お由羅騒動

社会

お由羅騒動

おゆらそうどう

日本の江戸時代末期に薩摩藩で起こったお家騒動藩主島津斉興の後継者として側室の子である島津久光藩主にしようとする一派と嫡子島津斉彬藩主襲封を願う家臣の対立によって起こされた。江戸の町娘から島津斉興側室となったお由羅の方による斉彬廃嫡を目論んだために起きた事件だった。騒動後、斉興は隠居し、家督を斉彬に譲った。