Hatena::ブログ(Diary)

フェンシングつれづれ このページをアンテナに追加 RSSフィード

お問い合わせはメールフォームでお願いします。

2017-12-16 全日本団体戦2日目

[][]全日本団体戦2日目

 まさか、福井県越前市のHPに出てるとは想定外だったw

○男子フルーレ団体

・1回戦 秋田クラブ 45V−24 武生高 宮城クラブ 45V−22 福井クラブ

     慶應義塾大 45V−25 福島クラブ

・2回戦 日本大 45V−25 宮城クラブ 別府翔青高 45V−21 秋田クラブ

準決勝 法政大 45V−24 別府翔青高 警視庁 45V−30 日本大

・3決  日本大 45V−37 別府翔青高

・決勝  法政大 45V−29 警視庁

法政大は2年連続7度目の優勝。二年連続五冠統一

○女子サーブル団体

・1回戦 秋田市役所 45V−42 和歌山東高

・2回戦 法政大   45V−32 秋田市役所

準決勝 東京女子体育大 45V−42 日本体育大 早稲田大 45V−42 福井クラブ

・3決  日本体育大 45V−28 福井クラブ

・決勝  早稲田大  45V−31 東京女子体育大

早稲田大は初優勝。関東二部での優勝というのもあまり記憶にない)

 なお、女子サーブルカンクンGP 男子サーブルカンクンGP

2017-12-15 全日本団体戦開幕

[][]全日本団体戦開幕

◎第70回全日本フェンシング選手権団体戦(12/15、越前市・AW−Iスポーツアリーナ

 案の定、FJEも含めて速報してくれてないし。流してくれるのがスポ法と、関学スポーツと、早スポのみ。

女子フルーレ団体

・1回戦 福島クラブ 28−45V 京都きっず 北上翔南高  9−45V 東京女子体育大

     聖霊短大付高 45V−35 FKG

・2回戦 法政大   45V−36 聖霊短大付高

準決勝 和歌山北高 45V−32 秋田市役所 法政大 45V−41 日本体育大

・3決  秋田市役所 45V−29 日本体育大

・決勝  法政大   45V−30 和歌山北高

1回戦で福島クラブは京都きっずに、北上翔南高は東京女子体育大に、2回戦で聖霊短大付高は法政大に敗れる。

男子エペ団体

・1回戦 宮城クラブ 17−45V 自衛隊体育学校 北上翔南高 34−45V 大垣南高

準決勝 自衛隊体育学校 45V−29 法政大 香川クラブ 39V−32 警視庁

・3決  警視庁 45V−33 法政

・決勝  自衛隊体育学校 45V−28 香川クラブ


 フェンシングの福井国体プレ大会を兼ねた第70回全日本選手権団体戦は15日、福井県越前市AW−Iスポーツアリーナで開幕し、男子エペ女子フルーレが行われた。男子エペでは、福井クラブが2回戦で敗れ、8強入りを逃した。

 17日までの3日間、男女各3種目でトーナメント戦が繰り広げられる。

 男子エペには24チームが出場。福井クラブは1回戦で日体大に45―35で勝利。2回戦は日大相手に序盤リードしながらも逆転を許し、40−45で惜敗した。北陸高は1回戦で敗退。自衛隊体育学校が優勝した。

 28チームが出場した女子フルーレは、福井クラブ、武生商高はいずれも1回戦で敗れた。法大が頂点に立った。(福井新聞)

香川ク準優勝 強敵の早大や警視庁下す 男子エペ 全日本フェンシング団体戦(四国新聞)

 男子エペには24チームが出場。香川クは1回戦を桜門剣友会に45―36で勝利して勢いに乗ると、2回戦は昨年準優勝の早大12点差をつけて快勝。準々決勝を制し、迎えた警視庁との準決勝は、中盤までリードを許しながらも、終盤に前田が逆転に成功し、後を引き継いだ水口がさらに点差を拡大して決勝進出を決めた。

 決勝は、10日まであった全日本選手権個人を初めて制した山田優ら日本代表を擁する自衛隊と対戦。中盤に大きく差が開く展開となり、悲願の初優勝はならなかった。

 同種目に出場した三本松高は1回戦で警視庁に45−28で敗れた。

作戦通りの展開

 香川ク・前田雄亮選手監督の話 エース水口を中心に作戦通りの試合展開に持ち込めた。練習量豊富な大学生や警視庁など関東勢相手に、地方の社会人クラブがここまでやれたのはうれしい。国体で5位に終わった悔しさを少しは晴らせた。

女子フルーレで秋田市役所3位 全日本フェンシング(さきがけ)

 女子フルーレ3位の秋田市役所は昨年の準優勝に続き表彰台に上がった。安部欣哉監督は「チームの総合力で勝ち取った」とたたえた。

フェンシング全日本フェンシング選手権大会(団体戦) 1日目〜前回大会覇者男子エペまさかの4位 女子フルーレは優勝で今季初タイトル 獲得!〜(スポーツ法政)

2017-12-14 明日から全日本団体戦

[]明日から全日本団体戦

 第70回全日本フェンシング選手権は、明日12月15日より、越前市AW−Iスポーツアリーナ(武生中央公園総合体育館)にて団体戦が行われる。

12/15(金)男子エペ女子フルーレ

12/16(土)男子フルーレ女子サーブル

12/17(日)男子サーブル女子エペ

 ちなみにネーミングライツに入ってる、AW−Iというのはアイシン・エイ・ダブリュ工業本社が越前市で、アイシン・エイ・ダブリュ株式会社は愛知県安城市。

 組合せはこちら会議資料こちら。

翔青高 日本一に照準 全日本フェンシング15日開幕

 フェンシング全日本選手権団体戦は15〜17日、来秋の第73回国民体育大会(福井国体)プレ大会として福井県である。県勢の翔青高は昨年大会、2年生だけのチームでフルーレに出場。社会人大学生を次々に下して4位に入り、今大会はシードとして臨む。全国高校総体インターハイ)の団体フルーレで連覇を果たしたメンバーで戦う最後団体戦。「3年間の集大成として、持てる力を出し切る」と日本一を目指している。

 メンバーは石井主将上野優斗、瓜生陽、梶原三厳(いずれも3年)の4人。1回戦では慶応高(横浜市・南関東代表)と対戦する。順当に勝ち進めば、準々決勝で今年の全日本学生選手権インカレ)2位の中央大準決勝では同1位の法政大に挑むことになりそうだ。

 今夏のインターハイ個人フルーレでも頂点に立ったエース上野は「技のレパートリーが増え、対応力が上がった。強敵が相手でも、勝負強くなった」と自信をのぞかせる。石井は「タイミングや相手との距離の取り方は、3年間で大きく成長した部分。全部ぶつけたい」と気合を入れた。

 「全員が絶好調で迎えられた試合はない。最後なので、しっかり合わせたい」と瓜生。ただ一人、高校から競技を始めた梶原は「最後大会をしっかり戦い、楽しみたい。大学でも続けるので、今後につながる試合にしたい」と話した。

 渡部達郎監督は「社会人大学生は確かに強いが、過去には高校生チームが制したこともある。しっかり準備して頂点を狙う」と力を込めた。

 大分県勢は、同じ男子フルーレに豊府高と社会人のチーム大分男子エペにチーム大分が出場する。

大分合同新聞

・・・すげーな大分県、3チームも出るのか。

 文中にある「高校生チームが制した」というのは、男子東亜学園女子で鼎が浦高(現・気仙沼高)の優勝がある。だから個人戦女子フルーレで、東晟良が優勝したが、「初の女子高生優勝」というよりかは、「初の女子高生個人戦優勝」とすべきかな、と。

2017-12-13 週末は男女サーブルカンクンGP

[][]サーブル・カンクンGPに臨む日本代表

f:id:kammy:20171213182257j:image:left 今週末は、全日本選手権団体戦が行われるが、一方でサーブルのカンクンGPも行われる。このバッティングについては、太田会長も今後はないようにしたい、との趣旨コメントを出しているが、難しいだろうな。。。(全日本団体戦国体リハーサル大会であるので)

 12/15−17開催。

 で、全日本個人戦で優勝した青木選手も、インタビューの中でカンクンGPについて触れていたけども、今週末がカンクンGP.

男子 エントリー126名

HARIMA Ryuta JAPAN

IMAI Yasutomo JAPAN 423 0.0

MIYAYAMA Ryo JAPAN 159 6.0

MORI Shoichi JAPAN

SHIMAMURA Tomohiro JAPAN 138 8.0

STREETS Kaito JAPAN 84 18.5

TOKUNAN Kenta JAPAN 64 25.0

WATANABE Yuto JAPAN 487 0.0

YOSHIDA Kento JAPAN 56 27.5

女子 エントリー127名

AOKI Chika JAPAN 24 62.0

EMURA Misaki JAPAN 16 84.0

FUKUSHIMA Shihomi JAPAN 18 77.0

KIMURA Marino JAPAN 150 6.5

KUSHIHASHI Mayu JAPAN 407 0.0

MUKAE Ayaka JAPAN 142 7.0

TAKASHIMA Risa JAPAN 129 9.0

TAMURA Norika JAPAN 21 67.0

URANO Kana JAPAN 176 4.5

WAKITA Jumi   JAPAN

2017-12-12 全日本個人戦を終えて

[][][]全日本個人戦を終えて

 全日本個人戦も終了。

 観衆1600人、DJケチャップが高円宮杯に続き登場したそうだ。

 SS席の客には、バックステージツアー、なんてのもあったらしい。

 個人的には、集中してみることができてよかったんじゃないか、とは思うけども。

 あとは、FJEのtwitterが珍しく?!仕事早かった、という感じ。

楽しい時間の過ごし方!ミッシングリンク出走と「第70回全日本フェンシング選手権大会(Link-UP)

 LED TOKYOの社長の記事

D

太田会長“現役復帰”エペ競技人口増加へ「全日本出場目指す」(スポニチ

 五輪大会連続メダリスト日本フェンシング協会太田雄貴会長(32)が10日、“現役復帰”を宣言した。東京・駒沢体育館で行われた全日本選手権個人決勝でエペ競技説明をした際に「皆さんにエペを始めてもらいたい。私も始め、全日本出場を目指します」と語った。「競技人口を増やすためには、僕が試合に向けてチャレンジするのも面白いかなと。今の状態では難しいと思うけど全日本選手権で見延選手と対戦したい」と話し、年明けから本格始動するという。

 会長として初めての全日本選手権は、過去300人程度だった観客がこの日1600人の盛況ぶり。サプライズゲストとして水泳五輪メダリスト北島康介氏(35)も登場。会長自らの競技説明やLED照明などを利用した演出も好評で「喜んでいただけたと思う」と話した。(スポニチ)



・・・すげーな。確か高校の時エペやってたんだっけ?

 で、上の記事を踏まえて、仙台市選手権エペ杯(2/10予定)でお待ちしています、って俺のFBで書いたっけ、なんと会長自ら「試合日程調べます」ってwww

(結局、出張があるんでNGだったらしいけど。「来年お待ちしてます」と書こうと思ったが、その出張の内容によっては、来年も同じ理由でNGなんじゃ、とか内心思ったが)。

 ちなみに、この時期ってのは、例年男子フルーレのA大会がドイツである

 それと、高校試験期間にも近い(らしい)んだよな・・・いや、大体2月から3月にかけてじゃないの、とも思ったが。それで宮城県でも出てこない高校があったりするわけで。

 かといって、前倒しすると、関東少年大会とか大学の試験ジャストミートするし、遅くすると試験期間にジャストミートするし、いろいろ難しい。。。)


 というわけで、本日(12/12)の報道ステーションで、全日本個人戦の盛り上げに尽力する太田会長が取り上げられるそうだ。