Hatena::ブログ(Diary)

itouhiroメモ

2012-07-03 RictyフォントをWindowsで生成する(2012年7月03日版)

Ricty(リクティ)フォント

http://save.sys.t.u-tokyo.ac.jp/~yusa/fonts/ricty.html

はプログラミングやシェル操作に向いているTrueTypeフォントです。

f:id:itouhiro:20120703222925p:image


ところがこのフォント、複数のフォントを合成しなくてはなりません。


追記 (2011-11)

フォント合成をしなくても、合成済みttfファイルをダウンロードできる

Ricty Diminished http://save.sys.t.u-tokyo.ac.jp/~yusa/fonts/rictydiminished.html が登場しました。ただしJIS第2水準の漢字がたりません。

漢字がすべて揃ったフォントがよいなら、今後も、以下のRictyを選ぶ必要があります。


その合成作業がWindowsでは難しそうにみえます。しかし やってみると簡単とわかりました。


2012年7月03日現在のWindowsXPでの作業方法を以下にメモします。


必要なもの


  1. Ricty生成スクリプト
    公式サイト http://save.sys.t.u-tokyo.ac.jp/~yusa/fonts/ricty.html のBeta版を今回は使います。正式版のVersion3.2.0でもよいです。
    f:id:itouhiro:20120703222917p:image

    f:id:itouhiro:20120703222916p:image
    [zip]をクリックしてダウンロード

  2. FontForge(フォントフォージ)
    http://www.geocities.jp/meir000/fontforge/ にある最新版 fontforge-cygwin_2012_04_11.zip (23MB)を使います。

  3. Inconsolataフォント
    公式サイト http://levien.com/type/myfonts/inconsolata.html の[OpenType file]でダウンロードできる Inconsolata.otf

  4. Migu 1Mフォント
    M+IPAの合成フォント http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/ の[DOWNLOAD]から migu-1m-20120411-2.zip

2012年7月3日現在はこのバージョンを使っていますが、今後それぞれのバージョンが上がった場合は最新版を使えばいいはずです。


作業手順

  1. fontforge-cygwin_2012_04_11.zip を展開します。以下のように C:\fontforge-cygwin_2012_04_11 に展開しました。

    fontforge.batをダブルクリックすると、さらに圧縮ファイルを展開されて136MBにもなります。FontForgeを実行してしまった場合、一度「キャンセル」をクリックして停止します。
    f:id:itouhiro:20120703222913p:image
    fontforge.batをダブルクリックするのは、してもよいですが、しなくてもOKです。

  2. Ricty生成スクリプトは yascentur-Ricty-3.2.0-3-g76f3441.zip というファイル名でしたが、それを展開して、
    • ricty_generator.sh
    • ricty_discord_patch.pe
    • os2version_reviser.sh
    の3ファイルをfontforge.batのあるフォルダにコピーします。
    f:id:itouhiro:20120703222918p:image

  3. Inconsolataフォントは
    • Inconsolata.otf
    をfontforge.batのあるフォルダにコピーします。

  4. Migu 1Mフォントは
    • migu-1m-regular.ttf
    • migu-1m-bold.ttf
    の2ファイルをfontforge.batのあるフォルダにコピーします。
    f:id:itouhiro:20120703222919p:image

  5. fontforge.batを書き換えて生成スクリプトを作ります。fontforge.batをまずコピーして、make_ricty.batとかのファイル名にします。
    f:id:itouhiro:20120703222920g:image

  6. make_ricty.batを[右クリック-編集]で開いて、以下のように書き換えます。
    f:id:itouhiro:20120703222921p:image

    f:id:itouhiro:20120703222922p:image
    --- C:/fontforge-cygwin_2012_04_11/fontforge.bat	Thu Apr 12 03:27:33 2012
    +++ C:/fontforge-cygwin_2012_04_11/make_ricty.bat Tue Jul 03 23:07:00 2012
    @@ -39,5 +39,6 @@


    xwin-close.exe -wait
    -fontforge.exe -nosplash %file0% %1 %2 %3 %4 %5 %6 %7
    +sh ricty_generator.sh auto
    +sh os2version_reviser.sh Ricty-*.ttf RictyDiscord-*.ttf
    xwin-close.exe -close


  7. make_ricty.batをダブルクリック。
    非力なCPU(Core1Solo 1GHz)だと30分くらい待たされました。
    f:id:itouhiro:20120704000633p:image

  8. コマンドプロンプト(黒背景に白文字)のウィンドウが消えたら、完成です。

感想


上の手順の中でos2version_reviser.sh を実行している理由は、これを実行しないとRictyフォントの日本語文字の横がやたら離れて表示されるからです。このスクリプトの実行だけで10分くらいかかっていますけど待ちましょう。

f:id:itouhiro:20120703222923g:image


Windowsでこんな簡単に生成できた理由は、現在のWindows向け非公式FontForgeがCygwinベースになっていてshなども含まれているからです。ありがたいですね。


Windowsで このフォントをキレイに表示するには、gdippやMacTypeなどのソフトを使うとよいです(gdi++ HeliumはGoogleChromeに効かないなどobsoleteです)。この記事の一番上の画像では、MacTypeを使用しています。Defaultでも かなりキレイです。MacTypeの使い方は google:MacType で調べてください。