Hatena::ブログ(Diary)

元氣スヰッチ genki switch

2016/06/24 Friday

genkiswitch2016-06-24

【意識の空間】

今の自分を作っているものは一体なんでしょう。その答えに辿り着く一つの方法が、ヒプノセラピーなのかもしれません。以前は面白くて、前世インナーチャイルドを見るなどしていました。ですが今はそんなことはどうでもいい感じです。というより、そこだけで本来見るべきものに近づくことが出来るかどうか疑問が残ります。本来見るべき対象は、自分潜在意識が決めれば良いのです。見るべきものの向きがわかったら、それに従ってガイドしていく。それだけできっと本人に必要ものが見えてくるでしょう。その設定が自在にできる力量やスクリプト必要ですが、それは自分に合った人に接すればいいだけです。ムリなら途中で引き返す。そして機会を待つ。セラピーという言葉が苦手なのでこれまで使って来なかったのですが、それすらどうでもいい感じです。自由意識空間で遊べるヒプノセラピーにすれば、もっと楽しめるものになるでしょう。

2016/06/16 Thursday

【ココロの道】

英語を話せるようになりたい」という問題に取り組んだことがあります。英語が全くわからない訳ではなく、英語に関わる情報文法だったり語彙だったりは持っている。でも実際に話そうとするとうまくいかないという問題です。集中を誘導して、その問題に関わる記憶を辿り、その事実を見るだけです。実際そのセッション後に本人から「スゴく効果があった。」つまり喋れるようになったと連絡をもらいました。これもカラダの調整で行う「知恵の輪」と同じものだと気がつきました。知恵の輪とは、不調を筋骨格筋膜を含んだその位置や方向だけでなく、不調が現在の形に落ち着くまでの経路を追いかけるというものです。(知恵の輪って無理矢理取れないでしょ、そのイメージです。)人は様々なパターンで行動しますが、それは何かのブロックや捻れた部分を避けて成り立っています。その捻れを強引にほどくのではなく、経路に従ってほどくという考え方です。もちろんココロとカラダは一つですからカラダ側からアプローチでもうまくいくはずです。ただ、人によっては、その道筋を確かめたいという人もいます。そしてその方が効果的な場合もあります。そんな時は、自分で見るヴィジョン必要です。ところが、すべてをヴィジョンによって解決しようとすれば、1回で済む人もいれば、20回かかっても終わらない人もいます。何回かかるかは、事前に見積もることができますが、こちらがその時間が取れないことの方が多いでしょう。そう考えると、ある程度カラダからほどいておいて、最終的に必要な部分のみ自分で見て解くというのがお互いに効率も良く、経済的です。ただし、これを読んで万が一希望者が現れたとしても、現時点では即応できません。過去を振り返って、ココロもカラダも「知恵の輪で解けるんだな〜」と納得したというお話でした。

2016/06/14 Tuesday

【涼しい覚悟】

久々に昼間の街に出ました。いろんな用事の為ですが、とても気持ちが良かった。梅雨の晴れ間という程に雨が続いてはいませんが、田んぼを渡ってくる風は柔らかく涼しく、少し自由な気分にさせてくれます。去年の今頃までは当たり前だった感覚がとても新鮮です。夕方から整体若いお客さんも来てくれました。スポーツ楽しい中学生です。調整をさせてもらえることも幸せなことだとつくづく感じます。来た時より楽になって帰っていく。次の日はもっと楽になっているでしょう。そしてもっともっと楽しんで力をつけていって欲しいと願います。子どもたちは様々な故障を抱えてしまいがちです。その故障に気付いてあげらるようにするにはどうしたらいいのでしょうか。その為には、私たち大人もっと勘を磨く必要があります。もっとカラダのことを本質的理解する必要もあるでしょう。これからまた勉強が始まるのだという、何とも自由な、涼しい覚悟をおぼえた一日でした。

2016/06/12 Sunday

genkiswitch2016-06-12

【トリとアリ】

自分の行動やヒトの動きを鳥瞰してみたいと思うことがあります。朝の通勤時や帰宅時の流れは、きっと箱の中の砂を左右に動かすように、ザザザザーと音を立てながら動いているに違いありません。休みの日は、公園映画館ショッピングモールに向かう別の動きが見えるでしょう。その動きに気象をはじめとする環境や、お金の流れなどの情報を重ねて視覚化できれば、自分も含めたヒトの動きの本質的ものに気付けるかもしれません。カラダやココロの不調も、同じ様に見ていけば、本質的解決が短時間で出来るはずです。そのヒトの不調の詳細に加え、運動状況や不調が始まった頃の気圧や気温差、年齢と性別によっては月の動き、地震なども関係しているかも知れません。逆にその不調の中にはそれだけの情報が詰まっているとも言えます。ということは、微細に見ていくことは大きく見ることと同じということです。アリのように地面近くを少しずつ見ても全体に気付けるということです。とすれば、ヒトの動きも不調も、今そこにある相手状態に正面から向き合うことで本質が見えてくることになります。書いているうちに気がつきました。よかった。手元にトリの視点がありました。

2016/06/02 Thursday

genkiswitch2016-06-02

【6月の教室】

久しぶり過ぎて書き方忘れてしまいました。

整体中心の生活にもどります。日々の施術伊佐市に移りました。


鹿児島教室  6/15(水)19:30〜21:00 

場所鹿児島市教育総合センター3F 青年会館 談話室サークル活動室 

参加費:3,000円 

教室の前に3名施術可能です。希望者は連絡ください。

料金:4,000円 (17:20~○/18:00〜x/18:50〜x)

 

お問い合わせ、参加の申込みおよび予約は、

080-3181-6172

山下まで、お気軽に。