ネコと飼い主その職業と趣味

2016-12-08

旧友と黄落を踏む神社かな


 造形作家の石井春さんは、20年間ポルトガルに通いアズレージョポルトガルのタイル)の製作をしている。

来年の秋にはリスボンの、「ポルトガル国立アズレージョ美術館」が個展を開く。昔からある具象的なタイルに「釉薬のとろみと色に夢中」という彼女の目と手と感性で新しい光を当てた成果だ。

 東京の人だが、この10年京都に住んでいる。泊まりに来いと2年越しで言われていて、京都ならいつでも行けると思っていたが、今年は骨折したこともあり、行ける時に行かなくっちゃと出かけた。


京都駅の地下街「PORTA」の柱は、彼女の作品です。

ブルーが綺麗。

f:id:gonbey:20161207140601j:image


 忙しいのに、手料理でご馳走になる。湯葉の煮たの、鯖寿しが美味しかった。素敵に手を入れた日本家屋には、タイルがちりばめられていた。

すべてに前向きに生きている彼女には、ホント頭がさがる。尊敬してます。

ポルトガルワイン美味しい。写真下手でごめん。

f:id:gonbey:20161206171005j:image


翌日近くの下鴨神社に。期待していなかった紅葉が綺麗だった。



方丈記のレプリカ。

f:id:gonbey:20161207121618j:image



f:id:gonbey:20161207114819j:image

2016-12-06

冬の旅富士の高嶺を臨みつつ



f:id:gonbey:20161206115851j:image


富士山が見えると、得した気分になるのは何故だろう。

京都に向かうなう。

2016-12-04

北からの便り林檎は不揃いで

岩木山の麓で80過ぎた名人の作る林檎を青森の友人が送ってくれた。

一口、口から丹田までスーッと風が吹くようだ。


大きさは色々。

f:id:gonbey:20161204084356j:image




スーパーパンで焼きリンゴ作った。


f:id:gonbey:20161203202642j:image


スーパーパンまとめ。

魚焼きが億劫にならない。

焼いてる間他の料理が出来る。

後片付けがラク。

ブログ読んでポチった奥様、揚げ物はダメですがよろしく。

(アー、責任感じちゃつた。)

2016-12-03

カキフライ油で揚げてこそフライ


アサヒ軽金属のスーパーパンは、油無しで揚げものができるそうな。

カキフライしてみた。

パンにのせて8分。


f:id:gonbey:20161203105842j:image


こんがり。ーーーマズイ。


f:id:gonbey:20161203114408j:image


油で揚げ直します。


f:id:gonbey:20161203115908j:image


揚げて普通に美味しい。

カキフライじやなくて、トンカツのように脂肪分があれば違うかも。でも、もうやらない。

奥様そーいうことでした。


f:id:gonbey:20161203120251j:image

2016-12-02

降る雪や恋の終りを見届ける


シエルブールの雨傘」見る。女学生の時から何度も見た。ドヌーブ演じる16歳のジュヌビエーブ兵役に行ったギイの子供を身籠りながら、裕福な紳士に嫁いでいく。2年も待てないなんてあんまりだと、少女たち(私たち)は、当時憤ったものであった。

しかし今見ると別の印象。

ギイが旅立っていく駅頭のシーン、去っていく列車を見送って立ち尽くす、ってのが普通だと思うけど、彼女はまだ列車がホームから姿を消す前に、後ろを向いて去っていく。今までそれに気づかなかったので、あっ、と思った。これは愛の話じゃないのだ。

ミシェルルグランの素晴らしい音楽、場面場面のうっとりするようなコスチュームとインテリア色彩設計。雨に始まり雪に終わる、どこを取っても美しいメロドラマ

リアリティーが薄い登場人物は文楽の人形のように完璧に動いている。愛の物語という類型パターンにはまり、観るものを酔わす。

わっ、宝塚だったのだ。


「うまくいってる?」って別れ際にジュヌビエーブがギイに聞く。


f:id:gonbey:20161201222227j:image


「もっちろん」とギイが答える。


f:id:gonbey:20161201223145j:image

2006 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |