ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

kdreakの耳栓・イヤーマフ日記

2112-07-07 耳栓 まとめ

|

1、騒音に対するお手軽で低コストのツールは、耳栓である。









2、耳栓の購入先は、ドラッグストア、100円ショップ、ホームセンター、東急ハンズなどいろいろあるが、遮音性能の高いものをいろいろ試したい場合は、通販のお試しセットがベスト。





3、最強遮音性能は、MOLDEX(モルデックス)のCamo(カモ)だといわれているが、少し固めなので、装着感がよく、遮音性能も高い Spark(スパーク)やPura-Fit(ピュラフィット)の人気も高い。




Camo(カモ)

SPARK(スパーク)

PURAFIT( ピュラフィット)



4、耳栓だけでもの足りない場合は、イヤーマフとの併用をすれば遮音効果は高まる。

おすすめのイヤーマフは、3M(ペルター)のH10A。

Amazon.com でも人気のあるイヤーマフ。




イヤーマフ H10A



楽天市場のレビューと評価


3M(ペルター)のH10A は、遮音性能は高いのだが、その分、側圧(ヘッドバンドが頭を押さえる力)は、強め。側圧が強く感じる人は、ヘッドバンド(金属部部分)を少しだけ広げて、使用するようにする。

また、最近では、側圧が調整できる防音イヤーマフもある。



ハスクバーナ 防音イヤーマフ


遮音性能は、H10Aより落ちるが、装着感を重視する人には、向いた機種である。

楽天市場 での評価も参考に。






5、遮音性能の高いヘッドホン(QZ99)を耳栓と併用する方法もある。



KOSS QZ99


ヘッドホンから流れる音で、マスキング効果にもなり、気になる音をまぎらわすのにも適している。


※KOSS QZ99は、外界からの音の遮断能力は、非常に高く、音源をある程度流せば、外の音は、聞こえなくなる。

ただ、注意点もある。

1、遮音性を重視するあまり、側圧が強く、装着感に影響する。また、重い。(質量420g)

2、インピーダンスが高めの為、ポータブルオーディオなどでは、ヘッドホンアンプが必要となる場合もあり。




マスキングに使う音源は、試聴してみて、自分に合ったものを選択しよう。



マスキング音源(Amazon)


自然音(Amazon)



参考サイト→ 耳栓 イヤーマフ おすすめ 防音対策




ライフハック ブログランキングへ

2111-07-07 イヤーマフ(防音タイプ) まとめ

|

1、イヤーマフ(防音タイプ)でよく売れているのは、3M(ペルター)のH10A



イヤーマフ H10A



アメリカの Amazon.com

での人気も高い。

遮音性能トップクラス。つけ心地もまあまあ。


楽天市場のレビューと評価


*元々、H10Aは、ペルターというメーカーの商品。現在は、3Mブランドとして販売されている。


2、ただH10Aは、外では使いにくい。(見た目とカップが大きい為) 外で使う場合は、ハスクバーナーのイヤーマフがいい。



Husqvarna(ハスクバーナ) イヤーマフ




ハスクバーナのイヤーマフは、NRR25と遮音性能は、少し落ちるが、軽量であり、締め付け感も少ないタイプ。

公式サイト によると質量は、232g。


デザインもH10A よりいい。

Amazon.com でも評判が高い。


※注意  Amazon.co.jp では、ハスクバーナーのイヤーマフが出品者によって、ページが分かれてしまっています。

まとめておきましたので、ご参考に。

ハスクバーナーのイヤーマフ オーバーヘッドタイプ



遮音性能が最強のイヤーマフが欲しい人はコレ



3M Peltor イヤーマフ X5A (並行輸入品)


これは、比較的、新しい製品。NRR31のイヤーマフで、遮音性能は最強。

Amazon.comでも非常に評価が高い。


この機種の欠点としては、カップの厚みが結構あるのと、重い(355g)というところである。



イヤホンとの併用を考えている人には、いい選択であるかも知れない。

楽天市場 でも購入できるので価格を比較するといいだろう。



3、3M(ペルター)のH540Aは、H10Aとほぼ同じ性能。




商品説明には、H10Aの後継機種と書いてある場合が多いが、性能はほぼ同じ。

ちがいは、2点。

本体重量は、H540A(285g)がH10A(265g)より、少し重い。

低音を防ぐ能力は、H10Aが優れており、高音を防ぐ能力は、H540Aが優れている。

参考→ イヤーマフ 防音 比較 資料

イヤーマフ選択の際の参考→ 防音イヤーマフ 本音の話

2111-07-06 耳栓 + イヤーマフよりも

|

耳栓 + イヤーマフよりも


ー栓 + 密閉型ヘッドホン(状況によっては、ノイズキャンセリングヘッドホン)



▲ナル型イヤホン + 防音イヤーマフ



の方が防音効果が高い。


「耳栓だけで防音効果が足りないときは、イヤーマフとの併用が効果的です。」



確かにそうだけど、


上の,鉢△諒が、効果が高い。


もちろん、音を流した場合。音のマスキング効果ってすごいのさ。


この音は、気に入ったものがいいと思うけど、音のとぎれがないものがいいね。




最近は、色々なマスキング音源をダウンロードもできるようにもなった。試聴も可能なので、自分にあった音源を選択できる。


マスキング音源(Amazon)


自然音(Amazon)




下のサイトで、どんな耳栓、密閉型ヘッドホン、イヤーマフがいいかをまとめてあるので、参考にしてね。



耳栓の遮音性能比較: http://homepage3.nifty.com/earplugs/2mimisenhikaku/


最高遮音性能のヘッドホンをさがす: http://homepage3.nifty.com/earplugs/kossqz99/


イヤーマフ・防音・遮音性能比較: http://homepage3.nifty.com/earplugs/earmuff/




,筬△茲蠅發垢瓦い里蓮最強の騒音対策 だ。


みんな、これでがんばってください。

応援してるぜ。

2016-02-12 マツコの知らない世界 耳栓編を見て 

本音で話そうと思う。

なぜ、耳栓マニアとして遠藤諭(さとし)さんが呼ばれたかについてだが、


2003年に先見日記に書かれた耳栓マニアの記事を「マツコの知らない世界」の番組スタッフが見て、オファーをしたんだと思う。


ただ、遠藤諭さんが、これ以降に耳栓の記事を書いていないようだし、最近の耳栓のことに興味がなかったのかも知れない。



紹介された耳栓は、サイレンシア レギュラー とかイヤーホリデイ とか粘土タイプのシリコン耳栓とか。




最近の流行である MOLDEXの耳栓 の紹介がなかった。


テレビには、尺の問題もあるので、紹介しなかったのかもしれないが、今、日本で一番売れている耳栓を紹介しないのは、どうかなと思う。


これは、筆者が耳栓についての記事を書くためにいろいろ調べたり、実際に使ったりしているから、わかったことであるが、テレビの情報は、必要な情報がストンと抜け落ちることもあるんだなと思った。


逆に深読みし過ぎの推論を言えば、MOLDEXの耳栓は、遮音しすぎる。⇒ 番組を見た視聴者が耳栓をして、外出 ⇒ 交通事故にあう⇒ 番組に批判が殺到(危ない物を紹介するな)を恐れた為、紹介しなかったのかも知れない。


ともあれ、MOLDEXの耳栓やHoward Leightの耳栓 MAX は、遮音性能に優れた耳栓である。

外出時の着用は、危険なので、やめておいた方がいい。


番組でMOLDEXの耳栓が紹介されなかったが、MOLDEXの愛用者は、安心したようだ。


番組で紹介されて、入手が困難になったり、価格があがることを懸念していたようだ。


テレビでは、本音が語られない分、このブログで耳栓やイヤーマフの本音を語っていきたいと思う。

2016-02-11 イヤーマフの選び方

イヤーマフは、日本語でいうところの耳当てです。

寒さをしのぐ為のイヤーマフも存在しますが、今回は、防音・遮音のために使うイヤーマフの選び方をお話したいと思います。


最高の遮音性能を持ち、装着感のいいイヤーマフ



3M(Peltor) イヤーマフ X5A


最強のイヤーマフが欲しいという方におすすめの機種。

遮音性能を示すNRRは、31とトップレベル。

カップ内部も大きく、カナル型イヤホンとの併用も行いやすい。

ワイヤーヘッドバンドは、絶縁となっており、電気的な危険を減らす仕様。

欠点は、重量355g。カップが大きいという点。



では、次に遮音性能は少しおちるが、重さの軽いものを紹介。




3M(PELTOR) イヤーマフ X3A


X5Aは、遮音性能にすぐれているが、カップがでかく、重さも重い。

よって、もう少し、小さめで軽めのものをとなると、X3A。

遮音性能の目安であるNRRは28。

重さは、245g。

ワイヤーヘッドバンドは絶縁仕様。

日本では、まだ知られていない機種ではあるが、Amazon.co.jpでも取り扱いがはじまったので、これから、人気が出てくると思われる。



楽天市場での評価


Amazon.com でも高評価



続いて、3M(PELTOR)Xシリーズで一番重さが軽いものを紹介。


3M (Peltor)X1A


楽天市場での評価 の高い商品です。


聴覚過敏の子供さん用に購入されている方が多い商品です。

屋外で使う際、金属のヘッドバンドだと落雷の心配がありますが、この商品は、電気絶縁のヘッドバンドなので、心配が少なくなります。


今回、3機種を取り上げました。

最強遮音性能の3M(Peltor) X5A 、遮音性能は、ある程度欲しいが、重さとカップの厚みもほどほどに 3M(PELTOR)X3A

軽量の3M (Peltor)X1A


ちなみに、おすすめのイヤーマフメーカーは、どこか?

と聞かれたら、3M(Peltor)と答えます。

理由は、大手メーカーの安心感と品質も優れているからです。

3M(Peltor)のxシリーズは、アメリカでの本格的な発売開始が2014年頃と設計年も比較的新しい商品。(3MがついていないPeltorとかHoward Leightとかは、古いものが多い)

よって、はじめて、イヤーマフを購入するならば、3M(PELTOR) Xシリーズ をおすすめします。



関連ページ: イヤーマフの重さと遮音性能比較

2016-02-09 イヤーマフの遮音性能と重さ比較


遮音性能が高いものを上から順番に並べています。

NRRは、遮音性能の目安です。NRR30だったら、30dbほど遮音する能力があるイヤーマフです。

低音に強いか、高音に強いかどうかは、周波数(125〜8000)ごとの遮音性能を比べてみてください。

単位はdb、数値が大きいほど遮音性能が高くなります


例えば、3M Peltor X5Aは、周波数125Hzでは、23.9db の遮音性能があります。これは、他のイヤーマフと比べると最も高い数値であり、低い音域での遮音性能に優れていることがわかります。

次に周波数250Hzにおいても、30.5db の遮音性能があり、他のイヤーマフよりも強い遮音性能があることがわかります。



125 250 500 1000 2000 3150 4000 6300 8000 NRR 質量
3M Peltor X5A

23.9 30.5 41.1 43.0 38.0 43.1 44.0 41.1 40.3 31 355g
Peltor H10A

21.0 26.0 36.6 40.6 38.0 41.8 42.7 41.7 41.3 30 265g
Peltor H540A

17.4 24.7 34.7 41.4 39.3 - 47.5 - 42.6 30 285g
Howard Leight L3

23.8 28.8 35.6 39.9 35.3 38.7 39.0 41.0 40.8 30 304g
Moldex MX-6 6130

21.8 25.6 33.5 37.7 40.7 42.6 43.6 44.6 43.2 30 355g
Moldex Camo M1 6109

21.7 26.9 33.6 39.6 36.8 38.8 38 40.3 39.7 29 360g
3M Peltor X3A 23.4 27.7 29.4 42.5 38.8 39.3 42.3 39.5 39.5 28 245g
3M Peltor X4A 20.5 24.1 32.8 40.7 37.6 44.5 45.4 42.4 42.3 27 234g
Howard Leight L2F

20.8 24.6 30 31.6 32 - 38.9 - 39.4 27 236g
Moldex MX-5 6120

20.6 23.6 32.2 39.9 40.2 36.8 36.7 37.1 36.8 27 290g


125 250 500 1000 2000 3150 4000 6300 8000 NRR 質量
Moldex Camo M2 6209

16.4 23.9 29.4 34.2 35.6 43.7 45 43.2 42.1 26 280g
Moldex 6201 Z2 15.6 23.5 28.4 36.7 36.3 44.1 45.8 43.2 41 25 270g
Peltor H520A 

14.6 20.2 32.5 39.3 36.4 - 34.4 - 40.2 25 210g
3M Peltor X2A 14.9 21.6 31.8 41 36.7 39.1 38.5 39 39 24 220g
Howard Leight L0F

15.6 18.6 22.9 24.5 30.6 - 39.4 - 39.6 23 177g
3M Peltor X1A 16 18.3 27.7 37.6 35.1 42.2 41.4 39.4 39.3 22 184g
Peltor ブルズアイI 10.9 17.2 26.6 28.3 33.5 - 37.8 - 37.9 21 190g

2016-02-06 マツコの知らない耳栓の世界について




マツコの知らない世界が耳栓を扱います。

ゲストの遠藤諭さんは、元月刊アスキー編集長。

この人、耳栓マニアです。


耳栓マニア

http://www.nttdata.com/jp/ja/diary/diary2003/11/20031103.html


この記事も12年前になります。

当時は、Moldexの耳栓 は、なかったですね。

遠藤さんが、最近の耳栓について語るのは、非常に興味があります。


TBS系で2月9日(火)夜9時から放送です。



2/12追記 放送を見ての感想です↓

マツコの知らない世界を見て 本音の話


イヤーマフは、今回の放送での取り扱いはなさそうです。





上の写真のイヤーマフは、3MのX5Aというイヤーマフで、世界最高レベルの遮音性能を持ちます。


耳栓をイヤーマフと併用すると、防音効果が高まります。


また、耳栓を耳の穴の中に入れるのは、苦手だという方で、単独でこのイヤーマフを使っている方もいらっしゃいます。



イヤーマフの遮音性比較 2015年版

2016-02-05 NRR34のイヤーマフ



高性能 プロフェッショナル イヤーマフ 遮音値 NRR 34dB [並行輸入品]


アメリカAmazonでは、ClearArmor 141001 Safety Ear Muffs という名前で売られており、ベストセラーの商品であるということだ。


売れている理由としては、3M(PELTOR)X5Aよりも低価格。(日本では、X5Aよりも価格が高いようであるが)

折りたたみができるので、コンパクトに持ち運びができるという点。


筆者は、遮音性能を求める人には、3M(PELTOR)X5Aをおすすめしている。

装着感もほどよく、遮音性能がトップクラスだからだ。


しかし、別の視点から見て、折りたたみが出来て遮音性能がいいものを探している人には、このNRR34のイヤーマフもいいのではないかと思う。




3M(PELTOR) X5A


逆に言えば、折りたたみを求めないが、トップレベルの遮音性能とほどよい装着感を求める人には、3M(PELTOR)X5A で決まりだ。


3Mは、ポストイットで有名な大手メーカーで、品質も優れている。


NRR34のイヤーマフの製造メーカーClearArmor は、製品の仕様等をWEB上で公開していないが、3M(米国)では、イヤーマフの仕様(遮音性能など)をきっちりと公開している。

2016-01-21 シャープ 空気清浄機 FU-E30-W

|


シャープ 空気清浄機 FU-E30-W


Amazon.co.jp で、売れ筋の空気清浄機です。

発売は、2014年ですので、旧型機種です。


FU-E30-W の後継機種は、2015年に発売された  FU-F30-W ですが、マイナーチェンジですので、両機種の能力には差がないです。


で価格差が1万円(FU-E30が10,726円、FU-F30が21,480円 1/21現在の価格)です。

どちらを買った方がいいでしょうか?

もちろん、コストパフォーマンスに優れた FU-E30-W です。

ただし、この機種は、PM2.5に対応したフィルターを使用していません


PM2.5対策を考えるなら、






上位機種である上の写真の FU-E51-W がいいでしょう。FU-E51-W は、静電HEPAフィルターを使用していますので、PM2.5対策にもなります




さらに、加湿機能を求めるなら、上の写真のKC-E50W になります。

この機種も、静電HEPAフィルターを採用していますので、PM2.5対策にも適しています

2016-01-20 完全防音ヘッドホンへの道 2016年版

|



完全防音ヘッドホンへ近づける方法



1、最強の防音イヤーマフを用意する。




3M Peltor X5A は、現在、日本で購入可能な最強遮音性能を持つイヤーマフです。イヤーカップ内部の空洞が大きく、遮音型のカナルイヤホンとの組み合わせにも最適です。


関連サイト: イヤーマフ X5Aは、どこで購入すればいいか?



2、遮音型カナルイヤホン(遮音カナル)を用意する。




遮音型カナルイヤホン(以下、遮音カナル)は、いろいろ販売されていますが、SHURE SE112GR-Aはエントリーモデルですが、遮音性能は、高くおすすめできます。また、薄型タイプなので、イヤーマフとの併用もしやすいです。



3、音源を用意する。

オーディオを流すプレイヤーIpodなどを用意します。スマートフォンに音楽プレイヤー機能がついている場合は、それでも構いません。


次に音ですが、癒やしを求めている人は、



なんかがいいでしょう。

試聴も可能なので、自分に合うかどうかも確認できます。


その他、マスキングに使える音源として自然の音 や、マスキング音ホワイトノイズ などがあります。

また、Amazon Prime Music では、30日間の無料体験ができます。100万曲以上が聴き放題なので、この中から最適な音を探すという方法もあります。



4、注意事項

イヤーマフ X5Aは、最強遮音ができるイヤーマフですが、欠点があります。

購入当初は、側圧が強いということです。

側圧が強いのは、密閉性を高めて遮音性能を維持するのに必要なのですが、側圧が強すぎる場合は、ヘッドバンドを外側に広げて、少しゆるめる といいでしょう。

あまりやり過ぎると、密閉性が損なわれますので、ほんの少しだけ広げてください。


5、その他

今回は、イヤーマフと遮音カナルを併用しましたが、耳栓と併用する方法もあります。

その場合、部屋にあるステレオコンポなどから音を出してマスキングするといいでしょう。

耳栓は、遮音性能の高いモルデックスの耳栓をおすすめします。

Amazonでお試しセットが購入できますので、自分に合う耳栓を見つけましょう。