帰って来たemihanaブログ

2017-02-21

76 年前の誓い

こんにちは。 はなです。




姐さんかぶりでお手伝い〜

f:id:emi-hana:20160620083936j:image:w360




と言うのも、例によってヘタレおばさんの emihana は目下

パパさん、ママさんの住んでいた実家マンションの

片付けに追われている様子なのです。



パパさんの方は新しい棲み家であるママさんのいた施設へ

無事引っ越して、毎日何だかご機嫌でやってるみたい。

部屋の中は完全バリアフリー、車椅子で動くのも楽になったし

お風呂は自分の部屋で週2回入れてもらえるし

お食事もとても美味しく、スタッフさんにも親切にしていただいて

着々と自分の暮らしのペースを作りあげているので

娘としては一安心だとか。


ただ、老夫婦が12年間住んでいたマンションに残された荷物の多さには

心底驚き、ひたすら手を焼いているそうで


「ああ・・・断捨離って、やっぱり、ほんっとに大事だわ・・・」

明後日の荷物の搬出(処理業者さんに依頼済み)を前に

しみじみ呟いてましたよ。



それはともかく・・・

実家の片付け中に、ママさんの書いた膨大な日記を発見。

さすがに捨ててしまうのも気が引けて、とりあえず家に持ち帰ったのですが

そこには、若き日のママさんが書いた日記も混ざっていたんですって。



昭和15年、15歳の女学生ママさんの日記です。

f:id:emi-hana:20170221142525j:image:w360



emihana がまずびっくりしたのは、当時の女学生は字が上手だと言うこと。

確かに、ただでさえ古い漢字はなんだか難しいのに

万年筆でちゃんとした字を書けるなんて、すごいですね。




松坂屋デパートで押したらしいスタンプ。

f:id:emi-hana:20170221142528j:image:w360



「紀元二千六百年奉祝展」しかも右から左へ読む!

f:id:emi-hana:20170221142532j:image:w360



いかにも時代を感じると、emihana は言っていましたが

昭和15年と言えば、太平洋戦争が始まって4年後。

日記の中に「教練」とか「○○先生が戦死された」とか

そんな記述があるにはあっても、まだ「パンを買って食べた」とか

「アイスを買い食いした」(食べてばっかり)「新しい靴を履いた」

なんて書いてありましたから、まだ物資も手に入って

国民生活が困窮してはいなかったようですね。


当時の女学生は、もちろん今とは比べ物にならないほど

情報も遊びも限られていたと思います。

スマホアイドルSNSも何もなかったんですから。

だけど、それなりに寄り道したり、宿題をサボったり

休みの日に寝すぎて叱られたり、友達とけんかしたり仲直りしたり

今の女の子たちだって、同じようにやってるだろうなぁって

言うような、当たり前の日々を生きていたわけです。


何も、戦時下に生きてたからって、特別な人たちじゃない。

普通のどこにでもいる女の子たち。数十年前の私たちと同じ。


そんな彼女たちがこのあと少ししたら、食べるものにも困ったり

空襲にさらされたり、あるいは家族や友人を失ったり

否応なく戦争の渦の中に巻き込まれて行くんですね。


私は犬ですけど、あの戦争の最中、たくさんの仲間が

人間と同じ運命をたどったのは言うまでもないことです。




さて、そんな時代を生きていた少女のひとりであるママさん。



その15歳の誕生日の日記です。

f:id:emi-hana:20170221142535j:image:w360



「電車の中でつらつら考ふるに今日はあたしの誕生日であった。

 ああ、此の世に生まれてもう十五年たったのか。

 さあ未だこれから先は長いのだ。

 百歳は生きなくては。・・・後略・・・」



「・・・長生きする人って、昔から違うんだなぁ・・・」


ソファに腰を下ろして日記帳を開いていた emihana は

人生の真理をひとつ見出した修行僧のように

マリアナ海溝よりもっと深いため息を吐いたとか・・・


なんと、そんなemihana の子供時代(おそらく7歳くらい)の日記も発掘!



思い切り「昔感」の漂う表紙。

f:id:emi-hana:20170221142423j:image:w360



f:id:emi-hana:20170221142435j:image:w360



どうやら、「ウエストサイド物語」のリバイバル上映を観た模様。

へたっぴな文字はご愛嬌ですが

左のイラスト、これがジョージ・チャキリスって・・・どうよ。




あ、これは10歳の誕生日の私。特に何も誓ってません・・・

f:id:emi-hana:20150728142425j:image:w360

2017-02-08

お見通し!

こんにちは。 はなです。




どことなく不満顔?

f:id:emi-hana:20160810180553j:image:w360



そうかもしれません。


だって・・・

前回のブログで、あんなぽっと出の誰かさんが大人気で

すっかりお株を奪われちゃったみたいだったので

無理もないと思います。


私も、それは皆さんに好評でよかったじゃないの〜

なんて、喜ぶほどお犬良しではないのです。


ただ、もう大人ですし、いろいろわきまえたお年頃でもありますから

愚痴はこれくらいにしておいて


今日、emihana がお参りのついでに氏神様で引いて来た

おみくじのこと、ちょっとばらしちゃいますよ。



その神社のおみくじと言えば、初詣での際にも

「期待を一身に受け 責任重くなる。目前に新天地あれど

 捨てられないもの多く、現状に甘んじる像。

 今何を成すか問われるとき」


な〜んて、まるでヘタレおばさんの現在の身の上を

すっかりきっちりご存知かのようなご託宣をくださったくらい

今、乗りに乗って(?)いるおみくじなのです。



今回、emihana が引いたのは


「健康おみくじ」と言うもの

f:id:emi-hana:20170208145208j:image:w360



運勢自体は「吉」でしたから、中身もほどほど。

前回よりは良かったみたいなんですけど

肝心の「健康」の項目を目にして

emihana の顔はちょっと曇りましたよ。


ー頭の使い過ぎや 他人のことに気を遣い過ぎると 体調が崩れるー


だそうで・・・

もともと大して働いていない脳みそを必死に絞ったり

自分以外のことで気苦労が耐えなかったりする

今の状況を言い当てていると言えなくもありません。


まぁ、あくまでも、日頃の暮らしぶりが暮らしぶりだけに

ちょっと負荷がかかると途端にぶうぶう言い始めたりする

それだけのことだと思うんですけどね、私は。


それで、おみくじの中には「健康の心得」と言う一言が入っていまして

その言葉を読んだemihana いきなり「ああ〜、お見通しかっ」

と呟きました。


腹八分目


だって〜!

私は思わず吹き出しました。

よりによって、おみくじで「腹八分目」なんて!


そしてやっぱり、ヘタレおばさんと同じように

神さまってすごいな〜、とちょっと感動したのでした。



emihana はさらにお言葉を読んでいます。

「何々?・・・お腹いっぱい食べるより、八分目程度に抑えて食べる方が

 体には良い・・・?・・・ま、それは・・・そうだわね・・・」


そのあと、日本海溝よりもっと深いため息が聞こえて来たのは

言うまでもありません。



これが驚異のご託宣だ!

f:id:emi-hana:20170208145249j:image:w360







梅の花がほころび始めたと思ったら

f:id:emi-hana:20170208145216j:image:w360



早咲きの桜まで

f:id:emi-hana:20170208145211j:image:w360



雪や風、大荒れの天気があっても、いつの間にか季節は巡っていますね。


春遠からじ。

踏ん張れ、ヘタレおばさん、あと少しの辛抱だ!(大げさ)






根性なしを励ますのも楽じゃありません〜

f:id:emi-hana:20151112180456j:image:w360

2017-01-30

だ〜れだ?

こんにちは。



ボクはいったい誰でしょう?



16歳になります。

f:id:emi-hana:20170130152108j:image:w360




ツンデレおぼっちゃまです。

f:id:emi-hana:20170130152107j:image:w360




クイズにしようかなと思ったんですけど

わからないに決まってるから、答えを教えちゃいますね。



ボクは、はなちゃんのお父さんのお姉さんのうちの子で

ほくと、って言います。

佐渡ヶ島ってとこに住んでます。


16歳の胡麻柴で、ただいまボケの王道をまっしぐらです。



ボクの特技は「落っこちること」


ついこの間は、お散歩中に5メートルの崖から落ちても無事だったし

もう少し前には、走ってた車の後部座席から道路に落っこちましたけど

大丈夫でしたよ。


その時には、前の座席のお父さんもお母さんも

しばらく気が付かないで、そのまま走ってたんです。

それって、ちょっとひどくないですか〜?


お母さん、「何か、ギョって、変な声したなぁ」って

しばらくして振り返ったら、ボクがいなくって

すごくびっくりしたんですって。

それで、慌てて車から降りて、ボクを探してくれたら

ボクはずっと後ろの方をとぼとぼ歩いていたそうです。


しかも、自分に起こったことがわからないから

「どうしてこんなとこ歩いてんだろう?」

どうやらそんな顔をしてたみたいだけど

ボクの顔なんかに注目してないで

車から落っこちても、かすり傷ひとつしてないって

不死身っぷりの方に感心してほしいと思います。



とにかく、ボクは案外丈夫です。

これもわりに最近まで、1日4回お散歩に連れて行ってもらって

鍛えてたのが良かったのかなぁ。


あ、ボクはブラシが嫌い。

抜け毛はお母さんが全部手で抜いてくれます。


そんなボクをemihana は「超お坊ちゃま」とか呼んでるらしいけど

誰かさんがお転婆すぎるだけなんじゃないかと

怖いので心の中だけで思ったりしています。



そんなこんなで、ちょっとだけ自己紹介しました。

もっといろいろお話してもいいんですけど

誰かさんがご機嫌損ねちゃうといけないし

今日はこれくらいで、やめておきますね。


それじゃ、皆さん、また今度。





人のブログを荒らすな〜

f:id:emi-hana:20150609080515j:image:w360

2017-01-10

ヘタレのつぶやき

天気晴朗なれど

f:id:emi-hana:20161226193609j:image:w360




晴朗なれど・・・

f:id:emi-hana:20161226193935j:image:w360




雲多し(波高しだったっけ)

f:id:emi-hana:20161226193612j:image:w360




初もうでで引いたおみくじ

「期待を一身に受け 責任重くなる。目前に新天地あれど

 捨てられないもの多く、現状に甘んじる像。

 今何を成すか問われるとき」



勘弁してほしいっす。

そんなもん、問われたくないっす。


世の中の酸いも甘いも嚙み分けた、人間の練れたお方なら

どうと言うこともないのだろうか。

表に出てみたら、普通の顔で歩いてるけど

みんなすごいな、えらいな。

心の底から、そう思う日々です。



と、昨日や今日ヘタレになったわけではない

ヘタレの王道を歩む emihana の本日のつぶやきでした。




今まで楽してたツケが回って来ただけだと思うな(byはな)

あ、オバサン無事にやってますから、ご心配には及びませんよ〜。

f:id:emi-hana:20160225201106j:image:w360

2016-12-23

休息一下 ちょっとお休み

  こんにちは。 はなです。


 

emihana 野暮用につき、ちょっとお休みいたします〜。


そう遠くないいつか、またしれっと記事をアップすると思いますので

しばしご容赦を。


・・・なんて、大したブログじゃないくせに

大げさだと思う私です。


ヘタレに限って、こんな感じなんですよね〜。


皆さま、どうぞインフルやらノロやらにご注意あそばして

慌ただしい年の瀬を無事にお過ごしくださいね。


ではまた〜


f:id:emi-hana:20150929114733j:image:w360