エガワヒロシのブログ

2017-02-24

[]「小説トレーニング#2」


将来小説を書くための、小説的表現のトレーニング。今回は昨日見た野呂圭都ちゃんのライブからインスパイアされて。彼女の音楽から受けるものを小説的に表現してみた。通常のライブレビューではない形で。



彼女は幽玄と言っても良い美しさでそこに立っていた。とても細い体で、静かな雰囲気を漂わせていた。だからと言って弱々しいわけではなく、芯の強さみたいなもの、体の奥底から湧き上がる野生のエネルギーのようなものもその細い体から発散していた。何と言ったら良いだろう。平凡な人間がその場の空気に溶けてなくなるのに対し、彼女はその空気の中で縁取りされて、切り取られたような、存在感という言葉だけでは括れない、なんとも言えない魅力を醸し出していた。

だから、隣に座った時に、そんな彼女が満面の笑顔で話し始めたのはびっくりした。その姿は気さくで、天真爛漫という言葉が似合うような、言ってしまえば「普通」の女の子だった。僕は「普通」という言葉が嫌いだ。「普通」という言葉は人と人とを断絶する。そこには大げさに言えば選民思想というか、グループ分け、いや、仲間外れの匂いさえ感じ取ってしまう。でもそんな僕が「普通」という言葉を使うしかないくらい、彼女はとても自然に笑っていた。

でもステージに立った彼女は別だった。薄暗いスポットライトの下、アコースティックギターをつま弾く。一音一音にしっかり思いが込められたその音は、鳴り響けば鳴り響くほど、その場を静かにさせた。静寂をステージにもたらした。そしてその静寂の中で響く彼女の声。余計なものをすべて省いた、純粋と言う名の大切な何かをそっと拾い上げたような、美しい声。その美しい歌声がつま弾くストーリーは、淡いようでいて、とても突かれたくない一点を真っ直ぐ射抜くような鋭さを持っていた。それはあまりに鋭すぎて、痛みを感じない完璧な刃物のようだった。観客はみな血を流し、その場に立ちすくむのだった。

彼女の歌を聴いた帰り道は、いつも決まって満月だった。いつも肌寒くて、誰かの温もりが必要に感じた。そんな時に帰って一人の部屋で寝るのはとても辛かった。でも翌日は、体の中にあった不純物が綺麗に洗い流されたように、少しだけ身軽になって新しい朝がやってきた。彼女が射抜いた場所には何があったのだろうか?あの流された赤い血には何があったのだろうか?それが何なのか、いつも気づかないまま、僕は日常に帰っていく。そう、「普通」の日々に。

いつも通る公園のブランコが、風もないのに、少しだけ揺れていた。少し哀しげな音を出しながら。少しだけ泣いているように。でもとても穏やかで暖かい朝がそこにはあった。僕は誰にともなく「行ってきます」と呟いた。

2017-02-23

幸福を科学する


昔、バイト先で幸福の科学に誘われたことがあります。もう25年前の話。

その時のアルバイトは、車で2人きりになることも多くて。そこに、とても大らかで優しい先輩がいました。

その人はオカルトの話が好きで、僕も昔は「ムー」とか読んでたようなオカルト好き。なので心霊の話をしたり、いつも盛り上がってました。するとある日、江川君はもっとそういう話を勉強したくない?と言われて。最初は「は?」と思ったのですが、話を聞いていくと宗教の話で。元々僕は母親に「死んだら土になるだけ!」と言われて育ってるくらいの無神論者で、まあ言わば日本の伝統的な緩やかな宗教観で育ってきています。なので、そんな本気なのはちょっと無理。僕はもっと下世話でテキトーなのが好きなんです、と逃げたのでした。まあそれほど深追いはされなかったし、そんなに恐怖感とか違和感はなかったかな。まだオウムの騒動の前ですから、新興宗教に対する警戒感もなかった。

それがいつの間にやらあんなに大きい組織になり。そして守護霊インタビューときた。それはさすがに違和感と疑念しかないよなあ。なんでもありのワイルドカードをかざしてどうだ!って言われても。

別に自分だけの神様を信じててもいいと思います。でも他の神様を否定したり、信じていない人をかわいそうだの、救わなきゃ!ってのはやめてほしいかな。あなたの幸せと僕の幸せは違うから。

幸せって自分の中にしかないものだと思ってます。自分に満足をすれば幸せな気持ちにはなれる。でも満足すると向上する心も薄れるから、人は地盤沈下していく。この満足感と向上心の中間のどこか、その良い塩梅を、自分なりの感覚を見つけることが幸せなんだろうなぁーと僕は思っています。これも僕の感覚だから押し付けませんよ。

僕なりの幸福の科学はそういうと。少なくとも守護霊にインタビューしてもわからないものだと思います。

エガワヒロシライブ情報

<ソロ>

3月6日(月)喫茶スマイル

出演:金杉裕介 (無人島レコード)/エガワヒロシ/The VOUT

19:00オープン 19:30スタート

2017年4月9日(日)

しみりえpresents「ウタノエン」

出演:イナダミホ/エガワヒロシ/シミズリエ

12:00開場/12:30開演

前売2000円/当日2500円

(ドリンク付きランチセット1400円別

(お昼のイベントになります。エガワヒロシの出番は13時過ぎになります。)

<PAVEL>

4/19(水)高円寺showboat

出演:アイラブユーベイビーズ/FF0000/PAVEL

and more…

開場 18:30/開演 19:00

前売¥2500/当日¥3000(税込・別途ドリンク代\600)

エガワヒロシチートロたこやき>

2/25(土)3/26(日)4/30(日)

[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方は希望人数とお名前を連絡ください。

2017-02-22

[]小説トレーニング#1


小説を書けるようにトレーニングをたまにしてみることにした。まずはいつもの朝の風景を小説的に書いてみた。


眠い目をこすりながらベッドから起きて、まず音楽をかける。何を聴くか迷う日はいつも良い事がない。今日はブライアンフェリーのデビューアルバムをかけた。すごそこにあったし、朝からあの思わず笑ってしまうくらいにキメキメのダンディズムを感じるのも悪くないかな?と思った。迷うのは縁起が悪い。そして台所に向かい、前の夜にかけておいた食洗機を開け、食器をしまっていく。もうすべてどこにあるのかは頭に入っているので、眠い目をしたバレリーナのように、くるりくるりと食器を片付けていく。食器をしまい終わると、朝食の献立を考える。頭の中で冷蔵庫の中にあるものを洗い出し、種類ごとに並べていく。食パン、ベーコン、しめじ、トマト…。腐ってしまう順に使うのがいつものルール。まずはしめじが一番古いので、卵と合わせてキノコオムレツに。そして食パンとベーコンはチーズと合わせてホットサンド、あとはトマトを置けばバッチリだ。緑色がないと彩りが悪いな…と感じてキウイを切った。オムレツにはケチャップで「おは」の文字。完璧。これが幸せな子供の朝食。子供には幸せを感じさせなければいけない。ゲップが出るくらいの。吐き出したら問題だけれど。

こんな朝を過ごすようになって3年になった。自分の45歳がこんな風景で続いているなんて、ロックスターになるのが夢だった中学生の自分に教えてあげたい。あとは急にデヴィッドボウイが死ぬことも、その同じ年にプリンスとジョージマイケルが死ぬことも教えてあげたい。あとリックウェイクマン。

子供が起きてくるのでチャンネルを教育テレビに合わせる。今はEテレって言うんだっけか。テレがつくのは日テレしか馴染まない。東テレなんて以ての外だ。テレサンターナなら許してあげても良い。黄金の4人に免じて。ファルカンの髪型に免じて。あとテレは何かあったかな…。あ、テレサテン!いや、あれはテレサだから!と脳内で漫才が繰り広げられる。テレテレ…照れ照れぼうずもいたな。なんてことを、はなかっぱを見ながら考える。どうでも良い事が頭を駆け巡るのは小さい頃からの癖だ。こんなこと、大人になってもやってるとは思わなかった。大人ってしょぼい。

朝から元気な7歳児が起きて来た。今日もおきまりのCMソングだ。今は「キュキュット」にハマってるらしい。先週は「ジョイ」だった。将来は洗剤メーカーにでも就職するつもりだろうか?まあライザップで腹踊りされるよりは良い。とにかくご機嫌な朝だ。

そして最後に嫁が起きて来る。朝に弱い嫁だが、遅刻はほぼしない、ギリギリの時間に急に覚醒、神業のスピードのヘアメイクでいつも出て行く。早く起きても覚醒するタイミングは一緒。あのギリギリ癖は一生治らないと思う。

そんな朝が毎日繰り広げられて、我が家の日常は回っている。これを幸せと呼ぶならば、そうなんだと思う。これを退屈と呼ぶならば、それもそうなんだと思う。それを決めるのは自分であって、どっかの評論家でも、近所のおばさんでも、ネットの頭のおかしい誰かでもない。日常はそこにあり、我が家のリビングには日差しが射している。

ブライアンフェリーのアルバムが終わった。次はドノヴァンでも聴くかな。サンシャインスーパーマンが聴きたい。

2017-02-20

[]「腹八分目

土曜日はthe MADRASとナッヂエムオールという大人がロックバンドをやることのロールモデルのような2組の共同イベントへ。

オープニングのthe waterは間に合わず、the MADRASから。今回は橋本さんの昔のバンド、チューインガムウィークエンドの曲も披露したからか、いつものライブよりオルタナ寄りの太いイメージだったかなあ。それでもこのバンドのサウンドには絶対に贅肉が付かない。

ナッヂはいつも通りの脱力具合を見せながら、超高性能な実は入り組んだポップをサラリと聞かせる。このサラリが重要。

大人のロックバンドの素敵なところは腹八分目を自然体で出来ることだ。the MADRASのギターサウンドがわかりやすいけれど、ツインギターでありながら、2人ともシングルコイルのギターを選び、音圧勝負には出ない。二本のギターが1つの音を奏でるような、自然に絡み合い、シンプルで、そして過不足ない音を紡いでいく。

リズム隊もベースのえらちゃんがしっかりボトムを支えながら、ドラムのリコちゃんが全力ではない、絶妙なさじ加減のリズムでグルーヴを操る。ロックというよりロックンロール。ロックしてくれるリズム隊はたくさんいるけれど、ロールさせてくれるリズム隊は希少だ。

そしてその上に乗る橋本さんのメロディーと歌詞の世界も、過剰にロマンティックにも、メランコリックにもならず、底抜けにハッピーにも、死にたくなるようなダウナーにもならない。このバンドにしかない温度を体感させてくれる。微熱が体を包む。

ナッヂはもっとわかりやすい。必要な音を必要なところに、必要な温度で置いていくような、大袈裟なところは何もない音楽。サルーンのリズムは歩くように日常を進み、マコキさんのギターもコードの響きが濁らないように歪む。もちろん不要なシャウトなんか絶対にしない。必要なものを必要なだけ供給する、大人にしか出来ない高性能ポップ。サウンドの肝をいつもサポートメンバーが握ってるところに至っては、なんか有能な経営者みたいな感じだ。まあサルーンは本当に有能な経営者なんですけど。笑

大人のロックバンドが続けていくには、この絶妙な腹八分目具合が肝なのかもしれない。でもそれは若い時のガムシャラな時期があってこそのような気がする。最初からこれを目指しても、絶対に辿り着かないような。

俺もそろそろこの腹八分目を覚えても良い頃だと思うんだけど、いつも満腹を求めてしまう。なかなか大人になれませんな。もう45歳のおっさんなのに。土曜は打ち上げ前に腹減ってラーメンを食い、全力で打ち上げで盛り上がり、夜中に腹が痛くてのたうちまわってた。全てが過剰な俺の毎日。

最後のセッションではまさかのナッヂの名曲「オレンジ電車」を橋本さんが歌い、その後はbabeバージョンの「give me up」、最後は出演者全員でブラックビスケッツの「タイミング」。チューインガムウィークエンドの人がポケビの曲を歌っている!90年代の音楽ファンに見せてやりたい。これは事件だ!

このイベント、まだ続くみたいなんで、次の開催の時は行った方が良いですよ。本当に楽しい空間でした。俺も出たい。ここにこの希望を記しておこう。こっそりと。

■ライブ情報

<ソロ>

3月6日(月)喫茶スマイル

出演:金杉裕介 (無人島レコード)/エガワヒロシ/The VOUT

19:00オープン 19:30スタート

2017年4月9日(日)赤坂グラフティ

しみりえpresents「ウタノエン」

出演:イナダミホ/エガワヒロシ/シミズリエ

12:00開場/12:30開演

前売2000円/当日2500円

(ドリンク付きランチセット1400円別

(お昼のイベントになります。エガワヒロシの出番は13時過ぎになります。)

<PAVEL>

4/19(水)高円寺showboat

出演:アイラブユーベイビーズ/FF0000/PAVEL

and more…

開場 18:30/開演 19:00

前売¥2500/当日¥3000(税込・別途ドリンク代\600)

エガワヒロシチートロたこやき>

2/25(土)3/26(日)4/30(日)

[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方は希望人数とお名前を連絡ください。

[]「Grey Tickles,Black Pressure」/John Grant

f:id:egawahiroshi:20170220073616j:image

とても不思議なアメリカシンガーソングライターアルバム。

この人は一度リタイアした後にまた音楽を作り始め、50近くでブレイクした遅咲きであること、そして何よりゲイであることが特徴的。このゲイ美学はそこかしこに感じます。

サウンドは本当に雑多で、シンセが多用されているんだけど、どこかシンガーソングライターらしいピアノアコースティックギターもあり、どういうアーティストなのか全く的を絞らせない。

これからはこういうシンガーソングライターが普通なんだろうなぁ。ラップもするし、ダンスミュージックもやるし、静かなピアノバラードもやるし、R&Rもある。昔のアーティストのように一枚ずつアルバムごとに変化していくのではなく、最初から雑多で、真ん中になにがあるのか絞らせない。そうなってくると、散漫になってしまいがちだけど、自分のアイデンティティが明確な人は強い。ゲイのアーティストというのはこれからも優位だってことですな。

2017-02-18

[]豊かな音楽の夜

昨日のライブに来くれたみなさん、どうもありがとうございました!初めての会場の東中野オルトスピーカーはグランドピアノが置かれた素敵なお店でした。これピアノ弾き語りの人は良いんじゃないかなぁ?ドラムもあるし、ミムラスに勧めたい感じのお店。

そして昨日の出演者が良かった。『カッコいいおとなのおんがく』主催の片貝君は真正の音楽マニアなので、いつも良い音楽家が集まる時にブッキングしてくれます。しかしこれがビビるくらいのラインナップで。

トップバッターの荻野里枝子さんは、ピアノ弾き語りなんだけど、ゴスペル的なパワフルなボーカルで、ガツンと歌声を叩き付ける。会場が振動するのがわかるくらいのパワフルさ。モノトーンな世界を突き進む。

そしてもう一人のピアノマン、イシヅヤシン君がまたすごかった。シアトリカルで演劇的な要素もありながら、物語な歌詞の世界を十二分に表現。しかも歌もピアノもめちゃくちゃ上手い!あれだけ弾きこなさたら楽しいだろうなぁ。ものすごい音楽的で、ものすごいカラフルな音楽。もう脱帽。

そして岐阜からやってきた福岡大牟田の男、鶴瑞輝君は独特の世界。清志郎さんの遺伝子を受け継ぐ、天然なロックンロールソウルメン。エレキの弾き語りで、まさに自由に軽やかにあちらこちらに飛び回る。あぁ、この人は音楽に愛されている人だなぁーって思ったなぁ。話してると共通の知人が多数。テイントンや福岡の会長とも繋がってて。良い出会いでした。

自分の出番前、もうとにかくみんなが凄いので、これはどうやって対抗したら良いんだ?と思ってました。正直唖然として。でもまあ必死にやりましたよ。技術ではまったく太刀打ち出来ないんだから、ハートで勝負するしかない。とにかく貫いて。でも、そこでやりきった後、共演者のみんなや、聴きに来てくれたみんなの感想を聞くと自分の強みが浮かび上がってきました。それはやっぱりメロディーと歌詞。

やっぱり作詞作曲家の作る曲は違う!とイシヅヤ君に言われたり、歌詞とメロディーが残るのが強みだよね、と他の人にも言われたりで、結局曲そのものが自分の強み。それを再確認。あとはそれを表現する自分を鍛え上げるしかない。課題も身に染みてわかりました。

今年はたくさんステージに立ちたいな。色んな会場で、しっかり経験を積んで、たくさんの勝負をしたい。やるべきことがどんどん明確になてきました。

次のライブが3/6(月)渋谷の喫茶スマイルです。こちらもお気軽に遊びに来てください!

エガワヒロシライブ情報

<ソロ>

3月6日(月)喫茶スマイル

出演:金杉裕介 (無人島レコード)/エガワヒロシ/The VOUT

19:00オープン 19:30スタート

2017年4月9日(日)

しみりえpresents「ウタノエン」

出演:イナダミホ/エガワヒロシ/シミズリエ

12:00開場/12:30開演

前売2000円/当日2500円

(ドリンク付きランチセット1400円別

(お昼のイベントになります。エガワヒロシの出番は13時過ぎになります。)

<PAVEL>

4/19(水)高円寺showboat

詳細未定

エガワヒロシチートロたこやき>

2/25(土)3/26(日)4/30(日)

[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方は希望人数とお名前を連絡ください。