スマートフォン用の表示で見る

墨田区

地理

墨田区

すみだく

東京都特別区

墨田区の名称由来
墨田区は、昭和22年1947年)3月15日に、北部区域の向島区南部区域の本所区が一つになって誕生しました。
そのときに、新しい区の名前として「墨田区」と名付けられました。それは、平安の昔から広く人々に親しまれてきた隅田川堤の通称“墨堤”の呼び名の「墨」からと、“隅田川”の名の「田」からの2字を選んで名付けられたものです。
墨田区の立地
地理的には、東京都の東部、江東デルタ地帯の一部を占めています。西は隅田川をはさみ中央区台東区荒川区に、北から東は綾瀬川荒川中川を境として足立区葛飾区江戸川区に、さらに東から南は北十間川横十間川竪川を境として、一部は地続きで江東区に接しています。
区の形は南北にやや長く、東西約5キロメートル、南北約6キロメートルで、面積は13.75平方キロメートルあり、東京都23区中17番目の広さになっています。
地形は、海面からの高さ最高4メートル、最低マイナス1.2メートルの平たんな低地で、地質はすべて砂と粘土まじりの沖積層です。

2012年5月22日には押上業平地区に、東京スカイツリー東京ソラマチなどが入る東京スカイツリータウンが開業し、観光客増加が見込まれている。