Hatena::ブログ(Diary)

::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie: このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


↑私の本家サイトです↑
ブラックムービーが満載...な筈

観た映画全てではありませんが、ブラックムービーを中心に、なるべく最新作品、
そしてどうしても書きたい作品を中心に書いております。
99%自腹でお金払って観ておりますので、とても自由に書いております。
映画の邦題は私が観た・書いた当時のものです。
その後に日本公開となったりDVDが発売されて邦題がついている作品もあります。
「こちら」でリンクしてある私のサイトで最新情報を確かめてください。

最近はニュースや予告編等はツイッターが早めかも?訳す時と訳さないでRTだけの時もありますが...
なので若干古めの記事もあったりかもですが、ご了承くださいませ。

*映画秘宝6月号にて『ムーンライト』&ブラックムービー最前線について寄稿させて頂きました。(4/21/17)
*『ムーンライト』の劇場用パンフレットに寄稿させて頂きました。(3/31/17)
*映画秘宝3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2016に参加させて頂きました。(1/21/17)
*別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな!にて『バース・オブ・ネイション』、『コンカッション』、『マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦』について寄稿させて頂きました。(11/21/16)
*サイゾー12月号の映画特集にて黒人映画最前線について寄稿させて頂きました。(11/18/16)
*映画秘宝11月号にて黒人ヒーロー5選と『ブラック・パンサー』とTVアニメ版『ブラック・ダイナマイト』について寄稿させて頂きました。(9/21/16)
過去記事

直接質問のある方はこちらこちらへ!分かる範囲で答えますので、お気軽に!

Apr 20, 17 映画秘宝 6月号

買わないとこの人が向かって走ってくる

映画秘宝 6月号

4月21日(金)発売の映画秘宝6月号に沢山のブラックムービーを紹介する記事寄稿しました。『Moonlight / ムーンライト (2016)』の批評をしつつ、最近ブラックムービーの傾向も少し触れております。そして恐らく日本のメディアでは初登場だと思われる、今年のサプライズ大ヒットとなった『Get Out / 日本未公開 (2017)』についても完全ネタバレ無しで書いております。そしてデンゼル・ワシントン様の奥深い大人作品Fences / フェンス (2016)』やアカデミー長編ドキュメンタリー賞を獲得した『O.J.: Made in America / 日本未公開 (2016)』や日本で突然公開中止となってしまった事がとても悔やまれる『The Birth of a Nation / バース・オブ・ネイション (2016)』についてもどうしてそんな事になったのかも詳しく書いております。あとは、ジャンル別で青春映画について、『Girlhood / 日本未公開 (2014)』や『Kicks / 日本未公開 (2016)』などと共に最近青春映画について書いております。そしてコメディでは、アイス・キューブの『Fist Fight / 日本未公開 (2017)』や『Central Intelligence / 日本未公開 (2016)』などについてです!

こんなに沢山の作品コンスタントにそして文芸作品からおバカ映画まで取り扱ってくれるのは映画秘宝さんだけです。今後の日本公開も含めて、盛り上げる為にも是非!!!!!よろしくお願いいたします。

映画秘宝 2017年 06 月号 [雑誌]

映画秘宝 2017年 06 月号 [雑誌]

Apr 16, 17 Dave Chappelle : The Age of Spin: Live at the Hollywood Palladiu

Dave Chappelle : The Age of Spin: Li

今世紀最高のコメディアン、デイブ・シャペルはなぜそんなに凄いのか?『デイヴ・シャペル』

2000年以前はリチャード・プライヤー2000年以降はデイブ・シャペルが、スタンダップコメディの神。『Dave Chappelle: Killin’ Them Softly / 日本未公開 (2000)』を観てからは、その位に私は思っている。日本ではデイブ・シャペルよりもクリス・ロッククリス・ロックよりもクリス・タッカーの方が知名度が高い。スタンダップコメディそのものよりも、映画の方が世界では言葉の壁などを超えて受け入れられやすいからだ。なので『ラッシュ・アワー』という大ヒット作を持っているクリス・タッカーが日本では一番知名度がある。しかし、マイク一本のスタンダップコメディ世界なら、やっぱり今現在デイブ・シャペルが一番面白いブランクはあったけれど、やっぱり...

インターネットの普及により、家に居ながら見たい映画選択し、家にまで届けてくれるという宅配レンタルから始まったNetflix画期的だった。それだけでなく、配信サービスを始め、更には自分たちオリジナル映画シリーズ制作まで乗り出し成功を収めている。そのNetflix最近一番力を入れているのが、スタンダップコメディスペシャルスタンダップコメディライブの模様をカメラに収めるだけなのでお手頃。制作費が安い上に、当たると結構収益をもたらす。なので、長らくブランクがありながらも、『Chappelle’s Show / シャペル’ズ・ショー (2003-2006)からの熱でカルト人気となっているデイブ・シャペルなら大きな成功が期待できる!&長いブランクからの復帰では話題になる筈!と、Netflixは破格の60ミリオンドル契約!2本のスタンダップコメディライブスペシャルを!という訳で、今回は2本をまとめて。

Deep in the Heart of Texas』は2015年4月、『Age of Spin』の方が2016年3月に開催され収録。『Age of Spin』では、あのサタデー・ナイト・ライブの時と同じ衣装だった!両方共に最高に面白かったけれど、『Age of Spin』の方が若干面白さが上。『Deep in』の方は、マディ・ウォーターズブルース曲がオープニング曲。そんな所も何となく『シャペル’ズ・ショー』を思い出す。ライブ中にバナナを投げつけられた話や、LAクリッパーズドナルドスターリング料理番組ポーラディーンNFLレイライス話題など、若干ネタが古めで今更感があった。それでもリル・ウェインの物まねコントなどは時を感じさせずに面白い最後も思いっきり下ネタではあったが、犬可哀想ーと思いながらも笑ってしまう。上手い!(って褒めている場合じゃないけど)
その点『Age of Spin』は、逆に2年後見ても面白いだろう普遍的ネタが多い。ビル・コズビーやO・J・シンプソンは、ドナルドスターリングポーラディーンのような所謂15 minutes of fameと言われる一発屋とは違う。ビル・コズビーやOJは70年代80年代からコメディアンたちの食い物にされネタにされ尽されてきた。その中でも、映画でいうところの時系列シャッフルじゃないが、OJ出会いネタシャッフルはお見事。最後の決め方が流石だった。で、ア・トライブコールドクエスト...(号泣)。

デイブ・シャペル所謂Realest。トゥパック・シャクールが作り出したRealの最上級造語ラッパーなら2パックがRealestで、コメディアンならデイブ・シャペルがRealestなのだありのまま実質的で偽りのない、現実的で正しい、本物中の本物。それがデイブ・シャペルと2パック。ライバルであるケビンハートの事をあんな風に率直に話しながらも、最高に面白いイブ。2パックの「Hit 'Em Up」ほど辛辣ではないが、「俺の方が上」というインパクトを与えるパンチがあるし説得力もある。キーピールへの「俺のショーを彼らがやっている」も同様。2パックが「Hit 'Em Up」でビギーの曲と同じ曲をサンプルしたような一つ上の上手さを感じる。

デイブ・シャペルのこのスタンダップを観たクリス・ロックがこう書いていた「自由黒人男性というのはこの事」。ありのままありのままに伝える本物中の本物、だから人々はデイブ・シャペルに惹かれる。Da Realest。

Dave Chappelle : The Age of Spin: Live at the Hollywood Palladium / デイヴ・シャペル (2017) (VOD)(5点:1536本目)
Dave Chappelle : Deep in the Heart of Texas: Live at Austin City Limits / デイヴ・シャペル (2017) (VOD)(4.75点:1536本目)

Apr 13, 17 追悼チャーリー・マーフィ

チャーリー・マーフィ

チャーリー・マーフィ

史上最恐にして最も愛されたブラックムービー界のいじめっ子、そしてエディ・マーフィの実兄チャーリー・マーフィ4月12日ニューヨーク病院他界した。享年57歳。白血病を患っており、化学療法中だった。

ツイッターでも何度も話題にしているし、彼の映画を見る度に書いているけれど、チャーリー・マーフィ好きだった。先に書いたようにブラックムービー界の愛されたいじめっ子日本一いじめっ子ジャイアンに似て、根底には仲良くなりたいという愛があった。
アメリカでも若い子には『Chappelle’s Show / シャペル’ズ・ショー (2003-2006)』のチャーリー・マーフィだと思うのですが、私的にはやっぱり『CB4 / CB4 (1993)』のガスト名前勝手クリス・ロックに使われて追いかけ回す男。この映画で見たチャーリー・マーフィは衝撃的だった!あのエディ・マーフィと同じ顔ながら怖い&恐ろしい&近づきたくない!それでいて、ちょっとダメな所もあってそれがお茶目で、すぐに好きになった。

IMDBにもまだ載っていないが、チャーリーは実はエディよりもデビューが早い。なんと『The Landlord / 真夜中の青春 (1970)』というハル・アシュビー監督作にチョイ役で出ている!主人公の車のタイヤを盗む少年役。証拠写真茶色シャツの方。これじゃ分からないよ!って感じかもですが本人やエディが語っているので実話。
f:id:blackmovie:20170413044115j:image

という事で、そんな事を語っていたのがついこの前。TV OneというBETほど大きくない黒人向けのTVチャンネルに「Unsung」という有名人バイオグラフィー番組があって、そのハリウッド版「Unsung Hollywood」でチャーリーが取り上げられていたのだ。普段なら恐らくというか絶対エディ・マーフィが出ないであろうチャンネルだ。その番組でエディはチャーリーとの思い出をたっぷり語っている。自分たち父親や伯父さん連中がみんなコメディアンだった事、エディとチャーリーとで母に禁止されていたのにも関わらずリチャード・プライヤーレッド・フォックスやルディ・レイ・ムーアコメディアルバムをこっそり聞いていた事など。アメリカ海軍所属していた頃、エディが売れ始めた。そしてエディの専属ボディガードとなる。しかし、エディの悪口を言ったり、笑わない人は、容赦なくぶん殴っていた為、その仕事は続かなかった。っていうエピソードも好き。エディの事好き過ぎる!

チャーリーはすぐにコメディアンになった訳じゃなかった。そのエディのボディガードをやって向いてない事を知り、次に挑戦したのが脚本家だった。その頃にちゃんと脚本勉強をしに行っている。脚本家としていきなり150000ドル脚本が売れた。しかしそれは映画化される事はなかった。チャーリー脚本家としてデビューするのは、1995年の『Vampire in Brooklyn / ヴァンパイア・イン・ブルックリン (1995)』。エディが主演でウェス・クレイブン監督脚本家としては、他にもあのジェイZのロッカフェラ映画Paper Soldiers / ペーパー・ソルジャーズ (2002)』や、やはりエディ主演の『Norbit / マッド・ファット・ワイフ (2007)』がある。

でもやっぱり近年の『シャペル’ズ・ショー』は語らずにはいられない。チャーリーが休憩中などにデイブ・シャペルプロデューサーに語っていた話をそのままコントにした「Charlie Murphy's True Hollywood Stories」だろう。ただただチャーリーが語り、チャーリーとデイブ映像化した80年代ハリウッド有名人リック・ジェームスプリンスの話は今や伝説となっていて、当時の写真が見つかってまた更に伝説化していっている。プリンスは生前中にその伝説をセルフパロディして、シングルのジャケットに使った程だ。このショーをきっかけにスタンダップコメディを始め、『Charlie Murphy: I Will Not Apologize / 日本未公開 (2010)』というスペシャルを録画している。

チャーリー・マーフィは愛されていた。今回の訃報で一番最初コメント出したのが『CB4』でチャーリーイジメられていたクリス・ロック。その『CB4』のキャラクターガスト写真と共に「たった今我々は面白くてリアルだったブラザーを失った。安らかに」と追悼した。


アイス・キューブは初監督作品The Players Club / ザ・プレイヤーズ (1998)』に出演してくれた事を感謝し「畜生チャーリー・マーフィが亡くなったと聞き残念だ。『ザ・プレイヤーズ』では若い監督に賭けてくれた。いつも笑わせてくれた。安らかに」と書いている。


Mo’ Better Blues / モ’・ベター・ブルース (1990)』や『Jungle Fever / ジャングル・フィーバー (1991)』でも小さい役で出ていたので、スパイク・リー監督も『ジャングルフィーバー』の時のチャーリー写真で追悼。


エディ・マーフィ親友としても知られているアーセニオ・ホールはシンプルに追悼しながらも、自分ツイッターアイコンも追悼写真に変えている。(ここでは?表記になっていますが、実際のツイートではマイク絵文字


他にも『ジャングルフィーバー』で共演したサミュエル・L・ジャクソンチャーリースタンダップをやるきっかけとなった同僚のドネルロウリングスパム・グリアディックグレゴリーマーロン・ウェイアンズデーモン・ウェイアンズジュニアアイスT、チャックDチャーリーが声を担当していた『ブーンドックス』のカールジョーンズ、一緒にツアーを回っていたセドリック・ジ・エンターテイナーとエディ・グリフィンDL・ヒューグリージョージ・ロペス等がSNSで追悼。そして元ネイビーなので防衛庁まで追悼ツイートしている。


ツイッターなどしていないエディ・マーフィ(オフィシャルはあったが本人が書いていない)は、ヴァラエティ誌を通じてコメントを発表

我々は我々の息子、兄弟、父、伯父、そして友人のチャーリーを失いとても辛い。チャーリーは我々の愛と笑いに包まれ、そして彼の事を悲しまない日はない。皆さんのお悔みや御祈りに感謝いたします。このように我々にとってとても辛い時期ですので、プライバシー保護理解頂きたいと思います


と語り、チャーリーとの思い出なども語っている。

私の一番得意な物まねがチャーリーなんだ。もう2歳か3歳からの頃からやっているからね。一番最初に物まねしたのがチャーリーだ。チャーリーが有名になる事を心から望んでいたよ。そしたらチャーリーの物まねが披露できるからね。
D


チャーリーは妻を病気で失い、2009年からシングルファーザーDL・ヒューグリーも書いていたけれど、仕事が終わると速攻で帰宅したという。そんなみんなが知らないチャーリーの一面もあった。

チャーリー・マーフィブラックムービーの中で暴れまくりイジメまくっていたのにこんなにも愛された。偉大なる弟の栄光の影に押しつぶされそうになっても、自らの手でそれを跳ね除けてみせた。チャーリーはエディの兄であって、我々の兄ではないのに、親しみと羨望も兼ねてブラザーとみんなが呼んだ。安らかに。

Charlie Murphy | Writer, Actor, Comedian, TV & Radio Personality
Charlie Murphy (チャーリー・マーフィ)
no title

Apr 10, 17 Queen of Katwe / 日本未公開 (2016)

Queen of Katwe / 日本未公開 (2016)

やらないと始まらない!『Queen of Katwe』

人生ってやっぱり出会いとほんの少しの勇気、そして最大の努力なんだなーと思ってしまいますね。特にこの映画を観た後では。ウガンダ首都カンパラにある「カトウェ」と呼ばれるスラム街に住んでいる少女フィオナが、この映画の主役。お父さんを早くに亡くし、お母さん1人(ルピタ・ニョンゴ)で4人の子供を育てているので極貧生活。上2人が女の子で、フィオナは次女で10歳。路上販売で、母を助けている。学校は行っていない。お姉ちゃんは、セオというバイクに乗った怪しい男と駆け落ちフィオナのすぐ下の弟ブライアンサッカーを見ていて、コーチ(デビット・オイェロウォ)に「やってみる?」と話しかけられる。しかしブライアンは「サッカーとかやって怪我しちゃったら、病院行くお金いから無理」と断る。コーチは「なら、チェスは?」と、自分チェスクラブに誘う。お粥も貰えるので、ブライアンは通う。フィオナはこっそりブライアンをつけて、そのクラブの事を知り...

と、フィオナとチェスコーチ出会うのです。この出会いが無かったら、恐らくフィオナはカトウェで一生暮らす事になっていたかもしれない。新しいチェスというもの出会い、夢中になるフィオナ。徐々に才能を開花していき、コーチクラブ内でトップになる。自分もかなり努力していくんですよね。そして何より楽しい。勝つ事の楽しさも覚えていく。でも...と、そう簡単にはいかない部分や家族の話、そしてフィオ自身の弱さなども出てくる。でもそんなフィオナを励まし見守るのがコーチ。どこまで良い人なの!!!と、現実虚構世界が分からなくなり、演じていたデビット・オイェロウォに惚れそうになる位。そのコーチのサイドストーリーもありつつ...結局やっぱりフィオナの根性がぁあああ!!となる。やっぱりこれはディズニー映画だなと。でもディズニーらしく、脇を固めるキャラクターたちも濃くて明るく好感度が高い!フィオナの姉弟やクラブの仲間連中が、可愛くて明るくて無邪気。ケチャップの話とか最高でしたよ。でも洋服屋さんとお母さんの話の所は、居るか?とちょっと思ってしまいましたね。

監督は私の大好きなデンゼル・ワシントン作品の一つ『Mississippi Masala / ミシシッピー・マサラ (1991)』のミーラー・ナーイル。彼女らしい目を見張るほど美しい色彩が、ルピタ・ニョンゴ衣装に現れてました。

これね、最後が良い。演じた役者の後ろにご本人様登場ーパターンです。数奇な物語だけど、実際にやっぱりあったんだなーって思える時間コーチはオイェロウォだから絶対に魅了5倍増し!位に思っていたんですが、コーチ本人割と2枚目!あれ?ひょっとしてオイェロウォより...ナンツテー。ブライアンとかリチャードとかベンジャミン君とか、「あらー、立派になられて!」と思ってしまいますよ。

まあね、人生悲観的になりがちな日々はあると思います。でもこれ観ると、フィオナよりは絶対に恵まれた環境で育っているのに、自分はやる前から「無理じゃん」とか「向いてない」なんて思ってしまっている事を痛感する。やってみないと、人生始まらない!

Queen of Katwe / 日本未公開 (2016)(4.5点:1535本目)