イチニクス遊覧日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 01 |
2001 | 01 | 02 | 08 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
  □これまでの日記一覧

2007-11-01

[] 最近

日記を書きたいと思っているのだけど、毎日何をしているのかよくわからなくて、結果、最近は思い出話ばかり書いているような気がする。でもまあ、思い出すことというのはわりとたくさんあるし、それを書くのはとても楽しい、というか、思い出すという作業自体が、好きなんだと思うんですけど、そんなとき眉間のあたりをちらちらするのが「何を見ても何かを思い出す」という言葉のことなのだった。

どうやら、ヘミングウェイの短編小説らしい(なのかな?)ということは知っている。ヘミングウェイといえば、マッチョ、というイメージがあり(どこで得たイメージなのか不明)いままで敬遠してたんですが、そろそろ読んだ方がいいのかなぁ、とか考えつつ、

でもほんと、何を見ても何かを思い出すんだよな、と思う。ただ、まったく新しい、初めて見るものというのもたぶんあって、そういうときにはきっと、いつか思い出す何か、が生まれてるんだろうなと思う。……とか、昨日書いたけれど、でもほんとうに、そうだろうか。思いださないものってあるだろうか?

例えばタイムマシンが目の前にあるとする。タイムマシンなんてこれまで見たことない。でも、それはいろんな物語と繋がり、素材(なんだろう、鉄? )や形状から、何も思いださないなんてことはきっとない。

そう考えると、初めて見るものっていうのは、もしかすると、個性、なんじゃないかなと思える。

それがタイムマシンである、ということを知ったとき、それはやっと「新しい、初めて見るもの」になるんだろう。その、知ると知らないの境目ってなんだろうな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ichinics/20071101/p3