エガワヒロシのブログ

2016-12-11

[]「さようなら」

今年はなんて年なんだろう。デヴィッドボウイやプリンスが亡くなるだけでも滅入るばかりなのに、僕がビートリッシュなポップミュージックを意識して作り始めた頃に、それを日本のポップミュージックとして着地させた先輩だと思っている、L-Rの黒沢健一さんまで亡くなった。そんな訃報が段々身近に近づく中、ついに僕の音楽仲間も一人、向こう側へ連れ去られてしまった・・・。突然すぎて、とても受け入れられるものじゃなく、実感も湧かなかった。。

昨日は彼のお別れ会だった。そこにはたくさんの人がいて、彼の才能と人懐こい人柄、そして何よりも独特のセンス。そんな愛すべきところを口々に話していた。彼は音楽だけで生きていた。いや音楽以外のこともたくさん盛り込んでいるが、それはどれも音楽に繋がっていた。すべては音で出来ている。そんな人だった。色んな人と話していると、そんな人生は音楽家としてとても幸せだったんじゃないか?と思えるようになっていた。音楽を駆け抜けた人生。ただ、リリースを控え、次の作品を作りながら、その志半ばで亡くなってしまったのは無念でしかない。彼のその作品をみんなが待っていた。彼もそれは無念でしかないと思う。でもシンガーソングライターの作品は他の誰にも完成させられない。

あぁ、まだなんだかわからない。整理がつかない。36歳なんて若すぎる。命のことは自分で決められるものではないのもわかっているけれど、親より先に死んだらだめだよ。音楽作る人なんて、みんな無理して寝る時間削って作ってるのはわかってる。音楽に夢中になるっていうのはそういうこと。でも体の言うことは聴かなきゃいけないんだ。ミュージシャンに健康的に生きろって言ったって、頭に音楽が浮かんだら、無理をしちゃうんだ。でも体の言うことはちゃんと聴かなきゃ。自戒を込めて。周りのミュージシャンにも伝えたい。

僕は才能のある人はちゃんと世に出なきゃいけないと思ってる。彼は世に出るべき人だった。それは間違いない。向こうでジョンレノンの相棒を務めるのは、きっと彼だ。大瀧さんや黒沢さんとも仲良くね。さようなら。

D

[]「Blie&Lonesome」/The Rolling Stones

f:id:egawahiroshi:20161211081933j:image

絶倫ニュースで世間を賑わし、そのタイミングでニューアルバムをリリースする現役バリバリなおじいちゃんロックンロールバンド、ロックンロールの王様、ストーンズはやっぱり凄かった。

回のアルバムはどっぷりブルース。もう好きなことやらせてもらうよ!とばかりの振り切った世界。でも結局ミックが歌うとポップに聞こえるから不思議。ロックンロールというのは、黒人に憧れた白人の男の子が、ブルースの深みを若さで蹴飛ばした音楽なのかもしれない。そしておじいちゃんになっても、結局ブルースを蹴飛ばす凄さ。愛を持ってブルースを蹴飛ばしたのがこのアルバムなのかもしれない。

はずっとストーンズはキースだろ?って思ってたし、今でもキースのソロも方が好きなんだけど、ストーンズを趣味の良い音楽ではなく、偉大な音楽に足らしめているのはミックなのかもしれない。ミックは正しい。ポップは正しい。ストーンズは偉大だ。

2016-12-06

たおと嫁の時間


来週二泊三日の出張になった。たおと二泊離れるのはまだたおが小さい時、嫁が先に実家に帰った時以来だ。あの時は、久しぶり会ったら誰?って顔して、抱っこしたら急に思い出し、その後はべったりになった。その時以外に二泊離れた記憶はない。

でも、たおは大丈夫かな?って不安はない。確かにお父さんべったりで、依存症に近いものはあるが、もう1年生。仕事だということも理解してるし、そんなに泣き叫んだりは流石にないだろう。心配なのは嫁。嫁がたおと2人の生活に耐えられるだろうか?

勿論普段の生活では嫁だってたおの世話をしてるし、お父さんがいない時に2人きりのことはよくある。でもずっと2人きり、真正面からたおを受け止め続ける三日間は初めてだろう。基本子育ての矢面には俺が立ってるので、そこまであの圧力と接することはない。あの怒ることと受け入れることの同時進行の困難さはなかなかなもの。意外に短気な嫁は耐えられるだろうか?

まあ、たおはお母さんと2人だとそんなに我儘言わないらしい。お風呂も1人で入るみたいだし、自分のベッドでも寝てくれるそうだ。案外お父さんがいなければ上手くいくのかもしれない。たおとお母さんには、2人にしかない時間が流れていて、それはまた平和なのかもしれない。

ということはお父さんは火種なんだろうか?たおの我儘を生んでるのはお父さん?おかしいですねぇ…。一生懸命やってるんですけどねえ…。by田中真紀子

いやしかし、朝に弱い嫁が起きられるのかなあ?いつも起こしてるからなあ。それが実は一番心配。朝ご飯作る余裕はあるだろうか?


■ライブ情報

<DJ>

12/17(土)池袋Nonsuch

「Nonsuch Weekend DJ event「PINK THING Vol.8」

20:00-26:00

http://beerpub-nonsuch.com/

<ソロ>

12/18(日)なみカフェ

クリエイターズクリスマス会」

http://namicafe.net/

18:00〜21:00 -LIVE-

会費:¥1,500(ミム手作りケーキ、1ドリンク、オードブルまでついてこのお値段!)

・おやつ、差し入れ持ち込みOK

・フードもドリンクもあるカフェです

※2曲から4曲くらいずつ、わらわら集まったミュージシャンが続々と弾き語りする、アットホームなイベントです。僕も何かつまみ作って持って行きます!たこ焼きポテサラ以外のものを!

1/20(金)高円寺HIGH

エガワヒロシpresentsフワリカ!Reborn!〜心に茨を持つ少年〜」

18:30開場/19:00開演

料金:前売り3000 当日3500円

出演:エガワヒロシ/近藤智洋&橋本孝志/藤重政孝/岸上規男

<PAVEL>

2/10(金)高円寺HIGH

詳細未定

エガワヒロシチートロたこやき>

12/25(日)1/29(日)2/25(土)3/26(日)4/30(日)

[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方は希望人数とお名前を連絡ください。

2016-12-05

藤重政孝登場!!


1月20日(金)に行われる、僕の主催イベント「フワリカ!!」。こちらの最後の出演者が決定しました!最後に来ました!もはや旧友の藤重政孝が登場!

今回久々復活させるフワリカ!!ですが、これを機にまたやって行こう!って気は全く無いんです。もう今は作家仕事にバンドにソロに、そして父親にと大忙し。これ以上何か仕事を増やすなら、作家として売れるか、バンド活動とソロの制作に回したい。イベントやるのは色々細々大変ですからね。でも今回一度切りの復活をさせるなら、憧れの人、気心の知れてる人、そして引っ張り出したい人の組み合わせにしようと思ってたんです。今回で言えば憧れの人が近藤さんと橋本さん、気心の知れてる人がのんちゃん、そして引っ張り出したいのが藤重君でした。

まあ藤重君は今も色々忙しく活動してて、彼には俳優の仕事もあるし、音楽を作る仕事も、もちろん父親としての仕事もある。でも、僕にとっては彼はミュージシャンなんです。人前で歌う姿が一番似合うミュージシャン。その活動が止まってはいないけど、活発とは言えなかったので。

俳優としての藤重君が有名なので、どうしても人によってはミュージシャンの藤重政孝を軽んじてる人もいて。でも彼はフォークミュージック的な価値観を持ったミュージシャン。ヒートウェイブやシオンが好きで、まああの派手な顔に似合わず、もっとシンプルで、一筆書きのような音楽が好きな人。ハードロックギターがハデに鳴り響くというよりも、もっと地味で素朴で味がある音楽を志向してる。

そしてそんな姿が一番見えるのはアコースティックなんです。なので、今回のフワリカ!!をアコースティックで行こう!と決めた時から、藤重君に声はかけてました。まあ多忙な人なんで、出られるかわからなかったですけど。今回決まって本当に良かった!

今回は僕はホストの権限を利用して(苦笑)各出演者と共演をします!そう全ステージ出演!どんなことをやるかは決まってないですが、各出演者の奥底にある部分。そんなところを引き出す触媒になれたらと思ってます。それぞれのライブでは見られない部分を、トークも含めて引きずり出したいと思います。

新年のライブ、決まってない方は是非フワリカ!!@高円寺HIGHへ!音楽的で濃密な一夜にします!


■ライブ情報

<DJ>

12/17(土)池袋Nonsuch

「Nonsuch Weekend DJ event「PINK THING Vol.8」

20:00-26:00

http://beerpub-nonsuch.com/

<ソロ>

12/18(日)なみカフェ

クリエイターズクリスマス会」

http://namicafe.net/

18:00〜21:00 -LIVE-

会費:¥1,500(ミム手作りケーキ、1ドリンク、オードブルまでついてこのお値段!)

・おやつ、差し入れ持ち込みOK

・フードもドリンクもあるカフェです

※2曲から4曲くらいずつ、わらわら集まったミュージシャンが続々と弾き語りする、アットホームなイベントです。僕も何かつまみ作って持って行きます!たこ焼きポテサラ以外のものを!

1/20(金)高円寺HIGH

エガワヒロシpresentsフワリカ!Reborn!〜心に茨を持つ少年〜」

18:30開場/19:00開演

料金:前売り3000 当日3500円

出演:エガワヒロシ/近藤智洋&橋本孝志/藤重政孝/岸上規男

<PAVEL>

2/10(金)高円寺HIGH

詳細未定

エガワヒロシチートロたこやき>

12/25(日)1/29(日)2/25(土)3/26(日)4/30(日)

[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方は希望人数とお名前を連絡ください。

2016-12-04

[]「浦和

朝から録画したクラシコを眺めながら(スアレス強い!)本を読み、音楽を聴いている。そんな一度にしなくても、とは自分でも思うのだけど、音楽は常に鳴っているものだし、気になるところがあれば自然に耳が行く。本はつまらなければそもそも読み進められないし、集中できるかどうかは本と自分の相性であって、状況ではない。サッカーは僕にとってはそもそもそういうもので、真剣に見る試合とそうでない試合がある。真剣に見る試合とは何かがかかっている試合。そして浦和レッズのことである。

昨日のチャンピオンシップ。年間優勝の浦和と3位ごときの鹿島との試合。絶対に負けられない試合なのである。昨日はたおと二人でテレビ観戦。たおは勢い良く応援を繰り返す。教育が行き届いているので、浦和を無条件で応援するようになっている。代表戦でも海外サッカーでもどっちが浦和?と聞いてくる。生粋の浦和応援体制。そんなたおの応援に乗って浦和が先制点をあげる!よっしゃー!!

しかし、小学1年生の応援がそんなに長く続くわけがない。前半途中から、応援の声は止みはじめる。まあお父さんも今日は大丈夫だな、と少し気持ちが緩んだ。これが浦和の悪い癖だ。すると浦和の勢いは止まり、その後はご存じの通り。同点ゴール、逆転ゴールを浴び・・・。

その瞬間テレビを消し、そのままたおと寝た。ニュースも何も見ていない。浦和の負けたシーンなんて見たくない。なんでいつも浦和のシーズンは無情で終わるんだ・・・。

ミシャは本当に勝負弱い。ここぞというところで負けるのはいつもの通りだ。でも、コーチとしては優秀。これは確か。なら勝負強さを身につければ最強だ。少しずつ、少しずつ王者に近づいている。今年はカップ戦も取った。あと少し。来年は大丈夫、な、はず。でも、来年王座を取れなかったら何かを考えないといけないのかもしれない。ただ、それは優秀なコーチを失うことになる。そのリスクはどうなのか・・・。うーむ・・・。いや、とにかく今はクラシコを見て昨日のことは忘れたい・・・。モドリッチまじで上手いな。

■ライブ情報

<DJ>

12/17(土)池袋Nonsuch

「Nonsuch Weekend DJ event「PINK THING Vol.8」

20:00-26:00

http://beerpub-nonsuch.com/

<ソロ>

12/18(日)なみカフェ

クリエイターズクリスマス会」

http://namicafe.net/

18:00〜21:00 -LIVE-

会費:¥1,500(ミム手作りケーキ、1ドリンク、オードブルまでついてこのお値段!)

・おやつ、差し入れ持ち込みOK

・フードもドリンクもあるカフェです

※2曲から4曲くらいずつ、わらわら集まったミュージシャンが続々と弾き語りする、アットホームなイベントです。僕も何かつまみ作って持って行きます!たこ焼きポテサラ以外のものを!

1/20(金)高円寺HIGH

エガワヒロシpresentsフワリカ!Reborn!〜心に茨を持つ少年〜」

18:30開場/19:00開演

料金:前売り3000 当日3500円

出演:エガワヒロシ/近藤智洋&橋本孝志/藤重政孝/岸上規男

藤重政孝の出演が決定!!様々な企画もあります!お楽しみに!

<PAVEL>

2/10(金)高円寺HIGH

詳細未定

エガワヒロシチートロたこやき>

12/25(日)1/29(日)2/25(土)3/26(日)4/30(日)

[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方は希望人数とお名前を連絡ください。

[]「PILLAR OF LIGHT」/BABAGANOUJ

f:id:egawahiroshi:20161204082437j:image

ギターポップが好きです。革新性なんて無くて良いし、良いメロディーと人懐っこいグルーヴがそこにあれば良い。ロッキンなやつでもポップなやつでも、へなへななローファイなやつでも良い。

そんな中で出会ったのがこのオーストラリアの女二人男一人のバンド、バブガニューシュ(さっき読み方調べた、読めないよこんな名前!)。これが実に良い。男女掛け合いボーカルが爽やかさを際立てる。でもギターの音とかはラフだし、小奇麗にまとまる感は全然ない。良いギターポップとは?の答えがここにある感じ。

でも何より曲ですね。メロディーが書ける。ギターポップはそこに尽きる。変な話、歌なんて下手でも良い。演奏もある程度で良い。でも曲がグッと来ない奴はダメ。そしてできれば人が良さそうな感じがいいな。それは俺の主観だけど。

こんなラフなバンドもやってみたいなぁ。男女ボーカルで。言っちゃえば下手くそなバンドを。

2016-11-30

グレーの世界


45歳にもなって自分の現在地を見渡すと、なんとも言えない場所にいるよなぁと良く思います。

小さい頃に想像していた45歳は、実に日本的な家に育った僕にとって、漠然とどこかの会社で仕事をしていて、奥さんがいて、子供が何人かいるという何も変哲のないものでした。まあ実際奥さんも子供いるので、そういう意味では想像通りですが、自分が主夫的な位置にいるなんてことはまったく想像してませんでした。バツイチなんてさらにびっくり。微妙なねじれの世界。

そして音楽を始めてからは、その漠然とした45歳像が頭にありながら、自分の音楽がヒットチャートにのっているような、これまた漠然とした音楽の成功を想像してました。そんな場所にはカスリもしなかったわけですが、そうならなかった時には、音楽も辞めて、音楽に回り道した分少し質素な、昔から想像した45歳に近くなっていくんだと思っていました。ところが今も自分の音楽も作り、細々と人に曲を書いたりなどもしているという現在地。まるで隙間に入り込んだような気分。

今の僕はその両方の想像していた世界から、良いところと悪いところを少しずつ持ち寄ったような、絶妙な現在地にいます。でも未来なんて、思い望んだようにならないのが当たり前で、少しでも夢見た要素が入っていれば「めっけもん」なのかな?と思ってます。でもそれは悲観ばかりしてたら絶対に手に入らないし、夢ばかり見てても手に入らない場所。夢を見て、それなりに何かを前に進めた人だけにおこぼれが貰えるような世界。そう白でもなく、黒でもなく、グレーの世界。

僕の持論ですが、人生は白でもなく黒でもなくグレーであり、その濃淡がその人の人生そのものである、と考えてます。どんなグレーを描けるのか、常に挑戦するのが人生。

僕のこの後の人生設計的には、この人に頼めば良い曲が出来ると信頼される作詞作曲家でありながら、色んな世界で愛されるインディポップのアーティストになる予定です。あくまで予定ですが(苦笑)そのために日々努力して、その白に近いグレーを引き出すために奮闘しております。まあ難しいことはわかってますけど、出来ないとも思わない。その良い塩梅が未来。この歳になっても未来を夢見れるのは良いことだ。そこを目指して、日々進むわけです。

そしてそこで嫁とたおが楽しそうにしてたら、それで満足です。良い人生だった、と言って死ねるかな。たおと嫁に見送られなが死ねたらいいなあ。出来ればたおに良い旦那さんがいたら尚良い。

いやまだ死なないけども(笑)至って健康ですけども。いつだって人生はこれから。まだまだ描く白い場所はあるはずですから。


■ライブ情報

<DJ>

12/18(日)

池袋ノンサッチ

<ソロ>

1/20(金)高円寺HIGH

エガワヒロシpresentsフワリカ!Reborn!〜心に茨を持つ少年〜」

18:30開場/19:00開演

料金:前売り3000 当日3500円

出演:エガワヒロシ/近藤智洋&橋本孝志/岸上規男 and more!!

エガワヒロシチートロたこやき>

12/25(日)

[Total Feedback]&[SundayMonday]

高円寺HIGH 高円寺ampcafe同時開催

チケット希望の方は希望人数とお名前を連絡ください。