趣味は読書。特技も・・・読書? 「古本 石英書房」の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-30 お知らせ このエントリーを含むブックマーク

※こちらは「古本 石英書房」についてのご案内です。

 最新の記事は、この下から始まります。



 HPを作りました! (こちら) 

 まだまだ手探り状態ではありますが、よろしければご参照下さい。



「古本 石英書房」は、2012年11月30日をもって

田端の実店舗での営業を終了致しました。




現在、以下の活動をしております。


<1> 千葉県市川市の古本カフェの二階に本と石の一部を移して

販売しております。  ※現在、石英店主の常時在店は行なっておりません

石と石関連の本を置かせていただいています。


アトリエのカフェ営業は、原則として毎週火曜・木曜の10〜17時です

火・水・木と第1・第2日曜日となりました。


  変更のご確認はアトリエブログでお願い致します。


本とお茶の時間をお楽しみいただだけましたらと思います。



アトリエのスペースは広いです。1階のメインの部屋と、2階部分が二ヵ所にあり、

靴を脱いで上がるスタイルになっています。

石英本のある、アトリエ入口手前の2階にはお座敷もあり、

石英店舗と同じくお子様も赤ちゃんも歓迎しております。



  アトリエ*ローゼンホルツ

    〒272-0826

      千葉県市川市真間2-2-12


    最寄駅は京成線市川真間駅

    JR総武線市川駅からも徒歩10分程です。


    ルート案内<JR版>ができました!(こちら


   アトリエブログこちらです。

2015年7月・8月は、改装工事のために休業されています。

ご注意下さい。





<2> 東京都荒川区の雑貨店、「東京キッチュ」さんにて本の委託販売

  お願いしております。


   原則として週末のみオープンの雑貨店です。

   非常に個性的な品々が揃っています。ときに笑いを誘われるものも。

   それぞれに筋の通った主張が感じられるところが素敵だと思います。


   お店の品々に触れたり店主さんのお話を伺ったりして、

   こちらの場で仲良くしてもらえそうな本を少々ですが

   選んでみました。雑貨と共にお楽しみいただけましたらと思います。


   商品については、こちら

   お店については、こちら

    をご参照下さい。   

  

 東京キッチュ

   〒116-0013

   東京都荒川区西日暮里4-27-7

     最寄駅は、東京メトロ千代田線千駄木駅またはJR線の西日暮里駅です。

      

   


<3>千葉県市川市東菅野の天然石アクセサリー店「エフィアール」さんにて

 本の委託販売をお願いしております。


   現在、不定休営業されています。

    営業日・時間については、お店のブログ(こちら)の最新記事をご参照下さい。



    「アクセサリー」という言葉だけでは括れない、

     多様な商品展開・活動をされているお店です。

     こちらの作品は、石そのものの魅力ももちろんですが、

     身に付ける人をいかに惹きたてるかということへの考察も

     深く感じられる点が素敵だと私は思っております。

     手芸好きな方にもぜひご来訪をお薦めしたいです。


     こちらで力を入れていらっしゃる、石と布関連の本を中心に

     少々置かせていただいています。


 「エフィアール」

   〒272-0823

    千葉県市川市東菅野1−3−20 サンタモニカ市川101  

       最寄り駅は、京成線八幡」駅。徒歩数分です。




     

古本市・イベント等へも引き続き参加します。

詳細は当ブログ記事でご案内して参りますので、

これからもよろしくお願い申し上げます。



 お問い合わせは sekieishobou★gmail.com (★を@に変換) 

    090-8441-9762 または

         当ブログのコメント欄へお願い致します。

2016-06-27

薔薇の香り

22:14 | 薔薇の香りを含むブックマーク

最後の記事アップから、三週間も経ってしまいました。

ひゃあ。


特殊な状況があった訳でもないのにときに疲れ果ててしまう、

そんなときはどうしたらいいのか・・・と思っているうちに

過ぎる日々。


綺麗なものを眺めたい、そんなふうに

切に思います。

だから、せめてそんな写真を。

先月ばしゃばしゃと撮りまくってしまったものの一部です。




f:id:cloudy23:20160511111650j:image:w360





f:id:cloudy23:20160511111722j:image:w360





f:id:cloudy23:20160511112007j:image:w360





f:id:cloudy23:20160511112837j:image:w360





f:id:cloudy23:20160511115212j:image:w360




先には嬉しいことも楽しみなこともあります。

また改めて。

2016-06-06

穏やかな時の中

21:24 | 穏やかな時の中を含むブックマーク

先日の「『暮しの手帖』を愉しむ会」について、です。


私がぜひアトリエで開きたいという望みをずっと抱いていたのは、

暮しの手帖』が似合う場所だと感じたから。

この場所の空気に、この雑誌がぴったりくるように思えていたのです。


f:id:cloudy23:20160602115654j:image:w360


この日は幸い好天で、風も良い感じでそよ吹いていました。



f:id:cloudy23:20160602115933j:image:w360






f:id:cloudy23:20160602102707j:image:w360


初夏〜夏の号を並べました。季節感が出ているでしょうか?



f:id:cloudy23:20160602103328j:image:w360


今日のブックトークの友は、五味子茶とクッキー。




暮しの手帖』についてちょっとお話した後、皆さんに

面白いと思うところを挙げていただきました。

関連本を持参して下さった方あり、

刊行時に読んでいらして、その当時に感じたことを

語って下さった方あり、性別世代に関わらず話題たっぷりと

いった感じでした。

どの号をとっても、「こんなのがありますよ〜」と言いたくなる

箇所があるのが嬉しいところです。


昔の雑誌には、「懐かしい〜」という部分と

「こんなものがあったんだ〜」という新鮮な発見、

どちらも見出せるところが楽しいと思います。

自分の生きてきた年数が反映されもします。




f:id:cloudy23:20160602103000j:image:w360


奥、左から第一世紀・第二世紀

手前、左から第三世紀・第四世紀


あと三年弱程で始まるであろう第五世紀は、どんな雰囲気なのでしょう。





ぜひまたお話したいと思い、賛同して下さる方もいらっしゃいましたので、

16日(木)にも「愉しむ会」を行ないます。

当日のアトリエでは、先日の認知症カフェからの発展形である

「ケアラーカフェ」が開かれます(10〜12時)。

そちらにお邪魔させていただきます。

この日も私は終日在アトリエの予定ですので、

よろしければお出掛け下さいませ。

こちら もご参照下さい。


先月の「認知症カフェ」に私も参加しましたが、大変有意義

良い時間でした。 

 有意義”という、合理的(?)な言葉は適切でないかもしれません・・・。

身内だけでなく自身にも引きつけていろいろ考える機会をいただき、

また温かく力づけられるような気持ちも得られました。

まだ直接には関わっていないことではありますが、

そんなときが訪れたときの備えになってくれそうな感じ。

ほっとできるひとときでした。

こちらもどなたでもお気軽に参加できます。



アトリエでの『暮しの手帖』バックナンバーの販売も、6月いっぱい

実施しております。どうぞご覧になってみて下さい。



関東地方梅雨入りしたとのこと。

次の「愉しむ会」は、どんな景色なのでしょうか。

2016-06-02

取り急ぎのご案内

19:15 | 取り急ぎのご案内を含むブックマーク

本日の「『暮しの手帖』を愉しむ会」、無事に

終了致しました。たくさんお話できて楽しかったです。

ありがとうございました。


f:id:cloudy23:20160602105308j:image:w360


こんな感じで並べました。

詳細は後日に改めて記事にしようと思います。



バックナンバーは、6月いっぱいはアトリエにてご購入できます。

また、「愉しむ会」の追加開催が決まりました。

6月16日(木)です。こちらの詳細も改めてご案内致します。


まずはお知らせまで。

2016-05-30

蓄えて備える

20:53 | 蓄えて備えるを含むブックマーク

5月のうちに少々、とふと思い立ちました。


天候の不安定さのせいなのか、それとも

すべき雑用の多彩さゆえなのか、

なんとなく心身に力が足りない感じが続きます。

特にこの数日、22時くらいを過ぎると眠くてどうにもなりません。

朝はどうにか寝坊せずにいますが・・・子供達の夏休みまでは

まだまだ長い日々。それに、皆予定はばらばらだし、

かえって手間になるかも・・・。


こんなときには新たな本がなかなか読めなくて、

繰り返し読んできた本を読みます。

ライナスの毛布みたいです。

今回は田辺聖子さん。

かなりくたびれている手持ちの文庫本を次々と読みます。


そんなとき、甘夏書店さんが「田辺聖子まつり」をされているとの

ブログ記事を読み、何という偶然!と思いました。

ぜひ伺いたいと思いつつも果たせず、残念です。すみません。



元気のないことを綴っておりますが、これも来たる

6月2日へ向けての無意識的なパワー温存なのかもしれません。

6月2日、10時30分からは、市川の「アトリエ✳︎ローゼンホルツ」さんで

「『暮しの手帖』を愉しむ会」を実施します

(仮称のつもりがこれで確定かと)。

前回記事もご参照下さいませ。


しゃべるぞー! などと思っております。

なるべく多くのバックナンバーを運ぶつもりですので、

どうぞよろしくお願い致します。


好天でありますように。