Hatena::ブログ(Diary)

清澄日記 RSSフィード

Twitter / i2k twitter / i2k

2009.03.10

次期CiNii試験公開をはじめました

この4月リニューアルする、国立情報学研究所論文検索サービスCiNii(サイニィ)の試験公開をはじめました。

http://ciexam.nii.ac.jp/ http://ci.nii.ac.jp/(追記:正式版を公開しましたscreenshot

CiNiiリニューアルは2年がかりの大仕事で、ぼく個人としても研究所での仕事の大半はこれでした。このような形で公開することができて、まずは一段落というところです。

新しいCiNiiですが、基本的には論文検索サービスを粛々と提供するということで機能的に大きな変化はありません。長らくの課題だった負荷対策を万全にするのと、デザインユーザビリティをよくするのが第一のテーマでした。

それに加えて、ぼくがどうしても入れたかったのがメタデータを提供する機能です。検索機能はOpenSearchに対応し、RSS 1.0(すなわちRDF)とAtom 1.0を返すようにしました。OpenSearchリファレンスにはRSS 2.0Atom 1.0の例が書かれていることが多いのですが、RSS 2.0を削ってRSS 1.0を入れたのはセマンティックウェブ屋のこだわりです。また、書誌パーマリンク論文の詳細情報)の内容はRDFで入手することができます。このRDFでは著者情報FOAF記述されていて(簡単なものですが)、ソーシャルグラフ抽出に使えるようになっています。あと、検索結果のページと書誌パーマリンクXHTMLに準拠していて、それぞれxFolkとhAtomというマイクロフォーマットを埋め込んでいます。どう使われるのかはまだ想像がつきませんが、いいアイデアを募りたいところです。

今回はあくまでも試験公開ということで、現状のCiNiiの機能をフルに備えているわけではありません。論文本体のPDFへのリンクが機能していなかったり、参考文献・被引用文献のリストが表示されなかったりします。その意味では、まだ実用に耐えうる状態にはなっていません。大学図書館の方が新入生用に資料を作れるように事前に公開したという意味合いもあるので、そのあたりはご了承ください。

また、試験公開版と正式版ではハードウェアも異なります。レスポンスがいいという反応をいただいていますが、正式版はもっと速いです(というか大量のアクセスにも耐えられる)。

いまは正式公開に向けて各種システムとの連携のための作業が進んでいます。ここが一番大変な部分なのですが、なんとか乗り切って4月のはじめにはお目にかけたいと思っています。

thiroyasuthiroyasu 2009/03/12 15:09 お疲れさまです.
apiの公開はないのでしょうか?

i2ki2k 2009/03/12 15:41 はい、APIとしてOpenSearch(のRSS/Atomレスポンス)と書誌RDFを提供しています。

thiroyasuthiroyasu 2009/03/12 16:29 OpenURL というのがあるんですね.さらに,referenceとれたりすると便利なのですが...
デザイン・ユーザビリティの向上がすばらしいですね.i2kさんの仕事らしくてなによりです.お疲れさまでした.

i2ki2k 2009/03/15 23:07 OpenURLはシステム連携の仕組みではあるのですが、APIとしては使いにくいかもしれません(実際にアクセスしてみるまでレスポンスの形式が予測できないので)。引用・被引用はすいません、有料コンテンツなもので…。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証