Hatena::ブログ(Diary)

クレジットカード現金化口コミまとめ

2014-10-13

現金化業者を使わない裏技体験談

最近よく聞く、クレジットカードの現金化ですが、
私自身は、いわゆる専門業者を利用したことはありませんでした。

ちょっと怪しい感じだし、個人情報ダダ漏れしそうだし、、、


ところが、たまたまなんですが、

お金に困ったとき、
クレジットカードのショッピング枠をネット上だけで簡単に
現金化する裏技を口コミ、体験談から発見してしまいました。



この方法は、専門業者は使わず、個人情報クレジットカードの番号を相手に
知られることもないので、後々面倒なことがない方法だと思います。


ずばりその方法とは、このサイトを使います。

CREATIVE ROOTS
http://shop1.creat-r.com/

CREATIVE ROOTS ???」と思った方。その気持ちはわかります。


このサイトは、いわゆる著作権フリーの素材をダウンロード販売しているサイトです。

一体なぜこのサイトで、カードの現金化が出来てしまうのか…

ココは、ナント購入後にキャンセル返金がOKなんですね!

しかも、クレジットカード支払の購入に返金が、
私の銀行口座に現金振込されるのです。

普通、ダウンロード販売のサイトでは、商品がデータなわけで、
簡単にコピーされてしまうので、キャンセル不可なのですが・・・

実はココがミソで、
このサイトでは、キャンセルに対して、一律12%の
キャンセル料を設定しているのです。
これが無いと、止めどなく素材だけ無料でダウンロードされ損ですから。


仕組みを説明すると、

1.ダウンロード商品をクレジットカードで購入する

2.キャンセル申し込みをする

3.キャンセル手数料12%を引いた金額が自分が指定した口座に振り込まれる


私の場合は、114,170円のセット組素材商品を購入。


その後、サイトのキャンセル受付フォームに
自分の銀行口座を指定してキャンセルを申し込みを送信しました。


3日後、指定の口座に、キャンセル料と振込み手数料を引いた
100,038円が振り込まれてきました。

購入額  114,170円

キャンセル料 -13,700円
銀行振込手数料 -432円
--------------------------------------
口座への入金額 100,038円
キャッシュバック率は、87.6%


ただし、振込みには3日程かかるので
今日中に現金が必要!というような、せっぱ詰まった方は
おすすめできません。


私の体験談としては、月末、ちょっと足りないかも!!ぐらいの時に、

ちょこっと利用するのには良いかと。

やみくもに現金化しても支払いは残るので、最後は自己責任ですが、
どうしても今だけ現金が必要で、かつ返済のめどがきちんとあるという時は、
ネット上だけで簡単だし、安全な方法だと思います。

2014-03-05

クレジットカード現金化はお得で安心でしょうか?口コミ 体験談


皆さん、こんにちは!



それでは、

今日も以下の口コミ 体験談の情報を拾ってみました。



クレジットカード現金化はお得で安心でしょうか?




  • 回答 -

この知恵袋の場合は質問に対して比較サイト案内という形で窓口は別で同業グループに誘導する親切を装った回答をしてしています。

または自分も利用したとかお勧めはできないけどとかパターンは様々ですが最終的には特定の名前とかサイトとの案内です。



……



A.方法を示唆し、商品等を買い取る

【事例1】膨大な手数料をとられたケース

現 金が必要になり、「即日融資、担保・保証人不要、低収入でも融資する」との広告を見て店へ行った。業者に「クレジットカードで買い物をすれば買い取る」と 言われ、業者と一緒にカー用品店へ行き、クレジットカードのショッピング枠の限度額70 万円分でカーナビゲーションを6 台購入した。しかし、それらを業者には40 万円でしか買い取ってもらえず、さらに限度額分の買い物をしたのでカードが使えなくなり困っている。買い取りに関する書面はもらっていない。 (相談受付年月:2009 年5 月、契約者:千葉県 40 歳代 男性)



B.業者が商品等の販売と買い取りの両方を行う

【事例2】宝石店と称し現金化を行っているケース

「ショッ ピング枠で現金化」と看板のある宝石店に行った。店頭には宝石の陳列はなく、現金化の話をすると、クレジットカードを出すよう求められ、クレジットカード で10 万円分の決済をしたようだ。控えと7 万5000 円を渡され、カウンターの下から腕輪を出された。「これを7 万5000 円で買い取った」と言われた。不審に思うので解約したい。

(相談受付年月:2009 年4 月、契約者:福岡県 60 歳代 女性)



C.業者が方法のみを示唆する

【事 例3】仕事登録料の支払いの際に利用をしてしまうケース携帯電話のサイトでパチンコ関連内職募集を見て応募した。「仕事の登録料40 万円を支払えば仕事がある」と言われ、契約をした。その支払いにお金がないことを伝えると、業者に買取屋を紹介されクレジットカード番号とカードの有効期 限を教えた。買取屋が自分の名義を使って、インターネットでアクセサリー6 個とOA機器を合わせて47 万円で購入しクレジット決済をしたようだ。商品は渡されず、34 万円が振り込まれた。仕事の契約をしていたが、仕事がなく、業者に返金して欲しい。(相談受付年月:2009 年7 月、契約者:千葉県 20 歳代 男性)



(2)キャッシュバック方式

【事例4】「キャッシュバックする」と、お得感ばかりをうたわれ利用したケースクレジットカー ドを使い、「インターネットショッピングモールで10 万円のパワーストーンブレスレットを購入すれば、7 万5000 円のキャッシュバックをする」という説明を受け、ブレスレットも手に入り、さらにキャッシュバックも受けられるのでお得だと思い契約をした。

商品 と7 万5000 円を受領したが、この商品に値打ちがないと思われるため、商品を返品したい。現在任意整理中であり、クレジットカードの支払いをしなければならないが、現 金は残り2 万円しかなく返済出来ない。(相談受付年月:2009 年8 月 契約者:福岡県 30 歳代 男性)



(3)その他

【事例5】キャンセルを申し出てトラブルになるケース

携 帯電話のサイトで「クレジットカード現金化」という画面を見て申し込んだ。業者に4万円欲しいと伝えると、5 万4000 円のカード決済が必要だといわれ、カード番号やカードの有効期限等を教えた。その後、カードと身分証明書を写真メールで送れといわれ、怪しいと思った。条 件が違うのでキャンセルをしたいと伝えたら、罵倒ばとうされたので、こちらから電話を切った。翌日カード会社に確認をしたら、カード決済された形跡があ る。

(相談受付年月:2009 年5 月、契約者:高知県 20 歳代 男性



(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)



じゃあまた!!



現金化の口コミ・体験談はこちら

2014-03-04

このようなクレジットカード現金化業者には要注意







ネットで検索すると、非常にたくさんのクレジットカード現金化業者が存在します。

ほとんどのクレジットカード現金化業者のサイトには、「気になる点は何でも質問してください」と書いていますが、換金率など重要な点をメールで問い合わせても、実際に返事をくれる現金化業者は少ないようです。
このようにメールで換金率を尋ねても、色々はぐらかして実際に換金率を答えてくれない業者は要注意です。

サイトで換金率92%などと書いてあっても手数料などの名目で実際に現金化できる換金率は80%になるような業者が多く、そのため換金率について質問したメールにも返事ができないようです。

なかには、「私どもではこのような換金率になります。」と細かい見積もりを出してくれる業者や
「正直言うと、手数料やカードブランドで率は変動します。だから必ずしも記載している換金率にならない場合があります。実際の換金率は○○%です」と返事をくれる業者もあるようです。




クレジットカード現金化の裏技体験談はこちら







2014-03-03

カードの連続申込みについて







クレジットカードを新規に申し込む際に、「審査に通るかどうか不安なので、他社にも申し込んでおきたい。」とか、審査に落ちてしまったので、直ぐに他社に申し込みたい、などといったことがあると思います。
そこで気になるのは、クレジットカード会社側がどの程度の情報まで把握しているのか、という事だと思います。

信用情報機関への情報登録の時期は、各業者により異なります。
クレジットカード会社の場合は1ヶ月分を一括登録という業者が多いようです。
消費者金融では、全情連への登録はどこの業者もこまめに毎日行っていますが、CICやCCBに対しては月1回の業者もあれば登録自体しない(怠る)業者もあるというのが実状です。
結果的に、全情連の情報は精度が高く、審査の上で重視されるということになります。

また、各支店からそれぞれ登録する業者もあれば、本社がまとめて行う業者もあります。
ここで、同時に複数の業者に申し込んでもバレないのでは、そして(契約情報が反映されるまでの隙に)複数の業者から借りれるのでは、と考えてしまう人もいることでしょうね。

しかし、残念ながら現実はそんなに甘くありません。
たしかに、各業者が登録しなければ反映(更新)されない、契約や事故の情報についてはその通りです。
消費者金融からまめに登録が行われている全情連の情報でさえ多少のタイムラグが発生します。

しかし、それとは別に「新規申込」と「途上与信」というデータがあるのです。
特に「新規申込」は各社が目を光らせている情報で、「申し込みを受けた業者が審査の際にデータベースに照会した時点」で自動的に出てしまうので、誤魔化しようがないのです。
各社はこの情報によってどこの業者にいつ申し込みをしたかをリアルタイムで知ることができるのです。

「新規申込」の情報は一定期間を経過すると消えます。
契約情報の登録によりデータが更新されれば、申込情報は必要ありませんから。
その一定期間については、全銀協は3ヶ月、CICとCCBは6ヶ月。
全情連やテラネットは1ヶ月となっていますが実際は2〜3週間です。
つまり、消費者金融の場合、2〜3週間で申込情報が消える事になっているのですが、1ヶ月経ってから次の会社に申し込む方が安全だと思います。
ちなみに、同じ会社に再び申し込む場合、最低でも半年は空けて下さい。
その会社に以前の申し込みの記録が残っているというだけでなく、半年以内では余程の理由がない限り再審査の対象にはならないからです。


現金化業者を使わない裏技体験談はこちら






2014-03-01

ショッピング枠の現金化とは




クレジットカードには利用限度枠が設定されています。

利用限度枠には… 
・買い物の代金の支払いを後払いにする「ショッピング枠(買い物枠)」 
・お金の借入に使う「キャッシング枠」  
…という2種類があり、それぞれに利用限度の金額が設定されています。 

「ショッピング枠の現金化」とは本来買い物の料金の支払目的で設定されている「ショッピング枠」を換金目的、、
つまり、実質にキャッシング゙の 代替手段として利用することです。 

利用者が、業者の指定した商品をカード決済で購入した後、それに対するキャッシュバックか、
あるいは購入商品の買い取りという形で業者の手数料を差し引いた現金が利用者に支払われます。 

以前から、個人的に行う資金調達の裏技として、
商品券や列車回数券などの「転売による換金率の良い商品」をカードで購入した後で、
自分で金券ショップに売却して現金化するという手段が行われていました。 

けれども、換金目的でカードの買い物枠を利用する事は本来、
クレジットカード会社利用規約違反ですから、バレれば、利用停止になってしまいます。   

ですから、最近ではこのような個人の手口に対するカード会社のチェックが厳しくなってからは、
ネット上で取引出来る信用出来る現金化業者に依頼して、
上記のような方法で現金化を行う方が確実性の高い手段になっています。


現金化業者を使わない裏技体験談はこちら




「高還元率」の裏




現金化業者のホームページでは競い合うように
「95%〜97%」といった、非常に高い還元率(換金率)を表示しています。 

しかし実際は、この通りの金額が支払われないケースが多いようです。  

業者を使わないでクレジットカードで商品券を購入して、
自分で金券ショップで 換金した場合の換金率が大体95%〜97%位です。     
クレジットカード現金化業者の場合、
換金対象商品の商品送料、送金手数料、代引手数料、カード決済手数料など…
業者の直接の必要諸経費を考えると、
還元率90%〜93%位が業者側が赤字になるかどうかの境界線だそうです。

さらに、人件費や宣伝費、業者自身の利益がなければ、商売になりませんから、
利用者に実際に支払われる金額はさらに少なくなります。

口コミ・体験談などを調べてみると、実際に利用者の手元に入る金額は、
例えば5万円〜30万円の現金化で、65〜80%位の間のようです。      

つまり、現金化業者のホームページの「表示還元率」は、
こうした必要諸経費+利益分が差し引かれる前の金額である場合が多いという事です。 

実際の換金率次第では、クレジットカードの現金化は実質的には非常に高利の借金になってしまいます。 

ですから、実際の手続きに入る前に、必ず表示還元率以外の手数料がいくら掛かるのか、実際に手に入る金額がいくらなのかを業者に確認するようにしましょう。 


現金化業者を使わない裏技体験談はこちら