ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

看藝累記 RSSフィード Twitter

2006 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 |

18年03月22日(木)

はてなブログへの移行

長らく*1はてなダイアリーにて更新してまいりました『看藝累記』ですが、

今後ははてなダイアリーに移行しまして『環藝録』*2と名を改めております。

あちらでも同様に細々と更新してまいりますので、時折ご覧いただければ幸いです。

18年03月21日(水)

緑のテープ

建物内の通行禁止の表示には緑色のテープも使われていた。

f:id:kanototori:20180321224457j:image

蛍光色で目立つけれど黄色よりは物々しくない。

f:id:kanototori:20180322000754j:image

一階から3・4階へ行く階段への案内にも緑の養生テープが目立つ。

18年03月20日(火)

室内の見学

そういった見学可能な部屋では、畳の部屋にもトイレにも近づくことができて、懐かしく感じる部分もあったりずいぶんかけ離れた時代のもののようにも感じたりする。

f:id:kanototori:20180321224502j:image

f:id:kanototori:20180320223008j:image

配線など、ところどころ触ってはいけない表示もあったりするが、とりあえず見学者は興味関心の赴くまま見ることに集中する。

f:id:kanototori:20180321224505j:image

ドアが開いていても奥までは入れない部屋には、立ち入り禁止の黄色いテープが張られる。奥の床が一部無い様子が見えるので安全のためか。

18年03月19日(月)

公開された部屋

今は無き京橋会館。

f:id:kanototori:20180320222958j:image

平成23年、取り壊し前の見学会が同年8月14日にあった際に行ってみた(今更感)。

見学者は敷地内や棟内をだいたい自由に巡る。部屋の内部については、何箇所かの部屋が公開されて入って見ることができた。

f:id:kanototori:20180320223005j:image

ドアに貼られた「室内公開中」「靴のままお上がりください」の案内。普段なら靴を脱いで入る所をそのまま進む感触は、体育館が投票所になった時のよう。

18年03月18日(日)

奥に通す札

三滝寺の六角堂は散策途中の休憩所。

f:id:kanototori:20180318215959j:image

入口右手に木の札が立て掛けてあり、「六角堂 静観所 ご自由にどうぞ」と迎える。

f:id:kanototori:20180318220003j:image

同じ場所に10年前に触れて*1以来、新しい時期の写真を持っていない*2

*1http://d.hatena.ne.jp/kanototori/20080710/1215697308

*2:写真の時期はもっと遡る

18年03月17日(土)

立ち入る前に

園内の説明板は高すぎず低すぎず。眺めを遮らずに目線に近い高さに設置される。

f:id:kanototori:20180315225012j:image

f:id:kanototori:20180318214210j:image

立入禁止や土足禁止など、先に進ませない必要のある場所では高さのある立て札では足止めしにくい。足元に表示を置き大きめな字で気づかせる、あるいは柵などで物理的に遮る。