趣味は読書。特技も・・・読書? 「古本 石英書房」の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-30 お知らせ このエントリーを含むブックマーク

※こちらは「古本 石英書房」についてのご案内です。

 最新の記事は、この下から始まります。



 HPを作りました! (こちら) 

 まだまだ手探り状態ではありますが、よろしければご参照下さい。



「古本 石英書房」は、2012年11月30日をもって

田端の実店舗での営業を終了致しました。




現在、以下の活動をしております。


<1> 千葉県市川市の古本カフェの二階に本と石の一部を移して

販売しております。  ※現在、石英店主の常時在店は行なっておりません

石と石関連の本を置かせていただいています。


アトリエのカフェ営業は、原則として毎週火曜・木曜の10〜17時です

火・水・木と第1・第2日曜日となりました。


  変更のご確認はアトリエブログでお願い致します。


本とお茶の時間をお楽しみいただだけましたらと思います。



アトリエのスペースは広いです。1階のメインの部屋と、2階部分が二ヵ所にあり、

靴を脱いで上がるスタイルになっています。

石英本のある、アトリエ入口手前の2階にはお座敷もあり、

石英店舗と同じくお子様も赤ちゃんも歓迎しております。



  アトリエ*ローゼンホルツ

    〒272-0826

      千葉県市川市真間2-2-12


    最寄駅は京成線市川真間駅

    JR総武線市川駅からも徒歩10分程です。


    ルート案内<JR版>ができました!(こちら


   アトリエブログこちらです。

2015年7月・8月は、改装工事のために休業されています。

ご注意下さい。





<2> 東京都荒川区の雑貨店、「東京キッチュ」さんにて本の委託販売

  お願いしております。


   原則として週末のみオープンの雑貨店です。

   非常に個性的な品々が揃っています。ときに笑いを誘われるものも。

   それぞれに筋の通った主張が感じられるところが素敵だと思います。


   お店の品々に触れたり店主さんのお話を伺ったりして、

   こちらの場で仲良くしてもらえそうな本を少々ですが

   選んでみました。雑貨と共にお楽しみいただけましたらと思います。


   商品については、こちら

   お店については、こちら

    をご参照下さい。   

  

 東京キッチュ

   〒116-0013

   東京都荒川区西日暮里4-27-7

     最寄駅は、東京メトロ千代田線千駄木駅またはJR線の西日暮里駅です。

      

   


<3>千葉県市川市東菅野の天然石アクセサリー店「エフィアール」さんにて

 本の委託販売をお願いしております。


   現在、不定休営業されています。

    営業日・時間については、お店のブログ(こちら)の最新記事をご参照下さい。



    「アクセサリー」という言葉だけでは括れない、

     多様な商品展開・活動をされているお店です。

     こちらの作品は、石そのものの魅力ももちろんですが、

     身に付ける人をいかに惹きたてるかということへの考察も

     深く感じられる点が素敵だと私は思っております。

     手芸好きな方にもぜひご来訪をお薦めしたいです。


     こちらで力を入れていらっしゃる、石と布関連の本を中心に

     少々置かせていただいています。


 「エフィアール」

   〒272-0823

    千葉県市川市東菅野1−3−20 サンタモニカ市川101  

       最寄り駅は、京成線八幡」駅。徒歩数分です。




     

古本市・イベント等へも引き続き参加します。

詳細は当ブログ記事でご案内して参りますので、

これからもよろしくお願い申し上げます。



 お問い合わせは sekieishobou★gmail.com (★を@に変換) 

    090-8441-9762 または

         当ブログのコメント欄へお願い致します。

2017-10-04 臨時ニュース このエントリーを含むブックマーク

気付けば10月、空気の中にも秋らしさが

漂うようになっている気がします。


先月から不定期に開催している石英蚤の市

多くの方々にいらしていただき、大変嬉しく思っております。


先だっても少し触れましたが、出店者も日々掘り起こし中

ですので、「新入荷」は随時、しかもいつ何が出てくるかは

当の本人にも読めません。

これまでの三回も、当日までに出てきた何らかの品を

追加しております。


第四回目となる明日は、主として手拭いを追加致します。

つい先程掘り出して参りました。

画像もなくてすみません。

明日は午前中にブックトークもありますので、蚤の市

13時頃からのオープンとなります。


ちなみに、第五回目は10月8日(日)ですが、

この日は私は都合により不在時間が長い予定です。

ご了承下さいませ。


取り急ぎ、ささやかなお知らせでした。

2017-09-17

お祭りモード

11:47 | お祭りモードを含むブックマーク

相変わらず更新がままならず、申し訳ありません。



台風接近中で小雨模様の中、街のお祭りの雰囲気に浸っております。

牛嶋神社は、五年に一度の大祭です。


f:id:cloudy23:20170917104742j:image:w360


一昨日の模様です。


f:id:cloudy23:20170917105623j:image:w360


大祭のときのみ登場の牛を拝むことができました。

嬉しくて、人生初・牛の“追っかけ“をしてしまいました。



f:id:cloudy23:20170915175329j:image:w360


本社の「撫で牛」もライトアップされていました。



f:id:cloudy23:20170915174743j:image:w360







f:id:cloudy23:20170917110448j:image:w360


昨日、今日は雨対策も講じている御神輿


この後の大神輿の宮入、無事に行われることを祈ります。






先日の「石英蚤の市」は、雨女らしく生憎の空模様。

そんな中お越し下さいました皆様、誠にありがとうございました。

古びた物たちに引き寄せられるかのように、懐かしい話題も

多く広がりました。


その一コマ。


f:id:cloudy23:20170907163651j:image:w360


居合わせた同世代メンバーで聞き入り、ときに口ずさむ歌。


f:id:cloudy23:20170907174104j:image:w360


懐かしい「ロッキーチャック」。

うちの子供たちには「・・・知らない。」と言われて

しょんぼりでしたので、嬉しかったです!


蚤の市の醍醐味ともいうべき時間を過ごせたことに

感謝しました。思い出の共有って楽しいです。




次回の蚤の市は21日(木)です。

来月以降も、月に三回程度の開催をして参ります。

どうぞよろしくお願い致します。


f:id:cloudy23:20170907112259j:image:w360



f:id:cloudy23:20170907114121j:image:w360

2017-08-29

もうすぐ9月

21:53 | もうすぐ9月を含むブックマーク

少し日が経ってしまいましたが、26日をもって

「手ぬぐい本って?! お座敷ブックマルシェ」は

終了致しました。

会期延長もあり、思いがけず長い期間の出店を

させていただくことができ、嬉しく思いました。

お越し下さった皆様、誠にありがとうございました。


会期が終わっても、私の中では「手ぬぐい地獄沼」は

まだ続いております。その件についてはいずれまたご披露致します。




前回ご案内しました「石英蚤の市」の第一回は、

9月7日(木)13時頃からです。よろしくお願い致します。


ありがたいことに、このようなチラシまで

作っていただきました。


f:id:cloudy23:20170829214426j:image:w360



裏にはアトリエへの地図があります。


f:id:cloudy23:20170829214709j:image:w360


皆様のお越しをお待ち申し上げております!





ありがたいといえば・・・


f:id:cloudy23:20170829215126j:image:w360


こんな切手でお手紙をいただけて嬉しいです!

内容は、もちろん石絡みなのです。

2017-08-22

石英蚤の市を始めるにあたって

15:04 | 石英蚤の市を始めるにあたってを含むブックマーク

蚤の市、その醸し出す雰囲気にわくわくさせられるようで、

言葉として見聞きする時点からぱっと反応するほどに

好きです。


それを自分が開くことになるとは、思いもよりませんでした。




石を置いて下さっている市川の古本カフェ、

アトリエローゼンホルツ」さんのご厚意で

来月から「石英蚤の市」を実施させていただくことに

なりました。月に何度か開くスタイルです。

この市についてはぜひ こちら (←クリックして下さい!)を

ご参照下さい。

私にはこれ以上に表現できない・・・という

ありがたいメッセージです。


とはいえ、一言。

私の父は、好きなもの・ことはとことん追いかける人でした。

私がもの心ついてからのあらゆるお出掛け・旅行も

おそらく全てその追っかけが組み込まれており、

子供ながらにほんの少し「お付き合い」で同行しているという感じは

あったように思います。

今になってみれば、現在の私の嗜好はこの時期に養われたものだと

痛感するばかりで、むしろ感謝もしておりますが。


頻繁なお出掛けや蒐集で増える一方のものものは

我が家にとってあまりにも日常でした。

何十年にも渡って堆積したそれらにときに

悲鳴をあげながら片付けています。


何故こんなものを・・・と呆れ果てるようなものもありましたが、

懐かしかったり面白かったりするものも多くありました。

捨てたりしまい込んだりするばかりでなく、新たな方々に

楽しんでいただけたらとても嬉しいです。



f:id:cloudy23:20170816134811j:image:w360




f:id:cloudy23:20170816141421j:image:w360





f:id:cloudy23:20170816144817j:image:w360





f:id:cloudy23:20170816153423j:image:w360





f:id:cloudy23:20170816142837j:image:w360


私のものも少々。

母が管理していたからこそ残ったのでしょう。




初回は9月7日(木)、この日はお昼までブックトーク

ありますので、蚤の市は13時頃から始める予定です。


第2回は9月21日(木)の予定です。

9月は木曜日ばかりになってしまいましたが、休日を含む

他曜日の開催も今後には予定しています。

ブログアトリエローゼンホルツさんのブログ等で

お知らせしますので、よろしくお願い致します。



何かを掘り起こして探す時間を面白がって下さる方、

よろしければいらしてみて下さいませ。