趣味は読書。特技も・・・読書? 「古本 石英書房」の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-10-30 お知らせ このエントリーを含むブックマーク

※こちらは「古本 石英書房」についてのご案内です。

 最新の記事は、この下から始まります。



 HPを作りました! (こちら) 

 まだまだ手探り状態ではありますが、よろしければご参照下さい。



「古本 石英書房」は、2012年11月30日をもって

田端の実店舗での営業を終了致しました。




現在、以下の活動をしております。


<1> 千葉県市川市の古本カフェの二階に本と石の一部を移して

販売しております。  ※現在、石英店主の常時在店は行なっておりません

石と石関連の本を置かせていただいています。


アトリエカフェ営業は、原則として毎週火曜・木曜の10〜17時です

火・水・木と第1・第2日曜日となりました。


  変更のご確認はアトリエブログでお願い致します。


本とお茶の時間をお楽しみいただだけましたらと思います。



アトリエのスペースは広いです。1階のメインの部屋と、2階部分が二ヵ所にあり、

靴を脱いで上がるスタイルになっています。

石英本のある、アトリエ入口手前の2階にはお座敷もあり、

石英店舗と同じくお子様も赤ちゃんも歓迎しております。



  アトリエ*ローゼンホルツ

    〒272-0826

      千葉県市川市真間2-2-12


    最寄駅は京成線市川真間駅

    JR総武線市川駅からも徒歩10分程です。


    ルート案内<JR版>ができました!(こちら


   アトリエブログこちらです。

2015年7月・8月は、改装工事のために休業されています。

ご注意下さい。





<2> 東京都荒川区の雑貨店、「東京キッチュ」さんにて本の委託販売

  お願いしております。


   原則として週末のみオープンの雑貨店です。

   非常に個性的な品々が揃っています。ときに笑いを誘われるものも。

   それぞれに筋の通った主張が感じられるところが素敵だと思います。


   お店の品々に触れたり店主さんのお話を伺ったりして、

   こちらの場で仲良くしてもらえそうな本を少々ですが

   選んでみました。雑貨と共にお楽しみいただけましたらと思います。


   商品については、こちら

   お店については、こちら

    をご参照下さい。   

  

 東京キッチュ

   〒116-0013

   東京都荒川区西日暮里4-27-7

     最寄駅は、東京メトロ千代田線千駄木駅またはJR線の西日暮里駅です。

      

   


<3>千葉県市川市東菅野の天然石アクセサリー店「エフィアール」さんにて

 本の委託販売をお願いしております。


   現在、不定休営業されています。

    営業日・時間については、お店のブログ(こちら)の最新記事をご参照下さい。



    「アクセサリー」という言葉だけでは括れない、

     多様な商品展開・活動をされているお店です。

     こちらの作品は、石そのものの魅力ももちろんですが、

     身に付ける人をいかに惹きたてるかということへの考察も

     深く感じられる点が素敵だと私は思っております。

     手芸好きな方にもぜひご来訪をお薦めしたいです。


     こちらで力を入れていらっしゃる、石と布関連の本を中心に

     少々置かせていただいています。


 「エフィアール」

   〒272-0823

    千葉県市川市東菅野1−3−20 サンタモニカ市川101  

       最寄り駅は、京成線八幡」駅。徒歩数分です。




     

古本市・イベント等へも引き続き参加します。

詳細は当ブログ記事でご案内して参りますので、

これからもよろしくお願い申し上げます。



 お問い合わせは sekieishobou★gmail.com (★を@に変換) 

    090-8441-9762 または

         当ブログのコメント欄へお願い致します。

2018-09-18

空と海と

12:09 | 空と海とを含むブックマーク

f:id:cloudy23:20180915121841j:image:w360




f:id:cloudy23:20180915121835j:image:w360




f:id:cloudy23:20180915122808j:image:w360



海にいる間は、いつも晴れ。奇跡的です。





f:id:cloudy23:20180916180421j:image:w360


小さく光る月がポイント。




f:id:cloudy23:20180916182221j:image:w360




空と海をたくさん見てきました。

縛りなしの時間は貴重なもので、どっぷりと浸りました。何て贅沢。

宝物っぽすぎて、言葉で表現できない感じです。




自分をバージョンアップできるといいなと思っています。

ただいま模索中。もう一歩、試行錯誤まで進みたいところです。

2018-09-10

本への入口

19:13 | 本への入口を含むブックマーク

先日のこと。終了間近にやっと来訪できました。


f:id:cloudy23:20180903181219j:image:w360



この展示の準備期間中に、92歳で亡くなられたかこさとしさん。

私にとっては大きな大きな存在でした。


ことばのべんきょうシリーズ、海、地球、とこちゃんはどこ、

だるまちゃん・・・

物心つく頃には身近にあるのが当たり前だった本の数々、

その多くはかこさとしさんのものでした。

あの緻密な描写が大好きで、飽きることなく

ずーっと見ていたものです。


特に、ハンディサイズのことばのべんきょうシリーズ、

中でもとりわけ4作目の『くまちゃんのおかいもの』は

頻繁に持ち歩く本の一つでした

(カラーブックスの宝石系もここに含まれます)。

まさに、三つ子の魂百まで、です。



過去の展示を観ることができていない私には、

今回の展示を逃すことはできない!

でもちょっと遠い・・・ということで、同好の士と共に

行って参りました。心強くてありがたいことです。





川崎市市民ミュージアムは、大変立派な施設でした。

広く、のびのびとした雰囲気です。


f:id:cloudy23:20180904114743j:image:w360


入口でお出迎え。

この笑顔にはいつも安心できます。


原画がたくさんあり、懐かしんだり、初めて見て驚いたり感心したりと

いろいろな感情に心が揺さぶられました。


楽しく明るく優しい。その空気を一貫して保たれたことは

素晴らしいと感じます。

常にこどもに「教える」でなく「伝える」という姿勢を

貫いた方だということもこの展示で実感することができました。


ふるさと絵本館「らく(石へんに石)」や、

越前市武生中央公園(まめちゃんえん)がある、かこさんご出身の

福井にも行きたくなりました。


父が化学の教員で同世代祖父福井出身と、私も案外

ご縁があったといっていいのかもと改めて思ったりもしました。

父もそんな親しみの意識があって、かこさんの本をたくさん

買っていたのかもしれません。

その甲斐もなく、理科は全体的に不得意ですが。何だか申し訳ない。




f:id:cloudy23:20180908232844j:image:w360


私のお買い物です。

小湊鉄道や、すごろくに登場する郷土玩具。

やっぱり私の好きな世界がここにあります。



館内の関連展示(セツルメントやロシアの絵本等)や

別展示(昔のくらしと家庭の道具)も楽しみ、ミュージアムを後にしました。



もしかしたら私の本好きのルーツといえるかもしれない

この世界を堪能しました。



こんなふうに動けてよかった。

2018-09-09

白と青

13:55 | 白と青を含むブックマーク

今日は、重陽の節句ですね。

アトリエにお邪魔して気付きました。


f:id:cloudy23:20180909123435j:image:w360

真っ白さが心に沁みます。




ランチもまた相応しい感じです。


f:id:cloudy23:20180909125253j:image:w360


本日、アトリエローゼンホルツさんに

閉店まで在店しておりました。






昨年より実施していた石英蚤の市の部分は、ほぼ撤収致しました。


およそ一年の間、多くの方々にご来場いただきました。

多様なものたちを集めまくった父についてもたくさん

お話させていただくことができました。

日頃は基本的には無口な父でしたが、生きてその場にいたならば

さぞかし口を挟みたかったことと思います。

生前、お世辞にも親孝行とはいえない娘でしたが、

少しは供養になっていたらいいな、などとも思っています。


蚤の市にいらして下さいました皆様、誠にありがとうございました。



今後も石のコーナーは継続致しますので、引き続きよろしくお願い致します。






アトリエからの帰り道、乗った電車の車窓から見た空には、

雲がいきいきのびのびとあちこちに広がっていました。

江戸川周辺は特に、高い建物が少なくて景色が開けているので

長いパノラマのような眺めで、見ていて清々しい心持ちになりました。

写真に撮りたかったです!

2018-08-27

御礼と回想

21:42 | 御礼と回想を含むブックマーク

今日も暑い一日でした。

日中、ときどき小雨もぱらついていましたが、夜になると雷。

一時土砂降りになっていました。気の抜けない天候の移り変わりぶりです。



昨日で終了した「お座敷ブックマルシェ」の撤収を、

今日済ませて参りました。

期間中ご来店下さいました皆様、誠にありがとうございました。



あちこちで手ぬぐいがひらひらと風にそよいでいた景色が消えつつあるのを

目の当たりにすると、少し寂しい・・・。

でも、また来年「手ぬぐい地獄」にずぶりずぶりと引き込まれることを

楽しみに致します。


今年の「地獄」で増えたものの一例です。


f:id:cloudy23:20180827212240j:image:w360

和楽〜warak〜 さんの手ぬぐいバッグオーダー会でお願いしました。

井上若奈さんの手ぬぐいで。


近頃鳥に魅せられている私には、まさにツボでした。

ビニールカバー仕様なのも嬉しい。天候の変化にも対応できそうです。


今年もまた、どっぷりと浸かりました。




出店イベントが重なることはときどきありますが、ばたばたしつつも

楽しみ尽くすことができるのは、皆様のご厚意あってのことです。

重ねてありがとうございました。