不発連合式バックドロップ このページをアンテナに追加

August 29(Mon), 2016

[]最近読んだ本 最近読んだ本を含むブックマーク

 ブレイディみかこ『THIS IS JAPAN――英国保育士が見た日本』(太田出版。日本の貧困の現場ルポで、奥まで入り込んでいるというほどではない浅さではあるが、「外からの視線」でクールに見つめている。中でも本職でもある保育の現場は、読んでいてうんざりしてしまう。どうにかせんと、本当に。

 著者が再三書く「反緊縮でユナイトし立ち上がろう」はわかるんだけど、日本だと結構難しいのでは。著者も指摘するように経済=金の話は何故か避けがちだし、貧困経済問題以外にいろんなものがくっついてきてしまう。いまなら安保とか、原発とかね。「それはそれ、これはこれ」と問題を分けられないのが日本的イデオロギーではないかなと思う。敵味方ではっきり分かれすぎと言えばいいか。

 また、あくまで現場のルポなんだけど、イギリスに対しては現場と政治二つとも見ながら論じているのに対し、日本は政治へのまなざしがちょっと少ないように思えた。もうちょっと突っ込んでほしい。《アベノミクスが明らかに機能していない》とあっさり書くけれど、その「明らかに機能していない」はどこからの考えなのか。反緊縮という立場でいえば、アベノミクスは同じはずでは。問題点があるなら示さないと言いっぱなしで終わる。そして、結局俺がいつもイギリスものを読んで感じる疑問は、やはりここでも残ってしまったな。反緊縮、社会保障、その果てにあるものは? 

 最後にこれは蛇足ですが、草の根から変えていこうというのは、著者が師と仰ぐジョン・ライドンではなく、(俺が何度もここで引用している)彼(というかパンク)の限界を諭したポール・ウェラーの考えだよなとも思ったりしました。

 内澤旬子『漂うままに島に着き』(朝日新聞出版。いろいろなものから離れていった著者が、今度は東京から離れて小豆島に住むまでの顛末記。変わらぬ鮮やかかつドライな感覚で身軽になっていく様は、見ていてうらやましくなる。なるなら自分でもやればいいわけだが、結局は覚悟と行動だ。「身体と心のいいなりになって、私が私でいられるところに着いた。あなたもそうしてみたら?」と背中を押してくれる一冊で、自分も身体と心の漂うままにしたくなる。というか、していいはずなのだ。そうじゃないとおもしろくない。これは内澤さんなりの「東京論」でもあるなと思った。

漂うままに島に着き

漂うままに島に着き

August 28(Sun), 2016

[]休日派七分袖日記 休日派七分袖日記を含むブックマーク

 肌寒い。気温を見れば半袖でもいい気がするが、念のため七分袖Tシャツを着る。暑ければまくればいいし。昼前に外出。渋谷に出て、久々にパク森カレー。うめぇ。これまた久々に羽富でコーヒーを飲んでからヒューマントラストシネマ渋谷へ。

 『イレブン・ミニッツ』を見る。断片の組み合わせでなく、交差その果ての衝突で奏でられる不協和音。それもまた世界の断片。特異点の作り方、派生する点の打ち方、繋げる線の引き方の手練手管を見せつけるスコリモフスキ渾身の一発芸。言葉にすれば何てことないのに、えれぇおもしろかったです。

 渋谷の人だかりとうるささにうんざりして、すぐに離れる。人が多いのはいいよ(嫌いだけど)。なんだよ、あの騒音。特にドラッグストア。食材を買って帰宅。読書。

 夕飯はさっぱり素麺。うまい。ホットのカフェラテを淹れたら、感覚が戻らず牛乳がずいぶん少なくなってしまった。それはそれでうまかったけど。「真田丸」を見て、入浴。日記書き。読書。寝る。あー……仕事やる気が出ない……なぁ。

August 27(Sat), 2016

[]休日派雨読日記 休日派雨読日記を含むブックマーク

 よく寝た。午前中はだらだらと過ごし、昼に外出。駅前のココイチで昼飯を取り、最近できたらしい台湾茶屋でジャスミン茶と共に読書。駅ビルで食材を買おうと覗いたら、五平餅の出店があったので買い込む。他に唐揚げ、サラダも。帰宅。再び読書。夕飯喰って、また読書。風呂に入り、日記を書いて、本を読んで、寝る。

August 26(Fri), 2016

[]休む 休むを含むブックマーク

 ちょっと気分がダウン気味な上に、妙にだるい。土日ゆっくりしよ。

August 25(Thu), 2016

[]最近読んだノンフィクション 最近読んだノンフィクションを含むブックマーク

 春日太一『鬼才 五社英雄の生涯』(文春新書。さすが春日太一五社自身の”ハッタリ”語りと著者の取材と執念を混ぜてこみ、見事なストーリーテリングで一気に読ませる。「人間一生2万日、死にに来たよに未練なし」という人生訓から、最晩年に「未練が力なり」と殴り書きするラインがグッとくる。『鬼龍院花子の生涯』に夏目雅子が出演する事になるくだり、これもまた二つの話があるわけだが、著者は五社の話したエピソードだけを書いている。どん底にいた五社が見た美しい“話”だけを、著者は書いた。その心意気もまたよしで、そこにまたグッときたのだった。

鬼才 五社英雄の生涯 (文春新書)

鬼才 五社英雄の生涯 (文春新書)

 上野庸平『アフリカに進出する日本の新宗教』(花伝社)。タイトルままの内容で、文章はちょっとこなれないけど、ドンドコ直接取材をしており、フラットな視点でアフリカという国と新宗教の関係を見ていて、目からウロコ、おもしろかった。日本とは宗教へのスタンスというか、重さと軽さが違った。すごく実利的なのだ。取り上げられているのはラエリアン・ムーブメント(日本発祥でないが)、幸福の科学真如苑崇教真光統一教会創価学会。著者も書いているが、これら団体の社会的問題や弊害はとりあえず置いておき、あくまで現地ルポのみ。まぁ複雑になるもんな。新宗教に入る人を、日本ではキワモノっぽく見てしまうけれど、話を聞いてみればそうではないんだよな。そうでないから大変だったりもするんだけど。

ルポ アフリカに進出する日本の新宗教

ルポ アフリカに進出する日本の新宗教

August 24(Wed), 2016

[]だるだる だるだるを含むブックマーク

 昨夜からの疲れを引きずっている。遅い夏バテだろうか。修羅場明けは、いつもよりのんびりしたのだが……。今週は力を抜いて乗り切りたいが、とりあえず明日の会議を何とかせねばならん。だるい、眠い、考える気力がわかんよ。

August 23(Tue), 2016

[]できれば後半で できれば後半でを含むブックマーク

 週前半の飲み会は、妙に疲れる。たのしくても疲れる。疲れた。寝る