Hatena::ブログ(Diary)

itokeiの日記 〜野生動物救護的生活@奄美

2017-02-16 居候猫ズ

[]

トンネル猫ネルから始まって、ひっきりなしになんだか猫預かりが続いております

いやまあ、「なんとかなるんだな」と分かってしまった分、うちが一時預かり所になりつつあるだけですが。

みつきもさつきも、まあまあ受け入れてくれるもんだから(笑


ネルがうちから旅立って(もう人様のおネコ様になっていることでしょう)

年始だったか、そうそうにやってきたうめこ

うめこもつい先日移動していきました。

うめことかぶるようにして子猫きょうだいヅラ子とキジ

今もおりますが、間もなく旅立ち。


f:id:ito_kei:20170216222942j:image:w360

うめこは骨折して傷も化膿して保護されてきた。

がりがりに痩せて、状況下手したら断脚かなとまで考えていたけど、大丈夫だった。

しばらく保護主さんのところにいたけど、諸事情によりうちでお預かり。

ビビりゆえにこたつ根城にしてさーっと逃げるので、レアキャラ状態のままいつのまにやら一か月以上

きょうだいが来たりしているうちにだいぶ家にも慣れてきましたが、ずっとの家を求めて旅立ち。

f:id:ito_kei:20170216223310j:image:w360

トイレ変な姿勢でがんばってたな。。

ビビらなくていい、暖かい家に迎えてもらえるように。


ズラキジきょうだいは某スーパーにいつくノラネコの子

行き場なく、どうしましょうねえ…→移動予定が立っている上でのうちでのお預かりに。

もちろん親猫は手術をしてもらうお約束

移動に耐えうるまで成長させるまでが私の役割


f:id:ito_kei:20170216223514j:image:w360

来たときはまだ一か月半くらいかな?

一時は吐くわ下痢するわ食べないわでちょっと危なかったですが、だいぶ猫になってきました。

f:id:ito_kei:20170216223656j:image:w360

シャーシャー言ってたうちの猫たちもちょっとずつ受け入れ。

(いや、みつきはいつでもお怒りですが…)

もう走り回ってます。




うちが預かりを出来るのは、先があるから。

島外に譲渡をしてくれる方がいて、その人との仲介をしてくれている人が島にいるので

島外に出る、という上でタイミングをはかりつつ、お任せできるからです。

譲渡の条件やケアもしっかりしているから、私も安心

猫部でもなかなか見つからない分、こうして出来る子は外に回します。

ネルもそう。


もちろん、ウイルスチェックして、もし陽性だったら…譲渡には回せません。

そんなときがいつか多分あたるし、そういうときの心の覚悟もしないといけないな〜と思っています。

幸せになれるチャンスのある子は回さないとね。

うちに居着く、ハードルの高い子はどこにいるのやら…!?


毎度毎度、かわいいもんだから「…うちに残るかい?」と思ってしまう。

うめこやズラキジの前にも、衰弱した子猫たちはいたけど、助からなかった命もあって

毎度毎度涙のお別れであります。

うちに…と思った子がさらに実はいますが(笑)この子も早々になんとかなりそう。


私の立場上、「うちは預かりをしてくれるところ」と認識されてしまうのも、よろしくはない。

アテにされてもダメだし、

ネコを保護するってことはお金も労力もかかる。

あの人に聞いたら何とかしてくれるらしいよ?となってはまずい。

そこはしっかりしていないとな、と思っています。

野生鳥獣が来たら最優先になりますから!



しかしだんだんネーミングがいい加減になってきたな。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ito_kei/20170216

2017-02-11 鷹匠漫画

[]

さてさて、今日は本の紹介です!

鷹の師匠、狩りのお時間です! 1 (星海社COMICS)

鷹の師匠、狩りのお時間です! 1 (星海社COMICS)

私が岐阜在住時代に出会い、今も交流あるごまきちさんがネットで漫画を描いておりまして

いよいよ単行本発売になりました!!


色々裏話的なことも聞きますが、当然ながらこの手の連載は、人気(つまり売上)がすべてと言ってもいいくらい。

人気があれば連載は続き、なければ…って某週刊漫画雑誌みたいですが

そりゃあそうでしょうなあ。

すべてが実際にあったそのままじゃなくて、分かりやすくしたり、少し変えたり、そういうのもあるわけです。

エピソードとしてはおおむね間違っていなくて。

私がこれまで聞いてきたお話なんかもあって、そういう意味でも面白かったです。

あ、今もネット上で連載中ですよ〜



良くあるペットマンガではないので、かなり「こちら寄り」…野生動物やら、フィールド好きな系統が好む方だと思います。

鷹を飼う(飼うという表現もあれですが)ことは今や何とかカフェとかですっかり表に出てますが

実際はかなり大変。

そういうのも垣間見える…とは思います

ネットで見ているのと、手に取ってみるのは印象も違うかもしれませんので…

ちなみに離島なのでまだ手に取ってません…


さらにちなみに、ワタクシがモデル!?架空ですよ架空の人物!!が、出てます!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ito_kei/20170211

2017-02-09 今年初ケナガ

[]

ついに自宅PCを職場に持って来ております(やることがあるからですが)

写真整理少しでも…



先日山に行ってきて、今年初久しぶりにケナガネズミが見えました。しかも2回!

ちょっと意識して探していたので、すぐ真上にいた時はなかなか嬉しい。

これ、気が付かずにスルーしているの多そうだな…

クロウサギも親子と思われる2頭を見かけることが先月に続いてありました。

そんな季節か

保護されてきたクロウサギも年末にいましたが、まだ独り立ちもしきっていないころだったんだろうな。

今季は本当にウサギ保護も多い。

f:id:ito_kei:20170209151812j:image:w360


夜の山は月一は少なくとも行けれていますが、いかんせん日中の鳥さがしが超ごぶさた。

とはいえ、冬鳥少ないですね。

シロハラツグミもとても少ない。しずかです。

NARUTONARUTO 2017/02/16 22:27 夜間行動の動物に光を当てるのは駄目と聞きましたが、懐中電灯に赤いセロハンは貼っているのでしょうか?
ごまきちさんの絵だと貼っている様には見えないので気になりました

ito_keiito_kei 2017/02/16 23:02 NARUTOさま
奄美ではウミガメ以外には赤いライトの概念はあまりないですね。基本結構すぐに移動していく(動物が)ことも含め、赤いライトというのはないのかもしれません。
林道もせまく、車からほとんど降りずに動物をさがします。赤いライトではハブもいる奄美では危険が伴います。
一番有名どころはそのムササビですが、あまりさっさと逃げるタイプでもなくしっかり観察できるタイプなので赤いライトを使って観察する場合はありましたよ。

ito_keiito_kei 2017/02/16 23:03 ちなみに奄美での(奄美に限らず)ウミガメ観察はイコールで産卵中になるので、刺激しないように赤いライトはかなり厳密に使っています。ただし、浜に出るまでは普通にライト使わないと、ハブられるのでそうもいきませんが!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ito_kei/20170209

2017-01-30 やっと初クジラ

[]

さぼりまくりですみません。。

すっかり自宅でパソコンを開かず、おのずと更新出来ておりません。


先日空港まで行く用事で、車からクジラ発見

カーブを曲がって海が見える道に出た途端にブロー!

予定時間ぎりぎりまで観察してしまいました。

岸から近いし、ウォッチングの船とメールで実況

あ〜うらやましい。

それでもやっとこ、今年初クジラ!


山にも行ってはおりますよ

親子ウサギを先日見ました。そんな季節なのか?

保護されたウサギなんかも12月はいましたが、小さかったのでまだ親離れ前だったのかもしれません。

写真整理できておらず…



次から次へと我が家居候ネコ)がやってくる最近です。

現在、「うちのネコ」含め、5匹…いつのまにそんなことに…

いや、もちろん一時預かり、うちは中継役ですけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ito_kei/20170130

2017-01-05 クジラシーズン!

[][]

新年一発目、さっそく海に出てまいりました。

クジラシーズンは入っております

…とはいえ、例年通り!?いませんでしたけど…

4年目、毎回一回目の船ははずしております。

そして年々クジラ運が落ちてますけど!今年はどうか!?


カメラもっても一回も使わずでありました。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ito_kei/20170105