ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

イヤーマフ・耳栓 完全マスター

2112-07-07

耳栓まとめ

1、騒音に対するお手軽で低コストのツールは、耳栓である。









2、耳栓の購入先は、ドラッグストア、100円ショップ、ホームセンター、東急ハンズなどいろいろあるが、遮音性能の高いものをいろいろ試したい場合は、通販のお試しセットがベスト。





3、最強遮音性能は、MOLDEX(モルデックス)のCamo(カモ)だといわれているが、少し固めなので、装着感がよく、遮音性能も高い Spark(スパーク)やPura-Fit(ピュラフィット)の人気も高い。




Camo(カモ)

SPARK(スパーク)

PURAFIT( ピュラフィット)



4、耳栓だけでもの足りない場合は、イヤーマフとの併用をすれば遮音効果は高まる。

おすすめのイヤーマフは、3M(ペルター)のH10A。

Amazon.com でも人気のあるイヤーマフ。




イヤーマフ H10A



楽天市場のレビューと評価


3M(ペルター)のH10A は、遮音性能は高いのだが、その分、側圧(ヘッドバンドが頭を押さえる力)は、強め。側圧が強く感じる人は、ヘッドバンド(金属部部分)を少しだけ広げて、使用するようにする。

また、最近では、側圧が調整できる防音イヤーマフもある。



ハスクバーナ 防音イヤーマフ


遮音性能は、H10Aより落ちるが、装着感を重視する人には、向いた機種である。

楽天市場 での評価も参考に。






5、遮音性能の高いヘッドホン(QZ99)を耳栓と併用する方法もある。



KOSS QZ99


ヘッドホンから流れる音で、マスキング効果にもなり、気になる音をまぎらわすのにも適している。


※KOSS QZ99は、外界からの音の遮断能力は、非常に高く、音源をある程度流せば、外の音は、聞こえなくなる。

ただ、注意点もある。

1、遮音性を重視するあまり、側圧が強く、装着感に影響する。また、重い。(質量420g)

2、インピーダンスが高めの為、ポータブルオーディオなどでは、ヘッドホンアンプが必要となる場合もあり。




マスキングに使う音源は、試聴してみて、自分に合ったものを選択しよう。



マスキング音源(Amazon)


自然音(Amazon)



参考サイト→ 耳栓 イヤーマフ おすすめ 防音対策




ライフハック ブログランキングへ

2111-07-07

イヤーマフ(防音タイプ)まとめ

1、イヤーマフ(防音タイプ)でよく売れているのは、3M(ペルター)のH10A



イヤーマフ H10A



アメリカの Amazon.com での人気も高い。

遮音性能トップクラス。つけ心地もまあまあ。


楽天市場のレビューと評価


*元々、H10Aは、ペルターというメーカーの商品。現在は、3Mブランドとして販売されている。


2、ただH10Aは、外では使いにくい。(見た目とカップが大きい為) 外で使う場合は、ハスクバーナーのイヤーマフがいい。



Husqvarna(ハスクバーナ) イヤーマフ




ハスクバーナのイヤーマフは、NRR25と遮音性能は、少し落ちるが、軽量であり、締め付け感も少ないタイプ。

公式サイト によると質量は、232g。


デザインもH10A よりいい。

Amazon.com でも評判が高い。


※注意  Amazon.co.jp では、ハスクバーナーのイヤーマフが出品者によって、ページが分かれてしまっています。

まとめておきましたので、ご参考に。

ハスクバーナーのイヤーマフ オーバーヘッドタイプ



遮音性能が最強のイヤーマフが欲しい人はコレ



3M Peltor イヤーマフ X5A (並行輸入品)


これは、比較的、新しい製品。NRR31のイヤーマフで、遮音性能は最強。

Amazon.comでも非常に評価が高い。


この機種の欠点としては、カップの厚みが結構あるのと、重い(355g)というところである。



イヤホンとの併用を考えている人には、いい選択であるかも知れない。

楽天市場 でも購入できるので価格を比較するといいだろう。



3、3M(ペルター)のH540Aは、H10Aとほぼ同じ性能。




商品説明には、H10Aの後継機種と書いてある場合が多いが、性能はほぼ同じ。

ちがいは、2点。

本体重量は、H540A(285g)がH10A(265g)より、少し重い。

低音を防ぐ能力は、H10Aが優れており、高音を防ぐ能力は、H540Aが優れている。

参考→ イヤーマフ 防音 比較 資料

イヤーマフ選択の際の参考→ 防音イヤーマフ 本音の話

2111-07-06

耳栓 + イヤーマフよりも

耳栓 + イヤーマフよりも


1、耳栓 + 密閉型ヘッドホン(状況によっては、ノイズキャンセリングヘッドホン)



2、カナル型イヤホン + 防音イヤーマフ



の方が防音効果が高い。


「耳栓だけで防音効果が足りないときは、イヤーマフとの併用が効果的です。」



確かにそうだけど、


上の1と2の方が、効果が高い。


もちろん、音を流した場合。音のマスキング効果ってすごいのさ。


この音は、気に入ったものがいいと思うけど、音のとぎれがないものがいいね。




最近は、色々なマスキング音源をダウンロードもできるようにもなった。試聴も可能なので、自分にあった音源を選択できる。


マスキング音源(Amazon)


自然音(Amazon)




下のサイトで、どんな耳栓、密閉型ヘッドホン、イヤーマフがいいかをまとめてあるので、参考にしてね。



耳栓の遮音性能比較: http://mimisen.life.coocan.jp/2mimisenhikaku/


最高遮音性能のヘッドホンをさがす: http://mimisen.life.coocan.jp/kossqz99/


イヤーマフ・防音・遮音性能比較: http://mimisen.life.coocan.jp/earmuff/




1や2よりもすごいのは、最強の騒音対策 だ。


みんな、これでがんばってください。

応援してるぜ。

2016-12-14

語学リスニングに最適なイヤホン〈両耳タイプ)


茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン ちょんまげ君


大抵のイヤホンには、キャビネットの音抜き穴というものがある。これは、音の抜けを作ることによって、伸びのある音にする為あるのだが、この商品〈ちょんまげ君)は、音抜き穴をなくした構造となっている為、密閉感ということでは、最高峰であろう。

その為、音漏れも少ない。

さらに、人の声の領域が良く聞こえるようにチューニングされている為、語学のリスニング向きと言える。


語学初心者の頃は、英語などの他言語における日本語にない子音などは、非常に認識しにくい(聞き取りにくい)。

ましてや、デジタル化されたものなどは、データ圧縮などで、音域がカットされているものもある。


よって、実際に対面で外国人と話すのがもっともリスニングを鍛えるのにいい方法であるが、費用もかかる。


よって、このイヤホンを使えば、聞き取りにくい音とかも聞こえやすくしているので、リスニングの勉強にはいいのではないかと思う。


5000円以下という価格もお手頃だ。

例えば、このイヤホンを語学学校が推奨イヤホンとして学校で販売するとしたら、1万円くらいで売るだろう。

このイヤホンは、マーケットが下手で、あまり売れていない。

このメーカーの他の商品が売れているので、マーケットに力を入れていないだけかも知れないが。


また、筆者は受講したセミナーの音源をたくさん所有している。で、それを聞く際にも人の声がクリアに聞こえるので,重宝している。

教材のDVDを見る時に使ったり、オンラインセミナーを受講する時にも使えるのでいい。


音楽を聞くには、向いていないイヤホンであるが、

1、遮音性能が高い

2、人の声をクリアに聞くことが出来る

3、コスパがいい

この3点でおすすめできる機種である。

2016-12-13

イヤホンの遮音性能を上げるためにコンプライを使う


コンプライ T-400 ブラック Mサイズ 3ペア HC17-40101-04


イヤホンの遮音性能アップの方法としては、Moldexの耳栓の素材を使って、チップにしてしまうという方法がある


参照ページ: 耳栓改良・カナルイヤホン改造のページ


上のページに必要な工具ややり方が書いてある。

必要な工具は、皮ポンチ、皮ポンチの下敷、ピンセット、エアチューブ で合計2000円位で収まる。

あとは、素材の耳栓だが、

アマゾン などでは、50ペア単位で買うと2000円以下で買える。


時間があって、手先が器用で自分なりのアレンジを加えたものを作りたいという方は、チップの自作に挑戦するのもいいだろう。

単純計算だが、コンプライの既製品(Tシリーズ)は、6ペアで4500円ほど。自作は、最初は、失敗があったとしても、40ペアは、作れるだろう。

ただ、自作は、手間暇かかる、作成者によって、クオリティに差が出るという欠点もあり、既製品の選択肢の方が合っている人も多いだろう。


コンプライの商品は、持っているイヤホン(あるいは、今後購入予定のイヤホン)が使えるかどうかの対応表が有るので、まず適応しているモデルを探す。

コンプライの対応を調べるページ(by eイヤホン)


次に、基本のTシリーズか、2009年頃に販売開始された(耳垢ガード付)TXシリーズを選択。

※TXシリーズの方が高いが、イヤホンのノズルに耳垢が入りにくい構造になっている。

後は、あなたの耳穴の大きさに合わせて、S・M・L のサイズから選ぶという形である。


このサイズ選択だが、今までイヤホンチップを単独で購入したことがない方は、自分の耳穴サイズはわからないだろう。

よって、いきなり3ペアセットとかを購入すると全部、使えないという可能性が出てくる。


よって、バラ売りで1ペアだけ買うというのもいい方法である。

楽天市場 では、コンプライのバラ売りがお試し用としていろいろな販売者が出している。


エントリージャパン という会社がコンプライ製品の国内の正規代理店であるので、安心を買いたいという方は、こちらから購入すればいい。

少しでも安くということであれば、 並行輸入品 という選択肢もある。

これで購入して、試してみて、サイズが合えば、次はまとめて注文すればいいし、サイズが合わなければ、次は、サイズを変更するということをすればいい。

また、コンプライは、素材がウレタンであり、使っているうちに反発力が落ち、遮音性も落ちてくる。

よって、2〜3ヶ月ごとに交換が推奨されている。

2016-12-12

会話を聞きたい時の耳栓 SUREFIRE(シュアファイアー) ソニックデフェンダー ウルトラ EP7



SUREFIRE(シュアファイア) イヤーマフ ソニックデフェンダー ウルトラ 28dB EP7-BK-MPR


騒音下の作業や射撃場などで、聴覚保護の為に耳栓を使用していて困ることがある。

人との会話やアナウンスを聞かなければならないなどの場合に、聞き取りにくい為、耳栓を外さなければ聞こえないということだ。

それで外したら、今度は、肝心の聴覚保護ができなくなる。

そこで、人との会話ができて、アナウンスなども聞こえる。そして、防音もしっかり行えるのが、ソニックでフェンダー ウルトラだ。

ソニックディフェンダーは、耳穴に挿入するタイプである。


また、このウルトラの場合、素材は、ポリマー樹脂を使用しており、



このような耳栓で使われているものと同じである。


この耳栓の色を変え、形を変え、中心部に空洞のある軸を埋め込んでいるという構造である。

この空洞の端にはキャップがついており、開け閉めによって、音を聞こえやすくしたり、聞こえにくくしたりする。


この耳栓は、会話などは聞こえるため、人の声を防音したい人には、全く向いてない商品である。


・普段は、イヤーマフで防音しているが、夏の暑い時は、使えないので困っている。

・会話やアナウンスなどの必要な音を聞き取る際に、耳栓を何度も付けたり外したリするのが、面倒だ。


こういった方が、ソニックディフェンダーを使うといい。


あと、いろいろな種類が出ている。〈ウルトラ、スタンダード、プラス)

まず、最初におすすめするのが、ウルトラ。

たいていの耳穴に上手くフィットするようになっている。

また、上にあった黄色い耳栓(イヤーウイスパー、EAR CLassic)をしたことがあって、特に問題なかったら、ウルトラも特に問題ないはずである。

スタンダードとプラスは、キノコ型〈フランジ型)なので、サイズがしっかり合ってないとフィット感がなく、使えない可能性がある。

通販で買う場合は、試着も不可能なので、ウルトラにしておけば、無難かなと思う。

2016-12-11

プレジデントという名前のイヤーマフ〈ペルター)



PELTOR 防音イヤーマフ NRR26 プレジデント



このイヤーマフ、アメリカの Amazon.com で高評価なのではあるが、日本では正式に販売されていない。

現在、このペルターブランドは、3Mから販売されているのだが、3Mジャパンでは、取り扱っていないからだ。

だから、上のリンク先のレプマートも海外からの輸入品であるかと思われる。



ペルターブランドでは、




このH10Aが有名で、かっての人気・実力ともにナンバーワンだった商品。


このH10Aを元に、高級なイヤーマフとして作られたのがプレジデント(ペルター)である。


まず、H10Aのイヤーパッドは、スポンジが中に入っているが、プレジデントは、液状ジェルが入っており、装着感が良くなっている。


また、色、デザインなどに高級感を持たせると同時に、イヤーカップの厚みを薄くした。

その分、NRR26となり、数値上の遮音効果は、落ちている。

が、実際に試してみた筆者の感想ではあるが、H10Aとプレジデントの遮音性能の差は、体感できないほどである。

よって、プレジデントは、装着感、カップの厚み、遮音性能のバランスの取れた商品であり、おすすめ出来る商品だ。


現在、日本では、まだ知られていないが、アメリカの Amazon.com の 高評価を見れば、なんで、日本で正式に発売されていないのか、不思議に思える商品である。

2016-12-10

側圧の調整機能があるイヤーマフ ハスクバーナー


イヤーマフ〈防音タイプ)の購入を検討している方は、まず、どのくらいイヤーマフが防音するかについて調べるのではないだろうか?

そして、少しでも防音性能が高いものはないかと考えるだろう。


筆者の遮音性能が高いイヤーマフとして、一番のおすすめは、3Mのイヤーマフ X5A〈NRR31 国内正規品)。

NRR34やNRR37のイヤーマフも存在するが、実際に装着してみるとX5Aとあまり変わらないので、国内サポートなども含めて、X5A〈国内正規品)がいいだろう。


しかし、X5Aは、少し重い。顔をはさむ圧力もしっかりある。


では、X5Aの遮音性能が欲しいが、少し軽いイヤーマフがいいということであれば、




Husqvarna(ハスクバーナ) プロフェッショナル ヘッドバンド式 防音イヤーマフ


がいいのではないだろうか、X5Aより軽いし、側圧を調整する機能もついている。


肝心の遮音性能は、NRR25となるので、

耳栓(Moldexなど)との併用をする。


遮音性能をイヤーマフX5A単独の場合と比べると

Moldexの耳栓とハスクバーナーのイヤーマフを併用した場合 > 3M イヤーマフ X5A 単独


のように併用の方が、遮音性能は高くなる。


よって、

長時間使いたい、軽い方がいい、横からの圧力〈側圧)を調整する機能がついていた方がいい、耳栓の併用も考えている。


場合だと、

このハスクバーナーが選択肢として一番いい。

側圧を調整する機能は、ハスクバーナーにしかない。


目立たない外観〈色目、カップの厚みも平均レベル)なので、外でも使いやすいが、折りたたみは出来ない。

欠点としては、イヤーパッドの交換部品が販売されていないこと。

まあ、たとえ、売られていたとしても2000円〜3000円くらいするだろうから、それなら、商品本体の価格の半分以上になる。

パッドを長持ちさせるためには、汗などがついたら、固く絞ったぬれタオルなでで拭いておくことを心がけるようにしよう。保管については、直射日光の当たらない場所に保管する。筆者は、この方法で3年ほど問題なく使っている。

汗が付いたのを長時間放置、で次使う時にパッドが劣化していたということにならないように注意しましょう。

2016-12-08

イヤーマフ遮音性能NRR37のスゴイやつ



ブローニング 防音イヤーマフ HRD ヒアリングプロテクター



ブローニング(Browning)というメーカーは、アメリカの会社で銃やライフル、ショットガン、それに関連する商品を販売している。

その一つがイヤーマフなのだ。


f:id:kdreak:20161208053442p:image

From Browning.com〈出典:ブローニングのHPより)


Amazon.com での評価も高い。


アメリカのAmazonでは、30ドル以下(3500円以下)で買えるが、日本では、7000円以上する。


日本で人気がないのは、誰も紹介しないし、値段が高いということにある。


銃を作っているメーカーだから、モノはいい。

楽天市場 でも取り扱い有り。



重さは、約227g。(楽天市場のページに記載されている)


NRR37という称号のイヤーマフを手に入れたければ、これだ。


で、3MのイヤーマフX5A とどちらがいいか言われれば、X5Aの方をおすすめする。


理由は、


X5Aは、値段がこなれている。

X5Aは、NRR31だが、ブローニングのNRR37の遮音性能とで体感はあまり変わらなかった。

パッドのソフトさがブローニングよりいい。(これは、個人差があるだろうが。)

バンドの伸縮幅が、X5Aの方が長く取れるので、西洋人より頭の大きめの日本人に向いている。

カップ内の空間が広く、イヤホンとの併用がしやすい。


ただ、射撃で動き回るのだったら、ブローニングNRR37のイヤーマフをおすすめする。

X5Aは、カップが大きいため、機動性は、あまりよくないのである。

2016-12-06

カフェなどで使う目立たないイヤーマフ

カフェで使えるイヤーマフを紹介する。

カフェで集中する為にイヤーマフは、有効である。

耳栓はお手軽だが、さっと装着できるイヤーマフも便利だ。



Howard Leight イヤーマフ L0F


Howard Leight (ハワードライト)は、イヤーマフや耳栓を昔から作っている老舗のメーカーだ。

本体の色は黒で、カップの厚みは薄め。

折りたたみ可能で、持ち運びにも便利だ。

現在、上のリンクだと送料込みで3000円以下で買えるので、非常にお買い得になっている。(以前は、5000円以上した時期もある。)






ぺルター製イヤーマフ H515 ブルズアイI ブラック


元々は、射撃用のイヤーマフ。

銃床が当たらないように、イヤーカップの下部が少しスマートになっている。


色は、レッドとミリタリーグリーンと黒があるが、カフェで使うならば、黒がいいだろう。


こちらも折りたたみが可能。


値段的には、上のハワードライトのL0Fが3000円で買えるので、そちらの方がコストパフォーマンスはいい。

こちらのブルズIは5000円以上しますので、デザインが気に入ったら、こちらを購入してもいいかなという感じですね。