エガワヒロシのブログ

2016-08-28

[]「阿波踊りを知った日」

昨日は阿波踊りの演舞を見てきました。所謂練り歩く踊りではなく、舞台の上で、起承転結のある、魅せるための阿波踊り。初体験だったんだけど、これは凄いね。尖ってて、でも普遍的で、なんというか、もっと根源的なところに火をつけてくれる。たまらんものがありました。

そして、連(チームみたいなものですかね)ごとにまったく違うのにもびっくりした。僕が見に行った東京新のんき連はとにかく硬派。緊張感がしっかりあって、リズムがピシッとしてて、なんというかハードコアな。バンドで言えばヘルメット的な硬質な感じがして、本当にかっこよかった。かと思えば、基本緩めで、和気あいあいしてて、グラスゴー辺りのギターポップ感があるところもあるし、老舗の味で、緩くても何か大きな乗りのストーンズ感のところもあった、あとはもっと構成に凝ってて、ブリティッシュポップなところもあり。まあなんでも音楽に当てはめるのもなんだとは思いますが(苦笑)本当に色んな色があって面白かった。

高円寺では今日も祭。阿波踊りが練り歩いてます。もしお時間があれば色んな連の踊りを見ながら楽しむのも良いかと思います。そしてちょっと疲れたら、高円寺HIGH&高円寺ampcafeへ来てください。僕がたこ焼きを焼いてますので。あと江川家のポテトサラダも仕込みました!お楽しみに。あ、ちなみにライブ&DJイベントですからね。

8/28(日)高円寺HIGH&高円寺ampcafe

[TOTAL FEEDBACK]

出演:edy two arc(札幌)/plant cell/電影少年/Cuicks/*1/Fun House

[Sunday Monday]@amp cafe *同時開催往来自由

DJ:ume-rock/安蒜リコ(the MADRAS)/lily(オールドタイマー)

LIVE:the MADRAS(acoustic set)/17歳とベルリンの壁

FOOD:ねこのて食堂/末期食堂/エガワヒロシチートたこ焼き/神田お茶の水 三月の水

OPEN/START

16:00/16:30

ADV/DOOR

¥2,000/¥2,500

■ライブ情報

<PAVEL>

9/16(金)高円寺HIGH

[we are the beautiful!]

出演:Pavel/POP CHOCOLAT/plant cell/四丁目のアンナ

DJ:ume-rock

FOOD:ねこのて食堂

<ソロ>

10/13(木)高円寺HIGH

[木犀のころ]

出演:エガワヒロシ/野呂圭都/イケダツカサ/サイジョウカズヤ(cigarette in your bed)/

タチバナアキホ(niente.)

FOOD:ねこのて食堂

エガワヒロシチートロたこやき>

8/28(日)[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方はegawahiroshi@nifty.comまで希望人数とお名前を連絡ください。

[]「A Moon Shaped Pool」/Radio Head

f:id:egawahiroshi:20160828114657j:image

世界で一番重要なバンドの看板をずーっと背負い続けているレディオヘッドの新作。

今回は実にジョニーの色が出た作品。ジョニーのサウンドトラック仕事の影響が凄く大きいと思う。なのでオーケストラ感は強め。

僕はレディオヘッドが持つ緊張感のある前衛性と、元々持っているどうしても沁みだしてしまう抒情性が好きなんですが、このバランスはとても難しい。でもこのアルバムはそれが良い塩梅になってるなぁーと感じます。どうしても前衛に流れたがる、常に音楽を前進させたい、アーティスティックな集団なわけですが、どちらの面もレディオヘッドには必要なもの。だからこそリスペクトを集めてるわけだしね。今回はオーケストラという音階やコード側のものに意識が強くなることによって、抒情性も確保された気がします。リズムよりもそっちのアルバムと言っていいかな。

まだ新しい扉を開いてるなぁーと感じさせるのはさすが。現役最高のロックバンドの座は譲らず。さすが横綱。トムの髪も増えたしもう完璧だな。

*1:the submariners

2016-08-23

[]「オリンピック

ああ、オリンピックが終わってしまった。

僕はサッカー以外は熱心にスポーツを見るタイプではないです。でも今回はちょうど長野帰省が重なりまして。嫁の両親は二人とも体育教師なんで、スポーツは専門家。もちろんオリンピックはすべての競技を熱心に見ます。その影響か嫁も実にスポーツ好き。テニスを見にニューヨークへ、スケートを見にパリへ行くほど。そんな環境で迎えたオリンピックで、しかも今回は日本の躍進が続出!色んな競技の本質を聞きながら、日本選手の活躍に一喜一憂。そりゃあ僕みたいな奴の心も奪うわけです。

いやしかし色々感動して、ボロボロ涙を流したけれど、リレーが一番びっくりしたね。決勝進出選手が一人もいない日本が銀メダルって信じられない。実に日本っぽい。責任感の強さが悪く出る場合もあるけれど、やっぱり人のために何かをやり遂げるのは日本の素晴らしいところだと思う。僕は日本礼賛したがるタイプではないですが、あまり日本人を卑下しすぎる感じも好きではないので、日本人良いな!と素直に思えた良い機会でした。

こんな家に育ったので、たおも実にオリンピック好きです。毎日オリンピック見たい!と言ってます。閉会式も録画指令が出ました。次回の日本のオリンピック、色々思うところはあるけれど、来るんなら楽しみたいし、いろんな国の人と交流したいな。嫁は仕事休む気満々です。

心と体を鍛え上げたアスリートの戦いは、暗い部屋にこもって音楽を作ってるような人にも光を照らす。憧れでもなく、親近感でもなく、ただそこに凄いものがある。スポーツってすげえな。

■ライブ情報

<PAVEL>

9/16(金)高円寺HIGH

[we are the beautiful!]

出演:Pavel/POP CHOCOLAT/plant cell/四丁目のアンナ

DJ:ume-rock

FOOD:ねこのて食堂

<ソロ>

10/13(木)高円寺HIGH

[木犀のころ]

出演:エガワヒロシ/野呂圭都/イケダツカサ/サイジョウカズヤ(cigarette in your bed)/

タチバナアキホ(niente.)

FOOD:ねこのて食堂

エガワヒロシチートロたこやき>

8/28(日)[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方はegawahiroshi@nifty.comまで希望人数とお名前を連絡ください。

[]「Kablammo!」/ASH

f:id:egawahiroshi:20160823083620j:image

アッシュって不思議なバンドだなぁーって思うんです。音楽的には突飛なことはしてない、オーソドックスなロックだし、カリスマ性があるとは思えないし、歌がとてつもなく凄いトムヨークみたいな感じもない。楽器も確かな腕はあるけれど、ジョンフルシアンテの才気あふれるみたいなのは皆無。でもみんなからリスペクトされてて、しっかりと地に足の着いた活動を続けてる。本当に幸せなバンド。

結局良いメロディーを書いて、それをパワフルなロックサウンドに乗せて届ける。これだけをしっかりやってるんだよね。聞いたらなんだかなぁーと思うけれど、これがとても難しい。これだけセンチメンタルなメロディーでありながら、あのパワフルで、いつまでもキッズなサウンドを保るのは尋常じゃないエネルギーがいるんだと思う。大人になってしまうバンドが多い中で、キッズな部分を絶対に手放さないのもとても清々しい。

まあでもメロディーだよね。ティムは異常にメロが書ける。それが一番の生き残ってる理由だと思う。メロは正義。音楽はメロディーだと思う。極論の暴論かもしれないけどさ。メロが書けるやつが王様なんだよ。王様。俺はそう思ってる。

2016-08-20

マジック

たおがカラオケバトルにはまってます。まあ色々思うところはあるので、一緒に見ながらも、これは機械が判定しているから、本当に心に残る歌がどうかは別だよと教えてます。

昨日も録画しておいたものを見てましたが、明らかに良い歌の方が負けたりする。基本ウィスパー気味の人は不利だし、無理にビブラートかけてたり、音を置きに行ってる人も目立つ。まあそうは言ってもある程度の実力は皆さんあるわけですが。絶対女王の人はやっぱり上手いし。

でも、音楽が上手くないとダメだとは思って欲しくないなぁーと思ってる。いや上手い方が良いし、上手くなる努力は忘れちゃだめなんだけど、音楽はそういうものじゃなく、計算通りにいかない、わけのわからんものであって欲しいと思ってる。上手い人が集まって、凄いものが出来ました、ってのも勿論素晴らしいんだけど、ガラクタみたいなものを集めて、何故か凄いものが出来た、なんか感動するくらい美しいものが出来ちゃった、そんなのがたまらなく好き。なんというか、そう、マジックが欲しい。説明の出来ないマジック。相乗効果とか、化学反応とかではない、もっとわけのわからないもの。ふっと急に目の前に凄いものが現れて欲しい。何も説明できない、全くのブラックボックスであって欲しい。残酷なくらい不条理なものであって欲しい。

ベックの初めてアートに触れた話が好きです。おじいちゃんが、ゴミみたいなガラクタから、かっこいいおもちゃをつくってくれたのが、自分のアートの原点って言ってて。自分が作りたかった世界に近いなあーって凄くワクワクしたのを覚えてる。一つ一つはボロくて、バランスも取れてないけど、なんか輝くもの。そんなものに私はなりたい(by宮沢賢治

でもそれってプロじゃないよな…っていつも思う。だって不確定なんだもの。スケジュールが読めない。完成も見えない。これはきっと宅録のメンタリティー。暗い部屋に篭ってる奴のメンタリティー。僕の居場所は結局そこから一歩も動いてない。でもここから大ヒットを出したい。まだ狙ってる。宅録の暗い奴が国民的ヒット曲を書く。そんなものに私はなりたい(by宮沢賢治 二回目)しつこくてすいません。諦めも悪くてすいません。もう少しだと思ってるんだけど。

たおがこの間カラオケで95点を出した。曲は「翼をください」だった。渋い。さすがしめ鯖を食べる一年生。いやしかし、たおは本当に音楽やるんだろうか?どんな音楽作るんだろうか?ポールウェラーの息子を見ると不安になります。どっちかといえば、ショーンレノンであって欲しい。またはルーファスウェインライトになって欲しい。お父さんのラウドンウェインライトIII世より凄い子供。贅沢なこと言ってますがね。

これから嫁の友達の娘のチアダンスです。たおのお姉さん的な存在。

2016-08-19

不安千本ノック


サマソニ2日目の1日券買って、ホステスオールナイター見てレディオヘッドかなぁーと思っていたら売り切れていた鈍臭い俺です。お前はノロマなカメだな!(by風間杜夫

たおのプール不安がまた炸裂しています。昨日もプールだったんですが、やっと潜ってプールの底に座れるようになった!と喜んでいたし、プール楽しかった!の声も昨日は聞けたので、今日のプールは大丈夫かと思っていたんですが…。不意打ち過ぎて疲労感倍増。

今朝も学童に送っていくと、学童が近づくたびに不安が増し、「プール大丈夫?」の連発。着いた頃には涙が溢れ出し、先生に引き渡す頃には大号泣。勿論素直に離れるわけありません。ずっと「抱っこ!」と叫び続け、行こうとするとしがみついて離れない。最後は走って逃げるように別れました…。

いや小学生でこうなるのは珍しいのか、保育園ではひきはがしてくれてた先生達も、学童では様子見です。そりゃそうだ、小学生だもの。なので怒ったり、なだめすかしたり、まあ持てる方法論を総動員。笑わせたりもしたけどまったく無駄だった。走って逃げるように別れる時の無力感たるや…。

自分の得意ではないことに挑戦させる難しさを感じてます。本当にビビりで、プライドが高くて、負けず嫌い。どこかで好転してくれたらいいんだけど…。

来週はサマーランドに行って楽しい水遊びをさせる予定。ちなみに今朝その話をしていて、嫁が「水着入るかなあ?」とこぼす。するとまたたおは「楽しいプール行けないの?」と不安の虫。なので「水着はグイーンと伸びるから大丈夫!」と顔を引っ張って見せてあげると、今度は「水着さんかわいそう!」と泣き出すたお…。何でも不安に繋がるんか…。はぁ。

プール終了は9月2日。あと二週間の我慢です…。

2016-08-12

オリンピックから日本サッカーの未来を見る


オリンピックサッカー、敗退決定。結局ナイジェリア戦での無駄な得点、コロンビア戦での勝ち切る力の無さが、この結果に繋がったわけですな。まあでも良いサッカーをしてたのは間違いない。

日本が良いサッカー、良い結果を出す時は、「前から守備」「速攻」が必ずキーワードに入ってる気がします。ロンドンの時もそうだし、2010年は言わずもがな。これで日本サッカー方向性は決まったんじゃないですかね?それはオシムが見てたサッカー。速攻主体のパスサッカーというべきか。岡ちゃんオシムサッカーを継げなかった、と思われがちだけど、実は上手く繋いでいたのかもしれない。そしてザッケローニサッカーが回り道しながら今の道を教えてくれた気がします。パスサッカーなんだけど、その使い所が違かったというか。後ろから繋いで遅攻が主体になるのは違うということ。

そしてハリルホジッチサッカーはこの流れにピタリとはまる。さらに手倉森さんが示した、交換可能な全員サッカー。誰もアンタッチャブルでは無く、運動量の確保の為に、スタメンもどんどん変える。日本のように器用な選手が多いチームなら、それも可能な気がします。あとはセンターバックにスペシャルな選手が育ってくれば。

いやしかし今回のオーバーエイジだけは考えた方が良かったね。交換可能な全員サッカーをする場合、そのサッカーに慣れた若手の方が良かったのは間違いない。興梠は別にして、塩谷と藤春はチーム力をアップさせたとは思えない。岩波と亀川で問題無かったし、サイドバックはまだまだいたよね。使うポイントが違った気がします。中途半端にオーバーエイジにも経験積ませる為の人選が入っていたような。協会の意向なのかな?

オリンピックの監督はずっと手倉森さんで良い気がします。あの人身掌握術はこの年代にはぴったりだと思うなあ。そしてユース年代はFC今治の吉武監督が技術主体サッカーを教える。これでペケルマン級の育成が行けるんじゃないかと。アルゼンチンに迫れるのではないかと。そんな夢想をしています。

日本の流れは悪くない。これで後はセンターバックが出てきた時は勝ち上がり、いない時は負ける。そんな繰り返しの未来が見えます。なので植田、岩波、あとは昌子が育ってくれたら…。うちの遠藤でもいいんですけど。未来はセンターバックにかかっている。