ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

イヤーマフ・耳栓 完全マスター このページをアンテナに追加 RSSフィード

2112-07-07

耳栓まとめ

1、騒音に対するお手軽で低コストのツールは、耳栓である。









2、耳栓の購入先は、ドラッグストア、100円ショップ、ホームセンター、東急ハンズなどいろいろあるが、遮音性能の高いものをいろいろ試したい場合は、通販のお試しセットがベスト。




3、最強遮音性能は、MOLDEX(モルデックス)のCamo(カモ)だといわれているが、少し固めなので、装着感がよく、遮音性能も高い Spark(スパーク)やPura-Fit(ピュラフィット)の人気も高い。




Camo(カモ)

SPARK(スパーク)

PURAFIT( ピュラフィット)



4、耳栓だけでもの足りない場合は、イヤーマフとの併用をすれば遮音効果は高まる。

おすすめのイヤーマフは、3M(ペルター)のXシリーズ。




3M PELTOR イヤーマフ X5A 国内正規品


上のX5Aは、Xシリーズの中でも遮音性能が最も高い商品。ただ、カップが厚いのと重さが結構あるので、遮音性能ある程度、ほしいけれども、少しスリムなのがいいという人は、




3M PELTOR イヤーマフ X4A 国内正規品


なんかがいいのではないだろうか?


参考ページ: 3M Xシリーズの重さとカップの厚みの比較が分かるページ


3M(ペルター)のXシリーズは、遮音性能は高いのだが、その分、側圧(ヘッドバンドが頭を押さえる力)は、強め。側圧が強く感じる人は、ヘッドバンドを少しだけ広げて、使用するようにする。

また、側圧が調整できる防音イヤーマフもある。



ハスクバーナ 防音イヤーマフ



楽天市場 での評価も参考に。



また、音で音を消すマスキングという手法で不要な音を聞こえにくくすることもできる。


マスキングに使う音源は、試聴してみて、自分に合ったものを選択しよう。



マスキング音源(Amazon)


自然音(Amazon)



参考サイト→ 耳栓 イヤーマフ おすすめ 防音対策




ライフハック ブログランキングへ

2111-07-07

イヤーマフ(防音タイプ)まとめ

遮音性能の優れたイヤーマフなら、3M(Peltor)X5A



3M PELTOR イヤーマフ X5A 国内正規品


いいところ

  • 遮音性能がトップクラス
  • カップ内部の空洞が他機種に比べると大きく、カナルイヤホンとの併用がやりやすい。

悪いところ

  • 重い(長時間使うと疲れる)
  • カップの厚みが大きい
  • ごつすぎて外では使いにくい

悪いところを気にしない人は、X5Aがおすすめです。

気になる人は、同じXシリーズの



3M PELTOR イヤーマフ X4A 国内正規品


などがいいでしょう。

このX4Aは、スリムながら遮音性能もそこそこある機種です。


3M Xシリーズは、いろいろな重さ、大きさのラインナップがあるので、自分の用途にあった機種が見つかるでしょう。


また、イヤーマフには、横から締め付ける力(側圧)が強いですが、これを調整できる機種があります。




Husqvarna(ハスクバーナ) プロフェッショナル ヘッドバンド式 防音イヤーマフ



ハスクバーナのイヤーマフは、NRR25と遮音性能は、少し落ちるが、軽量であり、締め付け感も少ないタイプ。

公式サイト によると質量は、232g。



参考→ イヤーマフ 防音 比較 資料

イヤーマフ選択の際の参考→ 防音イヤーマフ 本音の話

2111-07-06

耳栓 + イヤーマフよりも

耳栓 + イヤーマフよりも


1、耳栓 + 遮音ヘッドホン(ノイズキャンセリングヘッドホン)



2、カナル型イヤホン + 防音イヤーマフ



の方が防音効果が高い。


「耳栓だけで防音効果が足りないときは、イヤーマフとの併用が効果的です。」



確かにそうだけど、


上の1と2の方が、効果が高い。


もちろん、音を流した場合。音のマスキング効果ってすごいのさ。


この音は、気に入ったものがいいと思うけど、音のとぎれがないものがいいね。




最近は、色々なマスキング音源をダウンロードもできるようにもなった。試聴も可能なので、自分にあった音源を選択できる。


マスキング音源(Amazon)


自然音(Amazon)




下のサイトで、どんな耳栓、密閉型ヘッドホン、イヤーマフがいいかをまとめてあるので、参考にしてね。



耳栓の遮音性能比較: http://mimisen.life.coocan.jp/2mimisenhikaku/


最高遮音性能のヘッドホンをさがす: http://mimisen.life.coocan.jp/kossqz99/


イヤーマフ・防音・遮音性能比較: http://mimisen.life.coocan.jp/earmuff/




1や2よりもすごいのは、最強の騒音対策 だ。


みんな、これでがんばってください。

応援してるぜ。

2018-02-12

HOWARD LEIGHT(ハワードライト)という耳栓やイヤーマフを作っている会社

現在は、HONEYWELLという会社がハワードライトブランドを販売している。 ※日本語表記でハワードレイトと表示されている場合もありますが、同じブランドです。

筆者の記憶では、元々、HowardLeightという会社が販売していたが、ブランドを吸収されたということでしょう。



HOWARD LEIGHT(ハワードレイト) イヤーマフ LEIGHTNING L3 NRR30



このイヤーマフL3は、かって、トップの売上を誇った商品でした。今では、4000円代で売られていますが、当時1万円以上で売っている店があったのを覚えています。

ドル円が126円の時代(2006年頃)に25ドルほどで売られていた商品で、アメリカで3000円そこそこで買える商品だったので、日本の価格はぼったくりに近い価格帯と思っておりました。

その当時に既にAmazon.comやイヤープラグストアーがありましたので、個人輸入する人がいたのを覚えています。

実際に個人輸入すると高い送料と届くまで2週間くらいかかるとかいろいろありますが。

ヤフオクとかで、個人輸入したのを5000円位で売っている人とかもいました。


ちなみにこのイヤーマフは、ロングセラー商品なのです。


Spelion → Bilsom → HowardLeight とブランドが変遷しております。

今は、HoneyWELLですが、HowardLeightブランドで販売しているということですね。



HowardLeightブランドは耳栓も用意されています。




この中で、日本で人気のあるのは、当時、最高の遮音性能と言われたMAXと柔らかくて装着感に優れたMAXLightですね。

当時は、Amazon.co.jpでは、耳栓の取り扱いがありませんでしたが、MAXLIGHTは、「アメリカ生まれの耳栓」として100円ショップのダイソーで売られていたので、入手もしやすかったです。

MAXは、東急ハンズとかで買えたので、耳栓を買う為にハンズまで行く人がいた時代でした。


耳栓やイヤーマフというのは、ロングセラー商品が多いですね。逆に新製品がほとんど出ません。

最近では、中華の低価格のイヤーマフなんかが出てきていますが、耳栓は、元々低価格だったので、中華製品は、あまり出回ってきませんが。

2018-02-11

AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB



AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値34dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (ブルー)



SNR34 NRR28でコストパフォーマンスに優れた商品

金属は使用していないとのことなので、絶縁が求められる用途にも向いている。


イヤーマフというものは、どんな商品でも自分に合う、合わないがある。

だから、いきなり、高額なものを買っても合わない時に、返品もできないしというのがあるので、この商品も選択肢の一つにしていい。


3Mのイヤーマフで同レベルの遮音性能だと




3M PELTOR イヤーマフ X3A 国内正規品



になる。

筆者は、両方試してみたが、付け心地は、3Mの方が良かった。

また、元々、ある程度の値段がするものなので、購入してみて、合わなかったら、ヤフオクや、メルカリに出品するというのもありだろう。





AVANTEK 防音イヤーマフ 遮音値36dB 金属なし 耐摩素材 超弾力性ヘッドバンド 耳栓&収納袋付き ANSI S3.19&CE EN352-1認証済み 聴覚保護 (レッド)



こちらがレッド色でブルーよりも遮音性能が高い(SNR36、NRR31)なので、より遮音性能を求める場合は、こちらがいいだろう。


ブルー色

製品仕様

質量:290g  

カップ部厚:75mm  

遮音値:NRR 28dB / SNR 34dB  

イヤークッション外径:100×75mm / 内径:70×45mm



レッド色

製品仕様

質量:300g  

カップ部厚:85mm  

遮音値:NRR 31dB/  

イヤークッション外径:100×75mm / 内径:70×45mm


レッド色の方が遮音性能が高くなる分、厚みが85mm、質量が300gとなる。

中に入っているクッションは、同じサイズなので、外部のカップの部分が遮音性能の違いをもたらしている。

家の中で使うのならば、あまり、厚みは気にしなくてもいいだろう。

また、長時間使う予定ならば、イヤーマフの重さは、軽めの方がいい。

2018-02-02

アマゾンで評価の高い耳栓を調べてみる


耳栓ライブ睡眠イヤープラグフェスバイクいびき 空港 旅行 工事安眠射撃 23DB 高級 防音 3種入携帯ケース付きブラック




TheFitLifeというメーカーが出している耳栓で評価が以上に高かったので調べてみた。

出品者のページを見てみると他の商品も星の付き方に違和感を感じる。



この商品、アメリカのAmazon.com でも同じような評価なのだが、低評価のレビュー もそれなりにある。


結論として、標準的な商品ではあるが、意図的に評価を高くしている感がぬぐえないので、購入の際には、十分に注意していただきたい。

耳の穴は、人によって違うので、高評価がこれだけ並ぶのは、あまりにもおかしいのである。

2018-02-01

耳栓と併用できるBluetoothヘッドホンを探す

耳栓で騒音をある程度、防ぐことが出来ているが、さらに効果を高めたい。

そんな時には、イヤーマフやヘッドホンの併用をする方法がある。

で、今回は、コードレスタイプの密閉タイプのヘッドホンを探したいと思う。


まず、おすすめは、



Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ブラック


予算があるなら、この機種をおすすめする。

ただ、この金額なので、合わなかったら、返品したい。


そういったときは、楽天市場のボーズオンラインストアにて購入すれば、30日間 返品・返金保証 となっているので、こちらをおすすめする。


次に、予算があまりないけど、耳栓と併用するBluetooth対応のヘッドホンがほしいという人は、



TaoTronics 密閉型 Bluetooth ヘッドホン 25時間再生 CVC 6.0搭載 折り畳み式 マイク付き ケース付属 ワイヤレス ステレオヘッドホン TT-BH21


は、どうだろうか?

中華製品であるが、コスパに優れた商品だ。

最近、レビューに怪しいものが多くて、レビューを鵜呑みにするのは、危険なのだが、

ベスト1000レビュアー も評価しているので、信頼性もある。


また、NBD JAPAN が販売する商品に関しては、30日間返品ができる。(2017/2/1現在)


商品レビュー動画もあるので、参考にしてみてください。



D

2018-01-31

アマゾンで売っているイヤーマフについて


3M(ペルター)イヤーマフXシリーズ X4AとX4A-GB について




3M PELTOR イヤーマフ X4A 国内正規品





3M Peltor イヤーマフ 33dB X4A-GB



似た型番でややこしいですね。値段も違うので、どっちを買えば良いのか。

結論から言うと、X4A 国内正規品を買えば、国内の保証が受けられます。並行輸入品が来ることもありません。(来たら、クレーム入れるべきです)

X4A-GBは、国内正規品か、並行輸入品かどちらかは、書いていませんので、出品者によって変わってくるということです。

また、商品は、どちらも同じはずです。後継品とかそういうのではありません。

国内正規品は、3Mjapanが管轄で、並行輸入品は、3Mアメリカが管轄でしょう。

トラブルがなければ、並行輸入品の方が安い場合が多いです。

ただ、なんかあった時に英語でやりとりとかしなければならないということでしょうか?

並行輸入品より高い場合が多い国内正規品を買うことで、国内保証をしっかり受けることができるということですね。

2018-01-07 PUAroom 耳栓 は、どうか? このエントリーを含むブックマーク


PUAroom 高性能耳栓 ライブ用 イヤープロテクター 2ペ騒音フィルター付き



なぜか、Amazonで高い評価の耳栓。筆者は、耳栓に「高性能」という単語を入れている商品を信用しない。

耳栓というものは、耳穴の形状によって、合う、合わないがあるので、万人向けの商品は存在しない。

だから、どんなに高遮音の素材を使った耳栓であろうと、星5という評価は与えにくいものなのだ。

耳栓単独で、完全遮音は、無理というのもある。

レビューも同じような文体で書かれたものが多いので、買って試すまでもない商品。


MOLDEXやハワードライトの耳栓を試したことがないなら、まず、そちらを試した方がいいだろう。

2017-01-10

つぶさずに挿入できる柄付き耳栓



3M 耳栓 ひもあり E-A-R プッシュインス 3184001


本日、紹介する耳栓は、3Mのグリップ(柄)付きの耳栓で遮音性能がトップクラスのプッシュインスという耳栓である。

遮音性能は、NRR30であるが、周波数ごとの遮音性能を見ると



周波数(Hz) 125 250 500 1000 2000 3150 4000 6300 8000 NRR
遮音値(dB) 40.2 39.4 41.0 41.0 37.4 41.1 44.0 48.3 47.3 30




ちなみにNRR33のイエローネオンの遮音性能は、




3M 耳栓 イエローネオン



周波数(Hz) 125 250 500 1000 2000 3150 4000 6300 8000 NRR
遮音値(dB) 35.7 37.7 37.1 36.3 39.9 35.6 39.2 46.3 47.1 33



イエローネオンは、NRR33であるが、ほとんどの周波数域で、NRR30のプッシュインスに負けていることが分かる。


ここから、わかることは、


1、NRRの値は、遮音性能の目安にすぎない。遮音性能を比べる場合は、周波数ごとの遮音性能を比べる方がいい。


2、プッシュインスは、NRR33クラスの耳栓と遜色ない遮音性能を持つ(遮音性能が結構高い)


となる。


グリップ(柄)が付いた耳栓のいいところは、耳栓を丸めたり、つぶしたりせずに装着が可能なので、手袋をしていたり、手が汚れたりしている場合にも装着が可能なところである。


また、スポンジ耳栓の装着に慣れていない人が装着する場合でも、グリップ付きの耳栓なら、容易に、そして、素早く装着したり、外したりすることができる。


逆に、グリップ付きの耳栓の弱点は、装着時に耳穴からグリップが出っ張っているので、寝る時(特に横向きに寝る時)には、向いていないということだ。


あと、筆者の意見ではあるが、装着感で言えば、グリップのないスポンジ耳栓の方がいい。

グリップがスポンジに入っているとそこは固い。

装着者の耳穴の形状によっては、その固い部分が耳穴を圧迫し、違和感が生じる場合もある。


このようなグリップ付きの耳栓のいいところと悪いところを理解すれば、この種の耳栓を最大限に活用できるだろう。