Hatena::ブログ(Diary)

Rogi073.Diary このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-04-16

[]早くも登場した 2nd も優しさに満ちて The Mute Gods


The Mute Gods

プログレ界の確かな技術を持ったプレイヤー Nick Beggs, Marco Minnemann そして Roger King によるバンド The Mute Gods。こないだ颯爽とでびぃーアルバムを発表したというイメージだったけれども、早くも2nd アルバムをリリース。Tardigrades Will Inherit the Earth を早速聴いてみた。


優しさ

デビューアルバムから、良質なポップサウンドをテクニカルな演奏で、しっかりと聞かせるスタイルでファンを得た彼らだけれども、この2ndでもその路線を継承。優しさを感じさせる柔らかいボーカルの声質の影響もあって、全体に優しさというのか、ある種ドリーミーさとも言えそうなサウンドが印象に残る。


テクニカル

この3人ならではのテクニカルさは前面には出してきてはおらず、あくまで、テクニカルロックではなく、聴かせるポップサウンドを指向している証と言えるだろう。ただ、やはり、テクニカルな確かさが背景にあるだけに、随所に聴かせどころの演奏がちりばめられているのもまた事実である。


甘美系プログレ

昨今多くのバンドが試みている、聞きやすすぎるプログレ、という相矛盾した世界を作り出している Moon Safari から始まる系譜につながる、甘美系プログレと言えるサウンドを、このバンドも展開してる。

なので、Moon Safari 系のバンドを捜している方は、なおのことこのサウンドは気に入るのではないでしょうか。


いいです

ということで、早すぎる2nd はどういう作品なのかと思いきや、しっかりとした完成度の高い作品で、さすが恐るべきポテンシャルのバンド。

お勧めないい作品です。


関連リンク:

The Mute Gods - Official Website

関連サーチ:

Tardigrades Will Inherit The Earth(AMAZON.co.jp)

Tardigrades Will Inherit The Earth(Google)

Tardigrades Will Inherit The Earth(flickr)

Tardigrades Will Inherit The Earth(Last.fm)

Tardigrades Will Inherit The Earth(YouTube)

Powered BY AmazoRogi

Tardigrades Will Inherit the E
発売元 : Imports
発売日 : 2017-03-03 (1CD)
売上ランク : 92191 位 (AMAZON.co.jp)
¥ 2,275 通常1〜2か月以内に発送
Powered BY AmazoRogi Data as of 2017-04-16
See detail & latest visit AMAZON.co.jp

2017-03-28

[]Anglagard 複雑で凶暴で美しきライブ


Anglagard

Anglagard はスウェーデンのバンドで、90年代プログレ復活期に現れたバンドで、颯爽と登場として颯爽と走り去って行ってしまったが故に伝説的なバンドとして語り接がれていたバンド。

一方で、2012年に復活を果たし、現在もライブを行うなど活動を行っている。そんな彼らのライブ映像を収めた作品、Live - Made In Norway がリリースされたので聴いてみた。


完璧

ライブ会場としては非常に小さく、ステージが非常に狭く感じるほどの環境。しかし、そこで披露される演奏は完璧と言っていいそれ。このライブ映像を通して、改めて彼らの楽曲のリズムの混沌さを思い知らされる一方で、その複雑な楽曲を完璧に演奏しきる彼らの演奏力に圧倒されないではいられない。

また、バンドメンバーも時に楽器を持ち替えながら、完璧に楽曲を再現使用とする姿にも、また、感銘を受けないではいられない。


静寂と凶暴

そして、まさに彼らの代名詞であり、かつ、北欧プログレの一つの形式ともなった、凶暴ながらも寂莫とした音楽世界は、やはり彼らがオリジナルであり、その静寂と凶暴さの世界は、他のバンドでは産み出し得ないそれとして圧倒される。


それにしても

それにしても、完璧すぎる演奏である。時に風船なんかをつかったSE的なサウンドも使いながら、強烈ななアンサンブルが見事に決まっていくところは、彼らの演奏力の恐るべきところ、その緊張感に聴いている側も思わず凝視してしまう。


絶品

この劇的なほどにすばらしいライブ映像は、なかなか見ることの出来るそれではないので、全プログレファンに是非とも堪能していただきたい。

プログレライブ映像の中でも、屈指のレベルの高さを誇る作品。

超お勧めです。


関連リンク:

Anglagard.net - Änglagård: A Swedish prog rock band

関連サーチ:

ANGLAGARD(AMAZON.co.jp)

ANGLAGARD(Google)

ANGLAGARD(del.icio.us)

ANGLAGARD(Last.fm)

ANGLAGARD(YouTube)

Powered BY AmazoRogi

2017-03-07

[]Pain of Salvation ダニエル様はいろんな体験をします


Pain of Salvation

Pain of Salvation はスウェーデンの誇るプログレメタル系バンドで、鬼才 Daniel Gildenlöw を中心とするバンド。

Daniel 様の方向性によって、様々なスタイルを取り込みながら、プログレメタルを推進する。社会へ鋭く切り込みながら、怒りと憂いに満ちた感情豊かなサウンドが心に刺さるバンド。

その新作 In The Passing Light Of Day を聴いてみた。


体験

過去のアルバムでも、Daniel様の体験を元にしたコンセプトアルバムが作られているが、この In The Passing Light Of Day もまた、Daniel様の臨死体験を元に作られた作品と成っている。


統合

初期の憂いな感情に満ちたプログレメタルサウンド、そして、中期にあったオルタナ系なサウンドも取り入れた現代ロックの要素の強いサウンド、これらがこの新作では統合されているという印象。


あたらな世界

初期にあった、問題意識の高い迫力に満ちたサウンドはこの作品では見事に復活している。そして、そこに、現代的な要素を持つコーラスワークも印象的なサウンドが混ざり込んできていて、新たな POS の世界がここからまた始まるという印象も感じさせる作品。


ザクザクと

時に、ザクザクと切り込んでいくサウンドであったり、バラッドであったりと、多彩なサウンドはその幅を広げていて、表現力の広がりが、このコンセプトアルバムを魅力的なものにしている。ただ、やはり根底には、プログレメタルの味わいがしっかりと染み込んでいるので、彼らの古くからのファンにとっても、歓迎すべき作品に仕上がっている。


絶品

どちらかというと、挑戦要素よりも、回帰要素のほうが強く感じる作品であって、古くからの彼らのファンとしては、評価をしやすい作品に仕上がっている。非常に完成度の高い作品である。




関連リンク:

POSdotcom

関連サーチ:

pain of salvation(AMAZON.co.jp)

pain of salvation(Google)

pain of salvation(flickr)

pain of salvation(Last.fm)

pain of salvation(YouTube)

Powered BY AmazoRogi

In the Passing Light of Day
発売元 : Inside Out U.S.
発売日 : 2017-01-13 (2CD)
売上ランク : 3784 位 (AMAZON.co.jp)
¥ 2,252 在庫あり。
Powered BY AmazoRogi Data as of 2017-03-07
See detail & latest visit AMAZON.co.jp

2017-02-06

[]奇跡の来日公演 CAMEL Live in Japan


CAMEL

叙情プログレの雄Andy Latimer 率いる CAMEL。一時期は、病もあり、活動の継続が困難かと思われたが、2016年に来日公演が行われた。私は残念ながらライブを見に行くことは出来なかったけれども、そのときの映像が、「Ichigo Ichie: Camel Live in Japan」として、リリースされたので、早速聴いてみた。


鮮烈

バンドは、4人編成で Andy Latimer に Colin Bass の二人に加えて、ドラムの Denis Clement とキーボードの Peter Jones。

この4人のアンサンブルが、見事で、Camel らしい叙情世界が見事に描き出されている。しかも、叙情的でありながらも、キレのある演奏で緊張感も高い。正に鮮烈な音を繰り広げている。


感動的

そして、やはり、響き渡る Latimer の泣きのギターは感動的。そのすばらしさを堪能しないではいられない。さらに、キーボーディストの活躍も特筆すべきところがあり、尺八のような縦笛までも演奏するなど、カラフルでありながらも、派手になりすぎず、見事に Camel らしいサウンドを装飾している。


地味だけど絶品

ステージ上の演出も含めて、非常に地味ではあるものの、しかし、演奏そのものは絶品そのもの。この飾らない姿がむしろ彼ららしく、本当に改めて Camel のサウンドを好きなってしまう、そんな作品。

往年のプログレを愛好するファンには溜まらない作品です。


関連リンク:

Welcome to the Official Camel Website

関連サーチ:

Ichigo Ichie: Camel Live in Japan(AMAZON.co.jp)

Ichigo Ichie: Camel Live in Japan(Google)

Ichigo Ichie: Camel Live in Japan(flickr)

Ichigo Ichie: Camel Live in Japan(Last.fm)

Ichigo Ichie: Camel Live in Japan(YouTube)

Powered BY AmazoRogi

Ichigo Ichie: Camel Live in Japan [DVD] [Import]
発売元 : Imports
発売日 : 2017-02-03 (1DVD)
売上ランク : 1481 位 (AMAZON.co.jp)
¥ 2,748 一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します。配送予定日がわかり次第Eメールにてお知らせします。商品の代金は発送時に請求いたします。
Powered BY AmazoRogi Data as of 2017-02-06
See detail & latest visit AMAZON.co.jp

2017-01-20

[]Cimbaliband は、バカテクに軽快さを加えて


Cimbaliband

ハンガリーのバンド Cimbaliband。名前の通りというのか、民族楽器チェンバロンを中心として、バイオリンなどの楽器などで、トラッドをベースとしたサウンドを展開する。特に、チェンバロンのバカテクぶりなど、トラッドでありながらも、強烈なアンサンブルを魅せる演奏が聴きどころ。


Recycle

その新作、Recycle を聴いてみた。この作品は、女声ボーカルも参加しての作品。圧倒的なテクニックは健在なのだけれども、より、表現力が増したというのか、いかにもバルカントラッドベースのサウンドだけではなくて、ある意味ハワイアンな印象もするような、スローバラッドもこの作品では登場していて、表現の幅が広がっている。


落ち着いて

その分、落ち着いて、聞き込めるという印象が深まっている。緊張感の高いアンサンブルが彼らの代名詞とも感じていただけに、このサウンドの拡張は、彼らの新しい魅力を引き出していて、じっくりとその味わいを楽しむことができる。


いいね

ラディカルトラッドなサウンドが好きな方は、すでにこのバンドの虜になっているだろうけれども、トラッド系ロックに興味がある人はやはり聴きこ逃せない作品。チェンバロンの響きがこの作品ではバカテク側面だけではなくて、表現力の深い聴かせる響きとしても楽しめる。なんともいい作品です。


関連リンク:

World music, cimbalom, rock and roll

関連サーチ:

Cimbaliband(AMAZON.co.jp)

Cimbaliband(Google)

Cimbaliband(flickr)

Cimbaliband(Last.fm)

Cimbaliband(YouTube)

Powered BY AmazoRogi

Recycle
発売日 : 2016-12-01 (MP3 ダウンロード)
¥ 1,200 通常1〜2営業日以内に発送
Powered BY AmazoRogi Data as of 2017-01-20
See detail & latest visit AMAZON.co.jp