あるいは裏切りという名の犬

(映画)
あるいはうらぎりとういなのいぬ

36, Quai des Orfèvres

データ

  • 2004年|フランス映画|110分|シネマスコープ|Gaumont
  • 日本配給:アスミック・エース
  • 日本公開:2006年12月16日、銀座テアトルシネマ、他

キャスト

概要

2006年フランス映画祭で『パリ警視庁/オルフェーブル河岸36』として上映された作品。
80年代にフランスを騒がせた実話を元に描いたポラール。
セザール賞は作品賞、助演女優賞のミレーヌ・ドモンジョ[[を始め8部門で10の候補となった。
ちなみに、ドパルデューとは『1900年』以来のお友達である[[ロバート・デ・ニーロ
が気に入り、彼のトライベッカ・プロがリメイク権を獲得。デ・ニーロ(ブリンクス役)とジョージ・クルーニー(クライン役)の共演、マーク・フォースターの監督で2007年に撮影予定。

サントラ盤

フランス盤 日本盤
36: Que Quai Des Orfevres 「あるいは裏切りという名の犬」オリジナル・サウンドトラック
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ