スマートフォン用の表示で見る

あのね商法

アニメ

あのね商法

あのねしょうほう

TVで放送されているアニメやドラマの最終回をセルDVDでのみ収録し、DVDの購入を促す商法。

アニメかしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」TV放映版最終回のラストシーンにて、主人公が画面に向かって「あのね、」となにごとか言いかけたところで終了したことが命名の由来。

そのあからさまとも取れるDVD版最終回への引きが「結末を見たければDVDを買えと言うことか」と多くのアニメファンの反感を買った背景があり、あまりよい文脈で使用されることはない。

TV放送分だけでは物語が完結しないことを批判する言葉であり、番外編や後日談をDVD特典にすることはあのね商法とは言わない。