Hatena::ブログ(Diary)

Classic 8-bit/16-bit Topics

Classic 8-bit/16-bit Topicsでは、海外での出来事を中心に、旧世代のコンピュータ/ゲーム機に関する雑多な話題を書き散らしています。ただしゲームミュージックやチップチューンなどに関してはVORCで専門に扱っていますので、ご興味がおありのかたはそちらもどうぞ。

2014/05/29 長年放置しておりまして、申し訳ございません。ここやVORCで書いていたような研究は現在、主に各種『ゲームサイド』誌に書き綴っております。よろしければご覧くださいませ。またそのほか最近の動向に関してはtwitter:@hallyvorcにてお知らせしております。いずれ更新を再開したいとは思っております。



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 |
2014 | 07 |
2015 | 12 |

02.25.2005

[][] Jakks Pacific, SNKプレイモアと提携

プラグ・アンド・プレイ市場の先駆者・Jakks Pacificが、SNKプレイモアとの提携を発表しました。2006年春に「SNK TV Games」を約20ドルで発売する予定とのことです。先日ライバル会社のラディカがカプコンとの提携を発表していたので、それへの対抗措置なのかなと思ったら、収録予定に格闘ゲームは含まれておらず、「怒」「怒号層圏」「バンガード」と何やらずいぶん地味な内容になっています。いずれも家庭用で完全再現された例がないだけに、どうやって移植するのか気になるところですが、20ドルという最低ラインの価格設定からみて、ループレバーの再現はないと見たほうがよさそうですね。せっかくコントローラ一体型での復刻なのになあ。

[] Jakks Pacific GAMEKEY 発表

Jakks Pacificは上記と前後して、カートリッジでゲームを供給することのできる次世代のコントローラ型ゲーム機「GAMEKEY」をアナウンスしています。先日開催されたアメリカ国際トイフェアで一足早くお目見えしたそうですが、写真などはまだ出ていないようですね。

発売は今年秋を予定しており、既存のTVゲームズ・シリーズが順次カートリッジとして利用可能になります。すでにカートリッジ化が決定しているのはナムコ、ニコロデオン、DCコミックス関連のタイトルで、「パックマン」「ミズパックマン」「スポンジボブ」「バットマン」「スーパーマン」「ジャスティス・リーグ」「スクービー・ドゥ」など。最終的にはほとんど全ての作品を網羅するものと思われます。

こうしてどさくさ紛れにカートリッジベースの家庭用ゲーム機が復活しようとしているわけですが、周知のようにプラグ・アンド・プレイ機へのカートリッジシステム導入は、決して目新しい動きではありません。「e-kara」はすでに2年以上にわたってカートリッジを提供し続けていますし、最近ではXaviX Portというきわめて洗練されたプラットフォームも登場しています。この方面の技術と経験では、明らかに日本企業が先んじているわけですが、その豊富な蓄積を現在のブームにうまく活かしきれていないのは、少し歯がゆいところです。

miraimangamiraimanga 2005/02/25 14:25 確かにゲーム市場はプラットフォーム主導で各メーカーはソフトウェア供給が当たり前のわが国では、このような低価格で手軽に遊べるプラグアンドプレイ機がなかなか出てこないのは残念です。ゲーム市場が縮小気味の日本ではこうした過去の遺産が海外に流れてしまうのはちと残念です。

hallyhally 2005/03/25 03:48 そうですね。たしかに日本のプラグ・アンド・プレイ市場には、低価格という視点が欠けています。そろそろ国内企業にも、ワンチップファミコンを使って何か面白いことをやり出すところが出てこないものかなあと思っているのですが、出てくるのはファミコン互換機ばかり。脱ノスタルジはまだ遠そうです。

旧世代機専門ニュースサイト (日本語) :