Hatena::ブログ(Diary)

閑人亭日録

2017-06-28

『勘の研究』ニ

 黒田亮(りょう)『勘の研究』講談社学術文庫1980年初版を少し読んだ。

《 間不容髪(かんふようはつ)とか、前後際断(ぜんごさいだん)とか、あるいは石火之機(せっかのき)とかは、 畢竟不動智、本心、無心、太阿の立場から初めて理解されるものであって、しかもこれらは一面禅の究竟の目標であるとともに、 九死に一生を求める剣の極意でなければならぬ。

  したがって剣の極意を説くにあたって、禅語を仮用したからといって、単なる形式の模倣と速断するのは、皮相の解釈たるを 免れない。 》 「第九章 剣法の極意」 132頁

《 かくて技を磨くということは、同時に心を磨くことになる。心を磨くことを忘れて末節のみに拘泥するのが、魂を置き忘れた 現代教育の通弊である。事(わざ)の近づかんとする理は、ことやしくも芸術に関するかぎり、単なる生命なき原理ではなくして、 荊棘(けいきょく)の截(き)り開かれた魂の公道である。

  かかる公道の打開は、いままで事ごとに必要とした有念有想をしだいに無念無想に転換する結果をもたらすにいたるのである。 これにおいて、また事は無事に、理は無理に接近して、事理はついにわれらの念頭からなくなっていく。 》 「第九章 剣法の極意」  151頁

 最後の文の「事は無事に」では、事=技のこと。「理は無理に」では、理=心のこと。

 それにしても、この記述はあらためて安藤信哉の晩年の水彩画、墨絵を想起させる。

 安藤信哉、北一明、味戸ケイコさんは、既知の表現に上書きをして表現を更新した。

 白砂勝敏さんは、既知の表現に既知外から参入し、未知の表現を加えた、と思う。

 自転車で走ると、いたるところでヤマモモの熟した実が道路に壮大に落ちている。見上げれば鈴なりの実。今では採る人も いなくなってしまったか。そういえば、果物の消費が若い人ではぐっと落ち込んでいるという記事を目にした。どこまで 手間を省かれれば食するのだろう。手間を惜しまないという言葉はすでに死語かも。でもなさそうだが。

 http://thesaurus.weblio.jp/content/%E6%89%8B%E9%96%93%E3%82%92%E6%83%9C%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%AA%E3%81%84

 逆に手間を惜しまないモノが評価されるようになるかも。インスタント、即席が評価が低い意味になるかも。なってほしい。

 ついでに。ネットに最新版!大学別「就職人気企業」ランキングなる記事。

 http://toyokeizai.net/articles/-/177975

 学生時代、同級生たちが口にした「一部上場企業」の意味がわからなかった。会社に就職するという発想がなかった。 店舗を借りて店を繁盛させ、そこで店舗を売り、再び店舗を借りて店を繁盛させて売り、ということを考えていた。今にして思えば えらい傲慢不遜というか、法螺話としか思えんだろうことを本気で考えていた。ま、事情で父母の甘味処を継いだけど、閉店までの 四半世紀、売上は右肩上がりだった。だからK美術館を開館できた。美術館を閉めた今は、推している物故作家、現役作家が名声を 獲得すること、三島市の名が上がることに注力。どちらも手間暇がかかる。

 午前、三島市役所での会議傍聴の前に本屋で原武史『日本政治思想史』放送大学教育振興会2017年2刷を受け取る。初版での誤字を 直してあるというので、2刷を待っていた。

 ネット、いろいろ。

《 衝撃の60秒 小学生14人が「超速縄跳び」でギネス記録 》 THE ANSWER

 https://the-ans.jp/news/5567/

《 世界初 量子コンピューターの衝撃 》 NHK NEWS WEB

 https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_0627.html

《 キャバ嬢の売れる源氏名ランキング厳選234+30選 》 姫リクブログ

 https://himeriku.com/blog/name/

《 東電の新社長が双葉町で 「間違えてます」記者指摘 》 テレ朝NEWS

 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000104072.html

《 今日の稲田氏がそうであるように、政治家はよく「誤解を招きかねない発言であった」と言って発言を撤回する。これって 「理解力がない有権者が誤解しちゃいそうだから、自分の発言は間違っていなかったけれど、撤回しておきますね」ということだから、 暴言以上に国民を侮辱していると思う。 》 武田砂鉄

 https://twitter.com/takedasatetsu/status/879723962053214208

《 豊田まゆこ起死回生のチャンスやぞ

  ちがうだろーこのハゲっ!って菅に発狂しろ 国民の支持間違いなしや 》

《 なんか都議選の投票権もない田舎もんが騒いどるなぁ

  安倍ちゃんは、正しく日本の伝統を継いでいるお方だよ

  ヤバくなったら大将から逃げ出すのが帝国陸海軍の伝統じゃんかwww 》

《 無責任内閣すげえな 》

《 事務仕事のない星に行きたい。 》

2017-06-27

『勘の研究』

 黒田亮(りょう)『勘の研究』講談社学術文庫1980年初版、前半を読んだ。

《 暗中模索を試みつつあるあいだには、そこに見出されるものはただ投げられた光を反射する面だけであって深さはないが、 だんだんと呼吸を呑み込むにつれて、奥底に見通しが利くようになり、いままですべての光を反射する物体の面だとばかり 思われたものが実は透明な構造を持ち、これを通して背景に点綴(てんてつ)するものをうかがうを得べく、光が反射されて いるように考えられるのは、あたかもガラス面を斜めに眺めたときのごとく、自己の観点の相違に起因するものであることに 気がつくであろう。 》 「第八章 動作および意志過程における勘(ニ)」 109-110頁

《 かく最後の目標たるものにのみ執着を持つことなく、それにいたるまでの途中の一歩一歩が仕事全体に対して有する 重要な意味は、勘心理学の立場からは理論的に肯定されるばかりでなく、実践的にもとくに力説せらるべきものである。 劇や小説のおもしろみは言うまでもなく、学術的研究や日常の平凡な仕事にいたるまで、結果や結論をのみ追うに急にして、 それに達する迷路を顧みないのは、いまだその道に理解あるものと言うことはできない。 》  「第八章 動作および意志過程における勘(ニ)」 113頁

 ネット、いろいろ。

《 「テロに屈するな」って言う前に、「グルメ接待に屈するな」って言いたいよ。 》 ネトウヨの毒舌な伯父さんbot

 https://twitter.com/NTUY_uncle_bot/status/878902078248075264

《 なぜか何度も芸大の話が出てきた。「教育機関」としての芸大の現状と、「対外効果」としての芸大イメージの乖離。 制度の中が腐り、その外側も腐る。

  制度と市場に支えられてきたアートという近代の機構そのものの地盤沈下。 》 大野左紀子

 https://twitter.com/anatatachi_ohno/status/879172387136131072

《 藤井聡太四段の対局中継を見てるんだけど、何から何まで俺の中学時代とは違うなと感心していたら、 夕食を注文する時に金を取り出した財布が、バリバリ!というマジックテープの財布で、同じとこあった!と嬉しくなった。 》  大谷 dandori 洋介

 https://twitter.com/dandori/status/879245780225339392

《 「優しくて凛とした喋り方で。こんな気持ちの涙を流したのは、いつ以来だろう」

  と、年配の方が呟いてくれていました

  すすり泣きが響くのに「悲しい」とは違う不思議な雰囲気に包まれた会場でした

  私が同じように語ったら「壮絶な闘病記録」になったかも

  小中学生主張発表会

  「尊厳」の全文です 》 えっつ

 https://twitter.com/etsusana1978/status/879097877343096832

《 小学校の学校公開で目撃した、先生の工夫が凄かった 》 しんざき

 http://blog.tinect.jp/?p=40971

《 “人工知能 天使か悪魔か”って、人工知能は妖怪に決まってるやんけ 》 畑中章宏

 https://twitter.com/akirevolution/status/878974052647317504

《 静岡県沼津市に本店がある沼津信用金庫(紅野正裕理事長)が7月から「後見支援預金」の取り扱いを始める。 》 THE PAGE

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000008-wordleaf-soci&p=1

《 「おじいちゃん、どうして日本には獣医学部がこんなにたくさんあるの?」

  「それはね、むかしむかしあるところに・・・」

  (中略)

  「あはははは」 》

2017-06-26

覚、勘、識

 先だって読んだ中島智『文化のなかの野生』現代思潮社2000年、31頁に見逃せない記述。

《 ここで「直観」もしくは「勘」の問題を正面から取り上げた方で日本の初期の心理学者である黒田亮氏を紹介しておきましょう。

  私はさきほど先行知識や観念は直観力の妨げになるという旨についてお話しましたが、氏もある実験の結果、直覚もしくは勘 というものが合理性や論理性の学習過程で失われていく能力の一つであることを紹介しております。 》

《 またこの覚はいわゆる無意識とは別個のものとされておりまして意識の中に識と共に位置づけられています。 》 32頁

《 ところで黒田氏は「直観」というものを識の働きと考えておられますが、私自身は直観力も勘とともに覚の働きによって 生じるものと感じていますし、そういう述語として使っています。

  いずれにせよ氏が「覚の第一歩は没入であり、その後の忘我の状態であり、その極みは無心無感の絶対境となるが、この 絶対境は万物の奥底に徹する自在無礙の心である」と述べておられるように、またしてもそこに前提条件とされているのは 思索ではなく「行」なのです。しかし私のあげたわずかな例からもおわかりと思いますが「行」にはさまざまな入り口と実践が あることを再び確認しておかなければなりません。 》 33-34頁

 (述語は術語の誤植かな)

 またしても安藤信哉の晩年の絵画を連想。そして作品論「自在への架橋」。私は「自在無礙」ではなく「自在的自由」「融通無碍」 を使った。うーむ。

 http://web.thn.jp/kbi/ando.htm

 http://web.thn.jp/kbi/ando10.htm

 黒田亮(りょう)『勘の研究』講談社学術文庫1980年初版を開く。昭和八年(1933年)初刊。

《 ことに時代の要求に追随して、語によっては絶えずその内容に変改と新味とを加えつつあるものもあるから、明確にしてしかも 完全なる定義を辞典の中に求めるのは無理である。 》 25頁

《 私の語の用法に従えば、すべての識は直観的である。知覚や表象や感情は、なんらの反省を要せず、直接赤裸々の姿において 与えられるという意味において、識であるかぎりまた直観的である。識を覚(かく)に対立させ、勘をもって覚と解釈する立場から すれば、勘は非直観的であるといえよう。 》 33頁

 ネット、いろいろ。

《 ジャズギターは変革期に入ったーー柳樂光隆が選ぶ、注目のギタリスト新作5選 》 Real Sound

 http://realsound.jp/2017/06/post-84435.html

 美術・芸術が更新時期に入ったと感じているが、ジャズギターも、か。

《 もちろん、品質へのこだわりは守り続けている。デュマは「ワインは偶然の産物ではない」と断言する。合田も「科学的な知識、 インスピレーション、そして畑での精魂込めた作業」こそがワイン作りの要だと語る。 》 Courrier Japon

 https://courrier.jp/news/archives/87999/?utm_content=bufferd07d7&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

 北一明の焼きもの焼成と同じだ。

《 民主のお蔭で日本でも貧困率が公表されるに至った。

  そして、自民に戻り、3年毎の発表となり、貧困基準も通常は所得中位値の50%基準だけで、他国の60%基準は用いない。 住宅費を考慮に入れないし、子ども達の剥奪指標すら完成していない。貧困度の計測は全く進んでいない。 》 mika_berry

 https://twitter.com/mika_berry/status/878679285090762753

《 【行政文書の定義】

  ?行政機関の職員が職務上作成、または取得した文書

  ?行政機関の職員が組織的に用いる文書

  ?行政機関が保有している文書

   ↑

  3つとも当てはまる「萩生田官房副長官ご発言概要」を「個人メモ」と切り捨てる安倍政権の狙い 》 盛田隆二

 https://twitter.com/product1954/status/878857714801061888

《 私は憲法改正自体に反対ではないし、更に国民の権利を守り権力者の横暴を制限するように精度を上げるなら大賛成だ。しかし、 あのような人物が握る政権下での改悪など、断じて容認出来ない。戦争法・秘密保護法・共謀罪と同じような手法でまやかしによって 強引に都合よく変えられるのは目に見えている。 》 松尾 貴史

 https://twitter.com/Kitsch_Matsuo/status/878745211580456960

《 「過剰診断だから検診をやめろ」という主張ですが、彼らは検診が同一対象の2巡目になっていることを考慮してない。 継続検診で確認できるのは「前回からの変化(2年間の成長)」です。生涯無症状である過剰診断がほとんどなら2巡目の時点で発見が激減し 「これ以上の検診は無駄ですね」となります。 》 nagaya

 https://twitter.com/nagaya2013/status/878562479336341504

《 今回の某議員の事件、昔テレビの討論番組でヒートアップした田嶋陽子氏が、三宅久之氏に

  「うるさいハゲ!」

  って言ったら三宅氏が怒りだして

  「ハゲは言っちゃいかん!私だってあなたのことずっとブスだと思ってるけど、一回でもブスって言ったことないだろ!」

  って泥仕合始まったの思い出した。 》 野瀬大樹

 https://twitter.com/hirokinose/status/878869260990160896

《 さっきラジオで言ってたけど、英語圏には「ハゲ」という罵倒語が無いんだそうだ。 》 デーモンまぐれ

 https://twitter.com/Demonmagure/status/878474170178256896

《 気になる風俗店の名前選手権の結果を発表します

  最優秀賞

  「マツコの部屋」 》 坊主

 https://twitter.com/bozu_108/status/878873309814718464

 昔、神楽坂(飯田橋)に「サロメ角田の部屋」という看板があった。

2017-06-25

「厚い記述/薄い記述」

 昨日の東京新聞、文化欄の記事は興味深い。右の鷲田清一「厚い記憶」「震災遺構をめぐって」から。

《 米国の文化人類学者、クリフォード・ギアーツは、「厚い記述/薄い記述」という、ギルバート・ライル(哲学者)の概念を 文化についてこんな喩え話をしている。(中略)まぶたの運動としては一つである。が、その意味は一つに収束させようがない。 解釈をこのように多重にしているのはそれぞれの脈絡(コンテクスト)であって、それらを厚く記述することが文化の解釈には必要だと、 ギアーツはいう。 》

 コラム「大波小波」を挟んで左には「DAN FLAVIN(ダン・フレイヴィン」展への黒瀬陽平の評。

《 抽象表現主義ミニマリズムのように、アートがアートとしての純粋性や自立性を求めていく価値観は「モダニズム」と呼ばれる。  》

《 かつてモダニズムは、宗教に対してほとんどアレルギーに近い拒否反応を示し、宗教を前近代という暗闇へ押し留めようとした。 しかしそれは結局、いつのまにか、思いもよらぬところから宗教性が回帰する、という事態を招いただけだった。(中略)であるなら、 モダニズムを経た上でなお、宗教とアートとはどのように関わりうるか、という課題こそ考えねばならない。 》

 この評文には上記の「薄い記述」のような印象をもった。芸術はもっと広く複雑、錯綜していると思う。

 六月は年下の美術家、評論家の多くの言説に出合った。その中で強く共振したのは、以前からの椹木野衣(さわらぎ・のい)と 『文化のなかの野生』の中島智(なかしま・さとし)。黒瀬陽平の他数人が視野に入った。波が押し寄せている。美術・芸術の歴史は 更新されるだろう。どのように更新されるのか。あるいは退場(退潮)するか。革新か更新か。興味深い時節に入った。

 https://twitter.com/noieu

 https://twitter.com/nakashima001

 https://twitter.com/kaichoo

 白砂勝敏さんからメール。

《 今回のまちなかアート セメントシリーズ大御所たちにも好評なようで!(^^)!

  意外と水彩画を褒める画家さんが多くちょっと驚きです^^

  特に芸大出てるような方が評価してくれるので2重に驚きですwww 》

 http://ameblo.jp/steampunk-powerstone-art/entry-12283867114.html?frm_src=thumb_module

 http://shirasuna-k.com/gallery/two-dimensional/

 ネット、いろいろ。

《 まず頭で考えない。わかるまで待ちます。きっと答えは既にある、という前提で思い出すように待ちます。 それが、時代とのシンクロニシティを一番見つけやすいのです。 》 高城剛

 https://twitter.com/takashiro_bot_/status/878742909998071808

《 光岡先生を見ていると白川静先生の「述べて作らず=無主体的な主体」を実践していることがわかります。 「伝統は運動をもつものでなければならない。運動は、原点への回帰を通じて、その歴史的可能性を確かめる。 その回帰と創造の限りない運動の上に、伝統は生きてゆくのである。」(『孔子伝』) 》 内田樹

 https://twitter.com/levinassien/status/878726991721013248

《 1万人の脳画像でわかった 40歳からの脳の鍛え方 》 加藤 俊徳

 http://bunshun.jp/articles/-/2667

《 昨日ようやく籠池のおっさんに長めのインタビューできたんやけど、「考えてみいや。僕とこの家宅捜査、 5箇所それぞれ十二時間やで?で、電通、あの大きな会社の家宅捜査、たった1箇所で3時間やて。どないなっとんねん」 とか言ってて、思わずわろうてもうた。 》 菅野完

 https://twitter.com/noiehoie/status/878760561575473152

《 愛猫家 and/or 蔵書家の方にお伺いします。我が家でお猫様を飼う機運が盛り上がっているのですが、 お猫様と本が平和裡に共存することは可能なのでしょうか?

  ご教示頂けると助かります。 》 猟奇の鉄人

 https://twitter.com/kashibaTIM/status/878750274399096833

《 座右の銘「スマホいじってるような奴が世界一になれる訳がない」(^_^) 》

2017-06-24

『下ネタの品格』

 文藝春秋・編『下ネタの品格』文春文庫2013年初版を読んだ。初めの三者(鹿島茂・西木正明・田丸公美子)の三対談が 読ませる。

《 鹿島 唐十郎が編集した幻の「ドラキュラ」という雑誌があるんですけど、そこに「充血鬼マラキュラ」という漫画があって、 赤瀬川(原平)さんが描いていたんです(笑)。これは女性を見ると歯茎が充血して出てくるっていう内容で、非常にお下品でね。  》 「下ネタの品格」36頁

 『ドラキュラ』新樹書房1973年は新刊で購入。当時もさほど面白いとは思わなかった。

《 西木 山田風太郎さんの『陰茎人』という小説では、自分の鼻と男根が入れ換わる。素晴らしい想像力じゃないですか。これは 晴れ晴れした下ネタでしょ。 》 「真夏の夜の下ネタ」59頁

 『陰茎人』は面白かった記憶。

《 田丸 そうなの。日本の夫って、奥さんのことを見ない、話を聞かない、何も言わないという三猿が多いでしょう。その上 「やらざる」なので本当は四猿。私、あそこを押さえた猿を加えた「四猿」日本土産に売り出そうかと……(笑)。 》  「『死ぬまでSEX』に発情する団塊世代」66-67頁

 次の「政界のいい男!」(林真理子・柴門ふみ・大石静)。初出「オール讀物」2006年11月号

《 柴門 林さん、昭恵夫人と親しいのよね。安倍夫人はどういう方なんですか。

  林 すごくかわいいですね。無邪気で。

  大石 だって、森永製菓のオーナー一族のお嬢様でしょう?

  柴門 私も安倍さんには一度、お会いしたことあるんです。総理になられる前。すごく感じのいい人ですね。偉ぶらないし。 》  85頁

 昨日午後、三島駅近くのSORAの「布糸植物 mishima hatsumi」展ヘ行く。内気そうな作家がいたのでおずおずと「山上るいを ご存知ですか」と訊くとご存知ない。世代の差を感じる。オーナーも知らない。自宅へ戻って山上るいの本二冊を持って戻る。 『布花もよふ』毎日新聞社と『布で花をつくる』暮しの手帖社。二十年ほど前に亡くなったようだ。それ以上はわからない。

 https://www.mishimanosora.com/

 http://www.filithematerira.com/

 ネット、いろいろ。

《 わかりやすい文章を書こうとしたことはない。ちゃんとしたいい文章を書こうとは思っている。そうすれば、 いたずらに難しくはならないし、結果的にわかりやすくなることが多いと信じている。本来難しいはずのことを無理に易しくするのは、 おもねっているだけだ。そんなことはすべきではない。 》 夏目大

 https://twitter.com/dnatsume/status/878241662048256001

 9日に掲載した松平修文歌集『トゥオネラ』ながらみ書房2017年6月23日初版への私の拙文「異化なる万華鏡」を《難解な部分が多すぎて》 と知人からの私信。私は、対象の作家が「そうなのだ!」と手を打つ文章を書こうと思っている。だから松平氏からの葉書はとても嬉しかった。 《 貴殿のが、一番ありがたかったです 》

 http://d.hatena.ne.jp/k-bijutukan/20170609

《 しかし、『奔馬』を読み返しているうちに、ほかの作品も、という気になって、古書価格を調べてみたら、 旧版の三島全集はもう二束三文なんですね……。 》 赤城毅

 https://twitter.com/akagitsuyoshi/status/877858754347192320

 ブックオフで100円だった。

《 「貴重書は白手袋を着けて」という誤解  》 資料保存器材

 https://www.hozon.co.jp/report/post_8754

《 とにかく「ものにじかに当たる」ことが必要だと思う。自分で考えてみたこともないことを、言葉を聞いただけで「知ってる」 という。そういうことをしていると、一生情報に振り回されることになる。 》 森田 真生

 https://twitter.com/orionis23/status/877794902217703425

《 基本的事実なので繰り返すが、描画訓練を経ていない人々は、左脳(概念)で絵を描き、左脳(記号)で事象/絵画を眺めている。 これは右脳で制作された美術作品を、左脳で〈略画化〉していることに等しい。この事実を踏まえれば、安易に 「われわれが視てはじめて作品は成り立つ」などと宣えなくなる。 》 中島 智

 https://twitter.com/nakashima001/status/878327257416122368

《 その日、家に帰りましてね。着替えようと思ってリビングに行きますと、妻がキッチンであたしに背を向けて何やら切ってるんです。 その時、猛烈に嫌な感じがしましてね。いやだなーこわいなーと思いながら「おっ、今日は焼肉かい?」なんて声をかけたんです。 そしたら「私が何で怒ってるか判ってる?」 》 総統

 https://twitter.com/soutou_d/status/878185290191339520

《 物理現象「なんで私が起こってるか解る?」

  研究者「全然わからん。つらい。」 》 丸の内大熊猫

 https://twitter.com/MarunouchiPanda/status/877691983552053248

《 この夏、衆院劇場にてミュージカル「秘書と私」が公演決定いたしました!!豊田真由子、安倍昭恵、谷査恵子の豪華キャストが 登場する政治ミュージカルです!!政界を揺るがした「秘書とは何か──」安倍内閣の総力を挙げてお送りする超大作。 ぜひ劇場へお越しください。 》

《 前ツィート、あまりにくだらないので、反省して、削除しました。 》

2017-06-23

『影の告発』

 土屋隆夫『影の告発』講談社文庫1975年初版を読んだ。1963年初刊。鉄壁なアリバイトリックを突き崩すには。鮎川哲也を 連想させる。半世紀あまり前の話なので固定電話など時代を感じさせるが、それが古臭く感じられない。『赤の組曲』もそうだったが、 巻を置くあたわず、だ。日本推理作家協会賞受賞作。

《 「聞き込みの味を、覚えましたね」

  「これからも、そうするつもりだ。かりに、検事の論告が、説得力を持っていないとすれば、それは、与えられたデータを 机上で推論したからだ。自分の耳や目を、検事はもって使う必要がある。それが、事件を皮膚で味わうことになる。僕は今日、 つくづくそう感じたよ」 》 「第8章 檻の慟哭 2」175頁

 昼前、倉庫の整理。書類を収納した段ボール箱から久原大河クンのフライヤー、個展の案内葉書を入れたファイルをやっと発見。 やれやれ。画像を検索しても、ここにあるモノはほとんど出てこない。十年以上前のモノだからなあ。

 真夏日。エアコンをかける。

 沖縄慰霊の日。昼、NHKテレビ生中継で翁長知事の発言と女子高生の詩を試聴。うなずく。

 ネット、いろいろ。

《 昨日も編集者と「現実のほうがひどすぎて、小説が追いつかない」という話をしたばかりなのだが、 豊田真由子氏みたいなサグい国会議員(平松伸二漫画の悪役みたいな)が本当にいるのかとびっくり。「いくらなんでもここまでは」 というラインをやすやす超えて、新たな低みに達する事件が多すぎ。 》 深町秋生ドッグメーカー&地獄の犬たち

 https://twitter.com/ash0966/status/877476057359634432

 新たな低みに達する。使えるなあ。

《 豊田真由子さんと私の関わり 》 田中絵里緒

 https://www.facebook.com/note.php?note_id=10155518526459066

 わ、『グロテスク』桐野夏生だあ。

《 文教族の失言シリーズに、「日本は神の国」「日教組をぶっ壊すために火の玉になる」「ナチスの手法に学んだらどうか」 などにつづき、「この、ハゲーーーーーっ!」が加わったそうで、おめでとうございます。 》 辻田 真佐憲

 https://twitter.com/reichsneet/status/877814578205253633

《 国会議員になった〜ら、秘書さん百人辞めるかな〜 》 元サカ

 https://twitter.com/SciCafeShizuoka/status/878034019107037185

《 生ける癇癪玉 》

《 「○○(野菜名)本来の味がしますね」などというコメントを使うメディア(テレビ番組、ラジオ番組、文字メディア、 音声メディア)に接する機会が頻繁にあるのだが。

  現在私たちが食用にしている野菜や果物の殆どは、品種改良で工夫して作られたものだ。「本来の味」って何の味のことだ? 》  宍戸俊則

 https://twitter.com/karitoshi2011/status/877826570760503296

《 「ちくま」の岸本佐知子氏のエッセイをひさしぶりに読んだら、アメリカでは「海賊の夢(pirate's dream)」 という表現が胸が薄い女性のことを指す、という絶妙にどうでもいい情報が記されていて、なぜ「海賊の夢」 なのか真摯に考えざるを得ないです。 》 万城目学

   https://twitter.com/maqime/status/877863451929976832

《 パイレーツ・オブ・スルガワン 》

《 警察に捕まったら、とりあえず、

  「総理のご意向」と、言ってみる。 》

2017-06-22

『赤の組曲

 土屋隆夫『赤の組曲』講談社文庫を再読。といっても以前読んだのは昭和の時代だと思う。題名にかかわる逸話だけを 覚えていた。謎が謎を呼び、謎また謎に惹き込まれてゆく。着地点が見えない見事な本格ミステリだ。解決の糸口となる一つの 鍵言葉は途中で思い出した。傑作だ。1966年初刊。

 午後のお散歩。源兵衛川上流部の右岸の凹みは二箇所ある。下の凹みにも魚の子がいた胴体が黒く太い。上の凹みの魚はまだ小さい。 魚はハヤかオイカワかメダカか。掬って観察すればいいけど、面倒。

 ネット、いろいろ。

《 土屋隆夫

  「影の告発」

  「危険な童話」

  「赤の組曲」

  欧米のデッドコピーから始まった日本の探偵小説史において、高度経済成長時代に知性と真摯さと浪漫の三位一体が具現化した到達点。  》 猟奇の鉄人

 https://twitter.com/kashibaTIM/status/876570060566831104

《 黒死舘の教養文庫版(青空文庫の底本)は松山先生の後代の人に間違えた知識を与えてはならぬの方針のもと独自の変更が随所にあるので、 虫太郎の手が最後に入った新潮社版の流れを汲む他の版とは異なるので注意、ということは口を酸っぱくして言ってますが。 》 絹山絹子

 https://twitter.com/quinutax/status/876358590067490816

 本棚には桃源社、ハヤカワ・ミステリ、現代教養文庫、講談社文庫、河出文庫があるが、既読は桃源社版。次回は河出文庫にしよう。 活字も読みやすい。

《 森茉莉はほぼ読んでないです。『甘い蜜の部屋』は後半まで行って放置したような。何かが合わなかった、のか、それすら覚えていない。  》 藍川蘭

 https://twitter.com/ran_aikawa/status/877152173397729281

 同じ人がいた。

《 『アート:”芸術”が終わった後の”アート”』 (松井みどり、2002)には「もはや”アート”は”芸術”ではない」 (芸術という古い言葉では現代のアートは捉えられない)とあったが、「アート」があまりにも軽くなってしまったからか、 最近「芸術」という言葉が意識して使われているように思う。 》 大野左紀子

 https://twitter.com/anatatachi_ohno/status/877426006629404673

《 「私はずっと既成の価値観や習慣、曖昧な常識といったものを拒絶することで表現を模索し続けてきました。 そのための様式として重要だと思うのは、融合、不均衡、未完成、消去、そして意図の不在です。」 》 川久保玲

 http://www.hirano-masahiko.com/tanbou/2297.html

《 たまたまアート(技芸)に縁が薄かった人々は、制作をも鑑賞をも「自己表現/自己肥大化」と誤解するが、実は 「非自己表現/非自己受容」であり、同様に、「理解」ではなく「理解外への投企」であり、「思考・情動の実現」ではなく 「思考・情動そのものの組み換え」なのである。 》 中島 智

 https://twitter.com/nakashima001/status/877660259011121152

《 ビジュアルを想像してなごんだジョーク(?)「○○さんは毎日ネットを通じて現政権にしっぽを振ってるのに、 なかなか認めてもらえないね」「そりゃあ、総理の前には何百万本ものしっぽがいっせいに振られているんだもの」…… 雑な合成画面で見てみたい気もする。 》 芦辺 拓

 https://twitter.com/ashibetaku/status/877578949760397312

《 安倍川危険水域 》

2017-06-21

規準は魅惑

 雨。昼には大雨警報。風もある。家こもり。朝っぱらから音楽をかける。音楽の身体性の位置への私的観測。首から上、 頭はクラシック。胸はポップス、流行歌。腹はフォーク、ポルトガルのファド、ギリシャのライカ、マレーシアのムラユーなど。 腰はロック。下半身つまり腰〜足はジャズ、アフリカ、カリブ海、ブラジルのサンバなど。そんな大まかな分類をしている。 私の好みは腹から下。当然だが、頭がいちばんエライということはない。規準は魅惑。

 ネット、いろいろ。

《 「魅惑の形式」という軸を導入することで、これまで描けなかった歴史を別の仕方で再度描きなおすという可能性を得た。 オブジェクトのつくり方だけでなく、オブジェクトに付与される歴史、言説、イメージを産み出すための神話創造の方法も含めて、 「魅惑」を生み出してきた手法、方法を再度検討することにしよう。そして、その検討の結果を実践することで未来へと 折り返すことにしよう。そうすることで、これまで美術史のなかで取り扱われてこなかった領域や低く見積もられてきたジャンルの 重要性を再度検討でき、予期されうる計画的な時間から、自律しながら併存する異なる物語へのトランスポーテーションを 可能にするだろう。 》 芸術作品における「魅惑の形式」のための試論 上妻世海( こづま・せかい 作家・キュレーター

 http://artscape.jp/focus/10128591_1640.html

 嬉しい視点だ。美術史的な観点から美術芸術品を蒐めたことはない。魅力を感じる作品しか求めなかった。

 http://web.thn.jp/kbi/

《 阿倍野(あべの)+長井(ながい)+飯井(いい)+和気(わけ)+木岐(きき)+国府(こう)+飯井(いい) +八田(はった)+与野(よの)+那加(なか)+岡(おか)+志井(しい)。安倍の長い言い訳聞き、こう言い張った。 「世の中おかしい」。駅名を組み合わせて作りました。全部実在します。 》 原武史

 https://twitter.com/haratetchan/status/876789326310326272

 さすが。拍手。

《 世界最古の哲学者と言われるギリシャのタレスは「金儲けをしようと思えば、いつだってできる。ただ関心がないだけ。」 と言い放ったと言われています。僕はこのエピソードがとても好きで、なによりまず身につけるべきは、時間がかかる 「学問や知識」(そしてセンス)であるというエピソードだと思います 》 高城剛

 https://twitter.com/takashiro_bot_/status/877316025699622913

 よくわかる。

《 静かなる改革者と、小さな積み上げを進める実践者の連携が、過去の常識を打破します。これこそが、 単に真面目に取り組むだけで成果の伴わないやり方を一新する上で必要なのです。 》 木下斉

 http://toyokeizai.net/articles/-/77656?page=4

 グラウンドワーク三島だ。

 http://www.gwmishima.jp/

《 昔の「サザエさん謎本」の一冊で、磯野家の政治意識は? みたいな項目があって初期のサザエさんが街頭インタビューで 「うそのない政治をしてほしい」と答えたのを幼稚だ意識が低いと嘲笑っていた。これがバブル末期の日本人。 そして「うそのない政治」という建前がなくなって四半世紀たってみると…… 》 芦辺 拓

 https://twitter.com/ashibetaku/status/877050447969660928

《 萩生田氏関連の文章。専門家が「行政文書である」といっても行政側は「行政文書ではない」との見解。 専門家が何をいっても閣議決定で決められる。稲田氏を始めとする日本神話に関連する発言も、まるで日本には記紀風土記以外の神話があるかのよう。これも専門家が何をいっても閣議決定されるかも。 》 安田登

 https://twitter.com/eutonie/status/877288002933805057

《 前にも言ったけど、安倍政権が加計学園に関係しているのではなく、これはもう、加計学園の関係者が政権を担当している と考えた方がいいような状況ではないか。 》 住友陽文

 https://twitter.com/akisumitomo/status/876697479596589056

《 今日はえらいスピードで作業進むわ、と思ったら時計止まってたわ… 》 縁山

 https://twitter.com/heriyama/status/877062542320738304

《 草野球チームのバカカッコいいチーム名選手権の結果を発表します。

  最優秀賞

  「エラーズ」 》 坊主

 https://twitter.com/bozu_108/status/877205410289074176

《 作って欲しいのは政府監視社会 》

2017-06-20

「モンパルナスの娼婦」

 題名に惹かれて昨日の『静かな哄笑』収録の「モンパルナスの娼婦」を読んだ。日本のデパートの絵画買い付け係が パリへ行き、二か月前に割腹自殺をした住村画伯が若き日にモンパルナスで描いた絵を所有する画商と売買交渉をする。 住村画伯は藤田嗣治佐伯祐三を参考にしている。画商シャルルの言葉。

《 ただ、彼の絵を本当に愛する者に保管してもらおうと思うだけです。住村の絵を売るときには一つだけ条件があります。 それは美術館とか、公共の目に触れるところには売らないで欲しいということです。住村は天才です。天才の絵は、その価値を 認めた者が、それだけのお金を払って独占するものなのです。 》

 裏のある発言だが、それは措いて。個人の独占はいかんが、公立(地方自治体)の美術館も信用できん。解説から。

《 この男が夢のような奇妙な娼婦に出会う、「モンパルナスの娼婦」なんか、本当のことのような迫力がある。 》

 昨日の「塩の羊」も「モンパルナスの娼婦」も、じつに見事な性描写。ふと我が身を振り返る……。「モンパルナスの娼婦」は 絵画をテーマにしたアンソロジーにはまず選ばれるだろう。

 昨日行った「美人歳時記 文藝倶楽部口絵集」展から思い出し、『 Woodblock Kuchi-e Prints (『木版口絵』)』 Helen Merrit & Nanako Yamada(山田奈々子) ホノルル大学出版局2000年刊の歴史部分を、15年ほど前に私が翻訳して A4版20枚にコピーしたものを取り出す。興味ある人に配った。懐かしい。朝6部コピー、1部を Pam へ届ける。

 ネット、いろいろ。

《 以下の文章は、「現代詩手帖」二月号の大岡信特集のために書いたものを、現時点で若干加筆訂正したものである。 》  松本圭二/詩人の生きる道

 http://www.juryoku.org/matsumoto2.html

 「学級委員長から葬儀委員長になったみたいだ。」にひどく惹かれた。大岡信は理解魔と呼ばれる。その批評の明晰な分析から 滑り落ちるモノを感じてならない。理知の人だが、理知を超えた=超脱するものには理解が届かない気がしてならない。

《 ニューズウィーク日本版の連載『現代アートのプレイヤーたち』が更新されました。今回の題名は「絵画と写真の危機」。 ヴォルフガング・ティルマンスとリー・キットの個展を例に、現代が「インスタレーションの時代」であることについて論じています。  》 小崎哲哉

 https://twitter.com/ozakitetsuya/status/876657609444442116

《 80年代はインスタレーション、90年代は絵画が復活して写真が隆盛、今度はインスタレーションや映像や舞台芸術へ。 相変わらずの「アート進化論」に見える。この間、豊田市美でやっていた『抽象の力』は「アート進化論」じゃなかったので良かった。 見えなかったところに、新しい線を引いていた。 》 大野左紀子

 https://twitter.com/anatatachi_ohno/status/876701017009602560

《 「つぎつぎとなりゆくいきほひ」に根底的な信頼を(意識的・無意識的に)置いている人(おそらく、現状追認と、 生活保守的な傾向が出てくる)と、正義なり理想なりの観念的で超越的なものに価値を置いている人の齟齬というのは、 表面的な政治思想の対立よりも根深くて、すれ違う原因なんだろうなぁ。 》 藤田直哉

 https://twitter.com/naoya_fujita/status/876679744619597824

《 韓国大統領がとうとう脱原発宣言。これで台湾と韓国が脱原発。原発事故を起こしたはずの日本の異様な姿が露わになってきている。  》 森岡正博

 https://twitter.com/Sukuitohananika/status/876795040424525824

《 安倍晋三は、「議会制民主主義」とか「立憲主義」とか「法治主義」を「岩盤規制」と呼んでるんではないか? 》 菅野完

 https://twitter.com/noiehoie/status/877023969181745154

《 どっかのアイドルが結婚してファンが怒ってるらしいけど、好きなアイドルがアラフォーなっても結婚せず ざるそばかついでる身にもなれよ。 》 あすら・てすたろっさ

 https://twitter.com/suidreamer/status/876340136459423744

2017-06-19

「塩の羊」

 ネットで話題の戸川昌子「塩の羊」(初出『小説現代1973年1月号)を『静かな哄笑』光文社文庫1988年初版で読んだ。 思わず惹き込まれる、ビシっと決まる無駄のない文章。畳み込むように鮮やかな転換。そして余韻。巧いわあ。中山あい子の解説から。

《 何が始まるんだろう? と思わせることで、読者の目を釘づけにしなければならない。

  戸川さんはその点、巧い。それは描写力のせいだ。例えば「塩の羊」の初めのシーンなど、まるで映画の導入部のようだ。 》

 その冒頭。

《 十一時に修道院の鐘が鳴った。それが合図のように引き潮がはじまった。

  修道院のまわりは海だった。海の中に、この中世に建てられた修道院がそびえ立っていた。長い年月のあいだには城の役目も したし、牢獄の役目もした。》

 フランスのあの修道院がモデルとは、誰でも思うだろう。

《 戸川さん巧いねぇ、と佐藤愛子さんが、つくづく云った。 》

 おお、『九十歳。何がめでたい』の人が。

《 確実に彼女のファンはいる筈だが、それが十万も二十万もと云うわけではない。だが、戸川昌子は実に巧い作家である。 必ず残り、何時か思い出して、いいもの書いた人だよ、と云われる人だ。 》

 きょう、私は読んでいる。『緋の堕胎』双葉文庫1986年初版にも収録されていた。これには解説はない。

 いい天気。昼前、静岡県知事選挙、期日前投票を済ませる。

 昼過ぎ、特種東海製紙の Pam の「美人歳時記 文藝倶楽部口絵集」展へ行く。FMラジオ・パーソナリティ小坂真智子さんに遭遇。 彼女はここからライヴ放送。後でブログに記事を載せるとか。

 https://www.tt-paper.co.jp/pam/event/543/

 http://777fm.com/personality/2015/05/post-7.html

 帰りがけにブックオフ長泉店で二冊。矢野誠一『人生読本 落語版』岩波新書2008年初版、宮本常一『生きていく民俗河出文庫 2012年初版、計218円。

 ネット、いろいろ。

《 「塩の羊」、つまるところこれは見立てのミステリなのだけれど、ここまで官能的で、ここまで切実な見立ての連打というものは、 僕のミステリ人生史上初です。何もかもが明らかになった瞬間、思わず変な声が出た。 》 小野家由佳

 https://twitter.com/timebombbaby/status/875690948600111104

《 おらぁ戸川せんせの短編だば、一等「塩の羊」ば好ぎだ 》 松井和翠

 https://twitter.com/WasuiMatui2014/status/875696488680103936

《 しまった、すぐ見たいこの本、あたし持ってないや。図書館だな。……という事態になるのがなぜかいつも休館日の月曜である というマーフィーの法則。 》 大矢博子

 https://twitter.com/ohyeah1101/status/876667125032550400

《 東洋大学附属牛久高等学校の2016年国語の入試問題が届いたのですが、『数学する身体』と塚原史さんの『荒川修作の軌跡と奇跡』 が問題文で、「二つの文章を通して『天命反転』とはどのような解釈ができるか」という出題がありました。おお。 》 森田 真生

 https://twitter.com/orionis23/status/876460729221566465

《 おそらく集団主義の人たちからみれば、芸術表現もまた、文科省型芸術観でいわれる「自己表現」にしかみえないのであろう。 そこでは自己をメディウムにする技術など、想いも及ばれはしない。 》 中島 智

 https://twitter.com/nakashima001/status/876625203039686656

《 子供食堂がある街を車窓から眺めながら

  贅を極めた列車が通る。

  このグロテスクな世相を写生できる人が

  今の日本には皆無ですね。 》

《 こういう人たちは自分が「賢い」と思っていて(実際、教育レベルは相対的に高いんだと思う)、たいていのことはわかってる という自覚の上で、「ちょっとの不正に憤ってもしょうがない」「それよりも現状に適応して利益を」と考えているから、 ストレートな反対論や批判の言葉が届かないんですよね。 》 松本創

 https://twitter.com/MatsumotohaJimu/status/876301005054279680

《 話はずれるけど、父と乳をかけたネタが散見されるけど、英語スラングでもtittie(ティティ)はオッパイの意味で、 さらにカカ(caca)は幼児言葉でウンチの意味なので、授業でティティカカ湖、というと大抵はクスクスと笑いが湧く。 まるでマンコ・カパックと言う時のように。 》 Dr. RawheaD

 https://twitter.com/RawheaD/status/876451224366743556

《 北朝鮮は核兵器開発という金がいくらあっても足りない軍事路線を止めて、世界各地からオンボロのコンテナ船を大量に購入して 海岸線に配備する方針を固めた、というニュースがあったような、なかったような。 》