ひろはし薬局 廣橋義和ブログ

2008-05-02 歯の痛みと漢方薬

消毒薬と歯を削った匂いが混じった独特の匂いとキーンという高音が、子どもの頃から苦手でした。もっとも歯医者の子供以外では好きな子供は多くいないだろうと思いますが、あなたはどうですか。


ある程度経験を積んだ今では、かなりの症状に対応できるかなと思っています。ただ治せるというのではなく、とりあえず薬が出せるというレベルですけれど。しかし薬を相談して買う人は少なくなり、セルフで買えるドラッグストアで試してダメなら医療機関へ行くのが多くのパターンではないでしょうか、残念な傾向とは思います。


そのようなことで私のところに歯痛で相談に来る人はほとんどいませんし、ましてや漢方薬を歯痛に使う目的で相談される方もいないのが現実です。第一歯痛は薬で根本的に治せるものではなく歯科医で治療を受けるのが原則です。しかしたまに(数年に一度くらい)アレルギーで鎮痛薬が使えないとか、歯科医でもらった薬が効かないと相談を受けることもあります。


一般的に速効性がないと考えられている漢方薬ですが、効くときは不思議なくらい劇的に効いてくれます。特に痛みに関してはなるべく早く痛みを取ってあげたいもの。他の薬が使えない歯痛などの場合はなおさらです。


あまりポピュラーでないのですが、リッコウサン・カンゾウブシトウなどを使ったことがあります。また風邪をひくと歯が痛くなるようなケースではカッコントウもよく使いますし、よく効いてくれます。顎関節症や歯肉炎に伴う痛みにシギャクサンを使うこともあります。私が使った経験では、どのケースでも早期に効果が認められており実用面でも充分漢方薬は使えるという印象を持っています。


30代の女性が抜歯の後に飲んだ鎮痛薬(歯科医の処方薬)が効かないと相談されました。顎は腫れ、触れられないくらい痛んで眠れないとのことでカンゾウブシトウを出したら、何とか眠れるくらいになったと感謝されたことがあります。夜10時頃自宅に電話があり薬局に行って作った思いで深い漢方相談でした。


歯痛は基本的に歯科医での治療が原則です。ただ夜間や休日で歯科医が休んでいたり、いくつかの理由で通常の鎮痛薬が使えない・効かないなどの時は漢方薬もあるということを覚えておいてください。


皮膚科の病気・心療内科相談・漢方薬生活習慣病不妊

新潟県長岡市 相談薬局 ひろはし薬局

http://www3.ocn.ne.jp/~hirohasi/



過去のブログの主なものはホームページにリンクを貼ってありますから、見たい記事がありましたら《ひろはし薬局のホームページ→過去のブログ》から探してみてください。

メールは《Re:タイトル》でお願いします

hirohash@seagreen.ocn.ne.jp