Hatena::ブログ(Diary)

ARTIFACT@ハテナ系 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

日記一覧 注目エントリー 人気エントリー

2016-07-20

ロードバイクにスタンドをつけない理由

街中ロードバイクのバイクラックだらけになればいいのに - 関内関外日記[↑B]

まさか、goldheadさんの書いたバイクラックの記事が、ここまで盛り上がるとは思わなかった。なんでロードバイクにスタンドつけないの?というブクマコメントが多かったので、その理由を書いておく。

  • ロードバイクはスタンドをつける設計になっていない。余計な負荷がかかるので、スタンドをつけることは推奨されていない。泥よけや荷台用をつけるネジ穴がないのと同じ。ロードバイクのフレームはカーボンや軽量アルミといった素材で軽量化のために堅牢性を犠牲にしているところがある。
  • スポーツバイクは軽いので風で簡単に倒れる。スタンドを使ったら、よく倒れるのは確実。倒れると、スタンドの付け根のフレームにメーカーが想定していない負荷がかかるため、フレームが壊れることもあるだろう。
  • ロードバイクにつけるスタンドはあるにはあるが、先に書いたように規格外の製品なんで、必ずつけられるとは限らない。それにメーカーが推奨してない規格外の製品をつけるのは危険だ。スタンドがつくだろとか言ってる人、時速30〜50km以上の高速で走る乗り物に規格外のパーツをつけて、破損や事故が起きた時に責任取ってくれるの?

ということで、ロードバイク用にバイクラックがあると便利という話になる。また、ロードバイクは非常に軽いため、持ち運んでの盗難がしやすい。そのため、固定物にくくりつける「地球ロック」をするのだが、バイクラックは盗難対策用に地球ロックがしやすい。


自転車による地域振興というのは、三浦半島や瀬戸内海のしまなみ海道、琵琶湖など各地であって、その一環としてバイクラックを置いてあるお店やコンビニの増加がある。相模原市も市の公式サイトで緑区内でバイクラックがある場所の地図があったりする。

緑区内の自転車(ロードバイク)用スタンドの主な設置場所 | 相模原市[↑B]


ともあれ、ブクマコメントを見ていると、とにかく自転車、ロードバイクが嫌いという人が多いんだなーと思った。

自分に不要なものは存在してはいけないと考える人間って死んだらいいんじゃないの? - 今日も得る物なしZ[↑B]

きょうもえさんが自転車嫌いな人をピックアップ。

やまもとすすむやまもとすすむ 2016/07/21 10:38 読んでいて疑問に感じたのですが、そもそもそんな市街地での一般的な使用に耐える
フレームのロードバイクに乗らないのでしょうか?

規格外のパーツ以前に公道での仕様に適した乗り物なのですか?
道交法?の隙間の乗り物(車両)ではないでしょうか?
例)バイクはスピードが出る乗り物だが、スタンドを規格外扱いしていない。

一般の人は自転車脳の人間を理解するつもりはないのではないでしょうか?
あとコンビニ等での水浴びがすごく汚らしいですよ。そして不愉快です。
では

やまもとすすむやまもとすすむ 2016/07/21 10:38 読んでいて疑問に感じたのですが、そもそもそんな市街地での一般的な使用に耐える
フレームのロードバイクに乗らないのでしょうか?

規格外のパーツ以前に公道での仕様に適した乗り物なのですか?
道交法?の隙間の乗り物(車両)ではないでしょうか?
例)バイクはスピードが出る乗り物だが、スタンドを規格外扱いしていない。

一般の人は自転車脳の人間を理解するつもりはないのではないでしょうか?
あとコンビニ等での水浴びがすごく汚らしいですよ。そして不愉快です。
では

とおりすがりとおりすがり 2016/07/23 00:21 >>スタンドがつくだろとか言ってる人、時速30〜50km以上の高速で走る乗り物に規格外のパーツをつけて、破損や事故が起きた時に責任取ってくれるの?
この一文が余計。お前らがスタンドつけろって言ったんだから事故ったら責任取れって?ガキかお前は。
単にロードの駐輪問題の解決にスタンドは不適切だとだけ書いてりゃなるほどねで終わったのに、腐った心根が丸見えじゃないか。

これだからチャリキチはこれだからチャリキチは 2016/07/23 02:24 そもそもレースカー街中で乗り回してるのがおかしいんで街乗りしたいならママチャリ別に買えよ

GreenTopTubeGreenTopTube 2016/07/24 07:32 ロードバイクのスタンドについての話題に、更に注目が集まっていたのですね。
スタンドをつける前提に無い自転車があり、それは世界的にも通常の移動手段として活用されているという事実があり、その周知のためには、こうやって、注目されるというのは一つの段階として大きな意義があると感じます。
欧米等ではスタンド無しの自転車でも快適便利に街中で使えるようにラックが設置されているようです。
これについても日本でも、やや遅れてその文化がやってくることでしょう。現状、コンビニや各施設でもロードバイク対応のラックの設置が進んでいますし、普及段階にあることは間違いありません。ロードバイクをはじめ、スポーツ自転車ユーザーが増え続けているというデータもありますから、施設側としても、そういった消費者の動きに対応することは利益になると判断しているのでしょう。善いことだと思います。

世界的な健康と環境への高まり、都市部への移住が進み続ける昨今。高齢者の免許返納の波も大きくなり続けています。
都市部では自転車と公共交通が便利なので、若者を中心に免許を取得する割合も減っているようですね。その分、学業や他のこと(自転車、スマホ)などにお金を回す。
時代にあわせた合理的なスタンスを選ぶ動きが目立ってきているようです。

一昔前は、病的なほどの自動車原理主義的な異常な思想が社会に蔓延していましたが、昨今は、以前ほどの勢いは見られません。
自転車の価値の素晴らしさに気付く人が増え、自動車から離れる人が増えることは、地域全体、社会全体にとって、環境、安全、効率等の面からしても公益になりますので、積極的に進めていきたいところです。自動車が減り、自転車が増えるほど重大事故も公害も減るという事実は、各国の統計でも証明されている絶対的な現実なのですから。

そして、いま、なぜロンドンやニューヨーク、パリ、オスロ等で自動車を削減し、自転車を増やす政策が推進されているかを調べると、自動車の害、そして自転車の公益性の高さと善良さを改めて痛感するものです。
後進国、発展途上国ほど自動車に執着し、その害悪(排ガスや騒音等環境負荷、重大事故蔓延等安全負荷、渋滞による救急車到着遅延等)に応じた自動車抑制をしていない場合が多い。インド・中国等は重大事故統計からしてもひどいものです。
いっぽう、成熟した先進国ほど排ガスも騒音も出さず、安全で健康的で善良な移動手段である自転車の活用が政策で推進され、人々が自転車を選ぶようになっている傾向は、興味深いものであります。
人々の良識からしても、排ガス・騒音を出さず、占有面積的な渋滞も生まず=救急車等の立ち往生も生まなず、健康増進による医療費軽減効果も高い自転車を選ぶというスタイルは、環境と健康、安全への意識が高まるなか、良心良識、そして費用対効果からしてもひとつの合理的な姿勢であるといえましょう。

これから自動車離れはどんどん進んで、ロードバイクをはじめスポーツ自転車、そして電動アシスト自転車は確実に増え続ける見込みは、統計的にも出ていますので、時代の流れとともにロードバイク用等のバイクラック設置が日本で進むことはほぼ確実でしょう。
欧米でもバイクラック設置はどんどん進んでいますからね。結局、防犯面等を考えても、何かに括り付けるのはもっとも合理的である現実はゆるぎないのですし、ラックがあればスポーティーなスタンド無し自転車の安全な駐輪が実現できる。

日本はどうしても、スポーツ自転車といった先進的な文化への対応が海外より遅れがちです。
しかし、現実として自動車は今後減り続け、スポーツ自転車ユーザーは増え続けていく未来は統計数値の動きとしても手堅く、店側としてもスポーツ自転車用ラックの設置は集客力強化を高める利益になるのですから、ロードバイクユーザーは遠慮なく、施設側に
「こういうラックがあったら助かりますし、仲間もつれていきやすいのですが。これからもロードバイク等の自転車は増えていくでしょうから。」というような旨の主張を伝えていってよいと思います。ある程度アンテナの高い人々はロードバイクの素晴らしさについてよく知っていますし、スタンド等についての事情も知っており、自転車自体の素晴らしさにも理解が深いですが、まだ、そこまで至っていない人もいらっしゃるでしょう。スポーツ自転車ユーザーの我々が文化の伝道者として動くのも、ひとつの社会貢献であることは確かですし、アクションとして実践してよいものでもあると思います。

そうすることによって、ロードバイクに興味を持っているが、まだ購入には至っていない多くの人々、そして現在、健康的でスポーティーなロードバイクを活用されている方々にとっても、利益になる、店や施設側にとっても利益になるのですからね。

弱虫ペダル等の自転車作品の白熱は、自転車好きにとっては嬉しいものです。
ロードバイクの魅力を広く伝えてくださる発信力の高い作品は、大事にしていきたいですね。

そういった面もあり、いま、男女問わず若い方にロードバイクが人気ですが、身体作り、ダイエット、健康増進という点から自転車に夢中になり、ロードバイクに至る中高年の方々も多かろうと思います。私の知り合いでも、健康診断であまりよくない数値が出てから自転車に乗り始め、数値の良化に成功して喜んでいる者がいます。医師でも自転車通勤をするぐらいなのですから。
楽しく、無理なく、毎日続けられる健康習慣として、移動を自転車でするスタイルは、理想的なのでしょう。

自転車による健康増進は地域の環境を改善・向上させ、健康増進効果により医療費軽減効果も高いのですから、ロードバイク、電動アシスト自転車を含めたすべての自転車の活用を、もっともっと広げ続ける社会貢献をしていきたいものです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。