Hatena::ブログ(Diary)

HKT48 兒玉遥 神推しブログ

 ■兒玉遥Story はるっぴの物語はこちら

2016-05-30

速報全力で

ぐぐたす選対からのお知らせで速報が厳しいことが明らかになった
http://plus.google.com/114562463863265343669/posts/K1TQXmV9fcy

となるとあとは速報でどこまで踏みとどまれるかにかかってくる。
1つのラインはやはりUG。UGにも入れないレベルだと相当な厳しさになる。UGの中でも20位台まで行けると与える印象がだいぶ違う。選抜滑り込みも夢では無い。理想は20位以内だが現状では厳しいか。

今年は速報を重視する戦いのメリットを全て捨てることになりそうなので、そうなった分のマイナスも怖い。例えば選挙期間中のメディア注目度がガタ落ちすることになる。これは選挙で結果が出た直後まで響くだろう。

速報によって選対票以外の票がどれぐらいあるかも見えてくる。伸びないようならある程度コアなファン層の広がりは無かったということで本戦でも厳しくなる。この1年である程度広がり自体はあると予想するのでUGには入れるレベルに来て欲しいと思っている。

2016-05-28

総選挙、現状厳しいです

総選挙を改めて選抜入りできるかを考えるとやはり難しさを感じざるを得ない。

枠の問題から行くと昨年の11人が確定に加え、だーす−、にゃんにゃん仮面、岡田奈々とここまでは確定と言える。残り2人。おそらく峯岸、それとNMBが一枠来るなら白間。さらにSKEからは古畑もいる。この中で確実に2人に勝たないといけないがこれは容易ではないことが分かる。箱推しが絡む白間・古畑はグループの地力がある。この2人への支援が多ければはるっぴの選抜入りはかなり厳しくなる。

速報の結果次第ではAKB若手でさらに誰かみーおんやこじまこらが割って入ってくる可能性も高い。こう考えると選抜入りは容易ではないどころか昨年の順位すら危ういと分かる。

にも関わらず各種予想で選抜入りと書かれ、ファン自身もそのように思い込んでいる人が多い。誰かがはるっぴに勝手に投票して選抜にしてくれるわけではない。兒玉遥ファン自身が投票しないといけないのだ。しかし、現状の空気は既に昨年の速報後・開票前のような感じを受ける。危機感が共有されていないのが最大の問題だろう。

今、兒玉遥の選抜入りの確率は50%は切っていると感じる。昨年より厳しい戦いになるのは既に昨年予想済み。だから予想通りではあるが、あきらめるわけにはいかないのだ。結局は兒玉遥ファン自身が選挙結果を決めるのである。

2016-05-27

速報

速報について自分の考えは特に昨年と変わっていない。つまり速報全力でいくべきという考えであり、今年も自分は全ての票を速報で入れる。

今年は何位を狙うのか。仮に本気で神7を狙うのであれば速報20位とかでは無理。神7の地力が無い以上、10位以内にはいないといけないだろう。

しかし実際には選抜ボーダー争いと私は予想しているが、そのためには何位が必要か。最低ラインとしては20位以内だろうか。30位や40位だと兒玉遥に支援票が来るだろうか。支援票など来ないと思った方がいい。HKT箱推しは兒玉遥より美桜やまどかが選抜に近ければ、そちらを支援するだろう。今年は普通に選抜を狙うメンバーが多いのだ。また、速報が低ければそれだけ余力があると逆に見られてしまいやはり支援票など来ない。

昨年、選抜確実と考えられていただーすーは速報32位から選抜を逃している。速報32位はそれほどまでにきつい。速報でこれぐらいまで落ちてしまうと選抜も難しいと言わざるを得ない。

結局はある程度の順位が速報で必要だが、速報を重視する人は今年は少ない。よって昨年よりも順位が大きく下降することが予想される。どこまでで踏みとどまれるかだが、正直16位以内に入らないとそれより下から上がれる力が今あるかどうか。HKT内での相対順位にもよるが、厳しい結果が待っていると予想する。

今年の劇場盤の握手順位からは兒玉遥が14位ぐらいで選抜入りできそうな予測は出来るが、この予測が成り立つための最大の関門は速報だろう。例年通りなら選抜への障害は少ないが、ここで躓けば一気に厳しくなる。

2016-05-15

日常

同じ熊本でも被害のバラツキは多い。自分はいろいろあって忙しかったが、何とか日常を取り戻せそうなところまできた感じ。非常に幸運な方だと思う。

家の片付けが大変だが、なかなか見つからなかった「74億分の1の君へ」Type-Cがようやく見つかる。TV台の下に入り込んで予想以上に奥まで入っていた。

今年の選挙は劇場盤は買えていないがモバイル・モバメ票中心に集めようと思っている。もちろん、全部はるっぴに投票。

あとは新劇場に行っておきたいところだが、これはいつになるかは運次第か。

2016-04-26

モバメ票

地震でいろいろあってようやく更新。とりあえず少し落ち着いたが元に戻るのは容易ではない。当然応募するつもりだった新劇場公演初日も無理に。5月前半なら、と思ったが公演自体無い。新劇場行ける日来るだろうか。その日を信じて生きるしか無い。

それよりも今回の総選挙でモバメ票が追加された件。これにより大きく総選挙は変化する。モバイル会員が今まで4票だったのが、NGTが増えて5票になるだけで無く各グループのモバメ会員で5票が追加。最も安い324円の票が10票になり、これまでの2.5倍に。

こうなると、ただでさえ最近の総選挙で大きくなっていたモバイル票がさらに大きくなり、大きな影響を与える。まずはこのモバイル&モバメ票10票をどれだけ固められるかが大事に。みんながまずこの10票を入れるところから始まる。2台持ちなら20票。これは大きい。

総選挙はCDで投票出来る、という感じから、携帯で投票出来る、というイメージに変わるのでは無いかというインパクト。3240円10票を何人(何台)集められるかが勝負所。

例えば、それほど総選挙意欲が強くないヲタ友にモバメ代金払うから投票してとお願いできる。これはむしろこれまでよりお願いしやすい。明確なメリットがあるからだ。10票全部行けなくても、これまで掘り起こせなかった数票でも獲得できれば大きいだろう。

今回は、モバイルに焦点を当てて選挙戦を戦った方がよい。