Hatena::ブログ(Diary)

カメラのカズサヤ ブログ

2011-02-28

ブログ引っ越し

| 16:53

若旦那です。

この度ブログを引っ越しする事になりました。

新しいブログはこちらです。

      ↓

http://ameblo.jp/photo-kazusaya/

引っ越し先でもよろしくお願いします(^-^)v

2011-02-25

「HOLGA135」購入♪

| 19:08

若旦那です。

トイカメラの「HOLGA135」を購入しました。

f:id:kazusaya:20110225174628j:image

f:id:kazusaya:20110225174713j:image

トイカメラを直訳すると「おもちゃのカメラ」と言うとおり、良く撮れないのがこのカメラの特徴なんです(^^;)

なので、どんな風に撮れてるかワクワクドキドキで、そこが面白いんですね♪

時間がある時に色々撮ってみたいです(^-^)v

2011-02-21

体験コーナーも新設&かわいいマスキングテープ入荷!

| 18:17

若女将です!

アルバムコーナーを新設しましたが、マスキングテープなどもお試しいただける“体験コーナー”も設けました。

やってみると楽しいですし、出来上がったものをみると想像以上の満足感がありますよ♪

f:id:kazusaya:20110221145315j:image

f:id:kazusaya:20110221145328j:image


無料体験は2Lサイズに切ったペーパーにお持ちの写真を好きなように配置してマスキングテープなどで好きなように飾っていただけます。

私はDSCサイズの写真をおいてみました。

ペーパーや使用するマスキングテープは無料です。

ぜひお店で体験してください♪楽しいですよ^^

f:id:kazusaya:20110221174236j:image

フレームの回りにあるのは今回使用したマスキングテープやコーナーパンチやスタンプです。



加えて、新作のマスキングテープも入荷しましたっ!

若女将が選んだ幅38ミリの極太テープです。

とにかく可愛いっ!!

色違いで揃えたくなるほど可愛いです^^

ぜひ店頭でお試しください。

f:id:kazusaya:20110221145719j:image

1個504円です(税込み)



f:id:kazusaya:20110221170918j:image

早速ケイタイをデコってみました^^

2011-02-14

成人式 ☆ 笑顔がステキ ☆

| 18:37

若旦那です。

先日、成人式の撮影をいたしました。

以前にオーディション用にお撮りした事がありましたので、笑顔の可愛さは折り込み済みでした(^^)

f:id:kazusaya:20110210170434j:image

ちょっとすました顔もいいですね(^-^)


f:id:kazusaya:20110210170943j:image

傘もキマッテます(^o^)v


f:id:kazusaya:20110210172135j:image

やっぱり笑顔がいいネ♪


撮影時間が長くなってしまいましたが頑張ってくれて感謝です(^^)


どうもありがとうございました♪

2011-02-13

「告 白」   湊かなえ 著

| 18:42

若旦那です。


「娘は事故死ではありません。このクラスの生徒に殺されたんです」

という衝撃的なキャッチコピーで映画化された「告白」の原作本を読みました。


あらすじは、「自分の愛する我が子を生徒に殺された女教師が、その生徒に復讐する」という話です。


読み始めは娘を失った悲しみに共感してしまい、あまり読むのに乗り気ではありませんでした。しかし、第一章の最後で女教師の森口が、娘の殺害に関わった二人の生徒への恐ろしい復讐をした所から俄然先が気になり始め、ほぼ一気に読んでしまいました。


読了後の感想としてはスッキリ感と後味の悪さがブレンドした奇妙な感覚でした。森口の復讐により二人の生徒は悲劇的な末路を辿ります。殺人という人の命を奪い愛する人を奪う事の罪の重さ、つまり物であれば弁償が出来ますが人の命はどんな事をしても戻って来ない、どんな事をしても償え無い、それほど罪深い行為が殺人なのです。これが過失であり犯人もその罪を悔やんでいるならまだしも、故意に行いしかも罪の意識も持っていない、そのな相手を少年法という裁きに委ねず自ら凄惨な復讐をした森口の行いには共感を持ちました。これがスッキリ感です。


そして、後味の悪さですが、復讐のために当の二人の生徒を苦しめただけでなく、それぞれの母親を故意にしろ成り行きにしろ死に至らしめてしまい、その家族や愛する人達に自分が味わった喪失感を与えてしまった事です。それなのに森口にはその罪の意識が無い。これではあまりにも身勝手過ぎるのではないだろうか?まさに復讐は憎悪の連鎖。殺人と復讐を考えさせられる一冊でした。


f:id:kazusaya:20110213183649j:image