天カジblog このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

HP日々是好日 天からカジメ!にて使用しているblogです。
※当blogおよびHPの文章を丸パクリして、無断で他サイトに掲載する行為は禁止させて頂きます。

11345280

2016-06-27

[][][](20160627) 彼岸島 48日後… 第81話「飛べない」  19:19 (20160627) 彼岸島 48日後… 第81話「飛べない」 を含むブックマーク (20160627) 彼岸島 48日後… 第81話「飛べない」 のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さんは、途中で知り合ったショタ勝次(勝っちゃん)と共に、雅様の居る東京への行き方の手がかりを掴むため、芦ノ湖へ。そして芦ノ湖に浮かぶ海賊船で人間達を率いているもう一人の救世主鮫島様というタコ頭のオッサンと出会い、意気投合。

 その後鮫島様と明さんは、鮫島様の弟・精ニを救出するため、邪鬼“死神”の居る船に乗り込みます…が、あんまり大した成果を得られないまま、死神が起きて暴れだしやがったので、慌ててとんずら。ところが死神の野郎が追っかけてきやがった!しかもなんか空とか飛んでやがる!

明さんと鮫島様、そして船内に潜んでいた勝っちゃんは、3人で力を合わせて、死神をぶっ殺すことにしたのでした。



やったぜ!みんなの力をひとつに合わせて、ついに巨大丸太槍で、死神の野郎を串刺しにすることが出来たぞ!凄ェ!

…まあ、ご丁寧に死神が弱点のチ●コを丸出しにしてたり都合よく死神が槍の上に落ちてきたりと、ご都合主義過ぎにも程があるんですが…やめんか!これはゴクウブラック先生ェが接待下手なだけなんじゃ!



とはいえ、死神も邪鬼のはしくれ。槍で身体を貫かれた程度ではそうやすやすとは絶命しない。必死に飛び立とうと身体をバタバタさせようとしやがる。

しかし悲しいかな。そこまでの力はもう残されていない。するとソレを見かねたのか、明さんが現れた!

…って、なんだか美味しいところにひょっこり出てきますねこの主人公は。

まあ、ぶっちゃけ今回の死神は、鮫島様と勝っちゃんの2人が実質倒したようなもんだしな(′・ω・`)



明さんが「今楽にしてやるよ」介錯役を買って出た事に、なんと死神の目から涙が…!

なんかアレですかね?“敵ながらあっぱれ”的な流れに無理やり持っていこうとしてませんか?スコットランド先生ェ…。相変わらず接待が下手っ…!



そして…。
















ザンッ











勝った!!第3部完!!



明さんが義手ソードで、死神の首を一刀両断して、ついに決着…!

明さんの義手ソードの長さで、死神の首を斬るには短すぎるじゃねェかとか、義手ソードの斬れ味良過ぎだろとか、そもそも死神がグースカ寝てるうちに首チョンパすればよかったんじゃねェかとか、突っ込みどころは色々有りますが、やめんか!みんなで倒した方が物語が感動的になる…気がするんじゃ!



こうして、ようやく死神が死んだので、次週からはついに新展開に突入しそうな彼岸島

もういい加減金剛様が待ちくたびれて、バターになっていないかが心配なんじゃ!



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20160627

2016-06-26

[][][](20160626)あなたをダメにするばぶばぶプレイ 癒しの赤ちゃんがえりトレーニング 14:16 (20160626)あなたをダメにするばぶばぶプレイ 癒しの赤ちゃんがえりトレーニングを含むブックマーク (20160626)あなたをダメにするばぶばぶプレイ 癒しの赤ちゃんがえりトレーニングのブックマークコメント

人生、生きていると、つらい事とか、悲しい事とか、有りますよね。

皆さんは、日々の過酷な社会生活を送っているうちに


「ああ…毎日生きるのが大変だなあ・・・たまには赤ちゃんみたいに思いっきり甘えてみたいなあ」


などと思った事はあるでしょうか?

これは、そんなあなたのやさぐれた心を、擬似的な赤ちゃんプレイを体験する事により、優しいママがぜ〜んぶ受け止めて、やさしく甘々に癒してくれる。そんな音声作品です。



あなたをダメにするばぶばぶプレイ 癒しの赤ちゃんがえりトレーニング

あなたをダメにするばぶばぶプレイ 癒しの赤ちゃんがえりトレーニング



疲れた 甘えたい ママが欲しい バブバブしたい

ここはそんなあなたの為の大人授乳室・回帰堂

ヴァーチャル赤ちゃんプレイで禁断のABDLの扉を開きましょう

(※ABDLとはAdult baby 大人の赤ちゃん Diaper lover おむつ愛好家の略)


初めての赤ちゃんプレイでもご安心ください

インストラクターのいろはママがあなたを赤ちゃんの世界に誘います

3つのトレーニングであなたを心の底から赤ちゃんへと帰します

是非ベビー服着用でお聴きください


◎収録内容一覧

それぞれBGMなしver.とオルゴールメリーver.を用意しました。

お好きな方をお聞きください。

1.プロローグ

2.ママからのお願いと注意

3.トレーニングその1

「赤ちゃんになりきろう!」赤ちゃんの仕草をまねまね ガラガラ お着替え おむつ着用

4.トレーニングその2

「おっぱいとちっちの時間」 授乳手コキ 白いおちっこいないいないばぁ

5.トレーニングその3 

カンガルーケアと黄色いおちっこ」 カンガルーケア ハイハイ 抱っこ お漏らし キス

6.おまけ

(DLsite 作品内容紹介ページより引用)



作者のいろはの赤ちゃんさんは、赤ちゃんプレイをこよなく愛していらっしゃるだけあって、シナリオ内容は、赤ちゃんとしてこんな事を言われたら嬉しい!というツボを絶妙に付いた、かゆいところに手が届く仕様。素晴らしい作品に仕上がっています。


そして、おっぱいの大きな「いろはママ」が(説明書によるとバスト111cm!だそうですよ)

可愛さを残しつつも、溢れんばかりの慈愛に満ちた優しい声(CV:秋野かえでさん)で、あなたを大きな赤ちゃんへと誘ってくれます。

「赤ちゃんプレイは興味があるけど、ちょっと抵抗もあるし、恥ずかしいな…」と思っているそこのあなたも、この音声を聞いているうちに、徐々に心がほぐれ、気が付けばどっぷりと甘い甘い赤ちゃんプレイの世界へとはまり込んで、精神的にとっても満足する事でしょう。

そういう意味では、催眠音声に近いものがあるかもしれません。

(というか、体験版の時点で、すでにものすごい甘々ボイスです…。)



直接的なHシーンは、トレーニングその2の授乳手コキぐらいとやや控えめですが

この作品は、肉体的なストレートな性欲よりも、精神的な満足感に主眼を置いているところがあります。


大きな大人の赤ちゃんになりきり、「ママー!」と大きな声を出したり、ハイハイしたり、おむつを穿かされたりなど、弱いところを全てさらけ出したあなたの姿は、旗から見たら情けない姿に見える…かもしれません。

でもいろはママは、そんなあなたを否定したり、拒絶なんてしません。

情けない泣き声を出すあなたの事を

「がんばれ♥がんばれ♥」「えらいいえらい♥いい子いい子♥」などと、たくさん褒めてくれて

赤ちゃんになったあなたの全てを、たっぷりの愛情で受け入れてくれる。

そんないろはママの母性が本当に素晴らしいのです…。

ああ…聖母様や…(;´Д`)


赤ちゃんプレイに興味のある方は、ぜひとも聴いておくべき作品じゃないかと思います。

また、普通に音声を聞くだけでも素晴らしいのですが、おむつを穿いたり、よだれかけを着用したりなど、ベビー用品を用意する事により、更なる没入感を得ることが出来るでしょう。



●おまけ




あまりにも素晴らしい作品だったので、Pixivでついついカス子で、いろはママのイメージ画像を作ってみちゃいました。

収録されてない内容のプレイ画像も作っちゃってますが(とくに最後)…まあ2次創作ということで。




あなたをダメにするばぶばぶプレイ 癒しの赤ちゃんがえりトレーニング

あなたをダメにするばぶばぶプレイ 癒しの赤ちゃんがえりトレーニング

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20160626

2016-06-20

[][][](20160620) 彼岸島 48日後… 第80話「串刺し」  19:04 (20160620) 彼岸島 48日後… 第80話「串刺し」 を含むブックマーク (20160620) 彼岸島 48日後… 第80話「串刺し」 のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さんは、途中で知り合ったショタ勝次(勝っちゃん)と共に、雅様の居る東京への行き方の手がかりを掴むため、芦ノ湖へ。そして芦ノ湖に浮かぶ海賊船で人間達を率いているもう一人の救世主鮫島様というタコ頭のオッサンと出会い、意気投合。

 その後鮫島様と明さんは、鮫島様の弟・精ニを救出するため、邪鬼“死神”の居る船に乗り込みます…が、あんまり大した成果を得られないまま、死神が起きて暴れだしやがったので、慌ててとんずら。ところが死神の野郎が追っかけてきやがった!しかもなんか空とか飛んでやがる!

明さんと鮫島様、そして船内に潜んでいた勝っちゃんは、3人で力を合わせて、死神をぶっ殺すことにしたのでした。




前回、勝っちゃんがおとり役を買っているうちに、鮫島様は巨大な斧で、マストを斬り倒すことに成功。そして巨大丸太槍と化したマストを一人で持ち上げやがった!凄ェ!


さあ、あとは死神の野郎をこいつで串刺しにするだけ…と思っていたら、さっそく死神が急降下してきやがった!

ちょww今はまだらめええええ!!まだ準備できてないからああああ!という叫びもむなしく、そのまま突撃!


このシーン、よーく見ると、巨大丸太槍ごと、明さんと鮫島様の体が浮き上がってやがる…。なんたる衝撃!!

しかもなんてこった!今の衝撃で巨大丸太槍が倒れてきて、鮫島様の腕が巨大丸太槍の下敷きになっちまった!

気力を振り絞って、もう一度持ち上げようとするも、力が入らねェから、ある程度の高さまでしか持ち上げられねェ!


ちくしょう…ここまでか…。

しょせん人間は、強大な邪鬼相手には勝てねェのか…。ちくしょう…。

















お、お前ら…。


「へへっ、鮫島様」

「俺たちの居場所も結局ここしかないんです、この船を守るためなら一緒に戦いますよ」


なんだよこの「お前ばかりいいカッコウはさせないぜ」と言わんばかりの、ベッタベタだけど、クッソ熱い展開は…。

ちくしょう、こんな熱い流れ…嫌いじゃないェ!


もっとも、戻ってきた連中のなかに、コップ持って女部屋に聞き耳たてて、スコスコしてたネズミの野郎の姿はありませんでしたけどね!

あいつは猿空間行きでもしたんスかねえ?



こうして、みんなのパワーを丸太に込めて…。立った立った!!丸太が立った(意味深)

なんというか、謎の感動が押し寄せてきますね。


さあ、後は死神の野郎を叩き落すだけなんですが…ここで勝っちゃんが明さんに向けて、拳銃を投げつけてきた!

っていうか、地味に勝っちゃんの肩とコントロールが化け物じみていやがるから、ちくしょう!!

コイツは将来のプロ野球界も明るいェ。


そして、拳銃を受け取った明さんは、何の躊躇もなく…死神の弱点目掛けて、狙撃!!




ええ…(困惑)



いや、なんとなくうっすら感付いてはいましたよ。いましたけど…。



お前弱点そこかよォ!!



というか、死神もアレですよね。

目の前に、自分の脅威になりうる武器が用意されてるのに、あんまり攻撃してきません

弱点を狙うべく銃口向けられてるのに、弱点を隠すことなく、無防備にプカプカ浮かんでる

チ●コを撃ち抜かれて、都合よく巨大丸太槍めがけて落っこちてくるし…。

そして見事に死神の身体が貫かれて…。串刺し!!



いやあ、今週のラスト3ページは酷いな。輪をかけて酷いな。

今週のヤンマガに出張掲載されてた「中間管理録トネガワ」の、利根川先生の言葉を借りるならば…。


………

間違いない………

この彼岸島という漫画… 接待が下手………!

そもそもいい漫画とは…………もっとギリギリ……!

実力が均衡しているように見せつつ…最後の最後ギリギリで勝つのが

最も読者をいい気分にする方法………!

この漫画…ガチンコを装ってはいるが…

とどのつまり… (読者を)子ども扱い…!

馬鹿にされている気分……



もはや利根川先生が、今週の彼岸島の展開を皮肉ってるようにしか見えてこねえから、ちくしょう!!



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20160620

2016-06-15

[][](20160615)キャプテン翼 ライジングサン 第36話 四面楚歌 18:21 (20160615)キャプテン翼 ライジングサン 第36話 四面楚歌を含むブックマーク (20160615)キャプテン翼 ライジングサン 第36話 四面楚歌のブックマークコメント

マドリッドオリンピック本大会予選・日本vsアルゼンチン戦。

“厳密には反則だが審判のフエは鳴らず”というキャプ翼特有の定番テンプレによって、ディアスがマラドーナ張りの神の手ゴールを決めて2−0と大きく勝ち越します。


余談になりますが、キャプ翼内でディアスが神の手ゴールを決めた数日後、現実世界のコパ・アメリカ2016において、ペルー代表のルイディアス選手がブラジル相手に神の手ゴールを決めてブラジル予選敗退という、とんでもないブーメラン展開が起きました。


D



なんだこれは、たまげたなぁ…。ルイ“ディアス”神の手ゴールとか、完全に予言じゃないか…。

やっぱりYOO1先生は持ってますわ。サッカーの神様ですわ…。

まあブラジル負けちゃったので、YOO1先生のやる気が削がれたんじゃないか心配ですけど(′・ω・`)



そして、前回のラストで、翼が逆方向に撃ったシュートを、日向が撃ち返すという、豪快なカウンターシュートが、アルゼンチンゴールを襲いました。

ガルトーニさんも一歩も動けなーい!

まあ、必殺シュートの破壊力は、ワールドユース編での、サンターナのゴールデンイーグルショットの時点で「下手にキーパーがシュートに触ったら、手が複雑骨折する」レベルでしたからねえ。あんなやばそうなシュートに触れようもんなら、手がどうなっちゃうか分かったもんじゃない。

おそらくガルトーニさんだって、所属クラブから許可を得て召集されてる身なんでしょうし、こんな所でケガなんかしたら、そりゃ所属クラブがブチ切れちゃいますからね。さすがにケガのリスクが高まるようなプレイは出来ないのかもしれません。


というわけで、翼と日向のカウンターシュートで1点を返した日本なんですが、持ち上げられてるのはなぜか翼ばかりだったり、「ゴールしたボールを素早くセンターサークルに戻すんだい!」と、ここぞとばかりにアピってる新田を見てると、なんだかなあという気になります。

特に新田!お前が本来目立つところはそこじゃねえだろwwww 

やっぱりコイツはジョアン監督に弟子入りすべきだなあと改めて思った。



追いつかれてやべーと焦りだしたディアスは、遠いところからドライブシュートを放つものの、これは若林ががっちりキャッチ。

久しぶりにディアスのドライブシュートが見れたのは嬉しいのですが…。うーん。ここなんですよね。

なまじGKが若林だと、ペナルティエリア外のシュートはほとんど防いで無効化しちゃうので、ディアスのドライブシュートも、ガルバンのガルバン砲もそうですが、ロングシュートが大したアピールにつながらないんですよね。

せめてGKが若島津かSGGK森崎だったら…。これは相手チームにとってはつらい所です。



最後は、翼相手にディアス・パスカルきゅん・OA枠DF2名の4人がかりで取り囲むシーンで次回へ…って、これ明らかに翼のアピールタイム展開じゃないか…。

ディアス確変祭りは終了しちゃったのかなあ。悲しいなあ。



あと、キャプ翼が伊藤園とコラボしてたっぽいので、健康ミネラル麦茶を買ってスペシャル漫画を読んできましたよ。


意外なアイツが出てきて翼と競演したりとか、ガキんちょ相手に全力ロングシュートをぶっ放す大人気ないリーガエスパニョーラのMVPとか、南葛小時代の翼がロベルトと一緒に、ペットボトル入り麦茶を飲んでるのは時代背景的におかしくね?とか、色々と見所のある内容でした。


それにしても、麦茶持ってる翼のユニフォームが、セルティックのユニに見えちゃってしょうがない(′・ω・`)



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20160615

2016-06-14

[][][](20160614) 彼岸島 48日後… 第79話「怪力」 16:30 (20160614) 彼岸島 48日後… 第79話「怪力」を含むブックマーク (20160614) 彼岸島 48日後… 第79話「怪力」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さんは、途中で知り合ったショタ勝次(勝っちゃん)と共に、雅様の居る東京への行き方の手がかりを掴むため、芦ノ湖へ。そして芦ノ湖に浮かぶ海賊船で人間達を率いているもう一人の救世主鮫島様というタコ頭のオッサンと出会い、意気投合。

 その後鮫島様と明さんは、鮫島様の弟・精ニを救出するため、邪鬼“死神”の居る船に乗り込みます…が、あんまり大した成果を得られないまま、死神が起きて暴れだしやがったので、慌ててとんずら。ところが死神の野郎が追っかけてきやがった!しかもなんか空とか飛んでやがる!

明さんと鮫島様、そして船内に潜んでいた勝っちゃんは、3人で力を合わせて、死神をぶっ殺すことにしたのでした。



前回のラストで、おとり役を買って出た勝っちゃんに向けて、死神が急降下!!明さんがロープを引っ張るが、果たして勝っちゃんは助かるのか…って、生きてたー!!


そして勝っちゃん、心配してた鮫島様に「人の事ァいいからハゲ、アンタはマストを倒せよ」と毒づいてやがる。なんて逞しいガキんちょなんだ…。

現実世界でも、置き去りにされた後1人で山を歩き、一週間生き延びるという、ファブルもびっくりのたくましさを見せ、世界中でニュースになった大和くんなんてのもいましたし、まったく、最近のガキんちょは凄ェなぁ。日本の未来は明るいェ。



そして再び、マストをバカでけェ斧で切り倒す鮫島様。

その間、何度か死神がジャマしようとしますが、明さんが追っ払っているうちに…倒れた!ついにマストが倒れた!!



鮫島様「よし!!これで槍になる!!

槍というよりはまるで大きな丸太だな


丸太発言キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


この丸太発言は、おそらく“最近の彼岸島丸太成分が不足してんなぁ、つれェなあ”という読者の心情を察した、手品アイスデブ先生ェのファンサービスなのでしょう。この丸太への配慮、超助かる!!



さて、この切り出した巨大マスト…いや、巨大丸太ですが、ここで勝っちゃんが鮫島様に対して「とっとと持ち上げろやハゲェ!」なんてぬかしてやがる。

ちょっと待ってくださいよ勝っちゃん。いっくらなんでも、あんなバカでけェ巨大丸太槍を、たったひとりの人間が持ち上げるなんて、そんなムチャな事ができるわけないだろ!あとさっきから勝っちゃん、ハゲハゲ連呼し過ぎィ!



なんてこった…!鮫島様本当に持ち上げやがった…!

もうこれ、明らかに人間技じゃないっていうか、オリンピック重量挙げで余裕で金メダル取れちゃうだろ!ってレベル。


そりゃ勝っちゃんも「すげぇ…すげぇよハゲ…」って。メスの顔になって褒め称えますわ(′・ω・`)




というかショタがメスの顔になって、男根メタファーに対して「すげぇ…すげぇよ」と言ってるシーンって、なんかエロいっスね。

あと、やっぱりハゲハゲって言い過ぎだから、ちくしょう!



さあ、おとり作戦も成功して、巨大丸太槍のスタンバイも完了した。あとは死神が急降下して、こちらに襲い掛かってくるのを待つだけ…!

そろそろ死神戦も終わらしてくれないかなあ〜。頼むよ〜。


そして死神を飛び上がらせるため、ピストルを乱射しまくる勝っちゃんマジ勝っちゃん。




あれれ。おかしいなあ。主人公であり百戦錬磨である明さんが、ここ最近ちっとも目立ってないぞ…?



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20160614

2016-06-09

[][](20160609)背すじをピン!と鹿高競技ダンス部へようこそ 5巻 21:23 (20160609)背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ 5巻を含むブックマーク (20160609)背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ 5巻のブックマークコメント

第2回 次に来るマンガ大賞コミックス部門で大賞を獲得!した、すじピンの第5巻です。


今回は全国大会に当たるオールジャパン・ジュニアダンススポーツカップ」に向けての、一週間の合宿がメイン。

前回の大会での反省点を踏まえつつ、つっちーとわたりちゃんが、自分達だけのオリジナル必殺技を作ろうとして、素人目線であーだこーだしている所が、実にほほえましいです。この二人はほのぼのして見られますねえ。



でまあ、特別コーチが出てきたり、部長とリオ先輩、八巻パイセンと秋子先輩の関係に、微妙な変化が見えてきちゃったりするのですが…。

そんな中で一人存在感を増しているのが…藤田ひらり!!


いやー。コイツがですね。回を追うごとに、どんどん素が出てきて、ムードメーカーになってきているんです。先輩相手にも物応じせず、メチャクチャ生き生きしていやがるんです。

間違いなく、5巻で一番輝いていたキャラだと思います。

個人的には、ひらりんがパートナーに飢えて「男をくれェ〜」などと訴えてるコマとかほんとすこ。



…それから、今回はリオ先輩がメチャクチャヒロインしてました。

ヒロインしてて、かわいいんですけど…なんというか…この…(詳細は読んでみてのお楽しみ!)



あとは、冒頭およびオマケ漫画での、宮大工くんの残念なイケメンっぷりがいい感じですね。回を追うごとにどんどんいいキャラになっていく。

そしてそんな残念なイケメンに振り回されて、顔とか赤らめちゃう柏さんがマジ可愛い。






トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20160609

2016-06-01

[][](20160601)キャプテン翼 ライジングサン 第35話 「逆転」への賭け 21:11 (20160601)キャプテン翼 ライジングサン 第35話 「逆転」への賭けを含むブックマーク (20160601)キャプテン翼 ライジングサン 第35話 「逆転」への賭けのブックマークコメント

マドリッドオリンピック本大会予選・日本vsアルゼンチン戦。

“厳密には反則だが審判のフエは鳴らず”というキャプ翼特有の定番テンプレによって、ディアスがマラドーナ張りの神の手ゴールを決めて2−0と大きく勝ち越します。

この展開には、アルゼンチンの勝利を予想してたロベカロさんもニッコリ。

お前はそんなに他人の金で飯を食うのが好きなのか(′・ω・`) レアルでタップリ金貰ってそうなのに。



とは言えこのままでは終わらないだろうと、ブラジル代表の面子が見守る中、日本の反撃。

身長の高さを生かして、翼がディアスとのボールの奪い合いを制するんですが…ここで問題のシーンです。


翼(うっ…で…でも アルゼンチンはディアス以外は完璧にこの2点リードを守りに来ている

FW登録のアグインがここまで戻って守備をし

おれのパートナー岬くんにはパスカルが密着マーク

前線の日向くんにはボランチだったはずのガルバンガマンマークについている

パスコースがない…!!)


おい新田が完全にハブられてるじゃないか(´;ω;`)


ポジション的には、明らかに翼より前に居なきゃおかしいはずなのに、全く一体何をやってはがr…と思ってたら、しびれを切らせた翼が(だったらここは1人で行くしかない!!)とドリブル突破をはかってるじゃないか。あーもうめちゃくちゃだよ。 これ軽くイジメ入ってるんじゃね?というレベルに見えてきた。



そして最後は、翼がゴールと逆方向に撃ったシュートを、日向が撃ち返すという、なんだか夢のある展開に。

ここはガルトーニさんの腕の見せ所ですが…前半は何気にいいプレーを連発してただけに、ここもそれなりな見せ場を作って欲しいなあ(′・ω・`)



スギウラスギウラ 2016/06/02 12:09 こうなったら新田に代えて若島津投入しかない!でも若島津FWコンバートを言い出したのは乙武さんだったっけ...

スギウラスギウラ 2016/06/02 22:20 日向のシュートが決まったら、TV観戦していた肖がまた「素晴らしい龍(虎?)だ!」とか言うんでしょうか?肉眼ならともかくTVの画面越しでも龍が見えるというのはどうなんだろう・・・

KAJIMEKAJIME 2016/06/05 00:41 >スギウラさん

そういや今大会本選になってから、まだ出番ないですねえ、キエーおじさん。
肖は「カウンターシュートのシーンが出てきたら、龍がどうたらこうたらわめく役」として確立されつつあるので、引退後、サッカー中継の解説役に引っ張りだこになりそうですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20160601

2016-05-30

[][][](20160530) 彼岸島 48日後… 第78話「おとり」 19:37 (20160530) 彼岸島 48日後… 第78話「おとり」を含むブックマーク (20160530) 彼岸島 48日後… 第78話「おとり」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さんは、途中で知り合ったショタ勝次(勝っちゃん)と共に、雅様の居る東京への行き方の手がかりを掴むため、芦ノ湖へ。そして芦ノ湖に浮かぶ海賊船で人間達を率いているもう一人の救世主鮫島様というタコ頭のオッサンと出会い、意気投合。

 その後鮫島様と明さんは、鮫島様の弟・精ニを救出するため、邪鬼“死神”の居る船に乗り込みます…が、あんまり大した成果を得られないまま、死神が起きて暴れだしやがったので、慌ててとんずら。ところが死神の野郎が追っかけてきやがった!しかもなんか空とか飛んでやがる!

明さんと鮫島様、そして船内に潜んでいた勝っちゃんは、3人で力を合わせて、死神をぶっ殺すことにしたのでした。


明さんたちが考えた、死神を倒す作戦は、大体こんな感じです。


勝っちゃんがおとりとなって、死神の注意を引きける


●その間に鮫島様が、バカでけェ斧で、海賊船のマストを切り倒す


●切り倒したマストを使って、死神の身体を串刺しにする(具体的なやり方は不明)


文章でまとめると、さもありな作戦に思えてきますが、実際に漫画になってみると、もう突っ込みどころしかありゃしねェ!

ちょっと勝っちゃんのおとり作戦、クッソ適当すぎやしませんかねえ…?


たとえば、明さんと鮫島様が、おとり役の勝っちゃん目がけて、死体をバンバン海にブン投げてるんですが

投げた死体がロープからずり落ちることなく、キレイに勝っちゃんの元に向かっていったりとか



というか隻腕のはずの明さんが、両手を使って死体を投げてるじゃないか(呆れ)

義手は添えるだけとか、どこのスラムダンクだよ、ちくしょう!



鮫島様がマストを斧で斬ってるシーンで「くっ、このマストかてェ!」とか言ってるんですけど

日常の「このカボチャかてぇ! 」を思い出して吹いた。


D


とはいえ、危なっかしいですけど、何とかおとり作戦は形にはなってるみたいですね。

最後のページで、死神が勝っちゃんめがけて急降下(ダイブ)してるんですが、まあこれはたぶんギリギリで、かわせたんじゃないかなあ…と思われます。

さすがの黄泉天輪ホルアクティ先生ェも、いたいけな子供をぶっ殺すほど、無慈悲ではない…と信じたいェ。




トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20160530

2016-05-23

[][][](20160523) 彼岸島 48日後… 第77話「槍」 19:26 (20160523) 彼岸島 48日後… 第77話「槍」を含むブックマーク (20160523) 彼岸島 48日後… 第77話「槍」のブックマークコメント

彼岸島は「週刊ヤングマガジン」で連載されていた、吸血鬼が住む島彼岸島を訪れた主人公宮本明たちの戦いを描いた、スタイリッシュ丸太アクションホラーギャグ漫画です。


現在は、第3部?に当たる「48日後…」シリーズがはじまりました。

雅(マサ)率いる彼岸島吸血鬼達が持ち込んだ、吸血鬼ウイルスを媒介した蚊の猛威によって、崩壊した日本。

法も秩序も無い、吸血鬼達が跋扈する荒れ果てたこの地に現れた、片足を引きずり、顔に傷を持つ、左手1本で丸太をぐわしと掴む救世主…。

その名を、宮本明!!



明さんは、途中で知り合ったショタ勝次(勝っちゃん)と共に、雅様の居る東京への行き方の手がかりを掴むため、芦ノ湖へ。そして芦ノ湖に浮かぶ海賊船で人間達を率いているもう一人の救世主鮫島様というタコ頭のオッサンと出会い、意気投合。

 その後鮫島様と明さんは、鮫島様の弟・精ニを救出するため、邪鬼“死神”の居る船に乗り込みます…が、あんまり大した成果を得られないまま、死神が起きて暴れだしやがったので、慌ててとんずら。ところが死神の野郎が追っかけてきやがった!しかもなんか空とか飛んでやがる!



なんてこった!翼が生えた死神の野郎が、空から急降下して船を襲って、人間どもをバクバク食い散らかしてやがる!生き残った人間たちは、クモの子を散らすように泳いで逃亡を図りますが、鮫島様はハァハァ言いながら苦虫を噛み潰しています。


鮫島様「ふざけんな、俺の船を奪われてほっておけるか

あの船は俺の唯一の自分の居場所だったんだ

俺以外にも他に行き場のない奴等が集まってきて、ちょっとした一つの家族のようだったんだ

みんな逃げちまったけど、俺は背を向けん、あれは俺の船だ」


ちくしょうクソかっけェよ鮫島様!責任感の強いリーダーの鏡だぜ!

でまあ、鮫島様は明さんに、死神相手に共闘を持ちかけてくるわけです。

明さんはあんまり乗り気じゃ無さそうなんですが、死神がどこまでも追いかけてくるしクソめんどくせェからなのか、しぶしぶ了承。



明さん「幸い今、死神は食事に夢中だ、潜って奴の背中側から船に上がろう」


食事に夢中って…今死神が食してるのは、鮫島様が家族のように思ってる連中なんだよなぁ…。ちょっと明さん薄情過ぎんよぉ〜。



…と言うわけで、潜って船に近づく明さんと鮫島様。

鮫島様の泳いでるポーズが、どう見てもビートたけしコマネチ!のポーズにしか見えねェ!と思わずつっこみたくなりますが、いざ船上へ!と上がろうとしたら、なんとそこには勝っちゃんの姿が!!

この勝っちゃん超助かる!!というか、明さん達が来なかったらどうするつもりだったんだ勝っちゃん(′・ω・`)



そして死神を倒すための武器として“壁にたてかけてあるバカでけェ斧で、看板のマストを切り倒して、それを槍替わりにして死神を串刺しにしようぜ!”などと、とんでもねェ事を言い出す明さん。

というか、ナチュラルに明さんがバカでけェ斧を持ってるんですがそれは。しかも片手で(′・ω・`)


こうして鮫島様バカでけェ斧を使ってマストを切り倒す役を、勝っちゃんが死神のおとり役を買って出ます。

明さんが「おとり役が必要だな」と言った瞬間、表情がパアアアと明るくなる勝っちゃんマジ可愛い(;´Д`)


明さんは…たぶんマストをブン投げて死神に突き刺す役なんだろうなあ。相変わらずムチャするェ。




…さて、今週の彼岸島本編はこんなところですが、先週ついに彼岸島がふたたび映画化されることが判明しました。

2016年10月15日公開だそうですよ。

注目のタイトルは…彼岸島デラックス」



D


デ…デラックスか…。なんだかものすごいモノが付きましたね。なんというセンス。

なんかすごくB級映画臭がする(′・ω・`)


どうやら内容はドラマ版に準拠してて、明さんの前に吸血鬼と化した兄貴が、ラスボスとして立ちはだかる…。

って、マサの存在が完全にスルーされてやがるから、ちくしょう!


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20160523

2016-05-18

[][](20160518)キャプテン翼 ライジングサン 第34話 神の手 20:24 (20160518)キャプテン翼 ライジングサン 第34話 神の手を含むブックマーク (20160518)キャプテン翼 ライジングサン 第34話 神の手のブックマークコメント

マドリッドオリンピック本大会予選・日本vsアルゼンチン戦。

0−1と日本がリードされた状態での後半開始直後…ですが、早くも試合が動きます。

フりーになったディアスがジャンピングボレー。若林が「身体のどこかに当たってくれぇ」と森崎イズムを発揮してかろうじてはじきますが、そのこぼれ球に飛び込んで、ヘディングで押し込んで追加点!

「身体のどこかに当たってくれぇ」がまた出てきましたね(今大会通算2回目)。

世界のSGGK若林源三からも、技をパクられる森崎も、すでに世界レベルのGKだった…!?

まあ、森崎自身は今大会、全く出番無いけどな!!



でもこの得点シーン、よーく見ると、頭で届かないってんで、ディアスの手がボールに…。

おそらくこれは、元ネタとなったマラドーナ神の手”を再現したものだと思いますが…っていうかまんまですね。

でまあ、若林が「ざけんな(゚Д゚)ゴルァ!今あいつハンドしてたでしょうがっ」などと猛抗議するんですが、審判どもはちゃんとその瞬間が見えてなかったので、そのままゴールと認めちまいます。


何たる糞ジャッジ!と言わんばかりのシーンですけど、まあ、キャプテン翼の世界には「厳密には反則だが審判のフエは鳴らず」という名言もありますし、仕方ないね(′・ω・`)

2点目がゴールと認められた直後の、ディアスのしてやったりな所は、色々と賛否両論有りそうでは有りますわな。少なくとも意図的に手を出してたって事ですもんね。個人的には“思わず手が出てしまった”レベルに留めといたほうが良かった気もしますけどね。



その前の、わざと大きく前線に蹴りだしたら、コーナーフラッグに跳ね返るってヤツは、なかなか良かったですね。

いままでのキャプ翼だと、納豆とか、ミカエルくんとかがやりそうな技ですけど、まあ確かにディアスでもやりうるな、と。

パスカルきゅんも一緒に走ってますし、やっぱりこれもメチャクチャ練習してたんでしょうかね。想像すると色々と妄想が広がりそうではありますね!

まあ「コーナーフラッグ命中大作戦」というネーミングセンスはどうかと思いますが、まあYOO1先生だしな(′・ω・`)



いずれにせよ、ディアスの追加点で0−2とさらに失点してしまった日本。さすがにこのまま日本を負かすとも思えんので、やっぱり引き分けぐらいには持っていくのか、やっぱり翼にバカスカ点とらせて逆転させちゃうのか…。

今大会、翼はあんまり表立ったド派手な見せ場が有りそうで無いっぽい感じですので、そろそろやらかしそうな予感。






スギウラスギウラ 2016/05/18 22:48 ロベルトが3-2で日本の勝ち!と予言(笑)しちゃってますからね。
若林が簡単に失点するのも見たくないけど、現実のネタをそのまま持ってくるのもどうかと。複雑。
逆転負けをくらったディアスに、試合終了後さわやかコメントをさせてフォロー、かな?
そういえば以前こちらで、ベンチメンバーが一人多い!と指摘したら、コミックではしっかり修正されてた。陽一先生見てますか?(自意識過剰)

スギウラスギウラ 2016/05/18 23:22 追加です。ディアスが劇中さかんにセリフでフェイントしてますが、スペイン語で叫んでも翼と井川(曽我)以外に通用するのか?ナポリに移籍するらしいから勉強したイタリア語?ならば日向と葵(赤井)以外に通用するのか?(笑)無印ではこのあたりがリアルで「通訳する若林君」なんてのが登場しましたが、それ以降はフィクション扱いなのかな?

KAJIMEKAJIME 2016/05/22 16:08 >スギウラさん

>若林が簡単に失点するのも見たくないけど、現実のネタをそのまま持ってくるのもどうかと。複雑。

何気に若林が2点のリードを奪われてるのって、珍しいですねえ。
連載で間違ってたのを、単行本でさらりと修正するのは、こういう漫画じゃ良くある事ですね・・・。


>ディアスが劇中さかんにセリフでフェイントしてますが、スペイン語で叫んでも翼と井川(曽我)以外に通用するのか?

基本普通にペラペラしゃべってて、会話が成立してますよね。
日向がイタリアに移籍する際に、通訳を用意してた気がしましたが、きっと黒歴史(汗)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k-tozawa/20160518

ブログランキング【Bloking】
人気blogランキングへ
BS blog Ranking