Hatena::ブログ(Diary)

旅にある日々

2018-09-25

移転のお知らせ

はてなダイアリーの終了に伴い、はてなブログへ引っ越しました。

https://days-in-travel.hatenablog.com

2018-09-01

すしまる

梅田に出て、娘を祖母に預ける。娘、はじめてのお泊まり。最初は「おばーちゃんの家に遊びに行く」だったのが、何の気なしに「お泊まりしてみる?」と聞くと、大乗り気。

これ幸いと、「よろしく」と、祖父母宅(うちの両親宅)へ。

と、いうわけで。妻とたっぷりデートである。

まずは立ち食いのお寿司で腹ごなし。軽く乾杯。

f:id:days-in-travel:20180908102957j:image

f:id:days-in-travel:20180908102955j:image

f:id:days-in-travel:20180908102953j:image

f:id:days-in-travel:20180908102950j:image

f:id:days-in-travel:20180908103058j:image

さて、映画館へ。ミッションインポッシブル・フォールアウト。

ザ・バー

映画館へ足を運ぶというのも、何年ぶりだっただろうか。やはり迫力である。

さあ、次に行こう。予約しておいた、リッツカールトンバーへ。

f:id:days-in-travel:20180908103636j:image

f:id:days-in-travel:20180908103634j:image

f:id:days-in-travel:20180908103632j:image

f:id:days-in-travel:20180908103629j:image

f:id:days-in-travel:20180908103627j:image

f:id:days-in-travel:20180908103625j:image

スペインマルケス・デ・リスカルというワイナリーワインと、そこの一つ星シェフ監修の料理。お酒は飲み放題コースおもあり、迷ったのだが、この後もあるのでシャンパンワイン3杯のコース

ホテルバーに二人で来るのも、なんと久しぶりか。

vrai de vrai CHEZ HIRO

四つ橋線に乗って、四ツ橋駅。3分ほど歩いたレストラン。

フレンチコースを。

f:id:days-in-travel:20180909202131j:image

f:id:days-in-travel:20180909202129j:image

f:id:days-in-travel:20180909202127j:image

f:id:days-in-travel:20180909202124j:image

f:id:days-in-travel:20180909202122j:image

f:id:days-in-travel:20180909202120j:image

f:id:days-in-travel:20180909202118j:image

f:id:days-in-travel:20180909202116j:image

f:id:days-in-travel:20180909202114j:image

まあ、まあ、かな。再訪したいほどではないか。

その後、家の近くに戻ってバーで二人で。バーテンダーや近所のお客さんとも楽しく過ごして、帰宅。

2018-08-16

琵琶湖博物館

近くにあるから、という程度の理由で訪れてみた。

琵琶湖の成り立ち、生物、民俗、極めて多種多様な内容がしっかりと詰まっていて、これはおもしろい。もう少し交通の便がよければ、複数回訪れたいと思う充実した内容。

まあ、娘が一番興奮していたのは、水槽を掃除するダイバーだったが。

f:id:days-in-travel:20180907212512j:image

水族館エリアには、触れる展示も。

f:id:days-in-travel:20180907212510j:image

2018-08-15

琵琶湖へ

今年のお盆の連休は近場へ。

大阪から新快速京都へ。かぶりつきで先頭。

f:id:days-in-travel:20180825230857j:image

少しだけ用事を済ませて、駅ビルをぶらぶら。

f:id:days-in-travel:20180825230853j:image

湖西線に。

f:id:days-in-travel:20180825230850j:image

f:id:days-in-travel:20180825230847j:image

琵琶湖マリオットホテル

f:id:days-in-travel:20180825230844j:image

f:id:days-in-travel:20180825230841j:image

湖を見下ろせる部屋。気持ちがよい。

f:id:days-in-travel:20180825230838j:image

湖ではしゃぐ。1年半前、ワイキキではまだまだ水を怖がっていた娘が、積極的にぱちゃぱちゃ。成長を感じる。

f:id:days-in-travel:20180825230835j:image

f:id:days-in-travel:20180825230832j:image

ホテルでのんびり夕食。

f:id:days-in-travel:20180825230829j:image

2018-08-14

四天王寺

盂蘭盆会の供養の一、万灯供養。

まだまだ熱暑の名残ある、夏の夕暮れ。

f:id:days-in-travel:20180823001721j:image

ご先祖の霊(おばあちゃんのおばあちゃんの。。)が戻って来られるんだよ、と。

いずれだろうが、関連者や宗教儀式施設などに敬意を払うことは、むしろ無神論の父より、仏教徒のおかーちゃんの方が生活に染みており、それをいつも娘に伝達している。同時に、美しい合掌の形というのも教える。ありがとう、妻よ。

f:id:days-in-travel:20180823001718j:image

f:id:days-in-travel:20180823001715j:image

般若心境を読み上げながら僧についてお堂の周りを歩く。うん、これ、同じようなのがタイの寺でもある(ウィアン・ティアン)。考えてみれば、タイ、インド日本、と、仏教に関係のある国に住んでいる我々。

f:id:days-in-travel:20180823001712j:image

f:id:days-in-travel:20180823001709j:image

暮れなずむ境内。猛暑の空気が、少しだけ、緩む。

f:id:days-in-travel:20180823001706j:image

そして、妻子の行く先は、ベビーカステラ屋台

f:id:days-in-travel:20180823002224j:image