天カジblog このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

HP日々是好日 天からカジメ!にて使用しているblogです。
※当blogおよびHPの文章を丸パクリして、無断で他サイトに掲載する行為は禁止させて頂きます。

11929116

2017-02-20

[][][](20170220) 彼岸島 48日後… 第108話「斬り傷」 17:37 (20170220) 彼岸島 48日後… 第108話「斬り傷」を含むブックマーク (20170220) 彼岸島 48日後… 第108話「斬り傷」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」にて、ついに金剛様と対峙する…!

 

勝っちゃんとネズミを安全な場所に退避させて、ホテルの屋上へたどり着いた、明さん・鮫島様・母ちゃん。

屋上にあった建物の中に入ってみると…邪鬼の食いカスが散乱する臭ェにおいが蔓延する室内の奥に…金剛様がふんぞり返っていやがった!



今週はついに、明さんと金剛様の超次元バトルが始まります。

さすがの鮫島様も、この戦いにはついてこれそうにないって感じで、ドラゴンボールで戦いを観戦してるポジションに収まります。

金剛様の開けた穴に落ちて、母ちゃんを守ったりと、それなりに活躍してますが。

鮫島様ですらコレなんだから、勝っちゃんとネズミは、確かに足手まといですよねェ…。


というかこれ、地味に鮫島様と母ちゃんにフラグ立ってません?

まあ亡者とくっついてどうすんだって声もあるでしょうが。鮫島様は船に帰れば女に不自由しませんしね(′・ω・`)



明さんは金剛様の一撃を避けきれずに頭部が出血し、金剛様も明さんの一撃をかわしきれずに、額に斬り傷を作り、互いに様子見となったところで、今回はおしまい。

うーむ。今週は戦闘が普通に迫力があって、とくに突っ込む所が見えやしねェぞ!

それはそれで、なんだか物足りない気がしてしまうのは、贅沢なのか、それとも飼いならされちまっているのか(汗)



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170220

2017-02-15

[][](20170215)キャプテン翼 ライジングサン 第48話 幻の究極鋼弾 17:31 (20170215)キャプテン翼 ライジングサン 第48話 幻の究極鋼弾を含むブックマーク (20170215)キャプテン翼 ライジングサン 第48話 幻の究極鋼弾のブックマークコメント

【今週の要約】


マドリッドオリンピック本大会予選グループもいよいよ佳境に入り、グループDではブラジルvsドイツという大会屈指の好カードが実現。

この試合引き分け以上でグループ1位が確定するブラジルは、上から目線で舐めプを決め込んでるのに対し、ドイツは序盤から本気モード。シュナイダーハットトリックにより、3−0で前半を折り返す予想外の展開に。

後半は一転して本気になったブラジルが攻勢に転じる。後半途中から投入されたリバウールさんのラフプレーなどもあって1点差に迫ると、ナトゥレーザのトルネードシュートを、サンターナ反動蹴速迅砲の要領で雷獣シュートで打ち返す新必殺技フルメタルファントムが炸裂!ミューラーの左手を吹き飛ばし、ついに3−3の同点に…!!



今回の大きな見せ場は、サンターナ納豆が編み出した、新必殺シュートに尽きるでしょう。

回想シーンで、2人が新しい技を開発するぜみたいな描写があるのですが…。


ナトゥレーザ「そうだ!!ライバルの必殺技を色々合体させて、パクルってのはどうだ!?」


「パクる」って言っちゃったよwwww



これまで散々人の技をパクりまくってた翼ですら「真似る」とは口にしても「パクる」とは言ってなかったのに!!

相手へのリスペクトも表しつつ、あくまでグレーでぼやかしていたのに(形式上は)!!

それを納豆、お前ってヤツは…!パクるとか言っちゃったら、直球過ぎにもほどがあるだろ!いい加減にしろ!!



サンターナ「おおっ、それはいいアイディアかも」じゃねえってのwww 

お前そこは止めろよ!と思いましたが、よくよく考えたら、ワールドユース編の時点で「トルネードアロースカイウイングシュート」*1という他人の必殺シュートを色々合体させたシュート撃ってるんだから、コイツが反対するわけがないんだよなぁ…。



こうして、納豆がトルネードシュートと雷獣シュート(原理は一緒だから、実質スカイウイングシュートですよね…)の合体技で打ったシュートを、サンターナ反動蹴速迅砲の要領でトルネードシュート+雷獣シュートで打ち返す、とんでもない新必殺技フルメタルファントムが炸裂!!


うーん。カッコいいっちゃあカッコいいけれど、なんだかネーミングが今までのキャプ翼っぽくないような気がしますねえ。

タウンワークのアルバイト企画「作中に登場する新たな必殺技の提案などでストーリー作りにも」云々という記述があったから、ひょっとしたらバイトの人が考えた名前なのかもしれません。


あと(少なくともサンターナは)同じ原理で打つ「スカイウイングシュート」をロベルトから教わっているはずなのに、ご丁寧に日向の名前を出してあげているのは、一応敬意を表してるってことなんですかね。

まあ、そもそも日向の知名度って、この世界じゃどんなモンなのかってのもよくわからんのですけどね。

所属してるのはレンタル先とはいえセリエCのチームだし、ワールドユース編じゃ決勝トーナメント以降は点とってませんし。



そんでもってこの「フルメタルファントム」が、ミューラーの左手を弾き飛ばしてゴール。

気になるのは、次号予告だと、ミューラーが怪我したっぽいような書かれ方をしてる点。

おいおい、これで次の試合(おそらく日本戦)で欠場とか、本来の力が出なかったとかいうのは萎えるから、頼むよー。


あと、ドイツのDFは相変わらず全く仕事してませんねえ…。フルメタルファントムの間「なにィ」って言ってるだけでずっと棒立ちだし。

まるで、特撮ヒーローもので、変身シーンの間ずっと待ってくれてる悪役怪人みたいだあ…。

お前らがちゃんと仕事してれば(2人に接近するとかシュートコースをふさぐとか)、ミューラーの左手も破壊されずに済んだんだよなぁ…。



*1ワールドユース編決勝戦の日本戦でサンターナ披露した、火野のトルネードシュート・翼のアローシュート・スカイウイングシュートを組み合わせた、この世に存在する究極のシュート。なお若林に止められたもよう。

コバルトブルーコバルトブルー 2017/02/17 00:09 なんだか、打ち切りになったワールドユース編とソックリの内容に近づいてませんか?
新技はネーミングからしてキャプテン翼?をやったことのあるバイトの人の考案でしょうね。
バイトの人にはシュナイダーの側にもフレイムフラッシュを実装させてほしいですね。
このままではドイツのかませっぷりが酷すぎます。

KAJIMEKAJIME 2017/02/17 18:30 >コバルトブルーさん

後半になってから一方的過ぎて、ちょっと食傷気味ではありますよね…。
流石にこのままだとドイツが不憫すぎますので、意地を見せて1点取り返すぐらいの流れは作ってほしいところですね。せっかくカルツも本気出す宣言してますし…。

残念の極まり残念の極まり 2017/02/19 10:28 このままズルズルいきそうな気がする。マーガスが中盤での守備に忙殺されている段階で落第。カルツ、タイガーボランが2列目で缶詰のチームを脅威に感じる者が一体全体何人いるのか。

KAJIMEKAJIME 2017/02/19 18:57 >残念の極まり さん

まあ次回次第ですかねー。
ミューラーは大事をとって下げそうな気がするので、そうするとドイツに出来るのはもう攻撃しかないわけで。
あんまり虐殺させすぎると、次の日本戦に響いちゃいますからねえ…。読者のモチベ的にも。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170215

2017-02-13

[][][](20170213) 彼岸島 48日後… 第107話「御対面」 17:43 (20170213) 彼岸島 48日後… 第107話「御対面」を含むブックマーク (20170213) 彼岸島 48日後… 第107話「御対面」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」にて、ついに金剛様と対峙する…!

 

勝っちゃんとネズミを安全な場所に退避させて、ホテルの屋上へたどり着いた、明さん・鮫島様・母ちゃん。

屋上にあった建物の中に入ってみると…邪鬼の食いカスが散乱する臭ェにおいが蔓延する室内の奥に…金剛様がふんぞり返っていやがった!


…のはいいんですが、でけェ!べらぼうにでけェ!!

吉川さんと7回もアンチエイジングしてた頃よりも、明らかにデカくなってるじゃねェか!短期間で巨大化しすぎだろ…。

まあ、金剛様が元々粗チンだった可能性も否定できませんが(′・ω・`)


そしてさっそく明さんと金剛様が戦う展開となるわけです。

明さんの首を雅様に差し出すみたいなこと言ってますけど、金剛様が用意した武器は、ハンマー。

刃物じゃないのか(困惑)


というかハンマーの形状、金剛様が持つ前と持った後で、形が違ってるじゃねェか!!



明らかに、凹になってる位置が違うんだよなぁ…。

ちょっと適当すぎるから、ちくしょう!



●そして、2週間に一度のお楽しみ「彼岸島X」の最新第9話が公開されちまった…!


D


隊長…隊長じゃねェか…!

そして、血まみれスマイルの明さんがさわやか過ぎて、完全にサイコパスじゃねェか、ちくしょう!



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170213

2017-02-07

[][](20170207)背すじをピン!と鹿高競技ダンス部へようこそ 9巻 19:13 (20170207)背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ 9巻を含むブックマーク (20170207)背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ 9巻のブックマークコメント

今回は、スタンダード部門の結果発表もありますが、全体的にはラテンがメイン。

八巻パイセンからモブ男揶揄されてる畔田くんにも、過去話やら出会いのエピソードやらで、これでもかというぐらい焦点が当たっており、ダンスも明らかに前回より覚醒してるって感じがします。

まさかコイツが、ここまで味わい深いキャラになっちまうとは…。もう誰も、お前をモブ男なんて呼ばせやしない!

あと、ナオミさんがいい女過ぎてヤバいですな。モブ男なんぞにはもったいな…あっ、またモブ男って言っちまった(汗)


主人公やメインキャラだけじゃなく、主だった登場人物みんなにそれぞれスポットを当てて、見せ場を作る丁寧なつくりは、素晴らしいなあ…といつも思います。しみじみ。


そして、八巻パイセンと秋子先輩も、ギクシャクしながらも、徐々に洗練されていく様は、まとめて読むと面白さがが倍増!してる気がします。



おまけ漫画もテーマはラテン

ターニャのラテン衣装がエロ可愛くてラスボス感あるなあとか、

ラテンやってる宮大工くんと柏さんのコマが「これ絶対入ってるよね?」みたいでツボでした(汗)



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170207

2017-02-06

[][][](20170206) 彼岸島 48日後… 第106話「ロビー」 19:20 (20170206) 彼岸島 48日後… 第106話「ロビー」を含むブックマーク (20170206) 彼岸島 48日後… 第106話「ロビー」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」…!

 


ついに、明治屋ホテルに到着した明さんご一行。

中に入ると、ロビーに待ち構えていたのは、首を吊った人間の死体と思われるものやら、吸血樽やらに混じって、中央にそびえたつ巨大な山…!

なんとそれは、金剛様の脱皮した皮だった!!なんてこった!!まるで脱皮タワーじゃねェか!!しかも臭ェ!!

この脱皮タワー、目測ですけど、推定で4〜5メートルぐらいはあるように思われます。

なんでこんなものをロビーの中央に飾ろうと思ったのか…。おそらく金剛様が飾っとけとか言ったんでしょうけど、ひいいい、わけがわからねェ!!



さて、さらに客室へ向かってみると、何部屋か血まみれになってる部屋が見つかります。

一体ここで吸血鬼どもが何をやってたのか、これもうわかんねェな?って感じですが、ホラー漫画っぽい要素とも言えなくもありません。

そういえばこの漫画、ホラー漫画だったわ。すっかり忘れていましたが。




そしてここで明さんの口から、勝っちゃんとネズミに対して、非情なる戦力外通告!!

「ハッキリ言ってこの戦いにはついてこれそうもない」的なアレですね。

ネズミはともかく、当然勝っちゃんは「馬鹿野郎お前俺は行くぞお前!」とブチ切れて反抗してますが、鮫島様によって猿ぐつわ状態にさせられちまいました。

さすがに今回は金剛様が相手とあっては、命の保証が無さすぎるって事ですね。まあしょうがない。


というわけで、勝っちゃんとネズミは決着がつくまで、血まみれの部屋内にあるトイレで待機することになりました。

…これ、万が一ネズミがショタホモの気があったりしたら、勝っちゃん何気に大ピンチなんじゃないんですかねえ…?勝っちゃんの貞操がやべェ!!



そして明さん・鮫島様・母ちゃんの2人と1匹は、ついに金剛様が待ち構えているであろう、屋上の建物の前まで到着!

…うーん。てっきり金剛様のいる部屋にたどり着くまでに、中ボスを2〜3体用意して、無駄に引き延ばすかとばかり思ってたのに!まさかあっさり到着させちゃうとは、ちょっと意外過ぎて面食らったェ。

いい加減編集が、童貞を殺す服先生ェに「とっとと金剛様出せやオラァン!」とハッパかけたんですかねえ。





トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170206

2017-02-01

[][](20170201)キャプテン翼 ライジングサン 第47話 サブマリンvsハリネズミ 19:00 (20170201)キャプテン翼 ライジングサン 第47話 サブマリンvsハリネズミを含むブックマーク (20170201)キャプテン翼 ライジングサン 第47話 サブマリンvsハリネズミのブックマークコメント

【今週の要約】


マドリッドオリンピック本大会予選グループもいよいよ佳境に入り、グループDではブラジルvsドイツという大会屈指の好カードが実現。

この試合引き分け以上でグループ1位が確定するブラジルは、上から目線で舐めプを決め込んでるのに対し、ドイツは序盤から本気モード。シュナイダーハットトリックにより、3−0で前半を折り返す予想外の展開に。

後半は一転して本気になったブラジルが攻勢に転じる。1点を返したところでリバウールさんが投入されると、カルツのどてっぱらにシュートを打ち込む反則スレスレのプレイを敢行し「キラーリバウールの一面を見せる。

そしてリバウールさんのロングシュートに見せかけたパスにナトゥレーザが反応。ミューラー相手にループシュートをくりだし、さらに1点を返すのだった。


今回は色々有りました。

カルツがリバウールさんのかませ犬になっちゃったなあとか、ドイツDF陣が全く仕事してねえなあとか、今週のミューラーの点の取られ方って、jr.ユース決勝の日本戦の1点目のパターン(翼が岬の身体ごとドロップキックする例のアレ)とほぼ同じパターンだなあ。師匠が見てたらブチ切れてそうだなあ…。


本当に色々有りましたが、今回のお話で一番取り上げなきゃいけないのは、なんといっても、コレですよ。



リバウールさん、畜生過ぎィ!!



今週、3人目の交代要員として入ってきたリバウールさんに、カルツが競りかけます。

1対1での激しいボールの奪い合い。この2人の勝負の行方で、試合展開が変わる…とみんな思いながら、勝負の行方を見守っているんですが、そんな暇あったらドイツDF陣は突っ立ってないで加勢してやれよ、と思った(′・ω・`)


…ここまではよくある展開ですが、ここで突然リバウールさんがカルツに対して「まったくしつこい、うっとうしい害虫だ」などと、とんでもない事を言い出した次の瞬間「てめえのどてっぱらをえぐってやるぜ!」と言わんばかりに、至近距離からカルツのどてっぱらにシュート!


たまらず楊枝を落としてぶっ倒れるカルツに対して「だったらどうした」と、全く悪びれずプレイを続行。会場からはブーイングが起こりますが、



リバウールさん「うるせェ」

サッカーはボールを使った格闘技

それが分かってないブーブーうるさい外野のハエども

この一撃で黙らせてやる!!

前半おれたちブラジルが受けた屈辱も、まずはこの一撃で晴らしてやる!!)


ヒェッ…。


(口には出してないけど)観客をハエども呼ばわり…。う−ん。これは確実に畜生ですわ。

あと、屈辱を受けたとか言ってますが、それは前半お前らが舐めプしてたからなんだよなぁ(′・ω・`)



翼いわく、これがチームの勝利のためには反則スレスレの暴力的行為もいとわない、リバウールさんのもうひとつの顔“キラーリバウールだそうですよ。


たしか翼はリバウールさんと初めて対戦した時に、ひじ打ち食らって失神してましたし、他にもブルーノさん相手にもひじ打ちかましてた事件が有りましたが、これらは一応、真剣勝負してたときの延長で…と主張することも出来た範囲のラフプレー

でも今回の、カルツのどてっぱらにシュートは明らかに故意なんだよなぁ…。


コレって、もうひとつの顔と言うより、リバウールさんが元々ゲス野郎で、化けの皮がはがれただけなんじゃねえかなって気がしてきたぞ(′・ω・`)

「ベンチに座ってるだけだとケツがいてェ」発言も、化けの皮がはがれる伏線だったのかもしれません。



まあ、若林とかも「サッカーは格闘技だ」って言ってましたし、ブンナークや火野はボール越しに翼のどてっぱらに蹴りとか入れてましたから、まあその辺はまだ良いとしても…。

口にはしていないとはいえ、ブーイングしてる観客をハエども呼ばわりはいかんでしょ。


今のリバウールさんなら、どてっぱらにシュートを受けて倒れてるカルツに対して「ハーハハハわりいわりい、まったくこの試合は よく事故(ハプニング)が続くね〜 まいったまいった」などと、肩繰高校野球部みたいなことを平気で口にしそう。


もういっそのこと、次回リバウールさんが開き直って、シュナイダーたちに


「てめーらサッカーをなめてんじゃねーのか!?

オレたちブラジル代表を、なめてるんじゃねーのか!!!あァーーーー!?

至近距離からの弾丸シュート!!ひじ打ちにスライデイングタックル

サッカーってのは、なめてかかると大ケガする怖いスポーツなんだぜ!

わかったかタコども!!!」


とか言い出してくんねえかなあ(′・ω・`)






トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170201

2017-01-30

[][][](20170130) 彼岸島 48日後… 第105話「邪鬼使い」 19:35 (20170130) 彼岸島 48日後… 第105話「邪鬼使い」を含むブックマーク (20170130) 彼岸島 48日後… 第105話「邪鬼使い」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」へと向かいます。

 しかし、明治屋ホテル直前の橋の攻防のさなか、量産型邪鬼が出現し…。


ちくしょう、橋の上で、サングラスかけて吸血鬼たちと戦っていたら、急に邪鬼が出てきやがった!

いくら量産型邪鬼とはいえ、さすがの明さんでもちょっと厄介…。するとここで明さんは、邪鬼の不審な行動に気が付いたようですよ。


「あっそうだ(唐突)、おい邪鬼ィ、さっき俺等と戦ってるときチラチラ後ろ見てただろ」

「いや見てないです」

「ウソつけぜったい見てたゾ」

「なんで見る必要なんかあるんですか(正論)」


それは…後ろに邪鬼使いがいるからだよ!って事で、ここでいきなり明さんが、橋の向こう側にある草むらに向けて、火炎瓶をブン投げます。すると…見事に命中。

さらにとどめと言わんばかりに、勝っちゃんから受け取った鉈をブン投げると、これまた火傷で苦しんでる邪鬼使いにクリーンヒット。見事邪鬼使いをやっつけることに成功しました。


これ…さらりと書いてますけど、とんでもない事ですよ。

明さんの肩とコントロール、凄ェ!

まあ明さんは以前にも、屋根の上にいた邪鬼使いに対して鍋をブン投げてクリーンヒットさせてましたが、あの時よりもさらに肩とコントロールが良くなってやがる!わけがわからねェ!!


たぶんイチローのレーザービームよりやべェから、ちくしょう!!

平和な時代だったら、今頃米球界に「AKIRA MIYAMOTO」の名が知れ渡っていたことでしょう。悲しいなあ…。


こうしてコントロールを失った量産型邪鬼をうまくあしらった明さんご一行は、遂に明治屋ホテルの入り口まで到着!

この後、中に入ったら入ったらで、まーた無駄に引き延ばすんだろうなあと考えると、ちくしょう彼岸汁がハンパねェ!!


●そして、2週間に一度のお楽しみ!ショートアニメ彼岸島X」の第8話が公開されちまった!



D


ようやく西山や加藤達が出てきた(安堵)。

最後のシーンで明さんと仲間達が揃ってるシーン、今見ると感慨深いモノが有りますねえ…。

今は大半が死んじまったんだよなぁ…。つれェなあ…。


それはそれとして、彼岸島に連れてこられた人間達がM字開脚からの失禁プシャー→レインボーの流れには、原作以上に草生えたから、ちくしょう!



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170130

2017-01-23

[][][](20170123) 彼岸島 48日後… 第104話「箱根湯本駅18:54 (20170123) 彼岸島 48日後… 第104話「箱根湯本駅」を含むブックマーク (20170123) 彼岸島 48日後… 第104話「箱根湯本駅」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」へと向かいます。

途中の関所で彼岸島からやってきた吸血鬼を尋問したら金剛様は、自らの身体を彫刻刀で金剛力士像の形に彫り上げたアマルガムで、吸血鬼や邪鬼を喰ってパワーアップする、クッソやべェ奴である事が明らかになりましたが、それでもみんなひるむことなく、打倒金剛様へと決意をあらたにするのでした。



さあいよいよ、金剛様のいる明治屋ホテルが目前に迫ってきました。しかしホテルに通じる橋には、吸血鬼どもが守りを固めていやがった!

しかも部隊まで用意していやがるから、下手に近づいたら、矢の集中砲火を浴びちまう…!ちくしょうどうしたら…。


ここで明さんは、火炎ビン作戦を考案し、鮫島様と勝っちゃんにガソリンと空き瓶を、ネズミに人数分のサングラスを用意するよう命令します。


しかし、火炎ビンはともかく、なぜサングラス…?

火炎ビンの炎で目をやられるのを防ぐためなのか、某大物youtuberリスペクトなのか、、単に先生ェが気分転換に明さんたちをイメチェンさせたかったのか…ひいいい、わけがわからねェ!!



そして、火炎ビンとサングラスを用意してきた明さん一行。


ネズミの野郎は相変わらずおびえまくっていますが、それでもなんだかんだ言って、ちゃんと人数分のサングラスを用意したのだから、アイツ何気に有能ですね…。

そもそも、火炎ビンが作れるガソリンとかサングラスが都合よく…というツッコミも聞こえてきそうですが、彼岸島に、丸太や刀が自生していたように、今の日本本土には、ガソリンやサングラスが自生しているんでしょう。



そしてさっそくサングラスを装着。

サングラスをかけた勝っちゃんが、なんちゃってちびっ子ラッパーにしか見えねェよ!とか、母ちゃんにもご丁寧にサングサスが用意されているのかよ!というツッコミもしたくなりますが

個人的には…。サングラスをかけた鮫島様が、どう見ても、シティーハンターの海坊主じゃねぇかwww



こんなもん見せられたら、思わず「Get Wild」でも口ずさみたくなっちまうから、ちくしょう!



こうして火炎ビンを投げて吸血鬼どもの目をくらましつつ、橋の上吸血鬼どもを斬りつけながら、暗闇を走り抜け、チープなスリルに身をまかせていたら…。出たよ!量産型邪鬼が!!

金剛様もアレなんですかね。量産型邪鬼は食い飽きてるから、食べずに護衛させてるんですかね。これ。


やっぱり簡単に金剛様とはエンカウントしそうにないですが、次週へ続くェ。



あと個人的には、今週のヤンマガに、新人漫画家の質問に、マツモティーヌ先生ェが答えるというコーナーがあって

せっかく新人漫画家がまじめに質問してて、せっかく先生ェがまじめに回答してるのに、編集部が全部上から丸太ネタをおっかぶせているせいで、完全にギャグにしか見えねェから、ちくしょう!!




トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170123

2017-01-18

[][](20170118)キャプテン翼 ライジングサン 第46話 ブラジル伏兵 19:34 (20170118)キャプテン翼 ライジングサン 第46話 ブラジルの伏兵を含むブックマーク (20170118)キャプテン翼 ライジングサン 第46話 ブラジルの伏兵のブックマークコメント

【今週の要約】


マドリッドオリンピック本大会予選グループもいよいよ佳境に入り、グループDではブラジルvsドイツという大会屈指の好カードが実現。

この試合引き分け以上でグループ1位が確定するブラジルは、サンターナ・ナトゥレーザ・リバウールさんの3人をベンチスタートさせる余裕を見せ、さらに上から目線で舐めプを決め込んでるのに対し、ワールドユース編でブラジル相手に0−5と大敗したリベンジを誓うドイツは序盤から本気モード。シュナイダーハットトリックにより、3−0で前半を折り返す予想外の展開に。

後半は一転して本気になったブラジルが攻勢に転じる。ドイツゴールには“鋼鉄の巨人”デューター・ミューラーが立ちはだかるも、波状攻撃の末、サンターナのローリングオーバーヘッドのこぼれ玉をペペが押し込んで、ついにブラジルが1点を返したのだった。


今週は、本誌に載ってる分だけを読むならば、特に不満点はないんですよ。

ミューラーの点の取られ方についても、強さは見せ付けてはいますから、まあ納得はいくのですよ。

問題は…今回のお話に出てきた、ぺぺのゴールシーンのネーム部分が、タウンワークの「激レアバイト」企画内で、バッチリ写ってたって事。



この企画が記事になったのが、大体ちょうど1ヶ月前。

つまり去年の時点で、1ヶ月先の展開が、盛大にネタバレされてしまっていたのです!


いやあ、いくらなんでもこれはイカンでしょ。

しかも、当たり障りのないシーンのネーム部分を載せるならともかく、よりにもよって、なんでわざわざ、得点シーンのネーム部分を流出させてしまうのか、本当に理解に苦しむ。

タウンワークの関係者及び、GJ編集部の失態といってもいいと思いますよ、これ…。 


このネタバレのせいで、前回ブラジルの猛攻をミューラーが防いでるシーンが出てきても

「でも、どうせこの後失点するんでしょ、ミューラー」という冷めた見方をした人も、きっといると思うんです。

結果の分かっているスポーツ番組を見ても、あなたは100パーセント楽しめますかって話ですよ。ほんとにねえ。



今回は、ほんとうに上記の点“だけ”が残念でなりませんが、それ以外はおおむね良い内容だったように思います。

こぼれ玉を押し込んだペペもそうですが、トップ下としてドイツDF陣を翻弄するレオとか、ロベカロさんの至近距離シュートとか、脇役キャラにも見せ場が与えられているのが良いですね。

その分シェスターがヘタレ化してたけど。



でまあ、最後にはいよいよリバウールさんが投入されたぜってところで、今回はおしまい。

やっぱアレですかね。楊枝を吐き捨てたカルツあたりが、リバウールさんに挑んで、返り討ちに遭ったりするんですかねえ…。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170118

2017-01-07

[][][](20170107) 彼岸島 48日後… 第103話「賛同者」 19:29 (20170107) 彼岸島 48日後… 第103話「賛同者」を含むブックマーク (20170107) 彼岸島 48日後… 第103話「賛同者」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」へと向かいます。

途中の関所で彼岸島からやってきた吸血鬼を尋問する明さん達ですが、そこで吸血鬼の口から、金剛様の秘密が明かされる…!



2週ぐらい続いた吸血鬼の証言により、金剛様は、自らの身体を彫刻刀で金剛力士像の形に彫り上げたアマルガムで、吸血鬼や邪鬼を喰ってパワーアップする、クッソやべェ奴である事が明らかになりました。


最初っからマサの野郎をぶっ殺す気満々な明さんはともかく、常人である勝っちゃんと鮫島様は、さすがの金剛様のヤバさに心が揺らいじゃうのですが…ここで唐突に母ちゃんが動いた!

備えられていた金剛力士像を見つけると、猛然とダッシュして、金剛力士像に襲い掛かる!!







母ちゃんハッスルし過ぎィ!


まあでもよくよく考えてみたら、7回もアンチエイジングされた挙句、ただの思い付きで醜い亡者の姿にさせられたんじゃ、そりゃ暴れたくもなるか。

つまり母ちゃんはそれだけ金剛様に強い殺意を抱いてるわけで。

でもまあ、いくらなんでもやりすぎだよなぁ。せっかく備えられてた、金剛様の脱皮した臭ェ皮とか、あーもうめちゃくちゃだよ(′・ω・`)



こうして、ハッスルした母ちゃんの姿に勇気付けられ、鮫島様と勝っちゃんは再び金剛様と戦う決心が付いたのでした。

ネズミの野郎は…まあ相変わらず嫌がってますが、1人取り残されるのはもっとイヤだから仕方なく付いて行くという…なーんだ。今までと一緒じゃないか(′・ω・`)



こうして先を急ぐ明さんご一行。途中鮫島様が、新たなウエポン・角材をゲットしてパワーアップしたェ。

そういえばいつの間にかバトルアックス持ってませんでしたね…。ロープウェイで追いてったのかな。

まあどうせなら丸太にしろよオラァン!とは思いますが、角材も丸太から作られた武器だと思えば…多少はね?



こうして、とうとう金剛様のいる明治屋ホテルにたどり着いたところでおしまいまのですが…来週は休載かよ、ちくしょう!



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170107

ブログランキング【Bloking】
人気blogランキングへ
BS blog Ranking