ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Javaの玩具箱 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-19 Javaの玩具箱

世界遺産 黄龍「五彩池」

世界遺産「黄龍の美」(その19) 16:19  世界遺産「黄龍の美」(その19)を含むブックマーク

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

今日の日替わりjava作品はスライドショウで、手法はshuffle。トランプを切るようにして画像を切り替えます。画像マウスオンで切替を停止できます。

使用した写真は、世界遺産「黄龍の美」(その19) です。黄龍は、岷山山脈の一部である玉翠山の山頂(標高約5100m)から北に向かって伸びる全長7.5kmの峡谷で、世界有数のカルスト地形です。新生代第四紀に隆起した石灰岩層が氷河に侵食されて巨大な峡谷となり、そこに石灰分の豊富な水が流れ続けた結果、石灰華の沈殿したエメラルドグリーンの美しい石灰華段石灰華段丘とも)をはじめ、黄金色に輝く石灰華の層、そして石灰華の滝や谷が形成されました。黄色がかった乳白色の石灰華の連なりは、雪を頂いた山脈を昇ってゆく黄色い龍の姿にたとえられています。
 黄龍全体のうち、麓の「迎賓彩池」(標高3199m)から「五彩池」(標高3553m)までの約3.7kmの区間が風景区として整備されています。水の色は場所によって黄色、緑色、青色、茶色と様々に変化して見え、晴天時は日光と相まって金色に輝きます。
 車道は無く、木製の遊歩道を徒歩のみで移動します。遊歩道のうち麓に近い区間は上り用と下り用に分けられていて、往復4時間(上り2.5時間、下り1.5時間)程度の距離です。しかし、標高が高いうえ高低差が大きいことから高山病に注意する必要があり、多くの観光客が携帯用の酸素ボンベを持参しています。


 今日は黄龍溝最高地点にある天国のように美しい五彩池の紹介です。黄龍でも最も不思議なのが五彩池で、場所と時間によって、緑、黄、青、白、黒など水面がさまざまな色に変化するのです。ここの色の変化にはただただ驚嘆するばかりで、輝く光の下で、水の色は青色、緑色、紫、黄色とさまざまな様相を見せます。 流れる水はあくまで無色透明なのに、色は棚田によって千変万化します。雪宝頂山に降った雨水が石灰岩層に浸透し、伏流水となり、何万年後かに泉となって地上に流れ下るのです。自然が少しずつ少しずつ長い歳月をかけてゆっくりと創り続けてきたまさに神秘の世界であるといえるでしょう。

世界遺産 黄龍「五彩池」


ポチッとクリックして!(ランキングに参加しています)


にほんブログ村


私のホームページ

本館 別館1 別館2 スイス北欧デジカメ紀行


2017-09-18 Javaの玩具箱

世界遺産 黄龍「五彩池」

世界遺産「黄龍の美」(その18) 14:44  世界遺産「黄龍の美」(その18)を含むブックマーク

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

今日の日替わりjava作品はスライドショウで、手法はshuffle。トランプを切るようにして画像を切り替えます。画像マウスオンで切替を停止できます。

使用した写真は、世界遺産「黄龍の美」(その18) です。黄龍は、岷山山脈の一部である玉翠山の山頂(標高約5100m)から北に向かって伸びる全長7.5kmの峡谷で、世界有数のカルスト地形です。新生代第四紀に隆起した石灰岩層が氷河に侵食されて巨大な峡谷となり、そこに石灰分の豊富な水が流れ続けた結果、石灰華の沈殿したエメラルドグリーンの美しい石灰華段石灰華段丘とも)をはじめ、黄金色に輝く石灰華の層、そして石灰華の滝や谷が形成されました。黄色がかった乳白色の石灰華の連なりは、雪を頂いた山脈を昇ってゆく黄色い龍の姿にたとえられています。
 黄龍全体のうち、麓の「迎賓彩池」(標高3199m)から「五彩池」(標高3553m)までの約3.7kmの区間が風景区として整備されています。水の色は場所によって黄色、緑色、青色、茶色と様々に変化して見え、晴天時は日光と相まって金色に輝きます。
 車道は無く、木製の遊歩道を徒歩のみで移動します。遊歩道のうち麓に近い区間は上り用と下り用に分けられていて、往復4時間(上り2.5時間、下り1.5時間)程度の距離です。しかし、標高が高いうえ高低差が大きいことから高山病に注意する必要があり、多くの観光客が携帯用の酸素ボンベを持参しています。


 今日は黄龍溝最高地点にある天国のように美しい五彩池の紹介です。黄龍でも最も不思議なのが五彩池で、場所と時間によって、緑、黄、青、白、黒など水面がさまざまな色に変化するのです。ここの色の変化にはただただ驚嘆するばかりで、輝く光の下で、水の色は青色、緑色、紫、黄色とさまざまな様相を見せます。 流れる水はあくまで無色透明なのに、色は棚田によって千変万化します。雪宝頂山に降った雨水が石灰岩層に浸透し、伏流水となり、何万年後かに泉となって地上に流れ下るのです。自然が少しずつ少しずつ長い歳月をかけてゆっくりと創り続けてきたまさに神秘の世界であるといえるでしょう。

世界遺産 黄龍「五彩池」


ポチッとクリックして!(ランキングに参加しています)


にほんブログ村


私のホームページ

本館 別館1 別館2 スイス北欧デジカメ紀行


2017-09-17 Javaの玩具箱

黄龍古寺

これ何だか分かりますか? 13:01  これ何だか分かりますか?を含むブックマーク

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

今日の日替わりjava作品は、ビデオ撮影しているように画像をスクロールさせます。

使用した写真は、これ何だか分かりますか? です。これは、黄龍の移動手段の一つ「駕篭屋さん」です。駕籠代は、料金表があるらしく、値引き交渉にはあまり応じてくれないらしいのですが、片道220〜250元と聞きました。ツアー客でも利用している人がいました。この駕篭をチベット族の青年が二人で担ぎ登山客を追い越していきます。現地の人にとってはかなりの高収入になります。


 このアプレットの原画はココをクリックすると見られます。

これ何だか分かりますか?


ポチッとクリックして!(ランキングに参加しています)


にほんブログ村


私のホームページ

本館 別館1 別館2 スイス北欧デジカメ紀行


2017-09-16 Javaの玩具箱

世界遺産 黄龍 「黄龍古寺」

世界遺産 黄龍 「黄龍古寺」 14:47  世界遺産 黄龍 「黄龍古寺」を含むブックマーク

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

今日の日替わりjava作品は、ビデオ撮影しているように画像をスクロールさせます。

使用した写真は、世界遺産 黄龍 「黄龍古寺」 です。黄龍溝には二つの寺があり、一つは、五彩池を背景にした黄龍古寺で、道教の雪山寺と呼ばれている。伝説では、黄竜真人がここで修行を積み、道を体得して天に昇ったと言われています。また、玉翠彩池と映月彩池の間にあるのは、明代に建てられた仏教寺院の黄龍中寺で、いずれも16世紀明代の創建で、合わせて黄龍寺と呼ばれています。黄龍風景区域内に仏教・道教が共存する宗教上の特徴を反映しているそうです。今日は黄龍古寺の紹介です。


 このアプレットの原画はココをクリックすると見られます。

世界遺産 黄龍 「黄龍古寺」


ポチッとクリックして!(ランキングに参加しています)


にほんブログ村


私のホームページ

本館 別館1 別館2 スイス北欧デジカメ紀行


2017-09-15 Javaの玩具箱

世界遺産 黄龍 「黄龍中寺」

世界遺産 黄龍 「黄龍中寺」 15:32  世界遺産 黄龍 「黄龍中寺」を含むブックマーク

ここをクリックすると日替わりjava作品へ跳びます

今日の日替わりjava作品は、ビデオ撮影しているように画像をスクロールさせます。

使用した写真は、世界遺産 黄龍 「黄龍中寺」 です。黄龍溝には二つの寺があり、一つは、五彩池を背景にした黄龍古寺で、道教の雪山寺と呼ばれている。伝説では、黄竜真人がここで修行を積み、道を体得して天に昇ったと言われています。また、玉翠彩池と映月彩池の間にあるのは、明代に建てられた仏教寺院の黄龍中寺で、いずれも16世紀明代の創建で、合わせて黄龍寺と呼ばれています。黄龍風景区域内に仏教・道教が共存する宗教上の特徴を反映しているそうです。今日は黄龍中寺の紹介です。


 このアプレットの原画はココをクリックすると見られます。

世界遺産 黄龍 「黄龍中寺」


ポチッとクリックして!(ランキングに参加しています)


にほんブログ村


私のホームページ

本館 別館1 別館2 スイス北欧デジカメ紀行