Hatena::ブログ(Diary)

itokeiの日記 〜野生動物救護的生活@奄美

2018-05-15 スライド2題

[]

ちょっとだけ久しぶりにスライドを作る依頼を受けまして

相変わらず締め切りぎりぎりになって大慌てであります

しかもついでにもう一件講演依頼を安請け合い(笑)し、さらに追い込まれる…

今回は今までのスライドを使いまわしがあまり効かないものだったので、もっと焦るべきだったか

いやいや、今更なので、追い込み頑張るしかありませぬ。


ということで、ちょっとだけ島外に出るので

ついでに動物園と、博物館と行ってこようと思っております!


その前に間に合わせないと…!!

しみずりょうこしみずりょうこ 2018/06/05 18:22 ご無沙汰しています。
たまーに見に来ています。
お元気そうでなにより。
小諸市動物園で長野県内で保護されたムササビが飼われていて、公開されています。先日はイベントも有りました。6月3日は今年からムササビの日なのだとか(笑)。
http://www8.shinmai.co.jp/odekake/article.php?id=ODEK20180604009985
記事で奄美にもムササビがいると知り、ちょっとワクワクしました。
では、また、お元気で。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ito_kei/20180515

2018-05-10 連休過ぎ去る

[]

おお!?といううちに、ゴールデンウィークが終わってしまいました。

加計呂麻島行こうかな〜という夢は傷病の連絡でついえました。


もう気が付けば5年以上のおつきあいになってしまった、高知のみなさん

2年ぶりに大勢また奄美に遊びに来てくれました。

前回は私もひきニートのような生活をしていたので、がっつり同行していましたが

今回はいいとこどり!?

夜出かけたり、夕飯だけ食べに行ったり、バーベキューしたり

楽しい日々でありました。


最終部隊もつい先日帰って行ってしまい、日常生活へ…


と、同時に夏鳥が次々に!

例年通りではありますが、また魚取りの日々が始まりそうです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ito_kei/20180510

2018-04-02 豪華メンバー

[]

年度末年度初めになりまして

ここ最近

黒いウサギだの、毛の長いネズミだの、大き目トラツグミだの、なんだかそうそうたるメンバーが保護されてきています。

そしてさらに瑠璃色カケスまでもが来てしまった…!しかヒナ。そのあと成鳥。


ひとつ済むと同時に次がやってきてしまう

ああもう!と思いつつ

打率(?)はリリース2、移管動物園へ)1、死亡2

うーん、まあまあ?

普段トータルでは2割や3割程度しかリリースもできないので、特殊メンバーにしてはまあまあと思ってくださいませ…


ということで年度初め本日早々リリースと移管手続きでした。

やっぱり少しでもリリース率が高めでありたいものです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ito_kei/20180402

2018-02-22 なおなおちゃん

[]

ネコの日と言うことで

日記の白猫ズ

無事トライアル行き、そして正式譲渡となっております

先住ネコちゃんとも仲良くしているそうです。


f:id:ito_kei:20180222213403j:image:w360

オッドアイというのはとても不思議、本当にきれいでした。

f:id:ito_kei:20180222213400j:image:w360

f:id:ito_kei:20180222213357j:image:w360

モモパイはやはり人気でありました。

みんな何をきっかけに気が付くんだろうか…


f:id:ito_kei:20180222213355j:image:w360

f:id:ito_kei:20180222213352j:image:w360

f:id:ito_kei:20180222213349j:image:w360

先の居候猫やすことも最終的にはじゃれあい、おいかけあいのにぎやかな日々でありました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ito_kei/20180222

2018-01-29 クリスマスにやってきた

[][]

すでに一か月がたってしまいましたが、去年のクリスマスの日


ちょうどお休みの日だったので、用事職場に立ち寄り、昼に出て、戻ったら外の棚に見たことのない子猫が2匹…

寄り添ってじっとおびえた目をしています

「ん?君たちどうしたの?」と少し近づくと、あわてて逃げる一匹と、戸惑う表情を見せるもう一匹

逃げた方もすぐそこで右往左往しておびえています

きょろきょろとして、ニャー!!ニャー!!と鳴き、ちょうど親を呼ぶような声。


裏の公園に居着いているようなノラネコはすでに手術済。

こんな子知らん…

土地勘なく戸惑うしぐさや様子からも、捨てなのは明らかです……

いきなり知らない場所に放りだされた恐怖はいかばかりか。


捕まえきれず逃げてしまうので、罠設置

翌日になっても捕まらず、日中やっと一匹

2日後にもう一匹

やっとつかまりました。

天気も悪く嵐のような2晩、さぞ怖かったでしょう。ほとんど動いていませんでした。

つかまって良かった。

もう怖くないよ。



つかまってみればとっても人が好きなおりこうちゃん2匹でした。

しかも超美形(写真は追って!)

こんなきれいな子を捨てる心理が全く理解できません。

体格も悪くはない。性格も良し、ある程度世話が入っているのは明らかです。



年末年始とちょうど不在の時期とかぶってしまうので、大慌てで部屋掃除

いきなり同居はちょっと不安だったので隔離部屋にして、知人にシッターをお願いしました。

そんな我が家6匹…不在にできるのはお願いできる人たちのおかげであります。



美形のなせるわざか、希望の方があっという間に表れ、現在トライアルに旅立つ日までの居候生活です。

ワクチンも終え、検便やウイルスチェックも終え、手術も終え、準備万端

うちの猫たちと遊び、走り回り社会勉強しています。



動物病院という業種柄、捨て猫は「病院あるある状態過去の職場でもあったものですが

なんともやるせなく、腹の立つものがあります。

どんだけ無責任でずるい、「動物好きなんでしょ?」というこちらの心を狙ってくる

本当に悪質な行為です。

犯罪ですしね。

この子たちの親猫が手術されずにいるのであれば、すぐにしてもらいたい

そのたびにここに捨てればいいやと思うなら、許せない。


私もすべての命は救えませんし

すべてのノラネコを救ってあげることは不可能です。

ただ手を出した以上は責任を持って世話をし、譲渡先を探します。

いつかこの連鎖や、「最近居候猫もあんまり来なくなったなあ」と思える日が来るといいな…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ito_kei/20180129