリファナ度も更にアップ。ちなみにこの映画に出てくるアジア系バカ女子が、Awkwafina。彼女女性キャストの『オーシャンズ11』事、『Ocean's 8』の8人の1人に抜擢された女子バカバカ書きましたが、私にとっては愛すべきおバカさん達...

という訳で、映画秘宝10月号をどうぞよろしくお願いいたします

Aug 12, 16 映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦

映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦

映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦

私のお休み中に発売されたので、ブログでは中々書けなかったのですが...既に発売中の『映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦』のミステリ映画ベスト10を選ばせて頂きましたよ。黒人映画ミステリジャンルが極端に少なかったりするので、黒人映画だけじゃなくてもいいですよ!と優しくお声を掛けて頂いたのですが、と言われると「じゃあ黒人映画だけで選びたい!」という血が騒いでしまい、血眼になって探してその中からベスト10を選びました。中には、それミステリかい?と思うかもですけど、IMDBミステリになっているのから選びました!ので、IMDBのせいですwww あとはミステリ作家原作映画化とか探偵モノとか。そしたらね、意外とミステリジャンルになっている映画が多い事!

まあ1位はダントツですね。何度見ても面白い名作中の名作。ミステリっていう枠じゃなくても、黒人映画トップ10には絶対に入るであろう名作。この映画を紐解くと、ニグロアンサンブル劇団にたどり着く。デンゼル・ワシントンサミュエル・L・ジャクソンアンジェラ・バセットという今の第一線の人々を輩出した劇団。そこの十八番の名劇作がこの作品黒人劇作家チャールズ・フラーが書いているので、味わい深い。まあツイッターにもチョロっと書きましたが、ニグロアンサンブル劇団が上演していた時には、サミュエル・L・ジャクソンが出演していて、好評を受けていたのだけど、映画化の時には出れずに、傷心。サミュLの叔父貴はそれで一時期荒れた。その時に励ましたのが、モーガン・フリーマン自分も長い下積み時代があって認められない日々が続いていたので、サミュLの叔父貴を励ました。ジャンキー経験を生かした『Jungle Fever / ジャングル・フィーバー (1991)』にてカンヌ映画祭には助演賞なんてなかったのに、このために無理矢理作られたカンヌ映画祭助演賞を受賞!見事に今の地位確立した訳です。という、凄まじい裏話もあったりしますが、それ抜きでも本当に素晴らしい名作。1度じゃなくて、絶対に2度見て欲しい!分かった上で見ると、如何にデンゼルの演技が緻密なものか分かります!そして鬼上官のアドルフ・シーザー哀愁ったら!!!更には、デンゼルの前の時代の主演男優ハワード・E・ロリンズ・ジュニアという名優にも出会える作品です。この映画黒人オスカーを取るのが最も難しかった80年代(演技部門オスカー獲得はルー・ゴセット・ジュニアのみ!)に助演男優賞にアドルフ・シーザー脚本部門チャールズ・フラーノミネートされている根性作品でもあります

それにしても、この黒人映画界のこのジャンルはデンゼルが独占しているなーと。惜しくもランク入りはしませんでしたが、デンゼルの『The Mighty Quinn / 刑事クイン/妖術師の島 (1989)』も好き。デンゼルの怪しいカリビアン訛り。デンゼルって、やっぱり凄いなって。多分、ベストアクターはデンゼルがぶっちぎりの1位でしょ!と思ったら、そうかあの人が居ましたね。

是非よろしくお願いいたします