さわり

音楽

さわり

さわり

義太夫節から派生した言葉で、曲の中で一番の聞き所とされる部分(つまり、現在ふつうに言うところの「サビ」)を指す。

すなわちもともとは曲の最初の部分という意味ではない。