Hatena::ブログ(Diary)

株式投資とファイナンス

2015-03-26

債券投資

債券を簡単に説明すると、多くの人からお金を集める際に発行される借用証書のようなもの ということができます。

債券とは、国や地方公共団体、金融機関、事業会社などが、多くの人から多額のお金を集めたいときに、借りたお金の返済や利息の支払いなどを約束にするために発行する証券のことです。

債券が発行されるときには、下記のような条件が決められます。


借入金の額(発行額)

借入れの期日(発行日)

利息を除く借入金の返済期日(満期日))

お金を借りている期間 年限(期限)

支払う利息の率(利率)

利息を支払う期日(利払日)

利息を除く借入金の返済額(償還金額)


上記の条件で、債券を購入した人は、償還日までにいくらの利息がもらえ、償還金額がいくらなのかがわかるようになっています。


債券には、満期日まで、継続的に同じ金額の利息が支払われる固定利付債(確定利付債)といわれる債券と、利息の金額が変動する変動利付債といわれる債券とがあります。


固定利付債(確定利付債)

満期日まで、あらかじめ決められた固定の利息が、利払日に支払われる仕組みの債券を固定利付債(確定利付債)といいます。

固定利付債は、債券の発行の際に決められた利率が、満期日まで変わりません。

ほとんどの債券は、固定利付債となっています。


変動利付債

債券の利息の額が、利払日ごとに、その時々の市場金利等の状況に応じて変動する仕組みの債券を変動利付債といいます。

変動利付債の利率は、利率を決める際の市場金利に基づいて決められます。

日本では、期間10年の個人向け国債などが変動利付債です。

この期間10年の個人向け国債の利率は、半年ごとに見直され、直前に発行された10年満期の長期利付国債の利回りを基に決められます。

2015-02-14

投資のリターンとリスク

投資の世界でいうリターンとは、金融商品からもたらされる利益のことです。

株式の場合のリターンは、売却益と配当の2つになります。

投資信託のリターンは、分配金と基準価額の値上がり益の2つがあります。

投資した結果、損失を被ることもありますがその場合はマイナスリターンと表現されます。

リターンを得るために投資をすると、マイナスのリターンを被る可能性もあります。

リターンがどうなるのか分からないという不確実性やリターンのブレ幅のことをリスクといいます。

リターンのブレ幅が大きいと予測されるとき、リスクが大きいという表現をします。

大きな儲けが期待できる一方、大きな損をする可能性もある投資商品のことをハイリスク・ハイリターンの商品という言い方をします。

株で儲からない投資家がやること

米国株連続増配銘柄

私立高校学費負担軽減制度

リストラ 退職

分散投資 インデックス投資 グローバル企業

ワンルームマンション投資は都内が成功のポイント

サラリーマンのネット副業

2015-01-12

債券の利子の受け取り

さまざまな種類がある債券。利子の受取り方で分けると2つになります。

ここで注意したいのが、利子の管理方法です。

定期収入として生活費の補てんなどに充てるのなら利子を引き出せばいいのですが、将来の資産形成などを目的とする人は、利子の運用方法にも気を配ったほうがいいかもしれません。

分配金を再投資できる投資信託と違って、債券の利子は受取時点のマーケット環境に応じた再投資対象を考える必要があります。

割引債(ゼロクーポン債)は額面金額から一定額を差引いた価格で発行され、満期に額面金額が戻る仕組み。

額面金額と発行価格の差額が利子相当分になります。

額面金額が100万円の割引債が96万円で発行されていたとすると、投資金額が96万円で100万円が戻ってくるので、差額の4万円が運用成果になります。

利付債と違って運用期間中に利払いがないので、利子の管理を考えずに資産形成ができます。

満期まで再投資を考える必要のない複利運用効果を期待できるのも割引債の魅力の1つです。

国内債券には割引債が少ないのですが、外国債券は品ぞろえが豊富です。

株式投資で儲からない米国株 高配当銘柄学費の負担を軽くする

リストラからの再就職おすすめの株式投資ワンルームマンション投資

2014-09-29

投資信託の投資対象資産

投資信託の投資対象となる資産は株式と債券が中心ですが、最近では不動産などの「代替資産」を投資対象とするものも増えつつあります。

株式を投資対象にするものは、一般に債券を投資対象とするものに比べて、価格変動の度合い(リスク)が大きくなります。

債券を投資対象とするものでも、発行元の信用度によっては、リスクが高い場合もあります。

海外の外貨建て資産に投資するものは、外国為替相場の変動の影響を受けます。

投資対象の全部または一部について、外国為替相場の変動の影響を回避する手法(為替ヘッジ)を取り入れているものもあります。

先取り貯蓄何度も確認してしまう病気キャッシング

2014-02-23

生命保険の主契約と特約

支払う保険料を抑えたいのでしたら、掛け捨ての保険を選ぶと良いでしょう。

そして基本である主契約の保険だけにしておいて、特約のオプションをつけないことです。

主契約だけでオッケーなら、保険料も抑えられます。

生命保険の主契約と呼ばれているものは、どのようなものがあるかというと、期間が決まっている定期保険、一生涯に渡り続く終身保険があり、養老保険ガン保険、医療保険、三大疾病保障保険、また、収入保障保険や、変額保険、個人年金保険などがあげられます。

特約は、それぞれの生命保険会社によって違いますが、様々な特約があり、数もかなり多くなっています。

主契約では入っていない部分を、さらに特約でつけるという形を取っているので、主契約で十分に足りているという方でしたら、特約は不要です。

特約とは、例えば、一定した期間の間だけ、死亡保障金額を増やす、定期保険特約というものがあります。

老後は構わないけれど、働き盛りの間だけは家族のために、死亡保障金額を大きくしておきたいという方には良いのではないでしょうか。

また、入院日数や通院日数の期間を広げたり、手術に備えたりする特約は、入院特約、成人病特約などがあります。

不慮の事故などで死亡した場合、病気以外で、保証金が増えるようにする特約は、災害割増特約などがあります。

このほかにも、生命保険会社は、掛け捨てなど多種類の特約を用意していますから、自分にぴったりの商品があれば、特約もつければよいですし、不要なら主契約だけにしておくのが良いでしょう。

老後資金の貯め方とは















































株式投資投資のショコラ金融投資 ライアーゲーム投資と金融投資関連金融・株式投資マンAHLダイバーシファイドマン・AHL・マイルストーンウィントン・フューチャーズ・ファンドヘッジファンドマンション購入ソニーバンク 住宅ローン外国株式外国債券外貨両替スーパーファンドヘッジファンド購入外国債券金融・経済投資と金融金融と投資株や投資関連投資投資 マネー投資 ファイナンスマネー経済金融経済経済トピックスマネー金融経済バンガードマネージド・フューチャーズプロミスアットローンシティゴールド転職住宅ローン 生命保険 見直しセゾン ローンSBI ローンSBI住宅ローンSBI 外貨SBI損保ライフネット生命ファーストクレジット経済・金融・マネーマネー経済金融・経済ファイナンス マネーエコノミックファイナンス金融に関すること自動車保険海外ETFCFDデイトレFXのやりかたFXの始め方1億円貯めるプルデンシャル生命評価ソニー自動車保険チューリッヒアフラックがん保険ソニー損保アメリカンホームダイレクトアフラック医療保険投資・金融投資・マネーマネー・投資・金融金融商品取引投資 金融 経済 マネー金融日記外国株式購入方法医療保険の選び方医療保険自動車保険の選び方新生銀行住宅ローン中国株式中国株式投資シティバンクヘッジファンド米国株式購入方法高配当株式銘柄生活必需品株式銘柄外貨両替投資信託 選び方宝くじ 当選確率海外投資外国株式投資クリーンエネルギー老後資金の貯め方株 素人入門アメリカ株式 購入ゴスペル 船橋債務整理ファイナンス金融投資株式投資投資 株株式相場株式投資投資 金融金融 投資投資投資株 投資海外投資投資 インカムゲイン株式投資投資 ファイナンス株式投資株式投資SBIソーシャルレンディングヘッジファンド 購入海外ETF購入マネージド・フューチャーズ外国債券購入FX やり方FXシグナル配信ソフト初心者 銘柄外国債券ETFワンルームマンション投資宝くじ 当選番号お金持ちになる方法お金儲けの方法年収を上げる方法収入を増やす方法株式投資 初心者お金を増やす方法外国為替の動向外国株式インデックス債券投資在宅ワーク 主婦長期投資 銘柄米国債 購入退職金運用米国株 高配当老後資金 必要額副業初心者 投資信託老後 貯蓄教育資金 貯め方老後資金 資産運用ロト6 買い方新興国株式ロト6 確率米国債ワンルームマンション投資老後の資金 貯め方J-REIT 投資信託転職エステ都内ワンルームマンション投資米国株 配当米国債券教育資金海外ファンド投資高利回り 投資信託国債暴落 円安老後資金 貯め方米国株 買い方モテる女 条件外国株 購入老後 貯蓄OL 貯金方法サラリーマン 副業米国債 購入社債 購入老後の必要資金ワンルームマンション投資 リスク外国債券ETF海外株式 購入消費者金融 申し込み不動産投資 成功お金を借りる 即日お金借りる キャッシング即日老後のお金はいくら必要即日融資 お金借りる高金利通貨ファンド 豪ドル借金整理 弁護士債務整理とは米国株 高配当外国株 購入1億円 貯める老後資金 貯め方米国債 購入海外投資外国株 購入方法外国株式投資為替動向医療保険マネージドフューチャーズ中古ワンルーム投資高配当株式銘柄投資信託 選び方宝くじ 確率