Hatena::ブログ(Diary)

ジェンダーとメディア・ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-05-02 「ホモフォビア」って、ほんとはどういうこと?

5月17日は何の日か知っていますか? ある方から国際ホモフォビアの日だと教えてもらいました。(通称:IDAHO)Act Against Homophiobia

1990年5月17日にWHOが同性愛を国際障害疾病分類(ICD10)から削除することを決議したことから、5月17日は国際反ホモフォビア・デー(International Day Against Homophobia, IDAHO)とされている。呼びかけ人はLouis-Georges TIN氏であり、現在では世界の約50カ国で実施されている。

日本においては、TOKYOPride(東京レズビアン&ゲイパレードの主催団体)、第10回レインボーマーチ札幌実行委員会、ゲイジャパンニュース(LGBT関連ニュースサイト)、尾辻かな子の4団体により、2006年にAct Against Homophobiaという企画が実施された。

これよんでびっくり。同性愛が1990年までWHOの精神障害のリストに入っていたとは知りませんでした。ひどい! わたしは、とりあえず異性愛者のように認識しているので、つぎのようなことができるのではないかと考えました。

LGBTについての認識を高め、ホモフォビアを減らすために私たちができること

1. 自分の持っている思い込みに気づいている。そして、職場や学校で、また、家族のなかにLGBTの人たちがいるかもしれないということを常に頭においておく。

2. 自分が異性愛者であると思う人は、自分が異性愛者であるとわざわざ言う必要のある機会がいかに少ないかということについて考える。

3. LGBTに対してポジティブな本や雑誌を読み、自分の利用する図書館にもそれらを配置するよう頼んでみる。

とりあえずできることとして、人前で話をする際に、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイ、トランスジェンダー)の人たちがいるかもしれないということを念頭においておく、ということが十分できてないと思うのでそれを強く意識していきたいと思いました。

一般に、ホモフォビアは「同性愛嫌悪」です。しかし、「同性愛嫌悪」だと、なぜ「LGBT(レズビアン、ゲイ、バイ、トランスジェンダー)」というグループ名の方たちが取り組んでおられるのでしょうか。そういう疑問には強くうなづける文章がありました。

国際基督教大学LGBITグループ「シンポシオン」

ホモフォビアを「嫌悪症」と呼び、「病的」で「異常」なものと見ることは、必然的に「正常な状態」、「正しい精神構造」を想定することになる。

レズビアンやゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーに対する日本の中に行き交う眼差しが、必ずしも生命や社会生活に危機が及ぼされるほど強烈な攻撃性や敵意を含まないという事実だ。

ホモフォビア」とは、「篤い友情」と「愛情」といった曖昧さがつきまとう感情の移動する分割線として機能するのだ(濃密すぎる友情に対し、第三者からあれは「ホモ」、もしくは「レズ」だと言われた瞬間、それは社会によってイエロー・カードを突きつけられていることになる。あるいは、男同士の親密な友情は、「私たちはホモではない」ということを示し続けることで社会的に許されるものとなる)。いわば、ホモフォビアとは、社会のあらゆる場面で作用するある「限界設定」なのである。私がここで提案したいのは、ホモフォビアを「嫌悪症」としてではなく「ホモセクシュアリティやその周辺で形成されるある限界の設定」だという視点で日常生活を考える

公的な場所で男女のカップルや夫婦は歓迎されるのに、同性同士や同性同士に見えるようなカップルに対して行われる規制は、明らかに作為的な「限界設定」であり、ホモフォビックである。職場で異性のカップルが当然受け取れる権利を同性カップルが受け取れないことは、当然ホモフォビックな状況である。異性間の恋愛ならば当然のように話せるが、それ以外の間の、必ずしも「異性」間による「常識的な」の形式以外の恋愛が語れないのならばホモフォビックである。自分自身に対し、「普通ではないから」といって当然のように自分自身に何かしらの限界を設けるのならば、これも当然ホモフォビアである。ホモフォビア、ある限界の規定は、暴力はもちろん、蔑視でも笑いでも好奇心でも自己規制でも、あらゆる手段で行われえる。

よって、反ホモフォビア活動はこのようなものになる。不当なものはもちろん、一見当然のように装っているホモセクシュアリティとその周辺にある「限界」に対して、異議を唱えることだ。


これですっきりわかりました。「同性愛嫌悪」と言っていたらちょっと広がりがありませんが、わたしたちの「常識」がほかの人の権利を侵害している可能性があることに敏感になり、単に同性愛だけではなく、バイセクシュアル、トランスジェンダーインターセックスを含めて、自分の中であたりまえのようにつくっている性に関する「限界」「境界」を疑っていくこととだとすれば、その重要性がわたしにもわかります。わたしに「ホモフォビアの日」について教えてくださったのも、トランスジェンダーの方でしたが、そのことの意味や重要性がやっとわかりました。

「一見当然のように装っているホモセクシュアリティとその周辺にある「限界」に対して、異議を唱えること」を意識していきたいと思いました。教えてくださってありがとう。Tさん。

mtforummtforum 2007/05/02 22:13 お久しぶりです。ただ、これも以前にジェンダーフリーか男女平等か、というところで議論したのと同じことがいえて、ホモフォビアという語はわかりにくい、あるいはカタカナ語を使えばわかったような気にはなれるが本質は理解されない、という問題がありますね。
一方、同性愛嫌悪とすると、同性愛者というアイデンティティには光が当たるが、制度としての異性愛主義みたいなものがかえって見えなくなります。
たとえば、性同一性障害の法的性別変更立法で、「子のないこと」という要件がありますが、これは両親が同性であってはいけないから、という理由だそうで、これは同性愛者の問題ではないにもかかわらず、制度としての異性愛主義が反映された例です。
逆に、ホモフォビアはジェンダーと独立しているわけでもなく、ゲイやレズビアンも、典型的男性や女性からみて特異なジェンダー表現(おねえ言葉、ダイクなファッションなど)のせいでバッシングを受けたりします。
もちろん、これらを一律にジェンダーフリーという立場をとることで解決できるわけではありませんが、ジェンダーの問題とセクシュアリティの問題の相互依存関係をみなければ、根本的な解決は不可能なように思います。

discourdiscour 2007/05/03 01:02 mtforumさん、こんにちは。よくわからないので教えてください。
>
フォビアという語はわかりにくい、あるいはカタカナ語を使えばわかったような気にはなれるが本質は理解されない、という問題があります

さまざまなセクシュアル・マイノリティが隠れてしまう「ホモフォビア」とされているのは、異性愛主義などジェンダーの問題とセクシュアリティの問題が相互に絡んでいることに焦点をあてようという意図もあるんですか。

OK野朗OK野朗 2007/05/03 11:57 >公的な場所で男女のカップルや夫婦は歓迎されるのに、同性同士や同性同士に見えるようなカップルに対して行われる規制

は?社会秩序を維持するために必要だからでしょうが。全く、これだからフェミは、フェミナチって言われるんだよね。恥を知ってほしい。

OK野朗OK野朗 2007/05/03 12:15 荒らしだと判定されるか否かは、貴殿の知性次第。男女共同参画は、男だけでなく女の敵でもある。いや、むしろ、フェミが女の代表面していること自体おかしい。産業界と結託してまで、女を安く扱き使わせて、男女共同参画?漫才にもならない。こんなんで、少子化を防げると思ったら大間違い。むしろ、あんたらは、小沢初期型フェミと同じで、農村や商店街、主婦を攻撃して、日本をずたずたにしてきた。それは、あんたら以外の人物なら誰でも気が付いている。嘘だと思うなら、トーマス寿子女史の近著を購読されることを推奨する。

mtforummtforum 2007/05/03 22:26 私は「ホモフォビア」がジェンダーの問題と不可分になっているがゆえ、その影響はいわゆる同性愛者にとどまるものではないのではないか、という意味で書きました。
もっとも、IDAHO(日本の)については、そこまで射程に入れているかどうかは疑問ですが。

discourdiscour 2007/05/04 06:41 mtforumさん、はい重要な指摘をしていただいたと思っております。

tntn 2007/05/05 23:49 私は、少なくとも今年のIDAHOは、7月の参議院選に出馬するらしい某政治家の宣伝活動に利用されると考えられるので、いっさい関わるつもりはありません。

discourdiscour 2007/05/07 00:20 tnさん、お久しぶりです。IDAHOは、政治活動に利用されるくらい影響力あるんですか。
ところでちょっと思ったんですが、「ホモフォビア」も「ジェンダーフリー」も日本語で元の意味から離れてより広義の意味として使われるようになっているってことなのでしょうか。それとも英語のホモフォビアには、もともと同性愛嫌悪以外の、例えば「制度としての異性愛主義」などが含まれていたのでしょうか。

JosefJosef 2007/05/09 13:03 英語を母語とする人にとっても「ホモフォビア」は「カタカナ語」(外来語)みたいなものでしょう。英語では定着した意味があるのに日本では広義になる、というようなものではなく、使用する人の定義づけや文脈次第だと思われます。「ホモフォビア」の存在しない「正しい意味」を問うよりも、どういう政治目的のためにどう使用されているかに目を向ける方がいいでしょう。挙げられている「シンポシオン」も使用例の一つですね。

mimi246mimi246 2007/05/09 13:12 「(制度としての)異性愛主義」は英語では「ヘテロセクシズム(heterosexism)」 ですね。
そういえばわたしも「ホモフォビア」とか「ヘテロセクシズム」とかいう言葉はいろんなところで使ってきたけれども、それが日本語圏文脈でどういうふうに受け取られるかとかいう問題には全く無頓着でした。ていうか外来語をカタカナ化して入れる、ということにはもう少し慎重になったほうがいいのかな、と反省。海外で使われている概念を日本へ「輸入」することが全く無意味だとは思わないけれども。

JosefJosef 2007/05/09 18:46 mimi246さん、はじめまして。mtforumさんやdiscourさんが書いている「制度としての異性愛主義」は”heterosexism”よりも”heterocentrism”なのでは?本人に聞いてみなきゃ分かりませんが、文脈上はそう取る方が自然でしょう。

JosefJosef 2007/05/14 14:34 言葉が足らなかったかもしれないので補っときます。私の理解が間違っていたら訂正願います。
A男が最近「恋人」と別れたと聞いた。そのとき、A男の「恋人」とは「女性」だと勝手に思ってしまうのは「ヘテロセントリズム」。その「恋人」が実は「男性」だったと知って、「あいつホモなんだぜ」と嘲笑とともに噂しまくるのは「ヘテロセクシズム」。それを知って以来A男のことをすごく気持ち悪く感じてA男が傍にいるだけで鳥肌が立つ、というのは「ホモフォビア」。
厳密な区分は不可能ですが、法律や制度(言語を含む)が異性愛中心にできている、という点を指摘するには「セントリズム」がいちばんいいでしょう。異性愛のみを「正常」とし、非異性愛の「異常性」を様々な言動を通して強調するとき、それは「セクシズム」となるでしょう。「フォビア」は要するに「精神病の一」だから使用範囲が限定されそうですが、逆にある事態をインパクトを持って表現しようとするために使用頻度が高くなる傾向があるように思います。

discourdiscour 2007/05/15 11:34 Josefさん、英語での用法はわたし自身は不勉強でよくわかりませんが、ネットでちょっとみたところではjosefさんのおっしゃるように、heterosexismは行為(practice)で、heterocentrismはそういった考え方(concept)を指していると書いているものがありました。
一方日本語の用法については、手元にある資料をちらとみただけですが、竹村和子『フェミニズム』や風間孝の異性愛主義の項(竹村編『”ポスト”フェミニズム』)、明石書店版『現代フェミニズム思想辞典』などでは、異性愛主義(heterosexism )というようにヘテロセクシズムをあてているものが多いのかなという気がしました。その根拠として、風間はヘテロセクシズムが当初「異性愛者による同性愛者への偏見・反感・差別を意味するものであった」が、バリー・アダムズを引いて、異性愛主義は(偏見に限定するのではなく)「制度・構造・物質化の側面を包含する社会学的視点を有すると主張している」と書いています(上記文献)。
ヘテロセクシズムが偏見や差別的行為のみならず制度的な面も含むとする見方がなされているようです。
このあたりに詳しい方がいらっしゃったら教えていただければと思います。
まあ、ホモフォビアや同性愛嫌悪の問題を考えること自体にどうしても必要な知識ではないと思いますが。

JosefJosef 2007/05/15 21:49 なるほど、制度的な面も含めてヘテロセクシズムと言ってしまう例が多いのですね。その場合、たとえば憲法24条は言うまでもなく、私たちの言語・慣習そのものがヘテロセクシズムであるということになるでしょう。歌謡曲の大多数は恋愛を歌っていますが、そのほとんどすべては「男女」を前提として生産され受容されています。これもまた「制度」です。となると、異性愛者が大多数である限り、社会はヘテロセクシズムであらざるをえないということになるのではないでしょうか。
もう少し限定しないとセクシズムという語のインパクトが死んでしまうように思います(ホモフォビアも然り)。もっとも運動用語は昔からそういうものではありますが。