文芸・ジャーナリズム論系blog このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-11-21 水谷ゼミ主催「見当識と素材を取り戻すための自主ゼミ」2016 vol.6 このエントリーを含むブックマーク

みなさん、こんにちは!


水谷ゼミ主催の「見当識と素材を取り戻すための自主ゼミ」vol.6のお知らせです! 参加、聴講自由です!


見当識と素材を取り戻すための自主ゼミ」2016 vol.6

「なぜ遺書は集められたのか

        ――謎の調査」を見る

★日時:11月29日(火) 18:15-20:00くらい

★場所:早稲田大学戸山キャンパス 33-433教室


私たちは現在、どこにいるのでしょうか?

どこから来て、どこへ行こうとしているのでしょうか。

現在地がわからなければ、身動きも取れません。

そしてどこから来たのか、過去を知らなければ、現在地を特定することもできません。

この自主ゼミは、ドキュメンタリー番組を見ながら日本の過去の事実を知り、

少しでも見当識を取り戻そうとするための小さな試みの場です。


前回の「亡き人と再会」に続き、死者と生者の関係に焦点を合わせます。

戦後半世紀以上たって、初めて特攻隊員の遺書を目にする遺族。

死者が語りかける「ことば」から「いのち」の位置を一緒に考え、見当識を取り戻す一助としたいと思ます。


どなたでも参加、聴講自由です!


f:id:bungeijournalism:20161121144456j:image


ご来場をこころよりお待ちしております!

2016-11-17 岸本佐知子さん講演会のお知らせ このエントリーを含むブックマーク

みなさん、こんにちは!


翻訳家・エッセイストの岸本佐知子さんが「人はどのようにして翻訳家になるのか」について講演します!

文ジャの教員、松永美穂先生を聴き手に、翻訳についてお話していただきます。


翻訳に興味がある方だけでなく、文ジャのみなさんは必聴です!


岸本佐知子 講演会

「人はどのようにして

   翻訳家になるのか」

★日時:12月2日(金) 13:30〜15:30

★場所:早稲田大学文学部キャンパス 31号館205教室

★聴き手:松永美穂(文学学術院教授)

★入場無料・予約不要!


f:id:bungeijournalism:20161121143003j:image


ご来場をこころよりお待ちしております!

2016-11-08 卒業研究・ゼミ論の提出について このエントリーを含むブックマーク

12月の卒業研究・ゼミ論の提出が近づいてきました。

4年生の皆さま向けに、提出時の注意点について、ご案内いたします。


卒業研究とゼミ論は、提出方法や体裁が異なりますので、ご注意ください。



(1)卒業研究の提出について


卒業研究には、事務所指定の提出方法・体裁があります。

文化構想学部ホームページに掲載されていますので、提出前に必ずご確認ください。

提出日時:12月8日(木)・9日(金) 10:00〜18:00

提出会場:第一会議室(33号館3階)

体裁:事務所指定による


詳細は、文化構想学部ホームページをご確認ください。

 ・卒業研究提出について

 ・卒業研究作成にあたっての注意事項(製本)


(2)ゼミ論の提出について


ゼミ論は、多くのゼミでは、提出方法は以下のようになっています。

但し、ゼミ内で先生が指定される場合がありますので、ご注意ください。

提出日時:12月8日(木)・9日(金) 12:30〜18:00

提出会場:文芸・ジャーナリズム論系室(33号館704)

体裁  :各ゼミによる(先生にご確認ください)



皆さまが無事提出できますよう願っております!

2016-11-01 進級ガイダンスのお知らせ このエントリーを含むブックマーク

文化構想学部1年生の皆さま


11月18日(金)に文芸・ジャーナリズム論系の進級ガイダンスが開催されます!


当日は、先生方から論系の説明や授業の紹介などを行いますので、参考になる情報は盛り沢山です。


文芸・ジャーナリズム論系 進級ガイダンス

★日時 : 11月18日(金)12:15〜12:55

★場所 : 36-382教室

★予約不要!

★飲食自由!


f:id:bungeijournalism:20161101161309j:image


ご来場をお待ちしております!

2016-10-28 多和田葉子・高瀬アキ パフォーマンス&ワークショップ このエントリーを含むブックマーク

みなさん、こんにちは!


今年度も、多和田葉子・高瀬アキ パフォーマンス&ワークショップの季節になりました。


多和田葉子と高瀬アキによるパフォーマンス&ワークショップは、毎年大好評を博し、今年で7回目を迎えます。

音楽性を持った朗読と、自由なピアノ演奏が、ユニークなコラボレーションをする企画です。

二人はこれまでブレヒトやチェーホフ宇治拾遺物語、東日本大震災など、様々なテーマを舞台化し、大きな反響を呼びました。

多和田葉子芥川賞谷崎潤一郎賞泉鏡花文学賞野間文芸賞早稲田大学坪内逍遙大賞などを授与し、本学卒業の日本語作家であると同時に、ドイツ語でも創作を続け、ゲーテメダルなどを受賞しています。高瀬アキはヨーロッパで活躍を続けるコンテンポラリージャズの第一人者で、自ら作曲も手がけます。


ドイツを拠点に世界的に活躍するお二人の豪華な共演をお楽しみください。


1. パフォーマンス「北斎さいさい」

★日時 : 2015年11月14日(月)18時30分-20時30分(開場18時)

★場所 : 小野記念講堂(27号館小野梓記念館地下2階)

★入場無料・申込不要・全席自由(先着200名)※未就学児入場不可

江戸後期を生き、90才の寿命を全うした葛飾北斎。形式や礼儀に囚われない自由人として、膨大な数の作品を残し、ゴッホなどヨーロッパの画家たちにも大きな影響を与えました。ドイツ在住の作家・多和田葉子とジャズピアニスト・高瀬アキが、北斎の作品を音と言葉に変換し、江戸と現代を架橋します。



2.ワークショップ「言葉と音楽 Vol.7」

★日時 : 2015年11月15日(火)16時30分-18時30分(開場16時)

★場所 : 小野記念講堂(27号館小野梓記念館地下2階)

★入場無料・申込不要・全席自由(先着200名)※未就学児入場不可

新しい言葉とリズムを使って、言葉遊びに挑戦してみよう! 観客参加型を目指します。



f:id:bungeijournalism:20161028124722j:image