Hatena::ブログ(Diary)

HKT48 兒玉遥 神推しブログ

 ■兒玉遥Story はるっぴの物語はこちら

2016-06-23

兒玉遥Story4更新

今回の総選挙について更新。あとでまた書き足すかも。
http://haruppi.webcrow.jp/haruppistory4.html

それにしても夢のような展開の総選挙だった。最初の山場、アンダーガールズで呼ばれないところでまず歓喜。さらに16位、15位、14位と呼ばれない。どこまで行くんだ・・というあの幸せな時間。十夢とどっちが上か、という中で祈るはるっぴと平然とすましている十夢との対比がまたよかった。そしてさっしーが手を握る中、十夢に勝利し一桁順位に! ようやく兒玉遥が呼ばれたとき、総選挙で初めてのガッツポーズを見せた。選抜入りしたら私も泣くかなと思ったがここまでは歓喜が勝って泣くことは無かった。だが、スピーチでのごめんなさいに涙腺崩壊してしまった。去年の総選挙と合わせるとまるで漫画みたいな映画みたいな、そんな展開を味合わせてもらった。はるっぴを推してほしいと勧めて良かった。そう思えた1日だった。もちろん、その後少し飲み過ぎた。

しかし、ほんとにこの子はドラマチックである。この総選挙の前の時点で既にドラマチックであり、だからこそ兒玉遥Storyを書いたのだ。ところが、その後の展開もどんどんドラマチックになっていく。おそらく、この後もいろいろあるだろう。まだ物語は始まったばかりである。

2016-06-22

選挙で思ったこと

分析も色々書こうかと思ったが勝者からの分析はなかなか書き方が難しいと思った。いろいろ書いたのだが結局はボーダーが昨年より下がったのが大きかった、という一言だけにしておく。

それよりも総選挙終わって思ったこと。今回の選抜はなかなか素晴らしいというものだ。若手が多数入って新たなAKB選抜を思わせる。そして、それで思い出したのがマジすか5だ。以前「次世代選抜」の記事に書いたが、マジすか5での兒玉遥の役回りはAKB若手を率いることだった。

今回AKB若手が選抜に食い込んでいった。そして初選抜最上位には兒玉遥が9位に入った。その姿はまさにマジすか5の1シーンそのもの。若手を率いて選抜に殴り込み、という形だ。

さらに言えば咲良との関係もマジすか5を思わせる。福岡で敗れ、同じマジ女に転校しながら、さくらがテッペン取るのを見ていたカツゼツ。そのカツゼツが急に階段を上ってきた、という形だ。

マジすか5でのはるっぴは「抜擢された」といった感が強かったが、ようやく追いついてきた感じがする。もちろんマジすか5のバッドエンドにはならないようにしなくてはいけない。これはAKBG全体の問題だ。


そしてもう1つ。大事なニュースが選挙後に飛び込んできた。写真集の発売だ。写真集は10代最後に出したいと本人はよく言っていたが、タイムリミットが迫りもう難しいと思っていたが、ほんとによく実現できたものだ。そして、これがしっかり売れないと兒玉遥の未来は危ういものとなる。

選挙が終わって1つの戦いは終わったが、また新たな戦いが始まる。写真集の売り上げを博多のセンターとして恥ずかしくないものにすること。これが次のミッションだ。
正直選挙後なので結構厳しいと思うし、美桜を超えるのもなかなかなかなか難しいが頑張るしかないだろう。

2016-06-18

最高の結果

最高以外の何物でもない。一桁順位とは恐れ入りました。
去年の悲劇はここに完結した。そして新たな物語が始まる。
はるっぴは我々の想像以上にすごい!

2016-06-17

投票終了

とりあえず現地投票以外は終了。
個人的には、ここ3年では一番やりきった感はある。昨年は怖さしか無かったが、今年は終盤の流れは悪くなかったと見る。ただ、大きな流れは起きていないと判断する。

目標も色々出たが、自分は選抜入りできるかどうかが一番大きい。何でもいいから滑り込むこと。これができれば祝杯だが・・

問題はやはりボーダー。速報は全体的に下がり目だったが、それが本番でも続くのか。それとも本番爆上げか。爆上げなら対抗できないと見るが、そこまで行ってしまうのもどうなのかという疑問もある。個人的な予想は、ほぼ横ばいと見る。はるっぴが少し票を伸ばすことで入れるはずだ。ただ、今年もきわどい勝負になる可能性は高い。

2016-06-13

現状

はるっぴからモバメが来たことだし、現時点での現状分析を。
ほんとは数字も出したかったけど、とりあえず順位だけ。要は去年の選挙前のと同じ予想に。

つまり「14位を中心に上下4位ぐらいに確率が広がっている感じ」

去年、こう書いて結果17位。これも同じ「いろんな数字を見ても大きな流れが来たとまでは言えなかったように思う」。もちろん、あと3日あるけど。

去年の予想記事
http://d.hatena.ne.jp/harappi/20150605/1433514823

ただし、今年は去年以上にボーダーが読めない。客観的に速報からの最終得票数予想をすれば、はるっぴの得票数は速報が去年より下がっているのだから最終も下がると予測せざるを得ない(実際のところ、速報が下がって最終は上がったメンバーは過去少ない)。他のメンバーも速報倍率から計算していけば、はるっぴはきわどいところにいることが分かる。

というか普通に速報倍率計算したら、はるっぴは選抜には入れない。今年は去年より倍率が上がると信じて、また他のメンバーも(根拠があれば)下方修正してようやくだ。

細かい数字はあとで出すかもしれないが概要としてとりあえず。