グッズ屋の、いたって普通な、その日暮らし はてな版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

※March 24(Sun), 2013 domenica ventiquattro marzo

[]桃源郷より 02:13 桃源郷よりを含むブックマーク

f:id:hetareusa:20130320092644j:image

満開の声が遠くから聞こえて来るけれど、こちらはまだまだ。

まるで、住む世界が違っているかのようです。


画像は今の季節感たっぷりなおやっつ。おいしい。


これでおしまい。

※March 21(Thu), 2013 giovedi ventuno marzo

[]逆さま 01:38 逆さまを含むブックマーク

f:id:hetareusa:20130308071446j:image

んん?鍵穴って、こういう向きでした?

前方後円墳の、丸い方が後ろだと知った時のあの感じに似ている。

塀の上からは、枝がもっそりはみ出している。

開かずの庭への戸口を見つけた。

中に入れば、メアリーになれたりして。

※March 19(Tue), 2013 martedi diciannove marzo

[]地方サロン 03:00 地方サロンを含むブックマーク

f:id:hetareusa:20130319042548j:image

「よう参り。」って、今、言った?

目的地への途中、小さなお稲荷さんに迷い込む。

意図せぬ道草は得意なの。おっとっと。

今をときめく小説家お三方の座談会がたいへん楽しかった。

だいたい、出だしから現実離れしていた日。

※March 10(Sun), 2013 domenica dieci marzo

[]どっちゃり 02:18 どっちゃりを含むブックマーク

f:id:hetareusa:20130309050807j:image

ピュレグミ、酢いい。おいしいな。ありがたいな。

今日は、もう、ぱたり。

※March 08(Fri), 2013 venerdi otto marzo

[]思い出深く 02:12 思い出深くを含むブックマーク

f:id:hetareusa:20130307233356j:image

あら。

本当にどこからでも見えるのね。

ブラインドの隙間から覗いて気が付いた。

ということは、夜の姿は見逃しちゃった。

前の日は、なんだかそれどころではなかったのだろう。

※March 03(Sun), 2013 domenica tre marzo

[]バラエティーに富んだおやっつ 02:01 バラエティーに富んだおやっつを含むブックマーク

f:id:hetareusa:20130303081914j:image:w360

f:id:hetareusa:20130303120859j:image:w360

デニッシュ風の生地に、炒っていないマカダミアが入っていて、

おいしいです!

どーしたらいいんでしょう、おいしいんです!

奥のパックは、お雑魚さん。

広島限定焼き牡蠣スナックは、バーベQあじのオイスターソース味だわ!

おいしー。止まらないわ。

※March 02(Sat), 2013 sabato due marzo

[]ちょっと慌てて 01:50 ちょっと慌ててを含むブックマーク

f:id:hetareusa:20130301090151j:image

カステラに張り付いている紙まで食べちゃった。

空腹過ぎたせいか、よく確認せずパクリとしたのよね。

チョコは、4つのお味の違いを判じながらだから、真剣な顔していたと思う。

しろえび小判は、コメッコを思い出させるお味かも。

心持ちあっさりしてるかな。

※March 01(Fri), 2013 venerdi 1 marzo

[]揺れる人影 00:18 揺れる人影を含むブックマーク

f:id:hetareusa:20130228045955j:image

国立公園を眼下に望む窓。

日よけをおろして、生身の人の技にしばし見入る。

お腹もいっぱいになった昼下がり。

ゆらゆらうとうと。

※February 28(Thu), 2013 giovedi ventotto febbraio

[]歴史を学び、歴史に学ぶ 02:13 歴史を学び、歴史に学ぶを含むブックマーク

f:id:hetareusa:20130227054314j:image

義倉(ギソウ)という飢饉対策の備荒貯穀制度が、民間主体で運営されていたのだとか。

設立明和6(1769)年で、家産は問わず、出資も強制されない、義志の浅深に任せられた倉。

貧民救済と商業資本に利用されたというのだから、今、最も求められている役割じゃなあい?

天明の飢饉、文政、天保の飢饉では、遺憾なくその救恤機能を発揮したという。

現存する大量の帳簿を書き下して、ひたすら数字を追っていくと、

言葉で書かれた記録以上に、いろんな事が分かって来るのだそう。

ふむ。

そうやって導き出された、時代が下るにつれての義倉運用の流れが面白い。

ちょうど実生活でも、数字は嘘をつかない、と痛感していたところだったから、

なお一層、ふむ。

※February 25(Mon), 2013 lunedi venticinque febbraio

[]花びらの風合い 02:17 花びらの風合いを含むブックマーク

f:id:hetareusa:20130221073052j:image

温かみある可愛らしさなのね。

優しい色合いがいいな。

今年は、春霞に溶け込みそうな淡い服を選んでみよう。