趣味は読書。特技も・・・読書? 「古本 石英書房」の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-30 お知らせ このエントリーを含むブックマーク

※こちらは「古本 石英書房」についてのご案内です。

 最新の記事は、この下から始まります。



 HPを作りました! (こちら) 

 まだまだ手探り状態ではありますが、よろしければご参照下さい。



「古本 石英書房」は、2012年11月30日をもって

田端の実店舗での営業を終了致しました。




現在、以下の活動をしております。


<1> 千葉県市川市の古本カフェの二階に本と石の一部を移して

販売しております。  ※現在、石英店主の常時在店は行なっておりません

石と石関連の本を置かせていただいています。


アトリエのカフェ営業は、原則として毎週火曜・木曜の10〜17時です

火・水・木と第1・第2日曜日となりました。


  変更のご確認はアトリエブログでお願い致します。


本とお茶の時間をお楽しみいただだけましたらと思います。



アトリエのスペースは広いです。1階のメインの部屋と、2階部分が二ヵ所にあり、

靴を脱いで上がるスタイルになっています。

石英本のある、アトリエ入口手前の2階にはお座敷もあり、

石英店舗と同じくお子様も赤ちゃんも歓迎しております。



  アトリエ*ローゼンホルツ

    〒272-0826

      千葉県市川市真間2-2-12


    最寄駅は京成線市川真間駅

    JR総武線市川駅からも徒歩10分程です。


    ルート案内<JR版>ができました!(こちら


   アトリエブログこちらです。

2015年7月・8月は、改装工事のために休業されています。

ご注意下さい。





<2> 東京都荒川区の雑貨店、「東京キッチュ」さんにて本の委託販売

  お願いしております。


   原則として週末のみオープンの雑貨店です。

   非常に個性的な品々が揃っています。ときに笑いを誘われるものも。

   それぞれに筋の通った主張が感じられるところが素敵だと思います。


   お店の品々に触れたり店主さんのお話を伺ったりして、

   こちらの場で仲良くしてもらえそうな本を少々ですが

   選んでみました。雑貨と共にお楽しみいただけましたらと思います。


   商品については、こちら

   お店については、こちら

    をご参照下さい。   

  

 東京キッチュ

   〒116-0013

   東京都荒川区西日暮里4-27-7

     最寄駅は、東京メトロ千代田線千駄木駅またはJR線の西日暮里駅です。

      

   


<3>千葉県市川市東菅野の天然石アクセサリー店「エフィアール」さんにて

 本の委託販売をお願いしております。


   現在、不定休営業されています。

    営業日・時間については、お店のブログ(こちら)の最新記事をご参照下さい。



    「アクセサリー」という言葉だけでは括れない、

     多様な商品展開・活動をされているお店です。

     こちらの作品は、石そのものの魅力ももちろんですが、

     身に付ける人をいかに惹きたてるかということへの考察も

     深く感じられる点が素敵だと私は思っております。

     手芸好きな方にもぜひご来訪をお薦めしたいです。


     こちらで力を入れていらっしゃる、石と布関連の本を中心に

     少々置かせていただいています。


 「エフィアール」

   〒272-0823

    千葉県市川市東菅野1−3−20 サンタモニカ市川101  

       最寄り駅は、京成線八幡」駅。徒歩数分です。




     

古本市・イベント等へも引き続き参加します。

詳細は当ブログ記事でご案内して参りますので、

これからもよろしくお願い申し上げます。



 お問い合わせは sekieishobou★gmail.com (★を@に変換) 

    090-8441-9762 または

         当ブログのコメント欄へお願い致します。

2016-11-19

怒涛の11月

22:05 | 怒涛の11月を含むブックマーク

前回記事から半月以上が過ぎてしまいました。

日によっては、もはや冬・・・そしてもうすぐ12月・・・

早いものです。


宮沢賢治さん読書会は多くの方々にいらしていただき、

よい時間を過ごさせていただきました。

石のお話、まだまだしたいことも。

たくさんの材料を集めたつもりでも、それを一つの

形あるものに仕立てるのは何と難しいことでしょう。

この秋〜冬は大変に多忙で、振り返る余裕もなく

進んでしまっています。

そんな時期にいただいた貴重な体験でした。

後半の読書会は非常にしっかりとした進行で、

私にとっては新鮮な風を感じるものでした。

この風にまた吹かれたいなあ。



小部屋の展示は、11月末まで行われています。


f:id:cloudy23:20161103150838j:image:w360




f:id:cloudy23:20161103150843j:image:w360




f:id:cloudy23:20161103150902j:image:w360



今頃になっての追加画像で申し訳ありません。

上二枚は、読書会を進行して下さった玲恵さんの

お持ち下さった資料の数々、

一番下の画像は、ささきもと子さん制作の

『賢治と鉱物』(工作舎)専用ブックカバーです。

※残二点です。文庫本カバーは完売しています。





これまた今更という時期になってしまいましたが、

この「アトリエローゼンホルツ」さんでは、

今月いっぱい「アートマニア まんぷくコレクション」を

開催しています。



f:id:cloudy23:20161119214606j:image:w360


素敵なご案内は、山中現さんの絵です。

石を思わせるこの方の作品たちにはとても魅せられて

おります。


この絵をはじめとしたまんぷくさんの長年のコレクションが、

アトリエの広いスペースの随所に展示されています。

こつこつと積み重ねられた思いの集大成、

深く敬意を表したい思いです。


会期は残り僅かとなりましたが、どちらもぜひご覧下さいませ。




忙し過ぎて、時にどこか殺伐としかねない心境の私には、

今月は特に、アトリエでのひとときは灯火のようでした。

この文を作りながら、ああそうだったんだなあと

改めて思いました。

忙しさの中には宝物のような経験も多く含まれているのに、

数々の予定をこなすことに注意がいってしまうなんて、

「忙」の字は、「心を失う」というのは本当だなと。


今月の私の省察の時間は、ほとんどアトリエ

作られていたように思います。

2016-11-01

賢治の小部屋

10:38 | 賢治の小部屋を含むブックマーク

急に寒くなっています。雨も寒々しさを強めるばかり。

最近、秋が本当に短いなあと感じます。見つけた頃には

既に去りつつある感じです。




11月に入りました。

明後日3日は、アトリエローゼンホルツさんでの


賢治さんを語ろう 〜 「銀河鉄道の夜読書会


です。



前半は石英書房が宮沢賢治と石について少しお話をし、

その後『銀河鉄道の夜』の読書会をします。

進行して下さる玲恵さんは、会話の端々から宮沢賢治さんへの

深いお気持ちが伝わってくるような方ですので、

私自身もとても楽しみにしています。


そして、 アトリエのご厚意で企画が追加、一部屋を関連展示に

使わせていただけることになりました。



そのお部屋は、最近新たに開放された場所です。

屋根裏のような中二階のような、ちょっと不思議な位置に

存在しています。


f:id:cloudy23:20161020130009j:image:w360


一階廊下から見上げたところです。


二階に上がると、小さな扉。


f:id:cloudy23:20161030161535j:image:w360


画面右に見えるのは、一階部分。

背の低い私でも身を屈めないと入れません。

今まで閉じていた、そんな扉にすぐ気付かない方も。




f:id:cloudy23:20161030161151j:image:w360


中はこんな感じです。

ずっと篭っていたいような場所。



3日以降に更に内容を追加し、一ヶ月間展示をしていきます。

賢治繋がりということで、関連したポストカード、シール、

ブックカバー等も仲間入り。展示販売します。



f:id:cloudy23:20161030161208j:image:w360


こちらは、あきのかなこさん作のカードやシールの原画です。

上は鉱物、下は宮沢賢治の世界です。

※原画は展示のみです。



f:id:cloudy23:20161101110541j:image:w360


ささきもと子さん作のブックカバーは、文庫本用と、

ある本専用カバーです。

ある本とは、『賢治と鉱物』(工作舎)。

この本も販売しております。

※本の画像は後日出します。



たくさん詰め込んだ、密度の濃い空間にして参ります!


背のある方はところどころちょっと注意が要りますが、

ぜひゆっくりお過ごしいただけましたら嬉しいです。


部屋の様子については、また改めて。

2016-10-26 花巻新聞? このエントリーを含むブックマーク

日々のことに追われるように時間が過ぎており、

記事の更新が滞っています。

重なるときには重なるものです。


そんな中も、知りたいことの一端でも得たくて

花巻へ行ってきてしまいました。

そう、もうすぐ11月3日です。

宮沢賢治と石との繋がり、何をどんなふうに

お話するのか、頭の中でまだまだ

熟成待ちといった感じです。


花巻各所で撮った写真の中から、こんなものが

できてしまいました。

「〜てしまった」という表現がふさわしい、

偶然の産物です。


f:id:cloudy23:20161026225602j:image:w360


機械でこんなことができるなんて、楽しい。

2016-10-12

秋を体感する

20:28 | 秋を体感するを含むブックマーク

間が空くばかりですみません。

先日のお散歩について。


今回も東向島駅集合でした。

途中からの方も含めて6名。また男女半々です。

前回とは違う道を通って向島百花園へ向かいます。


f:id:cloudy23:20160930093616j:image:w360


いつか訪れたい「東武博物館」。古い電車内で寛いでみたいです。




そして百花園です。


f:id:cloudy23:20160930101018j:image:w360


春は骨組みだけだったトンネルは、秋の萩専用。

萩はやや終わりかけでしたが、花も葉も日の光に映えていました。

何度も行ったり来たりしてしまいました。



あちこちに秋らしい風情があり、園は春とは異なる表情を

見せていました。


f:id:cloudy23:20160930095822j:image:w360




f:id:cloudy23:20160930103326j:image:w360




f:id:cloudy23:20160930104558j:image:w360




f:id:cloudy23:20160930102930j:image:w360



こんなものも。


f:id:cloudy23:20160930102541j:image:w360




f:id:cloudy23:20160930102534j:image:w360


懐かしいという声が複数。小学校の校庭の定番だったなあ。



f:id:cloudy23:20160930111001j:image:w360


見た目通り、「へびうり」。その存在を初めて知りました。




その後、二手に分かれて昼食を摂り、鳩の街通り商店街や秋葉神社経由で

「一軒家カフェikkA」さんへ行きました。

この間の道は、できるだけ細くくねったところを選んだつもりです。

きょろきょろしながら歩けるので。

私の個人的好みが多大に入っています・・・。


f:id:cloudy23:20160930124320j:image:w360


こんな感じの一画が好きです。




f:id:cloudy23:20160930125402j:image:w360


私の北極星です。




f:id:cloudy23:20160930130243j:image:w360


この小道に惹かれています。



終点のikkAさんでの画像を撮りそびれてしまいました。

二階の甘夏書店さんで座り込んで本を眺めたり、

一階でのんびりお茶を飲んだりと「まったり」という言葉が

似つかわしいかなという時間を過ごしました。

お店を出たところで解散押上駅に向かった4名は

パンを買って帰りました。


秋の気配は、目で見るだけでなく嗅覚からも。

通る道のあちこちで金木犀香りが漂っていました。

嬉しい花盛りでした。




臨機応変、のんびりがモットーのこのお散歩隊、

いつも皆さんのご理解ご協力があっての成立だなと

今回も改めて思いました。

ご参加下さいました皆様、ありがとうございました。

お陰様で私こそが楽しませていただいています。


今後ものんびりペースで歩き続けていく所存です。

突然の発案となることもあるかもしれませんが、

どうぞよろしくお願い致します。