Hatena::ブログ(Diary)

古民家の記

2017-01-23 父の面会に行く

[]

 いろんな用事をすませつつ(ま。勝手に作っている用件ではあるのだけろ)帰りは峠道で「学習した」ので・・・・数年前いきなり? 降り出した雪で立ち往生して携帯は忘れ(大涙)師走山道をとぼとぼと数キロ歩き「助けを求めた」(爆笑)のを思い出し・・・都会の方へ、回り道をして帰ったのだったが今朝「都市高」は通行止めらしいじゃないかはーーーっ(笑)よかった。


宝満山に雪が。

f:id:fujiwarakominka:20170122141842j:image

太宰府もお散歩したり・・・



 父はアルツハイマー型の認知症でついに(?)特別養護老人ホームに入所しているのだけれど。病院に行くのもいやがってディサービスにはゼッタイ行かないだろうなぁと思っていたのに・・・入ればけっこうなじんで現況を受け入れているようで、毎日相手をしていた母は介護(?)からいくらか解放されたのではないかと思われる息子家族と同居しているとはいえたいていは家で二人でいたのだから・・・・と、言いつつ母もけっこう用事があり「お茶のみ」「お食事会」グランドゴルフやら自分病院行きなどと忙しいのではあったその留守を父はなにもしないので(火を扱わないし)まぁなんとか無事に暮してはいたのだけれど。

 

 自分が88歳米寿に(1月が誕生日)なったのも、脳の手術をして2週間大学病院入院してたのも「記憶にない」のではあるが母との会話が成立するのを見てるのもおもしろい。その瞬間は、わかっているからごまかしはきかない(笑)不肖kominka(ツマ)は泥酔の人・誰かさん(過去にね)を思い出すのだ不謹慎だけれどあはは。

 そのくせ帰り際に「お昼寝」する父に挨拶しようとしたら布団の中でおならをして(笑)「もうっ!」と言うと、「出物でもの腫物はれものところ選ばず」などと言うのだから・・・人間の脳ってどこが壊れる(?)かわからんものではあるのだった。



ついでに(笑)ついでですってば・・・

f:id:fujiwarakominka:20170122123718j:image



九州国立博物館特別展

http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s46.html


※ヒミツ?かもしれませんけれど参道のお土産物屋さんで「国博」の特別展ポスターが貼ってあるところは(ちいさな声で言います)「前売り券」が買えるのですよ(!)シニア料金前の年齢のお若い方はぜひ(笑)こちらは65歳から「シニア料金」で200円ほどお得になります・・・お茶くらい(梅が枝餅1個120円なり)飲めますもんおほほ。

2017-01-22 「いらんお金」「いるお金」

[]

 こないだ白蟻防護の見積もりをしてもらった「集会所」はうちあたりでも小さな集落(小部落)で、去年「屋根替え」やら「外壁」柱の補強など大掛かりな改修工事をさせてもらったのだけれど「よぅお金があるねぇ」と言うと「何年かがかりで、みんなで積み立てしてきたとよ」と言われたので・・・・うちの隣組は毎年忘年会で「宝くじ」を買って、それをあてにしている(笑)くらいでは地域集会所の修理はできないのでございます。

 「ちょっと町」にお住まいの方には信じられないと思いますけれどもうちあたりでは小さな集落ごとに集まる集会所があるので「いらんお金」もかかるのよ。いえ、「いるお金」と思われます(笑)


f:id:fujiwarakominka:20161117112206j:image

f:id:fujiwarakominka:20161124074848j:image:medium

f:id:fujiwarakominka:20161124120006j:image:medium


 んで。たまたま「取材」というか、「集まる合図が太鼓」の太鼓の音・・・・ちゅうのを録音させてくださいと放送局から依頼されてて毎月17日に「区」の役員会があり(配りもんなどを預かったりする)そのあと、各集落会議(というのか?どうか)があるときに、「音」を鳴らすのだわ。拙ブログでも何回か書いたことがあるし友だちとのおしゃべりのときに話すとたいてい「なんそれ? あっはっは」とみんなで大笑いするような「珍しい」現象? 伝達手段があるのでございまする。

 いろいろ聞かれた中に、ふだんなにげなくすごしていることに意義がある・・・ちゅうか、そうか戦前から? だったのやもしれぬ。というふうに「気がつかされた」りして・・・取材を受けるのもよかこったい(意訳。ものごとを冷静に、つかむためにはいいことだったのかもしれません)あ? 放送は2月の早朝らしいので、気をつけておいてくださいな(笑)


※注意事項※

お伝えできるようになったら「告知」いたしますので。まだ「ヒミツ」でお願いいたします。



               ×      ×      ×




 よそ様のブログを見てたら「雪かき」をあたりまえに、されていて・・・・あ〜〜九州人には無理! 朝から(仕事前に1時間半??)雪かき・重労働ですか? ぜ〜〜ったい無理っ(笑)それに「冷蔵庫より寒い」とかいうところでわたくしなぞ「生きてゆけん」ばい・・・無理無理っ。


まつさんの日記より(勝手にリンクさせていただきました)

http://matsusun.hatenablog.com/entry/2017/01/13/170000                           

matsusunmatsusun 2017/01/22 11:37 こんにちは。
昨日、今日とプラス気温になりましたが、それでもまだ冷蔵庫の中の方が温かい気温です。
これが道内でも暖かな函館です(笑)

kominkakominka 2017/01/23 08:42 matsusunさま、おはようございます。
こちらは一部(場所によっては)積もっている程度ですが交通マヒ?というか、
ニュースでは「都市高速」が通行止めとか〜〜大騒ぎ(笑)
うちあたりは、まーーったく雪はありません(笑)大げさに(?)「チェーンがないと通れない」とか電子掲示板が道路に出ているから・・・・用心して、回り道いたしましたけれどね。

2017-01-21 「あれっ・・・なくなっている」

[]

 こないだ理事会に行ったらあるはずの建物がなくて更地(新しいのを建てるんだとか)になっていて・・・・前からずーーっとあったので気をつけて写真にも撮ってなくて。今、探してるけど「ないと」思います(涙)誰か撮ってた人があれば、コピーさせてくださ〜い・・・・。


f:id:fujiwarakominka:20170118161115j:image


 誰かさんに報告すると「あんときはみんなに加勢受けて、Hさんとか(大工さん)あと誰が来てくれたかなぁ」と遠い目(すーーっかり失念)ウン十年前の一番最初の建物です作業したりトイレも作って、半分くらいは事務所になってだいぶ通ったりしたっけ。同時進行でそのあと「下宿」というか障がい者の人たちのアパート(共同住宅)を建てたり(それがあのオレンジの屋根の。向こうに見える建物ですうちが建てました)、通所者の方たちの事情に応じてだんだんに大きく・・・いろんな障がいのある人を受け入れてこられました。行政は「身体障がい者」と「精神的なメンタルな不適応な人」とを分けたいらしいので(そのほうが「便利」なのかなとも思いますが)職員評議員理事さんたちが手を尽くして・・・「働きたい」障がいがある人たちの施設になって地域にとけこんで「共生」してある感じがします。


「MUKA 社会福祉法人」HP

http://katukifukushikai-muka.jp/MUKA/top.html



 「え〜〜。いつのまに」今年になって、こないだ解体したばかり・・・らし。「振り返ってるヒマはない」「前を向いて進まねば」と責任者のOさんが言われましたけれどわたくしがたんなる、おセンチなのかもしれませんわねぇ。

施設紹介」の「本部写真の一番右奥に「小さく写っている」建物(涙)です。

http://katukifukushikai-muka.jp/MUKA/shisetu.html


 

 たくさんの人たちが通う施設になり今日も「新成人を祝う会・新春のつどい」があります(事情により不肖kominka(ツマ)欠席です)毎年二十歳の人と還暦の人のお祝いの時間があって・・・本人と保護者の方の紹介もありいつも楽しみにしているのです。


ここ数年前の写真から・・・

f:id:fujiwarakominka:20120121113630j:image

f:id:fujiwarakominka:20110122113800j:image:medium

f:id:fujiwarakominka:20150124121153j:image:medium

f:id:fujiwarakominka:20160123120445j:image「おめでとう」



※なんで「介護保険」くくりの分類かというと・・・・年金受給と一緒で(違うけろ)「二つ」は受け取れない。ほら、「遺族年金自分年金か」で悩む人? けっこうありますよね。それと同じで(違うけろ)障がい者年金老人介護保険請求するか・・・障がいを持っておられる方の長生きも増えてきましたので(わりと早くに亡くなる場合が多いけれども)高齢化しております。このごろでは、新成人特別支援学校卒業してMUKAに所属する若者も増えた)のおかげで(?)MUKAさんの平均年齢はぐっと若い(笑)のです。

2017-01-20 少しずつ・・・・ですが。

[]

 あそこの現場ね施主さんにしたらじりじりするくらい(ご近所もみんな心配してくれてあるくらい「なかなか」画期的には進んでいないのだった)申し訳ない、進捗状況で・・・・。細かい打ち合わせを確認しないと進まないこともあり、さしさわりのない(?)屋根や柱の修復工事を日々しているのでした。

 それでもうちとしては「着々と」しゅくしゅくと工事はなされているのです。「柱を洗って」もらってからなんか綺麗になった(笑)気がするのですがみなさまはどうお感じになりますか?


f:id:fujiwarakominka:20170118114307j:image:medium

屋根を継ぐ


f:id:fujiwarakominka:20170118114354j:image

あれが大黒柱です。


 ジャッキってとっても「お役にたつ」のであります。なんかネ車のタイヤパンクしたときしか、イメージがないので不肖kominka(ツマ)とぼしい生活体験なのだけれども・・・・古民家再生現場では大いに活躍する器具でございまする。

f:id:fujiwarakominka:20170118114515j:image

ね? ねっ? 虫歯の治療みたいと思いません?(笑)


 古民家再生工事って「総入れ歯」(建て替え・・・kominkaイメージ)にするのではなくて「部分入れ歯」もしくは「虫歯の治療」という気がするのですわあはは、独断すぎるでしょうか?


 そこで長い年月生活してこられた日本家屋(木造住宅)が「大切に住み継がれて」いくためにはやはり、近代的に? 水回りや断熱やら快適に暮らすための「手だて」をしたほうがより暮らしやすい家になると思います。田舎暮らしをしたい方は当初「そのままでよい」とか「最低の工事で(お金をかけずに)」とか言われますけれど・・・・これから「そこで」暮らすために何が一番重要かしっかり選択して相談もされて・・・・新しい生活をスタートされるのがよいと思うのです。

 「打ち合わせ」は念入りに。されることをお薦めいたします。

2017-01-19 「高けりゃ」 いいのか?(笑)

[]

 さっき。よそ様のブログを「お散歩」してたら(ネットサーフィン?)お高級ホテルアフタヌーンティをなされた方の記事が載っていてひぇ〜〜「お茶」に2000円〜4000円ですと(笑)正月にどこも開いてないから・・・初挑戦されたのだとか(完全予約。41階のティーラウンジらしい・・・)



ぼけ(梅)一輪いちりんほどの・・・・いくらか「ほっ! 」と。寒が緩みましたわね。

f:id:fujiwarakominka:20170118121023j:image

また。週末は寒いらし。


 いつぞやさ〜〜tenjinチョコレートシャンパンだけで確か2000円くらい払ってぜいたくして・・・あとで話した人みんな(お友だち)から、ブーイング(笑)もうお値段もはっきりした金額は忘れちゃったけろ「高かった〜〜」というイメージしか残ってなくて・・・・「値段がと」なかったように思ふ、「場所代」たい(意訳。お値段相応の内容・サービスetcとは感じず・・・・「それだけあれば・・・」と言われたぞ。あはは)




年末に。よそ様のお庭では「春咲く花」を植え替えてありました。

f:id:fujiwarakominka:20161229092313j:image




 「セレブのまねごと」をする必要はないけれどもしかるべき場所に出たときには、しゃんとして、おうように(?)サービスを受けたいものです(笑)ドキドキしてるのがわからんようにねだってもう「あらかん(還暦すぎ)」ですからおほほ。ただ・・・タカピーなふるまいは、いくら庶民でもしたくないと心得ておりまする(笑)



安くておいしい(気も使わんでいい・・)のが一番かしら

f:id:fujiwarakominka:20150318143732j:image

お接待」も。うれしい。