I love AD-900

2017-08-29

[]

DAOKO × 米津玄師「打ち上げ花火」

toe 「Goodbye」

Sigur Ros「Olsen Olsen」←ベースがメインのように鳴る、アリかも

2017-08-26 過去トノ対話

[]こんなことあったんだ

このブログを遡っていって、そんな風に思った。


誰かとやり取りをしている自分。多量のエネルギーと時間を使って、何かを交換していた。

今となってはブログなんて、非効率なものだと思うけどあの頃はそれが好きだったんだろう。


どちらが正しいのか?なんてわからないし、より効率を求めるせせこましい生活を送っていることもわかっている。けれど、あと一息の所がまだ整わない感じ。惜しい所まではきている。


ここによく書いていた頃というのは、大学生だったり、休学してニート同然だったり、書店で働くアルバイトだったりした。

今は少ないながらボーナスをもらい、忙しい時は土曜日も出勤して働けるようになった。


過去の自分をここでみていると、社会的な能力は今の方が圧倒的にあるんだけど、何か今の自分が見落としていることが見えている。そんな風な文章を打っている自分が確かにいたようだと、考えさせられる。


当時は全然そんな風に思えなかったけど、何人かコメントで好意的なことを書いてくれたりして、今みるとすごいことだなと思う。なかなか難しいのだそれは。


何年か前にこのブログで知り合ったゆうた君とは秋葉原で会ったことがある。鶏肉料理を食べたり、メロンブックスを案内してもらったり。e-イヤフォンもいったかな、あとは秋葉原のとんかつ屋さんをごちそうしてもらった。


いつの間にかツイッターでもみなくなって、彼は元気にしているのだろうか。



人生はほんと色んなことがある。


10歳年下の彼女ができることもあるし、仕事の都合で大阪に行くこともある。

残業が月100時間近くなることもあるし、顔面の形がかわるほどのパワハラを受けることもある(今の会社ではそんなことはありません)。


でもちょっとしたことじゃ動じなくなったな。だってもっと大変だった。

20代、もっときちんとした経験を積みたかった。それは少し後悔している。


でもまだここからでしょ、と思う。

[]コワーキング・スペースについて

こないだ友人からはじめてこの言葉を聞いて、「なんじゃそれ?」となった。

色々調べてみると、今の自分にとってはかなり有意義そうな施設のよう。


本来は仕事をやっている人が、月何万とかで事務所を間借りして、一緒になった人を刺激し合う。そんなイメージだ。


しかしそれだけだと日本では少し馴染みがないので、全国にぽつぽつできているコワーキング・スペースはもう少し間口が広くなっている。


月3000〜5000(結構幅がある)円くらいで利用できて、大体はドリンク飲み放題。そこで各々が勉強したり、フリーランスの人は仕事したり。

趣味のことをやるのもokとなっているところが多い。

「月額制の喫茶店」という感じだが、喫茶店と違うのは、未知の人と会話できる可能性が非常に高いことだ。


さらにそこに集まるような人というのは、独立を目指していたり、あるいは趣味に情熱をもやしていたり、とにかく何かしら「燃えている」人が多いだろう。この情熱というのは、ベクトルが違っても刺激し合うものだと思うのでかなり面白い場所なのではないかと期待している。


仕事が一段落したタイミングで、一度最寄りのスペースに顔を出してみて、感触が良ければ会員登録をしようと思う。

2016-12-21 「うーわ、NakamuraEmi、メジャーデビューして変わったなあ」

こんなにすごいボーカリストはここ5年で初めてです。震えますオススメ

2016-10-19 欲しいもの列挙

[]暫定欲しいもの

Roland A-800PRO-R(32215円)

Panasonic乾燥機(50000円程度)

・座椅子(10000円)

・KRKヘッドフォン(15000円)

・服(5万〜7万程度)

・Dotec AUDIO DeeEQ(5000円)

・メロダイン(60000円)

・ランドリーボックス×3(4000円)

スマホポーチ(4000円)


・車(300万くらい?)

[]取り急ぎ必要な経費

・年末忘年会費用(3万+旅費3万)

2016-09-05 欲しいもの覚え書き

ルノー ルーテシア

メロダイン

2016-07-23

最近考えていることその他

2016年7月23日(土)。今は名古屋からの高速バスに揺られて東京に向かっています。


今度の1月で33歳になる自分が最近考えていることを書き留めておきます。



1.びっくりするくらい趣向はかわる

これには理由があって、環境がかわるためです。

・職場の環境

・交友関係

・自分の目標その他

それぞれにバランスをとるために、自分で決断をしていきます。本来はこれは20代に入った時期には確立されていないといけないと考えています。


まず自分は、

「なるべく自分の目標を実現したい」

「仮にトップレベルになることが困難であっても、やるからには目標はそこに設定する」


これを心がけています。


これに対して、

「トップになれない資質&努力の程度でそこを目標にするのはおかしい」

こんな意見が聞こえてきそうですが、これに関しては全く違う認識を持っています。


「トップを目指す」ことのメリット

モチベーションが持続する(これを目標にすることが一定以上のストレスになる人にはおすすめできない)

・やめない限りは向上する


「トップを目指す」ことのデメリット

大言壮語を吐いていると揶揄される


今思いつくのはこんな所。

ここでのデメリット、ほんとにデメリットかと考える必要があります。


他人に何かを言われて不快。この感情が特に強かった大学時代、僕は他人と比較するようなものにはあまりトライしなかった経緯があります。


今思えば学校教育の弊害、スコアで自分が劣っていると自己評価が下がるのでその時の自分には耐えられるだけの諸々がなかった。


今は、特に趣味でやっていることで高めの目標を設定しています。

それはまず第一に、僕が特に関わりたい人が

各方面のプロフェッショナルであることが多いこと。第二に自分自身が何かしらのスペシャリストになりたいこと。この二点です。


他人との関わりとは切磋琢磨、支え合いが大きなメリットであるので、中傷に近いような言葉に耳を傾ける必要はありません。

5分くだらない言い争いをするくらいならば、自分が大切にしたい人間関係に5分間考えを巡らせた方がはるかに健全で有意義だと思います。


つまり最終的には

「自分は誰とどうしたいのか?」

これだけのことになります。


他人の顔色を伺いつつ自分のやることを制限するのか。

言い方をかえれば協調性をもって自分をセーブするのか。

どちらでも同じです。その結果自分が益となるような選択を自分でしましょう。


「他人を自分のために利用しているようで」


それも違います。

自分が不快でありながら他人の幸福に尽くせる人間などいません。いたとしたらその状態は病的であると言わざるをえません。


他人に良くする、他人の幸福のために尽力しようとできるのは、その先に自分自身の充足感や達成感が存在するからです。


そしてひとりよがりにならない選択ができれば、それがお互い今風の言葉でいえばWin-Winの関係になるのです。これが正しい(というよりは理想的な)交友関係です。


もちろんポイントポイントをみているだけでは一方的に損をしたような気分になるので長いスパンで考えましょう。大切にしたいものは一度限りのつながりではないのですから。




2.大事なことはこれだけ

では自分はこういう生き方がしたい、となった時に必要なこととは?


・最低限のお金

・心身の健康


これだけなんですね。

これを維持できないがために沢山の人がなんともいえない生活をしているのだと思います。


心身のパフォーマンスを整える上で、時間効率・効能の点でオススメしたいのが瞑想です。

正式なやり方でなくても10分〜15分寝る前に行うだけでガラッと日常がかわります。

2016-06-18 つれづれの

[]変わっていく自分

たくさんのことがあって、最近は割と声を大にして「金が欲しい」と言うようになった。


やりたいことがまだある。段々と、こういう所に書くエネルギーはなくなっていくものだ。


書き始めた時はそんなにネガティブではなかったけど、これこそが、何かをせよというあらわしなのか。

2015-05-06 あぁでもないこうでもない

[]やりたいこと沢山

GWももう終わりますね。また仕事です。


部屋の模様替えも済みました。また色んなアイデアが頭の中をフラフラしています。

お金があれば、時間があれば・・・なんて言うけれど、結局は自分の意欲一つ。


やらない理由をどこからか見つけ出してきては、やらないことが多くなってきました。

そんな人間には絶対なりたくない、何事かを成し遂げたい。そう思います。


もう少し足掻きます、もちろん生活は破綻しない範囲でね。

2015-01-02 置いてきた時間はもう遠く遠く

[]あてにできないものを待つよりも、あてにできるものを手繰り寄せた方が良い

もうすぐ31になります。


そこそこに人生生きてみて段々とわかってきたことは、他人を信用しすぎないこと。


頼りに出来る人、ありがたい人。色んな人がいるけれど、自分の何かを背負わせる訳にはいかない。

結局は自分が何かを積み重ね、背負える人間になっていくほかないのだと思います。


時々、とてつもなく淋しい気持ちになります。


それなりに目標を持って、見通しを立てて生活をしている中で、ふと思うことがあります。


昨年は、大学の後輩が一人自殺したと知らされました。

何がいけなかったのか、いやそもそもいけないこととは思わないけれども、一体何が、と、思わざるを得ないのです。


本当に自ら命を絶つほどの価値がこの世の中にあるのかな?と常々感じています。

2014-06-01 少しセンチメンタル、遅れてきた五月病?

[]久しぶりのこの気持ち

会社員として3月末から働いてきて、我ながらよく続いているなと思います。


今こんな、少し懐かしさにも似た気持ちになっているのは「惑星のさみだれ」を読んだせいじゃないかな、と考えています。


今日、今僕が抱えている感情はまさしく「淋しさ」と呼ぶに相応しいものです。

近場に友達がいたら、なんてことも考えましたが、どうなのでしょうか。


仕事は本当に充実していて、失敗続きですが自由になるお金も入ってきて、今までにないほど人生に展望が開けているのです。


夜中に海にギターを持っていき、歌を唄います。なんだかうまくいかなくて、戻ってくるとノラ猫のチャトラがアパートの階段で待ってるんですね。

エサをあげます。おいしそうにがっつくチャトラ。


幸せです。


また明日から、怒濤の平日。土曜は出勤だろうか。明日はどんな仕事をするんだろう。


もっともっと、大きな人間になるための、毎日。

[]そして、欲しいもの

着々と消化しつつあります。覚え書き。

贅沢にも欲しいもの、やりたいことは増えていくのです。



DVD,CD〉


ガンダムUC 1(アンコール版、Blu-ray

ガンダムUC 6(中古でok、Blu-ray

ガンダムUC 7(中古でok、Blu-ray

五十嵐隆 生還Blu-ray、注文済)


〈機材〉

・leqtique/Maestoso

Mad professor/Sweet Honey Overdrive(HW)

・Analog.man/Mini-bi comp

・Jim Dunlop/Fuzz Face mini Hendrix

SG(Bacchus?)

初音ミク V3


〈服など〉

・F.O.B パンツ1枚


〈家電〉

HITACHI 乾燥機(スタンドも)

・ORION 32型テレビ

・冷蔵庫

iPad

液晶ペンタブ



あとは、生活スペースの家具を新調したいですね。わくわく

2014-05-03 色んなことがあって今

随分久しぶりの書き込みです。


4月から、人生で初めて会社勤めを経験しています。現場作業なので体はしんどいですが、やりがいもあり、お給料もきちんともらえるので楽しいです。


お金が入ると段々先が開けてきて、「次は何をしようかな」と、色んなことに希望がもてます。


みんな頑張ろう。

2014-02-09 欲しいもの

[]欲しいものリスト

・KANAZAWA 1961(カナザワ 1961) OLI-382 チョコ(財布,7875円)


エフェクター

・Leqtique レクティーク オーバードライブ Maestoso(14700円)

・Dunlop / FFM1 Fuzz Face Mini Silicon(10500円)

MAD PROFESSOR エフェクター Sweet Honey Overdrive ハンドワイヤード (36800円)

2013-12-01 Poet-type.M「White White White」Tour @ 池下CLUB UPSET 2013.11.29

[]Poet-type.M「White White White」Tour @ 池下CLUB UPSET 2013.11.29

Poet-type.Mのライブに行ってきました。すごく良かった。


UPSETというライブハウスははじめにGood Dog Happy Menを見た所で、あの時はジャッジメントが天啓のように上から降ってきたのを覚えている。


やはり門田さんはかっこいいな、と改めて思った。



セットリスト


1.君と僕(flowers)

2.永遠に柔らかな罰を(Cheek-to-Cheek Dancing for Broken hearts)

3.タネリ 

4.光の粒子 埃の中で(Departures)

5.エコー

6.そして列車は行く 

7.倖

8.何もかも越えて、吐き気がする(Down to heaven) 

9.調律するかのように(Over The Rainbow


en1.名も無い景色の中で(I Will Say Good Bye)

en2.誇りの響き 光の中へ(White White White)

2013-10-05 新しい生活とは

[]求めるものは自分で

向こうから近付いてくるわけではなく、自分からも近付いていく。


欲しいものが沢山ある。大抵は目に見えないものだ。


誰でもきっと、願っている。


うまくいかないことの方が多いのかもしれない。それでも諦めきれない。

2013-08-21 鐘のようになる音楽

[]僕が追い求めるものはそんな音楽

聴く側としても、作る側としてもそんなものが欲しい。


リバーブがかかっているわけでもないのに、ありましのの「四条通」は、降り注ぐような鳴り方をする。


天啓のように降り注ぐ音楽。そういうものが、誰にでもきっとある。

[]2013/09/01 禁止改訂後「コダロスレミューリア」デッキレシピ

ストリームさんが禁止になりますので、新しく調整したものを。


※モンスターカード 22枚

爆征竜-タイダル×2

海皇の竜騎隊×2

スクリーチ×1

ダロス×2

グリズリーマザー×2

ブリザード・ファルコン×1

ブリザード・ドラゴン×1

海皇の狙撃兵×2

海皇の突撃兵×1

深海のディーヴァ×3

海皇の重装兵×2

エフェクト・ヴェーラー×3


※魔法カード 13枚

大嵐×1

強制転移×1

ブラック・ホール×1

テラ・フォーミング×2

死者蘇生×1

サルベージ×1

サイクロン×2

封印の黄金櫃×1

忘却の都 レミューリア×3


※罠カード 5枚

水霊術-「葵」×1

ブレイクスルー・スキル×1

強制脱出装置×1

神の宣告×1

神の警告×1


エクストラ 15枚

星態龍×1

スクラップ・ドラゴン×1

氷結界の龍 グングニール×1

ブラック・ローズ・ドラゴン×1

A・O・J カタストル×1

アームズ・エイド×1

幻獣機ドラゴサック×1

No.11 ビッグ・アイ×1

バハムート・シャーク×1

交響魔人マエストローク×1

虚空海竜リヴァイエール×1

No.17 リバイス・ドラゴン×1

発条機雷ゼンマイン×1

ガチガチガンテツ×1

アーマー・カッパー×1





あとは入るとすれば、エクストラに「鬼岩城」ですね。

正直、ブリザード・ドラゴンでストリームの代わりになるとは思えませんが、とりあえずはこれで。

2013-08-07 僕の祈り

[]僕の願い

そんなことを、ふと考えていた。


正直、今はとてもじゃないけどそんなことは、心の底からは思えない。僕は、これだけは言いたい。


とにかく苦しい。でも誰のせいにもできない。本当は自分がいけなかったのだとわかっているから苦しいんです。


人並みにやれない劣等感、情けなさ、そんなものがのしかかってきてどうしようもなくなって。


そんな風に今思ってしまうのはどうしてだろう?と考えていて、解っていたけどどこにも書けない、言えなかった。



僕は、彼女のことを本当に好きだったんだな。



ただそれをうまく伝えられなかった。伝え方がわからなかった。


きっと、人間というのはこんなことを繰り返して、ああでもないこうでもないと言いながら年を重ねていくのだろう。

[]僕の支え

体の中にエネルギーがなくなってしまい、ポッカリとした状態で。


「こんな気持ちで一体、何を楽しいと思えばいいんだ」


なんて、一生懸命生きている人に笑われそう。


日によって気持ちの浮き沈みがとても激しく、比較的ほんわかとした気持ちでいられる日もあれば、グッと胸が苦しくなる日もあります。


人生で何度かあったことなので、すぐに刹那的な感情に走ったりはしませんし、感情の爆発も、年をとったせいかそこまではありません。却ってそれが良くないような気もしているんですが。



それで、自分の支えになるものを探すんですが、これがまた非常に難しい。

何が難しいのかというと、自分の感情がフラフラとしすぎて定番が存在しないんです。


調子のいい時は、大体これを聴いておけばOKというのがあって、音楽なら再生ボタンをポチッと押せばそれでいいんですが、今みたいな状態だとその音楽が全く胸に入ってこないことがあります。


僕は本当はもっと音楽が好きなはずなのに、世界をもっと好きでいたいのに。


焦るな自分。そう言い聞かせて、少ないエネルギーながらもがいている最近です。


ダメだな、うまく文章がまとめられない。主旨から脱線していく。




こうではなく、僕が今、特に昨日、非常に支えられた曲を紹介したくてこの記事を書き始めたのです。


熊木杏里「光」という曲です。作詞は熊木杏里、作曲は渡辺善太郎。映画「重力ピエロ」のイメージソングだそうです。この映画も一度きちんとみないといけないな。


歌詞を一部掲載したくて、著作権関係を少し調べたんだけど、多分このやり方なら大丈夫のはず。

本当は全部のせたいくらいくらいなんですが、ちょっとラインがわからない。


どうか君が すぐそばにある景色を 今も

愛することができるように     (熊木杏里「光」


一度目のサビは、文字にしてしまうと、たったこれだけです。


僕は自分で曲を作る時もそうなんですが、歌詞は短ければ短いほど良いと思っています。

これは単純に好みの問題なので悪しからず。


これは曲との相性もあることなので一概には言えないですが、「シンプルイズベスト」なのかな。

というか、自分が引き算で音を作るよりも足し算で作るのが好きなのか。



今の僕みたいな気持ちだと、例えば「負けないで」のような、目の前のものに立ち向かうための曲はどうしても響かない。対象が定まっていないから。


この「光」という曲は、ミキシングもとてもふっくらとしていて、良い意味で現代的じゃない。

熊木杏里という人は、作曲もとても上手いから、彼女が作詞作曲した曲も勿論素晴らしいんだけど、この曲は奇跡的なバランスだと思う(と書くとちょっとやりすぎかな?)。


スッと自然に言葉が入ってくるんです。これが楽曲を作る上で難しくもあり、面白くもある部分なんですが、とにかく語感が良い。



何か、辛いことや苦しいことがあって、目の前がぼやけてしまっている人、目標や希望がみえなくなってしまっている人に、こんな曲は響くんじゃないかと思いこの記事を書きました。

2013-06-09 簡単にスキッとスカッとすることなんて

[]この世の中にはそうそうないね

いつも考えているけれど、追いつかない。

2013-04-28 美しく辛い世界

[]コトコトと煮る音

どうか、どうかあなたはそのままでいて


僕は昔このような感じの歌を作った。つまりそれは、ある種僕の願いを込めて。


人は変わってしまう。僕だって随分変わっただろう。それは誰にも止められない。



そう思っても、わかっていても、僕は混じりけのないものをずっと求めている。


世界のどこかにあるのなら、すぐにでも取りに行くのに。

[]優しくされたい

ここ数年、いや、ざっくり言えば10年近く、ほとんど泣かなくなった。


こらえる時すらない。感情の鈍化。


泣きたい時はある。涙を流してスッキリしたいと思う時がある。


でも、すっかり涙の流し方を、感情の出し方を忘れてしまって、どうにもならない。



いつも抱えているのは、なんともいえない淋しさ。閉塞感。


人はきっと、優しくされたい生き物なんだと思う。

[]昔の自分のエントリーを見て思うこと

まるで誰か別の人が書いているみたいだ。


なんだろう、紛れもなく自分なんだろうけど、行間の取り方とか、言葉の選び方とかが全然違う。


きちんと続けていた時はできていた何かが、今は出来ていないということなのかな。別にそれはそれでいいんだけども。


今見ても変わらず思っていることもあれば、「あぁ、この頃の自分はとがってるな」と思うこともあり。

それはやっぱり、自分は自分だけど、同じ自分ではないから。


これからまた年を重ねて、もっと変わっていくんだろう。そういう変化をみるという意味でも、こういうものは続けた方がいいのかなと思うね。

[]ここに来てくれていた人と、コンタクトを取りたいなあ

こればっかりは継続しなかった自分の問題。

2013-04-01 Livingstone Daisy 「33 Minutes Before The Light」

cymbals60222013-04-01

「さあ行こうぜ」



そんな言葉から始まるこのアルバムは、どこかノスタルジックな空気を常にまとっている。


ノスタルジックな空気って何、それ」と言われるとちょっと辛い。

拙い言葉で例えるなら、懐かしさとは違う、良い意味での「淋しさ」のようなものだろうか。


ハッキリと言ってしまうけど、日本のヒットチャートには今、こんな音楽はない。

「辛さ」「淋しさ」を唄った楽曲はいくつもあるけれど、ここまで静かな音楽ではない。



僕は今年29になった。まだ若いといえば確かにそうだけれど、若いなりに色々音楽をあさってきた。

それがここ数年、完全にくたびれてしまっていて、以前のようには音楽に向き合えなかった。


「もう一生このままなんじゃないのか」

そう思ったこともあった。



そんな時、以前中古CD屋で購入してから追いかけていたb-flowerが新しい音源をリリースするという情報を目にした。それが「つまらない大人になってしまった」。


それを聴いて元気を出しているうちに、次はこの「33 Minutes Before The Light」というLivingstone Daisy 名義でのアルバムリリース。


これを聴かないこと自体は簡単だろう。「くたびれているから」「もう音楽には興味がわかないから」。いくらでも言い訳は考えつく。


しかし、インターネットにupされているダイジェストの音源を聴いて、そんなことも言っていられなくなった。

単純に楽曲が良かったのだ。この音楽を、きちんとした音質で聴いてみたくなった。


気付けば何度も同じCDをグルグルと再生している。ラストの「この悲しい世界」から、また「Nocturne」へ。これ狙ってやってるんじゃないかな、なんて思いながら再生。こんな感覚はいつ以来だろう。


シンプルな構成の楽曲がほとんどだ。ムチャクチャなものは全くないと言っていい。

奇をてらわなくとも、音楽はまだまだ素晴らしさを持ってる。


これは「好きな人だけ聴くCD」になるにはあまりに惜しい。もっと多くの人に聴いてもらいたい。

何年も音楽から離れていたであろう人が重い腰をあげ、世に送り出した力作だ。

だから、僕たちリスナーだって、アクティブに動き出したっていいんじゃないか。



僕はもう「くたびれた」と言うのはやめようと思うよ、この音楽に会えたからね。

そう言って、また時間が経って僕は「くたびれた」というかもしれない。

でもその時は、きっとLivingstone Daisyの新譜が出ていて、「おい、元気出せよ」なんて言ってくれるんじゃないかな、なんて都合の良いことを考えている。




「さあ行こうぜ」

君の人生を豊かにする音楽は、これかもしれない。

2013-03-28 また、不定期にでも書こうか

[]僕は僕の存在を肯定しなければ

あぁ、人生っていうのはこれの繰り返しなのね、と思います。

僕の体にこうしている間に熱が戻ってきて、それは長らくくたびれて忘れかけていた感情だなと思う訳です。


macに向かって、音楽を聴きながらブログを書くということは僕にとって神聖な時期がありました。


現実生活にすっかり疲れ、音楽を聴く時間もずっと減って、とにかくくたびれていました。


寝ても起きても疲れていて、「なんでこんなにまでして生きているんだろう」と思う時間が長くなりました。


でも、それじゃあやっぱりダメですよ。

それじゃあイヤだと思う自分がいるんです。それでは、あまりに救いがない。


すっかりくたびれて、久しぶりにiPodで、イヤフォンで音楽を聴いていたら気持ちがすごく楽になって。

やっぱり音楽っていいものだなって思いました。こんな当たり前のことすら、今の僕は気付けない。


少しでも前向きに生きる為の、久しぶりのエントリー。

[]イヤフォン、ポタアン

超高級なものにはなかなか手が出ないし、ほんとうは安いものですら手を出していられないけど、なにもしないわけにも勿論いかない。


個人的にはAKG K240Sがリスニングとしてもバランスが良く、聴きやすいです。でも外じゃイヤフォンになってしまいますよね。


自分の過去のエントリーを見てみると、やたらEtymotic researchを推しています、が、


あれはなかったことにしてください。


好みの音など千差万別。あなたはどんな音を求めていますか?


僕はとにかく、耳が疲れない音が好きです。いわゆる「ドンシャリ」は天敵で、機材説明に「ドンシャリ」と書いてあるだけでその機材はスルーするようになりました。


大事なことです。


好きな音源は、中音域よりのちょっと古いとも言える音源が多いです。

最近だと坂本慎太郎のアルバムは良かったですね。Livingstone Daisyのアルバムもよく聴いてるな。


iPod Classicアップルロスレスで放り込んで、それをFiioのE6と経由してイヤフォンで聴いてます。

で、今回はこの出力の辺りをもうちょっとなんとかできないかと。


イヤフォンは今はultimate earsのUE200というのを使っています。エントリーモデルですがバランスがとても良くて、聴いていて疲れない。

ヘッドフォンアンプも及第点。EQは青LEDモードしか使えませんが、ここが素晴らしい。


UE200は素晴らしいですが、もう生産してないようなのと、もうワンランク上も狙ってみたいと思わせるものがあります。


しかしすぐに何か、と考えるなら、ポタアンを代えてみたいな、と考えてしまいます。


今使っているE6は、音はなかなかいいし、携帯性もなかなか優れているんですが、一つだけどうにもならないことがあります。それが音量調節


この機種の音量調節は±ボタンによる段階式で、しかも結構ざっくりとしているものだから「この2と3の間があったらよかったのに」と思うことが多いです。ていうかそんなのばっかです。


Dockからケーブルを引っ張っているので、iPod内の音量調節も効きません。音質はもちろん重要ですが、機能性だって重要です。


そこで気になったのが、Fiio E11。


このポータブルアンプ、音量調節がツマミ式なんですよね。Fiioの中でいっても、今使っているE6よりも上のグレードになるかと思います。値段もぶっとんでいなくてお手頃。


そして、E6では考えられなかった「拡張性」という強力な味方もついています。


パソコンだとか、こういう家電的なものにおいて、拡張性というのはとても重要で、購入時に払うお金とは別に多少出費はするけども、購入後に感じる不満などをそこでカバーできうるかどうかも考えて、いわば将来性を見据えて投資する訳ですね。


このE11は、ポータブルアンプの欠点の一つである「駆動時間」に関して、リチウム電池を交換することでかなり改善を施すことができるようです。

更に、内部基盤のオペアンプ交換でかなりの音質改善も期待出来るそう。これは俄然気になります。


オペアンプ候補はOPA2211。ちょっとそのまま鵜呑みにするには怖い位の絶賛の嵐。これだけの人が言っているならまぁまず間違いないんだろうと思います。


思い切って買うかな。

[]追記、fiio E11について

近い内に上位クラスのE12が出るそうなのでグッとこらえる流れに。

2013-03-09 いいことなんてそうないね

[]僕はそういう年齢にさしかかった

どちらかというと辛いことの方が多い。辛い時間の方が長いし、イヤなことが多い。


段々と出来ることがなくなっていく。これが若さを失っていくことかと痛感する。


それでも何かをしたい。まだ諦めきれない。


まだ諦めるには早いと思うんです。

2013-02-20 うん

[]デッキレシピ覚え書き「コダロスレミューリア」

タイダルを入れてだいぶ安定してきたようなので初めて書き留めておこう。



※モンスターカード 20枚


爆征竜-タイダル×1

アビス・ソルジャー×1

海皇の竜騎隊×1

水の精霊 アクエリア×1

スクリーチ×1

ダロス×2

グリズリーマザー×2

ペンギン・ナイトメア×1

海皇の狙撃兵×2

海皇の突撃兵×1

深海のディーヴァ×3

海皇の重装兵×2

エフェクト・ヴェーラー×2



※魔法カード 14枚


大嵐×1

強制転移×1

ブラック・ホール×1

テラ・フォーミング×2

死者蘇生×1

サルベージ×2

サイクロン×2

禁じられた聖槍×1

忘却の都 レミューリア×3



※罠カード 6枚


水霊術-「葵」×1

聖なるバリア-ミラーフォース- ×1

ブレイクスルー・スキル×1

強制脱出装置×1

神の宣告×1

神の警告×1



エクストラ 15枚


スクラップ・ドラゴン×1

氷結界の龍 グングニール×1

ブラック・ローズ・ドラゴン×1

妖精竜 エンシェント×1

A・O・J カタストル×1

アームズ・エイド×1

No.11 ビッグ・アイ×1

バハムート・シャーク×1

交響魔人マエストローク×1

No.30 破滅のアシッド・ゴーレム×1

No.47 ナイトメア・シャーク×1

No.17 リバイス・ドラゴン×1

発条機雷ゼンマイン×1

ガチガチガンテツ×1

アーマー・カッパー×1

2013-02-11

音楽のこれから

僕の好きな音楽は段々と減ってきています。


これは僕にも問題があって、以前に比べて圧倒的にCDを買わなくなったし、新しいものを探さなくなった。


それはそれとして、それにしても今は面白くないんじゃないかと思います。



この間友人とカラオケに行って、普段全然聴いていなかったけどSUPER BUTTER DOGの「真夜中のスーパーフリーク」を歌ったんです。これが素晴らしい曲でね。


歌詞が泣かせるわけではないけど、とにかくグルーヴが素晴らしい。


演奏が上手なバンドは沢山いるけど、僕が好きなアーティストではテクニック面ではこのバンドと八十八ヶ所巡礼が飛び抜けてます。


もちろんテクニックがすべてではないけれど、この人達は決してそれに甘んじることなく、音楽というものを模索していっていると思います。


アルバム毎に新しい試みをしているのがアルバムを聴くと解ります。現状に満足せずそうすることがこうした分野の、ある種義務だとも思うので本当に毎回楽しませてもらいました、そして今も。


でもこのご時世柄なのかなんなのか、変化をするとリスナーは離れがちなんですよね。アーティスト側にとにかく「変わらない」ことを求めたがる。


そうするとセールスのこともあるし、きっとレコード会社はかなり大変な状態なので、チャレンジできなくなっていってしまうのではないでしょうか。


それも一つの潮流、時代の流れかなぁと思ってしまうんですが、なんかとにかくつまらないんですよね。同じような音楽が溢れていって、これは人間がやる必要のない文化なんじゃないか、なんて考えてしまいます。



それを少しでも変える為に、自分達には何ができるでしょうか?

2012-12-22 落ち着いた上での憂鬱

[]負の感情がちらほら

別に日常生活に支障が出るほどではないのでアレですが・・・。あまり気分のいいものではありませんね。

2012-12-08 大切なものを失う前に

[]なにかアクションを

早くしないとね。

2012-09-25 人生における価値とは

[]そんなものないと

そう言ってしまうのはすごく簡単で、実際そうかもしれないとも思う。


けれど、せっかく「もしかして」と思う頭を持っているのだから、考えてみないのは損に思うのです。

2012-09-18 細々と

[]深層ハイブリッドの音源upです。

先日数年ぶりにオリジナルメンバーでスタジオに入る機会がありまして、ZOOMのハンディレコーダーで一発録りしておいたものを、studio oneという編集ソフトのデモ版(無償配布)でいじったらちょっと面白い感じになったのであげておきます。


こちらが「マボロシ」というオリジナル曲のテイク。

http://soundcloud.com/cymbals6022/2-1


で、こっちがセッションの一場面。

http://soundcloud.com/cymbals6022/1-1


ZOOM H1の音の良さもさることながら、studio oneは動かしやすく動作も軽いですね。

またバンドも、やりたいなあ・・・。