あるいは裏切りという名の犬

映画

あるいは裏切りという名の犬

あるいはうらぎりとういなのいぬ

36, Quai des Orfèvres

データ

キャスト

  • ダニエル・オートゥイユ………レオ・ヴリンクス
  • ジェラール・ドパルデュー……ドニ・クライン
  • アンドレ・デュソリエ…………ロベール・マンシニ
  • ロシュディ・ゼム………………ユゴー・シリアン
  • ヴァレリア・ゴリノ……………カミーユ・ヴリンクス
  • ダニエル・デュヴァル…………エディ・ヴァランス
  • フランシス・ルノー?……………チチ・ブラッスール
  • カトリーヌ・マルシャル?………イヴ・ヴェラジェン
  • ギ・ルクリュイーズ?……………グロリュック
  • アラン・フィグラーツ?…………フランシス・オルン
  • ヴァンサン・モスカート?………ジュネール
  • アンヌ・コンシニ………………エレーヌ・クライン
  • ステファヌ・メッツジェール?…スマオ
  • ソレーヌ・ビアシュ?……………ローラ・ヴリンクス(11歳)
  • オロール・オートゥイユ?………ローラ・ヴリンクス(17歳)
  • エリック・デフォッス?…………ロルフ・ヴィンテルシュタイン
  • イヴァン・フランク?……………ブリュノ・ヴィンテルシュタイン
  • ジョー・プレスティア?…………ヴィクトール・ドラガン
  • オリヴィエ・マルシャル?………クリスト
  • ミレーヌ・ドモンジョ…………マヌ・ベルリネール

スタッフ

  • 監督:オリヴィエ・マルシャル?
  • 製作:シリル・コルボー=ジュスタン?、ジャン=バチスト・デュポン?、フランク・コロー?
  • 脚本:オリヴィエ・マルシャル?、フランク・マンクーゾ?、ジュリアン・ラプノー?
  • 脚本協力:ドミニク・ロワゾー?
  • 脚色・台詞:オリヴィエ・マルシャル?
  • 音楽:エルヴァン・ケルモルヴァン?、アクセル・ルノワール?
  • 指導・演出:フレデリック・テリエ?
  • 撮影:ドニ・ルダン?
  • 美術:アンブル・フェルナンデーズ?
  • 衣装:ナタリー・デュ=ロスコア?
  • 録音:ピエール・メルテンス?、フランソワ・モレル?、シルヴァン・ラスール?、ジョエル・ランゴン?
  • 編集:アシュデ? (=ユーグ・ダルモワ?)
  • 製作主任:グザヴィエ・アンブラール?
  • 製作総指揮:ユーグ・ダルモワ?

概要

2006年フランス映画祭で『パリ警視庁/オルフェーブル河岸36』として上映された作品。

80年代にフランスを騒がせた実話を元に描いたポラール

セザール賞は作品賞、助演女優賞のミレーヌ・ドモンジョを始め8部門で10の候補となった。

ちなみに、ドパルデューとは『1900年』以来のお友達であるロバート・デ・ニーロが気に入り、彼のトライベッカ・プロがリメイク権を獲得。デ・ニーロ(ブリンクス役)とジョージ・クルーニー(クライン役)の共演、マーク・フォースターの監督で2007年に撮影予定。

サントラ盤

フランス盤日本盤
36: Que Quai Des Orfevres「あるいは裏切りという名の犬」オリジナル・サウンドトラック