Hatena::ブログ(Diary)

羊男読書日記 このページをアンテナに追加

2016-05-30 2016年4月の読書

[]2016年4月読書

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2896ページ
ナイス数:10ナイス

植草甚一スタイル (コロナ・ブックス (118))植草甚一スタイル (コロナ・ブックス (118))感想
ファン・ブックというものだろうか。植草甚一を知らない人向けの編集という感じで大雑把だけど、全頁カラーのためか気にならない。片岡義男エッセイが気負いなくていい。池内紀さんは気合い入りすぎ。
読了日:4月30日 著者:コロナ・ブックス編集部
西遊妖猿伝 (10) (希望コミックス (314))西遊妖猿伝 (10) (希望コミックス (314))感想
新たに与世同君という正邪のわからぬ道士が現れ、第二部「河西回廊篇」が始まる。唐軍や突厥まで入り乱れ、ますます先行きがわからない、西遊妖猿伝である
読了日:4月24日 著者:諸星大二郎
西遊妖猿伝 (9) (希望コミックス (313))西遊妖猿伝 (9) (希望コミックス (313))感想
脇役かと思っていた黄袍や恵岸行者の登場が多い巻。しかし黄風大王の五百騎を相手にひとり戦う悟空というのが、あまりに漫画すぎるというか、石森章太郎っぽいねえ。
読了日:4月24日 著者:諸星大二郎
西遊妖猿伝 (8) (希望コミックス (312))西遊妖猿伝 (8) (希望コミックス (312))感想
猪八戒の迷走が目立ってきた感じ。でも孫悟空暴走は止まらない。なんでも崩壊しいく物語の中で、七仙姑のルーニャンがお伽話のようにフェードアウトしていったのが唯一の救い。
読了日:4月24日 著者:諸星大二郎
ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)感想
SFなのかと思えるほど現実に近いの近未来小説。「クリプトノミコン」や「ねじまき娘」と近傍にある感じ。そして物語スピードがついてくると、登場人物がひっぱっていく感じも似ている。しかし、イスラム系名前ロシア文学のそれよりも覚えにくいなあ。
読了日:4月24日 著者:グレッグイーガン
西遊妖猿伝 (7) (希望コミックス (308))西遊妖猿伝 (7) (希望コミックス (308))感想
小気味良い娘たちもすぐに散り散りになっていく序破急うまい展開に。活劇というのはこういうものを云う喩えか。
読了日:4月9日 著者:諸星大二郎
西遊妖猿伝 (6) (希望コミックス (307))西遊妖猿伝 (6) (希望コミックス (307))
読了日:4月9日 著者:諸星大二郎
西遊妖猿伝 (5) (希望コミックス (306))西遊妖猿伝 (5) (希望コミックス (306))感想
唐の李世民と事を交える悟空という破天荒な展開が面白い
読了日:4月9日 著者:諸星大二郎
素数の音楽 (新潮文庫)素数の音楽 (新潮文庫)感想
数学の話なので読み終わるのにとても時間がかかったけど、面白かった。素数だけの話で500頁も飽きさせずに読ませる本があるなんて。「リーマン秘密の小道」という言葉が美しく、読後にも頭の隅に残っている。
読了日:4月9日 著者:マーカスデュ・ソートイ

読書メーター

2016-04-09 2016年3月の読書

[]2016年3月読書

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1611ページ
ナイス数:6ナイス

TOKYO 0円ハウス 0円生活 (河出文庫)TOKYO 0円ハウス 0円生活 (河出文庫)感想
トマソンと地続きの傑作。路上生活者鈴木さんのビニールテント建築的な?視点で追う痛快作。こういういったルポは必ず同情に落ちていき、社会にいろいろ訴えるものなのだが、まったく異なる視線から私達に訴えかけている。久しぶりに一気読みした怪作。
読了日:3月26日 著者:坂口恭平
西遊妖猿伝 (4) (希望コミックス (303))西遊妖猿伝 (4) (希望コミックス (303))感想
とうとう孫悟空になってしまときが来た、という展開。しかし諸星ならではが、地下に蠢く地ヨウ夫人ナタ太子漢字探すのたいへんだね)の登場。巨霊神とはゴーレムで、六耳はキングコングか?
読了日:3月23日 著者:諸星大二郎
西遊妖猿伝 (3) (希望コミックス (302))西遊妖猿伝 (3) (希望コミックス (302))感想
竜児女が死んでしまい、白雲洞も灰塵に帰してしまう。悟空はここから放浪を続けていくんだったか。
読了日:3月13日 著者:諸星大二郎
ユリイカ 2016年2月号 特集=原節子と〈昭和〉の風景ユリイカ 2016年2月号 特集=原節子と〈昭和〉の風景感想
昭和風景とあるが、一様に「永遠処女」を論じていて面白くない。四方田犬と片山杜秀面白くて頷いてしまう。あとは「自転車美人」とか「新しき土」を論じてるものぐらいかな。
読了日:3月13日 著者:岡田茉莉子,吉田喜重,蓮實重彦
まぼろし小学校―昭和B級文化の記録まぼろし小学校―昭和B級文化の記録感想
怪しいお菓子やら文房具やら、当時あれやこれやとアイディアを出して、子供に買わせていた大人がいたのを知る。それを楽しんで成長した子供大人になって、いまの便利なのか余計なのかわからない機能テンコ盛りの製品を生み出したのではなかろうか。ガラパゴス環境はここから始まった?
読了日:3月13日 著者:串間努
西遊妖猿伝 (2) (希望コミックス (301))西遊妖猿伝 (2) (希望コミックス (301))感想
竜児女が活躍する第二巻。斉天竜女という斉天大聖のいとこみたいな豪女を登場させられるのは、西遊記の亜製では諸星版だけだね。
読了日:3月5日 著者:諸星大二郎
西遊妖猿伝 (1) (希望コミックス (300))西遊妖猿伝 (1) (希望コミックス (300))感想
なんだか読みたくなつて。三十年ぶりに再読とかそんなものか。面白さは不変。さすが諸星先生は偉大です。
読了日:3月4日 著者:諸星大二郎

読書メーター

2016-03-19 ONUKA

[]ONUKA

キエフバンド

ユーズリミックスのようにストレートなポップ。

メロディがきれいで、懐かしい音。

様々な楽器が奏でられ、インスト部分はとてもクラシカルで耳にいいバンド

ONUKA - YouTube

2016-03-12 2016年2月の読書

[]2016年2月読書

2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1909ページ
ナイス数:5ナイス

わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)感想
戦時下という、もはや戦後日本人にとっては特殊な状況をとてもリアルグロテスクに、けれども魔術的な幻覚をもよおされるような、あるいは暴力的麻痺状態を訴えかける作品物語のはじまり探偵小説かと思っていたが、だんだんリアリズムに展開が流れていく。おそらく後世に残っていく作品だろう。世界大戦という歴史のなかで、人間はどんなにおろかなことをしていたのか、物語の後半では痛々しいほどに問いかけてくる。この作家はいったい何を見てきたのだろう。
読了日:2月29日 著者:カズオイシグロ
関西赤貧古本道 (新潮新書)関西赤貧古本道 (新潮新書)感想
この人は本当に古本にはまってしまった杞憂な人としか言えない感じ。 冗談冗談に聞こえない感じで読んでいて、ちょっと辛い。 自分最近ネット以外ではブックオフの100円本しか利用してないけど、ここまで徹しているとは古本道は厳しいもの。 もうちょっとゆるい方が幸せになれるかも。
読了日:2月28日 著者:山本善行
もやしもん(13)<完> (モーニング KC)もやしもん(13)<完> (モーニング KC)感想
ちょっと唐突すぎる終わり方。最後に目立たない主人公を目立たせて終わっているが、ちょっと肩に力が入りすぎてる感じで、いままでのスロウ性格がくずれているような。でも漫画なんだからそんなことは当たり前か。最後まで楽しませてもらいました。いずれ再読してみたい。
読了日:2月21日 著者:石川雅之
幻想文学、近代の魔界へ (ナイトメア叢書)幻想文学、近代の魔界へ (ナイトメア叢書)感想
東雅夫へのインタビューが同時代自分としてはその頃の背景のリンクが繋がつて、あるいは同情して楽しかった。いまはSFばかり読んでいる気がするけれど、当時は幻想文学ばかり読んでいたことを実感した。それでもいまだに家にある泉鏡花全集は読み終えていない。平井呈一荒俣宏、「世界幻想文学全集」と三一書房をよく読んでいたことを思い出した。
読了日:2月14日 著者:一柳廣孝,吉田司雄
ルピナス探偵団の当惑 (創元推理文庫)ルピナス探偵団の当惑 (創元推理文庫)感想
津原やすみの頃は知らない読者なので、津原泰水としては、ちょっともの足りない。津原泰水の意地悪さがあまり表面には出ていない。少女小説原本からそうなのか、こういう路線の話なのか。いやいや悪くはないです。次作も読もうと思う。主人公の吾魚彩子が、諸星大二郎の『栞と紙魚子』の神経が何本か抜けていると称される主人公の栞とだぶってしかった。
読了日:2月14日 著者:津原泰水
ウクライナ日記 国民的作家が綴った祖国激動の155日ウクライナ日記 国民的作家が綴った祖国激動の155日感想
21世紀戦争とはこういうものだということを思い知らされた辛い読書だった。自宅のベランダから手榴弾の裂ける音と射撃音が聞こえる。武装した男達がマンション階段で息を潜めている。部屋にひとり残された娘。そんななかでも日常生活は続く。恐ろしいことだけではない。楽しいことだってある。最後の著者の言葉が響く。「続いているのは戦争だけではない。命も、日々も続いているのだ」。
読了日:2月11日 著者:アンドレイ・クルコフ

読書メーター

2016-02-27 「復活祭」久生十蘭

[]「復活祭

非常によくできた短編で、だれかヴィスコンティみたいな映画にしてくれるといいだろうなあと思わせる作品

アメリカ日本、戦中と戦後の混乱のなかで生きた父娘のすれ違いが、目に浮かぶような描写とともに流れていく。

もうこういう作品日本人では書けないし、書けるような世の中にもなってほしくない。

青空文庫

http://www.aozora.gr.jp/cards/001224/card46082.html

久生十蘭全集第2巻所収 (三一書房

2016-02-20 マッサージ療法士ロマン・バーマン

[]「マッサージ療法士ロマン・バーマン」デイヴィッド・ベズモーズギス

堀江敏幸編集の「記憶に残っていること」の冒頭にある短編

カナダ移住したロシア系ユダヤ人一家が、新しい地で生活を築いていく姿を描く連作短編集「ナターシャ」から採られている。

苦労して50歳を過ぎてマッサージ治療院を開いた父の客集めに、子供かビラを撒いている様子が痛々しい。

そんなとても哀しい風景言葉がいくつも語られている。

なんといってよいのかわからないほど、不気味でもある。

2016-02-19 2016年1月の読書メーター

[]2016年1月読書メーター

2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1460ページ
ナイス数:5ナイス

ホワイト・ライト (ハヤカワ文庫SF)ホワイト・ライト (ハヤカワ文庫SF)感想
読み終わったけれど、読めたという気がしない。主人公神曲地獄めぐりみたいな彷徨ゴキブリカントルなんかとするところは面白いのだけれど、肝心のカントル連続問題を模しているところがよくわからなかった。ボルヘスアレフゼロ演繹して、形相の図書館を描いているところはさすがだなあと思ったけれど、バナッハ=タルスキの定理までいくともうほら吹きとしてしか読めない。数学がわかる人は深い感動とかあるんだろうな。こんなぶっとんだ作品が80年代に書かれていたんだね。
読了日:1月24日 著者:ルーディラッカー
魔法少女地獄 (講談社ラノベ文庫)魔法少女地獄 (講談社ラノベ文庫)感想
特殊ラノベ作家自称していて、タイトル夢野久作なので読んでみた。内容は山田風太郎だけど、ストーリーがはじけすぎていてよくみえない。しかし所々に頻発するSFサブカルのターム使用面白い
読了日:1月17日 著者:安藤白悧
日本の屋根長野県の鉱山と鉱石―鉱山開発の歴史と現状日本の屋根長野県の鉱山と鉱石―鉱山開発の歴史と現状感想
長野にも銅鉱だけでなく、石油やガスが出ていたとは。老年になって地元史にはまるのがなんとなくわかる感じ。
読了日:1月17日 著者:市川正夫
秘島図鑑秘島図鑑感想
図鑑なので旅行記ではないからちょっと読み物としてはいひとつだが、いろんな無人島があって面白い特に横島炭鉱という島が石炭採掘沈没してしまったというのが驚きで、いまの中国と同じような産業優先による鉱害がこんなにも凄かったことがわかる。あとは幻の島として中ノ鳥島南波照間島などが載っているのも空想が膨らんで楽しい
読了日:1月17日 著者:清水浩史
離島の本屋 22の島で「本屋」の灯りをともす人たち離島の本屋 22の島で「本屋」の灯りをともす人たち感想
離島本屋では百年続く店がいくつか紹介されていて、さすがに年月を越えた趣きがあって心引かれるものがある。 ただ行ってみたいと思ったのは、周防大島宮本常一の棚がある「つるや鶴田書店」と、奄美大島島尾敏雄の棚がある「あまみ庵」だ。 紀行としては面白いけれど、文章教科書的なところがいまひとつだった。
読了日:1月4日 著者:朴順梨
人はなぜ恋に破れて北へいくのか ナマコのからえばり (集英社文庫)人はなぜ恋に破れて北へいくのか ナマコのからえばり (集英社文庫)感想
老人の小言と化している最近シーナエッセイだが、わるくない。むしろ、心地よい。若い人にはどうだろう。年をとる、年老いた、という言葉が身近に感じる人でないと、この行間は違うものになるのではないだろうか。とても真面目に論じている「電子書籍秘密新聞」が先を見ている。
読了日:1月3日 著者:椎名誠

読書メーター

2016-02-13 「西林図」久生十蘭

[]「西林図」

鶴鍋という言葉に引かれて読み進むが、ぜんぜん食な話ではない。

タイトルの倪雲林の絵を追うようにだらだらと話が進んでいき、いきなり話が終わってしまう。

ちょっと唐突すぎて、なんの話だったか、思い出せない。

こちらの教養の無さを咎めるべきかもしれない。

そんな話。

青空文庫

http://www.aozora.gr.jp/cards/001224/card46081.html

久生十蘭全集第2巻所収 (三一書房

2016-02-11 アンドレイ・クルコフ

[]

アンドレイ・クルコフ1961年生れ)はロシア語母語とするウクライナ作家

日本語勉強したこともあるという。

あなた方の心にもきっと同じような心の痛みが残るだろうと思います。その痛みから逃れることはできませんし、痛みは記憶の一部となるにちがいありません。でもずっと生きていかなければならないのです。」アンドレイ・クルコフ

翻訳

 原題は「部外者の死」。

 原題は「マイダン日記」。

インターネットリソース

アンドレイ・クルコフ - Wikipedia

Andrey Kurkov - Wikipedia, the free encyclopedia

no title

クルコフの新刊 『ウクライナ日記』 (沼野恭子研究室)

被災地へ 届け ロシアの声 (15)アンドレイ・クルコフ (沼野恭子研究室)

お探しのコンテンツは見つかりませんでした:朝日新聞デジタル

  • "A life in books: Andrey Kurkov". The Guardian. Retrieved 21 October 2015.

A life in books: Andrey Kurkov | Books | The Guardian

2016-02-05 「ナポリの日曜日」林芙美子

[]「ナポリ日曜日

まるで椎名誠のような旅エッセイである

ナポリに行って、小さな街角楽団の素敵な音楽をコオフイ店で聴いていた、そのときの林芙美子の思い出である

それに比して日本ではそこかしこラジオががなりたてていて、近来不快ものはないと言い立てている。

椎名誠林芙美子の筋立てを参考にしたとは思えないが、旅行家としての目が同じようなパースペクティブを持っていたと思わせる。

この頃はまだ人工的な音と自然的な音が聞き分けられていたのだと思われるのが、なんだかうらやましい。

文泉堂版林芙美子全集第十巻所収