スマートフォン用の表示で見る

すれちがい通信

ゲーム

すれちがい通信

すれちがいつうしん

ニンテンドーDS/3DSにおいて、プレイヤーの本体どうしが自動的に通信し、各種の情報をやりとりできる機能。PSPにおいても、同種の機能を搭載したゲームがある。

2005年発売の「nintendogs」で提唱された。

作品によっては独自の呼称がある場合もあるが、3DSの作品では「すれちがい通信」で統一されている。

3DSステーションなどのニンテンドーゾーンで、すれちがい通信の中継サービスも行われている。

ニンテンドー3DSにおけるすれちがい通信

ニンテンドー3DSでは通信機能が強化され、「すれちがい通信」が本体側の機能となった。

スリープモード状態で(スロットに刺さっていないソフトも含む)12作品*1同時にすれちがい通信を行うことが出来る。

すれちがい通信が行われると、3DSのヒンジ付近のLEDが緑に点灯する。

「nintendogs」でのすれちがい通信の説明

nintendogsでは、電源を入れたままのDSを持ち歩くだけで、新しい出会いが。

それが「すれちがい通信」。いつの間にか見知らぬnintendogsユーザーと通信してしまうことができるのです。

子犬どうしを会わせて遊ばせたり、グッズの交換なども出来たりと、子犬と一緒にあなたのコミュニケーションの輪が広がります。


任天堂ホームページ - nintendogs - すれちがい通信

すれちがい通信対応作品

大抵の作品はこの項目の「含むキーワード」として登録されています。

続きを読む

*1:本体内蔵ソフトも登録する場合は含む