Hatena::ブログ(Diary)

ますだいっこうのあと@ベルリン RSSフィード

2016-7-26-火

real,-.

夏風邪の前兆。午後フランクフルターアレー駅近く図書館にて自伝本校正。〈別件で寄った、現実という名の大型スーパーマーケットのアジアコーナーが充実してて驚き。専門店以外で目撃する、日本直送的包装ふりかけ、妙なイタリア語も記載しらたき、韓国メーカー天ぷら粉等にへぇー連続。広大店舗ゆえとりま並べとけ状態かもと。長期保存パックうどんをフラフラ買い夕餉に啜る〉生姜とネギと味噌汁の具で。

musik heute:

D blumio feat. jessica jean - die welt ist schwul

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ikkomasuda/20160726

2016-7-25-月

Kein Platz『Hunt and Peck』

今週のエキストラ仕事3時間だけ入る患者か医者か役。水曜撮影を前にヤコブから台詞やらこれまでのブレストのテキストやらが届く。フリードリヒスハイン図書館へ雑誌&カフェ室は見事にガラガラ無空調嬉しやは間もなく流石に暑いやへと変わる中文字追い。A4用紙。食料買い出し。カトラリー探しに黒スニーカー探し幅広足持ちには難しいこと再確認で終わる。『Buero fuer utopische Angelegenheiten』@Kunstgalerie im Lichtenberger Stadthaus、Kein Platz『Hunt and Peck』。ミーシャの全裸撮影で一緒だった青髪女性ラーヴァらによるユートピアについて考えるオフィス形式インスタレーションでの、パフォーマンス:褐色細身エロすなファビオがイタリア語などの即興詩?を長巻紙にタイプライターで打ち出していく、映像投影&音楽との中で。文字が疎らに密に打ち出されたレシート用紙が舗道に面したギャラリー扉から通りへ広場へエアポケットのようにクラシカルな建物が残るこの街区へ延びていく様を想像する夕暮れ。社交機能がまるきし働かないので終了後早々に辞する。チョコクッキーアイス依存。

musik heute:

D sido - bilder im kopf

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ikkomasuda/20160725

2016-7-24-日

wiederkaeuerntag.

トラック歩きには要キャップだわね。午後Berlin Queer Days@ポツダマープラッツをちろ覗き同性愛モニュメント寄りティアガルテンで雑誌記事少々読むも爆眠気で帰る。

musik heute:

D christian anders - der letzte tanz

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ikkomasuda/20160724

2016-7-23-土

CSDパレード

〈晴れ、予想最高気温30℃。CSDパレードは12時からだけど集合時間がなぜか早いんで[10時30分]ぼつぼつ行ってきまーす!〉クーダムのすでに交通遮断されてる準備エリアですぐEnough is Enoughのメンバー発見、一方的に知ってる担当ロジーネはハグ、アルフォンソとは目があってニッコリ、面識あるペトラさんともお久〜ハグ、あとは出発まで想定内になんとなく、最終的には沿道から希望者も募って要員確保。〈45mフラッグ持ち要員でクーダム→ブラ門前3時間、沿道見物とは逆視線で歩けて面白かった。列車内襲撃や銃乱射の事件直後「だからこそ」街へ出て多様性と寛容を讃え訴え広げていく、って某独語呟き(&ニュース聞き違いでなければ市長挨拶)御意で!にしても炎天下激自己汗臭〉〈道の見物客の雰囲気を、ごく個人的印象で超ざっくりで分類すると…クーダム界隈:観光客・西ベルリン市民・平均年齢やや高め。ノレンドルフ広場前後:プロ組合員率wがぐわっと上昇。戦勝記念塔あたり:パレード後の音楽イベント狙いっぽい若めの人々が待ち構えてる。でしたー〉〈ちなみにこのフライヤーも配りながら歩きました。持ってる45mフラッグと同じ国旗の並び順で、同性愛が違法な、死刑の国を含む、約70カ国を説明してます〉途中ノレンドルフプラッツでケンスケさん&デン夫さんが声をかけくれてくれた。あとはもうただただ何ぞの虫干しみたいにも視える多様性の渦中に、って感覚。終点にたどり着いてフラッグを畳んで片付けたら流れ解散。2014年の国際反ホモフォビアトランスフォビアの日デモに紛れ込んで以来応援し続けてきた団体Enough is Enoughのアクションに参加できたことへの充足感ひっそり。ルートを遡って眼福脱ぎ系男子焼き付け、一方で順次後続隊列が到着するにつれ高まる混沌度が自分の閾値を超えたんで、撤収。ティアガルテン北上してベルビュー駅からSバーン&U5。バタムQ(c: teppen)後、夜のパレードダイジェスト番組を見て寝た。

D

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ikkomasuda/20160723

2016-7-22-金

ダイク・マーチ

〈もうパスワードだのIDだの裸男ピンナップ裏にでも書きとめて壁に貼っとくのが一番安全な気がしゅりゅっせるん〉午後イケア食器3点とスツール〈今日は19時から、ダイクマーチDyke* Marchが。[20年前]東京で名誉レズビアンの位を授かったwババアも、街歩き気分で紛れこむつもり〉レズビアンが主役のパレード。ノレンドルフプラッツから途中ハレシャス・トア駅付近まで歩く。車両なしのデモはそれでもポジティブなエネルギーに満ちてた。tagebuch.

musik heute:

D teesy - elisabeth

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ikkomasuda/20160722

2016-7-21-木

ケンスケさん&デン夫さんと会う

午前しばらくぶりでトラック歩き、何とか習慣にならんかなぁ。午後ケンスケさん&デン夫さんと会う@カフェRomeo & Romeo。CSDなど楽しみにコペンハーゲンから南下してるお二人、ノレンドルフプラッツのゲイタウンど真ん中なカフェ外席で、一緒にノーンビリする。通行人で目の保養やら、彼らのデンマーク人なお知り合いが何人も立ち寄るやら、でね。夜予定してたダンスは見送り。tagebuch.

musik heute:

D gipsy mafia - sicheres herkunftsland

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ikkomasuda/20160721

2016-7-20-水

『Glaube Liebe Hoffnung』

自伝本校正@中央図書館。二読目終了さてと。控えめ買い出し後カレー、ナス旨ぇ。

aufBruch『Glaube Liebe Hoffnung』@St. Johanniskirche Moabit。毎回作品ごとに集められる受刑者アンサンブルに、元受刑者・一般俳優ら外部も混じった約30人が刑務所外で公演。でっかい赤レンガ造教会礼拝堂の、木造のキリスト像などある祭壇前が舞台。遥か上方に天井のある空間は厳粛で高窓ごしにさす西日の光が絶妙な色合いを添える。ってロケーションは高まるものではあったけど、開演早々から難点が。声がもんのすごく響くせいで台詞が聞き取りづらい。ただでさえ独語理解が追いつかないのに輪をかけてでつらい。かつ、あらすじはおさえておいたホルバートの戯曲にこれまた例によってなことながら他作品をコラージュしてたもんだから落ちこぼれがちな2時間でありました。アングラ風味なエネルギッシュさはいつも同様堪能できた、ってもね男女混成なもんで邪視線は……w。

帰路Sバーン工事運休迂回とぼとぼ結局中央駅まで徒歩道すがら交通系アプリってどこまで信じたらいいのかなど思案&中途半端判断力にうんざり。

tagebuch.

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ikkomasuda/20160720

2016-7-19-火

misutaki.

自伝本校正@中央図書館。〈「住んでいなさそう」とはいっても「埒が明かなさそう」とは言わない理由が、文法的に説明ついてホッとした〉〈執拗に続く教えてちゃん攻勢に、ドイツ語で書いてはグーグル先生に英語へ翻訳してもらって応戦してたけど、もう限度、相手が読めないの承知で独語そのままで、送信!〉〈近所の中庭でニワトリを飼い始めたのか、コケコッコーてな声が聞こえてくる。あぁ鶏の水炊きとか喰いてえw〉夕方からの快晴っていい方向へ調子が狂っちまいそう、夕焼け空気浸りでリヒテンベルク橋。

musik heute:

D schmutzki - erinner dich mal

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ikkomasuda/20160719

2016-7-18-月

『ベルリン・アレクサンダープラッツ

午前から自伝本校正@中央図書館。ひとしきり集中して午後いったん昼飯とまず寄ったトイレでエキストラ現場&エージェント事務所で会った男性とバッタリ、コンピューターを使いに通ってるそう、彼と立ち話するうちにダンサー・けいくんが通りがかりほぼ1年ぶりで再会。梅干し海苔弁当そそくさ平らげ、改めて中庭でけいくんと近況諸々話し込む。アメリカ記念図書館・Dussmannと経巡って次季ポリレアリステン課題のサルトル戯曲本入手、ひとまず。

『ベルリン・アレクサンダープラッツBerlin Alexanderplatz』@ドイチェス・テアター。メルマガ読者向け特別料金7ユーロ利用。同名長大小説を休憩2度含め約4時間に舞台化、って前提なので期待値ほぼゼロの見届け系で前寄り席で観賞。そもそもストーリーを追う構成ではなく、要素をコラージュした手法。主人公もフランツ・ビーバーコプフの複数の俳優が演じて、蛍光管数十本装備の移動舞台装置などが燦燦、ときに目が醒めるような一斉点灯もあり、と照らされる白舞台、繰り返されるセックスシーン、老俳優のモノローグ/ディアローグ、相手のない舞踏会的なシーン、食肉用に殺される牛イメージを全裸フリチンで演じる王子様系男優クンの台詞&動き←惚れ惚れぇ、死と対峙するかのような会話、大音響音楽、アニメーション映像、などなど、期待値下げて臨んだせいか結構楽しめた。tagebuch.

D D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ikkomasuda/20160718

2016-7-17-日

lesbisch-schwules stadtfest.

時折お湿りな空模様同様ドンヨリ。午後ノレンドルフプラッツ界隈のLesbisch-schwules Stadtfest、いわゆるベルリンの二丁目祭りを覗く。イスラエルの観光局だかのブース前で、ピンクウォッシュ&パレスチナ政策に抗議するダイイン目撃。戻って、去年今頃出たベルリンのLGBTヒストリーマップやっと読み&検索。繙けば繙くほど興味津々。にしてもMacBook Airでのネット接続ダメっぷりが受忍限度。

musik heute:

D kontra k - paradies feat. rico

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ikkomasuda/20160717