fukaのつれづれ想い このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-11-11

今日、無事に挙式&入籍を済ませました。

「年内に籍入れよう」といろいろ調べ始めたのが、ちょう ど1ヶ月前の10月12日。

その日のうちに挙式の日取りが決まり、そこから怒濤のよ うにいろいろなことが決まっていった。

色んな人に出会い、その人たちがほぼみんないい人たち だった。みんなに助けられて、何とかここまでこぎ着け た。

…それにしても、嘘のような、ネタのような、いろんなハ プニングだらけの1ヶ月だった。 この1ヶ月、多分忘れられない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuka_mikarin/20131111

2011-12-29 良いお年を

日々のちょっとしたことは、全てツイッターで吐き出すようにしてしまったので、こちらのブログが完全休眠状態。


でも、ツイッターのアカウントをここに出すのはちょっとだけ控えたい。


今年一年は、いろんなことに振り回された。


真っ当だと思った上司は、とんでもない非常識人だった。

震災で、いろんな対策が不十分なのは分かったけれど、その対策を行うための行動力すらこの会社にない、ということも分かった。


会社のため、社員のため、自分のため。

何をすべきなのか、考えて動くことが多い一年だった。

でも、実りはほとんどなかった。

ネタは上司が全て握りつぶしてた。

あーあ。


来年は、今年以上に激動で多忙の一年になると思う。

でも、それなりに頑張って生き延びるしかない。


よいお年を。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuka_mikarin/20111229

2011-08-28

つれづれ

今度は2ヶ月放置…。


もう、日常の何かを記録するのは完全にツイッターに移行している。


気になるのは、ツイッターのログがどうなってるのか…


はてなもそうだけど、日記帳代わりに使うなら、ずっとログが残ってて欲しい。


それが気になる。

つれづれ

実家に帰宅。


居心地が悪い。


1年半前、叔父が亡くなってから、

叔母と祖母の折り合いが悪くなり、

母と父の仲も悪くなり、

とにかく空気が悪い。

つれづれ

先週金曜日のゲリラ豪雨こそ、本当のゲリラ豪雨だったとおもう。


新宿は1時間あたりの雨量が74ミリだったらしい。


会社の前を流れる神田川は警戒水位を超え、水防警報のサイレンが2回も鳴り響いた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuka_mikarin/20110828

2011-06-17 つれづれ

早一ヶ月、このブログを放置してしまった。


ツイッターが面白くて、たった140文字の中にどれだけの言葉を詰め込もうか、と躍起になる自分がいる。

そして、やり取りがリアルタイムで、とてもライブ感があるのもとっても面白い。


最近はツイッターばかり。

つれづれ

このひと月の間に、ちょっとしたことがあった。


久しぶりに人を好きになって、軽く告白して、軽く振られた。


また、自分のことをすごく好いてくれていた人と、友達になった。


そんな中で、2つ思った。


これまで自分がポリシーとしてきた「パートナーのいる女性と仲良しにならない」がクソほどの意味も持たないこと。


もうひとつは、「友達」という言葉の定義の曖昧さ。


本音と下心をこの便利な言葉の裏側に隠し切ることさえできれば、なんだって出来る。堂々と。

自分の心を理性で律し切りさえできれば、下手にバカ正直に生きるより、上手く本心を隠しながら、面白おかしく、やりたい放題しながら生きる。

こんな痛快な人生はない。

つれづれ

携帯の電池がおかしくなった。


金曜日の朝、起きて、携帯を充電器から外し、会社に向かう。

その電車の中でコロプラをしていたら、あっという間に電池残量のピクト表示が2本になり、1本になり、最終的に「充電してください」表示が出た。


慌てて乾電池式の充電器を繋いだが、地下鉄線内とはいえ、あまりに電池の減りが早い。

本体の故障も考えたが、とりあえず電池の問題だろうと判断して、会社帰りにauショップで電池を購入。


すると店員さんが「お届け先は自宅でよろしいですか?」と聞く。

どういうことか、とたずねると、「電池はショップに在庫がない。ポイント交換で注文できるが、メール便の発送になる」という。

仕方ないので、それで承諾すると「業務時間が終わっているので、発送は月曜になる。ご自宅への配送は火曜日以降になるだろう」という。

さすがにそれは待てない。一旦ショップを出て、近場の量販店を回るが、在庫はなし。もう一度ショップに戻り、電池を注文した。


しかし、メール便配送。

月曜発送の品が火曜日に着くはずがない。到着したのは木曜日だった。


さすがに腹を立てて、お客様センターにクレームを入れた。

ショップに電池を買いにくる客ってのは、大概が、電池がおかしくなって慌てて買いに来る客か、常に交換用電池を必要とするヘビーユーザーのどちらかだろう。

そんな客に対して、「ショップに電池はなくて、注文すると到着が1週間後です」とか、怠慢すぎやしないか。

そして、古い機種の電池はショップに在庫を置かない、という点にも異論。

古い機種ほど、電池が壊れる確率は高い。auの場合、購入後1年で、新しい電池を1個無料でもらえるサポートサービスがある。そのサービスで次に電池をもらえるのは購入後3年の時点だ。

このことから考えるに、電池の寿命はおよそ1年。ところが、機種購入後2年目の時点では電池はもらえない。

「誰でも割」などの縛り期間は2年間。2年目の縛りが切れた時点で、1年目エンドにもらった電池も寿命が来る。そのような時間軸を立てて、機種変更に誘導するような仕組みになっているのだろう。


だからこそ、発売されて2年くらいたった機種の電池をショップにおいて欲しい、というか、置くべきなのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuka_mikarin/20110617

2011-05-26 終わりが始まり

振られた。


久しぶりに、本気で人を好きになった。


その人には、すでに彼氏がいた。

風の噂では、将来が決まっているらしい。


でも、諦めきれなかった。


冗談めかして告白して、冗談めかして振られた。


来月、家族同士が会うという。


でも。

これまでよりも、ずっとずっと踏み込んだ立ち位置で、友達でいられる。

最高の褒め言葉をもらった。


試合に負けて、勝負に勝った…のか?負けたのか?

良くわからないけれど、すがすがしい。


振られた。

でも、関係はより深くなって、これからもずっと続いていく。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuka_mikarin/20110526