Hatena::ブログ(Diary)

HKT48 兒玉遥 神推しブログ

 ■兒玉遥Story はるっぴの物語はこちら

2016-11-26

5周年

もう5周年とか早い。結局今回は全く行けず。しかしネット三昧の日々だった。

まず、はるっぴが出たもの以外で言えば、レジェンドと手つなが印象深かった。レジェンドは一期生中心で感涙もの。また今度ははるっぴ・咲良も入れて是非やってもらいたい。手つなはやっぱりいい公演。これは生で見たい。おそらくT2の公演になるだろうと思っていたが12/21スタートとなると今年は入れそうにない。来年早々にも入ってみたいものだ。

はるっぴが出た5周年公演はさすがの一言。改めて、兒玉遥の魅力を十分に感じた内容だった。まずはパフォーマンスだが、「タブーの色」は素晴らしかった。見入ってしまった。やはり、さくはるは相性がいい。大人列車も自分が見たいところはなかなか映らなかったがそれでも魅力を感じることは出来た。こちらは元気を伝える曲。リクアワでも是非上位で見たい。

そして、MCでも紅白についてちゃんと触れた。難しいところだが、これもさすがという感じだ。伝わってくるものがあった。

そして、去年までのこういう記念公演では穴井千尋が行っていたMCをはるっぴがやっていたという印象。運営からの期待は感じた。となればこちらもHKT運営を信じて支えていくしかないだろう。

忙しくてなかなか公演に出ることが出来ないが、やはり公演は魅力が直に伝わってくる。もう少し出れないものか、と思うが年末に向けてさらに公演出演は厳しくなる。ここを乗り切って再び劇場の兒玉遥を生で見たい。

2016-10-24

夜風の仕業

前回公演(8月)あたりから、はるっぴの「夜風の仕業」に変化が出てきていると感じていた。一言で言えば自由に歌っている。歌の練習のような感じだったものが、オリジナリティが出てきているのを感じていた。

今日の出張公演でもそれは感じられ、独特のたたずまいからこれは不思議な歌手になってきたな、と思った。もちろん、これは褒め言葉であり、歌にオリジナリティが無ければプロにはなれない。どんなに上手くてもだ。そのような方向を意識しているということもモバメから感じられ、これからの期待が大きくなった。

ただ、まだまだ伸ばさなくてはいけないことは確かだろう。もっと公演があれば、と思うがこればかりは仕方ない。自分で意識して、歌唱力が伸びていって欲しい。すごくいいところまで来ていると思う。

もっと突き破って、一部の人が「すごい!」一部の人が「なんじゃこりゃ」のような感じになれば最高だと思う。

2016-10-13

46thポジ

じゃんけん大会披露された46thポジを確認すると12,3番目と思われる。三列目のセンター。確かに2列目までの優遇感はあるが、順番的にはこれぐらいと推測されたので、予想の範囲内なのは間違いない。

列的には2列目までに入りたいところではあるが、45thの二列目端がやはりテレビ的には映りにくいことを考えると3列目中央は悪くないのでは無いか。

そして、一応16人という枠には入っていることを考えると総選挙(45th)以外では最高序列ということになる。運営枠としては、ようやくUZAの咲良に追いついたということになる。

ただ春のシングルが仮に16人とすると12,3番目は入れ替えられる可能性がある枠と言える。どうなるかは全く分からない。

2016-10-08

もも女

レギュラー渕上舞ちゃんが決定。これはめでたい。
自分はもも女の良さはいい意味でのマンネリズム、安定感であり、そこに確固とした世界ができあがっていることだと思う。いつもその時間に聞けばいつものメンバーが居てなんだかほんわかした感じのいつもの時間を過ごさせてくれる。

これは特に地震のときにその大切さを痛感させられた。どんなに大変なときでも、どんなにつらくても、そこにはいつもの日常があった。この番組が与えてくれるやすらぎはとても貴重だった。

もちろん、時々はゲストが来ることも楽しいと思う。だが、毎回ゲストだと何か違った番組という感じがしていた。おそらく番組側もそれを感じていたのかもしれない。これほど早く決まるとは思わなかったが、レギュラー決定したのは嬉しいことだ。

また、そのメンバーが渕上舞になったことも最近のはるっぴを見ている人にはやはりな、という感じだろう。選挙後のSHOWROOM、コメントが見れないはるっぴが頼ったのは舞ちゃんだった。さっしーananを誰と見るか、これもはるっぴが選んだのは舞ちゃんだった。はるっぴが今メンバーの中で誰と仲が良いかということになると舞ちゃんということになるだろう。

もも女の新レギュラーで誰を選ぶか、運営側の事情もいろいろあっただろうが、結局キャップとの番組のような雰囲気を継続したいのであれば、はるっぴが誰となら話しやすいか、というのが最大の要因であり、そう考えると舞ちゃんになるだろう。

もちろん、舞ちゃんとキャップではキャラは異なるし、そういう意味では番組の雰囲気は変わるだろう。しかし、もも女の良さである安定感は戻ってきて、舞ちゃんの与える影響からはるっぴの新たな魅力も出てくるだろう。とにかく楽しみである。

2016-09-30

知られざる?名曲 追加

一曲忘れてたので追加。

タンスのゲン

もはや新規の人は存在すら知らないだろう名曲。これはHKT48が2013年に「タンスのゲン」のCMを行ったときのCM曲である。しかしCDには収録されていないので知らなくても当然だろう。

だが、実は配信で現在も入手することが出来る。HKT48唯一の配信のみのオリジナル曲である。Amazonで250円でMP3バージョンを入手できる。ただし、1:46とすごく短い。

曲調は昭和歌謡のような懐かしい曲調で最近のHKTとは全く異なる。だがリズミカルで非情に気に入っている。この曲は武道館HKT48初単独コンサートで披露されたがオリジナルメンバーでの披露は無い。

タンスのゲン HKT48
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%B3/dp/B00BN7IA1A