看藝累記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

16年09月30日(金)

二方と三方の道しるべ

郡山城跡のルートの各分岐点に置かれた石柱の道しるべは、跡から置かれた立て札型の道しるべと並んでいる所もある。

f:id:kanototori:20160928234050j:image

向かって右手が満願寺跡、左が本丸、元来た道は郡山公園。三本の矢を矢印にした立て札は三方向の距離も示す。

それより古い石柱は「満願寺跡」「御本丸」の名前のみ。元就に「公」を付けるように「御」が馴染んでいた頃か。

16年09月29日(木)

片面で左右の道しるべ

毛利元就墓所の近くにある嘯岳禅師の墓の手前には、右手の道が墓に通じ左の道が「郡山登山道」と示す道しるべの石柱がある。*1

f:id:kanototori:20160928234101j:image

f:id:kanototori:20160928234058j:image

先に見た本丸手前で「おはか所下り口」の石柱も、その側面には「左 釣井だん 右 本丸」という道の分岐点の案内になっている。

16年09月28日(水)

墓所経由

遠回りではあっても、西にある毛利元就墓所などを巡ってから本丸へ向かう場合、墓所と本丸の距離は800メートル。きりのよい位置に石柱を置いたのだろうか。

f:id:kanototori:20160928234102j:image

f:id:kanototori:20160928234055j:image

本丸に登りつめて、下りる段になってから見かける石柱には「おはか所 下り口」と刻まれた道しるべがある。本丸への距離を示した石よりは古そう。

16年09月27日(火)

本丸までの距離

郡山城跡の最奥部の本丸が最高所ということで、城巡りにしても山登りにしても最も基本的な目的地には違いない。

f:id:kanototori:20160928234046j:image

登山道のところどころに置かれている石柱が本丸への距離を示す。郡山公園方面から少し進んだあたりで「本丸へ五〇〇米」。

f:id:kanototori:20160928234047j:image

f:id:kanototori:20160928234053j:image

だんだん近づいていって「二三〇米」。メートル法なので山岳寺院の参道のように「丁」で区切るほどの古さではない様子。現在だと「米」ではなく「m」か、縦書きの道しるべなら「M」か。

16年09月26日(月)

郡山城跡のベンチ

吉田の郡山城跡の場合、麓の見晴らしは南中腹の郡山公園展望台に任せて、山頂付近の主郭群へ向かう山道はひたすら林立する杉木立。

f:id:kanototori:20160925222625j:image

f:id:kanototori:20160925222626j:image

f:id:kanototori:20160925222627j:image

f:id:kanototori:20160925222628j:image

広めの空間は二ノ丸で、説明板の近くで腰掛けると背後の高まりが本丸跡。本丸に登りつめるとベンチもなく、とくに平坦でもなく、二ノ丸を見下ろして広さを知るためのような位置。