天カジblog このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

HP日々是好日 天からカジメ!にて使用しているblogです。
※当blogおよびHPの文章を丸パクリして、無断で他サイトに掲載する行為は禁止させて頂きます。

11975568

2017-03-18

[][][](20170318) 彼岸島 48日後… 第112話「652号室」 20:25 (20170318) 彼岸島 48日後… 第112話「652号室」を含むブックマーク (20170318) 彼岸島 48日後… 第112話「652号室」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」にて、ついに金剛様と対峙する…!

 


今週も依然として、明さんは巨大な金剛様とバトル中。遂にはホテルを飛び出して、駐車場にまで戦いのフィールドを移しちまった!

…ですが、今回注目したいのは、この2人の戦いではなく、別のほうなんじゃ!


一方、明さんと金剛様の戦いをもっと近くで見てェと、さらに下に降りるピッコロさん鮫島様。

するとそこでネズミと勝っちゃんに遭遇。でもネズミの野郎は上から落としちゃった母ちゃんの台車に激突したのに、痛がるよりも「怖いよぉ…あんな部屋もう行きたくないよォ」とか言ってるし、勝っちゃんは何か知らねぇけど「コッチ来いオラァン!」ってせかしてるわで、明さんのバトルを見るのを中断して、仕方なくついて行くと、そこで待ち受けていた部屋では…?














こ…金剛様!?


金剛様が「ガハハハハハハハ」と笑いながら、バックで女を犯してやがる…!!

なんという精力絶倫!!

…あれ?でも金剛様は明さんとバトってる最中のはずだし、それにこの金剛様、ずいぶん小せェ!!一体どういう事なんだぜ…?


これは片方の金剛様が影武者だとか、自分を野原ひろしだと思いこんでいる一般人的なものじゃない限り、金剛様は2人存在した!と考えるのが妥当かと思うェ。


つまり、現在明さんと戦ってる、敵ながら天晴れの寡黙でストイックな金剛様Aと、女を犯して「ガハハ」と笑う、感情豊かでゲスい金剛様B…。2人の金剛様が存在する…!


そう考えると、これまで金剛様の言動が時々ブレてたり、明さんと戦ってる方の金剛様Aが、母ちゃんを7回も犯して亡者にした事を「知らん」と答えていたのも、整合性が付きますね!

おそらく、母ちゃんを亡者に仕立て上げたのは、金剛様Bの方なんでしょうなあ…。


矛盾点を解消しつつ、衝撃の展開を読者に与えるとは…アイスデブ先生ェのクセに、なかなかやるじゃねェか、ちくしょう!



ここからはあくまでも、個人的な推測なのですが、ひょっとしたら先生ェは、前作「彼岸島 最後の47日間」の時点で、A・B2人の金剛様を用意していた可能性があるのでは…?


マサに出会う直前に出会ったのが金剛様Aで、その後エレベーター越しで、人間達を虐殺しまくってたのが金剛様Bだったんじゃないかなって気がするのです。


明さんが出会った金剛様Aは、無益な戦闘はせず、あっさり明さん達を通していましたし、逆に人間を虐殺しまくってた金剛様Bガハハハハ」と豪快に笑っていましたしね…。

しかも明さんは、金剛様Bエレベーター越しに暴れてる様子を聴いてただけで、実際にその姿を見たわけじゃ無い。


うーん。考えれば考えるほど、前作の時点で2人用意していたような気がしてきたぞ。

まさか彼岸島で、ギャグ要素以外で、アイスデブ先生に感心させられるハメになるなんて…悔しい(ビクンビクン)



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170318

2017-03-15

[][](20170315)キャプテン翼 ライジングサン 第50話 リアソールの虹 18:39 (20170315)キャプテン翼 ライジングサン 第50話 リアソールの虹を含むブックマーク (20170315)キャプテン翼 ライジングサン 第50話 リアソールの虹のブックマークコメント

【今週の要約】


マドリッドオリンピック本大会予選グループもいよいよ佳境に入り、グループDではブラジルvsドイツという大会屈指の好カードが実現。

この試合引き分け以上でグループ1位が確定するブラジルは、上から目線で舐めプを決め込んでるのに対し、ドイツは序盤から本気モード。シュナイダーハットトリックにより、3−0で前半を折り返す予想外の展開に。

後半は一転して本気になったブラジルが攻勢に転じ、あっという間に3−3の同点に。ミューラーは左手を負傷するも、ドイツGKコーチのギュンター(ミューラーの師匠)にテーピングを施され、左手はパンチング限定でという条件でプレー続行。リバウールさんの殺人シュートを右手でワンハンドキャッチすると、なんとそのままドリブル敢行!実はフィールドプレイヤーとしても一流だったミューラーの個人技でペペとラドゥンガさんをドリブルで突破すると、一気に前線のシュナイダーへロングパス!ドイツ追加点なるか…?



いやー。すごいっすねー。ミューラー△!というかここ2回でミューラー株が爆上がり!まるでミューラーがこの漫画の主人公みたいだあ…。


でかい図体でペペルーレットでかわすシーンのインパクトは中々ありますねえ。

ミューラーの師匠(実はミューラーはフィールドプレイヤーとしても一流なんじゃ)めっちゃドヤ顔してますが、いくらなんでも、チームメイトすら知らなかったってのはどうかと思うんだよなぁ…。


あと、観客席で悲鳴を上げてた女性はミューラーの彼女ですかねえ(汗)



ミューラー株爆上がりなその一方で、リバウールさんの株が、アホみたいにダダ下がりしてるんスけど、いいんスかねこれで。

今回なんて、ただ普通に右側にシュート打っただけなのに、アナウンサーからは「フィールドの暗殺者」だの「殺人シュート」だのと、ひどい言われようをされてますし

挙句の果てにはバルサでチームメイトの翼にすらリバウールさんはミューラーの左腕をも破壊するつもりか!?)とまで思われちゃう始末。もう完全に扱いが、ヒール選手のそれじゃないか!


なんかもうアレだな。2002冒頭の、強くて紳士的なイメージだったリバウールさんは見る影もないな*1…。

どうしてこうなった



さあ、そして最後はシュナイダーですよ。

前半大活躍するも、後半はほとんど目立たなかったシュナイダーですが、ここでようやく見せ場が来ましたよ。

これでシュナイダーがゴールを決めて、そして決勝点となってドイツ勝利なーんてことになったら激熱展開になりそうですが…はたしてYOO1先生がそんな展開にさせるかどうか…?



*1:翼との初対戦時には、翼にヒジ打ちかましたりと、すでにヒールの予兆は見られましたが

yellowyellow 2017/03/15 22:03 ドイツ勝利の虹よ
ここリアソールにかかれぇ!
でしたっけ?
あの切羽詰まった状況でこのセリフ
ミュラー何気に詩人すな

コバルトブルーコバルトブルー 2017/03/16 09:52 ここで決められなかったらシュナイダーはエースでも何でもないですな。ネオファイヤー遂に解禁でお願いしたいです。

KAJIMEKAJIME 2017/03/17 07:30 >yellow さん

>ドイツ勝利の虹よここリアソールにかかれぇ!

強者の余裕というヤツなのでしょうかねえ…?
普段リーガでプレイしてるわけでもないのに、パッと名前が出てくるのは、まあYOO1先生がそういうこと言わせたかっただけかも。



>コバルトブルー さん

後半ほとんど見せ場無かったですからね。でも1分でも仕事をすれば讃えられるのがストライカー。
(前半ハットトリック決めて十分仕事してんじゃね?ってのはさて置いて。)

シュタイナーシュタイナー 2017/03/20 10:07 シュナイダーのヘッドで点をとれるサリナスなら、マーガス前線に残してシュナイダーを下げて欲しかった。
結局ブラジル3強とシュナイダーの激突は描かれず・・
オールラウンダーとなったミューラーはこれで世界ナンバーワンGKになった訳だ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170315

2017-03-13

[][][](20170313) 彼岸島 48日後… 第111話「目玉」 18:50 (20170313) 彼岸島 48日後… 第111話「目玉」を含むブックマーク (20170313) 彼岸島 48日後… 第111話「目玉」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」にて、ついに金剛様と対峙する…!

 


前回、機転で角材による一撃で金剛様の片目をぶっ潰した明さんでしたが、直後にサッカーボールキックで蹴っ飛ばされて、もうフラフラ。

そりゃ、あんな巨大なバケモノに一撃でも食らったら、小さな人間はそりゃひとたまりも…落ち着いて考えたら、あんなバケモノに蹴っ飛ばされて、壁まで吹っ飛ばされて、それでもまだ生きてる明さん凄ェ!



そして攻撃をかわしまくっていたら、このまま一気に落下。やべェ!このままじゃ明さんが落下死しちまう!と思いきや、何かにボヨーンと跳ねて、一命を取り留めます。

よーく見たら、ロビーに積みあがってた金剛様の皮じゃねェか!臭ェ!

でもそんな臭いものに命を救われるとか、何たる皮肉(皮だけに)!

このあたりは、チンポパーティー先生ェの猟奇性が実によく描かれている気がするェ。


というか、1Fまで到達しちゃったって事は、もうホテルがボロボロじゃないか…。

富士屋ホテルの関係者からしたら、目を覆わんばかりの惨状だから、ちくしょう!



そして同じく1Fに降り立った金剛様は、宙吊りにされてた人間をひと掴みすると、そのままパクリ。

そしてそのまま気合をこめたら、なんてこった!目が再生しやがった!!

片方だけ、カッと見開いたお目目になって、ちょっと怖ェ!



ロビーに不自然に置かれてた金剛様の脱皮した皮は、落下した明さんのクッションとして役立ち

ロビーに吊るされてた人間は、金剛様の目を再生させるための養分として役立つなど

それぞれが、ちゃーんと意味のある役割を果たしていたとは…伏線の回収がクッソうめぇじゃねェか、日本語の比喩的表現先生ェ…!



●そして2週間に一度の楽しみ「彼岸島X」の第11話が公開されちまった!


D


今回はまるで集大成だと言わんばかりに、色々とネタがぶっこまれてやがる…。

唐突に出てくる501ワクチンの早口過ぎる解説シーンや、「なんだここは、滑るぞ!!」「“カンッ”“ポキッ”“プスッ”」「この丸太に掴まるんじゃ!」など、名シーンが一度にたくさん拝めるのは、お得感満際だェ。

でも一番笑ったのは、明さんとマサとの戦いを、敵味方仲良く観戦してるシーンですかね。


x


金剛様とか普通に混ざってるから、ちくしょう!




トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170313

2017-03-06

[][][](20170306) 彼岸島 48日後… 第110話「角材」 20:21 (20170306) 彼岸島 48日後… 第110話「角材」を含むブックマーク (20170306) 彼岸島 48日後… 第110話「角材」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」にて、ついに金剛様と対峙する…!

 


今週も明さんと金剛様の超絶バトルが続きます。2人が戦っているのを知った外の吸血鬼達は「金剛様そんな奴ブッ殺してくれェ!」などと、必死で声援を送っています。

と言うかコイツら吸血鬼どもの目の前には、制御を失った量産型邪鬼がいる筈なんですが…のんきに声援送ってないで、お前ら逃げろよwww



一方、悟空と完全体フリーザ様との戦いを黙って見ているしかない、ピッコロさんポジションみたいな鮫島様。(こんなすげェ戦い、俺が何しても明の邪魔になっちまう)などと己の力の無さを嘆いています。

まあ鮫島様も明らかに常人よりはクッソ強いんだけどなあ…と、ここで、自分が持ってきた角材が、いつの間にやら近くに転がってる事に気づきます。


すると下にいる明さんが、鮫島様に「その角材コッチにブン投げろ( ゚Д゚)ゴルァ ! 」とか言い出しています。

あったよ!俺にもできる事が!!と、明さん目がけて嬉しそうに角材をブン投げると…。おお!義手ソードで角材を真っぷたつに!そして…!





明さんのリフティング凄ェ!


自分で斬ったばかりの角材を、あそこまで巧みに蹴り上げるボールコントロール!

なんて…神々しいんだ…(;´Д`)

明さんがいれば、サッカー日本代表ワールドカップ優勝間違いなしだェ!



そして蹴り上げた角材をキャッチし、そのまま金剛様目がけてブン投げた!やった!金剛様のおめめに命中したェ! 

冷静に見るとちょっとグロいですが、やはり目を見張るのは明さんの身体能力。

身体能力が高いだけではなく、投げてもよし、蹴り上げても凄まじいコントロール…!


金剛様は2週間ぐらい前、明さんに斬り傷をつけられた時「この代償は高くつく」みたいな事を言ってましたけど、片目を負傷しちゃったりと、逆にやられちゃってるじゃないか(困惑)

ちょっと押されているぞ金剛様。もう少し中ボスとして頑張ってくれよなー。頼むよー。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170306

2017-03-01

[][](20170301)キャプテン翼 ライジングサン 第49話 ゲルマンの血潮 18:53 (20170301)キャプテン翼 ライジングサン 第49話 ゲルマンの血潮を含むブックマーク (20170301)キャプテン翼 ライジングサン 第49話 ゲルマンの血潮のブックマークコメント

【今週の要約】


マドリッドオリンピック本大会予選グループもいよいよ佳境に入り、グループDではブラジルvsドイツという大会屈指の好カードが実現。

この試合引き分け以上でグループ1位が確定するブラジルは、上から目線で舐めプを決め込んでるのに対し、ドイツは序盤から本気モード。シュナイダーハットトリックにより、3−0で前半を折り返す予想外の展開に。

後半は一転して本気になったブラジルが攻勢に転じ、あっという間に3−3の同点に。ミューラーは左手を負傷するも、ドイツGKコーチのギュンター(ミューラーの師匠)にテーピングを施され、左手はパンチング限定でという条件でプレー続行。そしてそんなミューラーの前で、サンターナとナトゥレーザがツインシュートの構えを見せるのだが…?


前回、サンターナ納豆の新必殺技フルメタルファントムによって、左手を破壊されてしまったミューラー。左手には今すぐ縫わなけきゃいけないほど裂傷を負っており、普通に考えたら、決勝トーナメントも控えてる事を考えたら、ここはベンチに引っ込めるのも止む無しですが、ミューラー本人は「ざけんなまだやれるぜ (#゚Д゚) ゴルァ!! 」とか言ってトレーナーにブチ切れてます。


するとドイツキーパーコーチのギュンターに、ミューラーの様子を見に行かせます。

…ん?ここにきて新キャラか?と思ってたら…このコーチ、なーんか見覚えのある顔してんなあ…。
















ミューラーの師匠やんけ!!


お前かよ!!お前ここで出てくんのかよ!!

というかあの師匠、そんな名前だったのか…。

そもそもYOO1先生が、ミューラーの師匠の存在をちゃんと覚えていたことに、ちょっとびっくりもしていますが。


そして、ミューラーの手を一目見た師匠「まあキャッチは無理だけど、パンチングならまだイケんじゃね?」と、ミューラーの左手をテーピングでグルグルに巻いて、続投させるよう指示しています。


さすがは小石1000個拾わせて、全部キャッチしろとか、弟子めがけて崖からサッカーボールと一緒に大岩を落としたり*1など、ムチャクチャな修行をさせてただけのことはあります。

そりゃ、あんな修行平気でやらせてたんだから、こんな程度の怪我で交代なんかさせませんよねえ…。



とはいえ、師弟愛が感じられるこのシーン。ベタだけどこういう熱い展開は、キライじゃない!決してキライじゃないぞ!


まあ、師匠がミューラーの手を消毒する際に、何故一度消毒液を口に含んでからぶっかけてるのか、ココだけは謎なんですが。





酒を口に含んでから、ぶっかけて消毒!って演出はたまーに見かけますが、わざわざ消毒液をぶっかけるのか(困惑)

まあたぶん、いつもは酒ぶっかけて消毒してたから、そのノリで…なんでしょうかね。



というわけで、プレー続行となったミューラーの激によって、ひとつにまとまったドイツなのですが…。シュートチャンスはまたしてもブラジル

前回のお返しと言わんばかりに、カルツがリバウールさんのどてっぱらにシュートをぶち込みますが、強靭な腹筋で返され*2、そのこぼれ球がサンターナ納豆のもとへ。そして2人がツインシュートの構えを見せたところで、次回へつづく。



うーん…。さすがに今回はミューラーが止めるよなあ…?せっかく師匠も出てきたんですし。

これでまた失点したら、ドイツ本当いいところないぞ…。

ただ、カルツのリバウールさんへのお返しが不発に終わってるところに、一抹の不安を感じるんだよなぁ…。







*1:ファミコンゲーム「忍者ハットリくん」では、主人公の父親が、ちくわと一緒に鉄アレイを投げるという鬼畜生っぷりを見せていましたが、これのオマージュですかね…?

*2ワールドユース編では、スウェーデンのブローリンが、日向の雷獣シュートを腹筋で止めてましたね…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170301

2017-02-27

[][][](20170227) 彼岸島 48日後… 第109話「地震18:39 (20170227) 彼岸島 48日後… 第109話「地震」を含むブックマーク (20170227) 彼岸島 48日後… 第109話「地震」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」にて、ついに金剛様と対峙する…!

 

今週は、金剛様のハンマー攻撃を、明さんがひたすらよけまくってる回ですね。

しっかしまあ、金剛様が巨大なハンマーを振り下ろすたびに、床に穴が開いて、ホテルがどんどんぶっ壊れていくんですが…。これはまるで…ビルの解体!!

どこのレッキング・クルーだよ、ちくしょう!


この戦いが終わったら、ホテルは1〜2階部分を残して、キレイさっぱり無くなっちまいそうな勢いだなあ…。

この「明治屋ホテル」の元ネタであろうと思われる「湯本富士屋ホテル」の関係者の方がこの漫画を読んで「うちのホテルをめちゃくちゃにしやがって、ちくしょう!」などとブチ切れてないか心配なんじゃ!!


そんでもって、上階で戦ってる明さんたちの振動が、当然下の階の一室で隠れてる、勝っちゃんとネズミにもビンビン伝わってくるんですが、これはこれで恐怖だよなあ。

これは間違いなく、ずっととどまってたら、巻き添えくらうの確実なわけで。

そしてここで、口の拘束が解けた勝っちゃんは「明に加勢しに行くんだい!」みたいなことを言ってますが…あーこれ読めちゃったぞ。


勝っちゃんが明さんを助けようとして飛び出したけど失敗 → 金剛様のハンマーが勝っちゃんを襲う! → 母ちゃんが飛び出し、身を挺して勝っちゃんをかばって死亡!


間違いなく変なフラグになりそうで、今から恐ろしいェ…。

まあ母ちゃん亡者だし、下手に生き残っても処遇に困るだろうから、退場させるならこれがスムーズではあるけれど…。



●そして2週間に一度の楽しみ「彼岸島X」の第10話が公開されちまった!

今回は山寺宏一さんが1人で全部声を当てているから、ちくしょう!


D


すげェ…すげェよ山ちゃん…。クソみてェな原作のアニメのはずなのに、まるで普通のアニメみたいだあ…。

明さんとマサの会話シーンは普通に見入っちまったェ…。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170227

2017-02-20

[][][](20170220) 彼岸島 48日後… 第108話「斬り傷」 17:37 (20170220) 彼岸島 48日後… 第108話「斬り傷」を含むブックマーク (20170220) 彼岸島 48日後… 第108話「斬り傷」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」にて、ついに金剛様と対峙する…!

 

勝っちゃんとネズミを安全な場所に退避させて、ホテルの屋上へたどり着いた、明さん・鮫島様・母ちゃん。

屋上にあった建物の中に入ってみると…邪鬼の食いカスが散乱する臭ェにおいが蔓延する室内の奥に…金剛様がふんぞり返っていやがった!



今週はついに、明さんと金剛様の超次元バトルが始まります。

さすがの鮫島様も、この戦いにはついてこれそうにないって感じで、ドラゴンボールで戦いを観戦してるポジションに収まります。

金剛様の開けた穴に落ちて、母ちゃんを守ったりと、それなりに活躍してますが。

鮫島様ですらコレなんだから、勝っちゃんとネズミは、確かに足手まといですよねェ…。


というかこれ、地味に鮫島様と母ちゃんにフラグ立ってません?

まあ亡者とくっついてどうすんだって声もあるでしょうが。鮫島様は船に帰れば女に不自由しませんしね(′・ω・`)



明さんは金剛様の一撃を避けきれずに頭部が出血し、金剛様も明さんの一撃をかわしきれずに、額に斬り傷を作り、互いに様子見となったところで、今回はおしまい。

うーむ。今週は戦闘が普通に迫力があって、とくに突っ込む所が見えやしねェぞ!

それはそれで、なんだか物足りない気がしてしまうのは、贅沢なのか、それとも飼いならされちまっているのか(汗)



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170220

2017-02-15

[][](20170215)キャプテン翼 ライジングサン 第48話 幻の究極鋼弾 17:31 (20170215)キャプテン翼 ライジングサン 第48話 幻の究極鋼弾を含むブックマーク (20170215)キャプテン翼 ライジングサン 第48話 幻の究極鋼弾のブックマークコメント

【今週の要約】


マドリッドオリンピック本大会予選グループもいよいよ佳境に入り、グループDではブラジルvsドイツという大会屈指の好カードが実現。

この試合引き分け以上でグループ1位が確定するブラジルは、上から目線で舐めプを決め込んでるのに対し、ドイツは序盤から本気モード。シュナイダーハットトリックにより、3−0で前半を折り返す予想外の展開に。

後半は一転して本気になったブラジルが攻勢に転じる。後半途中から投入されたリバウールさんのラフプレーなどもあって1点差に迫ると、ナトゥレーザのトルネードシュートを、サンターナ反動蹴速迅砲の要領で雷獣シュートで打ち返す新必殺技フルメタルファントムが炸裂!ミューラーの左手を吹き飛ばし、ついに3−3の同点に…!!



今回の大きな見せ場は、サンターナ納豆が編み出した、新必殺シュートに尽きるでしょう。

回想シーンで、2人が新しい技を開発するぜみたいな描写があるのですが…。


ナトゥレーザ「そうだ!!ライバルの必殺技を色々合体させて、パクルってのはどうだ!?」


「パクる」って言っちゃったよwwww



これまで散々人の技をパクりまくってた翼ですら「真似る」とは口にしても「パクる」とは言ってなかったのに!!

相手へのリスペクトも表しつつ、あくまでグレーでぼやかしていたのに(形式上は)!!

それを納豆、お前ってヤツは…!パクるとか言っちゃったら、直球過ぎにもほどがあるだろ!いい加減にしろ!!



サンターナ「おおっ、それはいいアイディアかも」じゃねえってのwww 

お前そこは止めろよ!と思いましたが、よくよく考えたら、ワールドユース編の時点で「トルネードアロースカイウイングシュート」*1という他人の必殺シュートを色々合体させたシュート撃ってるんだから、コイツが反対するわけがないんだよなぁ…。



こうして、納豆がトルネードシュートと雷獣シュート(原理は一緒だから、実質スカイウイングシュートですよね…)の合体技で打ったシュートを、サンターナ反動蹴速迅砲の要領でトルネードシュート+雷獣シュートで打ち返す、とんでもない新必殺技フルメタルファントムが炸裂!!


うーん。カッコいいっちゃあカッコいいけれど、なんだかネーミングが今までのキャプ翼っぽくないような気がしますねえ。

タウンワークのアルバイト企画「作中に登場する新たな必殺技の提案などでストーリー作りにも」云々という記述があったから、ひょっとしたらバイトの人が考えた名前なのかもしれません。


あと(少なくともサンターナは)同じ原理で打つ「スカイウイングシュート」をロベルトから教わっているはずなのに、ご丁寧に日向の名前を出してあげているのは、一応敬意を表してるってことなんですかね。

まあ、そもそも日向の知名度って、この世界じゃどんなモンなのかってのもよくわからんのですけどね。

所属してるのはレンタル先とはいえセリエCのチームだし、ワールドユース編じゃ決勝トーナメント以降は点とってませんし。



そんでもってこの「フルメタルファントム」が、ミューラーの左手を弾き飛ばしてゴール。

気になるのは、次号予告だと、ミューラーが怪我したっぽいような書かれ方をしてる点。

おいおい、これで次の試合(おそらく日本戦)で欠場とか、本来の力が出なかったとかいうのは萎えるから、頼むよー。


あと、ドイツのDFは相変わらず全く仕事してませんねえ…。フルメタルファントムの間「なにィ」って言ってるだけでずっと棒立ちだし。

まるで、特撮ヒーローもので、変身シーンの間ずっと待ってくれてる悪役怪人みたいだあ…。

お前らがちゃんと仕事してれば(2人に接近するとかシュートコースをふさぐとか)、ミューラーの左手も破壊されずに済んだんだよなぁ…。



*1ワールドユース編決勝戦の日本戦でサンターナ披露した、火野のトルネードシュート・翼のアローシュート・スカイウイングシュートを組み合わせた、この世に存在する究極のシュート。なお若林に止められたもよう。

コバルトブルーコバルトブルー 2017/02/17 00:09 なんだか、打ち切りになったワールドユース編とソックリの内容に近づいてませんか?
新技はネーミングからしてキャプテン翼?をやったことのあるバイトの人の考案でしょうね。
バイトの人にはシュナイダーの側にもフレイムフラッシュを実装させてほしいですね。
このままではドイツのかませっぷりが酷すぎます。

KAJIMEKAJIME 2017/02/17 18:30 >コバルトブルーさん

後半になってから一方的過ぎて、ちょっと食傷気味ではありますよね…。
流石にこのままだとドイツが不憫すぎますので、意地を見せて1点取り返すぐらいの流れは作ってほしいところですね。せっかくカルツも本気出す宣言してますし…。

残念の極まり残念の極まり 2017/02/19 10:28 このままズルズルいきそうな気がする。マーガスが中盤での守備に忙殺されている段階で落第。カルツ、タイガーボランが2列目で缶詰のチームを脅威に感じる者が一体全体何人いるのか。

KAJIMEKAJIME 2017/02/19 18:57 >残念の極まり さん

まあ次回次第ですかねー。
ミューラーは大事をとって下げそうな気がするので、そうするとドイツに出来るのはもう攻撃しかないわけで。
あんまり虐殺させすぎると、次の日本戦に響いちゃいますからねえ…。読者のモチベ的にも。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170215

2017-02-13

[][][](20170213) 彼岸島 48日後… 第107話「御対面」 17:43 (20170213) 彼岸島 48日後… 第107話「御対面」を含むブックマーク (20170213) 彼岸島 48日後… 第107話「御対面」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」にて、ついに金剛様と対峙する…!

 

勝っちゃんとネズミを安全な場所に退避させて、ホテルの屋上へたどり着いた、明さん・鮫島様・母ちゃん。

屋上にあった建物の中に入ってみると…邪鬼の食いカスが散乱する臭ェにおいが蔓延する室内の奥に…金剛様がふんぞり返っていやがった!


…のはいいんですが、でけェ!べらぼうにでけェ!!

吉川さんと7回もアンチエイジングしてた頃よりも、明らかにデカくなってるじゃねェか!短期間で巨大化しすぎだろ…。

まあ、金剛様が元々粗チンだった可能性も否定できませんが(′・ω・`)


そしてさっそく明さんと金剛様が戦う展開となるわけです。

明さんの首を雅様に差し出すみたいなこと言ってますけど、金剛様が用意した武器は、ハンマー。

刃物じゃないのか(困惑)


というかハンマーの形状、金剛様が持つ前と持った後で、形が違ってるじゃねェか!!



明らかに、凹になってる位置が違うんだよなぁ…。

ちょっと適当すぎるから、ちくしょう!



●そして、2週間に一度のお楽しみ「彼岸島X」の最新第9話が公開されちまった…!


D


隊長…隊長じゃねェか…!

そして、血まみれスマイルの明さんがさわやか過ぎて、完全にサイコパスじゃねェか、ちくしょう!



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170213

2017-02-07

[][](20170207)背すじをピン!と鹿高競技ダンス部へようこそ 9巻 19:13 (20170207)背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ 9巻を含むブックマーク (20170207)背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ 9巻のブックマークコメント

今回は、スタンダード部門の結果発表もありますが、全体的にはラテンがメイン。

八巻パイセンからモブ男揶揄されてる畔田くんにも、過去話やら出会いのエピソードやらで、これでもかというぐらい焦点が当たっており、ダンスも明らかに前回より覚醒してるって感じがします。

まさかコイツが、ここまで味わい深いキャラになっちまうとは…。もう誰も、お前をモブ男なんて呼ばせやしない!

あと、ナオミさんがいい女過ぎてヤバいですな。モブ男なんぞにはもったいな…あっ、またモブ男って言っちまった(汗)


主人公やメインキャラだけじゃなく、主だった登場人物みんなにそれぞれスポットを当てて、見せ場を作る丁寧なつくりは、素晴らしいなあ…といつも思います。しみじみ。


そして、八巻パイセンと秋子先輩も、ギクシャクしながらも、徐々に洗練されていく様は、まとめて読むと面白さがが倍増!してる気がします。



おまけ漫画もテーマはラテン

ターニャのラテン衣装がエロ可愛くてラスボス感あるなあとか、

ラテンやってる宮大工くんと柏さんのコマが「これ絶対入ってるよね?」みたいでツボでした(汗)



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170207

ブログランキング【Bloking】
人気blogランキングへ
BS blog Ranking