Hatena::ブログ(Diary)

Rogi073.Diary このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-02-08

[]伝説の Isildurs Bane 新作 Off the Radar


Isildurs Bane

Isildurs Bane は、スウェーデンのプログレ系バンド。どちらかというと、王道プログレというよりは、アヴァンロックな要素も含む、独自の世界を持ったタイプのバンド。ボーカルを含むポップなサウンドもあれば、よりシンフォニックなインストであったり、ジャズ系バンドとの共演だったりと幅広いサウンドを作り上げる。ここしばらくは活動はあるもの、アルバムは出していていなかった彼らですが、Steve Hogarth との競作で復活すると、単独アルバムとして、Off The Radar もリリースしたので、早速聴いてみた。


らしさ

アルバムは彼らのらしさがふんだんにこもっているそれ。マリンバ系のガキや管楽なども加えつつ、先端技術も導入して作り上げている彼らのサウンドは健在で、とても面白い音を紡ぎ出している。

そして、それらのテクニカルな演奏が、テクニックに終わることなく、リリカルで情緒豊かな世界を描けているのがまた彼ららしく、聴いている上での楽しさにつながってくる。


インスト

今作では、ボーカル曲のないインストサウンドなので、ポップな要素はなく劇場的な音世界作りがメインの作品。その中で、この曲の構築性と適度なダルさは見事。


お勧め

彼らのサウンドの良さが改めて確認出来るすばらしい作品。彼らのファンは間違いなく聴くべき作品です。


関連リンク:

Isildus Bane

関連サーチ:

Isildurs Bane(AMAZON.co.jp)

Isildurs Bane(Google)

Isildurs Bane(del.icio.us)

Isildurs Bane(Last.fm)

Isildurs Bane(YouTube)

Powered BY AmazoRogi

Off The Radar
発売日 : 2017-12-22 (1CD)
売上ランク : 114627 位 (AMAZON.co.jp)
¥ 2,917 通常1〜2か月以内に発送
Powered BY AmazoRogi Data as of 2018-02-08
See detail & latest visit AMAZON.co.jp

2018-01-26

[]ノルウェーのアヴァンなジャズメタル Suburban Savages


Suburban Savages

Suburban Savagesは、ノルウェーのバンド。昨今ノルウェーはジャズロック系で面白いバンドを数多く輩出しているけれども、このバンドもかなり面白いバンド。タイトルが、/Kore Wa!というなんともまた、食指が伸びてしまうそれを聴いてみた。


アヴァンな

かなり捻くれたポップ要素を使うけれども、メタリックジャズが根底にあるサウンドが面白すぎる。ちょっと空耳な感じのするボーカル曲も含みながら、なんともつかみ所のない世界を作り出している。爆発的なテクニックを見せつけるかと思いきや、おふざけ感を出したポップセンスを持ってきたりと、やりたい放題。アヴァンギャルドな変哲サウンドを好む人には溜まらないそれ。


シリアスさも

曲によっては、結構印象も変わってきていて、スペースロックみたいな印象の上記のようなへんてこポップな感じの曲もあれば、強いメタルサウンドをジャズで処理したようなシリアスなサウンドも含まれる。なので、一口にこんなサウンドとは表現しきれなくて、エレクトロポップとも言えそうな曲さえも含まれる。


ちょいと

ちょいとどころではなく、癖のあるバンドなので、何とも言えないけれども、はまる人には嵌るそれだと思う。結構やみつきになるへんてこ感。

とにかく独創性の高いへんてこサウンドを探している人には超お勧めのアルバムです。


関連リンク:

Suburban Savages

関連サーチ:

Suburban Savages(AMAZON.co.jp)

Suburban Savages(Google)

Suburban Savages(flickr)

Suburban Savages(del.icio.us)

Suburban Savages(Last.fm)

Suburban Savages(YouTube)

Powered BY AmazoRogi

Kore Wa!
発売元 : Imports
発売日 : 2017-06-16 (1CD)
売上ランク : 524568 位 (AMAZON.co.jp)
¥ 2,271 在庫あり。
Powered BY AmazoRogi Data as of 2018-01-27
See detail & latest visit AMAZON.co.jp

2017-12-19

[]The Dear Hunter の小品集はコンパクトに素敵に


The Dear Hunter

アメリカプログレバンドと言ったらいいのか、ジャンル定義が難しいバンド、The Dear Hunter。イメージ的には、Coheed and Cambria に近くて、複雑だけれども過剰にキャッチーなメロディーが特徴のバンド。

アルバムをまたぐコンセプトアルバムなども展開しているが、今回は、むしろ小さくまとめられた曲を納めた小品集とも言うべきアルバム All Is As All Should Be がリリースされたので聴いてみた。


ポップな

もともと、ポップなメロディーを得意として、それを複雑な楽曲の中に表現していた彼らだけれども、その中で、ポップな部分を取り出したような構成がこのアルバム。いずれの曲も、4分前後で、6曲納められたアルバムなので、曲的にもアルバム的にもこじんまりとしたそれ。


珠玉の

そのこじんまりとした作品の中に、ポップな要素がぎゅっと凝縮されている。コーラスワークも絡めながら、メローな曲からノリのいい曲まで、どれもやはり、とてもメロディーがいい。そして、短い作品ではあるものの、曲の起伏はしっかりとつけていて、一本調子でメロディーで押し切るわけではなくて、フックの効いた展開を持たせている。その結果として、メロディーの心地よさが何倍にも増している。非常にいい曲ばかり。


そしてしめる

そして、そんな美しい世界が、最後タイトル曲でしめやかに締まる。穏やかな、しかし、不思議な雰囲気を醸すバラッド。彼らの独特の世界は、この身近な曲でもやはりしっかりと描き出されている。

いや、この聴きやすいアルバムを通じて、是非ともより多くの人にこのバンドのことを知ってもらいたい。彼らを初体験するにはもってこいのアルバムです。


関連リンク:

All Is As All Should Be — The Dear Hunter

All Is As All Should Be | The Dear Hunter

関連サーチ:

The Dear Hunter(AMAZON.co.jp)

The Dear Hunter(Google)

The Dear Hunter(del.icio.us)

The Dear Hunter(Last.fm)

The Dear Hunter(YouTube)

Powered BY AmazoRogi

2017-12-07

[]最強の Spock's Beard で SNOW Live


Spock's Baerd

現在のプログレシーンの立役者と言っていいバンド、Spock's Beard。メンバーチェンジなどもあって、絶頂期からはパワーダウン気味とは言え、依然として活動を続け、もはやベテランの域に達している。そんな彼らの元メンバーであり、ある意味では Spock's Beard そのものといってもいい、Neal Morse。そして、歌えるテクニカルドラマー Nick D'Vergio。この強者元メンバー二人を迎えて、かつての名作コンセプトアルバム Snow を再現したライブが Snow Live として映像化されたので早速聴いてみた。


最強

現在のメンバーにそのまま、上記の二人が加わる形でのバンド構成。そこにさらにブラスセクションもはいるという大所帯バンドとして、かの名作 Snow が再現されている。ある意味、最強のバンド構成。メインボーカルは Neal がとっているけれども、現在のボーカリストも一部でメインボーカルをとるし、Nick もまた、メインボーカルをになう。さらに、Ryo Okumoto 意外は、みんな歌えるから強烈なコーラスワークもなんのそので展開される。まさに最強のラインナップ。


再現

そんな最強のメンバーで再現される SNOW は、やっぱり凄すぎる。随所にちりばめられた複雑なコーラスワークやアンサンブル。しかし、そんな複雑さを感じさせない心地よいメロディーによって、ストーリーは語られていく。

いくつもの名曲を挟みながら紡がれている物語は感動的でもある。


たまらない

正直言って、彼らのファンにとっては溜まらない作品。まさか、Neal と Nick がSpock's Beard として、またライブをするなんて思いもよらなかったところなので、非常に貴重な映像作品である。

さらに、そんな懐かしさだけではなくて、演奏自体も抜群にいいので、この上ない作品である。絶品です。


関連リンク:

Spock's Beard

関連サーチ:

Spock's Beard(AMAZON.co.jp)

Spock's Beard(Google)

Spock's Beard(del.icio.us)

Spock's Beard(Last.fm)

Spock's Beard(YouTube)

Powered BY AmazoRogi

Snow Live (+DVD)
発売元 : Metal Blade
発売日 : 2017-11-10 (1CD)
売上ランク : 29440 位 (AMAZON.co.jp)
¥ 2,566 在庫あり。
Powered BY AmazoRogi Data as of 2017-12-08
See detail & latest visit AMAZON.co.jp

2017-11-20

[]テクニカルでクールな CHON


CHON

米国の変則的ロックバンド CHON。ジェント系とかいろいろと言い方があるかもだけれども、どんなジャンルで呼べばいいのか、最早不明なサウンド世界を構築するバンド。総じて、ポストロック系と呼んでも良さそうな気もする。


HOMEY

そんな彼らのアルバム Homey を聴いてみた。サウンドは、相変わらずののテクニカルさを発揮。そこにさらに、エレクトロを多用して、キャッチーでノリのいいクールなサウンドなんかも作り出している。このアルバムでは、まさにそのクールさが特徴的。複雑な拍子とアンサンブルなんだけれども、全体的にクールを装って、気軽に踊れそうな装いを持っているところが面白い。


ボーカル曲も

ボーカル曲なんかも結構印象的。本当に、なんか凄いことやっているのに、クールなんだよねってところが溜まらない。ドラミングの軽快さもへんてこリズムにも関わらずで、とりあえずのっているふりをしてしまいたくなる。けど、複雑過ぎるリズムで無理なんだけど。


いいね

プログレメタル系リスナー向けなのか、ポストロック・マスロック系リースナー向けなのか、難しいサウンドスタイルだけど、まぁ、へんてこサウンドを探しているリスナーなら是非聴くべきでしょう。感触的には、Battles をよりクールにした感じなんで、音好きにはぐっと来ますよ。


関連リンク:

Chon - "HOMEY" OUT JUNE 16

関連サーチ:

CHON Homey(AMAZON.co.jp)

CHON Homey(Google)

CHON Homey(del.icio.us)

CHON Homey(Last.fm)

CHON Homey(YouTube)

Powered BY AmazoRogi

Homey
発売元 : HOMEY
発売日 : 2017-06-23 (1CD)
売上ランク : 21107 位 (AMAZON.co.jp)
¥ 1,322 在庫あり。
Powered BY AmazoRogi Data as of 2017-11-20
See detail & latest visit AMAZON.co.jp