趣味は読書。特技も・・・読書? 「古本 石英書房」の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-30 お知らせ このエントリーを含むブックマーク

※こちらは「古本 石英書房」についてのご案内です。

 最新の記事は、この下から始まります。



 HPを作りました! (こちら) 

 まだまだ手探り状態ではありますが、よろしければご参照下さい。



「古本 石英書房」は、2012年11月30日をもって

田端の実店舗での営業を終了致しました。




現在、以下の活動をしております。


<1> 千葉県市川市の古本カフェの二階に本と石の一部を移して

販売しております。  ※現在、石英店主の常時在店は行なっておりません

石と石関連の本を置かせていただいています。


アトリエのカフェ営業は、原則として毎週火曜・木曜の10〜17時です

火・水・木と第1・第2日曜日となりました。


  変更のご確認はアトリエブログでお願い致します。


本とお茶の時間をお楽しみいただだけましたらと思います。



アトリエのスペースは広いです。1階のメインの部屋と、2階部分が二ヵ所にあり、

靴を脱いで上がるスタイルになっています。

石英本のある、アトリエ入口手前の2階にはお座敷もあり、

石英店舗と同じくお子様も赤ちゃんも歓迎しております。



  アトリエ*ローゼンホルツ

    〒272-0826

      千葉県市川市真間2-2-12


    最寄駅は京成線市川真間駅

    JR総武線市川駅からも徒歩10分程です。


    ルート案内<JR版>ができました!(こちら


   アトリエブログこちらです。

2015年7月・8月は、改装工事のために休業されています。

ご注意下さい。





<2> 東京都荒川区の雑貨店、「東京キッチュ」さんにて本の委託販売

  お願いしております。


   原則として週末のみオープンの雑貨店です。

   非常に個性的な品々が揃っています。ときに笑いを誘われるものも。

   それぞれに筋の通った主張が感じられるところが素敵だと思います。


   お店の品々に触れたり店主さんのお話を伺ったりして、

   こちらの場で仲良くしてもらえそうな本を少々ですが

   選んでみました。雑貨と共にお楽しみいただけましたらと思います。


   商品については、こちら

   お店については、こちら

    をご参照下さい。   

  

 東京キッチュ

   〒116-0013

   東京都荒川区西日暮里4-27-7

     最寄駅は、東京メトロ千代田線千駄木駅またはJR線の西日暮里駅です。

      

   


<3>千葉県市川市東菅野の天然石アクセサリー店「エフィアール」さんにて

 本の委託販売をお願いしております。


   現在、不定休営業されています。

    営業日・時間については、お店のブログ(こちら)の最新記事をご参照下さい。



    「アクセサリー」という言葉だけでは括れない、

     多様な商品展開・活動をされているお店です。

     こちらの作品は、石そのものの魅力ももちろんですが、

     身に付ける人をいかに惹きたてるかということへの考察も

     深く感じられる点が素敵だと私は思っております。

     手芸好きな方にもぜひご来訪をお薦めしたいです。


     こちらで力を入れていらっしゃる、石と布関連の本を中心に

     少々置かせていただいています。


 「エフィアール」

   〒272-0823

    千葉県市川市東菅野1−3−20 サンタモニカ市川101  

       最寄り駅は、京成線八幡」駅。徒歩数分です。




     

古本市・イベント等へも引き続き参加します。

詳細は当ブログ記事でご案内して参りますので、

これからもよろしくお願い申し上げます。



 お問い合わせは sekieishobou★gmail.com (★を@に変換) 

    090-8441-9762 または

         当ブログのコメント欄へお願い致します。

2016-09-25

日々の暮らし。

10:40 | 日々の暮らし。を含むブックマーク

だいぶ日数が経過してしまいましたが、あの日について綴ります。



「『暮しの手帖』を愉しむ会」は、悪天候の中をいらして下さった

皆様のおかげで文字通りに愉しく開くことができました。

あんな雨の中(特に午前の部!)、本当にありがとうございました。


午前の部と午後の部ではずいぶんと異なる話題が広がり、

面白く感じました。

偶然なのですが、午前は女性のみ、午後は男性のみ。

そのあたりももしかしたら影響しているのでしょうか。

およそ2時間くらいずつお喋りしました。


雑誌の内容そのものは濃密で、ここが面白い! といった話題は

限りなく語れる気がしていましたが、皆さんもどんどん

お話して下さって嬉しかったです。

表紙に始まり、記事の見出し、本文、写真・・・、内容が

生活全般に渡って広い範囲に及んでいるのも、読み応えを

感じさせるのでしょう。

話題は、紙面の構成から記事の執筆メンバー、収益は?

などというところへも及びました。

この雑誌の未来にも。


分かりやすい文章、率直な意見など、常に一貫している

この雑誌のスタイルは、編集長であった花森安治さんの考えが

基盤となっているかと思いますが、

その信念の通し方についての話も多く出たように感じます。

組織という形と自身の信念を通す兼ね合いはいかに、といった

話題もありました。


花森さん個人に絞って語り合ったとしても

ずーっと盛り上がりそうな。

この会にあたり、関連本も何冊か読みましたが、

彼のエピソードだけでもふんだんで、面白いものばかり。

ただ破天荒というのでなく、非常に筋が通ったことを

新鮮な切り口から発信していると思いました。

何しろ私は柔軟なオリジナルな発想ということに弱いので、

なるほど〜、といったことが実に多かったです。

花森さんがいかにしてこういう人になっていったのか、

その培われる過程を更に知りたいものだと強く思いました。




会の実現のきっかけとなった朝ドラは、もうすぐ終わりです。

あくまでもフィクションなのですから、実際とは異なる点は

あれこれとありましたが、こちらも楽しませていただきました。

最初から最後まで、ほぼ全てを観通したのは一体何年振りなのか

まるで思い出せない程です。その意味でも何だか懐かしかったです。


手持ちのバックナンバーはまだ在庫がございます。

これからも、こんなふうに対話をしつつ少しずつ販売していこうと

思います。どうぞよろしくお願い致します。




f:id:cloudy23:20160901123233j:image:w360




f:id:cloudy23:20160913095101j:image:w360




f:id:cloudy23:20160913095026j:image:w360



これらの作品も、日々の暮らしの積み重ねの中から生み出された

ものだと感じています。この会がそんな作品たちに囲まれて

できたのもまた、嬉しいことでした。








この会がきっかけとなって生まれた流れもあります。


今年も残り3ヶ月程となってからで何なのですが、

宮沢賢治生誕120年です。更に、彼が埼玉県に石の調査に来て100年に

なるそうです。初めて知りました。

このことを教えて下さった方と共に、小さなイベントを致します。



賢治さんを語ろう 〜 「銀河鉄道の夜読書会


11月3日(木・祝) 10〜12時頃 アトリエローゼンホルツさんにて



参加費は無料ですが、カフェでの会ですので、

お茶のご注文をお願い致します。


毎月第1木曜日はアトリエの「ブックトーク」の日となっていますが、

この時間を使わせていただくことになりました。

私は「石っこ賢さん」との呼び名もある、彼と石についての

お話をします。頑張ります。


詳細は改めて。ご興味をお持ち下さる方は、

どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

よろしくお願い致します。

2016-09-23 業務連絡です このエントリーを含むブックマーク

突然失礼します。


つい先日、久々にお会いしたNさま、ご連絡を差し上げるお約束を

致しましたが、ずいぶん前に伺っていたメールアドレスには

送信ができませんでした。

恐れ入りますが、こちらをご覧になって下さいましたら

ご一報いただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

2016-09-17 道筋作り このエントリーを含むブックマーク

少し日が経ってしまいましたが・・・

たくさんのふしぎが好きすぎる展」は、13日で終了致しました。

石や本をご覧下さった皆様、誠にありがとうございました。



同じく13日に開催した「『暮しの手帖』を愉しむ会」では、

たくさんお話ができて充実のひとときを過ごせたと感じております。

現在、どのようにまとめようかと思案中です。

後日改めて。





f:id:cloudy23:20160915150232j:image:w360


こんな景色を眺める機会を得て、頭の中に新鮮な風を通したり。






f:id:cloudy23:20160906112806j:image:w360

ハートみたい! と思いました。

この場所で、長年踏ん張ってきた塊の一部なのです。



f:id:cloudy23:20160906112746j:image:w360

たくさんの積み重ね。敬意を払わずにはいられません。




長い長い日々を経て、道ってできていくものなのだなあと

ふと思いました。

ほんの一端ではありますが、私も道を作ろうとしています。

2016-09-05

9月のアトリエにて

11:05 | 9月のアトリエにてを含むブックマーク

蒸し暑いです!

皆さん、いったいどのようにしてこの暑さを

しのいでいらっしゃいますか?


9月に入り、うちのキリギリスたちはどうにかこうにか

課題を克服した模様です。

完結したと信じたい・・・。

でも次女はもうすぐ試験。

ここはアリとなって頑張っていいものです。




「『暮しの手帖』を愉しむ会」を今月13日(火)に実施すると

先日お知らせしましたが、その時間をざっくりと決めました。

10時〜と14時〜です。

それぞれの時間にいらして下さったメンバーで、わいわい(?)

お話できましたらと思います。


暮しの手帖』をお手にしたことがないという方も歓迎です!

また、この時間帯以外でもお話できますので、

よろしければご都合に合わせていらして下さいませ。

場所は、市川市の古本カフェ「アトリエローゼンホルツ」さんです。



現在、朝ドラでもメインのテーマとなっている

「商品テスト」。

ドラマはあくまでフィクションですので、人物や状況の設定に

実際とは異なる点が随所にあります。けれども、テストに

取り組む姿勢についてはかなり近いのでは・・・と感じています。


実際の「商品テスト」の記事、見出しも本文も

なかなかに辛口です。

子供の頃に読んだ私が、細かいことは忘れていても

「面白かった!」という記憶だけは鮮やかなのは

このためだなと改めて思いました。


f:id:cloudy23:20160602115517j:image:w360

 




アトリエでは、森谷宏高さんの作品展を開催中です。

大きなスペースを大きく活用して、森谷さんの世界が

アトリエいっぱいに広がっています。


f:id:cloudy23:20160901123233j:image:w360



f:id:cloudy23:20160901123158j:image:w360


この背景部分、あまりに自然で、最初は

気付きませんでした。そのくらいしっくりと調和しています。

そう感じました。



f:id:cloudy23:20160901123257j:image:w360


ちょっとボケてしまって申し訳ないのですが、

私はこちらの作品が好きです。

元気をもらえる気がするのです。


その他、まだまだたくさん。ぜひご覧下さい。





f:id:cloudy23:20160901135407j:image:w360



f:id:cloudy23:20160901135427j:image:w360


こんなふうにもしていただけて、とても嬉しい。

石売り冥利に尽きることです。