She said do.

娘。系時間差サイト
モーニング娘。だったり その周辺だったり
もしくは全然関係ないことだったりをダラダラと書いてます
管理人:ぢしょう (ツイッター:@disyo)

▲▲▲参戦予定▲▲▲
10/21(金) 野中BD かめありリリオ
11/07(月) J=J 武道館
12/10(土) モーニング娘。'16 札幌

過去の参戦履歴
2004-2014
2015-

2016-02-16

f:id:dishou:20160216120023j:image

生田カモン!


f:id:dishou:20160216120024j:image

モーニング娘。'16 尾形春水バースデーイベント

2回目に参加しました。関西魂でコントもやり切ってたし、イベント中本人がずっと笑顔だったので、こっちも自然と笑顔になってました。

サプライズで尾形ママ(尾木ママに空目)の一問一答が紹介されましたが、娘へのダメだしで、本人は「部屋が汚い。皿を洗わない」と予想するも「歌を頑張れ」と言うあたり、流石ははーちん母。そんな面白回答の中で、フィギュアを習ってた頃の往復3時間の車の中で勉強等してたエピソードが出ると、笑顔だった尾形も涙目に。ええ子やね。

こちらもサプライズで、他の大阪出身ハロメンからの映像が流れたのですが、歴は短いけど先にデビューする事で起こる、所謂「かりんちゃんさん事案」が発生。つばきのきしもんが「はーちんさん」と言ったもんだから、尾形も「きしもんさん」「ふなっきさん」と言って、面白い事になってました。

尾形とのエピソードを語る大阪出身メンバー達の映像終了後、少し前に植村から「はーちんとのエピソード何?」と聞かれた事を尾形が明かし、しかもその時に答えた事(二人での雑誌撮影)を今映像でそのまま話していた事が発覚。あーりーの大物感、恐るべし。にしてもちょっと前まではゼロだった大阪出身メンバーの充実っぷりが凄い。尾形は勿論、映像で岸本植村中西と綺麗なねーちゃん3人が並ぶ姿は圧巻だったし、更に将来性しかない船木ですもの。大阪メンバーだけでイベントとかやったら豪華だし面白そう。

ライブコーナーでは音を大きく外す事も無かったし、セトリも良かったです。正直これまで扱いが難しかったと思われる「大阪 美味いねん」も、彼女のための曲だったんじゃないかと言うぐらいはまってたし、「17才」もつばきVerだったけど、見た目のスレンダーさや、歌い上げるというより自分の声をしっかり伝えようとする感じが、森高ねえさんと重なりました。

歌は生田や小田が付きっ切りで教えてくれたそうで、「ゼロから始まる青春」は歌詞の「忘れちゃいけないのは」の "の" が難しかったけど、生田が「"の" を "脳" に変えれば」とアドバイスをくれたと。周りから出てくる生田良い先輩エピソードが相変わらずかっけー。

大阪 美味いねんと行くZYX! FLY HIGHでは、歌のサポートとしてズッキさんが参加。自分は卒業発表後に生で見たのは初でしたが、主にフェイクとか難しいパートを引き受けていて、流石は師匠でした。イベントで観れる残りの機会も限られてくるので嬉しかったです。

その他にも、幼少期の尾形がパパのギター伴奏で歌った、スピッツ空も飛べるはず」をBGMに、昔の写真をスライドショーで流したりと、なんか家族愛を感じてこっちも幸せになるような温かいイベントでした。

モーニング娘。'16 牧野真莉愛バースデーイベント

こちらも2回目に参加。牧野真莉愛という人をどのように楽しめばいいのか、まだ分かってないような所があるのですが、事務所側もどうすればより魅力が伝わるか手探りの状態なのかも。個人的には日ハムの話を1時間とかでも全然OKなんですけども。

とりあえず、本人が楽しんでいる様子を、半分保護者のような目で眺めてニヤニヤしてたのですが、遠目だとたまに中西香菜に見える時が。シルエットとトリッキーな動きのせいですかね。

今回の会場であるIMAホールが、前にどっきりを仕掛けられた思い出の場所だったので、その時の話をしてたのですが、「保田さんというお化けが出てきて…」と言ったのが最大のハイライトでした。これが天然だったのか狙ったのかは分からないけど、この子は事故を装ってぶっ込む事もあるので末恐ろしいです。

ライブセトリは、ね〜え?、ちょこLOVE、横浜蜃気楼と、さすがの黄金期メンリスペクトな感じが続いて、最後はかっちょ良い歌。体力的にしんどそうだったけど、集中力は切れてなかったです。

巡礼

以前生田えりぽんがテイバン・タイムズ出演時にロケしてた水元公園に行ってみました。東京に住んで久しいけど、行った事無い場所も多くて、こうやってメンバーがロケしてたりすると、行く切っ掛けになるので、出不精な自分としても有難いです。

f:id:dishou:20160211163530j:image

f:id:dishou:20160206133027j:image

吟行したり

f:id:dishou:20160211163531j:image

f:id:dishou:20160206134007j:image

バードウォッチングした場所もありました。


f:id:dishou:20160206125826j:image

番組中で探したけど見つからなかったシジュウカラが、ウジャウジャいました。

f:id:dishou:20160206151802j:image

人生初のカワセミの撮影もできたし行って良かったです。今度ははーちぇるで行った檜原村にも行ってみたい。

2016-02-11

f:id:dishou:20160211163529j:image

M-Line memory Vol.21が届いたのですが、特典の生写真に直筆メッセージが書いてあってビックリ。抽選で何人かに当たるやつだったのかな、覚えてない。とにかくメンバーに自分の名前を書いてもらうというのは初めてだったので、不思議な感じです。

鈴木香音卒業

鞘師が抜けて'16が一丸となってやっていくと思い込んでたので、最近の中だと一番驚いた卒業発表。数少ない世間に知られたメンバーだし、パフォーマンス面でもまだまだ伸びると思ってただけに、惜しいし淋しいけど、理由が彼女らしいね。それは、鞘師りほりほや田村めいめいも同じで、こちらからとやかく言える事は無く、今後の人生も応援するのみ。

福祉にも色々種類があると思うけど、アクロバットで安定した支え役と評判のズッキ師匠なので、将来人を軽々と持ち上げてる姿をどうしても想像してしまう。

野中美希左足負傷

手の怪我もやったばかりだし、本人の夢でもあったヒューストン公演を控えたこの時期に怪我とは、その悔しさたるや察するに余り有る。リハ中に起きたとの事ですが、がんばり野中なので無理しちゃったところもあるのかな。

怪我するくらいならアクロバットするなというのも一つで、かつてはガッタスも言われてましたな。でも、ちょっと前まではアクロバットに関係なく故障者が続出していました。それで恐らくライブ前のストレッチをより入念にしたりして、怪我が減ってきたと思うので、大人がある程度コントロール出来る範囲でやる必要があるのかなと。光井愛佳の悲劇を繰り返してはならない。

何はともあれ、早く良くなりますように。

Hello! Project 2016 WINTER 〜 DANCING!SINGING!EXCITING!〜

そいや何も書いてなかった。2日と10日の2回行きました。新しい力を感じつつ、懐かしい曲も楽しめたりで満足できる内容でした。フルでやる曲が多かったのは良かったです。かみこちゃんもカウコンではバタついてたけど、見る度に成長していってて、歌には元々非凡なものを持ってるので今後が実に楽しみ。

2日と10日で変わってた所もいくつかありましたね。ダンス部の冒頭が変わったのは、誰がどこにいるか分かり易くなって良かった。あとドンデンガエシのサビに合わせて、左右交互に照明を当てるのも2日には無かったような。常に良いものを見せようと演出をしてくれてるのは嬉しいです。こっちもそれなりの金払ってるしねw

初日に観た'16はさすがに喪失感を感じました。2日前には13人でやってた曲を、センターがいなくなった状態でやるわけですから当然っちゃあ当然ですが、改めて大きな存在だったんだなと。'16としての新曲も無いので、他のユニットに比べて勢い負けしてたところは否めませんが、今まで常に逆境を跳ね返してきたグループなので心配はしていません。

年に一度購入する、おみくじ代わりのコレクション生写真。2016年小関舞でございました。

f:id:dishou:20160103131441j:image

昨日迎えた誕生日でようやく14歳とか、驚きを禁じえないのですが、カントリーはももちPMの元みんなキャラが爆発してるので、今年もナルシストで、どんどんPMに突っ掛かっていってほしいです。

2016-01-09

ハロプロ三段活用

f:id:dishou:20160109175722j:image

f:id:dishou:20160109175723j:image

f:id:dishou:20160109175724j:image

というわけで、おめでとうございます。

Hello! Project COUNTDOWN PARTY 2015 〜 GOOD BYE & HELLO ! 〜

過去2回は映画館で1部のみの観賞でしたが、今回は1部、2部通しで初の生観戦です。

1部は基本各ユニットが今年リリースした曲を披露して、MCも今年を振り返る感じだったのですが、改めてハロー全体で動きの多かった1年だったのだと実感。ライブハウスツアーも一長一短ではありますが、過去には仕事が無さ過ぎてバイトを考えるメンバーもいたぐらいなので、それよりは全然良い状況なのかなと。

各ユニットの感想を簡単に。

つばきファクトリー。パフォーマンス後に印象を聞かれたMC夏焼雅が「もっと自分を出した方がいい」とガチの公開ダメ出しをしてて怖かったのですが、実力は確実に付いてきてると感じました。個性が出始めれば確かに面白そう。浅倉さんには高橋愛の雰囲気が更に出てきた気がする。「気高く咲き誇れ!」のきしもんラップからは、本人が尊敬する清水佐紀のニュアンスを感じる。

こぶしファクトリーはやはり個々の能力が高い。だからThis is 運命やっても曲に負けてませんでした。レコ大でも新人離れした堂々としたパフォーマンスでしたしね。そりゃ永六輔にも引っ掛かるってもんです。新曲もひなフェスで全員でやったKANのカバー曲だったり、ハローでは久々のヒャダイン曲があったり、期待が伺えますな。今年も活躍が楽しみ。

カントリーも単独で力付けたなぁという印象。そして愛おしくってごめんねが新メンバー加えたバージョンで遂に復活。なんか色々混ざり合ってよく分からない感情だったけど、嬉しかった事だけは間違いないです。

NEXT YOUは、マイクの飾りがデカ過ぎて顔が隠れるのがいただけない。アイドルを演じてるのに顔が見えないとか致命的な気がする。ドラマが始まれば、また色々見方が変わってくるでしょう。Juice=Juiceについては素晴らしかった。どこからでも攻め込める。余裕すら感じるステージングでした。

アンジュルム2015年のシングル曲が全部強烈なので勢いを感じました。あいあいが成長しまくってて、福田花音が抜けたにも関わらず隙がないグループになってます。今、対バンしたら無敵のユニットなんじゃなかろうか。初パフォーマンスの新メンバーかみこちゃんが少しあたふたしていて、身体も小さいし親鳥に必死についてく子鳥のようだったのですが、追い付いてきたら更に面白くなりそう。

℃-uteは、SHOCK EYE作の「アイアンハート」だったり、MUSIC+でマーティー・フリードマンのREC映像が流れた「情熱エクスタシー」等、年末に良い盛り上がり曲が出来ましたね。外部発注でもハローらしさは失われてないし、つんく勇退による最大の不安は払拭されたのではないかと。とりあえずSSAでマーティーがギター弾いてる姿は想像しました。℃-uteは全員18歳以上なので第2部でも全員出演して大トリを務めていたのですが、いつものハロコンよりも多めに曲やってたので、実力、バランスの良さ、体力オバケっぷり等、℃-uteの良さがより感じられました。何より5人から放たれる幸福感が、新年一発目のライブに相応しいものであったと思います。

1部はモーニング娘。'15が多めに曲を披露。秋ツアー途中でセトリから消えてしまった今すぐ飛び込む勇気もやってくれて満足。青春小僧とかは既に懐かしくすらあって、12期も短い期間で成長したなとしみじみ。鞘師ラストではありましたが湿っぽくなり過ぎず、ENDLESS SKYも涙ながらにしっかりやりきり、鞘師がモーニング娘。を好きになった切っ掛けの曲であるGoGirlをハロー全員で歌って1部は終了。

2部は18歳以上という事で、℃-ute以外はいつもより少人数で曲披露するので、普段より歌割増えたメンバーが多く、色んな歌声が聴けたのが良かったです。アンジュルムは、まろラスト武道館でやらなかったのが少し残念だった「ショートカット」をやったのですが、ラストの「♪たーびーしーたーーーい」はタケが担当。受け継がれた瞬間を目にして感動しました。

その他にもエッグ研修生出身者だけでやった「天まで登れ!」は、ちょっとしたオールスター感あったし、Buono!は言わずもがななんですが、自分が一番高まったのはやはり高橋愛・新垣里沙光井愛佳の登場でした。現役4人と一緒に5曲やったのですが、ただの新旧コラボでも感動はしたのでしょうが、OGさん達がブランクどころか更に凄みを増してまして、目の前で起こっている事に只管震えておりました。とりあえず、愛ガキはプラチナ期が産み出した化け物ですな。光井も怪我があったので、思い切りパフォーマンス出来たのがファンタジーDX以来という事だったのですが、大人の艶が増してプラチナの曲が当時よりも合ってて良かったです。譜久村・生田が成長した姿で先輩と共演してるのは感慨深かったし、飯窪・石田は高橋と同じステージに立ってないので、リハから本番まで相当得るものがあったのではないかと思います。願わくば鞘師との共演も見てみたかったのですが、これは鞘師が帰ってきた時の楽しみにしておこう。

あと、逆にプラチナメンバーが現役の曲をやるっても見たいね。高橋とかBDイベで折角Oh my wish!のダンス覚えたんだから、鞘師の代わりに踊ればいいのに。

モーニング娘。’16 石田亜佑美バースデーイベント

過去2回は落選してたのですが、今年は箱がディファに拡大したお陰か初当選しました。牧野も尾形も大きい所でやるし、行ける確率が上がるのは嬉しい。年会費払ってるわけですしね。

普段グッズで生写真は買わないようにしてますが、だーいしBDイベのやつは前の猫もそうだったけど、キャワキャワ過ぎて禁を犯しそうになります。結局買いませんでしたけども。

イベントでは、以前ふくどぅーBDで仕掛け人をやった際に「ドッキリ仕掛けられてみたい」と石田が話していたのが切っ掛けとなり、ドッキリのリアクション練習をするのですが、実は本当のドッキリを仕掛けられるというのがありました。そのひとつに、寝起きドッキリ練習でリポーター役がさわやか五郎と思いきやイジリー小田というのがあったのですが、そのネーミングにするなら、食べ掛けの笹かまに高速で舌を動かしながら接近して、最終的に食べちゃうぐらいはしてほしかった。

イベントの最後にはセットから幽霊が飛び出すというのがあって、本気で驚いてこけてたのですが、幽霊役の人は開演前からずっとセットの中で体育座りで待ち続けていたとの事。というか、開演前もステージに幕は降りてなくてセットがずっと見えてる状態だったので、開場前から入ってたのかな。だとしたら辛すぎますな・・・

今回のイベントは料理がひとつのテーマでした。普段野菜を安く買うために店を梯子するようなドケチ倹約家なので、野菜詰め放題にチャレンジ。詰めた分はプレゼントという事で、開始前に袋を1.5倍に広げる石田さんはヒルナンデスに出れると思います。ジャガイモについては詰めた数だけサインボールを客席にプレゼントだったのですが、ステージ上で「高い野菜をいっぱい詰めたい、でもじゃがいもも入れなくては・・・」という心の葛藤が繰り広げられていました(葛藤するな)。

ライブでは料理繋がりでモーニングカレーがあったのですが、前の曲が終わると急いで袖に捌けて、グッズのエプロンを装着し、手におたまを持って登場するという徹底ぶりでした。だーいしなら美味しいカレーを作りそうなので、おたまをグルグル回す姿に自然と笑顔になったのですが、もし飯窪さんが同じ事やってたら、味を想像して気持ち悪くなりそうです。

他には「女が目立って なぜイケナイ」を歌ってて、凄い良かったし、メンバー全員のも久々に見たいと思ったのですが、この曲を聞くとどうしても亀井母が「♪もしも美人ばっかりぃーの」って、間違った歌い方するという話を思い出してしまいます。いやむしろ間違った方が先に出てくる。

この日の石田は、メンバーといる時のようなノリの良さだったり、大きいアクションとかは少なめで、落ち着いて淡々としていた印象でした。1人なので素に近い感じというのもあったのでしょうが、最後の挨拶で言葉が出てこなくて「最近思考が突然止まる」と話したりと、あまり普段見ないような一面も。鞘師の卒業もあったし、色々考えたり悩んだりする事も多いでしょうが、本人も人に甘えれるようにしたいと言っているので、他のグループに1人友達できたりしたら、大分楽になるんじゃないかなとか思ってます。卒業した鞘師に相談するというのもありですな。


無料カウンタ