エガワヒロシのブログ

2016-09-30

[]「素材で勝負」

昨日は喫茶スマイルにてライブでした!見に来てくれたみなさんどうもありがとう!

昨日はおじさん3人と若い女の子一人というなんとも言えない出演者。これを取り合わせた片貝君はやっぱりちょっと変態だと思う(苦笑)

ライブはその主催の片貝君からスタート。本当にこの人は良いメロディーを書くと改めて認識。片貝君の曲は昭和の歌謡曲の流れを汲んでいるので、雑多な要素が複雑に絡んでいて、コードも多彩に展開する。するとだいたいが蛇足なメロディーが増えるんだけど、この人のメロディーには無駄がない。そしてブラジルフランス音楽のエッセンスがありながら、おしゃれに溺れることなく、きっちりポップスに着地。ガレージボッサって言われたことがあるって言ってたけど、それは言い得て妙だわ。しかもそれが狙ってないのが良い。天然ガレージボッサ。

そして次は初めましての加賀屋みきさん。可愛らしい女性ポップスを想像していたらガツンと衝撃。ダークでプログレッシブな世界。でもこういうのってドロッと日本的な怨念系になりがちなんだけど、この人はなんというか洋楽的なダークさでドロドロしてない。感じたのは今の若い世代は、レディオヘッドが最初からそこにいる世代なんだんぁーってこと。あのプログレッシブ感とダーク感を自然に消化してる。しっかり美学があって。これは意思の音楽だと思う。

そして林邦洋君はベテランの味もありながら、何も変わらないピュアさがある。文学性って言葉がとても似合ってて、生真面目で、とても日本的な世界。弾き語りだと特にフォーク感が際立つので余計そう感じるのかな。でもアルバムで聴けるようなオルタナティブロックンロールを内包してるので、大人しくはない。これもまさに林君をそのまま音にしたような音楽。

最後はエガワヒロシ。僕はなんですかね?なんかよくわかんないけど、自分は他の人と比べると、外に向かっているんだなぁーとは最近感じます。昨日は新しい曲とおなじみの曲をブレンド。でも変わらないものがある。内省的な曲でも最終的には外に向かう。きっとそれが僕の色なんだと思う。セットリストはこちら。

1.小さな時間

2.BABY BLUE

3.虹とアジサイ

4.君のいない部屋

5.スミチェル

6.LOVE

いやしかし、昨日で面白いのはおじさん3人は素材で音楽をやっていること。その人そのものの音楽をやってる。でも一番若い加賀屋みきちゃんは、もっと美学があるというか。本人のステージを降りた感じ、MCの感じとは違う何かがある。ちゃんと自己プロデュースが出来てる気がする。普通若い人は素材で勝負し、大人になると自己プロデュース能力が上がるものですけどね。頼りないおじさんたちってことか(苦笑)もしくは成長していないのか(苦笑)

でも昨日は本当に楽しかった。どの出演者も尊敬できる素晴らしい音楽。音楽的な良い夜だった。うん。

<ソロ>

10/13(木)高円寺HIGH

[木犀のころ]

出演:エガワヒロシ/野呂圭都/イケダツカサ/サイジョウカズヤ(cigarette in your bed)/タチバナアキホ(niente.)

FOOD:ねこのて食堂

<PAVEL>

11/24(木)高円寺HIGH

[we are the beautiful!]

出演:筒井朋哉(ex,Electric Glass Baloon)/Pavel/Earls Court/si,irene

DJ:ume-rock(Sunday Monday)

FOOD:神田 お茶の水 三月の水

PAVELの出番は19:40です!

エガワヒロシチートロたこやき>

10/29(土)11/23(水祝)

[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方は希望人数とお名前を連絡ください。

2016-09-29

[]「お客様は神様です

さてさて渋谷の喫茶スマイルにてのライブ当日です。

普段から音楽を作っている僕ですが、音楽と言うのは自分で作って自分で聴いてる分にはまだ完成とは言えません。誰かが聴いてくれて、その人に届いてこそ完成するものです。なので僕が普段作っているコンペを目指した曲作りは、反応がないことがほとんどなので、本当の意味では音楽を作っていないようなものかもしれない。僕の感覚では修行的な感覚。まあだからこそ自分の作品を作らなきゃいけないんですが、なかなか時間がかかりますからね・・・。まあそれは言い訳ですが。

だからこそライブは大きな意味を持ちます。僕の曲がしっかり完成しているのかを確かめる場所で。歌って、聞いている人がどんな表情をしてるのか、その場を包む大きさがあるのか、メロディーや言葉に綻びがないのか。いろんなことがその場でわかります。そしてその聴いている人を見て、僕らは力を得ます。次の曲を作る力。次のライブに向かう力。それが何もなかったらきっと続けられないんじゃないかなぁ?みんなが思っている以上に聴き手って大事。

それは共演者に関してもそうで。同じ音楽を作る者が、どんな風に反応するのかは気になります。特に自分が認める人が自分の曲をどう評価するのか。ドキドキするけど、とても楽しみな瞬間。ライブが終わって、話をしてるミュージシャン同士の表情に注目してみると良いかもしれません。微妙な顔してる人が見られるかも(苦笑)

さて、今日はスマイルの場所の雰囲気もあるので、親密なライブをやりたいなと思ってます。圧倒するというよりも、そっと耳をすませたくなるような。そんなライブ。終わって気楽に話しながら飲めたらなぁと思ってます。ご意見お願いします。

さあギターの弦を代えて、用意しますかね。

9/29(木)喫茶SMiLE×片貝篤史企画

「わるいおとなのわるだくみ」

開場19:00/開演19:30 ¥1500+1D

出演:エガワヒロシ/林邦洋/加賀屋みき/片貝篤史

2016-09-28

出会い系


いよいよ弾き語りのライブが明日になりました。喫茶スマイルに初登場。最初にあそこに行ったのはホンダレディマルちゃん弾き語りを見に行った時だったか。その時からイメージが良いのです。

今回は加賀屋さんは初めましてですが、後は旧知の人達。林君との出会いは何度も話してますが、15年くらい前、デビュー後のキャンペーンで訪れてたFM福岡。急に「江川さんですか?」と話しかけられ、「あのーずっと気になってました!」という高校生の告白のような自己紹介をされたのが最初でした。その時貰った林君のアルバム「序」が名盤過ぎて、それから連絡を取り合うようになりました。

主催の片貝君はもっと特殊。10年くらい前、僕がサラリーマンをやってた時に、ウチの職場に派遣でやって来たのが片貝君(笑)話をしてたら音楽の趣味が合って、しかも彼は雑誌とかで僕のことを知っていたらしく。それで片貝君の曲を聴かしてもらったら、これが僕の好きな昭和歌謡感があって。その曲をとても気に入ってからの付き合い。ずっと歌詞を書かせてくれって言ってるのに書かせてくれないんですがね。

そんな出会いの人達のライブ。名付けて出会い系ライブ。いかがわしさ満載ですな(苦笑)まあ大人が揃ってやることなんて、だいたいいかがわしいもんです。

あ、ちなみに加賀屋さんとの繋がりも無理矢理探すと、僕のバンドpavelのドラマー、ミッキーがやってるバンド、ブロークンTVのリカチャンネルこと、四丁目のアンナのりかちゃんは加賀屋さんの学校の後輩だそうです。よろしく伝えます。なんの繋がりだよ。笑

■ライブ情報

<ソロ>

9/29(木)喫茶SMiLE×片貝篤史企画

「わるいおとなのわるだくみ」

開場19:00/開演19:30 ¥1500+1D

出演:エガワヒロシ/林邦洋/加賀屋みき/片貝篤史

エガワヒロシの出番はラストです。

10/13(木)高円寺HIGH

[木犀のころ]

出演:エガワヒロシ/野呂圭都/イケダツカサ/サイジョウカズヤ(cigarette in your bed)/タチバナアキホ(niente.)

FOOD:ねこのて食堂

<PAVEL>

11/24(木)高円寺HIGH

[we are the beautiful!]

出演:筒井朋哉(ex,Electric Glass Baloon)/Pavel/Earls Court/si,irene

DJ:ume-rock(Sunday Monday)

FOOD:神田 お茶の水 三月の水

PAVELの出番は19:40です!

エガワヒロシチートロたこやき>

10/29(土)11/23(水祝)

[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方は希望人数とお名前を連絡ください。

2016-09-26

[]「根無し草の歌」

この間、みんなでダラダラ音楽の話してる時、エガワさんは1人のイメージが強いと言われました。まあずっとシンガーソングライターとしてやってきてるので、一人で歌ってるイメージが強いんでしょうね。確かに音楽も、それ以外も1人でいるイメージは常に持っています。

別に友達がいないとかそういうことはないんだけど(高校時代はいなかったけど…)、昔からあるグループに属してても、そこにどっぷりはまらない傾向はありました。誰とでも笑って過ごすけれど、この世界の人だよね、って誰からも思われない。常に外様で、でも除け者にはされない感じ。飲みには行くけど旅行には行かない感じ。この微妙な感じわかってもらえるかなあ?それって実にシンガーソングライターだなあーと思うんです。

バンドマンは違う。あれはギャングみたいなもので、一蓮托生の塊になっているバンドほど、何か琴線に触れる音を奏でる。幼馴染のバンドの美しさとか、凄い特別だと思う。魂の兄弟というのか、とにかく肩寄せ合って音楽を作る感じ。まあ臭い言い方すると絆が見える。

シンガーソングライターは根無し草。どこにも属さず、どこにも繋がらず、どこに行っても違和感がある。だからこそ、音楽で自分の箱庭を作る。それが大きい人と小さい人はいるけれど、結局は箱庭の世界。だからこそ箱庭に入って来る人は個人的に繋がったような気持ちになる。もちろん演ってる側もそんな気分でいる。

木曜日のライブはそっち側の人達が集まってやるライブです。そんな音楽を大人になっても続けてるのは、何か欠陥があるとしか思えないけれど(苦笑)やめられないんだからしょうがない。シンガーソングライターとはその人にしか出せない音を出す人達。その人自身を試される音楽。お前は誰だ?と常に問うて、自分の音、自分の言葉を探してる。いつだってゲシュタルト崩壊寸前の人達。そんな人の歌をゆっくり聴く秋の夜長って、なんかちょっとしたホラーみたいで良くないですかね?なんか違いますかね?

今回のメンツは個人的に楽しみなんです。

■ライブ情報

<ソロ>

9/29(木)喫茶SMiLE×片貝篤史企画

「わるいおとなのわるだくみ」

開場19:00/開演19:30 ¥1500+1D

出演:エガワヒロシ/林邦洋/加賀屋みき/片貝篤史

エガワヒロシの出番はラストです。

10/13(木)高円寺HIGH

[木犀のころ]

出演:エガワヒロシ/野呂圭都/イケダツカサ/サイジョウカズヤ(cigarette in your be

d)/タチバナアキホ(niente.)

FOOD:ねこのて食堂

<PAVEL>

11/24(木)高円寺HIGH

[we are the beautiful!]

出演:筒井朋哉(ex,Electric Glass Baloon)/Pavel/Earls Court/si,irene

DJ:ume-rock(Sunday Monday)

FOOD:神田 お茶の水 三月の水

PAVELの出番は19:40です!

エガワヒロシチートロたこやき>

9/25(日)10/29(土)11/23(水祝)

[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方はegawahiroshi@nifty.comまで希望人数とお名前を連絡ください。

[]「Sly Mongoose」/Sly Mongoose

f:id:egawahiroshi:20160926224150j:image

ごった煮インストバンドスライマングースの1枚目。彼らのサードアルバムで頭をガツン!とやられて以来、とても大好きなバンドなんだけど、この1枚目をなぜか聞いてなくて。ふと聴いてみたらこれが大当たり。いやあもっと早く聞いておかなきゃいけなかった。

エスノ感覚が濃厚なファンクを中心にしながら、ブルーズレゲエ、スカ、ロックンロールを縦横無尽。腰に来るグルーヴと、アガルことにのみ注力したようなリズム。そして少しのニヒルな感覚。この1枚目は僕が聴いた3枚目よりもブルーズとロックの感触が強い気がします。最高にかっこよい!

そしてこれを書くためにバックグラウンドを見ていたら、ベースの人が元FUSE!!たまげた!あのアイドル感のあるビートバンドの人がこの音楽をやってるんだ!いやあ音楽の才能ってどこで花開くかわかんないねえ。さらにこのバンドが好きになりました。ライブ見たいなぁ。どんな感じなんだろう?

2016-09-24

[]「魔法を信じ続けるかい?」

昨日は結婚記念日だったのに、たおと大喧嘩。仲直りしたままたおと寝てしまった。もう夫婦二人の結婚記念日ではないことを実感。この時期は毎年旅行してたけど、たおが小学生になったら難しいもんなぁ。

しかしながら、毎年結婚記念日は嫁に感謝する日。まあできた嫁ですからね。俺の幸運はこの嫁をもらったことですべて終わってるんじゃないか?と疑うくらい。これ以上と言うのが想像できない。人の嫁を羨ましいと思ったことがない。それって凄いことだなぁーっていつも思います。

いや良く思うんだけど、嫁が俺みたいなのを好きになったのって、魔法なのか催眠術なのか、よくわかんないけれど、誰かが何かかけてたんじゃないのか?って思うんです。本当にめちゃくちゃ強力な魔法使いでもいるんじゃないか?ってくらい好かれてたし、その理由が見当たらなかった。イケメンでも売れてもなく、ただぼんやりしてた男。そんな売れないミュージシャンに訪れた奇跡。おとぎ話。もう都市伝説となってもおかしくないくらいの話。

そしてその魔法はいつか切れるんじゃないか?と思ってましたが、これがうまい具合に薄くはなってる気はするけど、今も続いてます。魔法が切れた分の愛情はすべて娘に行っているので、家族愛としてはさらに強固になった気がする。着地点は仲の良い家族。まるで王道のホームドラマみたいなストーリー。

僕が音楽を続けていけてる理由は、嫁の存在がほとんど、あとは自分の才能と情熱がちょっとだと思ってます。そんな僕の才能と情熱を認めてくれているのが嫁。あとは嫁の両親かな。そんな幸運に答えるために、僕はもっともっと良い音楽を作り、たくさんの人に聞いてもらわなきゃいけないのです。僕に訪れた幸運に、魔法使いに感謝を込めて。魔法を信じ続けて。

そんな奇跡のシンガーソングライターのライブはこちら。

■ライブ情報

<ソロ>

9/29(木)喫茶SMiLE×片貝篤史企画

「わるいおとなのわるだくみ」

開場19:00/開演19:30 ¥1500+1D

出演:エガワヒロシ/林邦洋/加賀屋みき/片貝篤史

エガワヒロシの出番はラストです。

10/13(木)高円寺HIGH

[木犀のころ]

出演:エガワヒロシ/野呂圭都/イケダツカサ/サイジョウカズヤ(cigarette in your be

d)/タチバナアキホ(niente.)

FOOD:ねこのて食堂

<PAVEL>

11/24(木)高円寺HIGH

[we are the beautiful!]

出演:筒井朋哉(ex,Electric Glass Baloon)/Pavel/Earls Court/si,irene

DJ:ume-rock(Sunday Monday)

FOOD:神田 お茶の水 三月の水

PAVELの出番は19:40です!

エガワヒロシチートロたこやき>

9/22(木祝)高円寺HIGH&高円寺ampcafe

「幡ケ谷UNITED FC presents Party on Thursday」

14:30からやってる長丁場イベント!フードも充実!

9/25(日)10/29(土)11/23(水祝)

[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方は希望人数とお名前を連絡ください。