Hatena::ブログ(Diary)

たかひろ的研究館・別館避難所

2016-12-15

kenkyukan2016-12-15

浅野りん久々の快作「であいもん」。

 先日、あの浅野りんさんがヤングエースで開始した連載「であいもん」のコミックス1巻が出ました。浅野さんの連載はかなり久々で、しかも今回はマッグガーデンを離れてのKADOKAWAでの連載。これには当初かなり驚きました。かつてのエニックス時代からの読者だった自分としては、今回の新天地での活動はどうなのかなとも思っていたのですが、しかしこれが期待以上によく出来た新作になっていたのです。

 今回もまた、京都在住の浅野さんらしく、京都でそれも和菓子屋を舞台にした作品となっています。ミュージシャンを目指して家を飛び出すも挫折した主人公・和(なごむ)が、10年ぶりに実家の和菓子屋へと帰ってくると、そこには居候の小さな女の子がいた。その少女・一菓(いつか)は、1年ほど前に父親に置いていかれて家に引き取られていたのですが、今では和菓子屋の跡取り候補として日々頑張っており、帰ってきてもいまだふらふらした性格のままの和に強くライバル心を燃やして対抗する・・・といった話になっています。

 30代になってまだいいかげんさの残る言動の和と、まだ10歳の子供なのにしっかりした一菓の関係が面白いです。性格も見た目も正反対の和と一菓、その掛け合いがとてもいい。最初はまったく相手にしなかった一菓ですが、臆面もなく話しかけてくる和に少しずつではあるが心を許していく展開がほほえましい。一菓がまだ子供で街で和菓子がさばけなくて困ってたところを、和がコミックバンド譲りの弾き語りで人を集めて助ける1話は泣けました。いいかげんな性格のままで戻ってきた和だけど、役に立つ時にはちゃんと子供を助けて役に立ってくれる。わたしこういう話にはほんと弱いです(笑)。

 和菓子稼業って厳しい修業が必要な側面もあるし、一菓の境遇も深刻なんですが、しかし和のいいかげんながらもメンタルの強くて明るい性格で、暗くなりすぎずに楽しく読める話になってると思うのです。このあたりのバランス感覚は浅野さんならではというか、ほんと昔からの浅野作品になってて安心しました。

 もうひとつ、肝心のメインテーマである「和菓子」の描写もさりげなく本格的です。和は、実家を出てから10年経っても和菓子への思い入れはそのままで、いまだ子供の頃のように和菓子を見て涙を流す愛情の注ぎぶり。登場する和菓子も、冒頭の桜まんじゅうに始まって、よもぎの薯蕷(じょうよ)まんじゅう、菜の花のきんとん、そしてあの和三盆も登場。和菓子への愛もたっぷりと感じられる一作になっていると思います。

 浅野さんは、かつては90年代のエニックスドラクエ4コマの投稿に始まり、いくつかの読み切りを経た後で、少年ガンガンの「CHOKO・ビースト!」でデビュー。これとその後の「PON!とキマイラ」の連載で大人気を博しました。姉妹誌のWING連載のファンタジーマンガ「パンゲア」も好評だったのですが、2001年にあのエニックスお家騒動が起こり、浅野さんもエニックスを離脱してマッグガーデンへと移籍。そちらでは「天外レトロジカル」「京洛れぎおん」などの連載を手掛けましたが、ここ最近は連載がなく、マッグガーデンでの活動も見られなくなりつつありました。今回の「であいもん」は、マッグガーデンでの最後の連載だった「京洛れぎおん」の終了から約3年ぶりの新連載で、そこでもまったく変わらない作風が見られて安心しました。

 最後にもうひとつ、和菓子のマンガと言えば、すでに「わさんぼん」という名作4コマが存在するのですが、この「であいもん」でもコミックス1巻の後書きで、和菓子屋取材の時に「わさんぼん」作者の佐藤両々先生が同行した話が載っていて、なるほどやっぱり関係があったのかと納得しました。この「であいもん」も浅野さんらしい快作になっていると思いますし、これは楽しみな新作がもうひとつ増えましたね。

2016-12-08

kenkyukan2016-12-08

「ゆめのロワイヤル」でギャンブルの楽しさを体験しよう!(?)

 先日コミックキューンから「つくろぐ。」を紹介したばかりですが、今度は同日にコミックス1巻が発売された「ゆめのロワイヤル」(むらさき*)を紹介したいと思います。「つくろぐ。」は、女子高生の下宿先での楽しいものづくりライフを描いた4コマですが、この「ゆめのロワイヤル」は一転して女子高生ギャンブルを行う異色4コマとなっています。

 ゆめの・かづき・まなの3人の女の子が入学した高校・梶野女学院は、学園で行われるギャンブルで稼いだチップですべてが決まる学園だった。衣食住すべてにおいてチップが必要、進級・卒業にもチップが必要、なくなれば退学という一見とんでもない設定ですが、しかし作品の雰囲気はそんなに悪くありません。基本はほのぼのかわいい4コママンガで、主人公たちも日々生活の必要に迫られながらも、しかしギャンブルや学園生活を存分に楽しんでいる姿も見られる、明るい学園コメディものになっていると思います。

 学園で行われるギャンブルは、チンチロリンブラックジャック麻雀と多種多様なゲーム。まったくの初心者だった3人は、ルールを覚えながらもライバルとなる生徒たちにチャレンジしていくことになります。キャラクターたちの明るい性格もあって、ゲームの様子は基本にぎやかで和気あいあいとしたシーンも見られますが、しかし本気でチップを賭けての対戦はやはりシビア。その一戦一戦の緊張感と、そして3人の仲間が力を合わせて立ち向かっていく熱い信頼感も見られる対戦シーンになっています。

 もうひとつ、「ゲームそのものの楽しさ」が丁寧に描かれているのも魅力だと思います。キャラクターたちが普通の女の子ということもあって、他のギャンブルもののような心理戦や駆け引きの描写はそれほどでもないと思いますが、反面完全なゲームの初心者である彼女たちが、少しずつゲームの楽しさを覚えていく様子が丁寧に描かれているのです。とりわけ面白かったのが、学園の先生がディーラー役となるブラックジャックに挑戦するエピソード。彼女からひとつひとつゲームのルールを丹念に教えられ、楽しくゲームの遊び方をマスターしていく。同時に読者もゲームのルールをひとつひとつ教わることが出来るいいエピソードだったと思います。

 学園でギャンブルと言っても、先行する「賭ケグルイ」のようなひどすぎる人間描写や殺伐とした心理戦の要素はあまりなく、あくまで楽しさに裏打ちされた4コママンガになっているところが、この「ゆめのロワイヤル」のオリジナリティであり最大の魅力かと思います。「明るく楽しいギャンブル4コマ!」としてこの作品を強く推していきたい!

 作者のむらさき*さんは、かつてはまんがタイムファミリーで「ゆーたいプレイ」というヒロインの女の子が幽霊のコメディ4コマを連載していました。しかし、かなり長い連載だったにもかかわらず、結局コミックスが出ず、かなり残念な思いをしたことがあります。ゆえに、今回の「ゆめのロワイヤル」で、待望のコミックスが出たことは本当にうれしい。むらさき*さんの描く女の子はとてもかわいく、今回もそのかわいい絵柄は健在。話が進むと百合っぽい展開にもなったりして、今回はそうした要素も楽しめるのではないかと思います。まさに待望の商業初コミックス。最近のコミックキューンの中でも一押し作品のひとつです。

2016-12-07

kenkyukan2016-12-07

「つくろぐ。」でものづくりの楽しさを再発見しよう!

 このところコミックキューンの新作もまたいい感じなんですが、その中でもまずはこの11月にコミックス1巻が発売された「つくろぐ」(今村朝希)を紹介したいと思います。数ある4コマの中でも、DIY(日曜大工)や庭作りにスポットを当てた作品はちょっと珍しいと思いました。

 肝心の内容ですが、学校の近くの下宿先に引っ越してきた女子高生・華(雪丸華)が、下宿先でふたりの女の子と出会い、そのふたりから日曜大工や料理のテクニックを教わりながら、楽しく毎日の生活を彩って過ごしていく姿を描く「ハンドメイド4コマ」とも言える作品となっています。

 華は、もともと整理整頓が不得意だったこともあって、引っ越しした直後はまだ荷物のダンボールすら片付けられていない殺風景な部屋のまま。しかし、工業高校建築科所属で日曜大工が得意な同居人・創李(つくり)が、そんな彼女にアドバイスしつつ様々な家具や小物、調度品をハンドメイドで作り上げ、最初はむき出しのフローリングだけだった部屋が、かわいい装飾に彩られたセンス溢れる部屋にリフォームされていく。殺風景だった部屋が、ちょっとした工夫で見違えるように華やかになる様子に、思わず引きこまれました。

 さらには、もうひとりの同居人で料理学校に通う菓子(かこ)は、料理が得意な女の子で、こちらもちょっとした工夫で美味しいスイーツを作り上げ、不器用で料理も不得意だった華に少しずつその楽しさを教えていく。「伊○家の食卓」で学んだちょっとしたアイデアも面白く(笑)、なるほど工夫次第でこんなに意外なほど簡単に作れるのかと感心しきりでした。

 さらには、日曜大工や料理は不慣れで不得意でも、主人公の華にも得意分野がありました。農業高校の園芸科に通う彼女は、鉢植えの植物を育てたり野菜作りをするのが得意で、荒れていた庭に植物を植えて華やかにするガーデニングに取り組むことになるのです。小物作りに長けた創李のアイデアで、バケツやペイント缶をおしゃれな鉢にデザインする手助けも受けて、寂しかった庭に賑やかに鉢植えが並ぶことになる。3人がそれぞれの得意分野を生かして、生活に彩りを添えて楽しく暮らす工夫に満ちた一作となっています。

 もうひとつ、実際にこのマンガのそうした描写にどれだけ実用性があるか?現実に役に立つか?というのも気になるところですが、ここは「存分に役に立つ!」と言い切ってしまいましょう。少なくとも「伊東家の食卓」と同じくらいには役に立ちます!(笑)。ダンボールを包装紙やマスキングテープで飾るだけでかわいい箱が出来たり、ホットケーキミックス電子レンジだけで簡単にクレープ生地が出来たり、そういう実用的な発見に満ち溢れている。あるいはちょっと本格的に、すのこをばらして工作しておしゃれなテーブルを完成させる話もあります。どれも自分で出来る、やってみたいと思えるものが揃っているのです。

 まさに「ものづくり」の楽しさを再発見する4コマになっています。作中の女の子たちの生活描写が楽しいばかりでなく、現実の自分の生活にもフィードバックしてみようとという意欲までかきたてられる一作。こんな作品が出てくるとは今のコミックキューンはやはりあなどれない!

10年目で再び「ムカンノテイオー」を語ろうか。

 このところ、マスコミの報道姿勢やバラエティの番組内容を巡って、またも物議を醸すような話がいくつか見られますが、ここで再びかつてのヤングガンガンの連載「ムカンノテイオー」を取り上げてみたいと思います。

 「ムカンノテイオー」は、ヤングガンガンで2006年から2008年にかけて連載された作品で、テレビ局の仕事ぶり、というか裏側を描くいわゆる「業界もの」とも言えるマンガでした。しかし、視聴者があまり知ることのないテレビ業界の事実がえらく露骨に描かれていて、非常に興味深い内容になっていたのです。実際のテレビ局の関係者の間でも話題だったらしく、「他の業界ものはウソばっかだけどこれは本物」「ここまでバラされると仕事がやりにくくなる」など、非常に高い評価を得ていたようです。

 作者は、原作がHTロクシス、作画に玉置一平。作画の玉置さんは、以前PSソフトの「クロス探偵物語」のキャラクターデザインの仕事なども手掛けていたようですが、主に青年誌の連載を手掛ける事が多く、この作品も青年誌的なスタンダードな作風ながら、随所で時に迫力を感じる安定した作画となっています。

 そして原作のHTロクシスなる人物、これがどうも元テレビ局の関係者だった人物らしく、それもテレビ朝日で仕事をしていたようで、この作品の舞台も「六本木テレビ」という架空のテレビ局となっています。このマンガに見られる緻密なリアリティは、この原作者の力によるところが大きいと思われます。

 ストーリーは、ちょっとしたきっかけから、テレビの制作プロダクションでADとして働くことになった元暴走族の少年・藤田平蔵が、意外なテレビ局の内情に触れて時に戸惑い時に怒りを覚えつつ、しかしそれでも真剣な意志を持って働き続けるというもの。この主人公の平蔵こそが、まさに我々視聴者の代弁者ともなっており、業界については素人だった彼の視点を通して、テレビ局の内実を知るという構成になっています。

 テレビ局内部の制作ルームや生放送の行われるスタジオ、騒乱極まる事故現場の様子など、そうしたひとつひとつの場面にもリアリティがありますが、本当に面白いのは、やはり「テレビ局の仕事の裏側、その負の部分を徹底的に描いている」点に尽きると言えるでしょう。冒頭では暴走族を取材するシーンでいきなりプロデューサーが平然とやらせを敢行しようとしますし(笑)、作中のテレビスタッフの吐くセリフも、そうしたやり方を肯定するようなものが多い。旅番組の取材においても、週刊誌の記事を元に取材しようとする仕事ぶりを見て文句を言う平蔵に対して、「は? テレビの情報番組が全部独自取材で情報を得ているとでも思ってるのか。週刊誌のネタをパクるのは当たり前だろ」など当然のように話すところを見て、思わず笑ってしまいました。

 さらに興味深いのは、毎回の連載で最後のページで掲載されたコラムです。これが、平蔵と中川プロデューサーの対談という形で書かれていて、本編の補完という形でさらに内実に触れる内容になっていて、さらにテレビ局を深く知ることが出来ました。例えば、捏造ややらせを最終的に行うことになる具体的な経緯やその是非、「女子アナはどうやって選ばれるのか」といったテレビ局の実情、果ては「未成年の犯罪者の実名報道の是非をテレビ局自身はどう考えているのか」といった真面目な話までひどく突っ込んで書かれていました。先ほどの情報番組のネタを週刊誌から得ているという話でも、「そんなことをして週刊誌から怒られないのか」という平蔵の質問に対して、「週刊誌からクレームが来ることは滅多にない。ただ一度、雑誌の発売前にフライングで番組を流してしまって、その時だけはすごい勢いで怒られた」とか、具体的過ぎる返答が出てきてここでも笑ってしまいました。

 こうしたマンガの内容を見て、確かにテレビのこうした姿勢に怒りを覚えることもあったのですが、しかし同時にそうした仕事をせざるを得ない内実もしっかりと描かれており、納得できる内容にもなっていました。「ムカンノテイオー」というタイトルも、権力の監視を行うというマスコミの役割を示した「無冠の帝王」から来ており、最後にはそれを追って危険な取材にも踏み込むひどくシリアスなエピソードも見られます。正直、このマンガを読んで、それまでのテレビに対する見方が相当変わりました。ネットで見られるマスコミ批判に影響される前に、一度この作品に目を通してみると面白いと思います。

2016-11-29

kenkyukan2016-11-29

クローズアップ現代の「君の名は。」特集について考えた。

 先日、NHKクローズアップ現代+で「君の名は。」のヒットの謎について考えるという特集があり、もう2ヶ月も経って大ヒットが確定した今ちょっと遅すぎるのでは・・・と思いつつ、それでも興味深く見ることになりました。

 内容は、口コミで盛り上がった単語や観客の年代などのデータ考察、新海監督インタビュー、そして実際に50人程度の観客を招いての鑑賞会と、中々の構成。特に最後の鑑賞会で寄せられた感想が、ヒットの理由を決める大きな決め手になっていました。当初は10代、20代の若者をターゲットに作られた本作ですが、ヒットを受けて30代以上の来場者も増え、とりわけこの上の年代層がどんな感想を抱いたのか、それが大きなポイントであると。

 しかし、そこから出た結論は、個人的にはやや意外なものでした。作中に出てきた「結び」の概念、神様が人と人とを結び付けるという設定に注目し、つまり人と人との繋がりに多くの人が惹かれたのではないかと言うのです。年配の方の感想でも、自分のかつての体験と重ね合わせて心動かされる人が多かったと、そういう話になっていました。

 自分としては、確かにそうした要素はあるものの、しかしそれが最大の要因とまで言えるか?というとちょっと疑問に思ってしまいました。むしろ、この「君の名は。」という作品は、元々若い世代をターゲットに作られており、あるいは以前からの新海監督の創作を受け継いだところもあって、すなわちファンタジー的、あるいはオタク的とも言える要素もふんだんに盛り込まれているわけです。上の年代層からの反応としては、そうしたことに対する言及が出ないのはちょっと意外で、むしろ「今の若い世代にはこういう作品が受けるのか」とか、素直にそういう感想があってもよかったと思うのです。

 例えば、オタク的な要素としては、序盤にヒロインが扮することになる巫女を巡る話や、あるいは田中将賀によるキャラクターデザインもそうでしょう。あるいは男の子と女の子の入れ替わりというストーリーの根幹自体もそうです。地方の伝承彗星を絡めたファンタジー・SF要素も際立ちます。あるいはより広く若い世代向けの要素としては、作中で4曲も流れるRADWIMPSの楽曲などもより直接的です。こうした今の時代ならではの作品作りに対する言及が、是非とも上の世代から出てきてほしかった。

 確かに、自分の体験と重ねるというのも、それはそれで優れた観賞方法かもしれませんが、しかし逆に言えば、それでは結局自分の世界から抜け出せてないとも考えられるわけです。単に人間の絆に惹かれたといういい話で終わっている可能性もある。むしろ、自分の知らなかったタイプの要素に触れる感想の方が、今の時代の新しい作品を理解し楽しむということに繋がっていいと思うのです。わたしとしては、そういう理解をする人が1人でも増えることを期待したいと思ってい ます。

本サイトの日記をこちらに臨時移転します。

長らくこのブログは更新停止していましたが、現在日記のみ更新している本サイトが不具合で更新できなくなったので、しばらくこちらのブログで更新したいと思います。

更新のたびにTwitterにほとんどのテキストを転載しているので、そちらで見ている人も多いと思いますが、これからもそれは続けます。

2013-05-22

ビッグガンガンVol.03発売。

毎月25日はビッグガンガンの発売日です。

2月25日(金)にVol.03が発売されました。


タバコをテーマにしたアンソロジー企画「シガレットアンソロジー」の第3弾(Scene:3)が掲載されています。

イラスト(大高忍

読み切りワンルームシックノーパンツ」(感傷ベクトル

読み切り「魔女の恋人」(水薙竜

が掲載。感傷ベクトル読み切りは、タバコというよりバンドメンバーの日常を描いたもので、このサークルらしい楽しいコメディでした。


最終回が1本。

輪廻のラグランジェ」(原作・Production I.G.、作画・Isll)

アニメコミカライズがここで終了。一年半の連載でそこそこうまくまとまったと思います。


読み切りが2本。

「ゆりカグら!」(まばん)

においに惹かれる少女たちの百合マンガ。かわいい女の子の百合とフェチを堪能できる良作だったかと。


「ツギハギな彼女」(原作・ごぉ、作画・田中文)

アドベンチャーゲームひまわり」のごぉが原作の3号連続読み切り。難病にかかった少年は、一ヵ月後に必ず死ぬと言われる少女を殺して、生きる選択を迫られるが・・・。これは非常に面白いサスペンス。次号にも注目。



巻頭カラーは「射!」。センターカラーは「クズの本懐」「ゆりカグら!」「ツギハギな彼女」。巻末フルカラーは「くーろんず」。付録に「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 愛」両面お風呂ポスターがついています。


次号Vol.04は3月25日(月)発売。

表紙と巻頭カラーが「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」。センターカラーが「ユーベルブラット」「シスプラス」「ラブカレンダー」「伏 少女とケモノの烈花譚」。付録に「アイドルマスター シンデレラガールズ ロッキングガール」両面バックステージクリアファイルが付く予定となっています。

2013-05-08

ガンガンONLINE更新。

毎月木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

3月28日(木)に今月4回目の更新が行われました。


フレッシュガンガン 2013 SPRING 開催!!

ONLINEへと場を移した新人読み切り誌・フレッシュガンガン春号がここで開催。今回のエントリーは次の8作品。

「陰鬱ピンクとピーチゴブリン」(てかゐ望)

「だめいど」(紙一重)

シューティング☆スター(仮)」(原作・フクイヨシノリ、作画・唯浦史)

「影祓いエスケープ」(小田涼)

「森の中の珈琲屋さん」(君塚力)

「メテオライトキャッチャー」(佐津井隆)

「毒吐き少女と隣の彼」(野田大輔)

「致死率100%」(八ツ墓村)


「魔女の心臓」単行本第2巻発売記念イベント

イベントページがもうひとつ。ファンタジーマンガ「魔女の心臓」の単行本2巻発売記念イベントのお知らせ。読者の感想大募集、ストーリーガイド、描き下ろしマンガ「ゆるまんが魔女の心臓」公開中、壁紙プレゼント、単行本情報など。


新連載が1本あります。

SECRET×SIBLINGS(野原ゆた)

幼稚園を舞台に子供好きの3人の高校生とその弟妹たちが織り成す子育てコメディ。“読切カーニバルプレミアム4S”で人気投票1位を獲得した作品が晴れて連載化しました。


読み切りが1本。

終焉のカテドラル(kirero)

先週に引き続き前後編読み切りの後編が掲載。クライマックスの主教とのバトル、その後のちょっと悲しい顛末といずれも読み応えがありました。あと、とにかくkireroさんの画力が光った読み切り。次回は連載で読みたいですね。


ガンガンONLINE×BRAVELY DEFAULT PRAYING BRAGE コラボ特別企画!!

ガンガンONLINEと「ブレイブリーデフォルト」のコラボ企画。ヤングガンガンで「輪廻のラグランジェ〜暁のメモリア〜」を連載していた吉岡公威先生描き下ろしキャラクター「エリクシィ」シリアルコード入手情報。他「暁のメモリア」の第1話と出張編公開、ブレイブリーデフォルトのゲーム紹介など。


ガンガンONLINE

2013-04-02

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

3月21日(金)に今月3回目の更新が行われました。


今週もイベントページがひとつ開設されています。

特集!! 「鳥籠ノ番」いつ読むの? 今でしょ! イベント開催!!

サバイバルサスペンス「鳥籠の番」特集ページが開設。期間限定で第1話〜第3話の公開、描き下ろし壁紙プレゼント、他キャラクター・ストーリー紹介で構成されています。


新連載が1本あります。

ルートダブル Before Crime*After Days √After(原作/イエティ・レジスタ 企画・原案・監督/中澤工 シナリオ/月島総記・月島トラ・日向もやし メインキャラクターデザイン/みけおう 作画/桃山ひなせ)

SFアドベンチャーゲームコミカライズ。巨大研究施設の地下で起こった原因不明の爆発事故。それに立ち向かうレスキュー隊隊長の視点から見せるストーリー。作画は先日までひぐらしうみねこコミカライズ連載を続けていた桃山ひなせ。原作と作画双方が実力者なので期待できそうです。次回更新は5月16日(木)と少し先のようです。


最終回が1本。

夜の珈琲(佐東武之)

穏やかな町にひっそりと佇む珈琲店「夜」を舞台にした大人のストーリーが今回で最終話。


前後編の読み切りが1本。

終焉のカテドラル(kirero)

修道女と悪魔少女のコンビがよこしまな主教に立ち向かうファンタジーストーリー。作者は東方などのイラストや同人活動、最近ではスクエニの「拡散性ミリオンアーサー」でも多数イラストを提供しているkireroさん。マンガでもきれいな作画で迫力の物語を見せてくれました。後編も期待。


通常の更新作品は以下のとおりです。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「ばらかもん」「悪魔曰く俺の嫁」「ヤンデレ彼女」「鳥籠の番」「浅尾さんと倉田くん」「クラスメート、上村ユウカはこう言った。」「女声男子」「NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語」「戀。」「花とハリネズミ」「よしのぶがっ!」

「よしのぶがっ!」はガンガン戦-IXA-の連載です。


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

アイドルマスターのページが今週も更新。今回はガンガンJOKER連載の「アイドルマスター シンデレラガールズ ニュージェネレーションズ」第6話が公開されています。


ゲスト掲載が1本。

伏 少女とケモノの烈花譚(原作/桜庭一樹 作画/hakus 脚色構成/続真琴)

ビッグガンガン連載の桜庭一樹の小説のコミカライズがONLINEでゲスト掲載。特別編が掲載されています。


イラストに3枚追加されています。

「明るいセカイ計画」(原作/蒼木アキ 作画/出水高軌)

終焉カテドラル」(kirero)

黒執事キューティクル探偵因幡」(「黒執事枢やなキューティクル探偵因幡」もち)月刊Gファンタジー2013年4月号表紙


情報ページが2つ更新されています。

Gファンタジー情報

3月18日(月)発売の月刊Gファンタジー4月号の情報。「黒執事」と「キューティクル探偵因幡」の特別付録、巻頭カラー・センターカラーの予告、TVアニメキューティクル探偵因幡」などの情報。

ビッグガンガン情報

3月25日(月)発売の月刊ビッグガンガンVol.04の情報。表紙・巻頭カラー・センターカラー・特別付録、新連載直前第0話センターカラー「どらっぐ おん どらぐーん ウタヒメファイブ 〜プロローグ〜」、群青キャラボイスグランプリ、ビッグガンガンスペシャルPVTVアニメ情報、さらに3月発売のビッグガンガンコミックスの一部が読めるコーナーもあります。


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第76回放送の「ここが聴きどころ!」。今回は4月から放送のアニメ「DEVIL SURVIVOR2 the ANIMATION」を大特集。


ガンガンONLINE

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

3月14日(木)に今月2回目の更新が行われました。


イベントのページがひとつ開設されています。

「明るいセカイ計画」単行本1巻発売記念 明るい4大計画開催!!

3月22日(金)発売の単行本第1巻の発売を記念して「4大計画」を始動。第1巻の続きが読める一気読みページ、特製壁紙プレゼント、「日本再生計画」新メンバー大募集、日本再生計画からのお知らせ(特典フェアの情報)の4つが掲載されています。


今月は新連載や最終回、読み切りなどはないようです。

通常の更新作品は以下のとおりです。

「明るいセカイ計画」「藤村くんメイツ」「帰宅部活動記録」「忘却の覇王 ロラン」「少女芸人トリオ ごるもあ」「4コマくーろんず」。


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

アイドルマスターのページが今週も更新。今週はヤングガンガン連載の「アイドルマスター シンデレラガールズ あんさんぶる!」第9話が公開されています。


イラストに2枚追加されています。

絶園のテンペスト」(原作/城平 京 構成/左 有秀 作画/彩崎 廉)月刊少年ガンガン2013年4月号表紙

「“葵”ヒカルが地球にいたころ……」(原作/野村美月 作画/CHuN(FriendlyLand)

構成/山崎風愛 キャラクター原案竹岡美穂(原作:ファミ通文庫エンターブレイン刊))


情報ページがひとつ更新されています。

ヤングガンガン情報

3月15日(金)発売のNO.07の情報。グラビア巻頭カラー、センターカラー他。


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第75回放送の「ここが聴きどころ!」。今週は「キングダム ハーツ-HD 1.5 リミックス-」&「キングダム ハーツ χ[chi]」を大特集。


ガンガンONLINE

2013-03-25

ヤングガンガンNo.05発売。

毎月第一・第三金曜日はヤングガンガンの発売日です。

2月15日(金)にNo.05が発売されました。


今回は最終回が1本あります。

ケイオスリングス」(北島行徳、パク・ユンジュン)

スクエニiPhone向けゲームのコミカライズが最終回。管理者を退けひとまずリングホルダーたちの戦いが終わり、日常シーンに帰ったところでエンド。連載全体を通してそこそこよく描けたバトルファンタジーだとは思いましたが、それ以上は今ひとつだったかと。


読み切りが5本もあります。

「のらうさぎ」(小城徹夜)

バニーガール姿の宇宙人が地球で騒動を巻き起こす短編ギャグが2本立てで再登場。今回もシュールギャグとエロの融合が見事でした。


ロボット喫茶はぐるま」(日月アスカ

なぜかロボットたちが店員の喫茶店が舞台のギャグマンガ。何かサービスを勘違いしたロボットたちにひどい目に遭わされる客がかわいそうながら笑える。今号から4号連続掲載。


「制服DUTY」(山崎童々)

制服を着た女子高生の学園もの・・・かと思いきや彼らが国家の戦闘員で、武器を持ってバトルするという超意外な展開。最後は仲良くアニメ研究会でオタク稼業という脱力のエンディングも○。


「一周回ってもとに戻る」(坂本杏)

ネガティブな不信系女子が主人公の残念系ラブコメ。3回連続掲載の最終回。今回こそうまくいくように見えて最後でまた人を信じられずに元にもどってしまうあたり、まさに最後までタイトルどおりのマンガでした。


「よん駒!」(みやびあきの×maa坊)

ついに12回目の掲載の恒例将棋4コマ。今回は部活メンバーが将来の進路を考える話。主人公の白鳥くんの将棋に対する熱い思いに感動? 今回増ページでますます面白かったです。


巻頭カラーは「思春期のアイアンメイデン」。センターカラーが「どーにゃつ」「キッドアイラック!」


今回の休載は「荒川アンダーザブリッジ」「咲-Saki-」「牙の旅商人 〜The Arms Peddler〜」「いろは坂、上がってすぐ。」「かせんとびじょきょ」「ラララ」。


次号No.06は3月1日(金)発売。

次号タイトル解禁でセンターカラー46ページの新連載予告があります。

巻頭カラーが「キャタピラー」。センターカラーが「キッドアイラック!」の予定となっています。

2013-03-21

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

3月7日に今月1回目の更新が行われました。


今月は最終回が1本あります。

葬儀屋リドル(赤井ヒガサ)

ドラマCDにもなった長期連載作がここで最終回。コミックス最終8巻は4月22日(月)に単行本未収録&描き下ろしマンガを収録した「新装版 キューカンバー×サンドイッチ」と同時発売とのこと。


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

アイドルマスターのページが今週も更新。今回はアンソロジーコミック「アメTOKIDOKI晴れ」

(なつきゆう)が公開されています。


通常の更新作品は以下のとおりです。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「魔法陣グルグル2」「浮かれバケモノの朗らかな破綻」「女声男子」「魔女の心臓」「花とハリネズミ」「よしのぶがっ!」「」


イラストに1枚追加されています。

アホリズム」(宮条カルナ


情報ページがひとつ更新されています。

少年ガンガン情報

少年ガンガン4月号の更新。最終回を迎える「絶園のテンペスト」を中心に、新連載「UNKNOWN」他の情報。


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第74回放送の「ここが聴きどころ!」。今回は元アシスタントちゃんでミスFLASH2013グランプリの池田裕子さん特集。


新刊立ち読み

新刊立ち読みのコーナーが更新されています。2月発売のスクエニコミックスの1巻の一部が読めます。


ガンガンONLINE

2013-03-17

少年ガンガン2月号発売。

毎月12日は少年ガンガンの発売日です。

2月は12日(火)に3月号が発売されました。


今月は新連載が2本あります。

「黒の探偵」(日丘円

数ヶ月前に掲載された読み切りからの連載化。ドSな探偵に助手として雇われた気弱な少年が事件を解決する探偵もの。作者は「仕立屋工房」の日丘円で、今回もこなれた作画とストーリー作りでコンスタントに楽しませてくれそうです。


とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」(PROJECT-INDEX+西野リュウ+朝倉亮介)

同月23日に公開された禁書目録の劇場版映画のコミカライズ。映画のシーンを丁寧にひとつひとつ再現しているようで好感。朝倉さんの作画も、先にガンガンで連載されている本編の作画に匹敵する出来で安心して見られます。


今月は読み切りなどはないようです。


巻頭カラーは「とある魔術の禁書目録」。センターカラーは「絶園のテンペスト」「黒の探偵」「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」「紅心王子」「ROBOTICS:NOTES ドリームシーカー」「ルネサンス・イヴ」。付録に「とある魔術の禁書目録」特製ノート、「絶園のテンペスト」特製シャープペン、「鋼の錬金術師×絶園のテンペスト」リバーシブルコラボレーション二つ折りポスターがついています。


次号4月号は3月12日(火)発売。

新連載が1本。「UNKNOWN」(吉村旋)

最終回が1本。「咲-saki- 阿知賀編 episode of side-A」(小林立五十嵐あぐり)。

読み切りが1本。「emotions」(大箕すず)

表紙と巻頭カラーが「絶園のテンペスト」。センターカラーが「咲-saki- 阿知賀編 episode of side-A」「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」「UNKNOWN」。

付録に「絶園のテンペスト」プレミアムドラマCDVol.1「どうでもいい鎖骨の話」が付く予定となっています。

2013-02-27

Gファンタジー3月号発売。

毎月18日はGファンタジーの発売日です。

今月は18日(月)に3月号が発売されました。


今月は新連載が1本あります。

「毒甘異国少女パリトキシン」(井口オステガ)

異国からやってきた転校生少女と彼女に振り回される高校生の掛け合いを描いたコメディ。かわいい絵柄とどぎついネタがいいバランスになっていて面白い! これはいいかも。


短期連載の最終回が1本あります。

「つくって!長谷川!」(克咲宏)

妙な発明を繰り返す高校生と彼に突っ込みを入れる主人公のコメディが3回の短期連載で終了。最後まで笑える発明の繰り返しで楽しかったです。


前後編の読み切りが1本。

「彼らの漫研。(前編)」(秋野キサラ)

中二病漫研部員とやはり中二病の生徒会長のバトル(?)を描いたコメディ。ギャグ全開のオタクネタマンガとして中々面白かったです。後編も期待。


読み切りが3本。

「小さな魔女と魔法の飴玉」(チノク)

”魔女”として城に閉じ込められていた少女と彼を連れ出そうとする青年。少女の心が開いていく過程にじんとくる。これは本当に心温まる作品でした。


「アニコ」(さかいみち)

第55回Gファンタジーコミックオーディション入選受賞作品。村のためにがんばるアニコという少女の姿を描く。無理をしてまで頑張ろうとする少女と、彼女を支えることになる来訪者の青年、そして本当に優しかった村人の姿に感動する。こちらも実にいい作品でした。

「君に伝える合図」(ぜん)

こちらは第21回スクウェア・エニックスマンガ大賞入選受賞作品。席が隣になった男女のちょっとしたきっかけからくる交流、恋愛の姿を描く。この自然な感じの接点がとてもいい。今回はいい読み切りが多かったですね。


巻末の新人読み切り競作企画「ほぼ8マンガバトル」のエントリー作品はこちら。

「退治屋」(一画人)

「死後婚」(夜ノとばり)

「妄想勇者」(ふれ子)

前の2作がどちらもシリアスなホラーだったのがちょっと印象に残りました。


表紙と巻頭カラーが「キューティクル探偵因幡」。センターカラーが「詠う!平安京」「ホリミヤ」「毒甘異国少女パリトキシン」。付録に「キューティクル探偵因幡」リバーシブル下敷きと「ホリミヤ」B3ポスターが付いています。


次号4月号は3月18日(月)発売。

新連載が1本。「皇国の緋色」(原作・月岡帆恣郎、作画・田中ひかる)

表紙が「黒執事」「キューティクル探偵因幡」。巻頭カラーが「黒執事」。センターカラーが

キューティクル探偵因幡」「皇国の緋色」「PandoraHearts」「ももも怪レストラン」。付録に「キューティクル探偵因幡」スクールカレンダー手帳が付く予定となっています。

2013-02-22

ガンガンJOKER2月号発売。

毎月22日はガンガンJOKERの発売日です。

1月は22日(火)に2月号が発売されました。


今月は新連載が1本あります。

「私の友達がモテないのはどう考えてもお前らが悪い。」(谷川ニコ

アニメ化も決まったガンガンONLINEの名物連載のスピンオフJOKERに登場。タイトルからして言いがかり度が本編よりもアップ(笑)。内容も相変わらずひどい・・・(褒め言葉)。


読み切りが2本。

ユリカは魔女に食べられて」(矢樹貴)

壮麗な学校の地下には封じられた魔女がいる・・・。描き込まれた絵柄とホラーファンタジーな設定に反して、百合コメディの要素も入った盛りだくさんな内容。ともすればグロテスクに傾きそうな内容にうまくコメディを取り混ぜ、バランスよく楽しめる物語になっていたと思います。


「うちの息子が魔法少女になったのは学校の責任。」(市川いちこ)

男子高校生なのに魔法少女になってしまった男の子の恥ずかしい日々を描く女装男子コメディー。マスコットが変態なところとか、全体的にちょっとありがちな設定だけど素直に笑えました。絵はまだ慣れてないところがあるかも。


表紙と巻頭カラーは「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」。センターカラーは「私の友達がモテないのはどう考えてもお前らが悪い。」「妖狐×僕SS」。付録に「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるグラフィグがついています。


次号3月号は2月22日(金)発売。

新連載が1本。「悪魔曰く俺の嫁」(宮城りん)。

表紙は「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」。巻頭カラーは「アカメが斬る!」。センターカラーは「悪魔曰く俺の嫁」「ゾンビッチはビッチに含まれますか?」「絶対☆霊域」「戦国ストレイズ」「EIGHTH」。

付録に「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」描き下ろしお風呂ポスターが付く予定となっています。

2013-02-21

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

21日(木)に今月3回目の更新が行われました。


今月は新連載が1本あります。

「悪魔曰く俺の嫁」(宮城りん)

悪魔に求婚された少女。けれど、彼女は○○○だったのです…。まじめな悪魔とオタクな少女のラブコメディ?4コマ。ひょうひょうとしたネタが楽しい。JOKERとのダブル連載とのこと。


通常の更新作品は以下のとおりです。

ヤンデレ彼女」「NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語」「鳥籠ノ番」「女声男子」「浅尾さんと倉田くん」「クラスメート、上村ユウカはこう言った。」「戀。(いとしい いとしい というこころ。)」「夜の珈琲」「よしのぶがっ!」

「よしのぶがっ!」はガンガン戦-IXA-の連載です。


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

アイドルマスターのページが今回も更新。今回はビッグガンガン連載「アイドルマスター シンデレラガールズ ロッキングガール」第4話とガンガンJOKER連載「アイドルマスター シンデレラガールズ ニュージェネレーションズ」第5話が公開されています。


イラストに3枚追加されています。

「悪魔曰く俺の嫁」(宮城りん)

「鳥籠ノ番」(陽東太郎)

キューティクル探偵因幡」(もち)月刊Gファンタジー2013年3月号表紙


情報ページがふたつ更新されています。

Gファンタジー情報

Gファンタジー3月号の情報。付録・巻頭カラー・センターカラー、アニメ放映中の「キューティクル探偵因幡」情報。


ビッグガンガン情報

ビッグガンガンVol.3の情報。表紙・巻頭カラー・センターカラー・付録などの情報に加えて、3号連続掲載読み切り「ツギハギな彼女」、ビッグガンガンスペシャルPV、YG×BGコラボミュージアムなどの情報も。


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第72回放送の「ここが聴きどころ!」。今回は2月23日に公開される劇場版『とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-』を大特集。


ガンガンONLINE

2013-02-15

ガンガンONLINE更新。

毎週金曜日はガンガンONLINEの更新日です。

14日(金)に今月2回目の更新が行われました。


今週は新連載・最終回などはないようです。

通常の更新作品は以下のとおりです。

月刊少女野崎くん」「ばらかもん」「明るいセカイ計画」「DAGASY 放課後超能力戦争」「藤村くんメイツ」「帰宅部活動記録」「忘却の覇王ロラン」「少女芸人トリオ ごるもあ」「4コマくーろんず」。


群青

ビッグガンガンの連載「群青」の番外編が掲載されています。


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

アイドルマスターのページが今週も更新。今週はヤングガンガン連載「アイドルマスター シンデレラガールズ あんさんぶる!」第7話が公開されています。


「プッシュコミックがビックに丸わかり!! ビッグガンガンスペシャルPV!!」

ビッグガンガン作品のPVが5週連続で公開される特設ページが今週も更新。今週公開の作品は

「群青」(原作・坂本虹、作画・桐原いづみ)。


イラストに2枚追加されています。

「クラスメート、上村ユウカはこう言った。」(原作/桜井慎 作画/川上真樹)

とある魔術の禁書目録」(原作/鎌池和馬 作画/近木野中哉 キャラクター原案/はいむらきよたか月刊少年ガンガン3月号表紙


情報ページがひとつ更新されています。

ヤングガンガン情報

2月15日(金)発売のヤングガンガンNO.5の情報。グラビア巻頭カラー・センターカラーの情報。


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第70回放送の「ここが聴きどころ!」。今回は2月24日に行われるライブイベント「One Night Re:Birth」を大特集。

ガンガンONLINE

ビッグガンガンVol.02発売。

毎月25日はビッグガンガンの発売日です。

1月25日(金)に2013年Vol.02が発売されました。


今月は新連載が1本あります。

「それは白い帽子ですか?」「いいえ、あの人のブリーフです」(蒸し餃子)

なぜか頭にブリーフをかぶったノーパンの少女が大混乱を巻き起こすギャグコメディ。カオスすぎる内容でしたが、これがニコニコ静画で人気No.1とは・・・。


最終回が1本。

「イビルば〜じん」(あわ箱)

ヤングガンガンビッグ時代からの連載がここで終了。最後までしょうもない下ネタ全開の最終回とは思えないいつもどおりの話でした・・・。


今月もタバコをテーマにした競作集「シガレットアンソロジー Scene:2」が掲載されています。

イラスト−せがわまさき村田蓮爾

漫画−「星の煙ピンクの土」(ふみふみこ)「グッバイ シガレット」(オノ・ナツメ

実力派のゲストを集めただけあってどの作品もよかったですが、中でもオノ・ナツメさんの読み切りは秀逸でした。春から新連載が始まるということでそれも楽しみです。


読み切りが1本。

「主のキゲン」(原作・木原浩勝、作画・パクソンウ)

「黒神」の作画担当者による新作読み切り引きこもりオタク少年が宇宙人の助けを受け地球を救うSFファンタジー? 「黒神」から続くいつもどおりの作風で存分に楽しめました。オタクをこじらせた自分勝手な主人公の性格は、人によっては抵抗を覚えるかも? まあこれもいつもどおりの作風かな。


巻頭カラーは「シスプラス」。センターカラーは「シガレットアンソロジー Scene:2」「エスとエフ」。巻末カラーが「くーろんず」。付録に「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 愛」クリアファイルがついています。


次号Vol.03は2月25日(金)発売。

読み切りが2本。3号連続掲載「ツギハギな彼女」(原作・ごぉ、作画・田中文)。まばんの新作読み切り。このふたつはセンターカラー。

表紙は「009 RE:CYBORG」。巻頭カラーは「射」。センターカラーは前述の2本と「クズの本懐」。

シガレットアンソロジーの第3弾も予告されています。感傷ベクトル(田口囁一・春川三咲)・大高忍水薙竜がゲストの名前に上がっています。

付録に「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 愛」両面お風呂ポスターが予定されています。

2013-02-14

ヤングガンガンNo.04発売。

毎月第1・第3金曜日はヤングガンガンの発売日です。

2月1日(金)にNo.04が発売されました。


今月は最終回が2本あります。

「ブラパ THE BLACK PARADE」(緑のルーペ

元成年マンガ家初の一般作品・少年と少女の青春物語が最終回。最後の辺りの展開が非常につらいものだったので、どうなるかと思っていましたが、最後はなんとかハッピーエンドに収まりました。連載前の読み切りは非常に美しい話だっただけに、ちょっとこの展開は不満でしたね。


夏色キセキ」(原作・「夏色キセキ製作委員会、作画・たつひこ

TVアニメの先行コミカライズも最終回。アニメのプレストーリーに当たる序盤の話が特に好きでした。中盤からはずっとアニメの話を踏襲してきましたが、最後まで丁寧に描き切ったと思います。


読み切りが3本あります。

「にゃんにゃんプレリュード」(横槍メンゴ

ビッグガンガンで「クズの本懐」を連載している横槍メンゴが登場。猫耳乙女の切な系ショート10P!とのこと。確かに短いながらも切ないいい話が読めました。「クズの本懐」のコミックス1巻は2月19日(火)発売。


「よん駒!」(みやびあきの×maa坊)

将棋部4コマもついに連載11回目かな?あと少しでコミックスにたどり着けるかも。次回も連続で掲載予定です。


「Bigger Hunter」(優悟)

偽りの神に母を奪われた少年が、謎の旅人たちに出会って「神殺」の武器をもらい、神に立ち向かう物語。重厚なファンタジーでキャラクターもみなかっこよく、大いに気に入りました。少年が旅人たちと旅立つ展開で終わっていますが、このままの形で連載化してもいいのでは。


巻頭カラーは「荒川アンダーザブリッジ」。センターカラーが「夏色キセキ」「ブラパ THE BLACK PARADE」。


今回の休載は、「咲-Saki-」「DimensionW」「キッド・アイ・ラック!」。


次号No.05は2月15日(金)発売。

読み切りが4本。「ロボット喫茶はぐるま」(日月アスカ)「一周まわってもとに戻る」(坂本杏)「放課後(仮)」(山崎童々)「のらうさぎ」(小城徹也)。

巻頭カラーは「思春期のアイアンメイデン」。センターカラーは「咲-Saki-」「セキレイ」「どーにゃつ」の予定となっています。

27日発売のスクエニコミックス。

毎月27日はGファンタジーコミックスの発売日です。

1月は2冊の発売が予定されています。


発売日タイトル作者価格(円)
27魔法科高校の劣等生(2)佐島勤林ふみのきたうみつな610
27新装版 パパムパ(上)もち610

特典フェアの開催店舗は以下のとおりです。

魔法科高校の劣等生(2)アニメイトゲーマーズとらのあなWonderGooフタバ図書文教堂・全国のフェア開催店舗(*)
新装版 パパムパ(上)アニメイト

魔法科高校の劣等生(2)」の全国のフェア開催店舗は以下のページにあります。

http://www.jp.square-enix.com/calendar/pdf/130126.pdf

25日発売のスクエニコミックス。

毎月25日はヤングガンガンコミックスとビッグガンガンコミックスの発売日です。

1月はヤングガンガンコミックスが4冊、ビッグガンガンコミックスが1冊の発売予定となっています。

なお、ヤングガンガンコミックスの「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる4コマ」は、12日の発売となっています。原作小説の発売に合わせての変更だと思われます。


発売日タイトル作者価格(円)
12俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる4コマ(2)裕時悠示・まりも500
25死がふたりを分かつまで(19)たかしげ宙DOUBLE-S560
25魍魎の揺りかご(6)三部けい560
25ディメンションW(3)岩原裕二600
25神と一緒に(2)Ju Homin・三輪ヨシユキ560
25エスとエフ(1)渡辺しま590

特典フェアの開催店舗は以下のとおりです。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる4コマ(2)アニメイトゲーマーズとらのあなWonderGOO文教堂
魍魎の揺りかご(6)ゲーマーズとらのあな
ディメンションW(3)アニメイトゲーマーズとらのあなWonderGOO有隣堂ジュンク堂書店文教堂フタバ図書明屋書店

2013-02-07

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

2月7日(木)に今月1回目の更新が行われました。


今回は新連載・最終回・読み切りなどはないようです。

通常の更新作品は以下のとおりです。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「浮かれバケモノの朗らかな破綻」「魔法陣グルグル2」「女声男子」「魔女の心臓」「BLOODY JUNKIE」「葬儀屋リドル」「よしのぶがっ!」。

「よしのぶがっ!」はガンガン戦(IXA)の連載です。



イラストに1枚追加されています。

「女声男子」(険持ちよ


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

アイドルマスターのページが今週も更新。今週はアイドルマスターシンデレラガールズShuffle!!「レッツゴー芸ドル」(カヅホ)が掲載されています。


「プッシュコミックがビックに丸わかり!! ビッグガンガンスペシャルPV!!」

ビッグガンガン作品のPVが5週連続で公開される特設ページが今週も更新。今週公開の作品は「階段途中のビッグ・ノイズ」(原作・越谷オサム、作画・亀屋樹)。


情報ページがひとつ更新されています。

少年ガンガン情報

2月12日(火)発売の少年ガンガン3月号の情報。表紙&巻頭カラーの「とある魔術の禁書目録」とTVアニメ放送中の「絶園のテンペスト」、新連載2本、アニメイトサンシャインでのミュージアムなどの情報。


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第70回放送の「ここが聴きどころ!」。今回もニンテンドー3DS用ソフト「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」を大特集。ゲストに藤本則義プロデューサーを迎えてお届けとのこと。


新刊立ち読み

新刊立ち読みのコーナーが更新されています。1月発売のスクエニコミックスの1巻の一部が読めます。


ガンガンONLINE

2013-01-31

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

31日(木)に今月5回目の更新が行われました。


今週は最終回が1本あります。

伊達人間(宮永龍)

ガンガン戦伊達政宗主人公の作品がまたひとつ終了。コミックスは全5巻のようです。


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

アイドルマスターのページが今週も更新。今週はビッグガンガン連載の「本日のアイドルさん」第2話とヤングガンガン連載「あんさんぶる!」第6話が公開されています。


通常の更新作品は以下のとおりです。

アホリズム」「かへたんていぶ」「少女芸人トリオ ごるもあ」「4コマくーろんず」。


イラストに1枚追加されています。

「ハヤチネ!」(福盛田藍子


情報ページがひとつ更新されています。

ヤングガンガン情報

2月1日(金)発売のNo.04情報。特別付録、グラビア巻頭カラー、センターカラー。最終回「夏色キセキ」「ブラパ THE BLACK PARADE」。


「プッシュコミックがビックに丸わかり!! ビッグガンガンスペシャルPV!!」

ビッグガンガン作品のPVが5週連続で公開される特設ページが今週も更新。今週公開の作品は「キャンディポップナイトメア」(氷川へきる)。


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第69回放送の「ここが聴きどころ!」。東京六本木ルイーダの酒場から「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」を大特集。


ガンガンONLINE

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

24日(木)に今月4回目の更新が行われました。


今週は新連載や最終回はないようです。

通常の更新作品は以下のとおりです。

月刊少女野崎くん」「明るいセカイ計画」「シンデレ少女と孤独な死神」「藤村くんメイツ」「僕は恥っこが好き」「帰宅部活動記録」「ハヤチネ!」「犬神姫の徒」「織田さんちの乱法師」。


イラストに3枚追加されています。

HERO短編集5 アパートに澄む少年」(HERO

キューティクル探偵因幡」(もち)月刊Gファンタジー2013年2月号表紙

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる&私の友達がモテないのはどう考えてもお前らが悪い。」(「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」作画/七介 原作/裕時悠示GA文庫/ソフトバンク クリエイティブ刊)「私の友達がモテないのはどう考えてもお前らが悪い。」谷川ニコ)月刊ガンガンJOKER 2013年2月号表紙


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

アイドルマスターのページが今週も更新。今週はガンガンJOKER連載の「ニュージェネレーションズ」第4話、ビッグガンガン連載の「ロッキングガール」第3話が公開されています。


「プッシュコミックがビックに丸わかり!! ビッグガンガンスペシャルPV!!」

ビッグガンガン作品のPVが5週連続で公開される特設ページが今週も更新。今週更新されたPVは「アイドルは××××なんてしませんッ!」(柚木涼太)


情報ページが3つ更新されています。

Gファンタジー情報

Gファンタジー2月号の情報。付録、センターカラー、巻頭カラーTVアニメキューティクル探偵因幡」の情報など。


JOKER情報

ガンガンJOKER2月号の情報。付録・応募者全員サービス、TVアニメ俺修羅」、新連載「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い。」スピンオフ、「妖狐×僕SS」最終章開幕などの情報。


ビッグガンガン情報

ビッグガンガン2013Vol.02の情報。特別付録、新連載「それは白い帽子ですか? いいえ、あの人のブリーフです」、読み切り「主のキゲン」、他スペシャルPV、1月のビッグガンガン新刊立ち読みのコーナーなど。


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第68回放送の「ここが聴きどころ!」。今回はPS3Xbox 360Windows用ソフト「ヒットマン アブソリューション」を大特集。


ガンガンONLINE

2013-01-30

ヤングガンガンNo.3発売。

毎月第一・第三金曜日はヤングガンガンの発売日です。

今月は18日(金)に発売されました。


今月は最終回が1本あります。

輪廻のラグランジェ〜暁のメモリア〜」(管正太郎・吉岡公威

テレビアニメ輪廻のラグランジェ」の外伝ストーリーがここに完結。アニメとは別の場所(宇宙の別の惑星)での物語を描く試みは面白いとは思いましたが、アニメを知らない読者まで惹きつけるものだったかというと・・・いまひとつだったと思います。


読み切りが1本。

「一周まわってもとに戻る」(坂本杏)

ネガティブ志向の女子がデートに挑むコメディ第2回目。最後にうまくいくかと思ったけど結局ヘタレて修羅場に・・・。この続きはもう1回あるらしい。次々号(No.05)掲載予定。


巻頭カラーは「死がふたりを分かつまで」。センターカラーは「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」「神と一緒に」。


今回の休載は「荒川アンダー ザ ブリッジ」(月イチ連載)「牙の旅商人 〜The Arms Peddler〜」「どーにゃつ」「ラララ」。


次号No.04は2月1日(金)発売。

最終回が2本。「ブラパ THE BLACK PARADE」「夏色キセキ」。

巻頭カラーが「荒川 アンダー ザ ブリッジ」の予定となっています。

Gファンタジー2月号発売。

毎月18日はGファンタジーの発売日です。

18日(金)に2月号が発売されました。


今月は新連載が2本あります。

「ROSE GUNS DAYS Season2」(竜騎士07・夏西七)

竜騎士原作の新作第2章がGファンタジーで連載開始。作画を担当するのは「ランメルモールの少年騎兵隊」の夏西七。洗練された作画は文句なし。ストーリーも今回はコミカルなシーンが多くとっつきやすい。次号も楽しみ。


「青春×機関銃」(NAOE)

サバイバルゲームにはまった青年たちを描く異色コメディ。前後編の読み切りから好評を得ての連載化。初回はまだゲームシーンが登場しない静かな立ち上がり?笑えるコメディは健在でした。


最終回が1本。

デュラララ!!罪歌編」(成田良悟ヤスダスズヒト・茶鳥木明代)

テレビアニメシリーズだと2クール目のストーリーにあたる「罪歌編」が終了。原作やアニメとはちょっと異なるシーンのラストが印象的でした。新章は今春スタートとのこと。


読み切りが3本。

「終わりの蟲と始まりの勇者」(桐野壱)

ホラーチックな読み切りで印象的だった桐野さんが再登場。蟲の大群によって滅びようとする世界で、死を望む姫君と彼女を救おうとする勇者の姿を描くファンタジーストーリー。世界観よし、意外にもコメディな展開よし、バトルよしストーリーよしとよく出来た読み切りでした。今回の読み切りで一押し。


極楽浄土の仏さん」(田中まい)

極楽浄土不動明王薬師如来妖怪退治をするバトルコメディ。仏様たちをくだけて描く明るく楽しい作風で好感でした。


ゾンビヘッド」(大村詞陽)

第21回スクウェア・エニックスマンガ大賞特別大賞受賞作。人々を食らう化け物を狩る「墓守」と彼のパートナーのゾンビの活躍を描く。ゾンビの意外な正体が明かされるくだりが非常に面白かった。絵も達者で特別大賞も納得。


巻末の新人読み切り競作企画「ほぼ8マンガバトル」の掲載作品は以下のとおりです。

パンダダダン」(都宮咲桜)

「酸欠ビタミン」(黒でこ)

「魔女モニカと二つの契約」(夜ノとばり)

「葛の護」(瑞池けいすけ)


次号3月号は2月18日(月)発売。

新連載が短期集中連載で2本。「毒甘異国少女パトリキシン」(井口オステガ)「カミック(仮)」(秋野キサラ)。

読み切りが3本。「小さな魔女と魔法の飴玉」(チノク)「君に伝える合図」(ぜん)「アニコ」(さかいみろ)。

表紙と巻頭カラーは「キューティクル探偵因幡」。センターカラーが「黒執事」「詠う!平安京」「ホリミヤ」「毒甘異国少女パトリキシン」。

付録に「キューティクル探偵因幡」特製リバーシブル下敷きと「ホリミヤ」特製B3ポスターが予定されています。

2013-01-23

22日発売のスクエニコミックス。

毎月22日はガンガンコミックスとガンガンコミックスONLINEとガンガンコミックスIXAとガンガンコミックスJOKERの発売日です。

今月はガンガンコミックスが6冊、ガンガンコミックスONLINEが4冊、ガンガンコミックスIXAは1冊の予定となっています。


発売日タイトル作者価格(円)
22絶園のテンペスト(8)城平京・左有秀・彩崎廉490
22絶園のテンペスト 8.5 コラボレーション ガイドブックスクウェア・エニックス800
22Red Raven(6)藤本新太470
22ギルティクラウン(4)宮城陽亮・満月シオン600
22ファイナルファンタジー零式外伝 氷剣の死神(2)塩沢天人志590
22ルネサンス・イヴ(1)伊藤砂務500
22浅尾さんと倉田くん(6)HERO690
22アパートに澄む少年 HERO個人作品集5HERO740
22ハヤチネ!(2)福盛田藍子590
22DAGASY 放課後超能力戦争(1)日日日・りすまい590
22よしのぶがっ!(2)ウメマツカヲル600

特典フェアの開催店舗は以下のとおりです。

絶園のテンペスト(8)アニメイト
ルネサンス・イヴ(1)アニメイト
浅尾さんと倉田くん(6)アニメイト
アパートに澄む少年 HERO個人作品集5アニメイト
ハヤチネ!(2)(*)岩手県を中心に東北地方のフェア開催店舗
DAGASY 放課後超能力戦争(1)ゲーマーズとらのあな

絶園のテンペスト(8)」と「ルネサンス・イヴ(1)」はコラボフェアとなっています。

対象商品2冊を同時にお買い上げ頂いた方に特典を1枚プレゼント。

「ハヤチネ(2)」のフェア開催店舗は以下のとおりです。

アニメイト 仙台

ブックエキスプレス 仙台北口店

ジュンク堂書店 仙台ロフト

エムズエクスポ盛岡

未来屋書店 盛岡

さわや書店 フェザン店

アニメイト 盛岡

さわや書店 上盛岡

ジュンク堂書店 盛岡

さわや書店

TSUTAYA 一関中央店

ブックスアメリカン 北上店

宮脇書店 花巻

TSUTAYA 花巻

エムズ書店 桜台

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

17日(木)に今月3回目の更新が行われました。


アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」

アニメ化が決まった「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」の特設サイトが開設。今のところ谷川ニコ先生のコメントが公開されています。


新連載が短期集中連載で2本。

「夜の珈琲」(左東武之)

都会の喧騒とはほど遠い、穏やかな町にひっそりと佇む喫茶店「夜」を舞台に、マスターとウウェイターが悩みを抱える迷い人にそっとコーヒーを入れる。落ち着いた大人向けの雰囲気とストーリーが気に入りました。


「戀。(いとしい いとしい というこころ。)」(作楽ロク)

高校の入学式当日、 主人公ハルは、「空気」を自称する不思議系少女と出会う・・・。こちらは4つの恋愛を描くオムニバス青春学園もののようです。


通常の更新作品は以下のとおりです。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「ヤンデレ彼女」「NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語」「浅尾さんと倉田くん」「鳥籠の番」「女声男子」「クラスメート、上村ユウカはこう言った。」「オレが悪魔で、アイツが嫁で。」「花とハリネズミ」「リューシカ・リューシカ」「少女芸人トリオごるもあ」「4コマくーろんず」「御指名武将真田幸村 かげろひ -KAGEROI-」「よしのぶがっ!」

最後の2つはガンガン戦-IXA-の連載です。


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

アイドルマスターのページが今週も更新。今週はヤングガンガン連載の「アイドルマスター シンデレラガールズ あんさんぶる!」第5話が公開されています。


イラストに2枚追加されています。

「浅尾さんと倉田くん」(HERO

絶園のテンペスト」(原作/城平京 構成/左有秀 作画/彩崎廉)月刊少年ガンガン2013年2月号表紙


ファイナルファンタジー零式外伝 氷剣の死神

少年ガンガンの連載が特別掲載。コミックス第2巻の発売を記念して第1話を特別公開とのこと。


ファイナルファンタジー零式 Change the World

FF零式の特設ページが開設。クラサメの物語最終章を『コミックス ファイナルファンタジー零式外伝 2巻』発売記念に既刊小説『ファイナルファンタジー零式2巻』より特別抜粋。


「プッシュコミックがビックに丸わかり!! ビッグガンガンスペシャルPV!!」

ビッグガンガン作品のPVが5週連続で公開される特設ページが開設。第1週の作品は「ハイスコアガール」のようです。


情報ページがひとつ更新されています。

ヤングガンガン情報

1月18日(金)発売のヤングガンガンNO.3の情報。付録とグラビア巻頭カラー、センターカラーなどの情報。


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第67回放送の「ここが聴きどころ!」。今回はガンガンONLINEにて連載中の『浮かれバケモノの朗らかな破綻』を大特集。ゲストに家の裏でマンボウが死んでるP タカハシヨウさんを迎えお届け。


ガンガンONLINE

少年ガンガン2月号発売。

毎月12日は少年ガンガンの発売日です。

今月は12日(土)に2月号が発売されました。


今月は読み切りが2本あります。

「俺の彼女に何かようかい」(高津カリノ

3号連続読み切りの最終回。今回も巻末カラーページで収録。最後まで楽しい4コマでした。連載化あるんでしょうか・・・。


「Im〜イム〜」(森下真)

古代エジプトの神官が現代にやってきて悪霊退治をするバトルファンタジー。かつて彼を裏切ったとされる友人への思いが、要所で語られる展開で読ませてくれました。バトルを初め絵も安定していて、いい少年マンガだったと思います。


表紙と巻頭カラーが「絶園のテンペスト」。センターカラーが「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」「俺の彼女に何かようかい」「ルネサンス・イヴ」「Im〜イム〜」「ギルティクラウン」「Red Raven」。


次号3月号は2月12日(火)発売。

新連載が2本。

とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」(原案・鎌池和馬、原作・PROJECT-INDEX、構成・西野リュウ、作画・朝倉亮介)劇場版映画のコミカライズ

「黒の探偵」(日丘円)少し前に掲載された読み切りが連載化。

表紙と巻頭カラーが「とある魔術の禁書目録」、センターカラーが「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」「絶園のテンペスト」「黒の探偵」「ROBOTICS;NOTES ドリームシーカー」「紅心王子」「ルネサンス・イヴ」。

付録に「とある魔術の禁書目録」特製ノートと「絶園のテンペスト」特製シャーペン、「スパイラル〜推理の絆〜」×「絶園のテンペスト」(水野英多)・「鋼の錬金術師」×「絶園のテンペスト」(荒川弘)描き下ろしリバーシブルコラボレーション2つ折りポスターが付く予定となっています。

2013-01-10

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

10日(木)に今月2回目の更新が行われました。


フレッシュガンガン

フレッシュガンガンの結果が発表されています。

見事アンケート1位で連載権を獲得した作品は、

魔法使いの弟子が笑う時。」(金井千咲貴)

惜しくも2位は「装身魔〜オートクチュール〜」(森るい)、3位は「きつねくんの秘」(月壱)の結果となっています。

すべての作品はまだ読むことが出来ます。次回開催は3月予定とのこと。


ゲスト掲載が1本あります。

「黒の探偵」「白の探偵」

少年ガンガン2012年の6月号と7月号に掲載された日丘円の「黒の探偵」と「白の探偵」がガンガンONLINEでも掲載。少年ガンガンで2013年3月号より「黒の探偵」が連載開始とのこと。


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

アイドルマスターのページが今週も更新。ゲスト第2弾「神崎蘭子の日常」(ぷよ)が公開されています。


通常の更新作品は以下のとおりです。

月刊少女野崎くん」「ばらかもん」「明るいセカイ計画」「藤村くんメイツ」「DAGASY 放課後超能力戦争」「REALPG」「帰宅部活動記録」。


イラストに1枚追加されています。

「DAGASY 放課後超能力戦争」(原作/日日日 作画/りすまい)


情報ページがひとつ更新されています。

少年ガンガン情報

アニメ放映中の「絶園のテンペスト」の情報を中心に、今号までの3号連続掲載「俺の彼女に何かようかい」(高津カリノ)、アニメイトサンシャイン8Fで開催中の少年ガンガンミュージアムの情報など。


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第66回放送の「ここが聴きどころ!」。今回は月刊ビッグガンガンにて好評連載中の「ハイスコアガール」を大特集。ゲストに押切蓮介先生とゲームライターのマフィア梶田さんを迎えてお届け。


ガンガンONLINE

2013-01-07

ヤングガンガンNO.02発売。

毎月第一・第三金曜日はヤングガンガンの発売日です。

1月4日(金)にヤングガンガンNO.02が発売されました。


今月は最終回が1本あります。

ゴッホちゃん」(マブレックス

短期集中連載だったゴッホちゃんがひとまず終了。今回の短期集中連載の掲載分はコミックスに掲載されていませんが、コミックスがまた出る予定はあるのでしょうか・・・?


読み切りが3本。

「よん駒!」(みやびあきの×maa坊)

恒例の将棋4コマがついに10回目の掲載。あと7回でコミックス掲載分がたまるらしいです。


「のらうさぎ狩り」(小城徹也)

好評なのかいつの間にか何度も掲載されてきたショートギャグ。今回もシュールさは健在で面白い。


「大砲屋のファウスト」(大久保圭)

15世紀イタリアを舞台にした歴史ファンタジー読み切り。主人公の「大砲屋」の少年が、幼馴染のために気弱な心を振り切って奮闘する姿を描く。骨太な物語としっかりした作画に好感。

ヤングガンガンはときたまこんな風に本格的な読み切りを載せますね。


ドラゴンクエストX SPプレイレポート」

ドラゴンクエストXのプレイレポートマンガが掲載。執筆陣は藤原カムイ金田一蓮十郎ヒロユキ氷川へきる。いつもはガンガンONLINEでよく掲載されていますが、ヤングガンガンにも進出してきたようです。


巻頭カラーは久々に「咲-Saki-」。センターカラーは「オシエシラバス」「大砲屋のファウスト」。付録に「俺修羅」特大ポスターがついています。


今回の休載は、「セキレイ」「牙の旅商人 〜The Arms Peddler〜」「ケイオスリングス」「いろは坂、上がってすぐ。」「かせんとびじょきょ」「少女芸人トリオ ごるもあ」「思春期のアイアンメイデン」。


次号NO.03は1月18日(金)発売。

巻頭カラーが「死がふたりを分かつまで」。センターカラーが「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる4コマ」「神と一緒に」。付録に「YG GIRLS COLLECTION 2013」と「戦国IXA×YG SPシリアルコード『立花宗茂』【上】」がつく予定となっています。

2013-01-03

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

3日(木)に今月1回目の、そして新年1回目の更新が行われました。


今回は新連載が1本あります。

「浮かれバケモノの朗らかな破綻」(原作・タカハシヨウ、作画・竜宮ツカサ)

日々をなんとなく過ごしている高校1年の真笠郁也。自分のことを天狗だという友人・天葉からバンドを組もうと勧誘され、彼の日常は次第に非日常へと変わり始める。

家の裏でマンボウが死んでるPの新曲がテーマソングになっています。マンガも曲と同じチームが執筆。そのテーマソングのニコニコページはこちら。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19729937

イラストも1枚描かれています。

「浮かれバケモノの朗らかな破綻」(家の裏でマンボウが死んでるP 原作/タカハシヨウ 作画/竜宮ツカサ ©タカハシヨウ&竜宮ツカサ(家の裏でマンボウが死んでるP))


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

アイドルマスターのページが今回も更新。今回はヤングガンガン連載の「アイドルマスター シンデレラガールズ あんさんぶる!」の第4話が公開されています。


通常の更新作品は以下のとおりです。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「魔法陣グルグル2」「女声男子」「花とハリネズミ」「魔女の心臓」「葬儀屋リドル」「4コマくーろんず」「よしのぶがっ!」。

「よしのぶがっ!」はガンガン戦-IXA-の更新です。


情報ページがひとつ更新されています。

ヤングガンガン情報

1月4日発売のヤングガンガンNO.2の情報。付録・グラビア巻頭カラー読み切り・センターカラーなどの情報。


新刊立ち読み

新刊立ち読みのコーナーが更新されています。12月発売のスクエニコミックスの1巻の一部が読めます。


ガンガンONLINE

2012-12-29

ビッグガンガンVol.01発売。

毎月25日はビッグガンガンの発売日です。

今月は25日(火)に2013年Vol.01が発売されました。


今月は新連載が2本あります。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる愛」(原作・裕時悠示、作画・睦茸

アニメ化を控える俺修羅スピンオフ第2弾が新連載。今回のヒロインは風紀委員の愛。絵がかわいらしくてエッチ度が増してる? ヒロインの中でもちょっと恵まれない愛の奮闘を見守りたいところ。


「ローズガンズデイズ 哀愁のクロスナイフ」(原作・竜騎士07、作画・高木勇志)

JOKERコミカライズが連載中のローズガンズデイズのスピンオフビッグガンガンで連載開始。本編の用心棒の1人ウェインのかつての弟子・一匹狼のジャックが主役。読み切りの時から実力はあると思っていましたが、高木さんの作画はスタイリッシュで躍動感があっていいですね。ストーリーも面白くてこれは期待できます。


最終回が1本。

「ぷらんく」(笹桐ゆうや

マンガ家とアシスタントの女子高生4人組の日常を描くコメディ4コマが最終回。最後はファンとのサイン会で和やかに締め。


休載が1本。

「エスとエフ」(渡辺しま)


シガレットアンソロジーScene:1」という読み切り企画があります。

イラスト(村田雄介

イラスト(清原コウ)

マンガ「としのせ」(浅野にいお)

マンガ「EASY WAY TO STOP SNIPING」(すぎむらしんいち

タバコをテーマにしたイラストとマンガ。いずれも実力派の作家だけあって見応え・読み応えのある作品だったと思います。


3号連続読み切りが最終回。

「フクトプア」(トミイマサコ

二重神格の福の神と貧乏神が人間界で騒ぎを起こすシリーズ連載が最終回。この話が一番じんときてよかったと思います。


巻頭カラーが「ハイスコアガール」「シガレットアンソロジーScene:1」「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる愛」「ローズガンズデイズ 哀愁のクロスナイフ」「ペコロス」。巻末フルカラーが「くーろんず」。付録に「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」るろお・睦茸描き下ろし両面B2ポスターが付いています。


次号Vol.02は1月25日(金)発売。

新連載がで1本。「それは白い帽子ですか?」「いいえあの人のブリーフです」(蒸し餃子)。

読み切りが1本。「主のキケン」(原作・木原浩勝、作画・パクソンウ)

表紙が「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる愛」。付録に愛の衣替えクリアファイルも付く予定となっています。巻頭カラーが「シスプラス」。センターカラーが。「それは白い帽子ですか?」「いいえあの人のブリーフです」「エスとエフ」の予定となっています。

2012-12-28

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

今月は27日(木)に4回目の更新が行われました。


今回は最終回が2本あります。

ひゃくえん!(遠山えま)

なかよし作家・遠山えまさんの描く節約コメディがここで最終回。単行本最終巻は3月発売とのこと。

俺たちの戦いはこれからだ

勇者と魔王が市川で暮らす日常コメディもここで最終回。こちらは残念ながら思ったより速い終了でした。


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

今回はビッグガンガン連載の「本日のアイドルさん」「本日のデレラジさん」(木吉紗)とヤングガンガン連載の「アイドルマスター シンデレラガールズ ロッキングガール」(千葉サドルwith樫葉ハルキ)が読めるようになっています。


情報ページがひとつ開設されています。

「ワタモテ」待望のアニメ化決定!!

先月のアニメ化発表を受けて「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」のアニメ情報ページが開設されました。今回は原作の簡単な紹介になっています。


通常の更新作品は以下のとおりです。

「明るいセカイ計画」「シンデレ少女と孤独な死神」「藤村くんメイツ」「僕は恥っこが好き」「アホリズム」「帰宅部活動記録」「かへたんていぶ」「ハヤチネ!」「犬神姫の徒」「伊達人間」。

「伊達人間」はガンガン戦-IXA-の作品です。


イラストに2枚追加されています。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」(谷川ニコ

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」(るろお 原作/裕時悠示GA文庫/ソフトバンク クリエイティブ刊))月刊ガンガンJOKER2013年1月号表紙


情報ページがひとつ更新されています。

JOKER情報

ガンガンJOKER1月号の情報。2013年1月よりTVアニメ放送開始の「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」や「妖狐×僕SS」「黄昏乙女×アムネジア」「花咲くいろは」などの情報が掲載されています。


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第65回放送の「ここが聴きどころ!」。今回は2013年1月よりTVアニメ放送開始&月刊『Gファンタジー』にて好評連載中の『キューティクル探偵因幡』を大特集。


ガンガンONLINE

2012-12-25

ガンガンJOKER1月号発売。

毎月22日はガンガンONLINEの更新日です。

今月は22日(土)に2013年1月号発売されました。


今月は最終回が1本あります。

「最底辺の男 -Scumbug Loser-」(山口ミコト)

あの超異色最底辺マンガがついに最終回。一応打ち切りではない完結だと思いますが、最後の展開はこれまで以上にすさまじい気持ち悪さに満ちた終わり方でした。このマンガらしいと言えばその通りですが、もうちょっと長く続いてほしかったとも思いますね。打ち切りになった作者の前作より短いわけだし。人気や売り上げはかなり低迷していたような気がしますし、それを踏まえての早期終了と思えなくもなく。


読み切りが2本。

「月夜田定の世界の救い方」(志賀伯)

確かずっと前に掲載されていた読み切りの新作。神からの命令で世界を救うために無茶なミッションをやらされる月夜田くんの奮闘を描くコメディ。今回のミッションは「ヒロインのパンツを90分以内に100人の男にさらすべし」。このお題にまず爆笑。そして主人公のバカバカしい奮闘ぶりが面白いマンガになってます。このノリで連載化しても面白いなと。


「浮世離れ」(吉村松子)

第21回スクウェア・エニックスマンガ大賞・特別大賞受賞作。人外の住人が住まう異界の街へと迷い込んでしまった少年の物語。ちょっとレトロな雰囲気で、妖怪や人間が暮らす異界の街の世界観が非常に魅力的でした。なんとなくあの千と千尋を思い出しましたね。あとちょっと昔の懐かしいエニックスのマンガの雰囲気(今でもGファンタジーあたりでは見られますが)。ストーリーはちょっと物足りなかったけど、主人公が決意して現実世界に戻るというくだりはよかったと思う。この作者の次回作は是非読みたいな〜。


巻頭カラーは「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」。センターカラーは「ROSE GUNS DAYS Season1」「うみねこのなく頃に散 Episode8:Twilight of the golden witch」「ヤンデレ彼女」。付録に「俺修羅」るろお描き下ろしB2ポスターとガンガンJOKER2013年スペシャルカレンダーが付いています。


次号2月号は1月22日(火)発売。

新連載が1本。「私の友達がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(仮)」(谷川ニコ)なんとあのアニメ化も決まったガンガンONLINEの話題作「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」のスピンオフが登場。黒木智子のモテないライフをゆる〜く描く!

表紙は、「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」「私の友達がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(仮)」。巻頭カラーが「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」。センターカラーが。「私の友達がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(仮)」「妖狐×僕SS」。付録に「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるグラフィグが付く予定となっています。

2012-12-23

27日発売のスクエニコミックス。

毎月27日はGファンタジーコミックスの発売日です。

今月は7冊の発売が予定されています。

なお、「うみねこのなく頃に散 Episode6:Dawn of the golden witch(5)」とうみねこのなく頃に散 Episode6:Dawn of the golden witch(6)」は、22日の発売となっています。


発売日タイトル作者価格(円)
22うみねこのなく頃に散 Episode6:Dawn of the golden witch(5)竜騎士07桃山ひなせ610
22うみねこのなく頃に散 Episode6:Dawn of the golden witch(6・完)竜騎士07桃山ひなせ650
27キューティクル探偵因幡(10)もち650
27キューティクル探偵因幡 アンソロジーコミックスクウェア・エニックス610
27まじかる無双天使 突き刺せ!! 呂布子ちゃん鈴木次郎650
27停電少女と羽蟲のオーケストラ(4)二宮愛・白木苺590
27TOKYOヤマノテBOYS(2)Rejet・前田浩孝・卯月なごや600

特典フェアの開催店舗は以下の通りです。

キューティクル探偵因幡(10)アニメイト(*)・文教堂書店・紀伊國屋書店
キューティクル探偵因幡 アンソロジーコミックアニメイト(*)文教堂書店・紀伊國屋書店

*「キューティクル探偵因幡」のアニメイトの特典は、「10巻」「10巻とアンソロジー同時購入」「1〜10巻・アンソロジー」のいずれかで異なる特典がもらえます。

ヤングガンガンNo.01発売。

毎月第一・第三金曜日はヤングガンガンの発売日です。

21日(金)に2012年No.01が発売されました。


今月は読み切りが4本あります。

ハイスコアガール SPECIAL-CREDIT」(押切蓮介

ビッグガンガンの大人気連載「ハイスコアガール」の特別読み切りヤングガンガンに登場。今回は小春が矢口君を目指してゲームにのめりこむ姿が好意的に描かれていてひどく好感。男ばかりのゲーセンで奮闘する小春さんを本気で応援したくなりました。ゲームって本当に面白いんですよ・・・! 本当に面白い良作読み切りだったのでこれは必見。


「一周回ってもとに戻る」(坂本杏)

徹底的にネガティブな女の子が職場の男の子にデートに誘われるラブコメディ。あまりに卑屈な言動は少々不快でしたが、しかしありえないほど激しいリアクションは面白く笑えるコメディになっていたと思います。続きが次々号で掲載されるようです。


マンガ家さんとアシスタントさんと 番外編」(ヒロユキ

先日連載が終了したヒロユキさんの連載が番外編で登場。最終回で足須さんがプロになったあとのエピソード。相変わらずバカでエッチな愛徒を見て安心(?)しました。


「OHZ 俺たちホゴられゾンビーズ」(苦楽たくる)

ゾンビが保護されて人間と共生している未来世界が舞台のギャグコメディ。今回はちょっとうるっとくる話。今までで一番面白かったかも。


巻頭カラーは「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 〜紋章を継ぐ者達へ〜」、センターカラーは「のうりん」「マンガ家さんとアシスタントさんと 番外編」「ディメンションW」。付録にドラゴンクエストX YGスペシャルアイテムコードとYG IDOL CALENDERが付いています。


次号No.02は2013年1月4日(金)発売。

読み切りが1本。「大砲屋のファウスト」(大久保圭)

巻頭カラーは「咲-Saki-」。センターカラーは「オシエシラバス」。付録に「俺修羅」るろお描き下ろしJOKER×ヤングガンガン×ビッグガンガン連結ポスターとドラゴンクエストX YGスペシャルアイテムコードが付く予定となっています。ドラゴンクエストXのレポートマンガも掲載される予定のようです(藤原カムイ金田一蓮十郎ヒロユキ氷川へきる)。

2012-12-21

25日発売のスクエニコミックス。

毎月25日はヤングガンガンコミックスとビッグガンガンコミックスの発売日です。

今月はヤングガンガンコミックスが8冊(うちスーパーが1冊)、ビッグガンガンコミックスが6冊の発売予定となっています。

なお、ヤングガンガンコミックスの「のうりん!(2)」は15日、「少女芸人トリオ ごるもあ(1)」は19日、「+チック姉さん(6)」と「緋弾のアリアAA(5)」と「ゴッホちゃん」は22日、ビッグガンガンコミックスの「雛見沢停留所ひぐらしのなく頃に原典〜」と「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H(2)」「春になるとウズウズしちゃう(1)」も22日の発売となっています。


発売日タイトル作者価格(円)
16のうりん(2)白鳥士郎亜桜まる・松浦はこ560
19少女芸人トリオ ごるもあ(1)青稀シン500
22+チック姉さん(6)栗井茶500
22緋弾のアリアAA(5)赤松中学・橘書画子580
22ゴッホちゃんブレックス500
22俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H(2・完)裕時悠示・稲瀬信也590
22雛見沢停留所ひぐらしのなく頃に原典〜竜騎士07・ともぞ630
25春になるとウズウズしちゃう(1)藤村歩650
25ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章〜紋章を継ぐ者達へ〜(15)藤原カムイ・梅村崇560
25マンガ家さんとアシスタントさんと(10・完)ヒロユキ500
25オシエシラバス(5)高尾じんぐ560
25ハイスコアガール(3)押切蓮介610
25シスターハニービスケット(2・完)おみおみ600
25ペコロス(2)シバユウスケ500

特典フェアの開催店舗は以下の通りです。

のうりん(2)アニメイトゲーマーズとらのあな
少女芸人トリオ ごるもあ(1)アニメイトゲーマーズとらのあなメロンブックス
+チック姉さん(6)ゲーマーズとらのあな
緋弾のアリアAA(5)アニメイトゲーマーズとらのあな
マンガ家さんとアシスタントさんと(10)アニメイトゲーマーズとらのあな
ハイスコアガール(3)ゲーマーズとらのあなジュンク堂書店・芳林堂書店・三省堂書店有隣堂・BOOK EXPRESS・紀伊國屋書店三洋堂書店WonderGOO
ペコロス(2)ゲーマーズとらのあな

22日発売のスクエニコミックス。

毎月22日はガンガンコミックスとガンガンコミックスONLINEとガンガンコミックスIXAとガンガンコミックスJOKERの発売日です。

今月はガンガンコミックスが4冊、ガンガンコミックスONLINEが6冊、ガンガンコミックスJOKERが9冊の発売となっています。

また、Gファンタジーコミックスの「うみねこのなく頃に散 Episode6:Dawn of the golden witch(5)」とうみねこのなく頃に散 Episode6:Dawn of the golden witch(6)」、ヤングガンガンコミックスの「+チック姉さん(6)」「緋弾のアリアAA(5)」「ゴッホちゃん」、ビッグガンガンコミックスの「雛見沢停留所ひぐらしのなく頃に原典〜」「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H(2)」「春になるとウズウズしちゃう(1)」も、この日の発売となっています。


発売日タイトル作者価格(円)
22ソウルイーター(23)大久保篤440
22BAMBOO BLADE B(10)土塚理弘&スタジオねこ560
22ROBOTICS;NOTES ドリームシーカー(1)5pb・知乃綴600
22男子高校生の日常(7・完)山内泰延(7)500
22かへたんていぶ(4)藤代健440
22私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(3)谷川ニコ500
22僕は恥っこが好き(2)若井ケン590
22シンデレ少女と孤独な死神(2)新木場ユキ・加藤よし江600
22“葵”ヒカルが地球にいたころ……(2)野村美月・GHun590
22コープスパーティー BloodCovered(10・完)祁答院 慎(チームグリグリ)・篠宮トシミ600
22ヤンデレ彼女(10)500
22花咲くいろは(5・完)P.A.WORKS・千田衛人610
22うみねこのなく頃に散 Episode5:End of the golden witch(5)竜騎士07・秋タカ600
22うみねこのなく頃に散 Episode5:End of the golden witch(6・完)竜騎士07・秋タカ610
22うみねこのなく頃に散 Episode6:Dawn of the golden witch(5)竜騎士07桃山ひなせ610
22うみねこのなく頃に散 Episode6:Dawn of the golden witch(6・完)竜騎士07桃山ひなせ650
22うみねこのなく頃に散 Episode7:Requiem of the golden witch(3)竜騎士07水野英多610
22うみねこのなく頃に散 Episode8:Twilight of the golden witch(2)竜騎士07夏海ケイ630
22雛見沢停留所ひぐらしのなく頃に原典〜竜騎士07・ともぞ630
22ROSE GUNS DAYS Season1(1)竜騎士07・宗一郎600
22俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(4)裕時悠示・七介590
22俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H(2・完)裕時悠示・稲瀬信也590
22TARI TARI(2・完)EVERGREEN・尚村透・鍵空とみやき600
22+チック姉さん(6)栗井茶500
22緋弾のアリアAA(5)赤松中学・橘書画子580
22ゴッホちゃんブレックス500
22春になるとウズウズしちゃう(1)藤村歩650

特典フェアの開催店舗は以下の通りです。

ソウルイーター(23)アニメイト
ROBOTICS;NOTES ドリームシーカー(1)アニメイトゲーマーズとらのあなWonderGOO
男子高校生の日常(7・完)アニメイトゲーマーズとらのあな
かへたんていぶ(4)ゲーマーズとらのあな
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(3)アニメイトゲーマーズとらのあなメロンブックスWonderGOO
“葵”ヒカルが地球にいたころ……(2)ゲーマーズ
僕は恥っこが好き(2)ゲーマーズとらのあな
ヤンデレ彼女(10)アニメイトゲーマーズとらのあな
花咲くいろは(5・完)アニメイトゲーマーズとらのあな・地元石川県富山県の応援書店(*)
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(4)アニメイトゲーマーズとらのあなWonderGOO文教堂書店
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる+H(2・完)アニメイトゲーマーズとらのあなWonderGOO文教堂書店
TARI TARI(2・完)アニメイトゲーマーズ
ROSE GUNS DAYS Season1(1)アニメイトゲーマーズとらのあなWonderGOO
+チック姉さん(6)ゲーマーズとらのあな
緋弾のアリアAA(5)アニメイトゲーマーズとらのあな

花咲くいろは(5・完)」の地元石川県富山県の応援書店は以下の通りです。

KaBoS上荒屋店

北国書林 輪島

きくざわ書店 ナッピィモール店

勝木書店大桑

北国書林 松任

文苑堂書店鳴和店

文苑堂書店示野本店

文苑堂書店 上飯野店

文苑堂書店 清水町

文苑堂書店福田本店

文苑堂書店魚津サンプラザ店

文苑堂書店小杉店

ツタヤ 金沢

明文堂 能登七尾

明文堂 金沢野々市

明文堂 石川松任

明文堂金沢ビーンズ店

BOOKSなかだかほく店

BOOKSなかだコミックラボ

喜久屋書店漫画館高岡

明文堂 富山新庄経堂

BOOKSなかだ 小松大領店

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

20日(木)に今月3回目の更新が行われました。


今月は新連載が1本あります。

NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語(原作・クラシックショコラ、構成・緋原俊介、作画・芦之由奈)

累計300,000ダウンロード超えの大人気ノベルゲームをコミカライズ!とのこと。学園を舞台にした連続殺人事件を追うサスペンスホラー。


最終回が1本。

"葵" ヒカルが地球にいたころ……(原作・野村美月、作画・CHuN)

野村美月原作のライトノベルコミカライズが連載終了。最後は切なくも楽しく、しかしちょっとした余韻を残しての終了。コミックスは全3巻のようです。


イベントページがひとつ開設されています。

このマンガが売れないのはどう考えてもお前らが悪いフェア

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」のコミックス3巻を記念して、コミックス5作品でプレゼントをもらえるフェアを開催。フェア参加マンガは「+チック姉さん」「かへたんていぶ」「私が私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「春になるとウズウズしちゃう」「ゴッホちゃん」。紹介マンガと「もこっち初夜。」抱き枕カバープレゼント企画もあり。


「ROBOTICS;NOTES ドリームシーカー」

ガンガン連載の「ROBOTICS;NOTES ドリームシーカー」の第1話がこちらでも読めます。


「ペコロス」

ビッグガンガン連載の「ペコロス」の特別編が掲載されています。


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

今回はヤングガンガン連載の「アイドルマスター シンデレラガールズ あんさんぶる!」第3話とガンガンJOKER連載「アイドルマスター シンデレラガールズ ニュージェネレーションズ」第3話が読めます。


通常の更新作品は以下の通りです。

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」「ヤンデレ彼女」「鳥籠の番」「浅尾さんと倉田くん」「女声男子」「クラスメート、上村ユウカはこう言った。」「オレが悪魔で、アイツが嫁で。」「花とハリネズミ」「少女芸人トリオごるもあ」「4コマくーろんず」「よしのぶがっ!」「御指名武将真田幸村 かげろひ -KAGEROI-」。

最後の2作品はガンガン戦-IXA-の更新です。


イラストに3枚追加されています。

ばらかもん」(ヨシノサツキ

男子高校生の日常」(山内泰延

キューティクル探偵因幡」(もち)月刊Gファンタジー 2013年1月号表紙


情報ページが3つほど更新されています。

ヤングガンガン情報

21日(金)発売のヤングガンガンNO.1情報。付録、グラビア巻頭カラー、センターカラーなどの情報。

Gファンタジー情報

18日(火)発売のGファンタジー1月号情報。付録、センターカラー、TVアニメキューティクル探偵因幡」などの情報。

ビッグガンガン情報

25日(火)発売のビッグガンガンVol.01の情報。表紙・巻頭カラー・センターカラー・新連載・特別付録などの情報。12月発売のビッグガンガンコミックスの1巻の一部が読めるコーナーもあります。


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第64回放送の「ここが聴きどころ!」。今回は2013年1月よりTVアニメ放送開始&月刊「ガンガンJOKER」にてコミカライズ連載中の「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」を大特集。ゲストに春咲千和役の赤千夏さんを迎えお届け。


ガンガンONLINE

2012-12-20

Gファンタジー1月号発売。

毎月18日はGファンタジーの発売日です。

今月は18日(火)に1月号が発売されました。


今月は新連載が1本あります。

「デビルサバイバー2」(汐田晴人)

アトラスシミュレーションRPGでアニメ化も決まった「デビルサバイバー2」のコミカライズが連載開始。これもメガテンシリーズのコミカライズと言えますが、かつての上田信舟さんの連載と比べると作画面を中心にちょっと見劣りするなあ・・・というのが正直なところ。とはいえストーリーは悪くないし今後に期待ですね。


最終回が1本。

「TOKYOヤマノテBOYS」(Rejet・前田浩孝・卯月なごや)

乙女ゲームコミカライズが最終回。全体的にどうも無理なストーリーが目立ちあまり楽しめませんでした。乙女ゲーム原作ということで強く女性向けの作品だったのも引っかかるところ。


今月は読み切りが2本あります。

「つくって!長谷川!」(克咲宏)

高校生のクリエイターのたまごの作ってくる珍妙なデザインの創作物に突っ込みを入れるギャグマンガ。一発ギャグの連発という感じだったが単発の読み切りとしては面白かったかな。


「伏 少女とケモノの烈花譚 外伝」(原作・桜庭一樹、脚色構成・続真琴、作画・hakus)

ビッグガンガンで連載中の「伏」のコミカライズの外伝が登場。こちらは本編とは異なる主人公の読み切りで、理不尽な境遇に倦んで違う世界へと飛び込む彼の心情がよく描かれていた。本編ともども読める良作ですね。


巻末の新人読み切り競作企画「ほぼ8マンガバトル」の掲載作品は以下の通りです。

「怖がりシスターとオルガン」(夢季オト)

「イケメン撲滅計画」(雨宮稔)

「となりのお狐様」(椿屋かほる)

「トラプロ・ハルト」(仮名乙郎)


表紙と巻頭カラーは「キューティクル探偵因幡」。センターカラーは「黒執事」「デビルサバイバー2」「ももも怪レストラン」「放課後ヒーロー」。付録に「キューティクル探偵因幡」特製ビックカバーと「黒執事」黒手帳が付いています。


次号2月号は1月18日(金)発売。

新連載が2本。「ROSE GUNS DAYS Season2」(原作・監修・竜騎士07、作画・葛西七)「青春×機関銃」(NAOE)。

最終回が1本。「デュラララ!!罪歌編」(原作・成田良悟、作画・茶鳥木明代)。

読み切りが3本。「ゾンビヘッド」(大塚詞陽)「極楽浄土のほとけさん」(田中まい)「終わりの蟲と始まりの青春」(桐野壱)。

表紙が「キューティクル探偵因幡」。巻頭カラーが「デュラララ!!罪歌編」。センターカラーが「キューティクル探偵因幡」「魔法科高校の劣等生」「ROSE GUNS DAYS Season2」「青春×機関銃」。付録に「キューティクル探偵因幡」特製ボールペンが付く予定となっています。

少年ガンガン1月号発売。

毎月12日は少年ガンガンの発売日です。

今月は12日(水)に1月号が発売されました。


今月は読み切りが1本あります。

「俺の彼女に何かようかい」(高津カリノ

前号に続き3号連続掲載の2回目。妖怪の白石さんと彼に恋した男子高校生・篤志くんのラブコメディ4コマ。今回は猫の妖怪の愁也も絡んできてさらに賑やかに。今月も巻末にカラーページで掲載されてるので要チェック。


今月は新連載や最終回はないようです。


表紙と巻頭カラーは「ソウルイーター」。センターカラーは「絶園のテンペスト」「ROBOTICS:NOTES ドリームシーカー」「咲 -Saki- 阿知賀編 episode of side-A」「うみねこのなく頃にEP7:Requiem of the golden witch」。付録に「ソウルイーター×絶園のテンペストコラボレーション二つ折りポスター、「絶園のテンペスト」特製スケジュール手帳2013がついています。


次号2月号は1月12日(土)発売。

読み切りが2本。「Im〜イム〜」(森下真)。「俺の彼女に何かようかい」(高津カリノ)。

表紙と巻頭カラーは「絶園のテンペスト」。センターカラーは「咲 -Saki- 阿知賀編 episode of side-A」「ルネサンス・イヴ」「Red Raven」「ギルティ・クラウン」。付録に「絶園のテンペスト」特製イヤホンと「黒執事」「絶園のテンペストコラボレーション二つ折りポスターがつく予定となっています。

2012-12-15

ガンガンONLINE更新。

毎週木曜日はガンガンONLINEの更新日です。

12月13日(土)に今月2回目の更新が行われました。


今回は特別企画ページがひとつ更新されています。

ガンガンONLINE×BRAVELY DEFAULT PRAYING BRAGE コラボ特別企画!!

今回は大久保篤先生描き下ろしのヴァルキリーが登場。他ソウルイーターのためし読みとゲームの紹介記事があります。


アイドルマスター シンデレラガールズ×スクウェア・エニックス

アイドルマスターの企画ページに今回はゲストが登場。茶麻さんの「シンデレライター♪」が掲載されています。


通常の更新作品は以下の通りです。

月刊少女野崎くん」「ばらかもん」「明るいセカイ計画」「DAGASY 放課後超能力戦争」

藤村くんメイツ」「REALPG」「帰宅部活動記録」「忘却の覇王 ロラン」。


イラストに2枚追加されています。

「シンデレ少女と孤独な死神」(ストーリー・構成/新木場ユキ 作画/加藤よし江)

ソウルイーター」(大久保篤月刊少年ガンガン2013年1月号表紙


スクエニChan!

恒例となったスクエニ公式WEBラジオ番組の情報ページが今週も更新。第63回放送の「ここが聴きどころ!」。今回はGREEで配信中のRPGエンペラーズサガ」を大特集。ゲストにエグゼクティブプロデューサー河津秋敏プロデューサーの市川雅統を迎えお届け。


ガンガンONLINE

2012-12-10

ヤングガンガンNo.24発売。

毎月第一・第三金曜日はヤングガンガンの発売日です。

12月7日(金)にNo.24が発売されました。


今月は新連載が1本あります。

「ラララ」(金田一蓮十郎

金田一蓮十郎が再びヤングガンガンに登場。今回の主役はリストラされたサラリーマンと彼に仕事(?)を斡旋した美人さん。運よく職を得られたと思った彼が、指定された仕事場に行ってみると・・・? 今回も大人向けの作品になっているようですが、出だしは非常に面白い! これからの展開に期待できますね。


読み切りが3本。

「ふりきり!」(石原まこちん

他誌で活躍中の作家がゲストで登場。ファミレスでの「ふりきった」会話で構成される読み切り3本。シュールなノリのギャグマンガだけど面白かった。

「OHZ 俺たちボコられゾンビーズ」(苦楽たくる)

好評を得たのか再登場。今回は異世界から来た(?)魔女の頼みをゾンビが聞いてやる、という話で、ゾンビが主役という要素は薄かったかも。普通のコメディでしたね。

「食べちゃいたいほど愛してる」(アジイチ)

こちらは新しい読み切り4コマ。しかしなぜかこれもゾンビが主役。しかしゾンビと人間の女の子同士が強烈に惹かれあう百合コメディになっていて、4コマのネタ作りも軽快で面白かった。


巻頭カラーは「ラララ」。センターカラーは「緋弾のアリアAA」。


今回の休載は、「荒川アンダー ザ ブリッジ」「オシエシラバス」「+(プラス)チック姉さん」「輪廻のラグランジェ 〜暁月のメモリア〜」「DimensionW」。


次号2013No.01は12月21日(金)発売。

読み切りで「ハイスコアガール」(押切蓮介)と「マンガ家さんとアシスタントさんと」(ヒロユキ)が登場。「マンガ家さんと〜」はフルカラー。

巻頭カラーは「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 〜紋章を継ぐ者達へ〜」。センターカラーは「DimensionW」「のうりん」「マンガ家さんとアシスタントさんと」。

付録にドラゴンクエストX YGスペシャルアイテムコード「スライムナイトの盾」とYGアイドルカレンダー2013がつく予定となっています。