Hatena::ブログ(Diary)

chisatoyellowの日記

2017-04-20 もんちっち

f:id:chisatoyellow:20170419134527j:image

前髪

自分で切った


「へんなの」

チビリンコが言った


新しい生活


ガッコウいきたくないなぁ

うつむいて

ひとりで


歩いてる学生を見ると

わたしは写真にとって

写真集にしたいと

いつもおもうんだ

そんな写真をぱらぱらみたら

そうか

みないろんなおもいかかえ

新しい生活

不安希望

同じ空の下

おなじなんだ


「へんなの」

そういいながらちょっと笑ったチビリン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chisatoyellow/20170420

2017-04-14 ホワイトプリンセス

きのうの「ナポリタ〜ン」の文章

自分自分がよんでいて


気が付いた


私の人生

皆が

私のために

動かしてくれてる

んじゃないだろうか



葛桜も

茶巾寿司

からは終わらせれないとき

強制終了がかかった


これは

そうじゃないよ、と方向をおしえてるんではないだろうか



まり

私の人生でおこるいろんなこと

大切な人の死や裏切り


それらはみんな

そっちじゃないよ、こっちだよと

示してくれる光だったんだ



みんなが

わたしのために

からだはって示してくれてたんだ



びっくりだ


わたし

めっちゃ大切にされてる姫ではないか

いやもうこれは確実プリンセスでしょう


そうだ、それなら名前をきめようではないか


わたし、ホワイトプリンセス

決定

皆にまもられあいされるプリンセス

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chisatoyellow/20170414

2017-04-13 ナポリタ〜ン

わたしはとても集中力がある


ひとつのことにかなり集中する


たとえば

OLの時

毎日和菓子の葛桜を買い続けた

これは9月になりおはぎの季節となったため

強制的に葛桜と別れを余儀なくされた


日本に四季がなく

和菓子に夏も秋もなければ

今でも葛桜を食べ続けていただろう


集中力があるのだ



それから

やっぱりOLの時

昼の弁当毎日茶巾寿司を買い続けた



あんまり毎日買いに来るもんだから

店のおにいいさんにおそらく誤解され

そんなに好きならお嫁に来ませんか

告白された


そんな告白がなければ

いまでも茶巾寿司を食べ続けていたのだろう


集中力があるのだ



そんなわけで

わたしには一点集中型の傾向がある

きのうは

チビリンコにこう言われた

「チイのお弁当は」

高校生弁当なのだ

毎日同じで」

「この頃は砂を食べてるみたいに変化がないです」


ガーン


早起きして弁当作ってるにの

砂を食べてるといわれるなんて・・・



「では学食の350円毎日日替わり定食

そこで提案した

「食べてみたらどうでしょうか」



「わたしは1年生でしかも女の子なので」

するとこう返答が来た

学食常連にはなりたくないです」


なるほど

彼女理系なのだろうか

理路整然と建設的意見を述べる


今日はいつもと違うおかずをいれてみた

スパゲッティです


反応はいかに

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chisatoyellow/20170413

2017-04-11 ハイスクール

チビリンコの高校入学式だった


朝、一緒に学校へ向かうと

女子高校生たちは皆

黒いハイソックスはいてた


チビリンコは

白いハイソックスはいてた


「よかったね〜白くて目立ってプリンセスみたいだね〜」

わたしはそう思ったが

彼女は猛烈に反対で


「どぉしよーーーー」

「わたしだけ白ーーーー」

「黒いのかってきてーーーーー」

「はやくーーー入学式はじまっちゃうーーーー」


わたしは黒いハイソックス求め走った


走れメロス

「メロスは若かった」

の冒頭部分が頭の中をなぜかぐるぐる回ってた


肌寒い日であった

冷える入学式の体育館で

汗だくだくかいていたのはおそらく我だけだろう


式のあと

校門の前で写真を撮りたいと

1時間ちかくならび


それからお得な定期券を購入のため

駅の売り場で2時間近くならんだ


家路についたのは6時近かった


長い長い一日だった


チビリンコよ、楽しい高校生活を!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chisatoyellow/20170411

2017-04-08 志村けん

f:id:chisatoyellow:20170404162356j:image

元町ケーキおやつ


小学生ん時

土曜の夜8時

ドリフの全員集合

毎週見てた


私は加藤茶が好きだった

ある日

志村けんが登場



その日のことは

昨日のことのように

覚えてる


私はたぶん小学2年だった


一生懸命がんばりますんで」

「どうぞよろしくおねがいします

志村けん

確かこう言って挨拶した


それから志村けんとのつきあいは

もう40年こえるだろう



人気者の加藤茶

もっと人気者になった志村けん

全く嫉妬せず接していたのを

毎週みて


加藤茶ますます私は尊敬したのだった


志村けんは私のこと

しらないけど

わたしは志村けんをずっと知ってる



志村けん、わたしはずっとみてるんだよ〜〜〜

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/chisatoyellow/20170408