Hatena::ブログ(Diary)

ひよこまめ雑貨店

2017年01月02日

工作初め

| 22:19

今日は夫と近所の公園に行っていました。夫が樹皮下の昆虫を撮っている間、うろうろしてたらイチョウの木を発見。そういえば、今朝がたの夢でイチョウの葉の形のブローチを作っていたような…。
夢で見たブローチは正直いらないので作りませんが、なるべく鮮やかな落ち葉をかき集めて持ち帰りました。

これを煮出して黄色い液体をつくり、飲みます。

嘘です。糸を染めます。

f:id:hiyokomamezakkaten:20170102220611j:image

イチョウ染めの注意点は、染液をアルカリ性にしないと発色しないことです。昔は灰汁を使っていたのでしょうが、今回は重曹を加えました。

ミョウバンで媒染したところ、絹糸が淡い黄色に染まりました。タマネギの皮と比べると、ずいぶんと上品な色合いです。悪く言うと、いまいち。
落葉したての葉を使ったり、染め方を工夫したりすれば違うかもしれません。来秋の課題ができました。

2017年01月01日

今年

| 22:22

あけましておめでとうございます。

去年は激動の年で、そんな中たくさんのかたに支えられ、無事に今年を迎えることができました。本当にありがとうございます。
今年は…今年こそは「ひよこまめ雑貨店」の作品をちゃんと定期的に作りたいですね。毎年言ってますね。


年賀状用のハンコは、オーソドックスに雄鶏を彫りました。ニワトリは、キリッとした眼差しやごっつい足が恐竜っぽくて格好いいです。
f:id:hiyokomamezakkaten:20170101222210j:image
本年もよろしくお願い申し上げます。

2016年12月29日

年の瀬に

| 23:52

こんばんは。クリスマスに風邪を引いたひよこまめ雑貨店です。
扁桃腺が腫れたので大人しく寝て過ごし、翌々日に「熱も出なかったし大したことなかったなー」と思いながら残り物の雑炊を食べたら食中毒を起こしました。今は回復してます。

そんなわけで、もっと早くに準備するはずだった海福雑貨さんの企画展『みんなの福袋展二〇一七』に出す商品を本日納品しました。間に合ってよかった…。

例年は2000円分の商品が入った福袋を1000円で出していましたが、今回は3000円分が入って1200円です。これまでよりも若干お得。
限定2個です。

f:id:hiyokomamezakkaten:20161229235051j:image


「虫好きのための福袋」には、幼虫柄のアレとかツノゼミ柄のアレとかが入っています。『昆虫大学』で1日目に完売したアレとアレも入れておきました。
f:id:hiyokomamezakkaten:20161229235134j:image

「なんでもありの福袋」は、虫以外の柄が節操なく入っています。楽器とかキノコとか食虫植物とか。人気のアレも入れました。
アレが何かは開けてのお楽しみ。
f:id:hiyokomamezakkaten:20161229235200j:image


海福雑貨さんの初売りは年明け2日からだそうです。がんばるなあ…。
なお、我々『うみねこ博物堂』のほうは6日(金)からのんびり営業いたします。

それでは良いお年を。

2016年12月16日

くもといも

| 21:13

今回の『昆虫大学』の目玉はクモなので、クモ柄のポストカードも持っていくことにしました。


左のコガネグモ、確認したら6年も前に彫ったハンコでした。長保ちするなあ。
右側は新作。校章のモチーフにもなったカタオカハエトリです。

f:id:hiyokomamezakkaten:20161216211221j:image

校章の方はかなりデフォルメしたので、こちらはなるべくリアルに作りました。リアルすぎて可愛くなくなった…? 毛の1本1本まで彫りこんでおりますので、ぜひお手にとってごらんください。

f:id:hiyokomamezakkaten:20161216210553j:image


もうひとつ新作、イモムシ柄のマッチも作りました。
表はナミアゲハ、裏はアケビコノハ。明治時代のマッチラベルをイメージしたレトロデザインです。

f:id:hiyokomamezakkaten:20161216210630j:image

こんなふうに、黄色い紙に刷ったラベルを白無地のマッチ箱に貼って作っています。

f:id:hiyokomamezakkaten:20161216210657j:image

その他、定番商品の紙魚栞300円の栞、イラガ繭のピンなどもご用意しています(スペースの関係上、ブックカバーは今回お休みです)。
週末はぜひ『昆虫大学』へ! 

2016年12月15日

おかいこさま

| 22:17

イベントに出品する以上は、普段と違う商品も…と思い、新柄kami-bagを作ってみました。

カイコのはんこをぺたぺた。
この柄、初回の『昆虫大学』で個数限定で販売したものです。クラフト紙に捺すため、白版も彫って重ね捺ししました。

f:id:hiyokomamezakkaten:20161215221606j:image

いかがでしょう?

f:id:hiyokomamezakkaten:20161215221636j:image

kami-bagは1セットにつき3枚入りなので、茶色2枚+白1枚で組み合わせました。白い紙で作った総柄は、手間がかかる分あまり作れないのが残念です。
今回だけの販売になるかもしれないので、どうしても欲しい方はぜひ昆大へ。

昆虫大学では、カタゾウムシ&カタゾウカミキリ柄とハエトリソウ柄の3種類のkami-bagを販売します。
kami-bagその他の一部商品は来年に値上げすることになると思うので、今のうちに入手しておいたほうがお得です。

2016年12月12日

昆虫大学2016 in横浜

| 23:10

早いもので今年もあと20日ほどになりました。おののくばかりです。

今月は、一部で話題沸騰の『昆虫大学』があります。開催日は17・18日(土日)。『ひよこまめ雑貨店』としては出展しませんが、『うみねこ博物堂』名義で夫が参加いたします。ご用意する予定の商品はこんなかんじ。私の雑貨も扱いますので、ぜひお越しください。新作は…鋭意製作中です。
つまり! まだ! できてません!


さて、今回もロゴ(校章)を制作しました。
今回のテーマはハエトリグモです。「昆虫じゃない!」と突っ込む声が方々から聞こえる気がしますが(私も言いました)、思えばクマムシよりは近縁ですね。
学長のメレ山メレ子さんいわく、「昆虫かその他の虫かの分類をないがしろにするつもりはない…しかし場としては、昆虫その他のかわいい生物はすべてアリとします!」だそうです。アリだけに。

校章モチーフはカタオカハエトリというオレンジ色のクモ。今回は校章柄の焼印を作る計画があるとのことで、シンプルでデフォルメの効いたデザインになりました。

f:id:hiyokomamezakkaten:20161212231012j:image
ハエトリグモは、求愛のときにバンザイのポーズをとります。とてもかわいい。クモの「婚活」と「昆虫に関する活動=昆活」をかけています。


新作が間に合えば(そして写真を撮るのを忘れなければ)、またブログで紹介したいと思います。

2016年08月04日

植物性のおしり

| 23:48

私の品を委託販売していただいている海福雑貨さんでは、ただいま『おしり展』なるものを開催しています。いろんな作家さんが「おしり」をモチーフにした作品を展示するという、なんというか、まあ、その、なんかすごい企画です。マニアックな特集かと思いきや毎回盛況で、今年で3回目です。
今回、私も参加いたしました。


ひよこまめ雑貨店らしい「おしり」はどんなものかと考えた結果、こうなりました。

f:id:hiyokomamezakkaten:20160804234059j:image

おしりみたいな形の多肉植物をモチーフにしたマッチ箱です。
大丈夫、主催者のまみさん(海福雑貨のスタッフです)に「メセン(ハマミズナ科の多肉植物の総称)はおしりに入りますか?」と確認をとりました。メセンはおしりだそうです。繰り返します、メセンは尻です。

表には「銀光玉」という品種名で知られるGibbaeum heathiiを、裏面にはConophytum pearsoniiを配しました。
赤・黒・黄の配色は、明治時代のマッチに多く使われたデザインを踏襲したものです。色版が微妙にずれた感じもレトロな雰囲気です。


今朝、おしり展の様子を見にいってきました。
なんでも初日には行列ができたそうです。おしりファンの多さよ…。

f:id:hiyokomamezakkaten:20160804234125j:image

かわいいおしり作品が満載です。ヒヨコやネコなど、動物のおしりが目立ちますが、中にはおすもうさんもいました。
様子を見に行っただけなのに、うっかりポストカードを買ってきてしまいました。これもおしりの魔力でしょうか。


f:id:hiyokomamezakkaten:20160804234220j:image

マッチも好評だそうで、近いうちに追加納品いたします。

2016年07月22日

博物ふぇすてぃばる!

| 18:09

このブログをさぼっている間に、イベントに出たお店を始めたりといろんなことがありました。皆様おひさしぶりです。


さて、次に出展するイベントのお知らせです。
7月23・24日に九段下で行われるイベント『博物ふぇすてぃばる!』に、うみねこ博物堂と連名で参加いたします。明日だ!

写真はタコノマクラ型コースターを縫っているところ。
手前にあるのが本物のタコノマクラ(ウニの一種)の殻です。

f:id:hiyokomamezakkaten:20160722180812j:image


kami-bagも量産します。今回出す柄は、カタゾウムシ&カタゾウカミキリ・ハエトリソウ・ミカドアゲハ・ツノゼミ3種・ミツバチの5種類です。
カタゾウムシ標本をうみねこ博物堂が持って行きますので、見比べてみてください。
f:id:hiyokomamezakkaten:20160722180813j:image


新作がないのもどうかと思ったので、急遽ツノゼミ柄レターセットも作りました。

f:id:hiyokomamezakkaten:20160722180814j:image

余談ですが、なぜツノゼミ柄かというと、昨日メレ子さんがツイッターで宣伝(うみねこ博物堂と博物ふぇすの)をしてくださったのがきっかけでした。
ツノゼミ柄、絵葉書はあるけど便箋はないよ!どうしよう→作るしかないね→できた! というのがここ24時間の概要です。




なお、私は東林間のお店に居ますので、博物ふぇすは夫が担当します。
昆虫標本をはじめ、へんなものをたくさん持っていきますのでお楽しみに!

merecomereco 2016/07/26 20:54 ハッ!勝手に便箋とか言ってしまったために新商品が爆誕していたとは…すみません!!(でもかわいい…

hiyokomamezakkatenhiyokomamezakkaten 2016/07/26 22:51 そのおかげで博ふぇすに新商品を用意することができました。ありがとうございます! 2日間お疲れ様でした。次は昆虫大学ですね(ニヤリ

2016年05月20日

粘菌生活

| 22:28

先日、出版社から一冊の本をいただきました。



粘菌の生態から楽しみ方まで記した本です。情報量が多いわりに文章がとても読みやすく、ちゃんと頭に入ってきます。
中身を撮影すると著作権的に問題があるので控えますが、写真がとてもきれい! 写真集としてもおすすめです。


さて、なぜ献本していただけたかというと、この中の1ページに、当店謹製の粘菌グッズが紹介されているからです。アクセサリー3点、コースター5種類を載せていただきました。

せっかく良い本も出版されたことですし、粘菌モチーフの作品は、これからもちょっとずつ作っていきたいと思っています。

2016年02月17日

レトロ

| 00:02

海福雑貨さんの依頼で、お買い上げ品を入れる紙袋に捺すスタンプを製作いたしました。
金・土・日のみ開業の『海福雑貨 分室』でお目見えする予定です。

f:id:hiyokomamezakkaten:20160218235423j:image


小さい方のハンコ(印影2.5cm×3cm)はスポイト式目薬瓶です。
実際に海福雑貨さんで販売されている古物をもとに下絵を描きました。このタイプの瓶は自分でも所有しているのですが、引越しの時にしまったまま取り出せない状態に…。部屋は整頓しないといけませんね。

f:id:hiyokomamezakkaten:20160218235446j:image


大きい方のハンコ(印影4cm×約7cm)は置時計。分室らしく、レトロでモダンな時計を描きました。文字ロゴの横には、女将のkannaさんのリクエストによりアネモネの花を配置。
左右対称のデザインだったので、今回は下絵をパソコンで作成しました。写真上側の図案がプリンタ出力したもの、下に捺したのが彫ったものの印影。ハンコにすると、輪郭はくっきりと、全体はかすれた良い雰囲気になります。
どちらがプリンタ出力か判らない? 頑張って彫りました。

f:id:hiyokomamezakkaten:20160218235509j:image


おまけ。こちらは2014年に製作したスタンプです。両口式目薬瓶の柄。
海福雑貨さん(1階のほう)で使っていただいています。

f:id:hiyokomamezakkaten:20160218235633j:image


明日は海福さんも2階の分室も開いておりますので、どうぞごゆっくりお買い物をお楽しみください。

Connection: close