スマートフォン用の表示で見る

不妊

不妊症とも。

定義は「避妊をしていないのに二年間妊娠しない状態」。

子どもが欲しいと願いながらも恵まれないカップルは年々増加傾向にあり、日本では10組に1組とも言われている。不妊の原因は、女性側の問題と男性側の問題が約半分ずつを占めている。

原因

以下に女性側男性側の具体的な不妊の原因を挙げるが、実際のところさまざまな社会環境やストレスが関連した、原因を特定できない「原因不明不妊」の割合も多い。

女性不妊

加齢による妊孕性(子供を作る能力)低下、子宮内膜症、習慣性流産、不育症、着床障害、排卵障害・卵管障害・子宮障害など

男性不妊

精子症、精子無力症、閉塞性無精子症、精巣静脈瘤、射精障害など

検査

結婚後1〜2年間避妊をしていないのに妊娠しない場合には一度検査を受けてみることが勧められている。

不妊の原因は女性側男性側で約半々であることから、検査を受ける場合には女性だけでなくパートナーの男性の検査もあわせて行うとより効果的である。また、女性は検査の前に基礎体温表をつけておくと不妊の原因解明の手助けとなる場合もある。

基礎体温管理ツール基礎体温表 ウーマンコム

治療

一般不妊治療

タイミング療法
基礎体温表をつけながら、排卵のタイミングにあわせて性行為を行う方法。原因が不明な時などにはこの治療法が用いられる。薬物や外科的手段を用いないので母体への負担も金銭的負担も少なくてすむ。
人工授精
採取した精液の一部をそのまま、または濃縮して子宮に注入する方法。
排卵誘発剤による治療法
HMG、FSH、HCG、クロミフェンなどを服用または注射し、排卵を促す。卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、多胎などの副作用がある。

などがある。

高度生殖医療(ART)

一般的には配偶子を体外に取り出して行う治療法を指し、具体的には体外受精や顕微授精(人の手で精子卵子の中に注入する方法)などが挙げられる。一般不妊治療と比較すると妊娠率は高くなる。

参考リンク

目次