天カジblog このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

HP日々是好日 天からカジメ!にて使用しているblogです。
※当blogおよびHPの文章を丸パクリして、無断で他サイトに掲載する行為は禁止させて頂きます。

11867976

2017-01-18

[][](20170118)キャプテン翼 ライジングサン 第46話 ブラジル伏兵 19:34 (20170118)キャプテン翼 ライジングサン 第46話 ブラジルの伏兵を含むブックマーク (20170118)キャプテン翼 ライジングサン 第46話 ブラジルの伏兵のブックマークコメント

【今週の要約】


マドリッドオリンピック本大会予選グループもいよいよ佳境に入り、グループDではブラジルvsドイツという大会屈指の好カードが実現。

この試合引き分け以上でグループ1位が確定するブラジルは、サンターナ・ナトゥレーザ・リバウールさんの3人をベンチスタートさせる余裕を見せ、さらに上から目線で舐めプを決め込んでるのに対し、ワールドユース編でブラジル相手に0−5と大敗したリベンジを誓うドイツは序盤から本気モード。シュナイダーハットトリックにより、3−0で前半を折り返す予想外の展開に。

後半は一転して本気になったブラジルが攻勢に転じる。ドイツゴールには“鋼鉄の巨人”デューター・ミューラーが立ちはだかるも、波状攻撃の末、サンターナのローリングオーバーヘッドのこぼれ玉をペペが押し込んで、ついにブラジルが1点を返したのだった。


今週は、本誌に載ってる分だけを読むならば、特に不満点はないんですよ。

ミューラーの点の取られ方についても、強さは見せ付けてはいますから、まあ納得はいくのですよ。

問題は…今回のお話に出てきた、ぺぺのゴールシーンのネーム部分が、タウンワークの「激レアバイト」企画内で、バッチリ写ってたって事。



この企画が記事になったのが、大体ちょうど1ヶ月前。

つまり去年の時点で、1ヶ月先の展開が、盛大にネタバレされてしまっていたのです!


いやあ、いくらなんでもこれはイカンでしょ。

しかも、当たり障りのないシーンのネーム部分を載せるならともかく、よりにもよって、なんでわざわざ、得点シーンのネーム部分を流出させてしまうのか、本当に理解に苦しむ。

タウンワークの関係者及び、GJ編集部の失態といってもいいと思いますよ、これ…。 


このネタバレのせいで、前回ブラジルの猛攻をミューラーが防いでるシーンが出てきても

「でも、どうせこの後失点するんでしょ、ミューラー」という冷めた見方をした人も、きっといると思うんです。

結果の分かっているスポーツ番組を見ても、あなたは100パーセント楽しめますかって話ですよ。ほんとにねえ。



今回は、ほんとうに上記の点“だけ”が残念でなりませんが、それ以外はおおむね良い内容だったように思います。

こぼれ玉を押し込んだペペもそうですが、トップ下としてドイツDF陣を翻弄するレオとか、ロベカロさんの至近距離シュートとか、脇役キャラにも見せ場が与えられているのが良いですね。

その分シェスターがヘタレ化してたけど。



でまあ、最後にはいよいよリバウールさんが投入されたぜってところで、今回はおしまい。

やっぱアレですかね。楊枝を吐き捨てたカルツあたりが、リバウールさんに挑んで、返り討ちに遭ったりするんですかねえ…。



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170118

2017-01-07

[][][](20170107) 彼岸島 48日後… 第103話「賛同者」 19:29 (20170107) 彼岸島 48日後… 第103話「賛同者」を含むブックマーク (20170107) 彼岸島 48日後… 第103話「賛同者」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」へと向かいます。

途中の関所で彼岸島からやってきた吸血鬼を尋問する明さん達ですが、そこで吸血鬼の口から、金剛様の秘密が明かされる…!



2週ぐらい続いた吸血鬼の証言により、金剛様は、自らの身体を彫刻刀で金剛力士像の形に彫り上げたアマルガムで、吸血鬼や邪鬼を喰ってパワーアップする、クッソやべェ奴である事が明らかになりました。


最初っからマサの野郎をぶっ殺す気満々な明さんはともかく、常人である勝っちゃんと鮫島様は、さすがの金剛様のヤバさに心が揺らいじゃうのですが…ここで唐突に母ちゃんが動いた!

備えられていた金剛力士像を見つけると、猛然とダッシュして、金剛力士像に襲い掛かる!!







母ちゃんハッスルし過ぎィ!


まあでもよくよく考えてみたら、7回もアンチエイジングされた挙句、ただの思い付きで醜い亡者の姿にさせられたんじゃ、そりゃ暴れたくもなるか。

つまり母ちゃんはそれだけ金剛様に強い殺意を抱いてるわけで。

でもまあ、いくらなんでもやりすぎだよなぁ。せっかく備えられてた、金剛様の脱皮した臭ェ皮とか、あーもうめちゃくちゃだよ(′・ω・`)



こうして、ハッスルした母ちゃんの姿に勇気付けられ、鮫島様と勝っちゃんは再び金剛様と戦う決心が付いたのでした。

ネズミの野郎は…まあ相変わらず嫌がってますが、1人取り残されるのはもっとイヤだから仕方なく付いて行くという…なーんだ。今までと一緒じゃないか(′・ω・`)



こうして先を急ぐ明さんご一行。途中鮫島様が、新たなウエポン・角材をゲットしてパワーアップしたェ。

そういえばいつの間にかバトルアックス持ってませんでしたね…。ロープウェイで追いてったのかな。

まあどうせなら丸太にしろよオラァン!とは思いますが、角材も丸太から作られた武器だと思えば…多少はね?



こうして、とうとう金剛様のいる明治屋ホテルにたどり着いたところでおしまいまのですが…来週は休載かよ、ちくしょう!



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170107

2017-01-05

[][](20170105)キャプテン翼 ライジングサン 第45話 鋼鉄の壁 18:51 (20170105)キャプテン翼 ライジングサン 第45話 鋼鉄の壁を含むブックマーク (20170105)キャプテン翼 ライジングサン 第45話 鋼鉄の壁のブックマークコメント

【今週の要約】


マドリッドオリンピック本大会予選グループもいよいよ佳境に入り、グループDではブラジルvsドイツという大会屈指の好カードが実現。

この試合引き分け以上でグループ1位が確定するブラジルは、サンターナ・ナトゥレーザ・リバウールさんの3人をベンチスタートさせる余裕を見せ、さらに上から目線で舐めプを決め込んでるのに対し、ワールドユース編でブラジル相手に0−5と大敗したリベンジを誓うドイツは序盤から本気モード。シュナイダーハットトリックにより、3−0で前半を折り返す予想外の展開に。

後半の展開を一任されたリバウールさんの、勝ちに行くとの大号令で、後半は攻勢に出るブラジル。後半開始から投入された、サンターナとナトゥレーザの黄金コンビでドイツゴールを狙うも、そこに立ちはだかるのは“鋼鉄の巨人”デューター・ミューラーだった。


結局、リバウールさんの下した決断は「この試合勝ちに行く」でした。

リバウールさんのドイツ“ごとき”発言に関しては、いろいろと賛否両論がありそうですが(ドイツごときとか上から目線するぐらいだったら、初めから舐めプなんかすんなよな、とか)

個人的にはむしろその前の





「ベンチに座ってるだけだと、ケツがいてェ」発言の方が気になっちゃってしょうがない(′・ω・`)

納豆とかがこういう事を言うのはまあわかるんですが、リバウールさん、アンタそんな事を言うようなキャラでしたっけ(汗)


というかアレですね。「ケツがいてェ」発言のシーンだけを切り出すとアッー!」な意味にしか思えてこないじゃないか!いい加減にしろ!



そして、後半開始直後から投入された、サンターナ納豆のコンビプレイが、ドイツを圧倒します。

ロベルトなんかは、これがブラジルの黄金コンビなんだ!とか言ってます。

…アレ?でも、ワールドユース編だと、サンターナとレオで黄金コンビって言ってませんでしたっけ…?

心を閉ざしていたサッカーサイボーグ時代から、ずっとコンビを組んでたレオは泣いていいと思う(´;ω;`)

しょせんコンビ組んだ年月より、実力の高い奴にあっさり名称奪われちゃうとか、実力社会じゃ当然とはいえ、悲しいなあ…。NTRかな?

せめて別のコンビ名を与えてやりゃいいのにねえ。



そして最後、ミューラーがサンターナのシュートをワンハンドキャッチするシーンは、やっぱりかっこいいですねえ。

Jrユース編決勝戦の、ことごとく日本のシュートを止めまくった、あの絶望感が蘇ってくるかのよう。

やっぱりこのシュートを止めた時のミューラーの絶望感を垣間見ちゃうと、やっぱサリナスはミューラーには及ばないなあって感じてしまいます。


もっとも、ついこないだまでタウンワーク公募してたキャプテン翼一日アシスタント募集企画の画像をよーく見ると…。あっ(察し)。



コバルトブルーコバルトブルー 2017/01/09 05:06 タウンワークに掲載されていたキャラが同点ゴールを上げるとすると「これがブラジルのチームワークだ!」てな描写がはいるんでしょうね…
現実世界で1−7で負けてる世界王者に対して「ドイツごとき」発言には個人的には幻滅です。
ただ、OA不在のドイツは今のメンバーがベストの布陣だとすると実力に限界があるのも明らか…せめて黒歴史になってしまったヘルナンデスのソックリさんとフェデリックスの色違いのような東ドイツの2人でも加入してくれれば期待も持てるのですが。

KAJIMEKAJIME 2017/01/10 20:00 >コバルトブルーさん

>現実世界で1−7で負けてる世界王者に対して「ドイツごとき」発言には個人的には幻滅です。

そういや現実世界ではそんなことが有りましたね。アレはアレで衝撃的でしたが…。

東ドイツの2人も、アメリカのバンダナと、レイモンド・チャンドラーのように、無かったことにされているのかも(′・ω・`)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20170105

2016-12-26

[][][](20161226) 彼岸島 48日後… 第102話「脱皮」 18:20 (20161226) 彼岸島 48日後… 第102話「脱皮」を含むブックマーク (20161226) 彼岸島 48日後… 第102話「脱皮」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」へと向かいます。

途中の関所で彼岸島からやってきた吸血鬼を尋問する明さん達ですが、そこで吸血鬼の口から、金剛様の秘密が明かされる…!



前回に引き続き、金剛様誕生の瞬間を追ったザコ吸血鬼の回想が中心です。

前回の時点で、アマルガムと化した金剛様が、余計なパーツを自ら斬り取ってただの肉塊となった後、彫刻刀で自らの身体を掘って金剛力士像を作り上げるという、超展開過ぎてつっこみきれねェ!展開だったのですが、今週はさらにひどい(′・ω・`)


モブ吸血鬼が襲ってきたので、素手でぶっ殺して、殺した吸血鬼の身体をボリボリ喰っちゃうわ、いつの間にやら金剛様の身体がピザになったと思った次の瞬間何故か脱皮して「この皮を私と思って祀るがいい」と言い出すとか、色々ぶっとびすぎてて、凄ェ!さすが先生ェだ!こんなムチャクチャな展開、誰も思いつかねェよ!!



なんで脱皮した後の身体から、すでに金剛力士像が彫られたままの姿が出てくるのかとか、彫刻刀で身体掘ってたはずなのに、槍で突くのは硬くて弾かれるとか、金剛様どういうボディしてるんだよとか、吸血鬼ボリボリ喰った瞬間、急に身体がピザになったりとか、なんで皮を自分だと思ってとっとけと言い出すのか、わけがわからねェとか、やっぱりつっこみどころを挙げたらキリがねェのですが

まあ多分…その都度彫り直す設定にしたら、ベイマックス先生ェが描くのが面倒くせェとか、そんな理由なんだろうなあ(′・ω・`)



でまあ、金剛様が強いヤツを求めて邪鬼と戦いまくってたのも、邪鬼を食ってパワーアップするためなのでしょう。喰って強くなるとか、サンサーラ・ナーガかな?

これはアレですね。明さんと金剛様が戦ってる最中にエテ公が乱入し、金剛様がエテ公をぶっ殺して喰って、更にパワーアップする引き伸ばし展開とか有りそうだェ。



●そして、2週間に一度のお楽しみ!ショートアニメ彼岸島X」の第6話が公開されちまった!



D


なんて神々しい千葉繁ボイスなんだ…(((( ;゚Д゚)))

まさか雅様であんなイケボが出せるなんて…。


それにしても明さん、盛大に血を浴びてるのにちっとも感染しねェから、ちくしょう!!



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20161226

2016-12-25

[][](20161225)手品先輩 2巻 12:46 (20161225)手品先輩 2巻を含むブックマーク (20161225)手品先輩 2巻のブックマークコメント

今回も、エロい!可愛い!そしてポンコツ!!


催眠術にかかって服を脱ぎ出しちゃう先輩とか、風船を何故かお腹に入れてるボテ腹先輩とか、風船に針を通す時のリアクションがきわどい先輩(と助手)とか、2次創作意欲をかき立てるような、いちいち間接的なエロスがかもし出されてるのが素晴らしいと思います。


個人的には、食堂でご飯を食べてるぼっち先輩が、助手を見つけてパアアと表情が明るくなるシーンとか、助手から自分の事が好きだと言われたと勘違いして、あたふたしてる先輩のシーンなどを見てると、ニヤニヤしてきます(;´Д`)



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20161225

2016-12-24

[][][](20161224)源君物語 10巻 13:17 (20161224)源君物語 10巻を含むブックマーク (20161224)源君物語 10巻のブックマークコメント

9巻に引き続き、華ちゃんとのセックルシーンの続きから始まります。

…うん。エロい。やっぱりエロい(;´Д`) 

とくに、たくし上げたブラを口にくわえながら、声を押し殺してる華ちゃんが最高にエロい(;´Д`)

そりゃ光海くんも朝までやりまくりですよ!



そして間髪入れずに、次の9人目のターゲットが現れます。

今度は、今回の単行本の表紙にもなっているミステリアスな歯科医のお姉さん・源内典子先生だ!!

見た目はキレイなお姉さまですが…とはいえ9人目ともなると一筋縄ではいきません。

なんというか…すごく…トリッキーです…。



個人的に源内先生編は、エロ行為そのものよりも、お互いの変態力を見せ付け引き出すという、まるでバトル漫画みたいな展開が好きです。

例えるならば、ドラゴンボールで、セルが悟版の力を引き出すために、わざと怒らせたりするような…といえばお分かりになるでしょうか(汗)



トモトモ 2016/12/24 22:18 10巻よかったですね!
奇しくもこの10巻もクリスマスで現実世界とリンクしてますが作中ではまだ1年なんですよねえ、、、
これからも楽しみです。

KAJIMEKAJIME 2016/12/25 19:55 >トモ さん

この漫画は展開がどうしても遅いですからねえ…。そこがいい所でもあるのですが。
はたして春までに完全攻略できるのやら(′・ω・`)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20161224

2016-12-23

[][](20161223)チチチチ 2巻 21:51 (20161223)チチチチ 2巻を含むブックマーク (20161223)チチチチ 2巻のブックマークコメント

すごい。すごいです。1巻に引き続き、おっぱい尽くしです。

素晴らしいおっぱい愛です。

もっとハッキリ言うと、ひたすらにパイズリ尽くしです。挟んで挟んで挟みまくって、ぴゅっぴゅさせちゃいます。一般誌なのに(;´Д`)


この作品がすごいのは、光さんも珍太郎さんも、お互い同棲はしてるとはいえ、決して彼氏彼女の関係ではないのにも関わらず、もはやコミュニケーションの一環でパイズリをしまくっているところ。

なんというか「飯・風呂・パイズリ」みたいなノリでの頻度の高さです。


例えるなら、海外では挨拶代わりにキスとかハグとかするじゃないですか。

妄想シーンも含めれば、あんなノリでパイズリしてるような感覚です。


でもノリが変にエロいわけでもドロドロしてるわけでもなく、終始なんだかまったりした空気が流れてるのが、独特ですね。

ときどき暗ーい、陰湿な展開になったりもしますが。


2巻では珍太郎さんの妹とかの新キャラが登場したり、いろんな事実が判明したり、そして光さんと珍太郎さんの距離感も…?

読んでる方としては「お前らとっとと付き合えよそして籍入れちゃえよ!」とか思っちゃうのですが(汗)




トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20161223

2016-12-21

[][](20161221)キャプテン翼 ライジングサン 第44話 誇り高き挑戦 20:22 (20161221)キャプテン翼 ライジングサン 第44話 誇り高き挑戦を含むブックマーク (20161221)キャプテン翼 ライジングサン 第44話 誇り高き挑戦のブックマークコメント

【今週の要約】


マドリッドオリンピック本大会予選グループもいよいよ佳境に入り、グループDではブラジルvsドイツという大会屈指の好カードが実現。

この試合引き分け以上でグループ1位が確定するブラジルは、サンターナ・ナトゥレーザ・リバウールさんの3人をベンチスタートさせる余裕を見せ、さらに上から目線で舐めプを決め込んでるのに対し、ワールドユース編でブラジル相手に0−5と大敗したリベンジを誓うドイツは序盤から本気モード。

シュナイダーは前半だけでハットトリックを達成し、3−0で前半を折り返す予想外の展開に。ブラジルジョアン監督は後半このまま舐めプするか、勝ちを狙いに行くかを選手達に一任。意見の割れる選手達は、最終的な判断をキャプテンリバウールさんに託す。果たしてリバウールさんが出した結論は…?



いやあ。なんというか、色々言いたい事はあるにはあるんですが、とりあえずこれだけは言っときましょう。


ジョアン監督やる気ねええええ!!!


ハーフタイムのアレは、なんなんすかこれ…。自分の意見を出さずに選手に丸投げとか、完全に職場放棄じゃないか…。


確かに、テクモキャプテン翼5のジョアン監督も、決勝戦の日本戦のハーフタイムにおいて「(後はお前ら選手達の)好きにするがいい」と職場放棄してますが、あれはジョアン監督のサッカースタイルを、選手達全員が否定した結果そうなっただけであり、一応筋は通ってる。



D


↑ここの1:47のあたりを参照。



ですが今回のジョアン監督は、ドイツ相手に舐めプしてたら、向こうがガチで攻めてきて3点も取られて

「うわーどうすっかな〜。後半はこのまま舐めプか、それとも攻めて勝ちに行くか。」→「判断はお前ら選手に任せるわ」で、自分の意見を出さないどころか、ハナっから丸投げしてるからなあ。これはガチの職場放棄と取られても仕方がない。

ロベルトは後ろでずっと無言でしたが、内心どう思ってるんですかねえ(汗)



まあ最後は、後半開始と同時に選手2人を交代させてますし、たぶんここでサンターナ納豆が出てくるんでしょう。で、勝ちに行く…と。

ということは、ドイツはここから3点取られる展開も十分有りうるわけでして、そうなると強豪GKであるミューラーの扱いをどうするのか、って事になる。

とりあえず現時点では、まったく出番は無いのですが…。さてはて。



コバルトブルーコバルトブルー 2016/12/25 05:56 ドイツ強ェェェっていうより、ブラジル弱ェェェな展開が萎えるんですが、今号のシュナイダーはかつての世界ナンバーワンを目指していた頃の風格・気概が感じられてよかったです。
ただねぇ…ミューラーは某匿名掲示板の流出画像によれば鹿島の助っ人ブラジル人にゴールされてしまうようで、サリナスに続きザル化は確定のようです。
そんなミューラーの姿と舐めプされた挙句に追いつかれ2位通過になってしまうドイツの姿なんて読者は望んでいるのか甚だ疑問です。

KAJIMEKAJIME 2016/12/25 19:28 >コバルトブルーさん

>ミューラーは某匿名掲示板の流出画像によれば鹿島の助っ人ブラジル人にゴールされてしまうようで、サリナスに続きザル化は確定のようです。

…今確認しました。うわああ。まさかタウンワークにネタバレが載ってるとは(困惑)
まあ同じ選手ばっかりが得点するってのも展開としては単調ですから、これはこれでいいのでは…と、好意的に考えておきますか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20161221

2016-12-20

[][](20161220)背すじをピン!と鹿高競技ダンス部へようこそ 8巻 22:53 (20161220)背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ 8巻を含むブックマーク (20161220)背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ 8巻のブックマークコメント

第2回 次に来るマンガ大賞コミックス部門で大賞を獲得!した、すじピンの第8巻です。

スタンダード部門も佳境を迎え、この巻では、完全に部長とリオ先輩が主人公&ヒロインになってますね。

リオ先輩はともかく、部長の主人公感がすごい。と言うか色々と熱い。

第1話を読んだ時は、このインパクト満点アフロヘアーでオネエ言葉のおっさんが、こんな熱くてカッコいい主人公ポジションで活躍するとか、想像すらしてませんでした(′・ω・`)


そしてそんな二人の前に立ちはだかる、咲本さんの圧倒的ラスボス感。

年下の後輩の壁となり、ことごとく挑戦を蹴散らし、絶対王者として君臨するところは、まさに圧巻。



一方本来の主人公であるつっちーたちは、完全に応援ポジションに甘んじているわけですが、この漫画に関しては、これはこれでいいのでしょうね。

個人的には、つっちーが御木くんペアと宮大工くんペアに、自分達の分も頑張ってくれとエールを送るシーンで、振り返らずに黙って手を上げて応える宮大工くんが好き。


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20161220

2016-12-12

[][][](20161212) 彼岸島 48日後… 第101話「アマルガム19:50 (20161212) 彼岸島 48日後… 第101話「アマルガム」を含むブックマーク (20161212) 彼岸島 48日後… 第101話「アマルガム」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さん・鮫島様・勝っちゃん、そして途中で船から逃げ出してたネズミも合流し、さらに亡者となった勝っちゃんの母親(吉川さん)を案内役にして、鮫島様の弟・精ニが捕まっているという金剛様のアジト明治屋ホテル」へと向かいます。

途中の関所で彼岸島からやってきた吸血鬼を尋問する明さん達ですが、そこで吸血鬼の口から、金剛様の秘密が明かされる…!



というわけで今週は、今まであまりよくわかってなかった金剛様の秘密が明らかになるのですが、箇条書きでまとめると大体こんな感じでした。


(1) 金剛様はアマルガム*1だった。


(2)変なパーツがうじゃうじゃ生えてきてピクリとも動かなくなったので、ゴミ捨て場に捨てられちゃったけど、実は生きてた。


(3)「こんな醜い身体じゃ雅様を守護(まも)れねェ!」と、余計なパーツを自ら斬りおとし、ただの肉塊に。


(4)近くにいた吸血鬼から彫刻刀を借りて、自らの身体を、雅様を守護(まも)るに相応しい姿…金剛力士像の形に彫り上げる。



いやあ、なんだか壮絶ですねえ金剛様。自らの余計なパーツを切り落とし、雅の為に相応しい形を作り上げる…。大した忠誠心ってヤツです。


それだけに、吉川さんを7回もアンチエイジングして、亡者に仕立てたゲス部分が、余計に見えちゃってしょうがない。

この部分がなければ、金剛様も斧神様みたいな「敵ながらカッコいいボスキャラ」ポジションでいられたのになあ…。もったいない。

そういえば金剛様、チ●コの部分もちゃんと彫刻刀で作り上げたんでしょうかね?まあそうしないとセックルできないしなあ…。



まあ、鏡も資料も見ないで、彫刻刀で金剛力士像を作り上げるとか、金剛様どんだけ天才なんだよとか、そもそも居合わせた吸血鬼がたまたま彫刻刀持ってるとかご都合主義的過ぎにも程があるだろ!などなど、ツッコミどころを挙げたらキリが無いのですが

彫刻刀に関しては、本土の人間でも、都合よく読唇術が使えるモブキャラとか出てきてましたから、多少はね?





●そして、2週間に一度のお楽しみ!ショートアニメ彼岸島X」の第5話が公開されちまった!



D


…が、個人的には今週はそんなことよりも



手品先輩の乳首券が発行されちまったから、ちくしょう!!


やはり巨乳キャラには巨乳輪が映えますな…。なるほど、よう考えちょる。



*1:他の吸血鬼の血を意図的に注射する事で驚異的なパワーアップを遂げた混血吸血鬼。大抵は拒絶反応が起きて死にますが、運よく生き残ると邪鬼もビックリの超凄ェ戦闘能力を得るかわりに見た目がグロくなります。今までだと雅・師匠・斧神様・まり子がこれに当たります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20161212

ブログランキング【Bloking】
人気blogランキングへ
BS blog Ranking