ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

片柳神父のブログ「道の途中で」

2017-04-29

【講演会『ほんとうの自分になるために』in神戸】

f:id:hiroshisj:20170427221438j:image

講演会『ほんとうの自分になるために』in神戸

f:id:hiroshisj:20170429160312j:image:w320:right

 PHP研究所より刊行中の「マザー・テレサの言葉」シリーズ第3作『ほんとうの自分になるために』の発売を記念して、カトリック神戸中央教会で公園させて頂くことになりました。

 マザー・テレサといえども、はじめからわたしたちが知っているような「マザー・テレサ」ではありませんでした。「貧しい中でも、最も貧しい人々に奉仕したい」という自分の本当の望みに気づき、それを実行に移したとき、スラム街の聖女「マザー・テレサ」になったのです。本当の望みに気づくとき、わたしたちの本当の人生が始まります。「ほんとうの自分」になるためのヒントを、マザー・テレサに学びましょう。どなたでも、お気軽にご参加下さい。

日時/ 2017年6月3日(土)14:00〜

 14:00〜15:30 片柳神父講演会

 15:30〜16:00 こいずみゆりミニ・コンサート

 16:00〜交流会

場所/ カトリック神戸中央教会

(JR三ノ宮駅より山側に徒歩10分。チラシの地図参照。)

★参加無料。どなたでもお気軽にお立ち寄り下さい。

主催/ 片柳神父を囲む会 

連絡先/ カトリック社会活動神戸センター 078-271-3248

★チラシはこちらからDLできます⇒170603神戸講演会チラシ.jpg 直

【マザー・テレサの言葉シリーズ公式HP】http://ubecat.jp/hiroshisj/

2017-04-26

フォト・ライブラリー(525)美祢の風景〜八重桜・麦畑

美祢の風景〜八重桜・麦畑

f:id:hiroshisj:20170426194552j:image

まるで、日本の原風景のような景色が広がる美祢の山里。刑務所への行き帰りにいつも目にする景色を、写真でご紹介します。

f:id:hiroshisj:20170426194600j:image

いま、美祢の畑ではレンゲの花が満開。肥料として鋤き込むため、どの畑にもレンゲが植えられています。

f:id:hiroshisj:20170426195159j:image

昔は、あちこちで見かけたレンゲ畑。最近はほとんど目にしなくなりました。

f:id:hiroshisj:20170426194543j:image

青々とした実をつけた麦。美祢には麦畑がたくさんあります。

f:id:hiroshisj:20170426194534j:image

風が通るたびに、波のように揺れる麦の穂。風が目に見えるようです。

f:id:hiroshisj:20170426194526j:image

麦の収穫は5月下旬。まだ真っ青な麦の穂も、これから1ヶ月ほどで金色に変わります。

f:id:hiroshisj:20170426194513j:image

農道に車をとめて深呼吸。心がすーっと軽くなります。

f:id:hiroshisj:20170426194504j:image

県道沿いで、八重桜が満開を迎えていました。ソメイヨシノより、ずっとボリューム感のある桜です。

f:id:hiroshisj:20170426194455j:image

とてもやさしいピンク色の八重桜。真っ青な空によく映えています。

f:id:hiroshisj:20170426195150j:image

ぴっしりと咲いた八重桜。吹く風に、時折、花びらを散らせています。

f:id:hiroshisj:20170426194447j:image

田んぼの土手に、びっしり咲いたキンポウゲ。黄色の絨毯です。

f:id:hiroshisj:20170426194438j:image

キンポウゲの中に、レンゲが一株混じっていました。色のコントラストがきれいです。

f:id:hiroshisj:20170426195140j:image

江汐公園に寄り道して、湖畔を散策。新緑がとてもきれいでした。

f:id:hiroshisj:20170426195131j:image

明るい紫色のコバノミツバツツジ。江汐公園は、コバノミツバツツジの名所です。

f:id:hiroshisj:20170426195122j:image

目に鮮やかな新緑。生命の力を感じます。

f:id:hiroshisj:20170426195114j:image

江汐湖の湖畔でも、八重桜が満開を迎えていました。

f:id:hiroshisj:20170426195105j:image

豊かな大自然に恵まれた山口県。こんな素晴らしい場所に住めることを、感謝せずにいられません。

2017-04-24

フォト・ライブラリー(524)山口サビエル記念聖堂のツツジ

山口サビエル記念聖堂のツツジ

f:id:hiroshisj:20170424213239j:image

山口サビエル記念聖堂で、今年もツツジが満開を迎えました。燃え上がるような、情熱的な赤です。

f:id:hiroshisj:20170424213232j:image

教会の向かいの斜面に植えられたツツジ。新緑とのコントラストが目に鮮やかです。

f:id:hiroshisj:20170424213223j:image

毎年、他よりもひと足早く花を咲かせる山口サビエル記念聖堂のツツジ。これが咲くと、もうじきゴールデンウィークです。

f:id:hiroshisj:20170424213215j:image

ここのツツジは、大きいもので高さ2メートル。ツツジのトンネルを潜り抜けることができます。

f:id:hiroshisj:20170424213207j:image

とても天気がよかったので、瑠璃光寺まで足を伸ばしました。

f:id:hiroshisj:20170424213158j:image

ツツジはまだ蕾でしたが、シャクナゲが満開を迎えていました。

f:id:hiroshisj:20170424213150j:image

四方八方に向かって咲くシャクナゲ。とてもボリューム感があります。

f:id:hiroshisj:20170424213142j:image

モミジの新緑も見頃を迎えていました。葉の下にある赤い粒はモミジの花です。さわやかな春の恵みに感謝。

2017-04-23

バイブル・エッセイ(777)目に見えないものを信じる

f:id:hiroshisj:20170423184826j:image

目に見えないものを信じる

 十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」(ヨハネ20:24-29)

 イエスが復活して現れたという他の弟子たちの話を、素直に信じることができなかったトマス。トマスの心には、きっと「自分だけが除け者にされた」という寂しさもあったことでしょう。トマスが疑っていたのは、復活の出来事よりも、むしろイエスの愛だったのです。そんなトマスに、イエスは「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」と語りかけました。この言葉には、復活を信じなさいということだけでなく、「たとえ姿が見えず、声が聞こえなかったとしても、わたしはいつもあなたを愛している。わたしの愛を信じる者になりなさい」という意味も込められているように思います。

 ルカ福音書には、復活したイエスが、弟子たちに「信じなさい」ではなく、「どうして心に疑いを起こすのか」と語りかける場面があります。「信じる」ということの反対は、「疑う」ということでしょう。イエスの愛を疑うとき、わたしたちの心に「これから一体どうなるのだろう」という恐れや不安が生まれます。恐れや不安は絶望、自暴自棄を生み、やがてわたしたちを滅びへと誘ってゆきます。それでだけではありません。イエスの愛を信じられないとき、兄弟姉妹の間に争いが起こります。「なぜ自分だけが愛されないのだ」と他の兄弟姉妹を妬み、イエスの愛を求めて他の兄弟姉妹と争うようになるのです。トマスがまさにそのよい例でしょう。イエスの愛を疑うとき、わたしたちは心の平和を失うのです。

 逆に、イエスの愛を信じている限り、何も恐れる必要はありません。「たとえ目に見えなかったとしても、自分はイエスに愛されている。目に見えない大きな力に守られている。だから、何があっても大丈夫」。そう信じられる人は、どんな困難に直面したとしても、その困難を平気で乗り越えてゆくことができるでしょう。自分はイエスから十分に愛されていると信じられる人は、他の兄弟姉妹と争うこともありません。「わたしも愛されている、あなたも愛されている。なんてすばらしいことなんだ。神に感謝」という気持ちで、みんなと一緒に幸せに生きることができるのです。「見ないのに信じる人は、幸いである」というのは、きっとそういうことでしょう。

 見ないでは信じられない人間の弱さをよく知っておられるイエスは、わたしたちのために秘跡を残してくださいました。御聖体やゆるしの秘跡は、目に見えない神様の愛の、目に見えるしるしなのです。ですが、それでもやはり最後は、わたしたちが信じられるかどうかにかかっています。司祭が「キリストの体」と言っても、「ほんとかな、ただのパンじゃないか」と疑ったり、「あなたの罪はゆるされました」と言っても、「ほんとにゆるされたのかな」と疑ったりしていては、心から恐れが消えることはないし、幸せになることもできないのです。見えない愛は、信じる以外にありません。目に見えないものを信じられるかどうかに、私たちの幸せがかかっています。「信じない者ではなく、信じる者になれますように」と、心を合わせて祈りましょう。

2017-04-22

【公開講座『ほんとうの自分になるために』】

f:id:hiroshisj:20170422175401j:image

公開講座『ほんとうの自分になるために』

f:id:hiroshisj:20170422175659j:image:w320:right

 マザー・テレサも、はじめからわたしたちが知っているような「マザー・テレサ」だったわけではありません。貧しい人々に奉仕するためにインドに渡ってから、最初の20年間は学校で社会科の先生をしていたのです。では、マザー・テレサはいつ、わたしたちが知っているようなスラム街の聖女になったのでしょう。それは、彼女が自分の心の中にある、本当の望みに気がついたときです。

 本当の望みに気づくとき、わたしたちの「ほんとうの人生」が始まります。マザー・テレサと一緒に、「ほんとうの自分」を探すための旅に出ましょう。

第1回 5月14日(日)「できることが違うだけ」

第2回 6月18日(日)「心の声に耳を傾ける」

第3回 7月9日(日)「祈りの力」

★参加無料。どなたでもお気軽にお立ち寄り下さい。

時間/ いずれも14:00〜17:00。

場所/ カトリック宇部教会 

講師/ 片柳弘史(カトリック宇部教会主任司祭)

テキスト/ 『ほんとうの自分になるために〜マザー・テレサに導かれて』(PHP研究所刊、文/片柳弘史、絵/RIE) ※会場でも販売します。

連絡先/ 0836-32-7575(カトリック宇部教会)

★チラシはこちらからPDFでダウンロードできます⇒公開講座『ほんとうの自分になるために』.PDF 直

【マザー・テレサの言葉シリーズ公式HP】http://ubecat.jp/hiroshisj/