趣味は読書。特技も・・・読書? 「古本 石英書房」の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-30 お知らせ このエントリーを含むブックマーク

※こちらは「古本 石英書房」についてのご案内です。

 最新の記事は、この下から始まります。



 HPを作りました! (こちら) 

 まだまだ手探り状態ではありますが、よろしければご参照下さい。



「古本 石英書房」は、2012年11月30日をもって

田端の実店舗での営業を終了致しました。




現在、以下の活動をしております。


<1> 千葉県市川市の古本カフェの二階に本と石の一部を移して

販売しております。  ※現在、石英店主の常時在店は行なっておりません

石と石関連の本を置かせていただいています。


アトリエのカフェ営業は、原則として毎週火曜・木曜の10〜17時です

火・水・木と第1・第2日曜日となりました。


  変更のご確認はアトリエブログでお願い致します。


本とお茶の時間をお楽しみいただだけましたらと思います。



アトリエのスペースは広いです。1階のメインの部屋と、2階部分が二ヵ所にあり、

靴を脱いで上がるスタイルになっています。

石英本のある、アトリエ入口手前の2階にはお座敷もあり、

石英店舗と同じくお子様も赤ちゃんも歓迎しております。



  アトリエ*ローゼンホルツ

    〒272-0826

      千葉県市川市真間2-2-12


    最寄駅は京成線市川真間駅

    JR総武線市川駅からも徒歩10分程です。


    ルート案内<JR版>ができました!(こちら


   アトリエブログこちらです。

2015年7月・8月は、改装工事のために休業されています。

ご注意下さい。





<2> 東京都荒川区の雑貨店、「東京キッチュ」さんにて本の委託販売

  お願いしております。


   原則として週末のみオープンの雑貨店です。

   非常に個性的な品々が揃っています。ときに笑いを誘われるものも。

   それぞれに筋の通った主張が感じられるところが素敵だと思います。


   お店の品々に触れたり店主さんのお話を伺ったりして、

   こちらの場で仲良くしてもらえそうな本を少々ですが

   選んでみました。雑貨と共にお楽しみいただけましたらと思います。


   商品については、こちら

   お店については、こちら

    をご参照下さい。   

  

 東京キッチュ

   〒116-0013

   東京都荒川区西日暮里4-27-7

     最寄駅は、東京メトロ千代田線千駄木駅またはJR線の西日暮里駅です。

      

   


<3>千葉県市川市東菅野の天然石アクセサリー店「エフィアール」さんにて

 本の委託販売をお願いしております。


   現在、不定休営業されています。

    営業日・時間については、お店のブログ(こちら)の最新記事をご参照下さい。



    「アクセサリー」という言葉だけでは括れない、

     多様な商品展開・活動をされているお店です。

     こちらの作品は、石そのものの魅力ももちろんですが、

     身に付ける人をいかに惹きたてるかということへの考察も

     深く感じられる点が素敵だと私は思っております。

     手芸好きな方にもぜひご来訪をお薦めしたいです。


     こちらで力を入れていらっしゃる、石と布関連の本を中心に

     少々置かせていただいています。


 「エフィアール」

   〒272-0823

    千葉県市川市東菅野1−3−20 サンタモニカ市川101  

       最寄り駅は、京成線八幡」駅。徒歩数分です。




     

古本市・イベント等へも引き続き参加します。

詳細は当ブログ記事でご案内して参りますので、

これからもよろしくお願い申し上げます。



 お問い合わせは sekieishobou★gmail.com (★を@に変換) 

    090-8441-9762 または

         当ブログのコメント欄へお願い致します。

2016-05-19

「暮し」を愉しむ

23:30 | 「暮し」を愉しむを含むブックマーク

子供のときは熱心に見ていた「朝ドラ」。

久しく途切れていましたが、前回の「あさが来た」の途中から

再び日課の如く見るようになっています。その習慣自体が

懐かしいです。


現在放送中の「とと姉ちゃん」も、ほぼ毎日見ています。

暮しの手帖』ですね〜。この雑誌も実は思い出深いです。

正確な年代は定かでないのですが、子供の頃に一時母が

購読していました。

「商品テスト」を読むのが楽しみで仕方なかったという記憶は、

今なお商品紹介的な記事にときめく自分の嗜好にきっと

大きな影響を与えているのだと思います。


「商品テスト」って何?という方、

「あったあった!」という方、

よろしければ当時の『暮しの手帖』を一緒にご覧になって

みませんか?

そんな企画をいつか実行したい・・・と何年か前から

思っていた私に、アトリエローゼンホルツさんが

ご協力下さいました!




6月2日(木)、アトリエ定例ブックトークの時間は、

暮しの手帖を愉しむ会」として、皆さんとこの雑誌の

バックナンバーを読みたいと思います。


※ぜひこの時期に・・・というおすすめ本を紹介したい方は、

そちらもお持ち下さって大丈夫です。ただし時間の都合上

短くさせていただくことになるかもしれません。

何卒ご了承下さい。


通常のブックトークと変わらず、参加費はお茶代の500円です。




当日は、在庫(第一世紀・第二世紀)の中から今の季節に近い

バックナンバーをテーブルにずらりと並べたいと思います。

室内に季節感溢れる感じになったらいいなあ。

他号も含め、全てご購入も可能です。

(期間限定でちょっとだけお安くしています)


もちろん、ご購入は全く強制ではございません。

「商品テスト」に限らず、読み応え見応えたっぷりの

暮しの手帖』の魅力をご堪能される機会にして

いただけましたら幸いです。

エピソード等のお話も歓迎致します!



6月2日、10時30分〜12時頃のブックトークの時間の後も

私は終日在アトリエ予定です。ご来訪をお待ちしております。



f:id:cloudy23:20160516155438j:image:w360


暮しの手帖は、100号ごとに区切りをつけています。

主に写っているのが第二世紀、向かって左のやや小ぶりサイズが

第一世紀です。

各表紙も見応えがあると思います。お楽しみに。

2016-05-17

久々の近況

09:51 | 久々の近況を含むブックマーク

またもや日数をあけてしまいました。

今頃の話題で実に恐縮ですが、恒例の楽しかったあのイベントに

ついて少々。



f:id:cloudy23:20160419150627j:image:w360


5月3日に開催されました。




f:id:cloudy23:20160503110435j:image:w360


助っ人として、こちらでひとときを過ごしておりました。




f:id:cloudy23:20160503102913j:image:w360


ご出店の箱。




f:id:cloudy23:20160503141054j:image:w360


助っ人終了後、他のスポットを巡りました。

夕方からの所用のため、ちょっとしかいられなかったのが残念!

でも、しのばずくんに会えて嬉しかったので、

記念撮影させてもらいました。





f:id:cloudy23:20160419150643j:image:w360


多くの方々が、この地域で作っている様々な地図持参で

歩いていらっしゃるのが印象的でした。

不忍ブックストリートで毎年作っているのは、

上の画像のマップです。

古本市は終わっても、いつ歩いても楽しいこの地域。

ぜひ散策してみて下さい。






後日に・・・と思ってしまうとこんなに日々が過ぎてしまう

ことに慄くばかりです。


そんな訳で、今頃こんな画像も。ご笑覧下さい。


f:id:cloudy23:20160401181955j:image:w360


もはや季節外れです・・・。



画像一枚、一言文だけであってももう少し更新を

増やさなければと思っております。

ゆるい動きではありますが、どうぞよろしくお願い致します。





おまけとして、最新の画像も。


所用で訪れた京都夜行バスで出発し、着いたその日の夜には

帰宅という短さではありましたが、やっぱり楽しいその時間。



f:id:cloudy23:20160515065102j:image:w360


早朝着くなり鴨川に向かい、景色を堪能しながらお握りを食べました。

清々しい、貴重な時間をじっくりと味わいました。




f:id:cloudy23:20160515065151j:image:w360

工事の目隠しが可愛い!と注目しました。




f:id:cloudy23:20160515071130j:image:w360


本物の猫にも会えました。

私に気付きつつも目もくれず、歩むペースも変えずに去って行きました。




f:id:cloudy23:20160515071357j:image:w360


同行することが多いガーネットも記念(?)撮影。



その後の時間は暑く慌ただしく疲労もしましたが、

こんな朝が過ごせたので大変満足でした。



前回記事の頃の風邪がいまだに何だかすっきりせず、

いまひとつのコンディションではありますが、

こういう良い時間をエネルギーにして過ごしております。

2016-04-27

古本と散歩のおすすめ

18:16 | 古本と散歩のおすすめを含むブックマーク

いろいろな花が順番に咲き、目にも楽しい季節に入っています。

木々の緑も鮮やかですね。

やっと花粉も減ってきて、良い季節となったと思ったら、

颯爽と散歩したその夜から高熱が出ました。久々のことです。

なぜこんな時季に?

苦しかったのですが、毒出しになっているといいなと思います。




ふるほん日和から日々が過ぎ、あっという間に5月。

不忍ブックストリート 一箱古本市」の季節です!


5月3日、谷中・根津・千駄木地域の15スポットで、67店の出店です。

関連イベントも各所で行われています。

本探しもお散歩も楽しんでいただけることでしょう。


私は出店はしませんが、助っ人としてお昼過ぎまで某スポットにおります。

その後もこの地域をふらふらしていることと思いますので、

もしもお気付き下さいましたならばお声を掛けていただけたら嬉しいです。


詳細は、「不忍ブックストリート」等の言葉で検索して下さい。



まだ咳が治まらず、やや熱も。養生して万全の態勢で臨めるように

したいです。

皆様もくれぐれもお体お大切に。

2016-04-16

「ふるほん日和」な一日

23:45 | 「ふるほん日和」な一日を含むブックマーク

今日は、心待ちにしていた日でした。


f:id:cloudy23:20160309213255j:image:medium



f:id:cloudy23:20160416102323j:image:w360


ものコト市は、記念すべき10回目でした。



f:id:cloudy23:20160416133306j:image:w360


100を越える出店だったとのこと。

広い世代の方々でとても賑わっていました。

そちらを見て廻れなかったことはちょっとかなり残念・・・。

飲食も然り・・・。




f:id:cloudy23:20160416133252j:image:w360


いろいろな良い音色や歌声も響いてきました。

心地よかったです。





このような場で復活開催できた「ふるほん日和」、

参加できて嬉しかったです!



f:id:cloudy23:20160416160331j:image:w360

久々に目にできました。



f:id:cloudy23:20160416102234j:image:medium


こちらも久々です。名物(?)の売り声を懐かしく

聞かせていただきました。





f:id:cloudy23:20160416160419j:image:w360




f:id:cloudy23:20160416160434j:image:w360




f:id:cloudy23:20160416160431j:image:w360


こんな感じに並ぶふるほんチーム24店でした。





f:id:cloudy23:20160416160353j:image:w360


このような景色、程良い気温、清々しい環境で過ごせた時間は

幸せでした。 ああ、お天気で良かった!!




たくさんの人々が通り、ご出店の方たちを含め、多くの方々と

お話ができました。外で対面販売ならではの愉しみです。


今回は特に、常にどこか懐かしさが伴って感じられました。

  私が個人的に久々の出店だった故でもあるかと思いますが。

それでも、出店者の方がおっしゃっていた「同窓会みたい」という

表現は、私の気持ちにしっくりと馴染む感がありました。

初めてこういう活動に手を染めてから、なかなかに結構な歳月が

流れたのだなあという感慨を覚えたりもしました。



f:id:cloudy23:20160416095238j:image:w360


ご来店下さいました皆様、誠にありがとうございました。


  次もあったら嬉しいな・・・とひっそり思っております。